検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡から 340件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


完 訳 日 本 の 古 典 43 市 古 貞 次 校 注 ・ 訳 平 家 物 語 ク 0 小 学 館

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


平 家 物 語 巻 第 四

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


完 訳 日 本 の 古 典 第 四 十 三 巻 平 家 物 語 ロ 昭 和 年 6 月 日 初 版 発 行 定 価 一 五 0 〇 円 校 注 ・ 訳 者 市 古 貞 次 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 【 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 一 一 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 六 六 九 業 毯 ( 0 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 三 三 三 販 売 ( 〇 三 ) 一 一 三 0 ー 五 七 六 八 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ビ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い Printed in Japan ( 著 者 検 印 は 省 略 ◎ 日 . ltiko 1984 ISBN4 ・ 09 ・ 556043 ・ 6 い た し ま し た )

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


平 家 物 語 巻 第 五

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


平 家 物 語 巻 第 ,

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


5 凡 例 凡 例 一 、 本 書 の 底 本 に は 、 東 京 大 学 国 語 研 究 室 所 蔵 の 『 平 家 物 語 』 ( 旧 高 野 辰 之 所 蔵 。 通 称 高 野 本 、 覚 一 別 本 ) を 用 や し ろ ま な あ っ た げ ん な 、 覚 一 系 の 諸 本 お よ び 一 兀 和 七 年 (一 六 lll) 板 本 ( 元 和 版 ) 、 屋 代 本 、 真 字 熱 田 本 な ど を 参 照 し た 。 本 巻 に は 、 巻 第 四 か ら 巻 第 六 ま で を 収 め た 。 巻 第 七 以 下 は 、 本 書 の 第 三 冊 ~ 第 四 冊 に 収 め る 。 さ し え 一 、 本 文 中 の 挿 絵 は 、 明 暦 二 年 ( 一 六 契 ) 板 本 に 収 め ら れ た も の の 一 部 で あ る 。 一 、 本 文 は 、 読 み や す い よ う に と 考 え 、 つ ぎ の よ う な 操 作 を 行 っ た 。 1 目 録 ・ 章 段 イ 底 本 で は 、 そ れ ぞ れ の 巻 頭 に 目 録 を 掲 げ て い る が 、 本 文 中 に は 特 に 章 段 を 設 け ず 、 該 当 箇 所 の 行 頭 右 脇 に 章 段 名 ( 目 録 と 表 記 な ど の 異 な る も の が あ る ) を 補 入 す る 体 裁 を と っ て い る 。 本 書 で は 一 貫 し て 、 本 文 中 に 補 入 さ れ た 章 段 名 に よ っ て 、 章 段 を 区 切 っ た 。 2 句 読 点 ・ 段 落 イ 句 読 点 は 、 底 本 に あ る 朱 点 を 尊 重 し な が ら 、 本 文 の 語 調 を 生 か し つ つ 、 適 宜 に 施 し た 。 ロ 段 落 も 、 本 文 理 解 の た め に 適 当 と 考 え る 箇 所 に 、 新 た に 設 け た 。 現 代 語 訳 の 段 落 は 、 本 文 に 準 じ て 設 け た 。 3 会 話 ・ 心 中 思 惟 カ く い も -

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


さ る ほ ど に 法 皇 は 、 「 と ほ き 国 へ も な が さ れ 、 は る か の 島 へ も う っ さ れ ん ず = 足 か け 二 年 。 二 年 目 。 後 白 河 法 皇 の 鳥 羽 殿 ( 城 南 離 宮 ) に 移 さ れ せ い な ん り き ゅ う こ と し ふ た と せ た の は 前 年 十 一 月 二 十 日 。 る に や 」 と 仰 せ け れ ど も 、 城 南 の 離 宮 に し て 、 今 年 は 二 年 に な ら せ 給 ふ 。 三 占 い の お も て に 現 れ た か た ち 。 お な じ き む ま の こ く ご し ょ ぢ ゅ う こ れ に よ り 吉 凶 な ど を 判 断 す る 。 同 五 月 十 二 日 、 午 剋 ば か り 、 御 所 中 に は い た ち お び た た し う は し り さ わ ぐ 。 一 三 源 光 遠 の 子 。 仲 国 ( 巻 六 「 小 お ん う ら か た あ ふ み の か み な か か ぬ そ の こ ろ 之 法 皇 大 き に 驚 き お ば し め し 、 御 占 形 を あ そ ば い て 、 近 江 守 仲 兼 、 其 比 は い ま だ 督 」 ) の 弟 。 巻 八 「 法 住 寺 合 戦 」 に 「 院 方 に 候 ひ け る 近 江 守 ( 源 蔵 人 ) つ る く ら ん ど う ら か た や す ち か 仲 兼 」 と 見 え 、 後 白 河 院 側 近 の 者 四 鶴 蔵 人 と 召 さ れ け る を 召 し て 、 「 こ の 占 形 も ッ て 、 泰 親 が も と へ ゆ け 。 き ッ と で あ っ た 。 】 か ん が か ん じ ゃ う お ん や う の か み 勘 へ さ せ て 、 勘 状 を と ッ て 参 れ 」 と そ 仰 せ け る 。 仲 兼 こ れ を 給 は ツ て 、 陰 陽 頭 一 四 鶴 は 童 名 か 。 一 五 吉 凶 を 勘 え 、 そ の 結 果 を 記 し 2 あ べ の や す ち か し ゆ く し ょ た も の 。 安 倍 泰 親 が も と へ ゆ く 。 を り ふ し 宿 所 に は な か り け り 。 「 白 河 な る 所 へ ー と い ( 現 代 語 訳 一 一 三 三 ハ ー ) た い て ん か ぶ ら み つ か う こ そ 射 れ と て 、 矢 さ け び の 声 の 退 転 も な く 、 鏑 の な り や む ひ ま も な く 、 三 日 ( 二 四 ハ ー 八 行 ) と い う 一 句 を 記 し て 、 高 倉 院 を 擁 し た 頼 政 の 平 氏 討 滅 の い へ の こ ら う ど う が ほ ど こ そ た た か う た れ 。 熊 野 別 当 湛 増 、 家 子 郎 等 お ほ く う た せ 、 我 身 手 お ひ 、 計 画 が 語 り 出 さ れ る 。 こ こ は そ の 第 一 段 で 、 ま ず 諸 国 に 残 存 す る 源 ほ ん ぐ う か ら き 命 を い き つ つ 、 本 宮 へ こ そ に げ の ば り け れ 。 氏 の 人 々 が 列 挙 さ れ る 。 源 氏 の 根 強 い 地 方 勢 力 を 物 語 る も の で あ る 。 な お 、 こ の よ う に あ る 事 物 ( 人 々 ) ぞ ろ え を 列 挙 す る こ と を 「 ・ : 揃 」 と い う 。 巻 三 「 公 卿 揃 」 、 巻 四 「 源 氏 揃 」 「 大 衆 揃 」 、 巻 五 「 朝 敵 揃 」 、 巻 九 「 三 草 勢 揃 」 な ど 。 語 り 本 で は 、 「 揃 物 」 と 名 づ け て こ れ ら の 章 を 収 め る 。 い た ち の さ た 鼬 之 沙 汰 ほ ふ わ う か ん が

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


( 現 代 語 訳 一 一 六 九 ハ ー ) 物 語 』 『 十 訓 抄 』 に も 、 実 定 が 恋 人 小 侍 従 の も と か ら 暁 に 帰 る 時 の 逸 話 と し て 載 る が 、 場 所 は 大 宮 御 所 で は な い 。 な お 、 こ れ ら に は 小 侍 従 の 返 歌 は 無 い 。 セ 問 題 に な る 、 つ ら い も の と な る 意 。 屋 代 本 ・ 延 慶 本 ・ 元 和 版 な ど 「 つ ら か ら め 」 。 ^ 四 部 合 戦 状 本 に 「 美 濃 国 ニ 家 領 不 日 賜 、 于 レ 今 子 孫 相 伝 ト ソ 承 ル 」 、 長 門 本 に 「 津 の 国 な る し き の 庄 -J を 給 う た 、 と あ る 。 九 『 今 物 語 』 『 十 訓 抄 』 、 四 部 合 戦 状 本 ・ 長 門 本 な ど に は 「 や さ の 蔵 人 」 と よ ば れ た 、 と あ る 。 0 ・ ・ 都 遷 」 で 平 氏 の 悪 行 を 非 難 し 平 安 京 へ の 愛 着 を 記 し た 作 者 は 「 月 見 」 で 都 へ の 郷 愁 と 公 家 の 風 流 を 描 く 。 実 定 上 京 が そ れ だ が 、 終 り に 之 蔵 人 ・ 小 侍 従 の 歌 の 贈 答 が あ っ て 、 こ こ ろ ふ く は ら 物 福 原 へ 都 を う っ さ れ て 後 、 平 家 の 人 々 夢 見 も あ し う 、 常 は 心 さ わ ぎ の み し て 、 み や び の 情 緒 が よ く 一 小 さ れ て い る 。 一 0 一 間 は 柱 と 柱 の 間 の 長 さ 。 こ に ふ だ う ひ と ま こ は 一 間 四 方 の 室 。 第 変 化 の 物 ど も お ほ か り け り 。 あ る 夜 入 道 の ふ し 給 へ る と こ ろ に 、 一 間 に は ば か 巻 = 満 ち ふ さ が る 。 い つ ば い に ひ に ふ だ う し ゃ う こ く ろ が る 。 る 程 の 物 の 面 い で き て 、 の ぞ き 奉 る 。 入 道 相 国 ち ッ と も さ わ が ず 、 ち ゃ う ど に 0 三 強 く に ら む さ ま 。 は た と 。 は っ た と 。 ら ま へ て お は し け れ ば 、 た だ ぎ え に 消 え う せ ぬ 。 岡 の 御 所 と 申 す は 、 あ た ら し 物 か は と 君 が い ひ け ん 鳥 の ね の け さ し も な ど か か な し か る ら ん 女 房 涙 を お さ へ て 、 ま た ば こ そ ふ け ゆ く 鐘 も 物 な ら め あ か ぬ わ か れ の 鳥 の 音 そ う き 蔵 人 か へ り 参 ッ て 、 こ の よ し 申 し た り け れ ば 、 「 さ れ ば こ そ な ん ぢ を ば っ か は く ら ん ど だ い し ゃ う ^ し つ れ 」 と て 、 大 将 大 き に 感 ぜ ら れ け り 。 そ れ よ り し て こ そ 物 か は の 蔵 人 と は い は れ け れ 。 も つ け の さ た 物 怪 之 沙 汰 お も て

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


平 家 物 語 24 し ゆ っ し た か み く ら た か み く ら へ 参 ら せ 給 ひ け る 、 御 有 様 め で た か り け り 。 平 家 の 人 々 、 み な 出 仕 一 高 御 座 。 天 皇 の 玉 座 。 ニ 色 。 喪 服 の 色 か ら 、 喪 服 、 ま き ん だ ち せ ら れ け る な か に 、 小 松 殿 の 公 達 は 、 こ そ お と ど う せ 給 ひ し あ ひ だ 、 い ろ に て た は 服 喪 す る こ と の 意 。 正 節 本 「 倚 廬 」 は 天 子 服 喪 中 の 仮 屋 を い し ろ う き ょ 転 じ て 臣 下 の 服 喪 中 の 籠 居 を い っ 籠 居 せ ら れ た り 。 た も の か ・ 厳 島 御 幸 ー 「 還 御 ー は 、 巻 頭 目 録 に 「 厳 島 御 幸 付 還 御 と あ る よ う 一 連 の 章 段 で あ る 。 高 倉 院 が 譲 位 後 、 平 氏 の 崇 敬 す る 厳 島 神 社 に 参 拝 す る こ と を 記 し た も の で 、 院 の 政 治 的 配 慮 が う か が わ れ 、 平 氏 の 思 う ま ま で あ っ た 様 が よ く 出 て い る 。 こ の 二 章 の も と に な っ た く ら ん ど ゑ も ん の ご ん の す け さ だ な が ゐ ら ん 蔵 人 衛 門 権 佐 定 長 、 今 度 の 御 即 位 に 、 違 乱 な く め で た き 様 を 、 厚 紙 十 枚 ば の は 源 通 親 の 紀 高 倉 院 厳 島 御 幸 記 』 で あ ろ う が 、 『 平 家 物 語 』 の し る は つ で う か り に こ ま み 、 と 記 い て 、 入 道 相 国 の 北 の 方 、 八 条 の 二 位 殿 へ 参 ら せ た り け れ 制 作 を 考 え る 上 で 問 題 を 提 供 し て ば 、 ゑ み を ふ く ん で ぞ よ ろ こ ば れ け る 。 か や う に は な や か に め で た き 事 ど も あ 三 藤 原 為 隆 の 孫 。 元 房 の 子 。 養 和 元 年 ( 一 一 八 一 ) 蔵 人 、 寿 永 元 年 ( 一 一 八 せ け ん な ほ 一 I) 右 衛 門 権 佐 兼 任 。 こ の 時 は 安 房 り し か ど も 、 世 間 は 猶 し づ か な ら ず 。 守 で あ っ た 。 そ の こ ろ 五 わ う じ も ち ひ と お ほ き み 六 か が の だ い な ご ん す ゑ な り の き ゃ う む す め と り こ が み 其 比 一 院 第 二 の 皇 子 、 以 仁 の 王 と 申 し し は 、 御 母 加 賀 大 納 一 一 = ロ 季 成 卿 の 御 娘 四 厚 手 の 鳥 の 子 紙 。 五 後 白 河 法 皇 。 た か く ら え い ま ん な り 。 三 条 高 倉 に ま し ま し け れ ば 、 高 倉 の 宮 と そ 申 し け る 。 去 ん じ 永 万 元 年 十 六 オ ン 。 ハ ワ ( 正 節 本 ) 、 オ ン ハ ワ ( 天 草 本 ) 。 お ん げ ん ぶ く こ ん ゑ か は ら 二 月 十 六 日 、 御 年 十 五 に て 、 忍 び つ つ 近 衛 河 原 の 大 宮 の 御 所 に て 、 御 元 服 あ り セ 藤 原 公 実 の 子 。 保 元 二 年 ( ( 現 代 語 訳 一 一 三 一 げ ん じ ぞ ろ へ 源 氏 揃 ゃ う

完訳 日本の古典 第四十三巻 平家物語 ㈡


平 家 物 語 132 一 元 和 版 ・ 正 節 本 「 伊 豆 院 宣 」 。 ニ 『 盛 衰 記 』 で は 仲 綱 が 渡 辺 省 に 命 じ 、 配 流 の 支 度 を さ せ 、 院 か ら し も ペ 庁 の 下 部 を 付 け た 。 「 折 節 伊 豆 国 住 人 近 藤 四 郎 国 澄 と 云 者 、 年 貢 運 送 の 為 に 、 南 海 道 よ り 舟 に 乗 て 上 た り け る が 、 下 け る 戻 舟 に 乗 て 、 慥 に 国 に 付 よ と 言 伝 ら る と あ り 、 こ ん ど う し ら う く に た か ろ の く に な ご や 近 藤 四 郎 国 高 と い ふ 者 に 預 け ら れ て 、 伊 豆 国 奈 古 屋 が お く に そ 住 み け る 。 さ 延 慶 本 ・ 長 門 本 「 近 藤 七 国 平 」 と あ る 。 『 尊 卑 分 脈 』 に よ れ ば 、 国 澄 は ひ や う ゑ の す け ど の む か し い ま る 程 に 兵 衛 佐 殿 へ 常 は 参 ッ て 、 昔 今 の 物 語 ど も 申 し て な ぐ さ む 程 に 、 或 時 文 覚 藤 原 氏 、 島 田 八 郎 大 夫 景 重 の 子 。 四 国 平 は 国 澄 の 子 。 『 佐 藤 系 図 』 に は 、 こ と 申 し け る は 、 「 平 家 に は 小 松 の お ほ い と の こ そ 心 も 剛 に 、 は か り 事 も す ぐ れ て 秀 郷 か ら 七 代 目 の 景 重 の 子 に 国 隆 ( 近 藤 八 ) と あ る 。 『 豆 州 志 稿 』 十 三 に は 国 澄 の 長 子 が 国 高 、 次 子 が 国 お は せ し か 、 平 家 の 運 命 が 末 に な る や ら ん 、 こ そ の 八 月 薨 ぜ ら れ ぬ 。 い ま は 源 平 と あ る 。 近 藤 七 国 平 は 『 吾 妻 鏡 』 む ほ ん に 見 え 、 正 治 元 年 ( 一 一 究 ) 南 海 道 に 平 の な か に 、 わ と の 程 将 軍 の 相 も ッ た る 人 は な し 。 は や / 、 謀 反 お こ し て 、 印 守 護 と し て 赴 任 し た 。 ば ん ′ ) く ひ や う の す け ひ じ り の ′ 、 ば う 本 国 し た が ヘ 給 へ 」 。 兵 衛 佐 、 「 思 ひ も よ ら ぬ 事 宣 ふ 聖 御 房 か な 。 わ れ は 故 池 の 三 静 岡 県 田 方 郡 韮 山 の 東 北 。 延 ひ る し ま 慶 本 「 北 条 蛭 ガ 島 ノ 傍 ニ 那 古 耶 ガ あ ま ご ぜ ん た て ま ご せ 尼 御 前 に 、 か ひ な き 命 を た す け ら れ 奉 ッ て 候 へ ば 、 そ の 後 世 を と ぶ ら は ん た め 崎 ト 云 処 ニ 那 古 耶 寺 ト テ 観 音 ノ 霊 地 御 シ マ ス 。 文 学 彼 ノ 所 へ 行 テ 諸 ほ け き ゃ う て ん ど く に 、 毎 日 に 法 花 経 一 部 転 読 す る 外 は 他 事 な し 」 と こ そ 宣 ひ け れ 。 文 覚 か さ ね て 人 ヲ 勧 テ 草 堂 ヲ 一 宇 造 テ 毘 沙 門 像 ヲ 安 置 シ テ 平 家 ヲ 呪 詛 シ ケ リ 」 。 申 し け る は 、 「 天 の あ た ふ る を と ら ざ れ ば か へ ッ て 其 と が を う く 。 時 い た ツ て 四 強 く 、 勇 敢 な こ と 。 五 治 承 三 年 ( 一 一 七 九 ) 八 月 一 日 。 ほ ん も ん お こ な は ざ れ ば か へ ッ て 其 殃 を う く と い ふ 本 文 あ り 。 か う 申 せ ば 御 辺 の 心 を 六 御 辺 ( 一 一 行 ) と 同 じ く 対 等 の ( 現 代 語 訳 二 八 三 ハ ー ) ふ く は ら ゐ ん ぜ ん 福 原 院 宣 六 わ ざ は ひ さ う ほ か 一 0 そ の こ う た し か ひ で さ と