検索 - みる会図書館

全データから 93055件見つかりました。
世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

280 『集史』には、まだ全訳がない。次は、原本の第一巻だけのロシア語訳である。 L. A. Khetagurov, O. I. Smirnova tr. , R 房ミミミ S トミ 0 S ミ・ , Tom l, Kniga pervaya 陸 Kniga vtoraya. lzdatel'stvo Akademii Nauk SSSR, Moskva 年 Leningrad, 1952. なお、前出の The Successors 、 G ミ S K ミは、同じく『集史』の第一巻の、チンギス・ ーン ( 元朝の成宗皇帝 ) までの部分だけの英訳で ーンの息子たちからテムル・オルジェイト・ ある。 『フラーン・デブテル』には、次の日本語訳がある。 稲葉正就・佐藤長訳『フウラン・テプテルーチベット年代記ー』 ( 法蔵館、一九六四年 ) 『元朝秘史』は、十四世紀に、モンゴル語原文を漢字で音訳して漢訳を附した本が、明朝の太祖 洪武帝の命によって編纂刊行された。この本の音訳漢字を口 1 マ字化したのが、次のものである。 白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』 ( 東洋文庫、一九四一一年 ) 『元朝秘史』のモンゴル語原文からの全訳としては、原本が含む漢訳を除けば、次の一九〇六年 に完成した日本語訳が世界でもっとも古い。文体は擬古文である。 那珂通世訳注『成吉思汗実録』 ( 大日本図書、一九〇七年。筑摩書房、一九四三年 ) 「元朝秘史』のロ語体の日本語訳には、次のものがある。ただし正字体の漢字、歴史的仮名遣い を用いる。 小林高四郎訳注『蒙古の秘史』 ( 生活社、一九四〇年 ) もっとも手に入りやすい『元朝秘史』の日本語訳は、次のものである。擬古文とロ語文の折衷の

群像 2016年08月号

に言うと、言葉だけでできているところに小説というもの てもいし 文体を先に考える。大友さんがおっしやるよう の、ある種の特性はあるといえる。 に、音楽家がどういう音を出したいかというのと似ています ね。 大友相当こじれた人がやるジャンルですね。 奥泉そうなんです。 大友僕はよく知らないですけど、たとえば夏目漱石さんの 時代はそういうことを考えていたんですか。 ■こじれた小説 奥泉漱石だけは考えた。ほかの人はほば考えていない、と 大友この『ビビビ・ビ ・バップ』も、相当こじれている感思う。 じがあって、そこが面白いと思うんですね。複雑な入れ子型大友確かに漱石さんは小説によって文体を苦心して変えて いますよね。 構造になっていて、何重にもレイヤーがあって、例えば僕ら の世代が読むのと二十代の人が読むのとじゃ、読後感が全然奥泉特に初期の『草枕』は典型的です。ああいう言葉で書 違うでしようし、さっきの山下洋輔さんの影響で言うと、ポ きたかったということがひしひしと伝わってくる。新聞小説 リフォニーのようにいろんな声が響いている感じも確かにあ作家になってからの漱石はリアリズム小説を書くようになる る。ただの文字でしかないんだけども。 んですけど、『草枕』などの初期作品は、完全に言葉それ自 奥泉この小説の出発点は、ジャズでもでもなく、言葉体の魅力で小説を書こうとしている。 それ自体なんです。 大友面白い。音楽家で言うと、古い音楽家にはたいてい、 大友どういうことですか。 その人固有の語法があって、そこから逸脱できないんです 奥泉海外の非常にレベルの高い日本語訳を、僕はこれ よ。ビル・エバンスはどこまで行ってもビル・エバンスのよ まで何冊も読んできた。その言葉遣いが好きになって、自分うな語法しかしない。ダメという意味じゃないですよ。もの も書いてみたいと思ったのが出発点です。はじめに物語がすごく完成されているから。 あって、それにふさわしい言葉を探してくるんではなく、使 ただ、さっき言ったポストモダンという言葉を使うなら、 いたい言葉があるというのが先なんですよ。 それ以降の音楽家は選択できる。自分の音楽は自分の音楽で 大友それはめちゃくちや音楽家的ですね。その言葉が使え しかなかったのが、ある時期以降、僕もそうですけど、この るシチュエーションを探すという感じ。よくわかる。 映画音楽はタンゴで書こうかなとか、幾らでも選択肢があ 奥泉構成とか物語は後から。極端に言えばこの話じゃなく る。同じタンゴでも、こういう和音を使いたいなとか。たカ

新潮45 2016年08月号

。女系図でたどる驚の日本史 3 紫式部も清少納言も一系図に収まる平安時代 源氏物語』『蜻蛉日記』『枕草子』など華やかな宮廷文学の作者はみな親戚同士だった ! インテリ女性にもてまくった貴公子をめぐる女の争いも、当然身内のそれで 本を持つのは特権階級 「文化資本」ということばがある。フラ ンスの社会工月ヒエール・プルデューが 広めたもので、家庭で獲得される趣味教 養やマナーと、学校で習得される知識や 技能との一一種に大別されるが、鬮とな るのは前者だ。親に読書の習慣があれば、 言われなくても本を読む子になったり、 親の仕事で海外生活が長いと、子どもは 苦もなくバイリンガル、トリリンガルに なったりする。これが家庭で獲得される 文化資本で、気がつくと身についている ことから「身体化された文化資本」と呼 平安文学者系図 ◆「伊勢物語Ⅱ紫式部日記」 「栄花物語」「尊卑分脈」等による 藤原実頼ーー頼忠 厳子女王 荘子女王 ⑩村上 代明親王 0 女 『蜻蛉日記』 道綱母 道綱道命阿闍梨 源為理 播磨 大江雅致 橘道貞 菅原孝標 『更級日記』 孝標女和泉式部 定頼 『源氏物語』 紫式部大弐三位 中将の君 ( 斎院中将 ) 公任 大 1961 年横浜市生。早稲田大学第一文 学部日本史学専攻。著書に個人全訳 「源氏物語」、「本当はひどかった昔の 日本」「本当は工ロかった昔の日本」 「日本の古典は工ロが 9 割」等。 August 2016 256 っか 小式部内侍

チャタレイ夫人の恋人 : 完訳

完訳チャタレイ夫人の恋人

フランス文学と愛

第五章 エリザベ ート・バダンテール『母性という神話』鈴木晶訳、ちくま学芸文庫、一九九八年 フィリップ・アリエス『〈子供〉の誕生』杉山光信・杉山恵美子訳、みすず書房、一九八一年 『万葉集 ( 一 lh 佐竹昭広他校注、岩波文庫、二〇一三年 『ルーヴル美術館展ーー美の宮殿の子どもたち』国立新美術館、朝日新聞社事業本部文化事業部編、一一〇〇九年 ラブレー「ガルガンチュアーーガルガンチュアとパンタグリュエル 1 』宮下志朗訳、ちくま文庫、二〇〇五年 ラブレー『パンタグリュエルーーーガルガンチュアとパンタグリュエル 2 』宮下志朗訳、ちくま文庫、二〇〇六年 スクリーチ「ラブレ ! ーー笑いと叡智のルネサンス」平野隆文訳、白水社、二〇〇九年 セヴィニエ夫人「セヴィニエ夫人手紙抄』井上究一郎訳、岩波文庫、一九八七年 Madame de Sévigné, Correspondance, GaIIimard, «PIéiade», 3 vo 一こ 1973 ー 1978 ール」今野一雄訳、岩波文庫、上・下、一九六二年、一九六四年 パッサン「女の一生』永田千奈訳、光文社古典新訳文庫、一一〇一一年 ジャック・ルゴフ、アラン・コルバンほか「世界で一番美しい愛の歴史』小倉孝誠・後平隆・後平澪子訳、藤原書店、二〇〇四 年 Maupassant, 公 Ga お on. un bock!», C02 s no に . 尸 Gallimard,< 《 Pléiade 》》 , 1996 ゾラ「テレーズ・ラカン』宮下志朗訳〔サントプーヴへの手紙およびテーヌからの手紙の翻訳も収録〕、宮下志朗・小倉孝誠責 任編集「ゾラ・セレクション 1 初期名作集」藤原書店、二〇〇四年 ポール・ヴァレリー『精神の危機他十五篇』恒川邦夫訳、岩波文庫、二〇一〇年 ヴィクトル・ユーゴー「レ・ミゼラブル』豊島与志雄訳、岩波文庫、全四巻、一九八七年 ポードレール「ヴィクトール・ユゴー著『レ・ミゼラブル』書評」「ポードレール全集 2 文芸批評』阿部良雄訳、筑摩書房、一 九八四年 265 参考文献

るるぶ軽井沢 '13

るるぶ情報版軽井訳 一を、 ( 第日軽銀 み森のな , 客、ツェフ ヴ一ド お第ち帰り べ十ョの 。フフ完軽利イガ \ ~ Adggi 、・取り外せて便利な スペシャル 旧軽銀座 ノ塩沢湖 北軽井沢 、・小諸 / V レニレテラス 信濃追分 、草津温泉 2012 年 4 月日初版印刷編集人石川泰宏 一〒 16 ( u ー 8446 2012 年 5 月 1 日初版発行発行人横山裕司通巻号発行所 東京都新宿区払方町

帰ってきたメアリー・ポピンズ (岩波少年文庫 53)

ケストナー少年文学全集黯巻 〈小学 3 ・ 4 年以上〉 エーリヒ・ケストナー作 / 高橋健ニ訳 ナチスにより著書を焼かれーエーミールと探偵たち 執筆を禁止されながらも、 2 エーミールと三人のふたご 次代を担う子どもたちに期 待をかけ、ひたすら子ども 3 占子ちゃんとアントン のための小説を書き続けた 4 飛ぶ教室 ケストナーの、日本で唯一 の完全訳全集。ューモアに 5 五月三十五日 あふれた話の中にも、涙を さそう悲しい物語の底にも、 6 ふたりのロッテ 人生の真実が輝いています。 7 わたしが子どもだったころ イ品の風格を伝えるトリヤ ーとレムケのさし絵つき。 8 動物会議 判変型上製・平均二二二頁 別サーカスの小びと

冬の鷹

冬 ければならぬ使命感をいだいたのだ。 訳述を終えたのは、その年の三月であった。それは、「柬砂葛記」と題する一巻で、 良沢は、冒頭の序に、 わ 「蝦夷ノ属島クナシリョリ、直路吾ガ里法ニテ二百五十里許ニ当ッテカムサスカト云 フ国アリ」 と、その位置を記し、 鷹「此ノ国 ( カムチャッカ ) ノ国図、並ビニ山川等ノ記事詳カナルモノ未ダコレヲミズ。 こ おらんだ 是ノ冊子ハ和蘭地理ヲ記セル一二ノ書中ョリ抄録シテ、コレヲ訳記シ、座右ニ置イテ の 他日ノ校補ニ供シ、草稿ニ属スルモノナリ」 と、記述の目的を述べている。 「草稿ニ属スーと書いているが、かれはターヘル・アナトミアの翻訳書である「解体 新書」の出版に反対したと同じように、その後の訳書も版元に手渡すことは決してし なかった。それらが出版されれば、多くの人の眼にふれ、かれの蘭学研究者としての 名もたかまるはずだったが、かれはあくまで名声を得るようなことに背を向けていた。 かれの語学水準はきわめて高度なものになっていたが、それでもかれは自分の学識 の至らなさを恥じていた。不完全なものを出版することは本意ではないし、研究者と こ つまびら かむさすか ばかり い

フランス文学と愛

第一章 参考文献 ( 文中で引用ないし言及したものに限る ) はじめに トーマス・マン「魔の山」高橋義孝訳、新潮文庫、上・下、一九六九年 ヴォルテール『ルイ十四世の世紀』丸山熊雄訳、岩波文庫、全四巻、一九五八 5 一九八三年 アポストリデス「犠牲に供された君主ーールイ十四世治下の演劇と政治』矢橋透訳、平凡社、一九九七年 モリエール「シチリア人あるいは恋する絵描き秋山伸子訳、ロジェ・ギシュメール・廣田昌義・秋山伸子共編「モリエール全 集 6 」臨川書店、二〇〇一年 モリエール『滑稽な才女たち』秋山伸子訳、「モリエール全集 2 』臨川書店、一一〇〇〇年 Madeleine de Scudé「 y, 04 . ・ isto 一、 e き ma 、傘 Hono 「 6 Champion, 5 vo 一じ 200P2005 コルネイユ『ル・シッド』岩瀬孝訳、『コルネイユ名作集』白水社、一九七五年 ラシーヌ「フェードル・アンドロマック」渡辺守章訳、岩波文庫、一九九三年 Racine, CEuvres co p 希 s ト Gallimard, «Pléiade», 1999 モリエール「スガナレルあるいはコキュにされたと思った男』秋山伸子訳、「モリエール全集 2 』 モリエール「いやいやながら医者にされ」鈴木カ衛訳、岩波文庫、一九六一一年 モリエール「ドン・ジュアン」鈴木カ衛訳、岩波文庫、一九七五年 ジャンⅡルイ・フランドラン『性の歴史」宮原信訳、藤原書店、一九九二年 フランソワ・ルプラン「アンシアン・レジーム期の結婚生活藤田苑子訳、慶應義塾大学出版会、二〇〇一年 ポール・べニシュー「偉大な世紀のモラル フランス古典主義文学における英雄的世界像とその解体」朝倉剛・羽賀賢一一訳、法 政大学出版局、一九九三年 261 参考文献

日本のとんち話

宮沢賢治 学斉藤実 花の童話集 呻太平洋漂流実験日 花にまつわる賢治の童話。いわさきちひろの絵をそえて。 高自ら単身ゴムボートで決死の実験をした、熱い記録。 スビリ・作関楠生・訳 ・スチープンソン・作亀山龍樹・訳 宝島 アルプスの少女 = 人間嫌いのおしいさんの心をはぐす明るいハイジの物門秘密の宝島の地図を手に入れたジムは海賊と戦って : トーミン・作中込光子・訳 作渡辺南都子・訳 ピーター ハンの冒険 宇宙からきた少年 幾世代にもわたって読みつがれてきた世界名作を新訳で。実験の最中、突然やってきた少年をめぐって次つぎ事件ー 長田新・編ーーー・「原爆の子」他より 来栖良夫 わたしかちいさかったときに 弥次さん亠号多さん 愉快な江戸っ子コンビが東海道五十三次で次つぎ珍騒動ー広島の原爆被爆者となった少年少女たちの痛切なチ記集。 古田足日 寺村輝夫 アフリカのシュバイツアー コロンプス物語 アメリカ大陸を発見したコロンプスを新しい視点で描く。 〃密林の聖者みをアフリカの歴史・文明の中でとらえる。 マーク・トウェーン・作渡辺南都子・訳 ④古田足日 トム・ソーヤーの冒険上 豊臣秀士ロ物語 ろ貧しい針売りの少年が知恵と策略で太閤に出世するまで。アメリカ児童文学の最高傑作をフレッシュな訳でおくる。 マーク・トウェーン・作渡辺南都子・訳 吉沢和夫 も トム・ソーヤーの冒険下 太平記物語 庫 大河ドラマでおなしみの武将が活躍する「原典」を活写。洞窟にまよいこんだトムとべッキーは ? 名作の完結一碣 砂田弘 ア小森長生 オ宇宙ふしきふしき物 探検家マルコ・ボーロ ッパに紹介したマルコ・ポーロの伝記物語一。 フ科学の進歩が刻々解きあかす宇宙の神秘を、やさしく語る。日本をヨーロ 以下続刊