検索 - みる会図書館

全データから 93404件見つかりました。
世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

280 『集史』には、まだ全訳がない。次は、原本の第一巻だけのロシア語訳である。 L. A. Khetagurov, O. I. Smirnova tr. , R 房ミミミ S トミ 0 S ミ・ , Tom l, Kniga pervaya 陸 Kniga vtoraya. lzdatel'stvo Akademii Nauk SSSR, Moskva 年 Leningrad, 1952. なお、前出の The Successors 、 G ミ S K ミは、同じく『集史』の第一巻の、チンギス・ ーン ( 元朝の成宗皇帝 ) までの部分だけの英訳で ーンの息子たちからテムル・オルジェイト・ ある。 『フラーン・デブテル』には、次の日本語訳がある。 稲葉正就・佐藤長訳『フウラン・テプテルーチベット年代記ー』 ( 法蔵館、一九六四年 ) 『元朝秘史』は、十四世紀に、モンゴル語原文を漢字で音訳して漢訳を附した本が、明朝の太祖 洪武帝の命によって編纂刊行された。この本の音訳漢字を口 1 マ字化したのが、次のものである。 白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』 ( 東洋文庫、一九四一一年 ) 『元朝秘史』のモンゴル語原文からの全訳としては、原本が含む漢訳を除けば、次の一九〇六年 に完成した日本語訳が世界でもっとも古い。文体は擬古文である。 那珂通世訳注『成吉思汗実録』 ( 大日本図書、一九〇七年。筑摩書房、一九四三年 ) 「元朝秘史』のロ語体の日本語訳には、次のものがある。ただし正字体の漢字、歴史的仮名遣い を用いる。 小林高四郎訳注『蒙古の秘史』 ( 生活社、一九四〇年 ) もっとも手に入りやすい『元朝秘史』の日本語訳は、次のものである。擬古文とロ語文の折衷の

日本のとんち話

宮沢賢治 学斉藤実 花の童話集 呻太平洋漂流実験日 花にまつわる賢治の童話。いわさきちひろの絵をそえて。 高自ら単身ゴムボートで決死の実験をした、熱い記録。 スビリ・作関楠生・訳 ・スチープンソン・作亀山龍樹・訳 宝島 アルプスの少女 = 人間嫌いのおしいさんの心をはぐす明るいハイジの物門秘密の宝島の地図を手に入れたジムは海賊と戦って : トーミン・作中込光子・訳 作渡辺南都子・訳 ピーター ハンの冒険 宇宙からきた少年 幾世代にもわたって読みつがれてきた世界名作を新訳で。実験の最中、突然やってきた少年をめぐって次つぎ事件ー 長田新・編ーーー・「原爆の子」他より 来栖良夫 わたしかちいさかったときに 弥次さん亠号多さん 愉快な江戸っ子コンビが東海道五十三次で次つぎ珍騒動ー広島の原爆被爆者となった少年少女たちの痛切なチ記集。 古田足日 寺村輝夫 アフリカのシュバイツアー コロンプス物語 アメリカ大陸を発見したコロンプスを新しい視点で描く。 〃密林の聖者みをアフリカの歴史・文明の中でとらえる。 マーク・トウェーン・作渡辺南都子・訳 ④古田足日 トム・ソーヤーの冒険上 豊臣秀士ロ物語 ろ貧しい針売りの少年が知恵と策略で太閤に出世するまで。アメリカ児童文学の最高傑作をフレッシュな訳でおくる。 マーク・トウェーン・作渡辺南都子・訳 吉沢和夫 も トム・ソーヤーの冒険下 太平記物語 庫 大河ドラマでおなしみの武将が活躍する「原典」を活写。洞窟にまよいこんだトムとべッキーは ? 名作の完結一碣 砂田弘 ア小森長生 オ宇宙ふしきふしき物 探検家マルコ・ボーロ ッパに紹介したマルコ・ポーロの伝記物語一。 フ科学の進歩が刻々解きあかす宇宙の神秘を、やさしく語る。日本をヨーロ 以下続刊

世界 2016年07月号

数道 . 応遊 岩波書店 / 新刊 数そ来 新日本古典文学大系 十 6 用 , 将 てで 応が 方丈記 ' 徒然草 いの っす . 人話 佐竹昭広・久保田淳校注 にま 冊幻出 容し 人びとの心性を鋭く造形した中世文学の最高峰一一篇を収 内た 編一者い 録。最古の様態を伝える本文校訂と創造的注解を施す。 た人思 978 ・ 469730435 ・ 4 <LO 判・本体 6300 円 す作 ま製 め一 学 と第話 で後 理 ん文 まの裏 組注 数を野 学 りこ 数 取た 用載分説 宇治遺物語古本説話集の にま 応連各解 三木紀人・浅見和彦・中村義雄・小内一明校注念 くるの 復すい 開仏教説話から艶笑譚までを含む『宇治拾遺物語」。和歌記 本 続せ域る円館 よりだ付説話で知られる『古本説話集』。説話文学の代表作二篇。年 日 上さ領綴 o 書 になく受 978 ー 469730436 、一 <LO 判・本体 8900 円 周 ) 異承く 以じ心を O 図 5 イが了日 製見こ 丁こ を 装る 文 . す 注 が要 水田紀久・頼惟勤・直井文子校注 理多テや ( んど 数と究望 穏やかな田園風景を歌いあげた菅茶山。詠史詩で一世を ドせま ゾま 風靡した頼山陽。茶山一一〇〇首、山陽三〇〇首を収録。 用り研展バ一 マり週 978 , 4 占 9730437 出 <ID 判・本体 6300 円 応がのた デわ 4 ン変 ~ ′「広れけ並 オと 2 誌のぞ向鞦 は - 本・ - に 雑理れに引 でルで 店ナま 書ジけ 波リ届 岩オお 2

新潮 2016年08月号

意味が違う。悪口は「あっこう」とよみ、物語』にも「僧侶は聖僧といってもとんでたからだろう。 鎌倉時代に制定された「御成敗式目」にもなく邪な嫉妬心が深く、嫌なもの」っ法『義経記』が語られた室町時代と似たよう は、殺人や放火、密通、文書偽造とともに師は聖といへども、あるまじき横さまのそな状況が「いま」にはあって、その「い ま」の語りで『義経記』ができた当初の面 刑事犯罪として規定される重罪だ。悪口のねみ深く、うたてあるものしと、ある。 具体例としては「乞食非人」などと相手のいまの人が抱きがちな悟ったイメージとは白さを伝えつつ、いまの物語として滅法面 身分をおとしめたり、相続争いでは「子息違うのだ。稚児と交わったり、女を妊ませ白い『ギケイキ』。 とりあえずの一巻目は、弁慶を得た義経 に非ず」みたいのがあった ( 『「鎌倉遺文」たり、武装した僧兵なんてのもいたわけで、 にみる中世のことば辞典』 ) 。「さんざんに悪「あの頃の僧はけっこう極悪でヤンキーみが、いよいよ異母兄の頼朝と対面する直前 で幕引き。以後、四巻までの続きが can 口をいった」などと訳したのでは、こうしたいな人も多」 ( 『ギケイキ』 ) かった。 た当時のあれやこれやはまるで伝わってこ『ギケイキ』にはそんな当時のリアルな僧 wait 状態になってる私が目下気になるのは ないのだ。 だらけで、弁慶はもちろん、義経自身も、サプタイトルの「千年の流転」だ。 『ギケイキ』の悪口のくだりはいかにもラ平家に敵対した源氏の棟梁の子というんで義経が生まれたのは一一五九年で、今年 ディカルで「いま」でありながら、その昔僧になるべく寺の稚児となった。ところは二〇一六年なので、千年というには短 の″悪口〃の、発したことばが現実になるが、父の乳兄弟の子で、やはり僧となってい。ひょっとしてこの物語は、義経が生ま れるもっと昔の過去や、あるいは「いま」 という言霊信仰に根ざした破壊力をも体現いた男に、 していて、いまとは違う昔のリアルがそこ「蹶起しようと思わないんですか。チンポより先の未来につながっているのか : : : な にありつつ、いまのリアルとリンクしていないんですか」 ( 『ギケイキ』 ) と平家打倒をどと勝手にあれこれ妄想できるのは小説な るという奇蹟がある。奇蹟のもたらす可笑そそのかされて鞍馬を飛び出したわけだ。ればの楽しみだ。 「居場所がない」と思う人には、とりあえ しさがある。日本文学全集所収の『宇治拾 遺物語』の訳でも感じたが、町田康って人平安末期、源氏に勝利をもたらしながらずいまは『ギケイキ』がある。 は古典の絶対音感みたいのがあるんじゃな非業の死を遂げた義経が、室町時代に『義『ギケイキ』を読めば、自分を縛る価値観 経記』として語られたのは、下剋上的な世なんて義経の早業の速度で変わると気づい いかと思ってしまう。 そもそも当時の僧は、ワケありの子が親の中になり、身分が低くても努力さえすれてラクになる。そして、最もラディカルに に棄てられるも同然な感じでなることが多ば報いられるのではという希望が生まれた見えるものが最も古典的、最も古典的なも のこそがラディカルなのだと腑に落ちるは かったせいか、心もねじけがちでメンタル分だけ、叶わなかった時の失望も深まり、 も弱く、すぐ盗みすぐ喧嘩しすぐ燃やし一般人の不幸感は強まっていた、そういうずだ。 ( 河出書房新社刊・一六〇〇円 ) ・ : という向きが多い。平安中期の『源氏人々にうってつけのリアルなヒーローだっ 259 本

BASIC800で書ける! 理系英文 (サイエンス・アイ新書)

BA C800 の 和文英訳プロセス はつはつはつは 白紙にするだけじゃ だめじゃぞ、すずめ君 ! 当第ず い / この章では、 BAS ℃ 800 システムの 和文英訳プロセスを学ぶそ ! 1 原文解釈 2 和文和訳 3 訳語選択 4 構文選択 5 直訳・意訳・対応表現 6 英文の完成

新潮 2016年08月号

に悪口す。で、古典文学全集なんかの訳は 「さんざんに悪口をいった」などとある。 古典とラ一アイカル大塚ひかりそれに書写山側は衝撃を受け・ = ・ = と」う展 開だ。これだと現代人は、たかが悪口でな んで大騒ぎに ? と、ひっかかり感だけが 残る。しかし『ギケイキ』は違う。弁慶が 『ギケイキ千年の流転』ー町田康 「@shugyosha 」というふうにメンションを 飛ばして、 物心ついて以来、居場所がなかった。 「おねえ言葉」を喋り、北国の王者藤原秀「@shugyosha 書写山の学頭って菊門 ( 大 それが中学生のころ、『宇治拾遺物語』衡が「鳩って源氏のアレでしよ」「早く、 塚注アナル ) のことしか考えてないよね」 や『源氏物語』といった古典に出会うこと起こして頂戴。愛して頂戴」などと言う違「@shugyosha 知り合いの彼女が昨日、自殺 で、「私の生きる世界はここにある」とい和感。 しました。戒円って人にレイプされたそう う安らぎを得た。 だが原文を確かめると、確かに『義経です」「@shugyosha 書写山の本尊って。ハチ そこでは、いままで「常識」と思ってい記』にはそう書いてあるよ ! 『義経記』 モンらしいね。張りぼて」などと書いた紙 たものが「常識」ではなく、いまの価値観の言わんとすることをいまのことばにしたを貼って歩く、という物語にしている。 とは違う価値観があった。古典は「いまとらそりやそうなろうと、改めて『義経記』 うわ、ネットもない時代に「@shugyo は違う常識も有りなんだ」という喜びをもの面白さ、古典が古典として語り継がれた sha 」というひっかかり感がここにも たらしてくれた。 ゆえんに得心がいく。 ある。あるのだが、なにしろ語り手の義経 室町時代にできた源義経の一代記『義経『ギケイキ』に充満する表現の、良い意味 ( の魂 ) はいま現在に存在し、そこから過 記』を、義経の一人称で語り直した『ギケでのひっかかり感は、現代人が古典に対峙去を語るという設定だから、「いまで言う イキ』にはまず、そんな古典の癒やしと喜した時に抱く感じ、古典自体の持つひっか と」を平気で連発して矛盾がない。それに びが詰まっている。『義経記』の原文を確かり感にリンクしながら、そこをひらりとも増して読者は、語りの面白さに乗せられ かめたくなるようなことばのひっかかり感突破して瞬時に「いま」になる。 て、いまで言うならかくもあろうと素早く に満ちていながら、原文の面白さを伝えて たとえば、のちに義経の忠臣となる弁慶脳で納得し、。ヘージをめくる手が止まらな いる。 が、書写山の僧戒円によって顔にいたずらい。 「平家、マジでいってこます」 ( 帯 ) とい書きをされ笑い物にされた仕返しに、書写そしてそんな読者の姿勢は正しい。 う妙な関西弁、名高い泥棒の藤沢人道が山の「悪口」を言うシーン。原文は″散々実は中世の″悪口〃は、いまの悪口とは

木田元の最終講義 : 反哲学としての哲学

172 『哲学の古典一〇一物語』新書館、一九九六年三月 『跚世紀思想事典』改訂第一一版 ( 栗原彬、野家啓一と共編 ) 三省堂、一九九七年一〇月 『人間学命題集』 ( 作田啓一ほかと共編 ) 新曜社、一九九八年四月 『日本の名随筆「哲学」』作品社、一九九八年一〇月 『現代思想フォーカス』新書館、二〇〇一年一月 『朝日キーワード 別冊「哲学」』朝日新聞社、一一〇〇一年五月 『知の攻略思想読本ハイデガー』作品社、二〇〇一年八月 『ハイデガー本菊』平凡社、二〇〇一年八月 『世紀思想家事典』誠信書房、一一〇〇一年一一月 『ハイデガーの知』新書館、二〇〇二年八月 『哲学者群像皿』新書館、一一〇〇三年五月 『太宰治滑稽小説集』みすず書房、一一〇〇三年五月 『一日一文』岩波書店、二〇〇四年一月 『哲学キーワード事典』新書館、二〇〇四年一〇月 その他 ・スタイナー『ハイデガー』生松敬三訳 ( 岩波同時代ライブラリ ー ) の新版序文の翻

チャタレイ夫人の恋人 : 完訳

落部分があるのではないか、この書物は削除版だというがいつまでこんなかたちの出版を放 置しているつもりか。いつのまにか、そういうような質問が編集部に寄せられる時代になっ ていた。昭和二十五年にはじまり、昭和三十二年最高裁判所大法廷にまで争われた「チャタ レイ夫人の恋人ー裁判、あの大文学裁判のことを知っている人々はすでに少数派になってい 伊藤整訳、『チャタレイ夫人の恋人』の完全訳版が出版されたのは、昭和二十五年四月だ った。上下二巻で出版され、下巻は同年五月に発行された。出版元は小山書店。同店の企画 恋した「ロレンス選集、の最初の配本がこれだった。この選集はロレンスの主要作品を含み、 つねあり 全体で十七巻になるはずだった。訳者として伊藤整のほか、吉田健一、福田恆存、中野好夫 にしきみはた などがいた。第二次世界大戦が終わり、一一一一〔論の自由が錦の御旗となり、思想的にも風俗的に も開放的になった時代の空気のなかでの出版だった。 英国貴族の若い奥方が、領地の森の管理人と肉体的な関係を持っ話。その肉体的交渉が赤 裸々に語られる話ということで、この訳書はたちまちベストセラーになった。そうして、当 然のなりゆきとして警視庁当局の目をつけるところとなり、同年六月訳書は出版社の倉庫か らばかりでなく全国の小売店の店頭からも押収された。九月に入って、発行人小山書店主小 わいせつ 山久二郎と訳者伊藤整は猥褻文書頒布のかどで、刑法百七十五条で罰すべきものとして起訴 された。これがチャタレイ事件の発端だった。東京地方裁判所で行なわれた裁判は昭和二十 六年五月八日に始まり、総計三十六回の公判が行なわれ、翌昭和二十七年一月十八日に判決 564 はんぶ

チャタレイ夫人の恋人 : 完訳

完訳チャタレイ夫人の恋人

思想 2016年 07月号

創刊 3 年一 男の絆の比較文化史ー桜と少年 : 本体 2500 円 佐伯順子・ : 本体 2500 円 渡邊啓貴・ 「幸せ」の経済学 私たちの声を議会へー袋制民主主義の再生童謡の近代ーメディアの変容と子ども文化 ・ : 本体 1700 円 橘木俊詔 : : 本体 2500 円 ・ : 本体 2000 円 周東美材・ 三浦まり : 交響曲とオペラの 第ニ次世界大戦から 原典でよむ日本デモクラシー論集 インテリジェンスの世界史ー コンサートという文化装置ー ヨーロッパ近代 スノーデン事件まで : 本体 2100 円 堀真清編・ : 本体 2200 円 ・ : 本体 2000 円 宮本直美・ 小谷賢 : いまを生きるための政治学 無圧別一アロ国際社会はどう対処すればよいか ・本体 2100 円 山口ニ郎 : ◎自然科学・科学史 ・ : 本体 2000 円 金惠京 : 農業と人間食と農の未来を考える 円周率が歩んた道 生源寺眞一 : ・ : 本体 2100 円 ◎文学・芸術 : 本体 2100 円 上野健爾 : 人権をめぐる十五講ー現代の難問に挑む 変格探偵小説入門ー奇想の遺産 脳と機械をつないでみたらー勗た : 本体 2400 円 辻村みよ子 : : 本体 2300 円 谷口基・ ・ : 本体 1900 円 櫻井芳雄・・ 多文化であることとはー新しい市民社会 東アジア流行歌アワ 1 ー交錯する音楽人科学をいまど、つ衄るかー啓蒙から批評〈 : 本体 2300 円 宮島喬 : ・ : 本体 2100 円 : 本体 2300 円 尾関章 : 責志俊彦・ 病ひに死なじ 環境の経済史ー森林・市場・国家 中国医学と日本漢方ー医学思想の立場から 歌よみ人正岡子規ー 歌に死ぬとも 斎藤修 : : 本体 2100 円 : 本体 2300 円 ・ : 本体 2300 円 舘野正美・ 復本一郎・ 西洋と日本 9 ・Ⅱ以後のイスラーム政治 川端康成魔界の文学 図説人体イメージの変遷ー 古代ギリシャから現代まで 小杉泰 : : 本体 2300 円 : 本体 2200 円 富岡幸一郎・ : 本体 2100 円 坂井建雄・ 生活の質の データから読むアジアの幸福度 ー国際比較絵画の向こう側・ばくの内側ー未完 ( の旅人類発祥の地を求めてー最後のアフリカ行 ・ : 本体 2100 円 猪ロ孝 : : 本体 2500 円 横尾忠則 : : 本体 1900 円 伊谷純一郎 / 伊谷原一編 : 戦後韓国と日本文化「倭色」禁止から「韓流」まで 特講漱石の美術世界 ゲノム科学への道ーイベル賞講演でたどる : 本体 2200 円 金成蚊 : ・ : 本体 2300 円 古田亮 : : 本体 2400 円 吉川寛 : 亠法と知識人ー憲法問題研究会の軌跡 古典注釈入門ー歴史と技法 地球科学の開拓者たちー黯本 邱静 : ・ : 本体 2300 円 鈴木健一 : : 本体 2300 円 ・ : 本体 2400 円 諏訪兼位・・ 占領空間のなかの文学痕跡・寓意・差異近代医学の先駆者ハンターとジジナー ジャーナリズムは再生できるか英国メディア ・ : 本体 2400 円 : 本体 1900 円 門奈直樹・ ・ : 本体 2400 円 日高昭ニ : 山内一也 : ー 9 4 5 、 2 0 5 徹底討論日本の政治を変えるこれまでとこれから 俳人井月幕末維新風狂に死す クロニクル日本の原子力時代 ・ : 本体 1900 円 宮本太郎・山口ニ郎 : : 本体 2500 円 ・ : 本体 2000 円 北村皆雄・ 常石敬一・ 国勢調査日本社会の百年 白居易と柳宗元混迷の世に生の讃歌をダーウインの遺産ー進化学者の系語 佐藤正広・ : 本体 2100 円 : 本体 2400 円 : 本体 2100 円 下定雅弘 : 渡辺政隆 : 原典でよむタゴール 原典でよむ世紀の平和思想 小菅信子編 : : 本体 2300 円 : 本体 2600 円 森本達雄編訳 : 2