検索 - みる会図書館

全データから 140453件ヒットしました。

小説トリッパー 2013年秋季号


湊 か な え ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 四 年 『 告 六 歳 は セ ッ ク ス の 齢 」 で ー 絽 文 学 賞 読 者 『 花 鳥 の 夢 』 ほ か 。 賞 受 賞 。 著 書 に 『 こ こ は 退 屈 迎 え に 来 て 』 。 白 』 で 本 屋 大 賞 、 肥 年 「 望 郷 、 海 の 星 ー 吉 田 大 助 ◎ 行 年 生 ま れ 。 ラ イ タ ー で 日 本 推 理 作 家 協 会 賞 短 編 部 門 受 賞 。 著 ヤ マ ダ ト モ コ ◎ 年 生 ま れ 。 マ ン ガ 研 究 書 に 『 少 女 』 『 夜 行 観 覧 車 』 『 サ フ ァ イ ア 』 鷲 田 清 一 ◎ 年 生 ま れ 。 哲 学 者 。 年 『 白 ゆ き 姫 殺 人 事 件 』 『 母 性 』 『 望 郷 』 ほ か 。 者 、 日 本 マ ン ガ 学 会 理 事 。 手 塚 治 虫 文 化 賞 選 考 委 員 。 共 著 に 『 マ ン ガ の 居 場 所 』 。 『 モ 1 ド の 迷 宮 』 で サ ン ト リ ー 学 芸 賞 、 肥 村 田 喜 代 子 ◎ 菊 年 生 ま れ 。 作 家 。 的 年 『 龍 年 『 「 ぐ す ぐ ず 。 の 理 由 』 で 読 売 文 学 賞 受 秘 御 天 歌 』 で 芸 術 選 奨 文 部 大 臣 賞 、 川 年 山 本 兼 一 ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 『 火 賞 。 著 書 に 『 だ れ の た め の 仕 事 』 『 「 待 っ 」 『 故 郷 の わ が 家 』 で 野 間 文 芸 賞 受 賞 。 著 書 天 の 城 』 で 松 本 清 張 賞 、 年 『 利 休 に た と い う こ と 』 『 〈 ひ と 〉 の 現 象 学 』 、 共 著 に に 『 人 が 見 た ら 蛙 に 化 れ 』 『 あ な た と 共 に ず ね よ 』 で 直 木 賞 受 賞 。 著 書 に 『 銀 の 島 』 『 臨 床 と こ と ば 』 ほ か 。 逝 き ま し よ う 』 『 縦 横 無 尽 の 文 章 レ ッ ス ン 』 『 ゅ う じ よ こ う 』 ほ か 。 氏 載 昌 休 森 晶 麿 ◎ 四 年 生 ま れ 。 作 家 。 Ⅱ 年 『 黒 猫 在 沢 は の 遊 歩 あ る い は 美 学 講 義 』 で ア ガ サ ・ ク 大 リ ス テ ィ ー 賞 受 賞 。 著 書 に 『 ホ テ ル ・ モ 1 占 ハ リ ス 』 ほ か 。 差 説 氏 森 山 大 道 ◎ 年 生 ま れ 。 写 真 家 。 写 真 集 カ に 『 何 か へ の 旅 1971 ー 1974 』 『 カ ラ 1 』 山 『 モ ノ ク ロ 1 ム 』 ほ か 。 美 亜 よ す 南 来 ま 江 去 し 山 内 マ リ コ ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 「 十 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 冬 季 号 は 、 2013 年 月 衵 日 ( 水 ) 発 売 予 定 で す 。 週 刊 朝 日 別 冊 小 説 ト リ ッ パ ー 2013 年 秋 季 号 発 行 日 2013 年 9 月 日 定 価 80 円 ( 本 体 857 円 ) 発 行 人 市 川 裕 一 編 集 長 長 田 匡 司 発 行 所 朝 日 新 聞 出 版 〒 1 - 11 東 京 都 中 央 区 築 地 5-3-2 電 話 03 ー 5 図 1 ー 32 ( 編 集 ) 03 巧 図 g7793 ( 販 売 ) 本 誌 掲 載 記 事 の 無 断 転 載 を 禁 じ ま す ◎ 朝 日 新 聞 出 版 2013 バ ッ ク ナ ン バ ー の お 求 め に つ い て [ 注 文 方 法 ] 最 寄 り の 書 店 か A S A ( 朝 日 新 聞 販 売 所 ) ま で ご 注 文 く だ さ い 。 小 社 か ら 直 送 を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 の 「 朝 日 新 聞 出 版 ・ 出 版 業 務 部 直 販 担 当 」 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 TEL : 03 ー 5540 ー 7793 ( 営 業 時 間 は 平 日 10 ~ 18 時 と な っ て お り ま す ) ※ 小 社 よ り 直 送 の 場 合 、 送 料 が 別 途 必 要 に な り ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 保 存 期 間 は 基 本 的 に 発 売 日 か ら 1 年 で す 。 執 筆 者 紹 介 452

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


小 説 幻 冬 12 2016 幻 冬 舎

図書館の学校 2013年 秋号


友 の 会 「 図 書 館 の 学 校 」 入 会 の ご 案 内 当 財 団 の 活 動 に 賛 同 い た た い た 方 に , 入 会 い た た く ク 友 の 会 で す 。 活 動 の 報 告 や 図 書 館 に 関 わ る さ ま ざ ま な 情 報 を 提 供 す る た め に 本 誌 を 年 4 回 お 届 け し ま す ( 定 期 購 読 よ り も お 得 で す ) 。 ま た 、 会 員 様 に は 当 財 団 で 主 催 す る 事 業 へ の 参 加 募 集 を い た し ま す 。 年 会 費 ( 個 人 ・ 団 体 と も ) 3000 円 ( 1 ロ ) 1 口 に つ き 1 冊 本 誌 を お 届 け し ま す 。 ( 4 ロ 以 上 の お 申 込 み に 対 し て は 、 3 冊 ま で と さ せ て い た だ き ま す ) お 申 込 み の 方 法 当 財 団 の ウ エ プ サ イ ト 「 新 規 登 録 の ご 案 内 」 (http://www.toshokan.0「.jp/membe「、) し よ 、 り 气 入 会 フ ォ ー ム に ご 記 入 く だ さ い く わ し く は 当 財 団 の ウ エ プ サ イ ト を ご 覧 く だ さ い 編 集 後 記 人 に ' 夢 ク か あ る よ , つ に 、 図 書 館 に も 図 書 館 活 動 を 工 夫 す る ク 夢 ク が あ る ( は す ) 。 し か し 、 ク 夢 ツ の 実 現 に は 、 常 に 経 費 の 壁 に 突 き 当 た る 。 ク 夢 〃 を 実 現 し て い た だ く た め に 、 当 財 団 は 創 設 時 か ら 、 財 団 の 運 営 費 の 約 % を 出 資 す る 公 募 型 の 「 図 書 館 振 興 助 成 」 事 業 を 推 進 し て き た 。 原 資 に 限 り が あ る だ け に 、 よ り 有 効 な 助 成 事 業 の 在 り 方 を 考 え た く 、 こ れ ま で の 助 成 事 業 を 振 り 返 っ て み ま し た 。 夢 の 実 現 に 、 応 募 を お 待 ち し て い ま す 。 常 任 理 事 石 川 徹 也 今 号 よ り 、 牟 田 に 代 わ り 制 作 担 当 と な り ま し た 奥 村 で す 。 財 団 に 配 属 さ れ て か ら ま だ 1 年 あ ま り 。 財 団 の 仕 事 も 勉 強 中 で す が 、 よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 取 材 を 通 し て 、 多 く の 方 々 と お 目 に か か る , ) と が で き 、 貴 重 な お 話 を 聞 か せ て い た だ い て お り ま す 。 そ の 出 会 い か ら 得 た 経 験 を 読 者 の 皆 様 に お 届 け す る こ と か 機 関 誌 担 当 の 使 命 と 考 え 、 誌 面 づ く り に 努 め て ま い り ま す 。 今 回 の 特 集 は 「 助 成 事 業 」 で す 。 ち ょ う ど 本 誌 が 皆 様 の お 手 一 兀 に 届 く こ ろ 、 公 募 か 開 始 さ れ て い る は す で す 。 申 請 を 考 え て い る 方 は 是 非 ー 制 作 担 当 奥 村 道 明 2013 年 秋 号 ( 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 機 関 誌 ) ISSN 2187-3593 2013 年 9 月 19 日 発 行 ( 季 刊 ) 発 行 人 石 井 昭 編 集 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 ・ ( 株 ) 岩 崎 書 店 発 行 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 〒 112-0012 東 京 都 文 京 区 大 塚 3 ー 5 ー 9 電 話 03-3943-4743 ア ー ト デ ィ レ ク シ ョ ン 野 澤 享 子 (permanent YeIIow orange) 表 紙 撮 影 小 林 キ ュ ウ 表 紙 ・ 本 文 レ イ ア ウ ト Permanent Yellow Orange イ ラ ス ト 北 原 明 日 香 印 刷 ・ 製 本 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 ◎ Library Advancement Foundation 2013 Printed ⅲ Japan 次 号 予 告 『 図 書 館 の 学 校 』 冬 号 は 、 12 月 19 日 刊 行 予 定 で す 。 毎 年 1 月 に 開 催 す る イ ベ ン ト 「 子 ど も の 本 ・ こ の 1 年 を 振 り 返 っ て 」 を 特 集 し ま す 。

小説トリッパー 2013年冬季号


『 タ チ コ ギ 』 『 Junk 』 『 傍 ら の 人 』 ほ か 。 ン ・ ザ ・ キ ュ ー プ 』 で 小 松 左 京 賞 受 賞 。 鷲 田 清 一 ◎ 年 生 ま れ 。 哲 学 者 。 年 著 書 に 『 ア ク エ リ ア ム 』 ほ か 。 『 モ ー ド の 迷 宮 』 で サ ン ト リ 1 学 芸 賞 、 肥 湊 か な え ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 告 年 『 「 ぐ ず ぐ ず ー の 理 由 』 で 読 売 文 学 賞 受 白 』 で 本 屋 大 賞 、 年 「 望 郷 、 海 の 星 」 森 山 大 道 ◎ 年 生 ま れ 。 写 真 家 。 写 真 集 賞 。 著 書 に 『 だ れ の た め の 仕 事 』 『 「 待 っ 」 で 日 本 推 理 作 家 協 会 賞 短 編 部 門 受 賞 。 著 に 『 何 か へ の 旅 1971 ー 1974 』 『 カ ラ 1 』 と い う こ と 』 『 〈 ひ と 〉 の 現 象 学 』 『 お と な 書 に 『 少 女 』 『 夜 行 観 覧 車 』 『 サ フ ァ イ ア 』 『 モ ノ ク ロ ー ム 』 ほ か 。 の 背 中 』 、 共 著 に 『 臨 床 と こ と ば 』 ほ か 。 『 白 ゆ き 姫 殺 人 事 件 』 『 母 性 』 『 望 郷 』 『 高 校 教 師 』 ほ か 。 村 田 喜 代 子 ◎ 菊 年 生 ま れ 。 作 家 。 的 年 『 龍 秘 御 天 歌 』 で 芸 術 選 奨 文 部 大 臣 賞 、 年 『 故 郷 の わ が 家 』 で 野 間 文 芸 賞 受 賞 。 著 書 に 『 人 が 見 た ら 蛙 に 化 れ 』 『 あ な た と 共 に 逝 き ま し よ う 』 『 縦 横 無 尽 の 文 章 レ ッ ス ン 』 『 ゅ う じ よ こ う 』 ほ か 。 森 晶 麿 ◎ 四 年 生 ま れ 。 作 家 。 Ⅱ 年 『 黒 猫 の 遊 歩 あ る い は 美 学 講 義 』 で ア ガ サ ・ ク リ ス テ ィ 1 賞 受 賞 。 著 書 に 『 ホ テ ル ・ モ ー リ ス 』 ほ か 。 森 深 紅 ◎ 爲 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 ラ ヴ ィ 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 春 季 号 は 、 2014 年 3 月 絽 日 ( 火 ) 発 売 予 定 で す 。 橋 本 治 氏 「 失 わ れ た 近 代 を 求 め て Ⅲ 」 、 山 本 一 カ 氏 「 た す け 鍼 」 は 、 休 載 い た し ま す 。 週 刊 朝 日 別 冊 小 説 ト リ ッ パ ー 2013 年 冬 季 号 発 行 日 13 年 12 月 日 定 価 円 ( 本 体 857 円 ) 発 行 人 市 川 裕 一 編 集 長 長 田 匡 司 発 行 所 朝 日 新 聞 出 版 〒 1 - 11 東 京 都 中 央 区 築 地 5-3-2 電 話 03 ー 5 図 1 ー 32 ( 編 集 ) 03 ー 5 図 g7793 ( 販 売 ) 本 誌 掲 載 記 事 の 無 断 転 載 を 禁 じ ま す ⑥ 朝 日 新 聞 出 版 13 バ ッ ク ナ ン バ ー の お 求 め に つ い て [ 注 文 方 法 ] 最 寄 り の 書 店 か A S A ( 朝 日 新 聞 販 売 所 ) ま で ご 注 文 く だ さ い 。 小 社 か ら 直 送 を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 の 「 朝 日 新 聞 出 版 ・ 出 版 業 務 部 直 販 担 当 」 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 TEL : 03 ー 554 7793 ( 営 業 時 間 は 平 日 10 ~ 18 時 と な っ て お り ま す ) ※ 小 社 よ り 直 送 の 場 合 、 送 料 が 別 途 必 要 に な り ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 保 存 期 間 は 基 本 的 に 発 売 日 か ら 1 年 で す 。 執 筆 者 紹 介 380

るるぶ北海道 '12~'13


楽 し ー 、 当 に 3 、 島 第 冫 ィ 気 美 富 雲 海 テ ラ ス 瑛 良 家 族 で 楽 し む ′ ネ イ チ ャ ー ト 星 マ 野 ム リ ト 星 マ 野 ム リ 富 良 野 か ら 約 ほ こ ん な ト コ 少 な 自 然 現 象 雲 海 」 や ネ イ チ ャ ー ウ ォ ッ チ ン グ な ど 辷 、 。 ト マ ム の 人 気 ア ク テ ィ ビ テ ィ は コ チ ラ . ト 旬 ス 野 夏 ホ ラ 食 バ 外 も テ ツ 材 な ア 冬 ル ト の ど ク も リ ビ 屋 テ 遊 ス ア ユ 内 イ ベ キ な ツ 施 ビ る フ 設 テ ソ 、 場 食 ゃ あ の 一 ど 施 る ほ ト が 設 。 か 地 集 0 つ る し た ロ ー プ と サ ド ル を 使 っ て 木 を 登 る レ ク リ 工 ー シ ョ ン メ ニ ュ ー 森 に す む 動 物 た ち の 目 線 を 体 験 で き る 。 ( 工 汚 月 1 日 ~ 10 月 中 旬 ( つ 1 時 間 30 分 ~ 2 時 間 の 前 日 ま で の 要 予 約 。 受 付 は 「 リ ト ル ト リ ー 」 ま で 谷 0167-38-3373 朝 4500 円 の 10 ~ 12 時 、 13 時 30 分 ~ 15 時 30 分 ( 7 ~ 8 月 は 7 時 、 10 時 、 13 時 30 分 、 16 時 ス タ ー ト の 1 日 4 回 ) ※ 5 歳 以 上 。 2 ~ 6 名 で 催 行 ・ ほ し の り そ ー と と ま む 星 野 リ ゾ ー ト ト マ ム ー 海 の よ う な 波 が 発 . ' バ ラ エ テ ィ 豊 か な ゲ レ ン デ 00167 ・ 5 1111 生 す る 巨 大 な ウ ェ を の ほ か 、 コ ー ス 外 の 上 級 者 ・ ・ P237C4 イ ブ プ ー ル や 、 限 定 工 リ ア な ど で 上 質 の バ 0 占 冠 村 中 ト マ ム 朝 入 場 無 料 ・ 以 D 施 設 に よ り 異 な る 02500 台 ン を シ ェ ッ ト ス バ コ ウ ダ ー ス ノ ー を 満 喫 で き る 。 テ ー ジ な ど を 完 備 。 回 回 る る ぶ 水 着 レ ン タ ル は の 15 時 / 0UT11 時 客 室 ① ガ ラ ス 張 り の 館 内 に 太 陽 光 が 降 り 注 ぐ 58 円 ~ E2877 657 室 工 ) 通 年 ( 一 部 メ ン テ ナ ン ス ク ロ ー ズ あ り ) で リ 朝 1 日 券 2500 円 ( バ ス ・ フ ェ イ ス タ オ ル 付 き ) の 12 ~ 20 時 ( 最 朝 1 泊 朝 食 付 き 1 万 8000 円 ~ の INI 5 時 / 終 受 付 ~ 19 時 。 曜 日 ・ 季 節 な ど で 異 な る ) 0UT11 時 客 室 200 室 ※ 営 業 期 間 は 夏 期 ( 2012 年 7 月 1 日 ~ 8 月 31 日 ) 、 冬 期 ( 2012 年 12 月 1 日 ~ 2013 年 3 月 31 日 ) を 予 定 を ア 堪 を せ 広 大 な 敷 地 に プ ー ル や ス パ 、 ホ テ ル な ど が 点 在 。 体 験 ラ 首 グ ラ : ほ し の 丿 78 と ま む ① ポ ス ト に 投 函 早 朝 6 月 1 日 ~ 10 月 9 日 、 し た 入 場 券 ( は が 日 中 7 月 28 日 ~ 8 月 31 日 き ) は 無 料 発 送 し 早 朝 5 時 ~ 8 時 30 分 、 日 中 て く れ る 1 1 ~ 14 時 ( ゴ ン ド ラ 上 り 標 高 1088m の 山 に 設 け ら れ の 最 終 便 は 30 分 前 ) ゴ ン ド ラ 往 復 1800 円 た テ ラ ス 。 さ ま ざ ま な 気 象 条 当 日 参 加 可 件 が 重 な れ は 、 山 並 み を 覆 う 雲 海 タ イ ヤ ル 0167-38- 大 迫 力 の 毎 を 望 め る 。 毎 2106 / 雲 海 確 率 前 日 15 兄 は 事 前 に 確 認 を 。 テ ラ ス 時 ~ 、 雲 海 状 況 は 当 日 4 時 第 第 ポ ス ト ① テ ラ ス で は 、 雄 大 な 景 色 を 眺 め な が ら カ フ ェ ま で は ゴ ン ド ラ を 利 用 。 30 分 ~ 8 時 に 案 内 の ス ー プ や コ ー ヒ ー を 楽 し め る の カ で が し を ネ イ チ ャ ー ガ イ ド の 説 明 を 聞 る か き な が ら 森 を 散 策 。 さ ま ざ ま な 動 植 物 が 生 き て い る 森 で 、 豊 か な 自 然 を 体 感 し よ う 。 ( 工 ) 7 月 1 日 ~ 8 月 31 日 登 の 前 日 17 時 ま で の 要 予 約 朝 2100 円 の 9 ~ 10 時 見 て 、 ふ れ て 、 五 感 を フ ル ※ 4 歳 以 上 。 2 ~ 20 名 で 催 行 活 用 し 森 を 歩 こ う + 自 然 を 体 感 ! 帯 ツ リ ー イ ン グ 広 札 幌 市 街 富 良 野 市 街 広 域 MAP P237C4 ア ク セ ス 道 央 道 ・ 道 東 道 / 約 1 図 km ・ ア ク 約 2 時 間 ク ル セ マ ス で 国 道 号 ・ 道 道 1117 号 ・ 1 号 の 約 68km ・ 約 1 時 間 分 JR 石 勝 線 シ ャ ト ル バ ス ム 特 急 / セ 六 駅 約 1 時 間 分 ※ JR ト マ ム 駅 は 特 急 列 車 の み 停 車 1 年 中 楽 し め る 阿 寒 ・ 摩 周 ・ 釧 路 期 間 ( 予 定 ) 2012 年 12 月 1 日 ~ 2013 年 4 月 15 日 ( ナ イ タ ー は 2012 年 12 月 中 旬 ~ 2013 年 3 月 31 日 ) フ ト 1 日 券 4800 円 ほ か ~ 19 時 MAP ・ 知 床 ・ 網 走 リ ゾ ナ ー レ ト マ ム 00 / ・ 3 ぶ 北 海 道 ' 12 ~ ' 13

図書館の学校 2013年 春号


友 の 会 「 図 書 館 の 学 校 ー 入 会 の ご 案 内 当 財 団 の 活 動 に 賛 同 い た だ し ナ ご 入 会 い た た く ク 友 の 会 ク で す 。 活 動 の 報 告 や 図 書 館 に 関 わ る さ ま ざ ま な 情 報 を 提 供 す る た め に 本 誌 を 年 4 回 お 届 け し ま す ( 定 期 購 読 よ り も お 得 で す ) 。 ま た 、 会 員 様 に は 当 財 団 で 主 催 す る 事 業 へ の 参 加 募 集 を い た し ま す 。 年 会 費 ( 個 人 ・ 団 体 と も ) 3000 円 ( 1 ロ ) 1 口 に つ き 1 冊 本 誌 を お 届 け し ま す 。 ( 4 ロ 以 上 の お 申 込 み に 対 し て は 、 3 冊 ま で と さ せ て い た だ き ま す ) お 申 込 み の 方 法 当 財 団 の ウ エ プ サ イ ト 「 新 規 登 録 の 、 ) 案 内 」 (http://www.toshokan.or.jp/ member/) よ り 、 入 会 フ ォ ー ム に ご 記 入 く だ さ い く わ し く は 当 財 団 の ウ エ プ サ イ ト を ご 覧 く だ さ い 編 集 後 記 「 山 椒 は 小 粒 で も び り り と 辛 い 」 の 如 、 弓 小 財 団 な が ら 「 効 果 的 な 図 書 館 振 興 事 業 と は 如 何 に ? 」 を 日 々 考 え 過 ご し て き た こ の 1 年 で し た 。 今 、 4 月 か ら 始 ま る 2 年 度 目 の 事 業 計 画 に 思 い を 馳 せ て い ま す 。 2012 年 度 の 図 書 館 に 関 わ る 事 象 を 顧 み 、 2013 年 度 を 含 め 将 来 を 想 像 す る 中 で 、 身 の 丈 に 合 っ た 範 囲 で で き る 事 を 熟 考 し て み た い 。 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 」 の 事 業 も 然 り 、 「 選 書 事 業 」 、 「 支 援 事 業 」 も 然 り 、 や は り 、 図 書 館 の ク お 客 様 で あ る 利 用 者 か ら の 応 援 が 最 大 の 励 み と な る 。 友 の 会 「 図 書 館 の 学 校 」 が 、 そ の 役 割 を 果 た し て く れ る こ と を 確 信 し 、 2013 年 度 も 取 り 組 ん で い き ま す 。 応 援 、 よ ろ し く お 願 い し ま す 。 常 任 理 事 石 川 徹 也 図 書 館 界 の 動 き と と も に 、 財 団 の 1 年 間 を ふ り か え り ま し た 。 そ の 編 集 作 業 の 中 で 、 財 団 の 事 業 は 、 応 募 者 や 参 加 者 の ア イ デ ア に よ る 部 分 が 大 き い も の は か り だ と 気 づ き ま し た 。 本 誌 の 読 者 の 皆 様 と 一 緒 に 、 図 書 館 の , ) と を い ろ い ろ 考 え て い け た ら と 思 い ま す 。 細 谷 亮 太 さ ん の 「 私 と 図 書 館 」 、 高 田 高 史 さ ん の 「 調 べ る 三 姉 妹 」 は こ の 号 で 最 終 回 で オ % 、 ) 愛 → ・ の , か --k ) , つ 、 」 さ い 土 小 し た 。 制 作 担 当 牟 田 清 文 図 書 館 の 学 校 2013 年 春 号 ( 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 機 関 誌 ) ISSN 2187-3593 2013 年 3 月 21 日 発 行 ( 季 刊 ) 発 行 人 石 井 昭 編 集 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 ・ ( 株 ) 岩 崎 書 店 発 行 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 〒 112-0012 東 京 都 文 京 区 大 塚 3-5-9 電 話 03-3943-4743 ア ー ト デ ィ レ ク シ ョ ン 野 澤 享 子 (permanent Yellow orange) 表 紙 撮 影 小 野 雅 史 ( コ ン テ ン ツ 株 式 会 社 ) 表 紙 ・ 本 文 レ イ ア ウ ト Permanent YelIow Orange イ ラ ス ト 北 原 明 日 香 印 刷 ・ 製 本 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 ◎ Library Advancement Foundation 2013 Printed ⅲ Japan 次 号 予 告 『 図 書 館 の 学 校 』 夏 号 は 6 月 20 日 刊 行 の 予 定 で す 。 「 図 書 館 を 使 っ た 調 べ る 学 習 コ ン ク ー ル 」 に つ い て 、 地 域 コ ン ク ー ル や 学 校 で の 取 り 組 み 、 応 募 方 法 な ど を わ か り や す く 解 説 し ま す 。

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


「 紙 の 夜 に 」 ( 潮 三 月 号 ) 、 「 鱶 ね む る 志 々 岐 島 」 ( 潮 別 冊 春 季 号 ) 、 「 鳩 を 文 学 界 三 月 号 よ り 連 載 、 九 月 に 完 結 。 七 月 『 虚 構 の ク レ ー ソ 』 舎 の 小 さ い 梯 子 」 ( 潮 別 冊 夏 季 号 ) 、 「 清 潔 な 河 口 の 朝 」 ( 文 学 界 六 月 ( 新 潮 文 庫 ) 、 『 井 上 光 晴 集 』 ( 大 光 社 、 現 代 文 学 の 実 験 室 ) 、 「 心 優 し 号 ) 、 「 赤 鰭 楼 の 後 継 者 た ち 」 ( 展 望 六 月 号 ) 、 「 階 級 」 ( 群 像 十 月 号 ) 。 き 反 逆 者 た ち 」 を 「 世 界 」 七 月 号 よ り 連 載 開 始 、 現 在 連 載 中 。 八 月 一 月 短 篇 集 『 皮 膚 の 眼 』 ( 勁 草 書 房 ) 、 五 月 短 篇 集 『 九 月 の 土 曜 日 』 短 篇 集 『 鬼 池 心 中 』 ( 新 潮 社 ) を 刊 行 。 三 月 十 六 日 、 新 日 本 文 学 会 ( 潮 出 版 社 ) 、 六 月 長 篇 『 乾 草 の 草 』 ( 講 談 社 ) 、 十 一 月 短 篇 集 『 清 潔 を 退 会 。 匹 十 四 歳 な 河 口 の 朝 』 ( 文 藝 春 秋 社 ) を そ れ そ れ 刊 行 。 「 長 く 歩 い た 後 」 を 「 文 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 「 コ ー ヒ ー 店 > の 地 下 」 ( 人 間 と し て 創 刊 号 ) 、 季 刊 誌 「 辺 境 』 の 編 芸 」 に 三 月 号 よ り 連 載 開 始 。 現 在 連 載 中 。 四 十 一 一 歳 集 発 刊 を 準 備 、 六 月 創 刊 号 を 刊 行 。 「 辺 境 」 を 発 表 。 座 談 会 「 現 代 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) わ き ろ 「 脇 櫓 を 漕 ぐ 」 ( 国 語 教 育 一 月 号 ) 、 ル ポ 「 三 派 系 全 学 連 は 孤 立 し な 文 学 の 原 点 」 ( 文 芸 三 月 号 、 黒 田 喜 夫 、 野 坂 昭 如 と ) 、 評 論 「 七 〇 年 か っ た 」 ( 週 刊 朝 日 二 月 二 日 号 ) 、 「 た た か い の 朝 」 ( 朝 日 ジ ャ ー ナ ル 夏 へ の 告 発 」 ( 週 刊 朝 日 臨 時 増 刊 七 月 二 十 五 日 号 ) 、 「 カ リ ー ニ ン 橋 二 月 二 十 五 日 号 ) 、 「 蕩 児 の 帰 棟 」 ( 文 学 界 四 月 号 ) 、 「 状 況 」 ( 三 田 文 の 下 で 」 ( 現 代 の 眼 十 一 一 月 号 ) 、 「 嬰 児 の う た 」 ( 群 像 四 六 年 一 月 号 ) 学 五 月 号 ) 、 戯 曲 「 蜘 蛛 た ち 」 ( 新 日 本 文 学 五 月 号 。 劇 団 青 俳 に よ り 「 作 家 の 仕 事 ・ — 」 ( 文 学 五 月 号 ) 、 「 作 家 の 仕 事 ・ Ⅱ 」 ( 文 学 九 月 号 ) 、 紀 伊 国 屋 ホ ー ル で 上 演 。 三 月 十 四 日 よ り 八 日 間 ) 、 「 海 へ 行 く 駅 」 ( 潮 『 井 上 光 晴 新 作 品 集 』 ( 五 巻 ) 勁 草 書 房 刊 行 完 結 。 一 月 、 『 地 の 群 れ 」 別 冊 秋 季 号 ) 、 「 残 虐 な 抱 擁 」 ( 群 像 九 月 号 ) 、 評 論 「 陰 画 の 主 題 」 ( 群 新 装 版 ( 河 出 書 房 ) 、 七 月 『 死 者 の 時 」 ( 角 川 文 庫 ) 、 八 月 『 妊 婦 た 像 十 一 月 号 ) 、 「 鋏 の よ う な 海 」 ( 風 景 十 一 月 号 ) 、 「 明 日 の 岸 辺 」 ( 文 ち の 明 日 』 ( 角 川 文 庫 ) 、 十 一 月 『 階 級 』 ( 講 談 社 シ リ ー ズ ) 刊 行 。 学 界 十 一 月 号 ) 、 「 安 ら い の 場 所 」 ( 新 潮 十 一 一 月 号 ) 、 「 西 海 の 役 者 た 九 月 「 地 の 群 れ 」 文 学 座 公 演 ( 紀 伊 国 屋 ホ ー ル 、 木 村 光 一 脚 色 ・ 岩 ち 」 ( 世 界 十 一 一 月 号 ) 。 「 気 温 十 度 」 ( 潮 別 冊 ) 、 「 象 の い な い サ ー カ ス 」 村 久 雄 演 出 ) 。 十 一 月 、 宮 崎 に て 九 州 高 等 学 校 国 語 研 修 会 の た め に ( 潮 別 冊 ) 、 「 空 想 よ り 科 学 へ 」 ( 潮 別 冊 ) 。 一 月 長 篇 『 階 級 』 ( 講 談 社 ) 、 講 演 。 四 月 長 篇 『 他 国 の 死 』 ( 河 出 書 房 ) 、 七 月 長 篇 『 黒 い 森 林 』 ( 筑 摩 書 房 ) 、 十 二 月 長 篇 『 残 虐 な 抱 擁 』 ( 講 談 社 ) 、 短 篇 集 『 気 温 十 度 』 ( 筑 摩 書 房 ) を 刊 行 。 な お 、 「 戦 争 は 終 っ た 、 そ し て : : : 」 と 傍 題 を 付 し た 自 叙 伝 の 「 虚 構 伝 」 を 展 望 一 月 号 よ り 十 一 一 月 号 ま で 連 載 。 七 月 、 秋 山 駿 と 対 談 「 私 の 文 学 」 、 十 一 月 、 有 明 工 業 高 等 専 門 学 校 六 週 年 記 念 講 演 。 四 十 三 歳 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 「 阿 蘇 」 ( 新 日 本 文 学 一 月 号 ) 、 「 せ む し た ち の 冬 」 ( 文 学 界 三 月 号 ) 、 「 鬼 池 心 中 」 ( 群 像 五 月 号 ) 、 「 と び 」 ( 潮 別 冊 冬 季 号 ) 。 「 象 を 撃 つ 」 は さ み

小説トリッパー 2013年冬季号


第 朝 日 時 代 小 説 光 賞 作 ま 集 ) 応 募 規 定 「 朝 日 時 代 小 説 大 賞 」 は 、 ① 長 篇 の 時 代 小 説 。 未 発 表 の 作 品 に 限 る 。 従 来 の 枠 に と ら わ れ な い ② 応 募 資 格 は プ ロ ・ ア マ を 問 わ な い 。 ③ 枚 数 は 400 字 詰 め 原 稿 用 紙 3 00 枚 以 上 4 00 枚 以 内 。 ワ ー プ ロ 原 稿 時 弋 小 説 の 書 き 手 を 発 掘 す る 賞 と し て の 場 合 は 、 判 の 用 紙 品 字 行 を 目 安 に 印 字 す る こ と 。 原 稿 用 紙 、 の 印 字 は 不 可 。 400 字 換 算 で の 原 稿 枚 数 、 作 品 の 梗 概 ( 800 字 以 内 ) 、 筆 名 ( 本 名 ) ・ 住 所 ・ 電 話 番 号 ・ 年 齢 ・ 経 歴 を 明 記 し た 別 紙 を 添 え る こ と 。 位 置 づ け 、 プ ロ ・ ア マ を 問 わ ず 、 ④ 締 め 切 り は 、 2013 年 月 引 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 。 ⑤ 宛 先 幅 広 い 人 材 発 掘 を め ざ し ま す 。 l}— 10 4 ー 8 011 株 式 会 社 朝 日 新 聞 出 版 朝 日 時 代 小 説 大 賞 事 務 局 進 取 の 気 性 に 富 ん だ * 応 募 は 郵 送 に 限 り ま す 。 住 所 は 不 要 で す 。 ⑥ 入 選 作 発 表 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 2014 年 秋 季 号 ( 9 月 発 売 予 定 ) 意 欲 的 な 作 品 で 挑 戦 し て く だ さ い 。 * 途 中 経 過 は 年 夏 季 号 ( 6 月 発 売 予 定 ) に 掲 載 し ま す 。 ⑦ 正 賞 記 念 品 副 賞 H200 万 円 主 催 ・ 朝 日 新 聞 出 版 協 賛 ・ テ レ ビ 朝 日 ⑧ 受 賞 作 は 朝 日 新 聞 出 版 よ り 刊 行 し ま す 。 出 版 権 お よ び 映 像 化 権 そ の 他 の 権 利 は 、 朝 日 新 聞 出 版 に 属 し ま す 。 ⑨ 応 募 原 稿 は 返 却 し ま せ ん 。 コ ピ ー を と っ て お い て く だ さ い 。 ま た 選 考 経 過 に 選 考 委 員 ( 五 古 順 ) つ い て の 問 い 合 わ せ に は 応 じ ら れ ま せ ん 。 ⑩ ニ 重 投 稿 は ご 遠 慮 く だ さ い 。 縄 田 一 男 松 井 今 朝 子 山 本 兼 一 ⑩ 優 秀 な 応 募 作 品 に つ い て は 、 テ レ ビ 朝 日 で の ド ラ マ 化 を 検 討 し ま す 。 376

るるぶ会津 磐梯 福島'15 (国内シリーズ)


会 津 若 松 周 辺 付 録 ① 裏 右 洋 磐 梯 詢 東 . 、 を - 猪 苗 代 磐 梯 高 原 。 会 津 若 松 ー 会 津 若 松 観 光 マ ッ プ 付 録 ① 裏 東 山 温 泉 P38 天 元 高 ( 新 高 湯 、 泉 山 形 県 米 沢 市 . ′ 藤 霾 IE¯ ・ 、 ・ 228 狗 岩 ・ ・ 西 山 ◆ 、 事 2035 磐 梯 高 原 1 1 月 中 旬 ~ 4 月 下 旬 冬 期 通 行 止 東 鉢 山 東 大 巓 " 、 森 ・ k138 ′ 000 地 図 上 の 16 は 約 1.4 師 ※ 東 日 本 夫 震 災 等 の 影 響 に よ り 、 部 鉄 道 路 線 で 不 と な ? て い る 区 間 が あ る ほ か 、 一 部 通 行 止 め が あ り ま す 。 sca に 吾 妻 山 継 森 吾 妻 山 神 社 中 吾 妻 山 日 向 岩 ・ 、 第 矢 筈 山 西 大 津 米 澤 街 道 檜 原 歴 史 館 高 曽 根 山 喜 ~ 方 市 高 平 山 正 福 寺 中 瀬 沼 な ど の 散 策 べ ー ス に 便 利 。 無 料 駐 車 場 が あ る 姥 ケ 森 磐 梯 吾 妻 レ ー ク ラ イ は 2013 年 7 月 25 日 ら 恒 久 的 な 無 料 開 放 ・ 中 津 川 渓 谷 こ の あ た り 紅 葉 が 美 し い 北 塩 原 村 無 行 沼 甚 九 郎 山 簗 部 山 ノ リ ゾ か も 裏 磐 梯 キ ャ プ 場 小 野 川 湖 濁 リ 川 湖 畔 家 冫 キ 十 ン フ 場 四 季 倶 薬 部 コ ン , 、 ト 磐 梯 。 磐 梯 ロ レ ー ク イ ン 出 森 山 た か も り P5 ・ 45 ・ 原 ホ テ ル 第 2 オ ー ト キ 裏 磐 梯 五 色 滝 ホ テ ル / 星 ヶ 浦 レ ホ テ ル い 不 ・ 元 湖 バ ラ を イ ス ロ イ ) 、 、 裏 磐 梯 高 原 国 道 459 号 沿 い と 毘 沙 門 沼 泉 近 く に 無 料 駐 車 場 が あ る 。 少 し 歩 く が 国 道 沿 い の 駐 車 場 鞘 ノ 木 の ほ う が 空 い て い る ま り 本 店 1 1 月 下 旬 ~ 4 月 下 旬 冬 期 通 行 止 八 森 山 マ マ キ ャ ン 牧 場 キ ン プ 場 凛 磐 梯 1 1 月 中 旬 ~ 4 月 中 旬 冬 期 通 行 止 . 三 ノ 山 裏 梯 ~ 喜 多 方 方 面 を 結 ぶ メ イ ン ル ー ト 。 大 塩 カ ー プ は あ る 、 比 較 的 走 り や す い 山 神 大 仏 山 関 彎 : を 羽 山 叫 / 、 北 山 師 如 来 卍 ) 正 寺 要 害 , 血 森 公 園 、 . 蟻 塚 山 桧 湖 ク ラ ド ヒ ノ ( ラ 磐 梯 泊 り 処 大 塩 虚 空 蔵 菩 薩 堂 イ 寸 録 ② ) P12 楢 森 山 、 ) 正 福 寺 の 森 い こ 磐 梯 グ リ ー フ ィ ー ル ド ー ビ ス ー 星 ゾ ト 裏 梯 ′ テ ル - 京 ケ 福 島 県 雄 国 山 1 1 月 中 旬 ~ 4 月 中 旬 冬 期 通 行 止 磐 梯 猫 魔 ス キ ー 擘 光 寺 付 P14 裏 磐 梯 ス キ 分 場 / 土 湯 沢 温 こ が ね 平 。 磐 梯 山 が す ぐ 近 く に 見 え る 、 . 中 ノ 櫛 ケ 峰 山 湖 台 。 磐 梯 山 と 猪 苗 代 湖 を 望 む ビ ュ ー ス ポ ッ ト 琵 琶 沢 森 林 公 園 ム を キ ャ ン プ 場 ン ド サ ン ピ ア ン 苗 代 リ ゾ ー ト ス キ ー 場 , 苗 代 キ 場 : - 、 昭 和 の 森 ヴ ラ イ ナ ロ ぶ 梯 山 牧 場 大 鹿 桜 わ し ろ 汀 、 館 苗 代 町 役 場 6 越 西 明 界 の ガ ラ 攴 館 湯 殿 山 猪 苗 代 湖 ・ ミ ズ ス ギ ゴ ケ 群 落 猪 苗 代 湖 の ハ ク チ ョ ウ 天 神 涙 お よ び そ の 渡 来 地 オ ー ト キ ャ ン 焼 山 大 山 祇 神 多 方 市 猫 魔 岳 々 岳 山 古 城 ケ 峰 磐 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン は 2013 年 7 月 25 日 か ら 恒 久 的 な 無 料 開 放 459 八 神 社 寬 猪 苗 代 蠶 養 神 布 森 山 フ ァ ミ ー は ん 聖 神 社 羽 山 ば ん い 熊 野 経 塚 東 長 猪 苗 代 磐 梯 高 原 IC. 方 面 か ら 裏 磐 梯 へ は こ こ を 折 行 楽 シ ー ズ ン は 堅 田 中 丸 交 差 点 に 向 か っ て 込 む こ と も ー ← フ ァ ン 多 ′ リ テ ) 川 桁 贏 丸 山 川 桁 山 山 物 社 山 S 梯 高 原 南 ヶ 丘 牧 場 野 口 英 刊 加 神 ナ 丿 津 CCC 上 下 と も 磐 梯 山 の 眺 め が い い 。 会 津 若 松 や 喜 多 方 方 面 に 向 か う 場 合 、 休 憩 に 便 利 な SA 津 c を み び ま 原 イ ン フ ラ \ ー 一 戸 ノ ロ 戦 場 , リ エ シ ノ 公 園 強 置 水 袒 水 10 ~ 3 月 こ ろ に 飛 来 す る P23 ロ 卩 記 念 館 汎 大 龍 寺 正 法 寺 ヰ 家 墓 地 ( - 一 認 寶 積 寺 、 、 澤 寺 金 山 関 都 西 ン ネ ル 遊 覧 船 着 所 冫 月 ア 成 沢 山 、 中 山 峠 鞍 手 山 猪 苗 代 湖 畔 駅 鞍 手 山 ト ン ネ ル : ン 大 山 祇 神 社 鎌 倉 山 越 ) 関 都 駅 49 猪 苗 代 湖 の ハ ク チ ョ ウ お よ び そ の 渡 来 地 志 田 浜 P55 ア ン ジ ュ ー 猪 苗 代 → 万 堂 山 湖 畔 を 走 る 快 適 な 道 。 磐 梯 山 の 眺 め も い い 若 所 役 59 猪 苗 代 湖 会 津 若 松 市 炙 山 谷 園 背 あ ぶ り 山 訪 神 デ 中 由 = キ ャ ン プ 場 ン ネ 118 東 山 ダ ム ~ 崎 川 浜 、 水 浴 場

るるぶドライブ信州東海北陸ベストコース '14~'15


信 州 ド ラ イ プ NEWS New オ ー プ ン & リ 二 ュ ー ア ル 続 々 の SA ・ PA 情 報 2013 年 4 月 New オ ー プ ン 2013 年 8 月 リ ニ ュ ー ア ル に ノ , 東 海 北 陸 道 の 松 ノ 木 PA の 新 規 オ ー プ ン に 加 え 、 SA ・ PA が 次 々 に リ ニ ュ ー ア ル オ ー プ ン 。 新 東 名 の 浜 松 い な さ JCT ~ 豊 田 東 JCT 間 は 2014 年 度 に 開 通 予 定 た 。 ① シ ョ ッ ピ ン グ コ ー ナ ー 内 の べ ー カ リ ー 「 こ ご み ブ レ ッ ズ 」 ① PA 内 に は 「 標 高 日 本 一 」 の 石 碑 も あ る ・ 中 央 道 駒 ヶ 岳 SA ( 上 り ) 2013 年 7 月 に オ ー プ ン し た フ ー ド コ ー ト に 続 き 、 8 月 2 日 に シ ョ ッ ピ ン グ コ ー ナ ー と レ ス ト ラ ン も リ ニ ュ ー ア ル オ ー プ ン 。 広 く な っ た シ ョ ッ ピ ン グ コ ー ナ ー に は 、 イ ー ト イ ン コ ー ナ ー を 併 設 し た べ ー カ リ ー が オ ー プ ン 。 好 評 の 皮 革 製 品 コ ー ナ ー は 約 2 倍 の 広 さ に な り 、 品 揃 え も 充 実 。 中 央 道 諏 訪 湖 SA ( 上 り ) 2013 年 1 0 月 7 日 、 レ ス ト ラ ン が リ ニ ュ ー ア ル オ ー プ ン 。 店 舗 は 、 自 家 製 麺 の そ ば の 味 を し つ か り と 味 わ え 、 冷 た い そ ば に は 生 わ さ び が 付 く ( 一 部 を 除 く ) こ と で 知 ら れ る そ は 専 門 店 「 和 食 ・ 信 州 そ ば 処 そ じ 坊 」 。 店 内 の 大 き な 窓 か ら 見 え る 諏 訪 湖 の 眺 め も 魅 力 だ 。 東 海 北 陸 道 松 ノ 木 峠 PA ( 上 下 ) 東 海 北 陸 道 の 荘 川 旧 ~ 飛 騨 清 見 旧 間 に 2013 年 4 月 1 9 日 オ ー プ ン 。 国 内 の 高 速 道 路 で も っ と も 高 い 、 標 高 1085m に 位 置 し て い る の が 最 大 の 特 長 。 上 下 と も ト イ レ 、 飲 料 の 自 動 販 売 機 、 ハ イ ウ ェ イ 情 報 タ ー ミ ナ ル の み で 売 店 は な い が 、 建 物 の 外 観 は 高 山 の 古 い 街 並 み を イ メ ー ジ し た 造 り 。 上 り の 園 地 に は 「 荘 川 桜 の ニ 世 」 が 植 樹 さ れ て い る 。 、 - 1 ツ ー 上 信 越 道 小 布 施 PA ( 上 り ) 高 速 道 路 を 降 り る こ と な く 、 近 隣 の 施 設 を 利 用 で き る 「 ハ イ ウ ェ イ オ ア シ ス 」 と し て も 知 ら れ る 小 布 施 PA ( 上 り ) が 、 2013 年 4 月 24 日 に リ ニ ュ ー ア ル オ ー プ ン 。 ス ナ ッ ク コ ー ナ ー や シ ョ ッ ピ ン グ コ ー ナ ー な ど が 新 し く な っ た 。 シ ョ ッ ピ ン グ コ ー ナ ー で は 、 竹 風 堂 の 栗 お こ わ な ど 、 限 定 商 品 や 新 商 品 も 販 売 。 ー ・ ① 信 州 の み や げ が 充 実 の シ ョ ッ ピ ン グ コ - ナ ー 中 央 道 駒 ヶ 岳 SA ( 下 り ) ー ー , ー 、 、 = ・ 新 東 名 浜 松 い な さ JCT ~ 豊 田 東 JCT 2013 年 7 月 1 0 日 に フ ー ド コ ー ト 、 翌 1 1 日 に シ ョ ッ ピ ン グ コ ー ! を 要 2012 年 4 月 の 御 殿 場 JCT ~ 三 ケ 日 JCT 間 の 開 通 に 続 き 、 浜 松 い な さ JCT ~ 豊 田 東 ナ ー が リ ニ ュ ー ア ル オ ー プ ン 。 高 原 の や わ ら か い 陽 の 光 と 大 地 JCT 間 の 55km が 2014 年 度 に 開 通 予 定 。 開 通 す る と 、 御 殿 場 JCT か ら 新 東 名 経 由 を イ メ ー ジ し た 明 る い 店 内 は 、 中 央 道 下 り で は 長 野 県 最 後 の で 東 海 環 状 道 に ダ イ レ ク ト に ア ク セ ス で き る よ う に な り 、 首 都 圏 か ら 東 海 北 陸 道 方 面 SA と し て 、 信 州 産 の 食 事 や み や げ を 中 心 に 提 供 し て い る 。 へ の ア ク セ ス が よ り 便 利 に な る 。 ① 中 央 道 上 り で は 長 野 県 最 後 の SA 信 Z お 出 か け 前 に チ ェ ッ ク ! ド ラ イ 2013 年 10 月 リ ニ ュ ー ア ル ① シ ッ ク な 雰 囲 気 に 生 ま れ 変 わ っ た ス ナ ッ ク コ ー ナ ー 道 路 開 通 情 報 2014 年 度 開 通 予 定 ② ? 小 布 施 PA 越 ( 上 り ) 道 主 な 冬 期 通 行 止 道 路 の 開 通 予 定 日 道 路 名 最 寄 り コ ー ス 通 行 止 日 開 通 予 定 日 工 リ ア A ビ ー ナ ス ラ イ ン ⑨ メ ル ヘ ン 街 道 ④ 御 岳 ブ ル ー ラ イ ン ◎ 県 道 8 号 ⑥ 国 道 152 号 ( 分 杭 峠 ) ⑨ 南 刃 レ プ ス エ コ ー ラ イ ン ⑥ 志 賀 草 津 道 路 ⑨ 湯 の 丸 高 峰 林 道 ① 県 道 39 号 ( 新 潟 県 ) ① 県 道 45 号 ⑩ 県 道 24 号 ① 乗 鞍 工 コ ー ラ イ ン ⑩ 乗 鞍 ス カ イ ラ イ ン ⑩ 安 房 峠 ◎ 白 山 ス ー ハ ー 林 道 ⑨ 国 道 360 号 長 岡 JCT へ 上 越 JC 長 岡 JCT へ 志 賀 草 津 道 路 湯 の 丸 高 烽 林 道 佐 久 小 諸 JC ビ ー ナ ス ラ イ ン メ ル ヘ ン 街 道 葉 JCT 大 月 JCT ス 1 霧 ケ 峰 ~ 美 ヶ 原 1 1 月 25 日 4 月 25 日 コ ー ス 1 蓼 科 ~ 野 麦 峠 ~ 小 海 1 1 月 1 4 日 4 月 24 日 コ ー ー ス 4 開 田 高 原 ~ 御 嶽 山 中 腹 4 月 未 定 1 2 月 1 日 コ ス 5 妻 籠 宿 ~ 飯 田 1 2 月 1 3 日 4 月 11 日 コ ー ー ス 6 伊 那 市 ~ 大 鹿 村 12 月 25 日 3 月 11 日 コ し ら び そ 峠 ~ 下 栗 1 2 月 1 6 日 4 月 中 旬 コ ー ス 6 ー ス 7 草 津 温 泉 ~ 志 賀 高 原 1 1 月 1 5 日 4 月 25 日 コ ー ス 9 高 烽 高 原 ~ 湯 の 丸 高 原 1 1 月 1 1 日 5 月 上 旬 コ 妙 高 高 原 ・ 笹 ケ 烽 1 1 月 1 1 日 4 月 下 旬 コ ー ス 14 立 山 黒 部 12 月 1 日 4 月 16 日 コ ー ス 17 上 高 地 1 1 月 1 6 日 4 月 21 日 コ ー ス 18 乗 鞍 高 原 ~ 畳 平 1 1 月 1 日 コ ー ス 19 7 月 1 日 平 湯 ~ 畳 平 10 月 30 日 5 月 15 日 コ ー ス 19 中 ノ 湯 ~ 平 湯 1 1 月 1 1 日 5 月 23 日 コ ー ス 18 白 川 郷 ~ 白 山 市 1 1 月 1 8 日 6 月 上 旬 コ ー ス 21 白 川 郷 ~ 飛 騨 市 1 1 月 1 3 日 5 月 13 日 コ ー ス 21 ※ 冬 期 通 行 止 日 は 2013 年 、 開 通 予 定 日 は 2014 年 で す 。 開 通 日 は 道 路 状 況 等 に よ り 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。 ※ ① 朝 は 開 通 後 も マ イ カ ー 規 制 に よ り 一 般 車 の 通 行 は で き ま せ ん 県 道 39 号 、 矢 部 砺 波 ( 新 潟 県 ) JCT 県 道 45 号 更 山 ス ー バ ー 林 道 ( 立 山 黒 部 ) 国 道 360 号 安 房 峠 ( 白 川 郷 ~ 飛 騨 市 ) 乗 鞍 ス カ イ ラ イ ン 県 道 24 乗 鞍 工 コ ー ラ イ ン ( 上 高 地 ) 6 諏 訪 湖 SA 土 岐 JC ( 上 り ) . 岳 プ ル ー ラ イ ン り 、 牧 県 道 8 号 ヶ 岳 SA 南 木 習 ~ 飯 田 ′ ・ ( 下 り ) 清 洲 JCT 国 道 152 号 田 東 JCT ■ 来 劇 c 南 ア ル プ ス 工 コ ー ラ イ ン 、 住 新 東 名 ・ -- 、 三 遠 南 信 道 浜 松 い な さ JC 米 原 松 ノ 木 峠 PA ① ( 上 下 ) 北 陸 道 高 崎 JCT ( 上 り ) 練 ( 大 東 海 環 状 道 中 部 横 断 道 高 井 戸 日 進 CT 豊 田 JC 名 古 屋 南 JCT 旧 市 へ 御 殿 場 新 清 水 JCT JCT 三 ケ 日 JC 清 水 JCT 新 東 名 東 名