検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦から 415件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


完 訳 日 本 の 古 典 20 源 氏 物 語 七 阿 部 秋 生 ・ 秋 山 虔 ・ 今 井 源 衛 ・ 鈴 木 日 出 男 校 注 ・ 訳 0 ′ ク 0 0 0 小 学 館

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


付 録 引 歌 一 覧 : 各 巻 の 系 図 : 図 録 : 官 位 相 当 表 : ロ 絵 目 次 源 氏 物 語 絵 巻 / 横 笛 源 氏 物 語 絵 巻 / 柏 木 : ・ 源 氏 物 語 絵 巻 / 御 法 ・ 〈 装 丁 〉 中 野 博 之 ・ : 三 八 五 ・ : 四 0 七 ・ : 四 一 三

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


付 録 引 歌 一 覧 : 各 巻 の 系 図 : 図 録 : 官 位 相 当 表 : ロ 絵 目 次 源 氏 物 語 絵 巻 / 横 笛 源 氏 物 語 絵 巻 / 柏 木 : ・ 源 氏 物 語 絵 巻 / 御 法 ・ 〈 装 丁 〉 中 野 博 之 ・ : 三 八 五 ・ : 四 0 七 ・ : 四 一 三

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


完 訳 日 本 の 古 典 第 二 十 巻 源 氏 物 囮 昭 和 年 5 月 引 日 初 版 発 行 定 価 一 七 〇 〇 円 阿 部 秋 生 秋 山 虔 校 注 ・ 訳 者 今 井 源 衛 鈴 木 日 出 男 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 二 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 二 九 二 ー 四 七 六 三 製 作 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 三 三 三 販 売 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 七 三 九 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か じ め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い 。 Printed in Japan ( 著 者 検 印 は 省 略 A. Abe. K. Akiyama G. lmai H. Suzuki い た し ま し た ) ISBN4 ・ 09 ・ 556020 ・ 7 1987

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


語 物 氏 源 4 見 出 し は 、 本 文 に 付 し た 見 出 し と 同 じ も の を 現 代 語 訳 の 該 当 箇 所 に 付 け た 。 5 原 文 と 現 代 語 訳 と の 照 合 の 検 索 の 便 を は か り 、 そ れ ぞ れ 数 ベ ー ジ お き の 下 段 に 、 対 応 す る べ ー ジ 数 を 示 し た 。 一 、 巻 末 評 論 は 、 本 巻 所 収 の 巻 々 に 関 連 し て 問 題 と な る テ ー マ を 一 つ と り あ げ て 論 じ た 。 一 、 巻 末 付 録 と し て 、 「 引 歌 一 覧 」 「 各 巻 の 系 図 」 「 図 録 ー 「 官 位 相 当 表 」 を 収 め た 。 一 、 本 巻 の 執 筆 に あ た っ て の 分 担 は 、 次 の と お り で あ る 。 本 文 は 、 阿 部 秋 生 が 担 当 し た 。 脚 注 は 、 秋 山 虔 と 鈴 木 日 出 男 が 執 筆 し た 。 3 現 代 語 訳 は 、 秋 山 虔 が 執 筆 し た 。 4 巻 末 評 論 は 、 今 井 源 衛 が 執 筆 し た 。 付 録 の 「 引 歌 一 覧 」 は 、 鈴 木 日 出 男 が 執 筆 し た 。 一 、 そ の 他 1 ロ 絵 の 構 成 ・ 選 定 ・ 図 版 解 説 に つ い て は 田 口 栄 一 氏 を 煩 わ し た 。 2 ロ 絵 に 掲 載 し た 『 源 氏 物 語 絵 巻 』 に つ い て は 徳 川 黎 明 会 、 五 島 美 術 館 の 協 力 を 得 た 。

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


ッ 盡 「 国 宝 源 氏 物 語 絵 巻 は 、 十 一 一 世 紀 前 半 の 成 立 当 初 の お そ ら く 四 分 の 一 以 上 を 失 い 、 近 年 発 見 さ れ た 一 図 を 含 め て も 全 部 で 一 一 十 場 面 の 絵 を す に す ぎ な い 。 そ の う ち 徳 川 美 術 館 蔵 の 「 柏 木 」 「 横 笛 」 ( 前 ( ー ) と 五 島 美 術 館 蔵 の 「 鈴 虫 」 「 タ 霧 」 「 御 。 ' ~ ( 一 ト ~ の 法 」 の 五 帖 八 場 面 は 、 も と 一 巻 を な し て い た と 考 え ら れ 、 画 風 も 訶 障 の 書 風 も 共 に 秀 逸 で こ の 絵 巻 の 優 れ た 特 質 を 、 フ か か 、 つ こ と か で き る 。 と り わ け 物 語 第 一 一 部 の 後 半 、 「 柏 木 」 に は 三 場 面 を 配 し 、 晩 年 の 源 氏 を 襲 う 悲 劇 の 主 題 を 鋭 く 造 形 化 し て 息 づ ま る よ う な 展 開 を み せ る 。 上 図 は そ の ク ラ イ マ ッ ク ス 、 / , な ( 女 三 の 宮 と 柏 木 と の 子 ( 前 ) の ム 十 日 の 祝 い を 迎 え 、 わ が 子 な ら ぬ 嬰 児 を わ が 子 と し て 抱 か な け れ ば な ら な い 源 氏 の 姿 を 描 く 。 . 横 長 の 画 面 を 中 央 で 斜 め に 大 胆 に ′ ・ 1 区 切 り 、 左 上 に 広 い 室 内 空 間 を 造 り 出 し な が ら 、 画 家 は 源 氏 を 画 面 1 朝 , ー

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


源 氏 物 語

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


雲 隠 光 源 氏 の 物 語 は 幻 巻 を も っ て 終 る が 、 古 来 、 幻 巻 と 匂 宮 巻 と の 間 に 、 巻 名 の み あ っ て 本 文 の な い 「 雲 隠 」 と い う 巻 を 置 く こ と が 行 わ れ て い る 。 文 献 的 に は 、 正 治 元 年 ( 一 一 究 ) ご ろ に 書 か れ た と さ れ る 高 野 山 正 智 院 し ろ ぞ う し 蔵 『 白 造 紙 』 の 源 氏 目 録 に 見 え る の が 最 も 古 い 例 だ と い う 。 「 雲 隠 る 」 の 語 で 死 を 比 喩 的 に 表 現 す る 例 は 、 『 万 葉 集 』 に も 平 安 時 代 に も 見 ら れ ( も っ と も 、 『 源 氏 物 語 』 の 中 の 五 例 に こ れ に 相 当 す る も の は な い が ) 、 光 源 氏 の 死 を 暗 示 す る 巻 名 で あ る こ と は 明 ら か で あ る が 、 こ れ が 『 源 氏 物 語 』 の 作 者 に よ る 措 置 で あ っ た の か ど う か 、 そ う で な い と す れ ば 、 、 し つ 、 誰 に よ っ て こ こ に 置 か れ る よ う に な っ た の か 、 な ど 一 切 は 不 明 で あ る 。 し め い し よ う げ ん ち ゅ う さ い ひ し よ う 『 源 氏 物 語 』 の 古 注 釈 書 で あ る 『 紫 明 抄 』 や 『 原 中 最 秘 抄 』 ( 文 永 元 年 〈 一 = 六 四 〉 ご ろ に は 成 立 か ) に は 、 も と も と こ の 「 雲 隠 」 は な か っ た 、 と し な が ら 、 巻 名 だ け で 本 文 の な い こ と に つ い て の 説 も 掲 げ ら れ て い る 。 源 氏 さ た ん の 死 を 、 語 ら ず し て 示 す 方 法 で あ っ た 、 と い う こ と に な る の で あ ろ う が 、 今 日 で は 、 そ の 説 に 左 袒 す る 見 解 、 反 対 に 、 本 来 巻 名 も な か っ た と す る 見 解 、 の 二 つ に 大 き く 分 れ て 、 そ の 評 価 も ま た 、 こ の 物 語 の 作 者 の 絶 妙 な 意 匠 と す る も の か ら 、 後 人 の さ か し ら に よ る な く も が な の 蛇 足 で あ る と す る も の ま で 、 さ ま ざ ま で あ る 。 物 語 は 、 主 人 公 の 両 親 の 紹 介 か ら 主 人 公 の 死 ま で が 語 ら れ る こ と を そ の 定 形 と し て い る が 、 光 源 氏 の 死 は 、 翌 年 の 出 家 を 控 え た 源 氏 の 一 年 間 の 動 静 を 描 く 幻 巻 と 、 「 光 隠 れ た ま ひ に し 後 」 と 、 源 氏 没 後 の 模 様 に 筆 を 起 す 匂 宮 巻 と の 間 の 空 白 の 八 年 間 の 中 に 、 直 接 語 ら れ る こ と な く 、 埋 め 込 ま れ て い る 。 そ の こ と に 飽 き 足 り な さ を 感 じ た 読 者 に よ っ て で あ ろ う か 、 『 雲 隠 六 帖 』 な る も の ( 現 存 し な い ) も 作 ら れ た ら し い 。 『 源 氏 物 語 』 の 最 後 の 巻 「 夢 浮 橋 」 に 続 く 物 語 と し て 『 山 路 の 露 』 が 書 か れ た こ と に 似 る が 、 そ れ ら 続 編 の 物 語 の 存 在 は 、 『 源 氏 物 語 』 が 人 々 に い か に 愛 読 さ れ 、 人 々 を い か に 魅 了 し 続 け て き た か の 顕 著 な 証 で も あ り 、 と 同 時 に 、 き つ り つ そ れ ら の 追 随 を ま っ た く 許 さ ぬ 、 文 学 史 の 上 に 屹 立 す る 『 源 氏 物 語 』 の 達 成 を 、 逆 に 照 ら し 出 す も の と も な っ て い る 。 と も あ れ 、 物 語 は 、 巻 名 の み の 「 雲 隠 」 を は さ ん で 、 源 氏 の 子 孫 た ち の 物 語 で あ る 匂 宮 巻 以 下 に 進 ん で ゆ く こ と に な る 。 が く れ あ か し

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


源 氏 物 語 絵 巻 「 横 笛 」 図 名 古 屋 市 ・ 徳 川 美 術 館 蔵 国 宝 徳 川 ・ 五 島 本 源 氏 物 語 絵 巻 は 、 物 語 成 立 後 ま も な く 始 り 絶 、 え る こ と の な か っ た 源 氏 絵 の 伝 統 の な か で 、 今 日 で は 、 そ の 冒 頭 に 位 置 づ け ら れ る 至 , 、 、 ・ 高 の 傑 作 で あ る 。 図 は そ の 「 横 笛 」 の 場 面 で 、 夜 更 け に 突 殀 お び 、 疋 た よ 、 つ に 泣 き 出 し た 若 ′ 、 ー ル い の か リ 君 を 慰 め よ っ と 、 雲 居 雁 が 豊 か な 胸 を に し て 乳 を ふ く ま せ な が ら 、 毎 夜 落 葉 の 宮 の も と か ら 遅 く 帰 る 夫 、 タ 霧 に あ て つ け た 限 み 一 言 を い 、 つ と こ ろ 。 や ま し さ の あ る タ 霧 は 、 柱 に す が る よ 、 つ に し て 、 母 親 ら し か ん ろ く い 貫 禄 を み せ て ゆ っ た り と 描 か れ る 妻 を 見 上 げ て い る 。 こ 、 つ し た さ り げ な い 情 景 に も 画 家 の 優 れ た 物 語 解 釈 と 表 現 力 か 生 き て い て 興 味 は 尽 き な い し 物 み 第

完訳 日本の古典 第二十巻 源氏物語 ㈦


く 、 思 ひ か は し た ま ひ な が ら 、 ま た さ り と て ひ た ぶ る に は た う ち と け ず 、 ゆ ゑ 一 紫 の 上 の 、 明 石 の 君 へ の 隔 心 あ る 底 意 。 源 氏 だ け が そ れ を 知 る 。 ニ た ま ら な く 寂 し い と き は 。 あ り て も て な し た ま へ り し 心 お き て を 、 人 は さ し も 見 知 ら ざ り き か し 」 な ど 思 三 昔 の よ う に 共 寝 す る こ と は 。 語 物 し 出 づ 。 せ め て さ う ざ う し き 時 は 、 か や う に た だ お ほ か た に 、 う ち ほ の め き た 0 春 の 景 物 は 、 故 人 の 回 想 と 結 び 氏 つ く だ け に 、 源 氏 に 襲 い か か る よ う に 追 慕 の 悲 情 を も た ら す 。 や が 源 ま ふ を り を り も あ り 。 昔 の 御 あ り さ ま に は 、 な ご り な く な り に た る べ し 。 て 季 節 は 初 夏 へ と 移 る 。 一 う ぞ く 五 こ ろ も が ヘ 四 東 北 の 、 夏 の 町 に い る 花 散 里 。 夏 の 御 方 よ り 、 御 更 衣 の 御 装 束 奉 り た ま ふ と て 、 〔 ^ 〕 花 散 里 よ り の 夏 衣 五 初 夏 四 月 一 日 の 衣 更 え 。 妻 が け ふ を 見 、 世 を は か な む 花 散 里 夏 衣 た ち か へ て け る 今 日 ば か り 古 き 思 ひ も す す 夫 の 衣 装 を 新 調 し て 贈 る の が 例 。 六 「 古 き 思 ひ ー は 紫 の 上 の 思 い 出 。 彼 女 は 毎 年 源 氏 の 衣 装 を 調 え た 。 み や は せ ぬ 一 説 に は 、 花 散 里 自 身 の こ と 。 た と セ 「 羽 衣 」 は 夏 の 衣 の 喩 え 、 「 う す 御 返 し 、 き 」 「 空 蝉 」 が 縁 語 。 「 う っ せ み の 」 は 「 世 」 の 枕 詞 。 世 の 無 常 を 嘆 く 歌 。 源 氏 羽 衣 の う す き に か は る 今 日 よ り は う っ せ み の 世 ぞ い と ど 悲 し き ^ 四 月 中 旬 の 賀 茂 祭 。 九 源 氏 に 従 っ て 引 き 籠 る 女 房 ら 。 祭 の 日 、 い と つ れ づ れ に て 、 源 氏 「 今 日 は 物 見 る と て 、 〔 九 〕 祭 の 日 、 中 将 の 君 一 0 こ の 邸 か ら 派 手 に 見 物 に 出 る み や し ろ に あ わ い 愛 情 を 覚 え る 人 々 心 地 よ げ な ら む か し 」 と て 、 御 社 の あ り さ ま な ど 思 し の で は 、 源 氏 の 心 境 に そ ぐ わ な い 。 一 一 源 氏 の 召 人 。 ↓ 二 〇 二 ハ ー 注 一 一 。 三 源 氏 の 居 所 の 東 の 対 の 東 廂 か 。 や る 。 源 氏 「 女 房 な ど い か に さ う ざ う し か ら む 。 里 に 忍 び て 出 で て 見 よ か し 」 一 三 「 さ さ や か 」 は 、 小 柄 の 意 。 一 四 寝 起 き の 上 気 し た 顔 つ き 。 な ど の た ま ふ 。 一 五 「 紅 の 黄 ば み た る 」 は 柑 子 色 。 ひ む が し お も て と さ さ 「 萱 草 色 」 よ り 少 し 黒 す ん だ 色 。 と 中 将 の 君 の 東 面 に う た た 寝 し た る を 、 歩 み お は し て 見 た ま へ ば 、 し ( 現 代 語 訳 三 六 一 四 六 あ