検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣から 449件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


完 訳 日 本 の 古 典 17 源 氏 物 語 四 阿 部 秋 生 ・ 秋 山 虔 ・ 今 井 源 衛 ・ 鈴 木 日 出 男 校 注 ・ 訳

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


完 訳 日 本 の 古 典 第 十 七 巻 源 氏 物 語 定 価 一 九 〇 〇 円 昭 和 年 2 月 日 初 版 発 行 阿 部 秋 生 秋 山 虔 校 注 ・ 訳 者 今 井 源 衛 鈴 木 日 出 男 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 二 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 六 六 九 業 務 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 三 三 三 販 売 ( 〇 三 ) 一 一 三 0 ー 五 七 六 八 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い Printed in Japan A. Abe K. Akiyama ( 著 者 検 印 は 省 略 ◎ 1985 G. lmai H. Suzuki い た し ま し た ) ISBN4 ・ 09 ・ 556017 ・ 7

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


・ ク 彡 / 447 図 録 妻 戸 ( 源 氏 物 語 絵 巻 ) ひ き 檜 垣 ( 春 日 権 現 験 記 ) つ ま ど 町 。 第 第 イ 透 垣 ( 源 氏 物 語 絵 巻 ) 小 柴 垣 ( 春 日 権 現 験 記 ) す い が き 板 屋 根 の 町 屋 ( 年 中 行 事 絵 巻 )

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


源 氏 物 語 6 4 見 出 し は 、 本 文 に 付 し た の と 同 じ 見 出 し を 現 代 語 訳 の 該 当 箇 所 に 付 け た 。 原 文 と 現 代 語 訳 と の 照 合 の 検 索 の 便 を は か り 、 そ れ そ れ 数 ベ ー ジ お き の 下 段 に 、 対 応 す る べ ー ジ 数 を 示 し た 。 一 、 巻 末 評 論 は 、 本 巻 所 収 の 巻 々 に 関 連 し て 問 題 と な る テ ー マ を 一 つ と り あ げ て 論 じ た 。 一 、 巻 末 付 録 と し て 、 「 引 歌 一 覧 」 「 各 巻 の 系 図 」 「 地 図 」 「 官 位 相 当 表 ー 「 図 録 」 を 収 め た 。 一 、 本 巻 の 執 筆 に あ た っ て の 分 担 は 、 次 の と お り で あ る 。 本 文 は 、 阿 部 秋 生 が 担 当 し た 。 脚 注 は 、 秋 山 虔 と 鈴 木 日 出 男 が 執 筆 し た 。 3 現 代 語 訳 は 、 秋 山 虔 が 執 筆 し た 。 4 巻 末 評 論 は 、 今 井 源 衛 が 執 筆 し た 。 付 録 の 「 引 歌 一 覧 」 は 、 鈴 木 日 出 男 が 執 筆 し た 。 一 、 そ の 他 ロ 絵 の 構 成 ・ 選 定 ・ 図 版 解 説 に つ い て は 田 口 栄 一 氏 を 煩 わ し た 。 2 ロ 絵 に 掲 載 し た 『 源 氏 物 語 図 色 紙 』 に つ い て は 京 都 国 立 博 物 館 の 、 『 源 氏 物 語 図 屏 風 』 に つ い て は デ ト ロ イ ト 美 術 館 の 協 力 を 得 た 。

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


巻 末 評 論 ・ 付 録 引 歌 一 覧 各 巻 の 系 図 : 地 図 官 位 相 当 表 図 録 ロ 絵 目 次 源 氏 物 語 朝 顔 図 色 紙 : ・ 源 氏 物 語 図 屏 風 : 源 氏 物 語 少 女 図 色 紙 : ・ 〈 装 丁 〉 中 野 博 之 四 0 九 ・ : 四 三 六 四 四 三 四 四 四 四 四 六

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


巻 末 評 論 ・ 付 録 引 歌 一 覧 各 巻 の 系 図 : 地 図 官 位 相 当 表 図 録 ロ 絵 目 次 源 氏 物 語 朝 顔 図 色 紙 : ・ 源 氏 物 語 図 屏 風 : 源 氏 物 語 少 女 図 色 紙 : ・ 〈 装 丁 〉 中 野 博 之 四 0 九 ・ : 四 三 六 四 四 三 四 四 四 四 四 六

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


を と め 1 」 せ ち 巻 名 「 少 女 」 は 、 五 節 の 舞 姫 を い う 歌 語 。 源 氏 が 筑 紫 の 五 節 に 贈 っ た 歌 「 を と め ご も 神 さ び ぬ ら し 天 っ 袖 ふ る き 世 の 友 よ こ れ み つ は ひ 経 ぬ れ ば 」 、 ま た タ 霧 が 惟 光 の 娘 の 五 節 に 贈 っ た 歌 「 日 か げ に も し る か り け め や を と め ご が 天 の 羽 袖 に か け し 心 は 」 に よ っ つ 。 梗 概 年 が 改 っ て も 、 源 氏 は 前 斎 院 朝 顔 の 姫 君 を 思 い き れ ず 、 斎 院 の 叔 母 女 五 の 宮 も 二 人 の 結 婚 を 望 ん で い る が 、 朝 顔 の 姫 君 は 依 然 と し て 態 度 を 変 え よ う と は し な か っ た 。 祖 母 大 宮 の 手 も と で 養 育 さ れ て い た タ 霧 は 、 こ の 年 十 二 歳 に な り 、 元 服 す る 。 源 氏 は 思 う と こ ろ あ っ て 、 タ 霧 の 叙 位 を ぞ う し 六 位 に と ど め 、 大 学 に 入 学 さ せ て 、 二 条 の 東 院 に 設 け た 曹 司 で 勉 学 に 専 念 さ せ た 。 大 宮 は そ の よ う な き び し い 源 氏 の 教 育 り よ う し 方 針 に 不 満 で あ る 。 タ 霧 も 父 源 氏 の 処 置 を 恨 め し く 思 う が 、 刻 苦 精 励 し 、 異 例 の 早 さ で 寮 試 に 及 第 し た 。 そ の こ ろ 、 斎 宮 の 女 御 が 立 后 し 、 源 氏 は 太 政 大 臣 に 、 右 大 将 ( 昔 の 頭 中 将 ) は 内 大 臣 に 昇 進 し た 。 内 大 臣 は 、 わ が 娘 弘 き で ん の に よ う ご く も い の か り と う ぐ う 徽 殿 女 御 が 斎 宮 の 女 御 に 超 え ら れ た 今 は 、 次 女 雲 居 雁 に 春 宮 入 内 の 期 待 を 託 し て い た が 、 大 宮 の も と に 預 け ら れ て 育 っ た 雲 居 雁 は 、 幼 な じ み の タ 霧 と 相 愛 の 仲 に な っ て い た 。 こ れ を 知 っ た 内 大 臣 は 立 腹 し 、 大 宮 の 放 任 主 義 を 非 難 し た あ げ く 、 自 邸 に 連 れ 戻 し て し ま う 。 幼 い 二 人 も 大 宮 も 、 こ の 内 大 臣 の 仕 打 ち に 、 た だ 嘆 く ば か り で あ っ た 。 こ れ み つ 冬 、 源 氏 は 惟 光 の 娘 を 五 節 の 舞 姫 と し て 奉 っ た 。 雲 居 雁 と の 幼 い 恋 を 抑 え ら れ た タ 霧 は 、 こ の 娘 を か い ま 見 て 、 そ の 美 し さ に ひ か れ 、 歌 を 贈 る 。 源 氏 も 昔 を し の び 、 か っ て 情 を か け た 筑 紫 の 五 節 の 君 に 歌 を 贈 っ た 。 源 氏 は 花 散 里 を タ 霧 の 後 見 と し た 。 タ 霧 は 、 容 貌 こ そ 優 れ な い が 気 だ て の よ い こ の 人 を 評 価 し 、 源 氏 の 心 深 さ を 思 う の ゞ ) つ つ ) 0 す ぎ く い ん し ん じ 翌 春 、 朱 雀 院 に 行 幸 が あ っ た 。 源 氏 を は じ め 、 人 々 は 懐 旧 の 情 を 抑 え が た い 。 一 方 、 詩 才 を あ ら わ し た タ 霧 は 進 士 に 及 つ か さ め し 第 し 、 秋 の 司 召 に は 侍 従 と な っ た 。 源 氏 は 、 か ね て よ り 構 想 し て い た 四 季 の 町 か ら 成 る 六 条 院 の 造 営 に と り か か っ た 。 翌 年 行 わ れ る 紫 の 上 の 父 式 部 卿 宮 の 五 十 の 賀 も こ の 新 邸 で 、 と の つ も り で あ る 。 六 条 院 は そ れ か ら 約 一 年 後 の 八 月 に 完 成 し 、 源 氏 は 紫 の 上 、 花 散 里 を そ れ ぞ れ 春 、 夏 の 町 に 移 り 住 ま わ せ た 。 梅 壺 中 宮 ( も と の 斎 宮 の 女 御 ) の 里 邸 に は 母 御 息 所 の 旧 邸 跡 に 新 造 し た 秋 の 風 物 を 配 す る 御 殿 が そ の ま ま あ て ら れ 、 里 下 が り し た 彼 女 と 紫 の 上 と の 間 に 、 春 秋 の 優 劣 を め ぐ っ て の 歌 の 応 酬 が あ っ た り も し た 。 御 方 々 に 遅 れ て 十 月 、 明 石 の 君 も 、 冬 の 情 趣 を 主 と す る 西 北 の 町 に 移 っ た 。 〈 源 氏 三 十 三 歳 か ら 三 十 五 歳 〉 つ く し

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


あ の 人 の 冷 淡 さ を 、 ど う し て よ い か 苦 し ん だ 果 て に 、 唐 衣 を る 。 そ う し た 初 瀬 の 二 本 杉 の 発 想 は 、 当 然 な が ら 玉 鬘 の 返 返 す に つ け て も 、 衣 の 裏 で は な い が 、 あ の 人 を 恨 む ほ か な か 歌 に も ひ び い て い る 。 み と せ ひ る っ ) 0 ・ ・ 2 か そ い ろ は あ は れ と 見 す や 蛭 の 子 は 三 年 に な り 語 ( 日 本 紀 竟 宴 和 歌 大 江 朝 綱 ) ぬ 足 立 た ず し て 「 裏 」 「 恨 」 の 掛 詞 。 「 返 す 」 は 、 返 却 す る 、 衣 の 裏 を 返 す 、 物 の 両 意 。 「 唐 衣 」 「 返 す 」 「 裏 」 が 縁 語 。 借 り た 唐 衣 を 返 却 氏 前 出 ( ↓ 四 一 二 ハ ー 下 段 ) 。 物 語 で は 、 源 氏 に 親 交 を と 求 め ら 源 れ た 玉 鬘 が 、 自 分 は 蛭 の 子 の よ う に 脚 も 立 た な い う ち に 鄙 す る 時 の 歌 で あ ろ う 。 物 語 で は 、 源 氏 か ら 正 月 用 の 衣 装 を す え つ む は な に 流 れ て い っ た の で 、 何 に つ け て も は か な い 存 在 だ 、 と 応 贈 ら れ た 末 摘 花 の 歌 に 、 こ れ が ふ ま え ら れ た 。 「 裏 」 「 恨 」 ず る 。 三 歳 で 母 に 死 別 、 四 歳 で 筑 紫 に 下 向 し た 数 奇 の 運 命 の 掛 詞 に よ る 発 想 に よ り な が ら も 、 衣 に 執 し す ぎ る 点 に 、 し ゆ っ た い を 、 自 ら 語 る 言 葉 で あ る 。 源 氏 の 応 答 「 沈 み た ま へ り け る 末 摘 花 ら し い 陳 腐 な 表 現 が 出 来 す る 。 を 、 あ は れ と も 、 今 は ま た 誰 か は 」 も 、 ・ こ の 歌 に よ っ て い 初 音 る 。 玉 鬘 の 貴 種 流 離 ぶ り を 印 象 づ け る 表 現 で あ る 。 あ し た ・ ・ 2 あ ら た ま の 年 た ち か へ る 朝 よ り 待 た る る も の は ・ ・ 4 い づ く と て 尋 ね 来 つ ら む 玉 か づ ら 我 は 昔 の 我 な う ぐ ひ す ら な く に ( 後 撰 ・ 雑 四 ・ 一 孟 四 源 善 朝 臣 ) ( 拾 遺 ・ 春 ・ 五 素 性 法 師 ) 鶯 の 声 新 し い 年 を 迎 え る そ の 朝 か ら 、 お の ず と 心 待 ち す る よ う に な あ の 人 は 、 こ こ を ど こ と 思 っ て 便 り を よ こ し て き た の だ ろ う 。 る の は 、 鶯 の 声 で あ る 。 私 は も う 昔 の 私 で は な い の に 。 こ と ば が き だ い ご つ き な み び よ う ぶ 詞 書 に よ れ ば 、 知 り 合 っ た 女 の も と に 置 い て い た 道 具 類 を 、 詞 書 に よ れ ば 、 醍 醐 天 皇 時 代 の 月 次 の 屏 風 の た め に 詠 ま れ た 歌 。 「 鶯 」 は 、 春 の 到 来 を 告 げ る 鳥 。 一 夜 明 け て 元 旦 、 女 の ほ う か ら 送 り 届 け て き た 時 の 歌 。 物 語 の 源 氏 の 歌 は 、 は つ ね こ の 歌 の 「 我 は 昔 の 我 な ら な く に 」 を 逆 に 用 い て 、 自 分 は 新 春 を 鶯 の 初 音 で 実 感 し た い と す る 。 物 語 で は 、 六 条 院 完 昔 の ま ま な の に 、 と し て 、 そ れ に し て は 玉 鬘 は 実 父 で も な 成 後 の は じ め て の 正 月 、 新 し い 年 へ の 期 待 を こ め た 、 巻 頭 い 自 分 の も と に ど う し て 来 た の か と 、 数 奇 な 運 命 へ の 感 動 に ふ さ わ し い 表 現 と な っ て い る 。 な お こ れ は 、 後 続 の 、 明 石 母 娘 の 鶯 を め ぐ る 贈 答 歌 ( 一 九 七 ~ 八 ハ ー ) や 明 石 の 君 の 手 を 表 現 し て い る 。 「 あ は れ 」 と あ る ゆ え ん で あ る 。 か ら こ ろ も 習 歌 ( 二 〇 〇 ハ ー ) と も ひ び き あ っ て い よ う 。 特 に 後 者 の 独 ・ ・ 5 つ れ な き を 思 ひ わ び て は 唐 衣 返 す に つ け て う ら み つ る か な ( 為 信 集 ) 詠 歌 の 次 に 引 か れ る 古 歌 「 声 待 ち 出 で た る 」 は 、 出 典 未 詳 ひ な

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


源 氏 物 語

完訳 日本の古典 第十七巻 源氏物語 ㈣


・ よ 、 」 。 当 ・ 第 ■ 0 第 一 ・ ■ 源 氏 絵 の 図 様 を 物 語 本 文 と 照 合 し な が ら 整 理 す る と 、 全 編 五 十 四 帖 に も の ば る こ の 大 河 小 説 の 中 か ら 絵 に な る 情 景 と し て 選 ば れ 描 き 出 さ れ た 場 面 は 、 現 存 す る 源 氏 絵 の す べ て に わ た っ て み て も 、 た か だ か 二 百 場 面 に 満 た な い こ と に 驚 か さ れ る 。 し か も そ れ ら は い す れ も 、 長 短 の 差 は あ れ 物 語 の ほ ん の 一 齣 か ら 選 び 出 さ れ 、 本 文 の 叙 述 に 則 し て 絵 画 化 さ れ る こ と を 宀 吊 と し て い る の で あ る 。 と こ ろ が 上 図 は 、 六 曲 一 隻 の 屏 お と め 風 画 面 全 体 で 、 本 巻 の 「 少 女 」 か ら 「 胡 蝶 」 で 語 ら れ る 栄 華 を 極 め た 源 氏 の 理 ら よ う