検索 - みる会図書館

全データから 91166件見つかりました。
ガリレオ : 近代科学・この知的冒険

てんもんたいわ 『天文対話』を こうにん 公認します″【 ガリレオの しゅうをようさいばん 第 1 次宗教裁判は 1616 年 第 QJ 次宗教裁判は 1632 年で 日本では 江戸時代の初期にあたる イ第 ) グ / ノ石 = に

シャルリとは誰か? : 人種差別と没落する西欧

第 1 章宗教的危機

ガリレオ : 近代科学・この知的冒険

第一次宗教載判 ☆翁 ) ☆

シャルリとは誰か? : 人種差別と没落する西欧

宗教的危機 第 1 章 1960 年における宗教実践 地図 1 ー la 日曜のミサに 参加する成人の割合 - 50 % 以上 - 35 ー 50 % ロ 20 ー 35 % 匚コ 20 % 未満

いまに生きる古代ギリシア

こ案内 村こころをよむ 文学の世界 ベストセラー 文学の世界明治・大正・昭和の 村カルチャーアワー カルチャーアワー / 古典講読・漢詩 / こころをよむ / 宗教の時間 / こころの時代 太田治子 ( 作家 ) 年間 4 テーマ・ 定価 893 円一 4 冊発行 歴史再発見いまに生きる古代ギリシア 桜井万里子 ( 東京大学名誉教授 ) 定価 893 円一 村古典講読・漢詩 李白 宇里予直人 ( 共立女子大学教授 ) 絵画の向こう側 中村隆夫 ( 多摩美術大学教授 ) 定価 798 円一 定価 798 円一 年間 4 テーマ・ 4 冊発行 年間 2 テーマ・ 2 冊発行 年間 4 テーマ・ 4 冊発行 歴史再発見 村宗教の時間 歹ンマパ刃をよむ ~ ブッダの教え「今ここに」田 片山一良 ( 駒澤大学教授 ) 定価 893 円一 年間 1 テーマ・ 2 冊発行 宗教の時間 村こころの時代 ~ 宗教・人生 パウロの手紙を語る田 太田愛人 ( 日本キリスト教団牧師 ) 2 冊発行 〇書店にない場合は、電話またはハガキでお申し込みください。 FAX でもお受けしております。 お客様電話注文センター 電話 : 048-480-4030 ( 月 ~ 金、午前 9 : 30 ~ 午後 5 : 30 土・日・祝日を除く ) / FAX : 048-480-4031 〒 150-8081 NHK 出版振替 00110-149701 〇インターネットで当社出版情報を提供しています。 http://www.nhk-book ・ C0扣 ころの時代

仕事のカタログ-1600職種 最強の「適職発見」ガイド 2010年版 (自由国民ガイド版)

宗教法人の設立 宗教活動を生業とする「宗教家」は、自身の信 ( 語弊があるかもしれないが ) 宗教は「ビジネ 仰を深めると同時に、多くの信者を増やして信 ス」として成立するということだ。しかも、こ 仰の「輪」を広げていくのが仕事である。 のストレス社会において、「現世の心のよりど 宗教活動には資金が必要で、宗教家自身も生計 ころになる宗教」へのニーズは確実にある。 を立てていかなくてはならないため、ビジネス そこで、ここでは、公益法人の一つに数えられ 的な展開も要求される。これは裏を返せば、 る「宗教法人」の設立について紹介しよう。 ◆宗教団体と宗教法人 →消費税額の計算にも特例がある 「信仰の自由」が許されている日本では、「宗教 ◎法人としての不動産登記が可能となる。 ◆宗教法人の種類 結社の自由」もある。つまり、「宗教団体」を 立ち上げて、教義を広めたり、儀式を行ったり、 ◎単立宗教法人 信者を教化したりすることは自由なのだ。 神社、寺院、教会、修道院などをもつ法人。 しかし、団体の組織が大きくなると、宗教活動 所轄は都道府県。 を維持するために、財産的な面での法的な保護 ◎包括宗教法人 が必要になってくる。そのためにあるのが「宗 宗派、教派、教団のように、神社や寺院、教 教法人法」。同法によって法人格を与えられた 会などを傘下にもつ法人。所轄は文化庁。 ◆宗教法人として認められる条件 宗教団体は、「宗教法人」として税制などに大 きなメリットを得ることができる。 ・団体が実在していること ◆宗教法人のメリット ・宗教活動を行っていること ( 3 年間以上 ) ◎宗教活動以外の公益事業、収益事業ができる。 ・布教や儀式行事のための施設があること →収益事業として認められるのは、物品販売業、 ・反社会的でないこと・・・など ◆手続方法 不動産販売業、金銭貸付業、製造業、通信・ 放送業、運送業、出版業、旅館業、飲食店業、 ①法人設立の旨を、信者や利害関係者に公告 理容業、美容業、医療保健業、技芸教授業、 →申請の最低 1 カ月前 駐車場業など 33 事業 ②所轄庁に申請書類を提出 ◎公益法人として、税法上の優遇が受けられる。 →申請書、規則 ( 法人運営の根本となる原則 ) 、 →お布施や寄付など、収益事業以外から得た所 宗教団体であることの証明書類など 得はすべて非課税 ( これは宗教団体も同様 ) ③登記 →収益事業についても税率が優遇される →登記申請書に登記事項を記入して提出 →境内建物や境内地について、不動産所得税、 ④登記完了の届出 固定資産税などが非課税に →所轄庁に遅滞なく届出し、完了 宗教団体 ( 宗教法人を含む ) 宗教法人 神社 寺院 教会 布教所その他 計 神社 寺院 教会布教所その他 計 神道系 81166 1 1 5543 1059 806 88585 81135 8 3888 183 214 85428 仏教系 21 77020 2432 2443 4452 86368 19 75905 1223 158 449 77754 キリスト教系 2 7021 1 194 1159 9376 4030 33 212 4275 諸教系 58 36 17847 20569 1032 39542 45 36 14850 162 246 15339 総数 81245 77069 32843 25265 7449 223871 81199 23991 23991 536 1121 182796 2006 年 1 2 月 3 1 日現在文部科学省宗教統計調査 注 : A = 文部科学大臣所轄のもの、 B = 都道府県知事所轄のもの、 C = 文部科学大臣所轄の包括宗教法人に包括されるもの、 D = 都道府県知事所轄の包括宗教法人に包括されるもの、 E = 法人格をもたない包括宗教団体に包括されるもの メッセージを伝えたり表現したりする仕事 228

植民地残酷物語 : 白人優越意識を解き明かす

多少見下した語感をもって「アナトリアの粗野な農牧民」という意味合いでしか用いられなく なってしまった。 当時、人々のアイデンティティ 1 のよりどころは第一に宗教、次いで出身地や出身部族への 帰属意識であり、「オスマン帝国民」。たる自意識は支配階級を除くとほとんどもたれなかった。 自らを「オスマン人」と考えている支配層の人たちにとって、「オスマン人」たる者の要件は、 ムスリムであり、オスマン朝に仕え、オスマン語を話し、オスマン的教養、生活様式を身につ けていることであって、「トルコ族」であることは必要とされなかった。 しかし、一般の民衆にはオスマン帝国の臣民としての一体感はほとんどなく、自分たちは、 オスマンのスルタンの支配下にある「アナトリアの住民」、「プルガリアの住民」、「ギリシャの 住民」といった漠然とした意識しか持たれていなかった。 一番重要なアイデンティティーの根源は、「人種」や「民族ーよりも宗教であった。ムスリ ムは優遇されたが、非ムスリムの住民も決してムスリムへの改宗を強制された訳ではなく、彼 らは前述した通り、「東方正教会信徒のミレット「アルメニア教会派のミレット」「ユダヤ教 徒のミレットといった宗教共同体として組織され、その枠組みの中で生活することができた。 帝国は征服地の住民にイスラム教を強制することなく、信仰の自由を与えたが、イスラムへ

今日もていねいに。

自分をなくす幸せ 僕は無宗教ですが、それでも「神さまなんて信じない」とは言いません。 人が幸せになる方法を説いたものが宗教であって、仏教も儒教もキリスト教もイス ラム教も、 = = ロい方が一逞うだけで、結局は同じことを = = ロっているのではないかと思うの です。 日本人である僕にとって、いちばんなじみがあるのは仏教ですが、その仏教の教え ます・。こ、れは↓もしかした、ら、は の究極の目的「吾り」とは、自分を知ることだといい かの宗教も同じかもしれません。 先人の知恵に学ぶという意味でも、僕はときどき仏教の本を読むことにしています。 イ陀が残した智慧のなかで、いちばんフィットしたのが「八正道」という教えです。 正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念および正定というもの。 そして、さらにさの奥深くに染み入ったのは、仏陀がもう亡くなりそうだというと き、最後の教えを聞こうと弟子たちが集まってきたときの話です。 第 4 章おたやかな晩ごはん 1 6 1

シャルリとは誰か? : 人種差別と没落する西欧

第 1 章宗教的危機 地図 1 ーー 2 家族構造の平等指向の度合い 強度 十 3 ロ + 1

大往生

「文明論之概略」を読む丸山真男宗教 哲学・思想 三島憲一 三枝充悳 仏教入門 廣松渉 新哲学入門 イスラームの日常世界片倉もとこ 臨床の知とは何か中村雄二郎 松長有慶 思想の自由の歴史森島恒雄訳密教 民族という名の宗教なだいなだ 久野収 本居宣長 子安宣邦現代日本の思想鶴見俊輔キリスト教と笑い宮田光雄 松浪信三郎 ハイデガーの思想木田元実存主義 木田元仏教〔第二版〕渡辺照宏 自由主義の再検討藤原保信現象学 渡辺照宏 ダルマの民俗学 沢田允茂日本の仏教 吉野裕子現代論理学入門 よ 渡辺照宏 ソクラテス 田中美知太郎お経の話 書 新 フラトン 斎藤忍随イエスとその時代荒井献 波 塩カ 野田又夫聖書入 中村雄二郎デカルト 岩哲学の現在 シーグフリ 術語集 中村雄二郎ルネッサンス的人間像下村寅太郎ユダヤの民と宗教鈴木一郎訳 なだいなだ 権威と権力 人間ー過去・現在・未来マンフォード イスラーム ( 回教 ) 蒲生礼一 久野収訳 上・下 丸山真男 日本の思想 ギリシア哲学と現代藤沢令夫 吉野源三郎 同時代のこと 戦後思想を考える日高六郎 世直しの倫理と論理 田実 生きる場の哲学花崎皋平上・下 中村雄二郎 知の旅への誘い 山口昌男 文化人類学への招待山口昌男 (D) ( 1995. 3 )