検索 - みる会図書館

検索対象: SNSは権力に忠実なバカだらけ

SNSは権力に忠実なバカだらけから 181件ヒットしました。

SNSは権力に忠実なバカだらけ


第 三 章 新 興 宗 教 と の 付 き 合 い 方

SNSは権力に忠実なバカだらけ


な く な っ て し ま っ た 教 義 を 、 狂 信 的 に 現 実 社 会 に 押 し 付 け よ う と し 、 そ の 結 果 と し て 様 々 な 軋 轢 が 生 ま れ て し ま い ま す 。 彼 ら か ら み る と 堕 落 し て し ま っ て い る 教 団 の 指 導 理 念 に 反 発 を し て 、 独 自 の 教 団 を 打 ち 立 て て い く こ と も あ り ま す 。 ま た 、 カ リ ス マ 性 の あ る 人 物 が 本 来 の 教 義 を 独 自 解 釈 し て い く こ と で 、 宗 教 内 で 宗 派 が 増 殖 し て い き 、 中 に は 本 来 の そ の 宗 教 の あ り 方 か ら は 遠 ざ か り す ぎ 、 新 し い 宗 教 と い っ て も 過 言 で は な い も の も 生 ま れ ま す 。 わ か り や す い 例 で 一 一 一 一 口 う と 、 キ リ ス ト 教 の 中 か ら 生 ま れ 独 自 教 典 も 採 択 し た モ ル モ ン 教 が あ げ ら れ る か と 思 い ま す 。 キ リ ス ト 教 や イ ス ラ ム 教 も ユ ダ ヤ 教 か ら 派 生 し て き た も の で あ り 、 そ の 時 代 や 地 域 の 特 性 に 合 わ せ て 独 自 解 釈 を す る こ と は 別 に 悪 い こ と で も な く 、 本 来 の 教 義 で は 救 い き れ な い 人 々 の 心 の 問 題 に 対 処 す る た め に は 普 通 の 行 為 な の で は と 思 い ま す が 、 そ れ が 教 祖 的 人 物 の 現 実 的 な 利 益 を 充 足 さ せ る た め に 企 て ら れ た も の だ と す る な ら お か し な 話 で す 。 89 第 三 章 新 輿 宗 教 と の 付 き 合 い 方

SNSは権力に忠実なバカだらけ


い て 多 少 語 ら れ た こ と は あ っ て も 、 強 引 な 勧 誘 、 し つ こ い 勧 誘 は 受 け た こ と は あ り ま せ ん 。 強 引 な 勧 誘 と 言 え ば 、 学 会 と 同 じ 日 蓮 宗 系 で あ り 対 立 関 係 に あ る 宗 教 団 体 ・ 顕 正 会 の 方 が 今 も す ご い の で は な い で し よ う か 。 一 昨 年 も 事 件 に な っ て ま し た し 。 自 分 が 実 生 活 で そ れ ぞ れ 複 数 回 ず つ 耳 に し た 強 引 な 勧 誘 話 は 顕 正 会 と 統 一 教 会 に よ る も の で し た 。 あ 、 あ と エ ホ バ の 証 人 の 訪 問 が あ り ま し た 。 学 会 と い う 組 織 自 体 は 、 出 版 妨 害 、 批 判 者 に 対 す る 盗 聴 、 捏 造 し た 証 拠 に 基 づ い た 訴 訟 な ど 裁 判 で は っ き り し て い る だ け で も 過 去 に 多 く の 問 題 を 起 こ し て い ま す し 、 今 も 確 定 さ れ て い な い だ け で 色 々 な 疑 惑 が 残 っ て い ま す が 、 信 者 の 人 柄 と は 無 関 係 で す 。 善 良 な 人 々 が 一 部 の 人 間 の 利 益 の た め に 騙 さ れ る か の よ う に し て 利 用 さ れ て い る よ う に 見 え る 状 況 は 悲 し い も の で す 。 宗 教 に つ い て 、 ま た 信 仰 と 搾 取 み た い な 問 題 に つ い て 何 件 か 考 え て き ま し た 。 世 の 中 に は 色 々 な 宗 教 が あ り ま す し 、 そ の 中 に は 様 子 の お か し な 宗 教 も 多 く 存 在 し ま す 。 113 第 三 章 新 宗 教 と の 付 き 合 い 方

SNSは権力に忠実なバカだらけ


行 き す ぎ た 原 理 主 義 。 既 存 の 宗 教 に 対 す る 独 自 解 釈 。 高 次 の 存 在 か ら の 『 お 告 げ 』 に よ っ て と 主 張 す る も の 。 複 数 の 既 存 の 宗 教 の 教 義 を サ ン プ リ ン グ し て 寄 せ 集 め た も の 。 新 興 宗 教 の 成 り 立 ち は 様 々 で あ り 、 こ れ ら の 要 因 が 混 同 し て い る 場 合 も 多 い と 思 わ れ ま す 。 新 興 宗 教 と い っ て も 無 害 な 研 究 会 の よ う な も の か ら 反 社 会 的 カ ル ト と い っ て も い い よ う な も の ま で 色 々 あ る の で す が 、 日 本 で は 、 オ ウ ム 真 理 教 に よ る 一 連 の 事 件 の 影 響 に よ り 、 新 興 宗 教 に 対 す る ア レ ル ギ ー 的 な も の が 代 以 上 の 年 齢 の 人 に 強 く 広 が っ て い る 感 は あ り ま す 。 風 変 わ り だ け ど 無 害 な 団 体 と し て 小 馬 鹿 に し な が ら ネ タ 的 に 扱 っ て 面 白 が っ て き た オ ウ ム 真 理 教 。 そ ん な 団 体 が 多 く の テ ロ や 殺 人 、 非 合 法 活 動 に 手 を 染 め て い た こ と が 明 る み に な っ た 時 の 衝 撃 は 大 き な も の が あ り ま し た 。 統 一 協 会 に よ る 霊 感 商 法 や マ イ ン ド コ ン ト ロ ー ル 疑 惑 、 ラ イ フ ス ペ ー ス 事 件 な ど 、 オ ウ ム 真 理 教 以 外 に も 幻 世 紀 後 半 に は 新 興 宗 教 が ら み の 事 件 が 取 り 沙 汰 さ れ 、 日 本 で は 新 興 宗 教 Ⅱ 悪 で あ る と い う 考 え が 一 時 期 強 く 広 が っ て い た と 思 い ま す 。 恥 ず か し い 話 で す が 、 オ ウ ム 真 理 教 の 本 拠 地 で あ る 上 九 一 色 村 の 教 団 施 設 に 警 察 が 乗

SNSは権力に忠実なバカだらけ


僕 と オ ウ ム 真 理 教 世 の 中 に は 色 々 な 宗 教 が 存 在 し ま す 。 世 界 中 に 広 く 浸 透 し て い る キ リ ス ト 教 ・ イ ス ラ ム 教 ・ 仏 教 の よ う な 伝 統 の あ る 巨 大 宗 教 か ら 、 信 者 が 川 人 程 度 の イ ン デ ィ ー ズ 新 興 宗 教 ま で 。 そ の 教 義 が 広 く 世 間 の 常 識 の 基 盤 に な っ て い る 宗 教 も あ れ ば 、 世 間 の 常 識 と 相 容 れ な い よ う な 反 社 会 的 と さ え 言 っ て い い よ う な 宗 教 も あ り ま す 。 一 般 的 に は 大 き い 宗 教 ほ ど 緩 や か に 、 、 月 さ い 宗 教 ほ ど 激 し く 排 他 的 に 信 仰 さ れ て い る イ メ ー ジ は あ り ま す が 、 一 概 に は 言 え ま せ ん 。 巨 大 な 宗 教 と い う の は 歴 史 あ る も の が 多 、 本 来 の 教 義 は そ れ ら が 発 生 し た 時 代 や 土 地 の 状 況 に 強 く 支 配 さ れ て い ま す 。 そ れ が 時 が 流 れ 広 い 範 囲 に 広 が っ て い く 過 程 で 、 時 代 時 代 の 常 識 や 土 地 土 地 の 慣 習 と 妻 惨 な 軋 轢 を 起 こ し な が ら も 、 な ん と か 違 う 価 値 観 、 新 し い 価 値 観 と 折 り 合 い を つ け て や っ て き た か ら こ そ 巨 大 に な っ て い る わ け で 、 わ り と 緩 や か な も の に な っ て は い ま す 。 し か し 、 ど こ に だ っ て 原 理 主 義 的 な 人 は い る わ け で す 。 本 来 現 実 に は 則 さ な い 、 則 さ

SNSは権力に忠実なバカだらけ


り 込 ん だ 時 に 、 あ ま り に も 突 拍 子 も な い 話 に 、 当 初 私 は 政 府 に よ る 陰 謀 す ら 疑 っ て し ま い ま し た 。 あ ん な バ カ バ カ し い 連 中 に そ ん な だ い そ れ た こ と が で き る わ け が な い で は な い か と 。 そ れ ぐ ら い オ ウ ム 真 理 教 は 非 常 識 で あ る が 無 害 に 見 え た し 、 バ カ バ カ し い 存 在 に 見 え て い た の で す 。 次 々 に 明 ら か に な っ て い く 事 実 の 前 に 私 は 猛 省 す る こ と に な り ま す 。 そ し て 2 つ の 教 訓 を 得 ま し た 。 ど ん な に バ カ バ カ し い 存 在 に 見 え て も 、 そ れ を 信 じ る 人 間 が い る 以 上 、 そ の 力 を な め て い て は い け な い と い う こ と 。 理 解 し が た い こ と 、 自 分 の 考 え と 違 う こ と が 起 こ っ た と し て も 、 納 得 で き な い か ら と い っ て 陰 謀 論 に 走 る こ と は 絶 対 に し て は い け な い と い う こ と 。 こ の 2 つ で す 。 笑 え る ワ ー ル ド メ イ ト と 幸 福 の 科 学 先 程 、 オ ウ ム 真 理 教 が バ カ バ カ し い 存 在 、 ネ タ 的 に 扱 わ れ て い た と 書 き ま し た 。 現 在 の co z co 上 で 、 そ の よ う に 一 種 ュ ー モ ラ ス な も の と し て 扱 わ れ る 側 面 の あ る 新 興 宗 教 と 91 第 三 章 新 興 宗 教 と の 付 き 合 い 方

SNSは権力に忠実なバカだらけ


そ れ に 対 し て 幸 福 の 科 学 は ど う で し よ う 。 幸 福 の 科 学 と 言 え ば 有 名 な の が 教 祖 ・ 大 川 隆 法 氏 に よ る 霊 言 で す 。 古 今 東 西 、 歴 史 上 の 人 物 か ら 最 近 物 故 さ れ た 芸 能 人 ま で 、 国 籍 も ジ ャ ン ル も 超 え た 人 々 が 大 川 氏 の 肉 体 を 通 し て 現 世 に メ ッ セ ー ジ を 送 っ て く だ さ る わ け で す が 、 歴 史 上 の 事 実 と は あ わ な い こ と を 語 っ た り 、 半 端 に 間 違 っ た 訛 り で 喋 っ た り 、 生 前 の 本 人 の 思 想 と は ほ ど 遠 い こ と を 話 し だ し た り 、 様 子 が お か し い こ と こ の 上 な い も の で あ り ま す 。 そ し て 、 こ れ は 全 て 真 実 で あ る と 教 団 側 は 主 張 し て い る わ け で す 。 ど ん な に 面 白 お か し く 見 え て い た と し て も 、 ふ ざ け て い る わ け で は あ り ま せ ん 。 そ し て 信 者 も そ れ を 真 実 と し て 受 け 入 れ て い る の で す 。 霊 言 以 外 に も 、 教 団 制 作 の ア ニ メ や 映 画 が 珍 妙 で あ る と か 、 ア イ ド ル を 作 っ て み た り だ と か 、 世 間 的 に 見 て 間 抜 け に 見 え る 部 分 は 多 々 あ る の で す が 、 本 人 た ち の 目 的 は シ リ ア ス な の で す 。 ま た 、 実 質 お 抱 え 政 党 で あ る 幸 福 実 現 党 と い う 政 党 が 存 在 し 、 日 本 社 会 を 政 治 の 面 か ら も 変 え よ う と し て い る 側 面 が あ っ た り 、 思 想 的 に も 非 常 に 右 よ り だ っ た り す る ア グ レ 93 第 三 章 新 興 宗 教 と の 付 き 合 い 方

SNSは権力に忠実なバカだらけ


オ ウ ム 真 理 教 だ っ て 滑 稽 で バ カ に さ れ て る よ う な 存 在 だ っ た の で す 。 逆 に 客 観 的 に 見 て ハ カ バ カ し い よ 、 つ な も の を 信 じ る こ と が で き る 人 の 信 、 い と い 、 つ の は 本 当 に 強 固 な も の な の で す 。 そ れ が 単 な る 信 心 な の か マ イ ン ド コ ン ト ロ ー ル さ れ て い る か 、 単 な る 宗 教 団 体 な の か カ ル ト 団 体 な の か は 外 部 か ら 眺 め て い る だ け で は わ か ら な い の で す 。 そ う い っ た 教 団 の 教 祖 が 精 神 的 に 追 い つ め ら れ る よ う な こ と に な っ た ら 、 と ん で も な い こ と を や ら か し が ち な の は オ ウ ム 真 理 教 や 人 民 寺 院 と い っ た 過 去 の 例 か ら わ か る こ と で し よ う 。 別 に 変 な 宗 教 が あ っ た ら 排 撃 し ろ と 言 っ て る わ け で は あ り ま せ ん 。 必 要 以 上 に バ カ に し た 逆 に 持 ち 上 げ た り す る こ と な く 、 冷 静 に 観 察 し て い く こ と が 大 切 だ と 言 い た い の で す 。 表 面 の 面 白 さ で は な く 、 そ の 目 的 を 見 て い か な け れ ば な ら な い の で す 。 1 1 5 第 三 章 新 輿 宗 教 と の 付 き 合 い 方

SNSは権力に忠実なバカだらけ


治 さ ん 逹 に な り ま す 。 集 ま っ た 信 者 た ち の 前 で 『 』 を 焼 き 捨 て る 姿 は シ ョ ッ キ ン グ で し た 。 失 礼 な 話 で す が 、 芸 能 人 が 新 興 宗 教 に ハ マ っ て し ま っ た り 、 占 い 師 に 騙 さ れ た り と い う 話 は 昔 か ら 数 限 り な く あ っ て 珍 し い こ と で は な い の で す が 、 作 家 の よ う な 知 的 と 見 な さ れ る 職 業 に つ い て い る 人 間 が そ ん な こ と に な る な ん て 想 定 外 だ っ た の で す 。 平 井 和 正 さ ん と い う 先 例 も あ り ま し た け ど 、 自 分 が 小 学 校 高 学 年 の 時 に 幻 魔 大 戦 シ リ ー ズ を 読 み 始 め る わ け で す が 、 作 品 自 体 に 色 濃 く 影 響 が 出 て い た の で 、 に ハ マ っ て い た と い う 話 を 知 っ て も 驚 き は し な か っ た で す ね 。 あ と 、 平 井 先 生 自 身 は 独 自 に 精 神 世 界 の 追 求 を す る 作 品 を 執 筆 さ れ 続 け る わ け で す が 、 教 団 か ら は 早 い 段 階 で 離 れ て い ま す し ね 。 景 山 さ ん の 場 合 は 読 ん だ 範 囲 で は 作 品 か ら そ ん な 匂 い が し て な か っ た し 、 教 団 の 広 告 塔 的 存 在 と し て ガ ン ガ ン 出 て く る の だ か ら ビ ッ ク リ で す よ 。 オ カ ル ト つ ほ い 話 が 好 き か な っ て 気 は ち ょ っ と し て い ま し た け ど 、 オ カ ル ト 話 が 好 き だ か ら っ て 別 に ビ リ ー は 限 ら な い わ け で 、 部 年 代 は オ カ ル ト と か 精 神 世 界 を か じ る の が サ プ カ ル チ ャ ー っ ほ 、 と い う 風 潮 も な ん と な く あ っ た し 、 話 と し て 面 白 が っ て る ぐ ら い に 思 っ て い た の で す 。 104

SNSは権力に忠実なバカだらけ


込 ま せ る と い う の は 違 う ん で す よ 。 特 に 宗 教 / 思 想 の 勧 誘 を し て く る 人 は 危 険 で す 。 他 人 に 影 響 を 受 け て 何 か を 信 じ る よ う に な る こ と は あ り ま す 。 し か し 、 そ れ は 他 人 の 行 動 や 主 張 を こ ち ら が 見 て 感 銘 を 受 け る こ と か ら 始 ま る も の で す 。 こ ち ら の 個 別 の 事 情 に 寄 り 添 っ て き て 、 実 の な い 言 葉 で 勧 誘 し て く る も の に 、 動 か さ れ る べ き で は な い の で す 。 何 を 信 じ る の も 結 局 は 同 じ 、 ど れ も 偽 り の 心 の 平 穏 で は な い か と い う 話 も あ り ま す 。 ま あ 、 そ う か も し れ ま せ ん 。 し か し 、 他 人 の 心 に 割 り 込 ん で 偽 り の 平 穏 を 与 え る と い う 行 為 は 全 然 違 う 話 で す 。 自 分 が 勝 手 に 信 じ た こ と で 人 生 が 台 無 し に な る の は 本 人 の 責 任 で す が 、 他 人 に 信 じ こ ま せ て 他 人 の 人 生 を 台 無 し に す る の は 、 信 じ 込 ま せ た 奴 の 方 が 絶 対 に 悪 い の で す 。 魔 法 は い っ か と け て し ま い ま す 。 魔 法 使 い が 生 き て い る う ち は 魔 法 が 有 効 だ と し て も 、 死 ん だ 後 に 魔 法 が と け て し ま っ た 人 た ち の こ と は 知 ら な い と い う の は 非 常 に ひ ど い 話 で す 。 100