検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢から 370件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


訳 日 本 の 古 典 44 平 家 物 語 一 市 古 貞 次 校 注 ・ 訳 完 ′ 00 小 学 館

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


完 訳 日 本 の 古 典 第 四 + 四 巻 平 家 物 語 曰 昭 和 年 5 月 日 初 版 発 行 定 価 一 七 〇 〇 円 校 注 ・ 訳 者 市 古 貞 次 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 京 八 ー 二 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 六 六 九 業 務 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 三 三 三 販 売 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 七 六 八 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い Printed in Japan ◎ T. ltiko 1985 ( 著 者 検 印 は 省 略 ISBN4 ・ 09 ・ 556044 ・ 4 い た し ま し た )

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


平 家 物 語 巻 第 八

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


平 家 物 語 巻 第 九

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


平 家 物 語 巻 第 七

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


平 家 物 語 364 / 0 广 ま 9 ト 第 ー 3 . 輿 箋 ま = = 三 三 = 要 = 三 四 方 輿 ( 春 日 権 現 験 記 ) の ノ に 当 牛 車 一 八 葉 の 車 ー ( 平 治 物 語 絵 巻 ) 月 リ ゞ グ 牛 車 - 檳 榔 毛 の 車 ー ( 平 治 物 語 絵 巻 )

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


5 凡 例 凡 例 一 、 本 書 の 底 本 に は 、 東 京 大 学 国 語 研 究 室 所 蔵 の 『 平 家 物 語 』 ( 旧 高 野 辰 之 所 蔵 。 通 称 高 野 本 、 覚 一 別 本 ) を 用 や し ろ ま な あ っ た げ ん な 、 覚 一 系 の 諸 本 お よ び 元 和 七 年 (一 六 lll) 板 本 ( 元 和 版 ) 、 屋 代 本 、 真 字 熱 田 本 な ど を 参 照 し た 。 本 巻 に は 、 巻 第 七 か ら 巻 第 九 ま で を 収 め た 。 巻 十 以 下 は 、 本 書 の 第 四 冊 に 収 め る 。 さ し え 一 、 本 文 中 の 挿 絵 は 、 明 暦 二 年 ( 一 六 契 ) 板 本 に 収 め ら れ た も の の 一 部 で あ る 。 一 、 本 文 は 、 読 み や す い よ う に と 考 え 、 つ ぎ の よ う な 操 作 を 行 っ た 。 1 目 録 ・ 章 段 イ 底 本 で は 、 そ れ ぞ れ の 巻 頭 に 目 録 を 掲 げ て い る が 、 本 文 中 に は 特 に 章 段 を 設 け ず 、 該 当 箇 所 の 行 頭 右 脇 に 章 段 名 ( 目 録 と 表 記 な ど の 異 な る も の が あ る ) を 補 入 す る 体 裁 を と っ て い る 。 本 書 で は 一 貫 し て 、 本 文 中 に 補 入 さ れ た 章 段 名 に よ っ て 、 章 段 を 区 切 っ た 。 2 句 読 点 ・ 段 落 イ 句 読 点 は 、 底 本 に あ る 朱 点 を 尊 重 し な が ら 、 本 文 の 語 調 を 生 か し つ つ 、 適 宜 に 施 し た 。 ロ 段 落 も 、 本 文 理 解 の た め に 適 当 と 考 え る 箇 所 に 、 新 た に 設 け た 。 現 代 語 訳 の 段 落 は 、 本 文 に 準 じ て 設 け た 。 3 会 話 ・ ・ 心 中 思 惟 カ く い ち ・

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


平 家 物 語 362 胴 胴 丸 ( 平 治 物 語 絵 巻 )

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


平 家 物 語 216 は し つ る 人 を 。 あ ッ た ら 大 将 軍 を 」 と て 、 涙 を な が し 袖 を ぬ ら さ ぬ は な か り 一 格 助 詞 。 下 に 続 く 語 句 を 記 さ ぬ こ と に よ り 強 い 哀 惜 の 念 を 表 す 。 0 一 騎 打 ち で は 勝 ち な が ら 衆 寡 敵 せ ず 討 た れ た 忠 度 に は 、 誰 し も 同 情 を 寄 せ た に 違 い な い 。 潔 い 最 期 を 遂 げ た 忠 度 、 文 学 を も 深 く た し な ん だ 、 文 武 両 道 の 英 雄 を 、 深 い 哀 惜 の 情 を 以 て 描 き 上 げ た 一 章 で し げ ひ ら い け ど り あ る 。 な お 、 彼 の 歌 は 巻 五 「 富 士 重 衡 生 捕 川 」 、 巻 七 「 忠 度 都 落 」 、 巻 八 「 緒 環 」 に 見 え る 。 勅 撰 集 に も 十 首 入 集 す る 平 家 き っ て の 歌 人 で あ っ た 。 い く た の も り ふ く し ゃ う ぐ ん ほ ん ぎ ん み の ち ゅ う じ ゃ う し げ ひ ら の き ゃ う 本 三 位 中 将 重 衡 卿 は 、 生 田 森 の 副 将 軍 に て お は し け る が 、 其 勢 み な お ち ニ 元 和 版 ・ 熱 田 本 「 白 」 の 字 を 当 し る て る 。 「 し ろ し 」 は 「 著 し 」 と 同 じ で 、 「 ぬ う た る 」 に か か る 。 日 葡 辞 書 う せ て 、 只 主 従 二 騎 に な り 給 長 「 シ ロ イ 」 を 明 ら か で く つ き り 見 え る る こ と と す る 。 延 慶 本 な ど 「 白 糸 」 。 ふ 。 三 位 中 将 其 日 の 装 束 に は 、 三 群 千 鳥 。 千 鳥 の 群 れ 。 逃 て 四 延 慶 本 「 童 子 鹿 毛 ト テ 兄 ノ 大 か ち に し ろ う 黄 な る 糸 を も ッ て 捨 臣 殿 ョ リ 得 タ ル 馬 」 と あ る 。 い は む ら ち ど り ひ た た れ 五 延 慶 本 「 一 所 ニ テ 死 ト 契 深 カ て 、 岩 に 村 千 鳥 ぬ う た る 直 垂 る 四 リ ケ ル 後 藤 兵 衛 尉 盛 長 」 と あ る 。 射 む ら さ き す そ ご よ ろ ひ ど う じ か を 六 夜 目 が な く て も よ く 走 る こ と に 、 紫 裾 濃 の 鎧 着 て 、 童 子 鹿 馬 の か ら の 名 か 。 「 夜 目 」 は 馬 の 前 脚 、 重 膝 内 側 の 白 い 星 。 そ の 馬 は 夜 よ く 毛 と い ふ き こ ゆ る 名 馬 に 乗 り 走 る と い う 。 延 慶 本 「 息 長 キ 逸 物 」 。 ご と う び や う ゑ 景 セ ↓ 一 八 五 ハ ー 注 = 0 。 給 へ り 。 め の と 子 の 後 藤 兵 衛 ( ( 現 代 語 訳 三 四 一 ハ ー ) そ の ひ た い し ゃ う ぐ ん そ で そ の せ い

完訳 日本の古典 第四十四巻 平家物語 ㈢


凡 例 : 巻 第 七 : 清 水 冠 者 : ・ 北 国 下 向 : ・ 竹 生 島 詣 : 火 打 合 戦 : ・ 木 曾 願 書 : ・ 倶 梨 迦 羅 落 : ・ 篠 原 合 戦 ・ : 実 盛 : ・ 目 次 原 文 現 代 語 訳 ・ : 一 一 四 六 四 玄 肪 : ・ 木 曾 山 門 牒 状 ・ : 返 牒 : ・ 平 家 山 門 連 署 : ・ 主 上 都 落 : ・ 維 盛 都 落 : ・ 聖 主 臨 幸 ・ : 忠 度 都 落 : ・ 原 文 現 代 語 訳 四 四 プ く . 五 四 し 四 プ く