検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡から 402件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


完 訳 日 本 の 古 典 15 源 氏 物 語 一 阿 部 秋 生 ・ 秋 山 虔 ・ 今 井 源 衛 ・ 鈴 木 日 出 男 校 注 ・ 訳 0 0

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


引 歌 一 覧 各 巻 の 系 図 : 官 位 相 当 表 ・ ・ 図 録 ロ 絵 目 次 源 氏 物 語 末 摘 花 図 色 紙 : ・ 源 氏 物 語 紅 葉 賀 図 色 紙 : 源 氏 物 語 葵 図 色 紙 ・ : : -4 〈 装 丁 〉 中 野 博 之 三 六 七 ・ : 三 九 八 四 8

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


引 歌 一 覧 各 巻 の 系 図 : 官 位 相 当 表 ・ ・ 図 録 ロ 絵 目 次 源 氏 物 語 末 摘 花 図 色 紙 : ・ 源 氏 物 語 紅 葉 賀 図 色 紙 : 源 氏 物 語 葵 図 色 紙 ・ : : -4 〈 装 丁 〉 中 野 博 之 三 六 七 ・ : 三 九 八 四 8

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


完 訳 日 本 の 占 典 第 ト 五 巻 源 氏 物 五 コ 定 価 一 七 〇 〇 円 昭 和 年 間 月 引 日 初 版 発 行 阿 部 秋 生 秋 山 虔 校 注 ・ 訳 者 今 井 源 衛 鈴 木 日 出 男 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 二 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 二 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 六 六 九 製 作 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 三 三 三 販 売 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 七 六 八 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い Printed in Japan ( 著 者 検 印 は 省 略 A. Abe K. Akiyama G. lmai H. Suzuki い た し ま し た ) ISBN4 ・ 09 ・ 556015 ・ 0 1983

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


源 氏 物 語 「 末 摘 花 」 図 色 紙 土 佐 光 吉 筆 京 都 国 立 博 物 館 蔵 早 春 の 一 夜 、 十 六 夜 の 月 に ひ か れ て 光 源 氏 は 常 み 宮 邸 に 忍 ん だ 。 か ね て う わ さ の 姫 君 ( 末 摘 花 ) の 琴 の 音 を 聞 き 、 せ め て 姫 君 の 気 配 で も っ か が お う と 透 垣 に 近 寄 る と 、 そ こ に は す で に 頭 中 将 が 待 ち 受 け て い た 。 若 き 日 の 源 氏 の 色 好 み の エ ピ ソ ー ド を 描 く こ の 場 面 は 、 修 に よ っ て 定 型 化 さ れ た 「 末 摘 花 」 の 代 表 的 場 面 で あ る 。 や ま と 絵 の 画 系 を 継 ぐ 土 佐 派 の 伝 統 的 画 法 に 桃 山 時 代 の 華 麗 な 感 覚 を 凝 集 さ せ た 光 吉 の 精 緻 で 完 成 度 の 高 い 源 氏 絵 色 紙 の 典 型 的 作 例 と い え よ う 。

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


( 現 代 語 訳 三 二 五 ハ ー ) 六 十 巻 と い ふ 書 読 み た ま ひ 、 お ば っ か な き 所 ど こ ろ 解 か せ 氏 固 有 の 色 好 み 像 を 造 型 。 三 一 〕 源 氏 、 雲 林 院 を 出 一 四 朝 顔 の 斎 院 。 心 底 で は 源 氏 に て ニ 条 院 に 帰 る な ど し て お は し ま す を 、 山 寺 に は 、 い み じ き 光 行 ひ 出 だ し 共 感 。 「 た ま さ か 」 の 返 書 の ゆ え ん 。 一 五 こ れ も 語 り 手 の 評 言 。 斎 院 の た て ま つ れ り と 、 仏 の 御 面 目 あ り と 、 あ や し の 法 師 ば ら ま で 喜 び あ へ り 。 し め 返 書 を 不 相 応 の 行 為 と す る 。 一 六 天 台 六 十 巻 と も 。 『 妙 法 蓮 華 や か に て 世 の 中 を 思 ほ し つ づ く る に 、 帰 ら む こ と も も の う か り ぬ べ け れ ど 、 人 経 玄 義 』 『 摩 訶 止 観 』 な ど 天 台 の 根 本 義 を 説 い た 教 典 の 総 称 。 ほ だ し み ず き ゃ う ひ と り の 御 事 思 し や る が 絆 な れ ば 、 久 し う も え お は し ま さ で 、 寺 に も 御 誦 経 い 宅 雲 林 院 。 一 ^ 「 光 」 は 源 氏 。 勤 行 の カ で 源 氏 か み し も か め し う せ さ せ た ま ふ 。 あ る べ き か ぎ り 、 上 下 の 僧 ど も 、 そ の わ た り の 山 が つ を 迎 え 得 た 、 の 意 。 僧 た ち は 、 仏 に も ま さ る 源 氏 の 威 光 、 と 賛 美 。 も の た 一 九 世 の 無 常 を 観 ず る 源 氏 の 感 懐 。 ま で 物 賜 び 、 尊 き こ と の 限 り を 尽 く し て 出 で た ま ふ 。 見 た て ま つ り 送 る と て 、 ニ 0 紫 の 上 。 一 説 に は 藤 壺 。 こ の も か の も に 、 あ や し き し は ふ る ひ ど も も 集 ま り て ゐ て 、 涙 を 落 と し つ つ 見 三 誦 経 へ の 布 施 。 一 三 以 下 、 布 施 の 与 え ら れ る 範 囲 。 ニ 四 た て ま つ る 。 黒 き 御 車 の 内 に て 、 藤 の 御 袂 に や つ れ た ま へ れ ば 、 こ と に 見 え た ニ 三 皺 く ち ゃ の 老 人 ( 皺 古 ) 、 柴 を 拾 い 集 め る 山 人 ( 柴 振 ) な ど 諸 説 。 ニ 四 桐 壺 院 へ の 服 喪 で 、 車 も 黒 色 。 ま は ね ど 、 ほ の か な る 御 あ り さ ま を 、 世 に な く 思 ひ き こ ゅ べ か め り 。 一 宝 紫 の 上 。 ニ 六 木 女 君 は 、 日 ご ろ の ほ ど に 、 ね び ま さ り た ま へ る 心 地 し て 、 い と い た う し づ ま = 六 前 に も 源 氏 は 紫 の 上 の 返 書 か ら 、 そ の 女 ら し い 成 長 ぶ り を 感 取 。 ニ 七 り た ま ひ て 、 世 の 中 い か が あ ら む と 思 へ る 気 色 の 、 心 苦 し う あ は れ に お ば え た 毛 源 氏 と の 仲 。 ニ ^ 源 氏 の 藤 壺 へ の あ る ま じ き 恋 。 ニ 九 ま へ ば 、 あ い な き 心 の さ ま ざ ま 乱 る る や し る か ら む 、 「 色 か は る と あ り し も そ れ が 自 分 の そ ぶ り に 現 れ 、 紫 の 上 を 不 安 が ら せ て い る か と 推 量 。 え 紫 の 上 の 歌 ( 一 七 五 ハ ー 五 行 ) 。 ら う た う お ば え て 、 常 よ り こ と に 語 ら ひ き こ え た ま ふ 。 一 九 め ん ば く ふ み た も と け し き ニ 0

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


105 葵 し め う ち 一 三 ( 現 代 語 訳 一 一 七 六 ハ ー ) 一 四 な い し の す け え て い よ う 。 ↓ 紅 葉 賀 七 一 一 ハ ー 注 モ 注 連 の 内 に は 」 と あ る 手 を 思 し 出 づ れ ば 、 か の 典 侍 な り け り 。 「 あ さ ま し う 、 三 「 心 」 は 典 侍 の 心 。 今 日 は 「 八 十 氏 人 」 ( 誰 彼 の 区 別 な い 多 数 ) に 古 り が た く も い ま め く か な 」 と 憎 さ に 、 は し た な う 、 逢 え る 日 だ か ら と 相 手 を 切 り 返 す 。 や そ う ぢ び と 一 六 最 初 の 歌 の 「 は か な し や 」 を 源 氏 か ざ し け る 心 そ あ だ に 思 は ゆ る 八 十 氏 人 に な べ て あ ふ ひ を 「 く や し く も 」 に 転 じ な が ら 、 さ ら に 源 氏 に 執 ね く 追 和 。 「 名 の み し 女 は つ ら し と 思 ひ き こ え け り 。 て 人 だ の め な る 」 は 、 「 逢 ふ 」 の 言 葉 だ け で 人 に 空 頼 み さ せ る 意 。 典 侍 く や し く も か ざ し け る か な 名 の み し て 人 だ の め な る 草 葉 ば か り を 宅 源 氏 は 女 ( 紫 の 上 ) と 同 乗 し て す だ れ い る の で 、 簾 を さ え 上 げ な い 。 と 聞 こ ゅ 。 人 と あ ひ 乗 り て 簾 を だ に 上 げ た ま は ぬ を 、 心 や ま し う 思 ふ 人 多 か り 。 天 典 侍 も こ の 一 人 。 典 侍 の よ う あ り 「 一 日 の 御 あ り さ ま の う る は し か り し に 、 今 日 う ち 乱 れ て 歩 き た ま ふ か し 。 誰 に 積 極 的 に 恨 ま ず と も 、 愛 人 た ち も そ れ 以 上 に 嫉 妬 を 強 め て い よ う 。 な ら む 、 乗 り 並 ぶ 人 け し う は あ ら じ は や 」 と 推 し は か り き こ ゅ 。 「 い ど ま し か 一 九 紫 の 上 の 素 姓 は 誰 も 知 ら な い 。 ニ 0 典 侍 が 相 手 で は 。 「 か ざ し 争 お も ら ぬ か ざ し 争 ひ か な 」 と さ う ざ う し く 思 せ ど 、 か や う に い と 面 な か ら ぬ 人 、 は ひ 」 は 、 「 車 争 ひ 」 に 対 し て の 言 葉 。 三 典 侍 の よ う に 恥 知 ら ず で な い た 人 あ ひ 乗 り た ま へ る に つ つ ま れ て 、 は か な き 御 答 へ も 心 や す く 聞 こ え ん も ま 人 。 源 氏 の 愛 人 た ち 一 般 を さ す 。 一 三 「 も の 」 は 魂 の 意 。 接 頭 語 で は な い 。 心 底 か ら の 物 思 い ば ゅ ・ し か し 。 ニ 三 源 氏 と か か わ っ て 以 来 。 一 西 「 つ ら し 」 は 、 相 手 を 恨 む 意 。 御 息 所 は 、 も の を 思 し 乱 る る こ と 年 ご ろ よ り も 多 く 添 ひ に 〔 一 0 〕 車 争 い の た め 、 御 「 は て 」 に 注 意 。 絶 望 し き っ て い る 。 く だ 息 所 の 物 思 い 深 ま る け り 。 つ ら き 方 に 思 ひ は て た ま へ ど 、 今 は と て ふ り 離 れ 下 ニ 五 心 底 に ひ そ む 源 氏 へ の 執 心 。 ニ 六 世 間 の も の 笑 い 。 決 意 を 迫 ら ニ 六 ひ と ぎ ひ と わ ら り た ま ひ な む は い と 心 細 か り ぬ べ く 、 世 の 人 聞 き も 人 笑 へ に な ら ん こ と と 思 す 。 れ る 御 息 所 の 追 い つ め ら れ た 気 持 。 ふ ひ と ひ み や す ど こ ろ ニ 四 か た お 一 九

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


源 氏 物 語 6 工 夫 を し た 。 3 和 歌 は 、 全 文 を 引 用 し た の ち 、 そ の 現 代 語 訳 を ( ) 内 に 示 し た 。 4 見 出 し は 、 本 文 に 付 し た の と 同 じ 見 出 し を 現 代 語 訳 の 該 当 箇 所 に 付 け た 。 5 原 文 と 現 代 語 訳 と の 照 合 の 検 索 の 便 を は か り 、 そ れ そ れ 数 ベ ー ジ お き の 下 段 に 、 対 応 す る べ ー ジ 数 を 示 し た 。 一 、 巻 末 評 論 は 、 本 巻 所 収 の 巻 々 に 関 連 し て 問 題 と な る テ ー マ を 一 つ と り あ げ て 論 じ た 。 一 、 巻 末 付 録 と し て 、 「 引 歌 一 覧 」 「 各 巻 の 系 図 」 「 官 位 相 当 表 」 「 図 録 」 を 収 め た 。 一 、 本 巻 の 執 筆 に あ た っ て の 分 担 は 、 以 下 の と お り で あ る 。 本 文 は 、 阿 部 秋 生 が 担 当 し た 。 脚 注 は 、 秋 山 虔 と 鈴 木 日 出 男 が 執 筆 し た 。 現 代 語 訳 は 、 秋 山 虔 が 執 筆 し た 。 巻 末 評 論 は 今 井 源 衛 が 執 筆 し た 。 5 付 録 の 「 引 歌 一 覧 」 は 、 鈴 木 日 出 男 が 執 筆 し た 。 一 、 そ の 他 1 ロ 絵 の 構 成 ・ 選 定 ・ 図 版 解 説 に つ い て は 田 口 栄 一 氏 を 煩 わ せ た 。 2 ロ 絵 に 掲 載 し た 『 源 氏 物 語 色 紙 』 に つ い て は 京 都 国 立 博 物 館 の 協 力 を 得 た 。

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


源 氏 物 語

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


、 こ の 「 引 歌 一 覧 」 は 、 本 巻 ( 末 摘 花 ~ 花 散 里 ) の 本 文 中 に ふ ま え ら れ て い る 歌 ( 引 歌 ) で 、 脚 注 欄 に 掲 示 し た 歌 を ま と め た も の で あ る 。 一 、 掲 出 の 仕 方 は 、 は じ め に 、 引 歌 表 現 と み ら れ る 本 文 部 分 の ペ ー ジ 数 と 行 数 を あ げ 、 そ の 引 歌 お よ び 出 典 を 示 し 、 以 下 、 行 を 改 め て 、 歌 の 現 代 語 訳 と 解 説 を 付 し た 。 ( 古 今 ・ 雑 下 ・ 究 一 一 陸 奥 ) き 心 地 す る 末 摘 花 語 り 尽 き ず 満 ち 足 り な か っ た 気 持 が 、 あ な た の 袖 の 中 に 入 っ て し ま っ た の だ ろ う か 。 私 は 、 魂 が 身 を 離 れ 出 て 、 ば ん や り ・ 2 思 へ ど も 身 を し わ け ね ば 目 に 見 え ぬ 心 を 君 に た か ご の あ っ ゆ き ぐ へ て ぞ や る ( 古 今 ・ 離 別 ・ 三 七 三 伊 香 子 淳 行 ) し た 気 分 だ 。 別 れ が た く 思 っ て も 自 分 の 身 を 二 つ に 分 け る こ と が で き な い 「 魂 」 が わ が 身 を 離 れ て 相 手 に 取 り つ く と い う 点 で 、 こ れ の で 、 せ め て 、 目 に は 見 え な い 心 だ け で も 、 あ な た に 連 れ 添 も 前 項 と 同 類 発 想 の 歌 。 『 古 今 集 』 の 詞 書 に よ れ ば 、 女 同 わ せ て や り た い と 思 う 。 士 が 親 し い 語 ら い に 興 じ た 後 の 、 な お も 物 足 り ぬ 気 分 を 詠 人 間 存 在 を 「 身 」 ( 肉 体 ) と 「 心 」 ( 魂 ・ 精 神 ) に 分 析 す る 発 ん だ 歌 と 分 る 。 物 語 で は こ れ を 、 タ 顔 と の 恋 へ の 物 足 り な 想 は 一 般 的 で 、 こ こ で も 、 「 身 」 は こ こ に あ り な が ら も さ に 転 じ 、 源 氏 の 今 な お あ き ら め が た い 執 着 の 深 さ を か た 「 心 」 は あ な た と と も に 、 と 願 う 気 持 を い う 。 『 古 今 集 』 の ど る 。 こ と ・ は 都 き ・ 2 し ぐ れ つ つ 梢 々 に う つ る と も 露 に 後 れ し 秋 な 忘 詞 書 か ら は 東 国 に 旅 立 つ 人 へ の 送 別 の 歌 と 知 ら れ る が 、 物 ・ ( 朝 忠 集 ) 覧 語 で は 死 別 の タ 顔 を 追 慕 す る 気 持 に 転 じ 用 い ら れ た 。 タ 顔 れ そ う し な し ぐ れ 時 雨 が 幾 度 と な く 降 っ て は 木 々 の 梢 が 紅 葉 に 変 る 季 節 に な ろ 一 巻 後 半 の 、 タ 顔 を 喪 い 魂 の 抜 け 出 た よ う な 源 氏 の 茫 然 自 失 歌 う と も 、 あ の 君 が は か な い 露 の よ う に 亡 く な っ た 秋 と い う 季 ぶ り が 、 「 目 に 見 え ぬ 心 を 君 に た ぐ へ て ぞ や る 」 の 表 現 に 節 を 忘 れ て は な ら な い 。 ふ さ わ し い と い え よ う 。 こ の 「 思 へ ど も 」 以 下 、 三 首 の 歌 が 重 層 す る 引 歌 表 現 で あ る 点 に 注 意 。 『 朝 忠 集 』 の 詞 書 に よ れ ば 、 天 暦 六 年 GFII) の 秋 な か ば 八 っ 0 す ぎ く い ん 月 十 五 日 に 崩 御 し た 朱 雀 院 の 四 十 九 日 の 忌 に 詠 ま れ た 歌 。 ・ 2 飽 か ざ り し 袖 の な か に や 入 り に け む わ が 魂 の な 引 歌 一 覧 み ち の く