検索 - みる会図書館

検索対象: 嘘だらけの日仏近現代史

嘘だらけの日仏近現代史から 275件ヒットしました。

嘘だらけの日仏近現代史


第 二 章 宗 教 戦 争 と 主 権 国 家 の 誕 生

嘘だらけの日仏近現代史


し か も 、 最 初 は 「 ど っ ち が ト ッ プ を 張 る か 」 レ ベ ル の 不 良 の メ ン ツ 争 い だ っ た の が 、 ジ ャ ン ヌ の 登 場 で 、 宗 教 戦 争 の 様 相 が 濃 く な り ま す 。 宗 教 戦 争 と は 、 宗 教 が 理 由 で 始 ま る 戦 争 で は あ り ま せ ん 。 宗 教 が 理 由 で や め ら れ な く な る 戦 争 の こ と で す 。 だ か ら 怖 い の で す 。 シ ャ ル ル の 判 断 は 明 央 で 、 「 QOZ 姉 ち ゃ ん は 利 用 す る だ け 利 用 し て 、 死 ん で も ら う 」 で す 。 そ う し な い と 、 ど ち ら か が 皆 殺 し に さ れ る ま で 終 わ ら な い 宗 教 戦 争 に な り か ね ま せ ん 。 QOZ 姉 ち ゃ ん の 宗 教 的 信 念 に 従 い 飽 く な き 殺 し 合 い を す る か 、 腹 に 一 物 ど こ ろ か 百 物 く ら い 抱 え な が ら も 勝 手 知 っ た る ズ ブ ズ プ の 関 係 の バ チ カ ン の ど ち ら を と る か 。 シ ャ ル ル は 迷 い ま せ ん 。 イ ン グ ラ ン ド が 殺 し て く れ る な ら 、 好 都 合 。 ジ ャ ン ヌ の 死 後 も ダ ラ ダ ラ と 戦 争 は 続 き 、 一 四 五 三 年 に イ ン グ ラ ン ド を フ ラ ン ス か ら 追 い 出 し て 終 了 し ま し た 。 こ う し た 事 件 を 経 て 、 み ん な が 想 像 す る フ ラ ン ス が 形 づ く ら れ ま す 。

嘘だらけの日仏近現代史


が で き な い フ ラ ン ス 人 は 、 自 分 の 国 の 法 律 が 読 め な い と い う こ と で す 。 そ れ が フ ラ ン ス 語 を 公 用 語 に さ れ て は 、 一 般 の フ ラ ン ス 人 も 法 律 が 読 め て し ま い ま す 。 二 十 世 紀 ま で 、 政 府 と 教 会 は 一 事 が 万 事 こ の 調 子 で 対 立 し て い ま し た 。 し か し 、 こ の こ ろ の 政 府 は 王 様 で す 。 王 様 と カ ト リ ッ ク 教 会 に は 共 通 の 敵 、 プ ロ テ ス タ ン ト が い ま し た 。 だ か ら 、 王 権 と 教 会 は 対 立 し な が ら も 、 時 に 協 同 す る と い う 関 係 で す 。 一 五 一 七 年 、 お 隣 の ド イ ツ 地 方 の ザ ク セ ン 公 を 後 ろ 盾 に し た マ ル チ ン ・ ル タ ー が 宗 教 改 革 を 始 め ま す 。 ル タ ー は 「 九 十 五 か 条 の 論 題 」 を 掲 げ て 、 バ チ カ ン に 喧 嘩 を 売 り ま し た 。 そ の 論 難 の 一 つ が 、 「 な ん で 神 様 の 声 を 聞 く の に 、 い ち い ち 、 カ ト リ ッ ク の 教 会 を 通 さ な け れ ば な ら な い ん だ ? ー で す 。 前 章 の ジ ャ ン ヌ ・ ダ ル ク の 話 で も 出 ま し た 、 こ れ は カ ト リ ッ ク の 死 活 問 題 で す 。 ヨ ー ロ ッ パ 全 土 を 巻 き 込 む 、 血 で 血 を 洗 う 殺 し 合 い に 発 展 し ま す 。 ル タ ー ら バ チ カ ン に 抵 抗 す る 人 た ち を プ ロ テ ス タ ン ト ( 抵 抗 す る 人 た ち の 意 味 ) と 呼 び ま す 。 こ れ に 対 抗 し て バ チ カ ン は 「 対 抗 宗 教 改 革 」 を 始 め る の で す が 、 そ の 活 動 の 一 環 と し て 、 ヨ ー ロ ッ パ 外 へ の 宣 教 も 行 い ま し た 。 そ う し た 宣 教 活 動 の 一 環 と し て 日 本 に や っ て き た の が フ ラ ン シ ス コ ・ ザ ビ エ ル と い う バ ス ク 人 で す 。 バ ス ク と い え ば 、 フ ラ ン ス と ス ペ イ ン の 中 間 に あ る 場 所 で す が 、 ザ ビ エ ル 自 身 の ア イ デ ン テ ィ テ ィ は ス ペ イ ン に あ っ た よ う

嘘だらけの日仏近現代史


と で す 。 こ れ が フ ラ ン ス 国 王 の 盟 友 で あ る バ チ カ ン の 死 活 問 題 に な り ま す 。 ロ ー マ 教 皇 庁 は 、 神 様 と 人 間 の 間 に 入 っ て い る か ら こ そ 、 宗 教 的 権 威 な の で す 。 「 神 様 と 直 に 話 が で き る ー こ の 特 権 を 教 皇 庁 が 独 占 し て い る か ら 、 信 者 は 借 金 し て で も 戦 争 に 行 く し 、 お 布 施 を 出 し 、 時 に は 命 を 差 し 出 し 、 最 悪 は 殺 さ れ て も 文 句 を 言 わ な い の で す 。 そ れ を 田 舎 の ど こ の 馬 の 骨 と も わ か ら な い 少 女 が 、 勝 手 に 神 様 と 交 信 し て し ま っ た 。 中 間 マ ー ジ ン で 食 っ て い る 教 皇 庁 は 存 在 そ の も の が 脅 か さ れ ま す 。 十 四 世 紀 後 半 に は オ ッ ク ス フ ォ ー ド 大 学 教 授 の ジ ョ ン ・ ウ イ ク リ フ が バ チ カ ン の 権 威 を 胎 否 定 す る 言 論 を 始 め て い ま す し 、 ジ ャ ン ヌ と 同 時 代 の チ ェ コ で は ヤ ン ・ フ ス が 火 あ ぶ り に の さ れ る ま で 戦 っ て い ま す 。 い ず れ も 、 の ち の 宗 教 改 革 の 先 駆 け と 目 さ れ て い ま す 。 バ チ カ ー も ン に と っ て 、 現 実 の 脅 威 が 存 在 し た の で す 。 ら ス フ ラ ン ス 国 王 & 貴 族 と 教 皇 庁 は 何 百 年 に も わ た り ズ ブ ズ プ 、 も と い 大 人 の 関 係 で す か ら 、 ン ハ チ カ ン か ら は 「 何 と か し て よ ー と の 圧 力 が シ ャ ル ル に 殺 到 す る の で す 。 フ 仮 に イ ン グ ラ ン ド と の 戦 争 に 勝 っ て も 、 「 フ ラ ン ス は 悪 魔 に 魂 を 売 っ た 連 中 だ 」 と 言 わ 章 第 れ た ら 、 ヴ ァ ロ ア 家 を 快 く 思 わ な い 連 中 に 格 好 の 大 義 名 分 を 与 え か ね ま せ ん 。

嘘だらけの日仏近現代史


し た が 、 必 死 の 奮 闘 で 追 い 返 し ま す 。 こ う し た 戦 い ぶ り に 、 カ ト リ ッ ク 陣 営 に は 厭 戦 気 分 が 漂 い 始 め ま し た 。 勝 利 は 間 近 で す 。 シ ュ リ ュ ー の 寿 命 は 尽 き ま し た 。 フ ラ ン ス 絶 対 王 権 に 捧 た だ 、 一 六 四 二 年 十 二 月 四 日 、 リ げ た 五 十 七 年 の 生 涯 で し た 。 第 四 節 「 マ サ ラ ン 枢 機 卿 」 ー ー 最 後 の 宗 教 戦 争 と ウ エ ス ト フ ァ リ ア 条 約 丿 シ ュ リ ュ ー が 三 十 年 戦 争 に 介 入 し た こ ろ は 、 ち ょ う ど 日 本 が 「 鎖 国 ー と 呼 ば れ る 貿 易 統 制 令 を 発 し 始 め て い る こ ろ の 話 で す 。 一 六 三 六 年 、 フ ラ ン ス ・ ド ミ ニ コ 会 の 宣 教 師 ギ ョ ー ム ・ ク ル テ が 日 本 に 上 陸 し ま す 。 ク ル テ は 江 戸 幕 府 が 発 し た 切 支 丹 禁 教 令 に 反 し 、 秘 密 裏 に 布 教 活 動 を 行 っ て い ま し た 。 拘 束 さ れ 、 拷 問 を 受 け て 翌 年 に 長 崎 で 死 亡 し ま し た 。 迷 惑 な 話 で す 。 さ て 、 晩 年 の リ シ ュ リ ュ ー は 、 ち ゃ ん と 後 継 者 を 育 て て い ま し た 。 教 皇 庁 の 外 交 官 と し て フ ラ ン ス に 来 て い た イ タ リ ア 人 の ジ ュ ー ル ・ マ ザ ラ ン を ス カ ウ ト し た の で す 。 外 国 人 参 政 権 ど こ ろ か 外 国 人 宰 相 で す が 、 こ の 時 代 の 人 は 気 に し ま せ ん 。 リ シ ュ リ ュ ー と す れ ば 、 「 有 能 で 、 国 王 に 対 す る 忠 誠 心 さ え あ れ ば 、 外 国 人 で も 構 わ な い ー で す 。 内 外 に 戦 乱 を 抱

嘘だらけの日仏近現代史


ノ ー か ら 見 れ ば 裏 切 り 者 で す し 、 カ ト リ ッ ク か ら 見 れ ば 信 用 な ら な い や つ で す 。 一 六 一 〇 年 、 ア ン リ 四 世 は 狂 信 的 な カ ト リ ッ ク に 暗 殺 さ れ ま し た 。 い や は や 、 代 表 的 な 事 実 を 並 べ て い る だ け で ゲ ン ナ リ し ま す 。 フ ラ ン ス は 、 こ れ ほ ど ま で に 宗 教 戦 争 が 激 し か っ た の で す 。 フ ラ ン ス で は 、 二 十 世 紀 ま で 「 教 育 は 教 会 と 国 家 の い ず れ が 行 う べ き か 」 の 決 着 が っ き ま せ ん で し た 。 現 代 、 フ ラ ン ス は 政 教 分 離 の 原 則 が 欧 米 諸 国 の な か で も っ と も 厳 し い の で す が 、 宗 教 戦 争 の 深 刻 な 歴 史 が あ る か ら で す 。 ち な み に 、 フ ラ ン ス で は 創 価 学 会 は オ ウ ム 真 理 教 と 同 様 、 カ ル ト 宗 教 認 定 さ れ て い ま す 。 第 三 節 「 リ シ ュ リ ュ ー 公 爵 」 ー ー ・ フ ラ ン ス 絶 対 王 権 の 信 奉 者 日 本 人 が 最 初 に フ ラ ン ス 人 と 接 触 し た の は 、 伊 達 政 宗 が 派 遣 し た 支 倉 遣 欧 使 節 団 と い わ れ て い ま す 。 一 , ハ 一 三 年 、 支 倉 常 長 ら は ス ペ イ ン 、 ロ ー マ へ 向 け て 出 発 、 フ ラ ン ス に も 上 陸 し て い ま す 。 こ の 翌 年 の 一 六 一 四 年 に 、 日 本 で は 大 坂 冬 の 陣 が 始 ま り ま す 。 ま た 、 一 六 三 七 年 に は 島 原 の 乱 が 起 き ま し た 。 い ず れ も 徳 川 将 軍 家 に 対 し 、 多 く の 切 支 丹 ( カ ト リ ッ ク ) が 武 器 を

嘘だらけの日仏近現代史


ハ プ ス プ ル ク 家 と シ バ キ 合 い 第 一 節 「 西 欧 の 裏 切 り 者 」 一 三 〇 〇 年 、 マ ル コ ・ ポ ー ロ は 『 東 方 見 聞 録 』 と 呼 ば れ る 書 を 口 述 し ま し た 。 ヴ ェ ネ チ ア 人 の 彼 は 古 フ ラ ン ス 語 で 、 日 本 の こ と を 「 黄 金 の 国 ジ パ ン グ ー と 評 し ま し た 。 フ ラ ン ス 人 が 日 本 の こ と を 知 っ た の は 、 一 五 〇 〇 年 代 の こ と だ そ う で す 。 ギ ョ ー ム ・ ポ ス テ ル と い う オ ス マ ン 帝 国 を 訪 れ た 経 験 が あ る 王 立 教 授 団 の 一 員 で 、 一 五 三 七 年 に 帰 国 し た あ と に ギ リ シ ャ 語 ・ ア ラ ビ ア 語 ・ ヘ ブ ラ イ 語 の 講 座 を 受 け 持 っ て い た 先 生 が 、 日 本 の こ と を 教 え て い た と い う 記 録 が あ り ま す 。 そ の 中 身 は 、 「 日 本 で 信 仰 さ れ て 生 誕 い る 仏 教 の 釈 迦 と は イ エ ス ・ キ リ ス ト の こ と だ 」 と 説 い た と か 。 嘘 だ と 思 う 人 は 、 佐 藤 彰 の 家 一 、 中 野 隆 生 編 『 フ ラ ン ス 史 研 究 入 門 』 ( 山 川 出 版 社 、 二 〇 一 一 年 ) の 二 十 六 5 二 十 七 頁 国 主 を ど 、 っ そ 。 A 」 争 ア イ ツ の 話 に 戻 し ま し よ 、 つ 。 教 シ ャ ル ル 七 世 は 、 「 勝 利 王 ー と か 「 よ く 尽 く さ れ た 王 ー な ど と 呼 ば れ ま す 。 そ れ は そ う 宗 で し よ う 。 仏 英 百 年 戦 争 に 勝 っ て 自 分 が 王 様 に な る の に 、 ジ ャ ン ヌ ・ ダ ル ク を 利 用 す る だ 章 第 け 利 用 し て 、 都 合 が 悪 く な る と 見 殺 し に し た の で す か ら 。 日 本 な ら 美 少 女 萌 え の オ タ ク た

嘘だらけの日仏近現代史


第 五 章 フ ラ ン ス か ら 見 た 日 本 係 あ り ま せ ん 。 前 近 代 の ヨ ー ロ ッ パ も 同 じ で し た 。 ほ と ん ど の 日 本 人 が 誤 解 し て い る 「 政 教 分 離 」 と い う 言 葉 が あ り ま す 。 こ れ は 「 政 府 と 教 会 の 分 離 ー で す 。 「 政 治 と 宗 教 が 関 わ っ て は い け な い 、 で は あ り ま せ ん 。 そ の 証 拠 に 、 文 明 国 と 呼 ば れ る 国 で は 、 国 家 儀 礼 に 宗 教 が 関 わ っ て い ま す 。 た と え ば 、 ア メ リ カ 大 統 領 は 就 任 式 で 聖 書 に 手 を 置 い て 宣 誓 し ま す 。 イ ス ラ ム 教 や ヒ ン ズ ー 教 徒 が 困 る で し よ う か 。 我 が 国 で も 、 総 理 大 臣 は お 正 月 に は 必 ず 伊 勢 神 宮 に 参 拝 し ま す 。 仏 教 徒 や キ リ ス ト 教 徒 が 困 る で し よ う か 。 い ず れ も 、 困 り ま せ ん 。 極 端 に 誰 か が 困 る こ と を し な け れ ば 、 政 治 と 宗 教 が 関 わ る こ と 自 体 は 問 題 に な り ま せ ん 。 余 談 で す が 、 「 総 理 大 臣 が 靖 国 神 社 に 参 拝 し た の で 傷 つ い た 。 賠 償 金 を 請 求 す る 」 と い っ た 裁 判 が 後 を 絶 ち ま せ ん が 、 全 戦 全 敗 で す 。 当 た り 前 で す が 、 「 医 師 の 診 断 書 を 見 せ て く だ さ い 」 で 終 了 で す 。 「 小 泉 首 相 が 靖 国 神 社 に 参 拝 し た の で 、 こ の 人 は 心 の 病 に な り ま し た 」 と い う よ う な 診 断 な ど 書 い た ら 、 医 師 免 許 剥 奪 も の で し よ う 。 因 果 関 係 を 説 明 で き る わ け が な い 。 政 教 分 離 の 意 味 か ら 勉 強 し た ほ う が い い と こ ろ が 、 い わ ゆ る 文 明 国 の な か で フ ラ ン ス の 政 教 分 離 だ け は 例 外 的 に 特 殊 で す 。 本 当 に 、 政 治 か ら 宗 教 を 排 除 し て い ま す 。 大 統 領 は レ ジ オ ン ・ ド ヌ ー ル 勲 章 を 授 与 さ れ て 就 任 185

嘘だらけの日仏近現代史


ち に ネ ッ ト で 悪 口 を 拡 散 さ れ る く ら い で 許 さ れ ま す が 、 当 時 の 熱 狂 的 な ジ ャ ン ヌ 信 者 は 殺 し 屋 を よ こ し そ う な 勢 い で す 。 な だ め な い わ け に は い き ま せ ん 。 当 時 、 十 五 世 紀 の ヨ ー ロ ッ パ で は メ デ ィ ア の 飛 躍 的 進 歩 が あ り ま し た 。 活 版 印 刷 の 発 明 で す 。 神 聖 ロ ー マ 帝 国 の グ ー テ ン ベ ル ク と い う 職 人 が 、 聖 書 を 印 刷 し た の が 一 四 五 五 年 で す 。 大 量 の 情 報 を 飛 躍 的 に 早 く 大 量 に 散 布 で き る よ う に な り ま し た 。 イ ン タ ー ネ ッ ト の 登 場 で 、 情 報 の 拡 散 力 が 高 ま っ た の と 同 じ で す 。 ネ ッ ト 登 場 以 前 は 、 特 定 の メ デ ィ ア だ け が 情 報 と 拡 散 す る 手 段 を 独 占 し て い ま し た 。 極 端 な 話 、 隠 し た い 情 報 は 隠 し 、 伝 え た い 情 報 だ け を 伝 え る こ と が で き た の で す 。 と こ ろ が ネ ッ ト の 登 場 で 、 そ う は い か な く な り ま し た 。 情 報 は 特 定 の メ デ ィ ア だ け で な く 、 誰 で も 拡 散 で き る よ う に な っ た の で す 。 同 時 に 、 悪 口 も 大 量 に 垂 れ 流 さ れ る よ う に な り ま し た 。 五 百 年 前 も や っ て い る こ と は 同 じ で す 。 教 皇 庁 は キ リ ス ト 教 の 解 釈 を 独 占 し て い ま し た 。 一 種 の 情 報 独 占 で す 。 と こ ろ が 活 版 印 刷 が 普 及 し 、 教 会 関 係 者 以 外 が 聖 書 を 読 め る よ う に な る と 、 「 ど こ に も そ ん な こ と 書 い て な い だ ろ 、 ゴ ル ア ! 」 と 紙 で 拡 散 す る よ う に な り ま す 。 こ れ が 教 科 書 で 習 う 宗 教 改 革 で す 。 教 皇 庁 へ の 大 量 の 悪 口 が 拡 散 さ れ る よ う に な り ま す 。 も っ と も 「 悪 口 」 だ と と る の は 教 皇 庁 の 一 方 的 な 解 釈 で 、 攻 撃 し て い る 人 た ち は 正 論

嘘だらけの日仏近現代史


れ ば 「 何 が 悪 い ? 」 で 終 了 で す 。 一 五 五 三 年 に は 、 オ ス マ ン 艦 隊 と の 共 同 作 戦 で 、 ジ ェ ノ バ か ら 地 中 海 の コ ル シ カ 島 を 奪 っ た り し ま し た 。 フ ラ ン ス 人 は 、 嫌 わ れ る こ と な ど 、 ま っ た く 恐 れ な い 人 た ち で す 。 ち な み に 一 五 七 一 年 、 レ バ ン ト の 海 戦 で 両 ハ プ ス プ ル ク や ジ ェ ノ バ な ど ヨ ー ロ ツ 。 ハ 連 合 軍 は マ グ レ 勝 ち し ま す が 、 地 中 海 の 制 海 権 は オ ス マ ン 帝 国 が 握 っ た ま ま で し た 。 ヨ ー ロ ッ パ 人 は 、 こ の 一 事 を も っ て 「 偉 大 な キ リ ス ト 教 が イ ス ラ ム に 勝 利 し た 」 と か 言 い だ し か ね な い の で す が 、 真 に 受 け て は い け ま せ ん 。 ま だ ま だ 、 束 に な っ て よ う や く マ グ レ な ら 勝 て 、 と い っ た レ ベ ル で す 。 る か も し れ な い 生 誕 そ ん な こ と よ り フ ラ ン ス で 深 刻 な の は 、 キ リ ス ト 教 徒 ど う し の 対 立 で す 。 の 家 も う 千 年 に も 至 る 一 つ の 軸 は 、 教 会 と 王 様 の 主 導 権 争 い で す 。 た と え ば 、 王 様 が 「 こ れ 国 権 か ら は フ ラ ン ス 語 を 使 え 」 と 命 令 し て も 、 教 会 が ミ サ で 使 う よ う に な る の は 、 よ う や く 十 主 争 九 世 紀 で す 。 教 会 は 頑 な に 抵 抗 し た と い う こ と で す 。 な ぜ か 。 教 ラ テ ン 語 を 使 え る と い う の は カ ト リ ッ ク 教 会 の 利 権 の 一 つ で す 。 一 般 の フ ラ ン ス 人 は 、 宗 フ ラ ン ス 語 し か 話 せ な い し 、 ま し て や 文 字 な ん か 読 め な い の で す 。 だ か ら 公 文 書 が ラ テ ン 章 第 語 だ と 、 ラ テ ン 語 が で き る こ と 自 体 が 支 配 の 道 具 で す 。 た と え ば 一 つ あ げ て も 、 ラ テ ン 語