検索 - みる会図書館

全データから 210440件ヒットしました。

戦車男 タンクバトルと戦車乗り


教 範 の 『 歩 兵 操 典 』 な ど で も 、 『 對 戦 車 肉 薄 攻 撃 ハ 自 衛 ノ 為 行 フ 之 ガ 為 敵 戦 車 ノ 近 迫 ス ル ヲ 待 チ テ 攻 撃 ス ル ヲ 通 常 ト ス 状 況 ニ 依 リ 自 ラ 進 ン デ 攻 撃 ス ル コ ト ア リ 』 と し て い る ほ ど だ 」 太 郎 「 じ ゃ あ 、 む か し の 日 本 軍 な ん か で 使 用 し た 火 炎 瓶 と か 爆 薬 、 手 榴 弾 の 効 果 は ど う だ っ た ん ス か ? 戦 記 物 の 本 に は 『 靖 国 箱 』 と か 言 っ て 、 爆 薬 を 背 負 っ て 戦 車 の 下 に 潜 り 込 ん だ り す る 様 子 が あ っ た り す る よ ね 」 お じ さ ん 「 残 念 な が ら そ の 効 果 は き わ め て 限 定 的 な も の だ 。 そ の た め 、 旧 陸 軍 の 『 對 機 甲 戦 闘 動 作 教 育 上 ノ 参 考 』 に よ れ ば 、 ま ず 敵 戦 車 の 軌 道 つ ま り 履 帯 を 破 壊 し 、 停 止 し た 後 に 機 を 失 す る こ と な く 撃 破 す る こ と を 主 眼 と し て い た よ う だ な 。 か っ て の ノ モ ン ハ ン な ど で は 火 炎 瓶 に よ る 攻 撃 が 効 果 を 挙 げ た ん だ が 、 こ れ は 当 時 の 戦 車 が ガ ソ リ ン エ ン ジ ン だ っ た た め だ 。 デ ィ ー ゼ ル 機 関 が 一 般 的 な 現 代 の 戦 車 に 対 し て は 、 損 傷 を あ た え る こ と は 可 能 で あ っ て も 撃 破 す る ま で に は 至 ら な い の だ よ 。 だ け ど 前 に 説 明 し と お り 、 戦 車 の 視 界 や 射 界 は 制 限 さ れ て い る 。 そ こ で 、 そ の 死 角 を う ま く 利 用 す る の さ 」 太 郎 「 え 5 、 そ ん な の 無 理 だ ! 戦 車 に は た い て い 歩 兵 が く つ つ い て い る じ ゃ な い ス か ー 占 お じ さ ん 「 そ う 反 論 す る と 思 っ た よ 。 た し か に そ の と お り だ 。 孤 立 化 し た 戦 車 や 走 行 不 能 と な っ の 戦 て い る 戦 車 で あ れ ば 比 較 的 攻 撃 し や す い け ど 、 そ う で な け れ ば な か な か 難 し い だ ろ う 。 だ が 、 あ き 椒 ら め る の は ま だ 早 い 。 随 伴 歩 兵 が 戦 車 と 分 離 し た 好 機 を 利 用 す れ ば 、 戦 車 に 接 近 で き る か も 知 れ な 王 の し 陸 も ち ろ ん 、 そ の 攻 撃 に あ た っ て は 戦 車 を 停 止 さ せ る か 、 そ の 速 度 を 低 下 さ せ る こ と が 重 要 だ 。 そ

対戦車道① ~復刻『対戦車戦闘の参考』(上)~


第 五 戦 車 殲 滅 隊 歩 兵 聯 ( 大 ) 隊 、 エ 兵 聯 隊 等 に あ り て は 、 戦 車 殲 滅 隊 を 編 制 し 之 に 所 要 の 対 戦 車 戦 闘 資 材 等 を 装 備 し 敵 戦 車 の 撃 滅 を 図 る を 可 と す 。 歩 兵 作 業 中 ( 小 ) 隊 は 之 を 前 項 の 任 務 に 充 当 す る を 可 と す 。 第 ~ ハ 対 戦 車 戦 闘 及 び 余 裕 資 材 の 差 異 に 依 る 着 意 各 部 隊 の 対 戦 車 装 備 及 び 保 有 資 材 は 極 め て 区 々 な り 。 故 に 各 部 隊 は 当 面 の 状 況 就 中 敵 戦 車 の 状 態 、 資 材 の 現 況 等 に 応 じ 創 意 工 夫 を 凝 ら し 、 以 て 対 戦 車 能 力 を 最 大 に 発 揮 せ ざ る べ か ら ず 。 こ の 際 大 い に 爆 薬 及 び 煙 を 活 用 し あ る い は 威 力 十 分 な ら ざ る 資 材 を 結 束 使 用 し 、 ま た は 現 地 資 材 を 巧 み に 利 用 す る 等 の 着 意 特 に 緊 要 な り 。 第 七 各 級 指 揮 官 の 着 意 大 東 亜 戦 下 対 戦 車 戦 闘 に 必 勝 を 期 す る た め 各 級 指 揮 官 は 対 戦 車 戦 闘 の 諸 準 備 就 中 訓 練 を 普 遍 深 刻 且 っ 精 到 な ら し む る と 共 に 、 特 に 限 り あ る 対 戦 車 資 材 の 活 用 及 び 前 送 補 給 に 遺 憾 な か ら し む る を 要 す 。 第 八 教 育 訓 練 上 の 着 意 一 、 決 死 肉 攻 を 敢 行 す る 為 に は 、 強 烈 な る 攻 撃 精 神 と 旺 盛 な る 責 任 観 念 と を 必 要 と す 。 一 兵 の 決 死 体 当 た り は 、 克 く 戦 勢 を 左 右 す る を 銘 心 し 、 行 往 坐 臥 の 間 精 神 要 素 の 涵 養 を 図 る 二 、 兵 種 及 び 分 ( 特 ) 業 の 区 分 を 問 わ ず 、 全 員 に 教 育 す る を 要 す 。 蓋 し 対 戦 車 戦 闘 は 好 む

戦車男 タンクバトルと戦車乗り


積 極 的 に 戦 闘 可 能 な の が だ 。 だ か ら 、 よ り も 強 力 な 武 装 を 装 備 し て い る の が 普 通 で ね 。 と こ ろ で 、 か っ て は ひ と く ち に 戦 車 と 言 っ て も 、 対 空 戦 車 も あ れ ば 架 橋 戦 車 も あ り と い っ た よ う に 、 戦 車 の 車 体 を 流 用 し た 装 軌 式 支 援 車 輌 も 『 〇 〇 戦 車 』 と 称 し て い た ん だ 。 現 在 で は 、 そ れ ぞ れ 『 自 走 高 射 ( あ る い は 対 空 ) 機 関 砲 』 『 自 走 架 橋 』 と 称 す る よ う に な っ た し 、 火 炎 放 射 戦 車 な ど は ベ ト ナ す た ム 戦 後 に 廃 れ て し ま っ た 」 太 郎 「 戦 車 に も 、 そ ん な に 種 類 が あ っ た ん で す か 」 お じ さ ん 「 う ん 。 戦 後 し ば ら く 各 国 の 戦 車 は 、 そ の 重 量 に よ っ て 『 中 戦 車 』 『 重 戦 車 』 な ど と 区 分 さ れ た り し て い て ね 。 ま あ 、 国 に よ っ て そ の 重 量 区 分 は 異 な っ て い た け ど な 。 だ け ど 現 在 で は 、 『 軽 戦 車 』 以 外 の 戦 車 は 一 般 的 に 『 e Ⅱ メ イ ン ・ バ ト ル ・ タ ン ク ( 主 力 戦 車 ) 』 と し て 呼 称 は ほ ほ 統 一 さ れ て い る 。 む か し は 乗 員 が 二 名 で 軽 戦 車 よ り も 小 型 の 『 豆 戦 車 』 と い う 区 分 も あ っ た が 、 現 在 は ド イ ツ 連 邦 軍 の ヴ ィ ー ゼ ル 偵 察 戦 闘 車 が そ れ に 相 当 す る く ら い で 、 す っ か り 廃 れ て し ま っ た 。 ち な み に 、 自 衛 隊 で は を 『 主 戦 闘 戦 車 』 な る ヘ ン テ コ リ ン な 呼 称 を し て い る け ど 、 こ れ は 単 に 直 訳 し た だ け な ん だ ろ う 。 戦 車 は 文 字 通 り 『 戦 う 車 』 で 、 戦 闘 す る の は 当 た り 前 だ 。 こ れ を わ ざ わ ざ 『 主 ・ 戦 闘 戦 車 』 と 呼 ぶ の は 、 お じ さ ん に は 奇 異 に 感 じ る の だ が ね ー せ ん し や マ ン 戦 車 の 操 縦 か ら 射 撃 ま で 。 陸 自 戦 車 男 の 教 育 訓 練 お じ さ ん 「 二 等 陸 士 と し て 陸 上 自 衛 隊 に 入 隊 す れ ば 、 新 隊 員 教 育 を 受 け る こ と に な る 。 そ の 教 育 は 、 敬 礼 動 作 な ど の 基 本 教 練 や 小 銃 の 分 解 結 合 な ど 、 自 衛 官 と し て の 基 礎 を 学 ぶ 『 前 期 教 育 』 と 、

戦車男 タンクバトルと戦車乗り


も ふ く ま れ て い る し 、 演 習 参 加 車 輌 の 総 数 に は 、 ト ラ ッ ク や ジ ー プ な ど の 非 戦 闘 車 輌 も ふ く ま れ て い た が ね 。 さ て 、 防 御 側 で あ る 青 軍 は 、 縦 深 に わ た っ て 構 築 さ れ た 対 戦 車 障 害 と 、 巧 妙 に 偽 装 ・ 隠 蔽 さ れ た 陣 地 に 対 戦 車 火 器 を 分 散 配 置 し 、 敵 部 隊 の 攻 撃 を い ま か い ま か と 待 っ て い た 。 一 方 、 戦 車 と <æo を 中 心 と す る 攻 撃 側 の 赤 軍 は 、 こ れ ま た 入 念 な 偽 装 を ほ ど こ し た う え で 攻 撃 開 始 の 命 令 を 待 っ て い た 。 青 軍 の 構 築 し た 陣 地 は た つ ぶ り と 時 間 を か け て 準 備 し た こ と も あ っ て 、 演 習 前 の 見 積 も り で は 防 御 側 は そ こ そ こ 善 戦 す る の で は 、 と 期 待 さ れ て い た ん だ 。 と こ ろ が 蓋 を 開 け て み れ ば 、 そ の 結 果 は 予 想 に 反 し た も の と な っ た 。 な ん と 、 演 習 が 状 況 開 始 と な っ て わ ず か 十 七 分 で 青 軍 の 防 衛 線 が 突 破 さ れ て し ま っ た の だ 。 し か し 冷 静 に 考 え て み れ ば 、 こ の 結 果 も 無 理 は な い だ ろ う な 。 な に せ 青 軍 の 構 築 し た 対 戦 車 障 害 は 、 単 に 対 戦 車 壕 を 掘 開 し た 際 に 生 じ る 残 土 を 利 用 し 、 盛 土 を 固 め た も の に す ぎ な か っ た か ら だ 。 こ れ が 実 戦 で は 、 丸 太 を 土 中 に 埋 め た 上 で 有 刺 鉄 線 を 張 り 巡 ら せ た り 、 鋼 材 や テ ト ラ ボ ッ ト な ど を 用 い る と こ ろ な の だ が 、 国 民 の 血 税 で 調 達 し た 高 価 な 戦 闘 車 輌 を 平 時 の 演 習 で 損 傷 さ せ る わ け に は い か ん 。 そ の た め 防 御 側 で あ る 青 軍 の 対 戦 車 障 害 も 、 中 途 半 端 な も の と な っ て し ま っ た 感 が あ る 。 青 軍 は 、 対 戦 車 障 害 に 引 っ 掛 か っ て 停 止 し た と こ ろ を 対 戦 車 火 器 の 集 中 射 撃 で 撃 破 し よ う と 目 論 ん だ の だ ろ う が 、 そ れ を あ っ さ り と 突 破 さ れ て は ど う し よ う も な い な 」 太 郎 「 戦 車 な ど が 損 傷 し て も か ま う も の か 、 と 本 気 に な っ て 対 戦 車 障 害 を 構 築 し て い た ら 、 こ の 対 機 甲 演 習 の 結 果 も 違 っ た も の と な っ て い た で し よ う ね 186

対戦車道① ~復刻『対戦車戦闘の参考』(上)~


対 戦 車 戦 闘 の 参 考 目 次 第 一 篇 対 戦 車 兵 器 、 資 材 の 性 能 及 び 取 扱 第 二 篇 肉 攻 通 則 第 一 章 各 種 資 材 を 以 て す る 肉 攻 要 領 第 二 章 肉 攻 用 掩 体 第 三 篇 対 戦 車 戦 闘 法 第 一 章 歩 兵 分 隊 の 戦 闘 要 則 分 隊 の 攻 撃 要 領 肉 攻 組 の 攻 撃 要 領 第 二 章 挺 身 奇 襲 に よ る 攻 撃 要 則 潜 進 攻 撃 待 伏 攻 撃 第 三 章 歩 兵 砲 及 び 砲 兵 の 対 戦 車 射 撃 要 則 五 三 九 四 三 六 〇 ( 以 下 は 続 刊 に て 収 録 予 定 )

戦車男 タンクバトルと戦車乗り


い ま だ に 有 効 な 対 戦 車 地 雷 あ る い は サ ス ペ ン シ ョ ン と い っ た 部 分 に 限 定 さ れ 、 乗 員 も 戦 死 す る こ と は な い よ な 。 し か も 、 機 動 不 能 と な っ た と こ ろ で 戦 車 砲 な ど の 射 撃 は 可 能 だ か ら 、 戦 闘 力 を 奪 う ま で に は 至 ら な い 。 戦 車 の 外 部 に 予 備 の 履 帯 を 搭 載 し て い れ ば 、 そ れ を 用 い て そ の 場 で 修 理 可 能 で も あ る 。 と こ ろ が 、 近 年 の 対 戦 車 地 雷 は 磁 気 感 応 式 な ど の よ う に 、 直 接 戦 車 が 踏 み 付 け な く と も 爆 発 す る 構 造 と な っ て い た り す る か ら 、 じ つ に 厄 介 な ん だ 。 も ち ろ ん 破 壊 力 も 向 上 し て い て 、 車 体 底 部 の 装 甲 板 を 貫 徹 し て 戦 闘 室 内 部 に ま で 被 害 を お よ ば す ど こ め る だ ろ か 、 場 合 に よ っ で 作 て は 戦 車 砲 の 搭 載 用 た ル 弾 薬 が 誘 爆 し て 完 に 全 に 破 壊 さ れ る こ 地 物 凍 実 と も あ り 得 る の だ 対 が 演 な 式 し こ 、 つ な る と 乗 員 七 爆 は 負 傷 し て 戦 闘 不 能 ど こ ろ か 最 悪 の 場 合 、 戦 死 す る 4 107

対戦車道① ~復刻『対戦車戦闘の参考』(上)~


■ 上 巻 巻 末 コ ラ ム ・ 肉 攻 の 意 味 は 肉 迫 攻 撃 ー 「 肉 攻 」 と い う 言 葉 は 、 本 書 の 原 史 料 だ け に 限 ら ず 、 当 時 の 書 物 な ど を 読 ん で も し ば し ば 登 場 し ま す 。 そ の た め 、 広 く 知 ら れ て は い る の で す が 、 案 外 勘 違 い を し て い る 方 も 多 い よ う で す 。 そ れ は 「 肉 攻 」 「 肉 弾 攻 撃 」 と い う 誤 解 。 も ち ろ ん 、 本 書 で も 最 初 に 書 い て あ り ま す が 「 肉 迫 攻 撃 」 の 略 で 「 肉 攻 」 な の で す 。 肉 攻 は つ ま り 「 決 死 攻 撃 」 で は あ り ま し た が 、 「 必 死 攻 撃 」 で は な か っ た 、 と い う わ け な ん で す ね 。 一 応 。 あ く ま で 「 一 応 」 で す が 。 そ も そ も な せ 「 肉 攻 」 が 日 本 陸 軍 で 重 視 さ れ る よ う に な っ た か と い い ま す と 、 皆 さ ん も ご 承 知 と 思 い ま す が 、 主 力 対 戦 車 兵 器 で あ る 「 対 戦 車 砲 」 に ロ ク な も の が な か っ た か ら 、 も っ と い え ば 、 最 大 の 対 戦 車 兵 器 た る 「 よ り 強 い 戦 車 」 「 敵 戦 車 に 伍 し て 戦 え る 戦 車 」 が な か っ た か ら と い う こ と に 他 な り ま せ ん 。 実 際 、 昭 和 十 五 年 制 定 の 歩 兵 の 基 礎 マ ニ ュ ア ル で あ る 「 歩 兵 操 典 」 で は 、 附 録 と し て 「 対 戦 車 肉 迫 攻 撃 」 と い う 項 目 が あ り ま す 。 そ こ に は こ う あ り ま す 。 第 一 対 戦 車 肉 迫 攻 撃 は 自 衛 の た め に 行 う 。 之 が 為 敵 戦 車 の 近 迫 す る を 待 ち て 攻 撃 す る を 通 常 と す 。 状 況 に 依 り 自 ら 進 ん で 攻 撃 す る こ と あ り 。 実 は こ の 歩 兵 操 典 附 録 に 収 録 さ れ た 「 対 戦 車 肉 迫 攻 撃 」 は 本 書 原 典 の 「 対 戦 車 戦 闘 の 参 考 」 の 基 礎 に も な っ て い ま す 。 多 く の 内 容 は 共 通 し て い る の で す が 、 こ の 「 第 一 」 の 最 初 、 「 対

対戦車道① ~復刻『対戦車戦闘の参考』(上)~


対 戦 車 戦 闘 の 参 考 総 則 第 一 対 戦 車 戦 闘 の 本 旨 現 戦 局 下 に 於 け る 対 戦 車 戦 闘 は 、 そ の 主 体 を 肉 迫 攻 撃 ( 以 下 肉 攻 と 略 称 す ) と し 、 透 徹 せ る 訓 練 に 依 り 皇 軍 独 自 の 必 殺 体 当 た り 戦 法 を 敢 行 す る を 本 旨 と す 。 第 一 一 肉 攻 必 成 の 状 況 作 為 肉 攻 を 主 体 と す る 対 戦 車 戦 闘 に あ り て は 、 全 隊 対 戦 車 戦 闘 を 実 施 す る の 概 を 以 て 一 般 火 力 、 対 戦 車 火 力 、 肉 攻 等 諸 種 の 戦 力 を 統 合 発 揮 し て 敵 の あ ら ゆ る 妨 害 を 破 摧 し 以 て 肉 攻 必 成 の 状 況 を 作 為 す る こ と 極 め て 緊 要 な り 。 第 三 奏 功 の た め の 精 神 的 要 素 対 戦 車 戦 闘 、 就 中 ( な か ん づ く ) 肉 攻 は 沈 着 豪 胆 、 献 身 殉 国 の 大 義 に 徹 し て 決 死 敢 行 し 、 初 め て 奏 功 を 期 し 得 る も の と す 。 第 四 各 兵 種 の 対 戦 車 戦 闘 力 歩 、 エ 兵 は 肉 攻 の 主 体 と な り 常 に 対 戦 車 戦 闘 を 実 行 し 得 る を 要 す 。 特 に 歩 兵 一 般 分 隊 は 火 力 、 白 兵 力 の ほ か 各 種 資 材 の 活 用 な ら び に 創 意 に 依 り 、 肉 攻 力 を 具 備 せ し む る こ と 緊 要 な り 。

戦車男 タンクバトルと戦車乗り


こ で だ 、 自 然 の も の だ ろ う が 人 工 物 で あ ろ う が 、 障 害 物 と な り そ う な 資 材 を 事 前 に 準 備 す る ん だ 。 こ の 際 、 煙 幕 な ど の 手 段 が 併 用 可 能 な ら ば な お 良 い な 。 前 に 説 明 し た 對 機 甲 戦 闘 動 作 教 育 上 ノ 参 考 て っ ぽ う で は 、 『 木 桿 若 シ ク ハ 鐵 棒 ニ ョ ル 攻 撃 』 と し て 、 履 帯 と 起 動 輪 も し く は 誘 導 輪 の 間 に 、 木 桿 や 鐵 棒 え ん び あ る い は 円 匙 を 差 し 込 ん で 戦 車 の 停 止 を 図 る 要 領 を 記 述 し て い る 」 太 郎 「 エ ン ピ っ て な ん ス か ? お じ さ ん 「 ス コ ッ プ だ よ 。 現 在 の 自 衛 隊 で は 『 戦 闘 シ ャ ベ ル 』 と か 『 携 帯 シ ャ ベ ル 』 と 呼 ん で い な ま る け ど 、 隊 員 間 の 通 称 は 『 円 び 』 だ 。 本 来 は 『 エ ン シ 』 と 発 音 す る の が 正 し い が 、 そ れ が 訛 っ た も の で ね 。 旧 軍 が 消 滅 し て 五 年 間 の 空 白 が あ っ た 陸 自 で も 、 旧 軍 用 語 が 生 き て い る と い う こ と さ 。 ま あ と に か く 、 敵 戦 車 の 足 周 り に 棒 っ 切 れ な り 円 匙 な り を 突 っ 込 ん で で も 停 め ろ 、 と い う わ け だ な 。 で 、 そ れ ら も 準 備 で き な い 場 合 は ど う す る か 。 潜 望 鏡 な ど の 光 学 視 察 装 置 や 暗 視 装 置 、 砲 塔 部 に こ れ ら の 部 分 は 、 小 火 器 そ な え ら れ た 予 備 燃 料 の 携 行 缶 と か 、 戦 車 の 脆 弱 部 を 射 撃 す る し か な い 。 で も 破 壊 す る こ と が 可 能 だ 。 こ の よ う に 、 手 元 に 満 足 な 対 戦 車 火 器 が な か っ た ら 、 敵 戦 車 に 察 知 さ れ る こ と な く 接 近 し て 、 こ れ ら の 手 段 を 使 っ て 攻 撃 す る し か な い の だ よ 戦 車 の 天 敵 、 攻 撃 へ リ コ プ タ ー お じ さ ん 「 弱 肉 強 食 の 自 然 界 で は 生 物 に 天 敵 が 存 在 す る よ う に 、 軍 事 の 世 界 に お け る 各 種 兵 器 に も 天 敵 が 存 在 す る 。 も ち ろ ん 、 戦 車 な ど の 、 つ ま り 戦 闘 装 甲 車 輌 に も 天 敵 は 存 在 す る の だ 」 太 郎 「 戦 車 に と っ て 天 敵 の 最 右 翼 と 言 え ば 、 対 戦 車 ミ サ イ ル を 装 備 し た 攻 撃 へ リ コ プ タ ー で し

戦車男 タンクバトルと戦車乗り


一 般 的 な 陸 自 の 戦 車 部 隊 で あ れ ば 、 中 隊 も し く は 小 隊 単 位 で 普 通 科 部 隊 を 増 強 し 、 特 科 部 隊 や 施 設 科 部 隊 、 航 空 科 部 隊 な ど と と も に 諸 職 種 連 合 部 隊 と し て 機 動 的 に 使 用 さ れ る 。 つ ま り 、 主 役 は 機 械 化 さ れ た 普 通 科 部 隊 で あ っ て 、 こ の 場 合 の 戦 車 は 歩 兵 支 援 が 主 た る 任 務 と な る わ け だ 。 こ れ に 対 し て 、 第 七 師 団 隷 下 の 戦 車 連 隊 は 少 々 事 情 が 異 な っ て ね 。 第 七 師 団 の 普 通 科 連 隊 は 、 八 九 式 装 甲 戦 闘 車 に よ っ て 、 す で に 装 甲 防 護 力 と 機 動 力 を 付 与 さ れ て い る 。 し か も 、 限 定 的 な が ら 自 前 で 火 力 も そ な え て い る 。 さ ら に 、 他 の 師 団 等 に 比 べ て 対 戦 車 部 隊 の 装 備 に も 恵 ま れ て い る 。 こ れ に よ り 第 七 師 団 の 戦 車 連 隊 は 、 状 况 に よ っ て は 対 戦 車 戦 闘 に 専 念 で き る と い う も の だ ろ う 」 も し 、 北 鮮 軍 の }-- ー と 戦 わ ば : 太 郎 「 と こ ろ で お じ さ ん 、 も し 北 朝 鮮 軍 の ー と 七 四 式 戦 車 が 交 戦 す る と し た ら 、 ど ん な 様 相 に な る ん だ ろ う ? 軍 事 雑 誌 に は 『 楽 勝 だ 』 っ て 書 い て い た け ど 」 わ お じ さ ん 「 う ん 、 ま あ 北 が 保 有 す る e ー / や ー 能 ク ラ ス で あ れ ば 、 七 四 式 戦 車 で も 充 分 に 対 処 可 能 だ ろ 、 つ 。 北 朝 鮮 軍 の 重 装 備 揚 陸 能 力 を 考 え な い と し て の 話 だ が な 。 可 能 性 か ら 言 え ば 、 ま の 時 代 は 戦 車 戦 が 生 起 す る よ り 、 ー 2 コ ル ト に よ る 特 殊 部 隊 浸 透 作 戦 の ほ う が よ り 現 実 的 の 太 郎 「 あ 、 そ れ 知 っ て る ! < ー 2 っ て 古 臭 い 複 葉 機 だ よ ね 。 自 分 は 、 ヒ コ ー キ に 関 し て は 戦 」 車 以 上 に 無 知 だ け ど 、 そ ん な 旧 式 な の が 現 代 戦 に 役 立 っ と は 思 え な い な あ 」 お じ さ ん 「 い や い や 、 旧 式 だ と 侮 っ て は い か ん 。 小 型 で 低 速 な 航 空 機 だ け に 、 レ ー ダ ー の 覆 域 外 1 引