検索 - みる会図書館

全データから 213534件ヒットしました。

定年時に資産1億円を築く 30代サラリーマンのマンション経営入門


定 年 時 に 資 産 1 億 円 を 築 く 代 サ ラ リ ー マ ン の マ ン シ ョ ン 経 営 入 門

定年時に資産1億円を築く 30代サラリーマンのマンション経営入門


定 年 時 に 資 産 1 億 円 を 築 く 代 サ ラ リ ー マ ン の マ ン シ ョ ン 経 営 入 門 相 田 健 一 郎 K e n 一 c h ; 0 A 一 d a

定年時に資産1億円を築く 30代サラリーマンのマンション経営入門


定 年 時 に 資 産 1 億 円 を 築 く 代 サ ラ リ ー マ ン の 」 マ ン シ ョ ン 経 営 入 門 相 田 健 一 郎 K e コ 一 c h ; 0 A 一 d a

定年時に資産1億円を築く 30代サラリーマンのマンション経営入門


年 収 格 差 、 年 金 不 安 、 支 出 増 加 ・ ・ サ ラ リ ー マ ン も 資 産 形 成 な し に は 生 活 が 安 定 し な い 時 代 第 1 章 も 、 も う 買 う こ と が で き な く な っ て い る の で す 。 今 は 買 え る モ ノ が 、 1 年 後 に は 買 え な く な る わ け で す 。 い く ら 巨 額 の 資 産 を 築 き 上 げ た と し て も 、 そ れ を 預 貯 金 で 運 用 し て い る 以 上 、 イ ン フ レ を 目 指 す 経 済 ト レ ン ド の 下 で は ど ん ど ん 目 減 り し て い く の で す 。 こ れ か ら 築 き 上 げ る 資 産 に 求 め ら れ る の は 、 一 定 以 上 の 利 回 り を 上 げ る こ と で す 。 仮 に 1 億 円 の 資 産 で 利 回 り 6 % を 確 保 で き れ ば 、 先 ほ ど の バ ブ ル 経 済 時 の 定 期 預 金 の 話 で は あ り ま せ ん が 、 年 間 の 生 活 費 に 必 要 な 額 を 稼 ぎ 出 す こ と が で き ま す 。 し か も 、 そ の 資 産 の 価 値 そ の も の も イ ン フ レ 率 以 上 に 上 が る こ と が 求 め ら れ ま す 。 一 定 の 収 益 を 生 み 出 し 、 な お か つ イ ン フ レ 対 策 に も な る 、 そ う し た 資 産 の 形 成 が 必 要 な の で す 。 ラ イ フ プ ラ ン の な か で 資 産 形 成 に 向 け 目 標 を 問 題 は 、 そ の 金 額 規 模 で す 。 そ れ は も ち ろ ん 、 大 き い こ と に 越 し た こ と は あ り ま せ ん 。 万 円 よ り は 1 億 円 、 1 億 円 よ り は 川 億 円 : : : 。 大 き け れ ば 大 き い ほ ど 、 年 間 の 収 益 は 大 き く な る し 、 い ざ と い う 時 に そ の 資 産 を 換 金 す る に し て も 、 手 に 人 れ る こ と の で き 037

定年時に資産1億円を築く 30代サラリーマンのマンション経営入門


定 年 時 に 資 産 1 億 円 を 築 く 30 代 サ ラ リ ー マ ン の マ ン シ ョ ン 経 営 入 門 2015 年 1 1 月 30 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 人 発 行 元 ・ 発 ヮ 匸 フ 匸 相 田 健 一 郎 久 保 田 貴 幸 株 式 会 社 幻 冬 舎 メ デ ィ ア コ ン サ ル テ ィ ン グ 〒 1 51-0051 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 4-9 ー 7 電 話 03-5411 ー 6440 ( 編 集 ) 株 式 会 社 幻 冬 舎 〒 151 ー 0051 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 4 ー 9 ー 7 電 話 03 ー 541 1 ー 6222 ( 営 業 ) 印 刷 ・ 製 本 日 経 印 刷 株 式 会 社 検 印 廃 止 @KEN ℃ H 旧 O AIDA, GENTOSHA MEDIA CONSULTING 2015 Printed in Japan B N 978 ー 4 ー 344 ー 97369-5 C 2033 幻 冬 舎 メ デ ィ ア コ ン サ ル テ ィ ン グ H P http://www.gentosha-mc.com/ ※ 落 丁 本 、 乱 丁 本 は 購 入 書 店 を 明 記 の う え 、 小 社 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 ※ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 著 作 者 の 承 諾 を 得 ず に 無 断 で 複 写 ・ 複 製 す る こ と は 禁 じ ら れ て い ま す 。 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。

月刊 新聞ダイジェスト 2015年11月号


財 務 省 は 4 日 、 平 成 年 度 財 政 投 融 資 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 計 画 の 要 求 総 額 を 発 表 し た 。 前 年 度 当 初 訳 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 ( = = 男 4 4 4 0 0 っ 1 4 8 9 ー 【 .0 9 内 特 四 【 ワ 0 0 ー 1 り 0 01-0 8 【 0 4 018 つ ん 1 ・ 1 % 減 の 兆 4674 億 円 詒 円 減 計 画 比 1 8 9 4 9 朝 4 の ち 1 減 続 で 、 3 年 連 続 の 減 額 要 求 と な っ た 。 財 政 月 う 3 3 の 庁 丿 連 融 資 部 門 の 要 求 額 は 3 ・ 1 % 減 の 間 兆 6 ら LO 8 0 0 4 8 一 . O ゥ ー 6 8 ワ -4 8 -1 っ 0 年 231 億 円 CD 1 4 一 4 9 93 4 6 戸 0 9 朝 -1 4 -1 6 は ( 算 資 、 産 業 投 資 部 門 は ・ 5 % 増 の 3928 特 枠 晒 思 円 額 要 陬 陬 陬 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 予 求 の 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 億 の 融 画 億 円 で 、 国 際 協 力 銀 行 ( hn—(-) ) を は LO 4 c: し り 乙 LO 一 -0 4 -4 C*-a 1 CD 6 CO 9 計 じ め と す る イ ン フ ラ 輸 出 支 援 へ の 資 金 供 0 00 8 4 00 【 ー ヴ ー 4 1 亠 -1 5 4 9 亠 = 国 の 2016 年 度 予 算 特 別 枠 も 事 実 上 、 ど ん な 予 算 1 投 度 ヴ ー 4 ー 行 ー 8 C.0 4 1 8 4 . 4- っ 0 . 4 在 又 イ - 7 イ - Ⅵ ク 7 ク ( 一 般 会 計 ) で 、 各 省 庁 の 算 要 求 も 受 け 付 け た 。 各 省 概 般 兆 の 一 9 【 90 1 政 年 給 拡 大 な ど が 要 求 額 を 押 し 上 け た 。 6 2 今 政 府 は 、 ア ジ ア の イ ン フ ラ 整 備 に 今 後 概 算 要 求 総 額 が 過 去 最 大 の が 例 年 要 求 す る 事 業 を 特 別 算 財 5 年 間 で 1100 億 ト ~ を 投 じ る 計 画 で 、 102 兆 4099 億 円 と な 枠 に 回 し 、 要 求 額 を か さ 上 予 ど 省 省 省 省 省 な う 計 こ な ど の 資 金 基 盤 を 強 化 し て 積 極 学 働 産 業 通 り 、 2 年 連 続 で 100 兆 円 け す る 例 も 後 を 絶 た な い 。 ( 産 経 9 ・ 5 ) 6 内 庁 省 省 省 省 科 労 水 産 交 省 省 に 6 債 = = 的 な 融 資 を 後 押 し す る 。 の 大 台 を 超 え た 。 安 倍 政 権 農 林 水 産 省 は 、 農 業 農 村 5 察 務 務 務 務 部 生 林 済 土 境 衛 策 算 国 合 2 内 警 総 法 外 財 文 厚 農 経 国 環 防 国 政 予 が 掲 け る 成 長 戦 略 や 地 方 創 整 備 事 業 費 と し て 、 年 度 の 支 援 を 受 け る 自 民 党 の 反 生 の 施 策 と し て 優 先 さ れ る 当 初 予 算 よ り 1 千 億 円 多 い 「 特 別 枠 」 は 、 要 求 で き る 4588 億 円 を 要 求 し た 今 年 度 当 初 予 算 は 、 概 算 年 度 当 初 予 算 か ら 社 会 保 障 発 が 予 想 さ れ る 。 ( 奈 良 部 健 ) ( 朝 日 9 ・ 5 ) 関 連 で 6748 億 円 の 増 額 上 限 近 く の 3 兆 8529 億 が 、 こ の う ち 1200 億 円 要 求 を 約 5 兆 円 削 り 、 兆 円 ま で 積 み 上 が っ た 。 超 を 特 別 枠 に 。 国 土 交 通 省 3420 億 円 。 財 務 省 は 年 を 要 求 し て お り 、 財 務 省 は 財 務 省 が 4 日 、 発 表 し の 庁 舎 整 備 費 の 一 部 ( 億 末 に か け 、 今 年 度 と 同 水 準 5 千 億 円 程 度 に 抑 え た い 考 た 。 総 額 が ふ く ら ん だ の 円 ) な ど 、 成 長 や 地 方 創 生 ま で 圧 縮 す る 考 え 。 カ ギ は え だ 。 2 年 に 1 度 の 診 療 報 は 、 政 権 が 歳 出 の 総 額 に 上 に つ な が る か 判 断 が っ か な 高 齢 化 で 増 え る 社 会 保 障 費 酬 改 定 が 焦 点 と な る が 、 来 の 削 減 だ 。 厚 生 労 働 省 は 、 今 夏 の 参 院 選 を 前 に 、 医 師 会 限 を 定 め な か っ た た め だ 。 い 施 策 も 含 ま れ て い る 。 概 算 要 求 最 大 兆 4 千 億 円 政 経 斉

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


政 一 治 m) と 連 携 し 、 民 間 事 業 に m—0) も 、 こ れ ま で よ り 増 さ せ る 。 る 。 4-+-qm は 資 本 金 10 お り 、 低 コ ス ト の イ ン フ 一 フ の 銭 失 い 」 と い う 言 葉 を 使 出 融 資 を 行 う 新 た な 仕 組 み も 積 極 的 に リ ス ク を 取 っ た ア ジ ア の イ ン フ ラ 需 要 は 00 億 を 目 標 に 創 立 メ ン 整 備 が 特 徴 に な る と 見 ら れ い な が ら 、 良 質 な イ ン フ ラ を 作 る 。 国 際 協 力 銀 行 (h 融 資 を 行 い 、 資 金 支 援 を 倍 年 間 8000 億 と さ れ バ ー 国 が 設 立 交 渉 を 進 め て る 。 安 倍 首 相 は 「 安 物 買 い の 重 要 性 を 強 調 し た 。 ( 読 売 5 ・ ) し た 衆 院 議 員 475 人 の 資 億 6520 万 円 。 相 続 な 位 は 神 佐 氏 ( 自 民 党 ) 国 会 議 員 の 資 産 公 開 リ ク ル 1 ト 事 件 な ど を 受 け て 199 万 円 産 報 告 書 が 日 、 国 会 議 員 ど で 前 回 か ら 2 億 円 余 り 資 で 9 億 6763 万 円 。 3 位 ロ 2 年 月 に 成 立 し た 資 産 公 開 法 に 基 づ く 。 国 会 議 員 は 当 選 時 に 土 地 ・ 建 物 、 預 金 、 れ た 。 共 同 通 信 の 集 計 で は 、 加 の 主 な 要 因 と な っ た 。 9856 万 円 。 上 位 川 人 を 畄 日 貸 付 金 、 借 入 金 な ど を 報 告 し 、 以 後 毎 年 、 増 氏 株 式 を 除 く 預 貯 金 な ど の 金 参 院 か ら の く ら 替 え を 含 自 民 党 議 員 が 独 占 し た 。 加 分 の 報 告 書 を 出 す 。 こ の ほ か 毎 年 、 前 年 1 融 資 産 と 土 地 、 建 物 を 合 わ む 新 人 議 員 人 の 平 均 は 1 政 党 別 の 1 人 当 た り 平 均 年 分 の 所 得 と 、 4 月 現 在 で 兼 業 や 顧 問 と し て 連 山 せ た 資 産 総 額 の 平 均 は 34 368 万 円 。 前 回 2291 資 産 は 、 公 開 対 象 が 小 沢 一 報 酬 を 受 け 取 っ て い る 会 社 名 を ロ す る 。 事 平 回 鳩 63 万 円 だ っ た 。 前 回 万 円 か ら 約 900 万 円 の 減 郎 共 同 代 表 ら 2 人 だ っ た 生 実 と 異 な る 報 告 を し て も 罰 則 は な い 。 員 産 13 年 5 月 の 公 開 時 と 比 べ と な っ た 。 女 性 議 員 の 平 均 活 の 党 が 1 億 903 万 円 で 議 首 院 て 233 万 円 多 く 、 2 回 連 は 1372 万 円 だ っ た 。 ト ッ プ 。 2 位 は 自 民 党 の 4 民 主 党 ( 1351 万 円 ) 、 公 の 資 産 を 比 較 す る と 、 生 活 衆 資 続 で 増 加 し た 。 首 位 は 鳩 山 1 億 円 以 上 の 資 産 が あ る 704 万 円 、 3 位 は 社 民 党 明 党 ( 915 万 円 ) 、 共 産 党 の 党 の 小 沢 一 郎 共 同 代 表 が 2 億 1491 万 円 で ト ッ プ 昨 年 月 の 衆 院 選 で 当 選 邦 夫 元 総 務 相 ( 自 民 党 ) の 議 員 は 幻 人 で 、 前 回 の 人 の 2490 万 円 。 以 下 は 次 ( 484 万 円 ) の 順 だ っ た 。 か ら 5 人 減 っ た 。 各 資 産 別 の 平 均 は 土 地 1 だ っ た 。 2 位 は 自 民 党 の 安 世 代 の 党 ( 1767 万 円 ) 、 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 標 の の 。 自 501 万 円 、 建 物 970 万 倍 晋 三 総 裁 ( 首 相 ) で 1 億 鳩 山 氏 に 続 く 資 産 総 額 2 維 新 の 党 ( 1700 万 円 ) 、 万 万 万 万 万 万 万 万 万 万 税 ど , た は 0 CO 6 1 6 ロ ー 00 4 4 円 、 預 貯 金 992 万 円 、 借 入 529 万 円 。 日 に 就 任 し つ ん ^ 0 LO 6 1 C'0 6 9 -1 0 課 な 託 し 自 8 叮 ー -1 6 ワ ー 0 9 9 6 6 9 L.n -1 CO 8 4- 1 1 人 税 債 信 入 の 金 1767 万 円 。 株 式 は 銘 た 維 新 の 党 の 松 野 頼 久 代 表 億 億 億 億 億 億 億 億 億 産 国 銭 五 党 移 . 沼 含 柄 と 株 数 の 公 開 で 、 所 有 す が 8578 万 円 で 3 位 に 入 9 6 4 4 3 2 2 2 2 資 く 金 捨 政 推 を 定 除 、 四 自 自 自 自 自 自 自 自 自 自 た 格 京 る 157 人 の う ち 鳩 山 氏 が っ た 。 と 固 を 金 を い 人 区 区 の 式 貯 台 な 像 小 沢 氏 は 2013 年 5 月 : 8 面 ( 保 有 株 式 数 で 最 多 だ っ た 。 0 ( 0 ー 8 ワ 」 1 2 物 株 預 円 ま 均 の 前 回 公 開 時 か ら 2127 ・ 図 の 岡 玉 道 岡 玉 京 葉 川 玉 阪 建 ( の 含 平 円 、 ど 性 間 は 万 円 資 産 が 増 え た 。 新 た に 産 、 の 幅 齔 幅 陳 仟 伏 地 な 期 て 金 。 資 田 党 首 ト ッ プ は 千 葉 県 勝 浦 市 に 土 地 と 建 土 金 定 し 入 略 額 夫 市 寿 郎 孝 郎 樹 也 生 章 は 貯 、 算 借 称 の 計 は 年 総 邦 佐 宏 太 義 一 員 卓 良 小 沢 氏 億 円 物 、 沖 縄 県 椪 に 建 物 額 預 券 合 、 敬 員 金 ど を 取 得 。 東 京 都 世 田 谷 区 な 総 、 証 。 金 。 議 資 山 山 木 生 藤 下 須 井 中 藤 産 額 価 計 付 党 院 な 日 に 公 さ れ た 衆 院 議 ど の 土 地 の 固 定 資 産 税 課 税 院 鳩 神 高 麻 新 鴨 白 平 田 左 資 準 有 合 貸 民 衆 衆 1 2 (') 4 5 6 7 8 9 員 の 資 産 報 告 書 で 政 党 党 首 標 準 額 も 上 が っ た 。 ニ : = ニ 平 均 像 1767 万 円 万 平 均 資 産 額 の 推 移

週刊東洋経済 2016 12.10


■ 売 り 上 げ に 占 め る 鉄 道 の 比 率 は 半 分 以 下 建 設 ・ そ の 他 8 % ン 」 は 、 逆 に 駅 ナ カ に ど ん ど ん 出 店 首 都 圏 と 関 西 で 不 動 産 開 発 を 本 格 化 な い の な ら ば 上 場 ( 0 ワ 」 化 ( 0 っ し て い る さ せ る 。 し な い 」 と 真 っ 向 ム っ 5 済 マ ン シ ョ ン 販 売 は 地 場 の 不 動 産 業 つ ま り 、 九 州 の 非 鉄 道 事 業 の か ら 対 立 。 最 終 的 し 産 者 を 抑 え て 九 州 で 首 位 だ 。 ま た 福 岡 強 さ と は 、 売 上 高 に 占 め る 比 率 の 高 に は 「 経 営 安 定 基 債 債 損 債 債 営 金 資 負 負 産 凍 市 内 に あ る 九 州 大 学 キ ャ ン パ ス 跡 地 さ で も 規 模 で も な く 、 エ リ ア や —æ 金 を 企 業 価 値 向 上 減 負 負 産 経 基 純 動 定 資 債 動 定 資 負 を 流 固 純 流 固 純 負 週 の 一 部 を 取 得 し 、 片 年 中 に マ ン シ ョ の 枠 組 み を 超 え た 積 極 性 だ と い う こ に 使 え ば 、 上 場 時 0 ) ( 0 つ 」 9 CO 0 ( 0 -4 8 ) 6 0 5 4 体 0 , 3 資 四 ン 販 売 の ほ か 、 商 業 施 設 を 開 業 す と が わ か る 。 の 売 却 益 が 増 え 一 0 生 d 単 4 ・ 0 る 。 さ ら に 今 年 8 月 に は 大 阪 市 中 央 九 州 が 上 場 す る に 当 た っ て 、 る 」 と い 、 つ こ と で 区 の 帝 人 本 社 ビ ル 、 Ⅱ 月 に は ・ 障 害 だ っ た の が 経 営 安 定 基 金 の 扱 い 国 に 返 さ ず 、 使 い 月 産 産 定 産 明 産 産 資 安 資 計 年 資 千 代 田 区 の オ フ ィ ス ビ ル を 取 得 し 、 で あ る 。 「 経 営 安 定 基 金 は も と も と 切 る 方 針 が 新 年 に 道 資 資 営 金 産 動 定 鉄 5 流 固 経 基 資 流 固 国 民 の 財 産 。 上 場 す 決 ま っ た 。 る な ら 国 に 返 納 し て 経 営 安 定 基 金 の 長 期 債 務 の 返 済 に 充 使 い 道 と し て 、 ま す は 九 州 新 幹 線 一 括 返 済 し て い る 。 当 す べ き 」 と い う 声 ( 鹿 児 島 ル 1 ト ) の 使 用 料 が 一 括 返 済 九 州 が 上 場 前 に 行 っ た 会 計 処 が 財 務 省 を 中 心 に 上 さ れ た 。 九 州 新 幹 線 は 全 国 新 幹 線 鉄 理 で 、 特 筆 す べ き 点 が も 、 つ 一 つ あ が っ て い た 。 道 整 備 法 に 基 づ い て 建 設 さ れ た 「 整 る 。 5215 億 円 も の 減 損 損 失 を 一 州 は 「 経 営 安 定 基 金 備 新 幹 線 」 。 線 路 な ど の 建 設 を 国 が 括 し て 計 上 し た こ と だ 。 を 返 さ な け れ ば い け 行 う 代 わ り に 、 年 102 億 円 の 使 用 資 産 の 一 括 減 損 で 料 が 国 に 支 払 わ れ る 。 鉄 道 事 業 の 黒 字 を 演 出 こ れ が 新 幹 線 事 業 の 足 か せ と な っ て い る 。 主 な も の は 、 長 期 前 払 い 費 用 と し 九 州 は 昨 年 度 て 資 産 計 上 さ れ た 新 幹 線 使 用 料 22 の 月 に 経 営 安 定 基 金 を 使 05 億 円 と 、 2824 億 円 の 鉄 道 事 字 っ て 将 来 に わ た る 新 業 固 定 資 産 で あ る 。 特 に 鉄 道 事 業 固 か 上 5 黒 ほ 売 に 幹 線 使 用 料 の 総 額 2 定 資 産 は 、 減 損 処 理 の 結 果 、 帳 簿 価 益 205 億 円 を 一 括 返 格 が わ す か 6 億 円 と 、 ほ ば ゼ ロ に な 済 。 年 102 億 円 の る 水 準 ま で 減 っ た ( 右 表 ) 。 業 営 使 用 料 が な く な り 、 こ の 結 果 、 当 面 の 鉄 道 事 業 の 減 価 結 ス 九 州 新 幹 線 は 高 収 益 償 却 費 は ほ ば ゼ ロ に な っ た 。 新 幹 線 の 使 用 料 も な く な っ た こ と か ら 、 緲 路 線 に 生 ま れ 変 わ っ 道 イ 事 た 。 こ の ほ か に 経 営 九 州 の 鉄 道 事 業 は 一 気 に 黒 字 体 質 へ 道 LO 0 0 LO 安 定 基 金 で 国 か ら の と 変 貌 し た ( 中 段 図 ) 。 炻 年 3 月 期 億 っ つ 」 イ ー 1 ー △ 1 1 鉄 0 借 入 金 800 億 円 も に 105 億 円 の 営 業 赤 字 だ っ た 鉄 道 J 日 九 州 ホ テ ル 新 幹 線 800 系 豪 華 観 光 列 車 「 な な っ 學 』 、 。 鉄 道 ( 運 輸 サ ー ビ ス ) 49 % 冫 月 い ・ 外 食 29 % 2016 年 9 月 期 1720 億 円 7 駅 ビ ル ・ 不 動 産 4 % JR 西 日 本 ・ JR 東 日 本 こ 9 や を 運 ・ 、 ( [email protected]輸① 2016 年 3 月 期 2017 年 3 月 期 ( 予 ) 建 設 駅 ビ ル ・ 流 通 ・ 外 食 そ の 他 不 動 産 1 , 1 10 1 , 969 ー う ち 鉄 道 . 、 事 業 資 産 : ・ 2 , 824 雪 7 , 402 ( 億 円 ) 1 , 233 う ち 鉄 道 : , 事 業 資 産 ー 資 産 計

ジュリスト 2016年 9月号


図 IDCF 事 件 の 概 略 図 ① 平 成 21 年 2 月 2 日 本 件 分 割 (IDCS に よ る IDCF の 新 設 分 割 ) 42 % ソ フ ト パ ン ク ヤ フ ー 未 処 理 欠 損 金 約 100 億 円 ( 平 成 21 年 3 月 末 償 却 期 限 ) 譲 渡 益 約 1 OO 億 円 の 発 生 IDCS 本 件 分 割 ( 分 割 資 産 等 約 15 億 円 に 対 し IDCF 株 式 1 15 億 円 ) ( ※ ) IDCF 資 産 調 整 勘 定 約 1 OO 億 円 の 発 生 ( ※ ) こ の 時 点 で ② の 本 件 譲 渡 1 が 計 画 さ れ て い た こ と に よ り , 適 格 分 割 の 要 件 で あ る 完 全 支 配 継 続 見 込 み 要 件 を 欠 く 状 態 と な り , 非 適 格 分 割 と な っ た 。 そ の 結 果 , IDCS に 譲 渡 益 が 発 生 し , IDCF に 譲 渡 損 に 対 応 す る 資 産 調 整 勘 定 が 発 生 し た 。 ② 平 成 21 年 2 月 20 日 本 件 譲 渡 1 (IDCS → ヤ フ ー IDCF の 発 行 済 株 式 全 部 の 譲 渡 ) 42 % ソ フ ト バ ン ク ヤ フ ー IDCF IDCS IDCF 本 件 譲 渡 1 資 産 調 整 勘 定 約 1 OO 億 円 0 、 0 浦 0 0 第 》 0 ) 0X3 : を ・ 込 を 、 ・ を を 、 を み 92 [ Jurist ] September 2016 / Number 1497

定年時に資産1億円を築く 30代サラリーマンのマンション経営入門


土 地 代 と 建 物 代 の 比 率 は 3 対 7 を 前 提 に 計 算 す る ー 1 年 目 に は お よ そ 万 円 の 赤 字 が 節 税 効 果 を 生 む ー ロ ー ン 返 済 を 早 め る 必 殺 技 、 「 繰 り 上 げ 返 済 」 を 活 用 ー ロ ー ン を 完 済 す れ ば 、 年 間 お よ そ y-oo 万 円 の 儲 け , ー 繰 り 上 げ 返 済 は 年 数 短 縮 型 で は な く 年 数 据 え 置 き 型 を ー 繰 り 上 げ 返 済 し て お け ば 早 い 段 階 で の 売 却 も 選 択 肢 に 想 定 売 却 額 が 購 入 価 格 を 下 回 っ て も 、 早 く に 借 入 残 高 が ゼ ロ に 節 税 効 果 と 繰 り 上 げ 返 済 を 資 産 形 成 に 生 か し て い く ー 自 己 資 金 ゼ ロ で も 資 産 1 億 円 を 築 く 資 産 形 成 法 と は ー 章 「 都 心 」 「 ワ ン ル ー ム 」 が 狙 い 目 ! 自 己 資 金 ゼ ロ か ら 始 め る 第 マ ン シ ョ ン 経 営 の 極 意 リ ス ク を 抑 え 込 み 、 相 対 的 に 高 い リ タ ー ン を 確 保 で き る ー 155 150 165 1 62 187 185 173