検索 - みる会図書館

検索対象: 聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利から 357件ヒットしました。

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


第 三 章 蘇 我 と 物 部 の 宗 教 戦 争

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


じ よ う き よ う に 忠 実 な 仏 教 な の で あ ろ う 。 そ の 点 に つ い て 円 光 は 思 い き っ た 見 解 を 述 べ て い る 。 も し 当 時 の 状 況 か い せ っ し よ う か い し ん こ う に お い て 、 仏 教 が 国 王 の 信 仰 と し て 可 能 で あ る た め に は 、 仏 教 の 第 一 の 戒 、 殺 生 戒 が 問 題 に な せ っ し よ う か い る 。 ほ ん と う に 殺 生 戒 を 守 る な ら ば 、 戦 争 を す る こ と は で き な く な る 。 戦 争 を し な け れ ば 国 家 の 発 せ っ し よ う か い か ん わ 展 は あ り え な い 。 そ れ ゆ え 、 こ の 殺 生 戒 を 緩 和 し な け れ ば な ら な い 。 時 を 選 び 、 物 を 選 ん で 殺 す 。 そ れ が 円 光 の 発 明 し た 俗 人 む き の 仏 教 で あ る が 、 そ う い う こ と が 、 は た し て 仏 教 の 名 で 許 さ れ よ う か れ し ら ぎ り く ち 一 よ う か 。 お そ ら く 、 こ う い う 見 解 は 六 朝 に も あ っ た の で あ ろ う が 、 そ れ を 彼 は 新 羅 の お か れ た 政 治 的 ち ん ず い し ら ぎ じ よ う き よ う せ ん え い か 状 況 の な か で 、 尖 鋭 化 し た の で あ ろ う 。 円 光 が 新 羅 仏 教 の 指 導 者 的 存 在 で あ り 、 ま た 陳 と 隋 に お い て 長 年 修 行 を 積 ん だ と い う 経 歴 に お い て 、 か か る 説 が 許 さ れ る わ け で あ る が 、 し か し こ の よ う な 説 が ほ ん と う に 仏 教 の 教 義 の 名 で 許 さ れ る か ど う か は 疑 問 で あ る と 私 は 思 う 。 し ら ぎ ち が く だ ら こ の よ う に み る と 、 百 済 の 仏 教 と 新 羅 の 仏 教 の 違 い は 明 白 で あ ろ う 。 た し か に 歴 史 の 結 果 か ら み だ い た ん し ら ぎ く だ ら れ ば 、 新 羅 仏 教 の ほ う が 百 済 仏 教 よ り は る か に 有 効 で あ っ た と い わ ね ば な ら な い 。 円 光 は 実 に 大 胆 な 仏 教 解 釈 を す る こ と に よ り 、 仏 教 を 亡 国 の 宗 教 で は な く 、 興 国 の 宗 教 に し た と い え る 。 し ら ぎ た い か の か い し ん こ の 新 羅 仏 教 の あ り 方 こ そ 、 大 化 改 新 以 後 の 日 本 の 政 治 指 導 者 が 学 ば ん と す る 方 向 で あ っ た の で し ら ぎ く だ ら あ る 。 し か し 聖 徳 太 子 の 仏 教 に た い す る 態 度 は 、 百 済 の 聖 明 王 の 仏 教 に た い す る 態 度 と も 、 新 羅 の 真 興 王 の 仏 教 に た い す る 態 度 と も ち が っ て い る 。 こ の 点 は 後 に く わ し く ふ れ る こ と に し よ う 。 だ ん あ っ い な め 稲 目 の 死 と 仏 教 弾 圧 ず い か ん ら く み ま な 話 を 前 に も ど そ う 。 五 六 一 一 年 に 任 那 の 日 本 府 は 陥 落 す る 。 そ し て 以 後 、 隋 に よ っ て 中 国 が 統 一 さ 160

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


る の で は な く 、 己 自 身 が 仏 と な る こ と に あ る と い う こ と を 、 無 言 の う ち に 示 そ う と し た も の で あ ろ ぜ ん ぶ つ き よ う す う は い こ う こ の 話 は 、 禅 仏 教 の い わ ば 南 朝 仏 教 に た い す る 批 判 で あ る と と も に 、 中 国 に お い て 仏 教 崇 拝 の 皇 り よ う ぶ て い 帝 と い う 時 、 必 ず 梁 の 武 帝 が 引 き 合 い に だ さ れ る こ と を 示 し て い る 。 ド レ ゅ ・ き よ う り ん り じ や き よ う ぶ て い し か し 一 方 、 仏 教 を 邪 教 と 見 て 、 中 国 の 正 教 ・ 儒 教 の 倫 理 を 守 ろ う と す る 人 に す れ ば 、 武 帝 こ そ し ん こ う ほ ろ ぶ て い ま さ に 格 好 の 反 面 教 師 で あ っ た の で あ る 。 仏 教 を 信 仰 す れ ば 国 が 滅 び る 、 武 帝 を 見 よ 、 武 帝 の 存 在 り よ う ぶ て い こ そ こ の 事 実 の 証 明 で は な い か 、 仏 教 の 否 定 者 が 仏 教 の 反 社 会 性 を 批 判 す る 時 、 梁 の 武 帝 が い つ も 引 き 合 い に だ さ れ る の で あ る 。 き ょ う へ ん こ り よ う ぶ て い い だ い こ う て い し か し 毀 誉 褒 貶 を 超 え て 、 梁 の 武 帝 は や は り 偉 大 な 皇 帝 で あ っ た こ と は ま ち が い な い 。 な ぜ な ら か れ め ず ら 彼 が 統 治 し た 六 世 紀 前 半 の 五 十 年 間 は 珍 し く 長 い 平 和 が 続 き 、 南 朝 の 文 化 は 、 一 つ の 極 に 達 し た か の ら で あ る 。 も し も 漢 の 時 代 が 政 治 的 価 値 の み が 優 先 し た 時 代 で あ る と す れ ば 、 南 朝 の 時 代 は 、 政 治 る 的 価 値 と と も に 、 芸 術 的 価 値 あ る い は 宗 教 的 価 値 が 認 め ら れ て い た 時 代 で あ る と い え る 。 そ う い う 点 で 、 漢 の 文 化 と 南 朝 の 文 化 は 異 質 の 文 化 で あ る が 、 中 国 の 文 化 は 、 か か る 時 代 を も っ こ と に よ っ ず い と う 窈 て 、 そ の 内 実 を 豊 富 に さ せ た と 思 う 。 次 の 隋 、 唐 の 時 代 は 、 一 面 に お い て 政 治 の 価 値 が 再 興 し た 時 伝 代 で あ る が 、 し か し こ れ は そ の 内 面 に 文 化 的 価 値 や 宗 教 的 価 値 を 十 分 に 評 価 す る だ け の 豊 か さ を も 仏 っ て い る の で あ る 。 章 こ の 南 朝 文 化 の 頂 点 が 、 武 帝 の 統 治 し た 六 世 紀 の 前 半 で あ っ た と い え る 。 り よ う し よ ぶ て い ひ と が ら か れ 第 梁 書 は 、 武 帝 の 人 柄 に つ い て 語 る 時 、 ま ず 異 常 な 孝 行 の 話 に つ い て 語 る 。 彼 は 六 歳 に し て 母 を 失 て い 0 ぶ て い ぶ て い さ い

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


か ざ 伝 記 を 、 一 人 の 実 在 の 人 間 と し て は と う て い 考 え ら れ な い さ ま ざ ま な 神 秘 の 話 で 飾 っ た こ と で あ さ っ ゼ ん ち ん な ん が く え し け つ き る 。 た と え ば 菩 薩 伝 に お い て 、 太 子 を 陳 の 南 岳 慧 思 の 生 ま れ 変 わ り と し 、 補 闕 記 に お い て 、 太 子 を ぜ か ん の ん ひ か く て き 救 世 観 音 で あ る と す る よ う な 点 で あ る 。 こ う い う こ と を 比 較 的 ま ぬ が れ て い る の は 、 上 宮 聖 徳 法 お う て い せ つ 王 帝 説 の み で あ ろ う が 、 こ れ は や は り 日 本 書 紀 よ り 古 い 時 代 に 書 か れ た た め で あ ろ う と 思 わ れ る 。 け い こ う し よ う と く た い し ゼ ん り や く そ し て こ の よ う な 傾 向 は 、 十 世 紀 に い た っ て 聖 徳 太 子 伝 暦 を う ん だ 。 こ の 著 書 は 、 や は り こ の こ ろ し い ん つ く ら れ る 太 子 絵 伝 と と も に 日 本 各 地 の 寺 院 に 伝 え ら れ 、 長 く 日 本 人 の 太 子 像 を 支 配 す る に い た っ か ま く ら し ん ら ん し よ う に ん 。 太 子 は 鎌 倉 時 代 の 宗 教 改 革 者 た ち 、 と く に 親 鸞 上 人 に は 厚 く 尊 敬 さ れ た が 、 親 鸞 上 人 の 太 子 理 た い し ぞ ん り や く 解 も 、 こ の 太 子 伝 暦 の 線 に そ っ た も の で あ っ た 。 じ ゅ き よ う 、 か じ ゅ し ゃ 徳 川 時 代 に な っ て 、 仏 教 に 代 わ り 儒 教 が 盛 ん に な っ た 時 、 儒 者 た ち は 仏 教 に た い す る 攻 撃 の 目 標 と し て 太 子 を 選 ん だ 。 な ぜ な ら 、 太 子 は 日 本 の 仏 教 の 父 で あ り 、 太 子 に よ っ て 仏 教 が 日 本 に 定 着 し じ や き よ う じ ゅ し ゃ じ や き よ う ひ ろ げ ん き よ う た か ら で あ る 。 仏 教 を 邪 教 と 考 え る 儒 者 に と っ て は 、 太 子 こ そ 邪 教 を 日 本 に 弘 め た 第 一 の 元 凶 で あ こ う と う む け い た い し ゼ ん り や く じ ゅ し ゃ め っ た 。 こ の 際 、 荒 唐 無 稽 な 話 で つ つ ま れ た 太 子 伝 暦 は 、 儒 者 に と っ て 仏 教 の 非 合 理 的 精 神 を 示 す も の を と し て 、 格 好 の 批 判 の 対 象 と な っ た 。 そ し て こ の よ う な 批 判 の 態 度 は 、 仏 教 に た い し て 儒 者 と 同 じ じ ゅ し ゃ た い し ゼ ん り や く こ う と う む け い ち ょ う し よ う 実 よ う に 敵 意 を も つ 国 学 者 に も 受 け 継 が れ 、 儒 者 、 国 学 者 は 、 太 子 伝 暦 の 荒 唐 無 稽 な 話 を 嘲 笑 す る と す し ゅ ん て い 子 同 時 に 、 日 本 書 紀 に 書 か れ て い る 馬 子 の 崇 峻 帝 殺 害 の 事 件 に お け る 太 子 の 責 任 を 責 め て 、 太 子 を 不 ~ 偲 聖 忠 の 臣 と し て の の し る に さ え い た っ た の で あ る 。 こ れ に た い し て 、 当 然 、 仏 教 側 か ら の 反 論 が 予 測 じ ゅ き よ う し よ う と く た い し ゼ ん り や く 章 さ れ る が 、 仏 教 側 の 反 論 は 、 い ち お う 儒 教 側 あ る い は 国 学 側 の 聖 徳 太 子 伝 暦 を 中 心 と し て の 荒 唐 無 け い 稽 な 太 子 伝 ( の 批 判 を 認 め 、 後 世 の 史 料 を 捨 て て 、 専 ら 日 本 書 紀 な ど の 古 い 史 料 を も と と し て 、 太

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


仏 教 の 勝 利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


任 那 滅 亡 を 招 い た 日 本 の な り ゆ き 外 交 謎 に つ つ ま れ た 任 那 陥 落 仏 教 を 興 国 の 教 え に し た 羅 の 真 興 王 稲 目 の 死 と 仏 教 弾 圧 第 三 章 蘇 我 と 物 部 の 宗 教 戦 争 聖 徳 太 子 の 生 年 と 血 筋 一 七 0 敏 達 帝 の 誕 生 朝 鮮 半 島 の 状 況 ー ー 高 句 麗 の あ せ り 日 本 海 を 渡 っ て き た 高 句 麗 の 使 太 子 誕 生 の こ ろ の 国 際 情 勢 と あ や ふ や な 太 子 伝 説 一 八 六 天 皇 家 に 根 を お ろ し て い っ た 蘇 我 氏 の 血 統 一 九 四 敏 達 帝 の 新 羅 寄 り 外 交 一 究 複 雑 な 気 持 ち で 帰 朝 し た 日 系 百 済 人 ・ 日 羅 一 一 0 四 日 羅 の 提 案 と 悲 劇 馬 子 の 崇 仏 宣 言 ー ー 寺 院 と 塔 の 建 立 疫 病 の 流 行 と 一 一 度 目 の 仏 教 弾 圧 登 場 人 物 の 年 齢 考

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


第 四 章 物 部 の 滅 亡 と 法 興 寺 の 建 立 じ よ じ よ き ゅ う て い ぼ う り ゅ う か ん り よ う い な め か つ ら ぎ い は 蘇 我 氏 は 、 葛 城 氏 の 傍 流 か も し れ な い が 、 や は り 大 蔵 官 僚 と し て 徐 々 に 宮 廷 に 力 を も ち 、 稲 目 い ち ゃ く の 時 代 に な っ て 、 一 躍 し て 政 治 の 第 一 線 に お ど り で た の で あ ろ う 。 き ょ こ ん き ょ ち も の の ・ ヘ や ま と そ が が わ 蘇 我 氏 の 根 拠 地 は 、 大 和 の 曾 我 川 の 流 域 と み ら れ る が 、 そ の 支 配 す る 土 地 は 、 物 部 氏 の よ う な 巨 大 な 土 地 で は な い 。 以 後 の 蘇 我 氏 の 権 力 の 土 台 と な っ き ょ だ い も の の ペ き ょ だ い た 巨 大 な 経 済 力 は 、 物 部 氏 の 支 配 し て い た 巨 大 な 土 地 だ っ し ゅ の 奪 取 に よ っ て 生 じ た の で あ る 。 り ゅ う せ い き そ 蘇 我 氏 の 隆 盛 の 基 礎 が 、 そ の よ う な 形 で つ く ら れ た そ が 、 《 い 原 も の で あ っ た と す れ ば 、 蘇 我 氏 は 、 帰 化 人 と 深 く 結 び 県 つ き 、 外 国 事 情 に 深 く 通 じ て い た の も 当 然 で あ ろ う 。 す う は い 奈 こ の よ う な 蘇 我 氏 が 、 海 外 の 先 進 国 が こ ぞ っ て 崇 拝 し て い る 仏 教 の 採 用 に 、 い ち 早 く ふ み き っ た の も ま た 十 拠 分 納 得 で き る 。 政 治 権 力 に は 、 必 ず と い っ て よ い ほ ど け ん い も の の べ の 宗 教 に よ る 権 威 づ け が 必 要 で あ る 。 物 部 氏 、 三 輪 氏 な け ん い 我 ど は 、 自 分 の 権 力 を 神 聖 化 す る 宗 教 的 権 威 を も っ て い か ん り よ う そ が る 。 し か る に 新 興 大 蔵 官 僚 の 蘇 我 氏 に は 、 そ う い う 宗 け ん い 教 的 権 威 が な い 。 そ の よ う な 権 威 づ け を イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル な 宗 教 で あ る 仏 教 に 求 め る の は 、 蘇 我 氏 の 氏 族 的 立 場 か ら い っ て も 、 十 分 う な ず け る の で あ る 。 そ が だ い け ん い そ が 257

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


に 大 き な 寺 院 を 建 て て 布 教 に 従 事 し て い た か ら で あ る 。 こ の キ リ ス ト 教 を 景 教 と い う 。 景 と は 日 の す う 大 な る も の と い う 意 味 で あ る 。 お そ ら く こ の ネ ス ト リ ウ ス 派 の キ リ ス ト 教 が 、 小 ア ジ ア か ら 太 陽 崇 と も な 拝 の 宗 教 を 伴 っ て 中 国 へ 来 た の で あ ろ う 。 七 二 〇 年 に つ く ら れ た 日 本 書 紀 に 、 こ の よ う な 最 初 の ネ え い き よ う ス ト リ ウ ス 派 の キ リ ス ト 教 の 影 響 が あ っ た と し て も 不 思 議 で は な い 。 く め く に た け し て き え い き よ う 私 は 久 米 邦 武 氏 が 指 摘 す る 以 上 に 、 こ の 太 子 伝 に は 景 教 の 影 響 が 強 い の で は な い か と 思 う 。 そ れ か た お か や ま き み よ う ほ け つ き ・ て ん は あ の 推 古 二 十 一 年 に 記 せ ら れ て い る 片 岡 山 で の 奇 妙 な 話 の 中 に も あ り 、 ま た そ の 他 、 補 闕 記 や 伝 え い き よ う 暦 に 語 ら れ て い る 太 子 に つ い て の 多 く の 話 の 中 に も そ の 影 響 が あ る の で は な い か と 思 う 。 し か し そ れ は 後 の 問 題 で あ り 、 生 き て い た 太 子 と は 関 係 が な い 。 キ リ ス ト 教 に よ る 潤 色 が あ っ た と し て も 、 う ま や と の お う じ つ だ そ う き ち う ま や や は り 廐 戸 皇 子 と い う 名 は 否 定 で き な い で あ ろ う 。 津 田 左 右 吉 氏 が い う よ う に 、 聖 徳 太 子 の 子 に 馬 屋 こ の ひ め み こ か れ う ま や と の み こ 古 女 王 と い う も の が あ る と こ ろ か ら み て も 、 彼 は 廐 戸 皇 子 と い う 名 で あ っ た の で あ り 、 そ の 名 に よ っ て 、 イ エ ス 伝 が 連 想 さ れ た の で あ ろ う 。 と よ と み み の み こ と か れ そ う め い 豊 聡 耳 皇 子 と い う の も 、 彼 が 聡 明 で あ る こ と の 称 号 で あ ろ う 。 あ る い は 生 前 の 名 で あ る と も 考 え ら れ る が 、 そ れ は や は り 正 式 の 名 で は な く 、 ほ め 言 葉 が 一 つ の 固 有 名 詞 の よ う に な っ た も の で あ ろ ち え ひ い う 。 知 恵 の 秀 で た 皇 子 、 そ う い う 意 味 が 、 逆 に そ の 名 に よ っ て 一 度 に 八 人 の 言 葉 を 聞 く と か 、 一 度 う っ た に 十 人 の 訴 え を 聞 く と か い う 伝 説 に な っ た の で あ ろ う 。 う え の み や の み こ よ う め い て い み や か む つ 上 宮 王 も や は り 推 古 紀 お よ び 法 王 帝 説 に い う よ う に 、 用 明 帝 が 太 子 を 愛 し て 、 池 辺 の 「 宮 の 南 上 お ほ み や す 大 殿 に 住 ま し め 」 た こ と か ら 、 こ の 名 が つ い た と み て さ し つ か え な い で あ ろ う 。 よ う め い て い あ な べ の は し ひ と こ う ご う か れ 聖 徳 太 子 は 、 用 明 帝 と 穴 穂 部 間 人 皇 后 と の 間 の 長 男 で あ る 。 い っ て み れ ば 彼 は 、 五 十 。 ハ ー セ ン ト は い り や く う お う て い せ つ じ ゅ ん し よ く い け の べ 190

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


げ き じ よ う こ こ で 損 を し た の は 皇 子 と 守 屋 で あ る 。 そ し て も う け た の は 馬 子 で あ る 。 皇 子 は 一 時 の 激 情 に か ら れ て の こ と で あ っ た ろ う が 、 そ れ は 若 気 の い た り と い わ れ て も 仕 方 が な い 。 も と よ り 皇 位 は 手 に 人 ら ず 、 そ し て 次 代 の 皇 位 の 候 補 者 と し て も 大 き く 後 退 し た 。 さ か う あ ぐ 守 屋 と し て は 、 皇 子 の 命 で 逆 を 殺 し た が 、 そ れ が 結 果 と し て は 何 の た め に な っ た の か 。 守 屋 は 胡 ら す わ あ な べ の お う じ さ か う さ か う 座 に 坐 っ て い る 穴 穂 部 皇 子 に 逆 の 殺 害 を 報 告 す る 。 皇 子 の た め に 逆 を 殺 し た は ず な の に 、 皇 子 が こ て ん の う の 事 件 で 、 次 代 の 天 皇 に な る 資 格 を 失 っ た と し た ら 、 結 果 と し て や が て 起 こ る べ き 宗 教 戦 争 の 強 力 な 味 方 を 失 っ て し ま っ た こ と に な る 。 な げ な げ 馬 子 は こ の 事 態 を い た み 嘆 い た と い う が 、 守 屋 は そ の 嘆 き に 、 お 前 な ど に 何 が わ か る か と う そ ぶ な げ い た 。 ほ ん と う は そ の 逆 で な け れ ば な ら な い 。 守 屋 が こ の 事 態 を 深 く 嘆 き 、 馬 子 は 天 に 向 か っ て う ゆ く そ ぶ か ね ば な ら な い 。 そ れ が 逆 で あ る と こ ろ に 、 こ の 宗 教 戦 争 を か ね た 古 代 氏 族 の 争 い の 勝 敗 の 行 方 が あ る と 田 5 う 。 う わ さ の 戦 以 上 は 日 本 書 紀 に よ る こ の 事 件 の 経 過 で あ る が 、 日 本 書 紀 は 一 説 の 形 で 、 さ ま ざ ま な 噂 を 載 せ て 宗 い る 。 の あ る ふ み い あ な ・ ヘ の み こ は っ せ ・ ヘ の み こ あ ひ た ば か も り や の お む ら じ ゃ 部 或 本 に 云 は く 、 穴 穂 部 皇 子 と 泊 瀬 部 皇 子 と 、 相 計 り て 守 屋 大 連 を 遣 る と い ふ 。 物 は っ せ べ の お う じ す し ゅ ん て い み わ の さ か う こ こ で 泊 瀬 部 皇 子 、 後 の 崇 峻 帝 が で て く る 。 実 際 守 屋 が 三 輪 逆 を 殺 さ ね ば な ら ぬ 必 然 性 は 何 も な 我 あ な べ の お う じ 蘇 い の で あ る 。 守 屋 は 穴 穂 部 皇 子 に 騙 さ れ た の で あ る 。 そ し て あ る い は 皇 子 の 弟 の 泊 瀬 部 皇 子 が こ の ぼ う ぎ し ゃ 章 計 画 の 共 同 謀 議 者 で あ っ た か も し れ な い 。 ま た 次 の よ う な 話 も あ る 。 あ る ふ み い あ な に べ の み こ み づ か ゆ い こ ろ 第 或 本 に 云 は く 、 穴 穂 部 皇 子 、 自 ら 行 き て 射 殺 す と い ふ 。 だ ま 239

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


ひ ろ し か し 仏 教 が イ ン ド 全 体 に 弘 ま っ た の は 、 紀 元 前 一 二 世 紀 の 半 ば に 、 イ ン ド を 支 配 し た ア シ ョ カ 王 し や か の 武 力 に よ ら ね ば な ら な い 。 釈 迦 と 同 じ く イ ン ド の 東 北 部 の 出 身 で あ る ア シ ョ カ 王 は 、 そ れ ま で 多 せ い ふ く き ょ だ い て い こ く て い こ く し や か く の 国 に 分 か れ て い た イ ン ド を 征 服 し 、 巨 大 な 帝 国 を つ く っ た が 、 そ の 帝 国 の 宗 教 と し て 釈 迦 の は じ め た 仏 教 を 採 用 し た の で あ る 。 こ れ に よ っ て 仏 教 は 、 イ ン ひ ろ ト の 中 央 高 原 か ら 南 部 、 そ し て 東 北 部 ま で 弘 ま り 、 そ の 後 、 い 新 ( 慶 仏 教 の 内 部 で い ろ い ろ な 部 派 が 興 っ て 、 十 八 部 と か 二 十 部 と 「 年 , 麗 百 済 か 数 え ら れ る よ う に な っ た が 、 紀 元 前 一 世 紀 ご ろ に 大 乗 仏 教 じ よ う き よ う カ 3 高 な る も の が 興 る や 、 仏 教 界 の 状 況 も 大 き く 変 わ ら ざ る を え な そ う か っ た 。 大 乗 仏 教 は 部 派 仏 教 が 主 と し て 僧 の た め の も の 、 出 は ん さ 家 者 の た め の も の で あ り 、 そ し て そ れ が 煩 瑣 な ス コ ラ 的 教 義 を わ て つ が く お ち い し や か そ う ぞ く 「 リ 」 た 一 ム 哲 学 に 陥 っ て い る と 批 判 し 、 釈 迦 仏 教 の 原 点 に も ど り 、 僧 俗 な や さ っ 道 本 ( い 煌 の 区 別 な く 悩 め る 人 間 の た め に 身 命 を 惜 し ま ず 挺 身 す る 菩 薩 の 一 日 い 敦 ぎ よ う ガ ン ジ ス 川 ン 行 の 仏 教 こ そ 真 の 仏 教 で あ る と し た の で あ る 。 し た が っ て 原 意 万 教 ダ ~ 生 = ガ ← 発 前 イ 始 仏 教 が き び し く 否 定 し た 欲 愛 を 、 否 定 す る ば か り で は 十 分 マ 〇 の , 紀 こ う て い く う 」 教 ~ 世 . 2 で は な く 、 肯 定 に も 否 定 に も と ら わ れ な い 自 由 な 空 の 境 地 に さ と た っ こ と こ そ 、 真 の 悟 り の 道 で あ る と し た の で あ る 。 し か も こ の 大 乗 仏 教 は 、 強 引 に も 釈 迦 の 名 に お い て 新 し い し や か 第 イ ベ ル シ ア 経 典 を つ く り だ し 、 こ れ こ そ 釈 迦 の 説 い た 真 の 教 え を 書 い た い 亠 岡 0 ユ 世 紀 長 安 中 国 イ ン ダ ス 2000 km し や か て い し ん