検索 - みる会図書館

全データから 140421件ヒットしました。

小説トリッパー 2014年秋季号


こ う 』 で 読 売 文 学 賞 受 賞 。 著 書 に 『 人 が の 月 を 喰 べ る 獅 子 』 で 日 本 大 賞 、 見 た ら 蛙 に 化 れ 』 『 鯉 浄 土 』 『 あ な た と 共 年 『 神 々 の 山 嶺 』 で 柴 田 錬 三 郎 賞 、 Ⅱ 年 鷲 田 清 一 ◎ 年 生 ま れ 。 哲 学 者 。 年 に 逝 き ま し よ う 』 『 縦 横 無 尽 の 文 章 レ ッ ス 『 大 江 戸 釣 客 伝 』 で 泉 鏡 花 文 学 賞 、 舟 橋 聖 『 モ 1 ド の 迷 宮 』 で サ ン ト リ ー 学 芸 賞 、 ン 』 『 屋 根 屋 』 ほ か 。 一 文 学 賞 、 年 吉 川 英 治 文 学 賞 受 賞 。 著 年 『 「 ぐ す ぐ す . の 理 由 』 で 読 売 文 学 賞 受 書 に 『 キ マ イ ラ 』 『 闇 狩 り 師 』 『 餓 狼 伝 』 賞 。 著 書 に 『 だ れ の た め の 仕 事 』 『 「 待 っ 」 森 山 大 道 ◎ 年 生 ま れ 。 写 真 家 。 写 真 集 『 陰 陽 師 』 シ リ ー ズ 、 『 宿 神 』 ( 全 四 巻 ) 『 天 と い う こ と 』 『 〈 ひ と 〉 の 現 象 学 』 『 お と な に 『 何 か へ の 旅 1971 ー 1974 』 『 カ ラ ー 』 海 の 秘 宝 』 ( 上 下 巻 ) ほ か 。 の 背 中 』 、 共 著 に 『 臨 床 と こ と ば 』 ほ か 。 『 モ ノ ク ロ ー ム 』 『 パ リ + 』 ほ か 。 山 本 一 カ ◎ 絽 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 あ か ね 空 』 で 直 木 賞 受 賞 。 著 書 に 『 欅 し ぐ れ 』 『 江 戸 は 心 意 気 』 『 た す け 鍼 』 『 早 刷 り 岩 次 郎 』 『 五 一 一 屋 傳 蔵 』 『 千 両 か ん ば ん 』 『 紅 け む り 』 『 つ ば き 』 ほ か 。 湯 川 豊 ◎ 年 生 ま れ 。 文 芸 評 論 家 、 エ ッ セ イ ス ト 。 2 年 『 須 賀 敦 子 を 読 む 』 で 読 売 文 学 賞 受 賞 。 著 書 に 『 イ ワ ナ の 夏 』 『 夜 明 け の 森 、 夕 暮 れ の 谷 』 『 本 の な か の 旅 』 『 植 村 直 己 ・ 夢 の 軌 跡 』 『 ヤ マ メ の 魔 法 』 夢 枕 獏 ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 上 弦 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 冬 季 号 は 、 2014 年 月 衵 日 ( 木 ) 発 売 予 定 で す 。 大 沢 在 昌 氏 「 帰 去 来 』 、 岡 崎 琢 磨 氏 「 道 然 寺 さ ん の 双 子 探 偵 』 、 高 橋 克 彦 氏 「 遠 野 小 説 』 、 梨 木 香 歩 氏 「 椿 宿 の 辺 り に 』 は 休 載 い た し ま す 。 週 刊 朝 日 別 冊 小 説 ト リ ッ / ヾ ー 2014 年 秋 季 号 発 行 日 2014 年 9 月 日 発 行 人 首 藤 由 之 編 集 長 長 田 匡 司 発 行 所 朝 日 新 聞 出 版 〒 104-8011 東 京 都 中 央 区 築 地 5-3-2 電 話 03 ー 5 1 ー 田 32 ( 編 集 ) 03 ー 5 g7793 ( 販 売 ) 本 誌 掲 載 記 事 の 無 断 転 載 を 禁 じ ま す ⑥ 朝 日 新 聞 出 版 2014 バ ッ ク ナ ン バ ー の お 求 め に つ い て [ 注 文 方 法 ] 最 寄 り の 書 店 か A S A ( 朝 日 新 聞 販 売 所 ) ま で ご 注 文 く だ さ い 。 小 社 か ら 直 送 を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 の 「 朝 日 新 聞 出 版 ・ 出 版 業 務 部 直 販 担 当 」 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 TEL : 03 ー 554g7793 ( 営 業 時 間 は 平 日 10 ~ 18 時 と な っ て お り ま す ) ※ 小 社 よ り 直 送 の 場 合 、 送 料 が 別 途 必 要 に な り ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 保 存 期 間 は 基 本 的 に 発 売 日 か ら 1 年 で す 。 執 筆 者 紹 介 372

小説トリッパー 2014年冬季号


藤 谷 治 ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 著 書 に 『 い パ リ + 』 『 ニ ュ ー 新 宿 』 ほ か 。 つ か 棺 桶 は や っ て く ゑ 『 船 に 乗 れ ! 』 『 ば く ら の ひ み つ 』 『 ヌ れ 手 に ア ワ 』 『 我 が 異 鷲 田 清 一 ◎ 年 生 ま れ 。 哲 学 者 。 年 邦 』 『 花 の よ う す る 』 『 世 界 で い ち ば ん 美 湯 川 豊 ◎ 年 生 ま れ 。 文 芸 評 論 家 、 エ ッ 『 モ 1 ド の 迷 宮 』 で サ ン ト リ 1 学 芸 賞 、 肥 し い 』 『 こ う し て 書 い て い く 』 ほ か 。 セ イ ス ト 。 川 年 『 須 賀 敦 子 を 読 む 』 で 読 年 『 「 ぐ ず ぐ ず ー の 理 由 』 で 読 売 文 学 賞 受 売 文 学 賞 受 賞 。 著 書 に 『 イ ワ ナ の 夏 』 『 夜 賞 。 著 書 に 『 だ れ の た め の 仕 事 』 『 「 待 ? 三 羽 省 吾 ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 肥 年 『 太 明 け の 森 、 夕 暮 れ の 谷 』 『 本 の な か の 旅 』 と い う こ と 』 『 〈 ひ と 〉 の 現 象 学 』 『 哲 学 の 陽 が イ ッ パ イ い つ ば い 』 で 小 説 新 潮 長 篇 『 植 村 直 己 ・ 夢 の 軌 跡 』 『 ヤ マ メ の 魔 法 』 使 い 方 』 、 共 著 に 『 臨 床 と こ と ば 』 ほ か 。 新 人 賞 受 賞 。 著 書 に 『 厭 世 フ レ ー 『 イ レ ギ ュ ラ ー 』 『 タ チ コ ギ 』 『 路 地 裏 ビ ル ヂ ン グ 』 『 公 園 で 逢 い ま し よ う 。 』 『 Junk 』 『 傍 ら の 人 』 ほ か 村 田 喜 代 子 ◎ 菊 年 生 ま れ 。 作 家 。 的 年 寵 秘 御 天 歌 』 で 芸 術 選 奨 文 部 大 臣 賞 、 川 年 『 故 郷 の わ が 家 』 で 野 間 文 芸 賞 、 年 『 ゅ う じ よ こ う 』 で 読 売 文 学 賞 受 賞 。 著 書 に 『 人 が 見 た ら 蛙 に 化 れ 』 『 鯉 浄 土 』 『 あ な た と 共 に 逝 き ま し よ う 』 『 縦 横 無 尽 の 文 章 レ ッ ス ン 』 『 屋 根 屋 』 ほ か 。 森 山 大 道 ◎ 年 生 ま れ 。 写 真 家 。 写 真 集 『 何 か へ の 旅 1971 ー 1974 』 『 カ ラ 1 』 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 春 季 号 は 、 2015 年 3 月 衵 日 ( 水 ) 発 売 予 定 で す 。 『 モ ノ ク ロ 1 ム 』 『 岡 崎 琢 磨 氏 随 然 寺 さ ん の 双 子 探 偵 』 、 梨 木 香 歩 氏 「 椿 宿 の 辺 り に 』 、 火 坂 雅 志 氏 『 北 条 五 代 』 、 山 本 一 カ 氏 「 た す け 鍼 』 は 休 載 い た し ま す 。 週 刊 朝 日 別 冊 小 説 ト リ ッ パ ー 2014 年 冬 季 号 発 行 日 2014 年 12 月 日 発 行 人 首 藤 由 之 編 集 長 長 田 匡 司 発 行 所 朝 日 新 聞 出 版 〒 104-8011 東 京 都 中 央 区 築 地 5 -3-2 電 話 03 ー 5 1 ー 32 ( 編 集 ) 03 ー 5 J7793 ( 販 売 ) 本 誌 掲 載 記 事 の 無 断 転 載 を 禁 じ ま す ⑥ 朝 日 新 聞 出 版 2014 バ ッ ク ナ ン バ ー の お 求 め に つ い て [ 注 文 方 法 ] 最 寄 り の 書 店 か A S A ( 朝 日 新 聞 販 売 所 ) ま で ご 注 文 く だ さ い 。 小 社 か ら 直 送 を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 の 「 朝 日 新 聞 出 版 ・ 出 版 業 務 部 直 販 担 当 」 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 TEL : 03 ー 554 7793 ( 営 業 時 間 は 平 日 10 ~ 18 時 と な っ て お り ま す ) ※ 小 社 よ り 直 送 の 場 合 、 送 料 が 別 途 必 要 に な り ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 保 存 期 間 は 基 本 的 に 発 売 日 か ら 1 年 で す 。 執 筆 者 紹 介 388

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


小 説 幻 冬 12 2016 幻 冬 舎

小説トリッパー 2013年冬季号


『 タ チ コ ギ 』 『 Junk 』 『 傍 ら の 人 』 ほ か 。 ン ・ ザ ・ キ ュ ー プ 』 で 小 松 左 京 賞 受 賞 。 鷲 田 清 一 ◎ 年 生 ま れ 。 哲 学 者 。 年 著 書 に 『 ア ク エ リ ア ム 』 ほ か 。 『 モ ー ド の 迷 宮 』 で サ ン ト リ 1 学 芸 賞 、 肥 湊 か な え ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 告 年 『 「 ぐ ず ぐ ず ー の 理 由 』 で 読 売 文 学 賞 受 白 』 で 本 屋 大 賞 、 年 「 望 郷 、 海 の 星 」 森 山 大 道 ◎ 年 生 ま れ 。 写 真 家 。 写 真 集 賞 。 著 書 に 『 だ れ の た め の 仕 事 』 『 「 待 っ 」 で 日 本 推 理 作 家 協 会 賞 短 編 部 門 受 賞 。 著 に 『 何 か へ の 旅 1971 ー 1974 』 『 カ ラ 1 』 と い う こ と 』 『 〈 ひ と 〉 の 現 象 学 』 『 お と な 書 に 『 少 女 』 『 夜 行 観 覧 車 』 『 サ フ ァ イ ア 』 『 モ ノ ク ロ ー ム 』 ほ か 。 の 背 中 』 、 共 著 に 『 臨 床 と こ と ば 』 ほ か 。 『 白 ゆ き 姫 殺 人 事 件 』 『 母 性 』 『 望 郷 』 『 高 校 教 師 』 ほ か 。 村 田 喜 代 子 ◎ 菊 年 生 ま れ 。 作 家 。 的 年 『 龍 秘 御 天 歌 』 で 芸 術 選 奨 文 部 大 臣 賞 、 年 『 故 郷 の わ が 家 』 で 野 間 文 芸 賞 受 賞 。 著 書 に 『 人 が 見 た ら 蛙 に 化 れ 』 『 あ な た と 共 に 逝 き ま し よ う 』 『 縦 横 無 尽 の 文 章 レ ッ ス ン 』 『 ゅ う じ よ こ う 』 ほ か 。 森 晶 麿 ◎ 四 年 生 ま れ 。 作 家 。 Ⅱ 年 『 黒 猫 の 遊 歩 あ る い は 美 学 講 義 』 で ア ガ サ ・ ク リ ス テ ィ 1 賞 受 賞 。 著 書 に 『 ホ テ ル ・ モ ー リ ス 』 ほ か 。 森 深 紅 ◎ 爲 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 ラ ヴ ィ 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 春 季 号 は 、 2014 年 3 月 絽 日 ( 火 ) 発 売 予 定 で す 。 橋 本 治 氏 「 失 わ れ た 近 代 を 求 め て Ⅲ 」 、 山 本 一 カ 氏 「 た す け 鍼 」 は 、 休 載 い た し ま す 。 週 刊 朝 日 別 冊 小 説 ト リ ッ パ ー 2013 年 冬 季 号 発 行 日 13 年 12 月 日 定 価 円 ( 本 体 857 円 ) 発 行 人 市 川 裕 一 編 集 長 長 田 匡 司 発 行 所 朝 日 新 聞 出 版 〒 1 - 11 東 京 都 中 央 区 築 地 5-3-2 電 話 03 ー 5 図 1 ー 32 ( 編 集 ) 03 ー 5 図 g7793 ( 販 売 ) 本 誌 掲 載 記 事 の 無 断 転 載 を 禁 じ ま す ⑥ 朝 日 新 聞 出 版 13 バ ッ ク ナ ン バ ー の お 求 め に つ い て [ 注 文 方 法 ] 最 寄 り の 書 店 か A S A ( 朝 日 新 聞 販 売 所 ) ま で ご 注 文 く だ さ い 。 小 社 か ら 直 送 を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 の 「 朝 日 新 聞 出 版 ・ 出 版 業 務 部 直 販 担 当 」 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 TEL : 03 ー 554 7793 ( 営 業 時 間 は 平 日 10 ~ 18 時 と な っ て お り ま す ) ※ 小 社 よ り 直 送 の 場 合 、 送 料 が 別 途 必 要 に な り ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 保 存 期 間 は 基 本 的 に 発 売 日 か ら 1 年 で す 。 執 筆 者 紹 介 380

まっぷる上海 蘇州・杭州


は 国 に 古 の 跡 名 岳 飛 ユ 工 フ ェ イ ( が く ひ ) 〇 秦 檜 ら は 売 国 奴 と さ 0800 年 以 上 の 歴 史 1103 ~ 1141 年 れ 、 銅 像 に は 「 タ ン を 吐 を 持 つ 伝 統 的 な 建 築 南 宋 の 名 将 ・ 岳 飛 は 、 北 方 か ら 攻 め 込 ん で き か け る な 」 と 注 意 書 き 様 式 の 外 観 は 、 堂 々 き た 金 と の 徹 底 抗 戦 を 主 張 し た が 、 金 と の か 掲 げ ら れ て し 、 る と し た 風 格 が あ る 和 睦 を 主 張 す る 秦 檜 に よ っ て 無 実 の 罪 を 着 せ ら れ 獄 死 。 死 後 、 名 誉 を 回 復 さ れ 、 民 族 的 英 雄 と 評 価 さ れ て い る 。 、 1 年 の 歴 史 を 持 つ 名 跡 お 茶 と 相 性 抜 群 の 杭 州 自 慢 の 名 泉 霊 隠 寺 虎 鉋 泉 銭 塘 江 の 氾 濫 を 鎖 め る 古 塔 リ ン イ ン ス ー / 炅 隠 寺 フ ウ バ オ チ ュ エ ン / 虎 鉋 泉 六 和 塔 南 北 朝 時 代 の 326 年 、 イ ン ド の 高 僧 鎮 江 の 中 冷 泉 、 無 錫 の 恵 泉 に 次 ぐ 第 三 リ ウ ー フ ー タ ー / 六 和 塔 慧 理 に よ っ て 創 建 さ れ 、 10 世 紀 半 ば に の 名 泉 と い わ れ る 泉 。 唐 代 創 建 の 虎 鉋 全 盛 期 を 迎 え 寺 の 境 内 に 位 置 し 、 石 英 砂 岩 か ら 湧 く 北 宋 時 代 の 970 年 、 銭 塘 江 と い う 川 の た 。 約 380 体 水 は ミ ネ ラ ル 豊 富 た 。 氾 濫 を 鎮 め る 目 的 で 建 築 さ れ た 。 清 代 4 を イ の 石 刻 像 に 注 新 虎 泉 路 39 号 0571-8798-1900 に 外 部 が 増 築 さ れ た 圃 6 : 00 ~ 18 : 30 ( 冬 季 は ~ 1 7 : 30 ) 無 休 目 し た い 。 た め 、 外 観 は 13 層 た 圏 15 元 杭 州 駅 か ら 車 で 25 分 が 内 部 は 7 層 の 不 思 0 満 代 に 修 築 さ 一 姦 席 “ 議 な 構 造 。 れ た 大 雄 宝 殿 新 霊 隠 路 法 雲 弄 1 号 窿 0571-8796-8665 新 之 江 路 16 号 圃 7 : OO ~ 17 : 30 冬 季 7 : 30 ~ 17 : 00 無 休 0571-8659-1401 〇 日 本 で も 七 福 神 の 「 布 袋 様 」 で 知 ら れ る 布 袋 弥 勒 仏 。 30 元 ( 飛 来 峯 は 45 元 ) 杭 州 駅 か ら Y2 路 の バ 圃 6 : OO ~ 18 : 30 冬 季 6 : 30 寺 院 内 の 代 表 作 の ひ と つ ス で 約 40 分 、 霊 隠 寺 下 車 す ぐ ~ 1 7 : 30 無 休 IO 元 杭 州 駅 か ら 車 で 約 30 分 ※ 2014 年 夏 ま で 塔 は 改 修 ( ) 敷 地 は 広 く 、 工 事 中 散 策 す る 人 々 、 き ま 颪 き 0 高 さ 約 60m 。 内 部 は 急 な 階 段 が 続 き 、 上 ま で 上 り 切 0 緑 に 囲 ま れ る 頃 に は 息 が 切 れ そ う た 小 滝 「 黄 龍 吐 翠 」 は 新 西 湖 十 0 魚 や 龍 な ど 独 特 な 景 の ひ と つ で 、 形 状 に 刈 ら れ た 植 木 石 の 足 場 を 歩 ( ) 渓 流 沿 い の 石 像 群 は 重 厚 な 歴 史 を 感 じ さ せ る 0 玉 泉 は 泉 と い う よ り い て 観 賞 す る 巨 大 な 池 の よ う 。 色 と り ど り の 鯉 が 泳 ぎ 、 目 小 さ な 滝 の 残 る 寺 院 跡 地 を 楽 し ま せ て く れ る 黄 龍 洞 ホ ア ン ロ ン ド ン / 黄 尨 洞 史 跡 を 南 宋 時 代 、 江 西 省 黄 龍 山 の 慧 開 和 尚 が 植 物 園 内 の 鯉 が 泳 ぐ 石 造 り の 泉 で 、 杭 杭 州 に 来 た 際 、 こ の 地 に 庵 を 建 て た こ 州 の 三 大 名 泉 の ひ と つ 。 植 物 園 内 は 緑 と が 起 源 と い わ れ る 。 当 時 の 寺 院 は 文 豊 か な 自 然 が 広 が り 、 敷 地 内 の 茶 館 で 革 で 破 壊 さ れ 、 跡 地 が 残 さ れ て い る 。 龍 井 茶 な ど も 味 わ え る 。 曙 光 路 69 号 0571-8798-5860 新 桃 源 蛉 1 号 杭 州 植 物 園 内 ( 北 門 側 ) 圃 7 : 30 ~ 18 : OO 無 休 15 元 0571-8796-9390 ( 杭 州 植 物 園 ) 颶 杭 州 駅 か ら K21 路 の バ ス で 30 分 、 黄 龍 体 育 中 圃 7 : 00 ~ 17 : 00 無 休 圏 10 元 颶 杭 州 駅 か ら K7 心 下 車 す ぐ 路 の バ ス で 約 30 分 、 玉 泉 下 車 す ぐ 第 3- ' 延 ば し て 歴 史 的 英 雄 を 祀 っ た 岳 飛 廟 ユ 工 ワ ン ミ ヤ オ / 岳 王 届 岳 王 廟 南 宋 の 名 将 ・ 岳 飛 が 祀 ら れ て い る 。 敷 地 内 に は 「 岳 飛 の 墓 」 や 「 岳 飛 記 念 館 」 が 設 け ら れ 、 歴 史 的 文 物 も 展 示 。 歴 史 的 英 雄 へ の 理 解 が 深 ま る 。 新 北 山 路 80 号 0571-8798-6653 圃 7 : 30 ~ 17 : 30 ( 夏 季 は ~ 20 : 00 ) 無 休 25 元 杭 州 駅 か ら K7 路 ま た は Y2 路 の バ ス で 30 分 、 岳 廟 下 車 す ぐ ( ) 繰 り 返 し 修 築 さ れ て き た 岳 飛 像 は 、 色 鮮 や か で 新 し い 状 態 に 保 た れ て い る 。 周 囲 に は 「 精 忠 報 国 」 と い う 岳 飛 の 背 中 に 入 れ 墨 で 書 か れ て い た と さ れ る 文 字 板 が 掲 け ら れ 、 人 々 の 敬 意 の 深 さ を 感 じ さ せ る 颱 流 な 庭 園 と 篆 刻 芸 術 を 鑑 賞 西 冷 印 社 シ ー リ ン イ ン シ ョ ー / 西 淪 印 社 庭 園 孤 山 の 麓 に 江 南 様 式 の 庭 園 が 広 が る 。 園 内 に 点 在 す る 楼 閣 や 塔 は 、 篆 刻 の 研 究 施 設 ・ 西 冷 印 社 の 建 物 。 所 蔵 す る 石 刻 や 書 も 見 学 で き る 。 0 白 居 易 も 訪 れ た と い う 美 し い 庭 園 が あ り 、 キ ャ ラ リ ー の 見 学 も で き る 新 孤 山 路 31 号 0571-8799-8665 圃 6 : 00 ~ 18 : 30 冬 季 6 : 30 ~ 17 : 30 無 休 無 料 颶 杭 州 駅 か ら 車 で 約 30 分 ま 1 社 を よ し 〇 仙 人 が 2 頭 の 虎 に 掘 ら せ た と い う 唐 代 の 伝 説 か ら 名 付 け ら れ た と い う 緑 豊 か な 植 物 園 内 の 名 泉 ュ イ ー チ ュ エ ン / 玉 泉 114

小説トリッパー 2014年春季号


「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 夏 季 号 は 、 2014 年 6 月 絽 日 ( 水 ) 発 売 予 定 で す 。 は 、 ま だ 酔 わ な い ば ん 美 し い 』 『 こ う し て 書 い て い く 』 ほ か 。 戸 山 大 学 〈 ス イ 研 〉 著 に 『 世 界 一 周 デ 1 ト 』 ほ か 。 の 謎 と 酔 理 』 ほ か 。 吉 田 伸 子 ◎ 年 生 ま れ 。 書 評 家 。 著 書 に 三 羽 省 吾 ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 肥 年 『 太 陽 が イ ッ パ イ い つ ば い 』 で 小 説 新 潮 長 篇 森 山 大 道 ◎ 年 生 ま れ 。 写 真 家 。 写 真 集 『 恋 愛 の ス ス メ 』 。 新 人 賞 受 賞 。 著 書 に 『 厭 世 フ レ 1 バ に 『 何 か へ の 旅 1971 ー 1974 』 『 カ ラ ー 』 『 モ ノ ク ロ 1 ム 』 ほ か 。 『 タ チ コ ギ 』 reJunk 』 『 傍 ら の 人 』 ほ か 。 鷲 田 清 一 ◎ 年 生 ま れ 。 哲 学 者 。 年 『 モ ー ド の 迷 宮 』 で サ ン ト リ 1 学 芸 賞 、 湊 か な え ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 告 吉 田 友 和 ◎ 祐 年 生 ま れ 。 旅 行 作 家 。 著 書 年 『 「 ぐ ず ぐ ず 」 の 理 由 』 で 読 売 文 学 賞 受 白 』 で 本 屋 大 賞 、 肥 年 「 望 郷 、 海 の 星 . に 『 自 分 を 探 さ な い 旅 』 『 3 日 も あ れ ば 海 賞 。 著 書 に 『 だ れ の た め の 仕 事 』 『 「 待 っ ー で 日 本 推 理 作 家 協 会 賞 短 編 部 門 受 賞 。 著 外 旅 行 』 『 ョ 1 ロ ッ パ 鉄 道 旅 っ て ク セ に な と い う こ と 』 『 〈 ひ と 〉 の 現 象 学 』 『 お と な 書 に 『 少 女 』 『 夜 行 観 覧 車 』 『 花 の 鎖 』 『 サ る ー 国 境 を 陸 路 で 越 え て 川 カ 国 』 共 の 背 中 』 、 共 著 に 『 臨 床 と こ と ば 』 ほ か 。 フ ァ イ ア 』 『 白 ゆ き 姫 殺 人 事 件 』 「 母 性 』 「 望 郷 』 『 高 校 入 試 』 ほ か 。 ご 下 で 時 ま 日 で ま 絽 な 売 , 合 当 ~ 村 田 喜 代 子 ◎ 菊 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 寵 所 場 担 日 必 的 売 の 販 秘 御 天 歌 』 で 芸 術 選 奨 文 部 大 臣 賞 、 間 年 販 望 直 坪 選 本 聞 希 部 間 黝 よ 『 故 郷 の わ が 家 』 で 野 間 文 芸 賞 受 賞 。 著 書 新 ご 務 時 カ 邯 て に 『 人 が 見 た ら 蛙 に 化 れ 』 『 あ な た と 共 に っ 逝 き ま し よ う 』 『 縦 横 無 尽 の 文 章 レ ッ ス ン 』 < ら 俶 保 め か 版 行 場 の 『 ゅ う じ よ こ う 』 ほ か 。 求 < 社 出 ) の お か 月 聞 、 。 4 す 送 の ] 店 、 。 新 ン す 森 晶 麿 ◎ 四 年 生 ま れ 。 作 家 。 Ⅱ 年 『 黒 猫 法 書 日 だ お 齣 ク 年 方 の だ 朝 印 て 社 ッ ガ 文 り の 遊 歩 あ る い は 美 学 講 義 』 で ア ガ サ ・ ク ク 主 寄 気 の 連 小 の ら ッ 目 最 注 記 ご e と ※ す か リ ス テ ィ ー 賞 受 賞 。 著 書 に 『 名 無 し の 蝶 山 本 一 カ 氏 「 た す け 鍼 」 は 、 休 載 い た し ま す 。 週 刊 朝 日 別 冊 小 説 ト リ ッ パ ー 2014 年 春 季 号 発 行 日 2014 年 3 月 日 発 行 人 市 川 裕 一 編 集 長 長 田 匡 司 発 行 所 朝 日 新 聞 出 版 〒 1 - 11 東 京 都 中 央 区 築 地 5-3-2 電 話 03 巧 図 ト 32 ( 編 集 ) 03 ー 5 図 7793 ( 販 売 ) 本 誌 掲 載 記 事 の 無 断 転 載 を 禁 じ ま す ⑥ 朝 日 新 聞 出 版 2014 執 筆 者 紹 介 4

小説トリッパー 2014年春季号


第 る 朝 日 時 代 小 説 賞 豆 ぎ 応 募 規 定 「 朝 日 時 代 小 説 大 賞 」 は 、 ① 長 篇 の 時 代 小 説 。 未 発 表 の 作 品 に 限 る 。 従 来 の 枠 に と ら わ れ な い ② 応 募 資 格 は プ ロ ・ ア マ を 問 わ な い 。 ③ 枚 数 は 400 字 詰 め 原 稿 用 紙 300 枚 以 上 400 枚 以 内 。 ワ ー プ ロ 原 黐 時 代 小 説 の 書 き 手 を 発 掘 す る 賞 と し て の 場 合 は 、 判 の 用 紙 品 字 行 を 目 安 に 印 字 す る こ と 。 原 稿 用 紙 、 の 印 字 は 不 可 。 4 00 字 換 算 で の 原 稿 枚 数 、 作 品 の 梗 概 ( 800 字 以 内 ) 、 筆 名 ( 本 名 ) ・ 住 所 ・ 電 話 番 号 ・ 年 齢 ・ 経 歴 を 明 記 し た 別 紙 を 添 え る こ と 。 位 置 づ け 、 プ ロ ・ ア マ を 問 わ ず 、 ④ 締 め 切 り は 、 2014 年 月 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 。 ⑤ 宛 先 幅 広 い 人 材 発 掘 を め ざ し ま す 。 〒 10 4 ー 8 011 株 式 会 社 朝 日 新 聞 出 版 朝 日 時 代 小 説 大 賞 事 務 局 進 取 の 気 性 に 富 ん だ * 応 募 は 郵 送 に 限 り ま す 。 住 所 は 不 要 で す 。 ⑥ 入 選 作 発 表 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 2015 年 秋 季 号 ( 9 月 発 売 予 定 ) 意 欲 的 な 作 品 で 挑 戦 し て く だ さ い 。 * 途 中 経 過 は 年 夏 季 号 ( 6 月 発 売 予 定 ) に 掲 載 し ま す 。 ⑦ 正 賞 = 記 念 品 ・ 副 賞 H200 万 円 主 催 ・ 朝 日 新 聞 出 版 協 賛 ・ テ レ ビ 朝 日 ⑧ 受 賞 作 は 朝 日 新 聞 出 版 よ り 刊 行 し ま す 。 出 版 権 お よ び 映 像 化 権 そ の 他 の 権 利 は 、 朝 日 新 聞 出 版 に 属 し ま す 。 ⑨ 応 募 原 稿 は 返 却 し ま せ ん 。 コ ピ ー を と っ て お い て く だ さ い 。 ま た 選 考 経 過 に 選 考 委 員 ( 五 古 順 ) つ い て の 問 い 合 わ せ に は 応 じ ら れ ま せ ん 。 ⑩ ニ 重 投 稿 は ご 遠 慮 く だ さ い 。 縄 田 一 男 松 井 今 朝 子 ⑩ 優 秀 な 応 募 作 品 に つ い て は 、 テ レ ビ 朝 日 で の ド ラ マ 化 を 検 討 し ま す 。

小説トリッパー 2013年冬季号


第 朝 日 時 代 小 説 光 賞 作 ま 集 ) 応 募 規 定 「 朝 日 時 代 小 説 大 賞 」 は 、 ① 長 篇 の 時 代 小 説 。 未 発 表 の 作 品 に 限 る 。 従 来 の 枠 に と ら わ れ な い ② 応 募 資 格 は プ ロ ・ ア マ を 問 わ な い 。 ③ 枚 数 は 400 字 詰 め 原 稿 用 紙 3 00 枚 以 上 4 00 枚 以 内 。 ワ ー プ ロ 原 稿 時 弋 小 説 の 書 き 手 を 発 掘 す る 賞 と し て の 場 合 は 、 判 の 用 紙 品 字 行 を 目 安 に 印 字 す る こ と 。 原 稿 用 紙 、 の 印 字 は 不 可 。 400 字 換 算 で の 原 稿 枚 数 、 作 品 の 梗 概 ( 800 字 以 内 ) 、 筆 名 ( 本 名 ) ・ 住 所 ・ 電 話 番 号 ・ 年 齢 ・ 経 歴 を 明 記 し た 別 紙 を 添 え る こ と 。 位 置 づ け 、 プ ロ ・ ア マ を 問 わ ず 、 ④ 締 め 切 り は 、 2013 年 月 引 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 。 ⑤ 宛 先 幅 広 い 人 材 発 掘 を め ざ し ま す 。 l}— 10 4 ー 8 011 株 式 会 社 朝 日 新 聞 出 版 朝 日 時 代 小 説 大 賞 事 務 局 進 取 の 気 性 に 富 ん だ * 応 募 は 郵 送 に 限 り ま す 。 住 所 は 不 要 で す 。 ⑥ 入 選 作 発 表 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 2014 年 秋 季 号 ( 9 月 発 売 予 定 ) 意 欲 的 な 作 品 で 挑 戦 し て く だ さ い 。 * 途 中 経 過 は 年 夏 季 号 ( 6 月 発 売 予 定 ) に 掲 載 し ま す 。 ⑦ 正 賞 記 念 品 副 賞 H200 万 円 主 催 ・ 朝 日 新 聞 出 版 協 賛 ・ テ レ ビ 朝 日 ⑧ 受 賞 作 は 朝 日 新 聞 出 版 よ り 刊 行 し ま す 。 出 版 権 お よ び 映 像 化 権 そ の 他 の 権 利 は 、 朝 日 新 聞 出 版 に 属 し ま す 。 ⑨ 応 募 原 稿 は 返 却 し ま せ ん 。 コ ピ ー を と っ て お い て く だ さ い 。 ま た 選 考 経 過 に 選 考 委 員 ( 五 古 順 ) つ い て の 問 い 合 わ せ に は 応 じ ら れ ま せ ん 。 ⑩ ニ 重 投 稿 は ご 遠 慮 く だ さ い 。 縄 田 一 男 松 井 今 朝 子 山 本 兼 一 ⑩ 優 秀 な 応 募 作 品 に つ い て は 、 テ レ ビ 朝 日 で の ド ラ マ 化 を 検 討 し ま す 。 376

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


「 紙 の 夜 に 」 ( 潮 三 月 号 ) 、 「 鱶 ね む る 志 々 岐 島 」 ( 潮 別 冊 春 季 号 ) 、 「 鳩 を 文 学 界 三 月 号 よ り 連 載 、 九 月 に 完 結 。 七 月 『 虚 構 の ク レ ー ソ 』 舎 の 小 さ い 梯 子 」 ( 潮 別 冊 夏 季 号 ) 、 「 清 潔 な 河 口 の 朝 」 ( 文 学 界 六 月 ( 新 潮 文 庫 ) 、 『 井 上 光 晴 集 』 ( 大 光 社 、 現 代 文 学 の 実 験 室 ) 、 「 心 優 し 号 ) 、 「 赤 鰭 楼 の 後 継 者 た ち 」 ( 展 望 六 月 号 ) 、 「 階 級 」 ( 群 像 十 月 号 ) 。 き 反 逆 者 た ち 」 を 「 世 界 」 七 月 号 よ り 連 載 開 始 、 現 在 連 載 中 。 八 月 一 月 短 篇 集 『 皮 膚 の 眼 』 ( 勁 草 書 房 ) 、 五 月 短 篇 集 『 九 月 の 土 曜 日 』 短 篇 集 『 鬼 池 心 中 』 ( 新 潮 社 ) を 刊 行 。 三 月 十 六 日 、 新 日 本 文 学 会 ( 潮 出 版 社 ) 、 六 月 長 篇 『 乾 草 の 草 』 ( 講 談 社 ) 、 十 一 月 短 篇 集 『 清 潔 を 退 会 。 匹 十 四 歳 な 河 口 の 朝 』 ( 文 藝 春 秋 社 ) を そ れ そ れ 刊 行 。 「 長 く 歩 い た 後 」 を 「 文 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 「 コ ー ヒ ー 店 > の 地 下 」 ( 人 間 と し て 創 刊 号 ) 、 季 刊 誌 「 辺 境 』 の 編 芸 」 に 三 月 号 よ り 連 載 開 始 。 現 在 連 載 中 。 四 十 一 一 歳 集 発 刊 を 準 備 、 六 月 創 刊 号 を 刊 行 。 「 辺 境 」 を 発 表 。 座 談 会 「 現 代 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) わ き ろ 「 脇 櫓 を 漕 ぐ 」 ( 国 語 教 育 一 月 号 ) 、 ル ポ 「 三 派 系 全 学 連 は 孤 立 し な 文 学 の 原 点 」 ( 文 芸 三 月 号 、 黒 田 喜 夫 、 野 坂 昭 如 と ) 、 評 論 「 七 〇 年 か っ た 」 ( 週 刊 朝 日 二 月 二 日 号 ) 、 「 た た か い の 朝 」 ( 朝 日 ジ ャ ー ナ ル 夏 へ の 告 発 」 ( 週 刊 朝 日 臨 時 増 刊 七 月 二 十 五 日 号 ) 、 「 カ リ ー ニ ン 橋 二 月 二 十 五 日 号 ) 、 「 蕩 児 の 帰 棟 」 ( 文 学 界 四 月 号 ) 、 「 状 況 」 ( 三 田 文 の 下 で 」 ( 現 代 の 眼 十 一 一 月 号 ) 、 「 嬰 児 の う た 」 ( 群 像 四 六 年 一 月 号 ) 学 五 月 号 ) 、 戯 曲 「 蜘 蛛 た ち 」 ( 新 日 本 文 学 五 月 号 。 劇 団 青 俳 に よ り 「 作 家 の 仕 事 ・ — 」 ( 文 学 五 月 号 ) 、 「 作 家 の 仕 事 ・ Ⅱ 」 ( 文 学 九 月 号 ) 、 紀 伊 国 屋 ホ ー ル で 上 演 。 三 月 十 四 日 よ り 八 日 間 ) 、 「 海 へ 行 く 駅 」 ( 潮 『 井 上 光 晴 新 作 品 集 』 ( 五 巻 ) 勁 草 書 房 刊 行 完 結 。 一 月 、 『 地 の 群 れ 」 別 冊 秋 季 号 ) 、 「 残 虐 な 抱 擁 」 ( 群 像 九 月 号 ) 、 評 論 「 陰 画 の 主 題 」 ( 群 新 装 版 ( 河 出 書 房 ) 、 七 月 『 死 者 の 時 」 ( 角 川 文 庫 ) 、 八 月 『 妊 婦 た 像 十 一 月 号 ) 、 「 鋏 の よ う な 海 」 ( 風 景 十 一 月 号 ) 、 「 明 日 の 岸 辺 」 ( 文 ち の 明 日 』 ( 角 川 文 庫 ) 、 十 一 月 『 階 級 』 ( 講 談 社 シ リ ー ズ ) 刊 行 。 学 界 十 一 月 号 ) 、 「 安 ら い の 場 所 」 ( 新 潮 十 一 一 月 号 ) 、 「 西 海 の 役 者 た 九 月 「 地 の 群 れ 」 文 学 座 公 演 ( 紀 伊 国 屋 ホ ー ル 、 木 村 光 一 脚 色 ・ 岩 ち 」 ( 世 界 十 一 一 月 号 ) 。 「 気 温 十 度 」 ( 潮 別 冊 ) 、 「 象 の い な い サ ー カ ス 」 村 久 雄 演 出 ) 。 十 一 月 、 宮 崎 に て 九 州 高 等 学 校 国 語 研 修 会 の た め に ( 潮 別 冊 ) 、 「 空 想 よ り 科 学 へ 」 ( 潮 別 冊 ) 。 一 月 長 篇 『 階 級 』 ( 講 談 社 ) 、 講 演 。 四 月 長 篇 『 他 国 の 死 』 ( 河 出 書 房 ) 、 七 月 長 篇 『 黒 い 森 林 』 ( 筑 摩 書 房 ) 、 十 二 月 長 篇 『 残 虐 な 抱 擁 』 ( 講 談 社 ) 、 短 篇 集 『 気 温 十 度 』 ( 筑 摩 書 房 ) を 刊 行 。 な お 、 「 戦 争 は 終 っ た 、 そ し て : : : 」 と 傍 題 を 付 し た 自 叙 伝 の 「 虚 構 伝 」 を 展 望 一 月 号 よ り 十 一 一 月 号 ま で 連 載 。 七 月 、 秋 山 駿 と 対 談 「 私 の 文 学 」 、 十 一 月 、 有 明 工 業 高 等 専 門 学 校 六 週 年 記 念 講 演 。 四 十 三 歳 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 「 阿 蘇 」 ( 新 日 本 文 学 一 月 号 ) 、 「 せ む し た ち の 冬 」 ( 文 学 界 三 月 号 ) 、 「 鬼 池 心 中 」 ( 群 像 五 月 号 ) 、 「 と び 」 ( 潮 別 冊 冬 季 号 ) 。 「 象 を 撃 つ 」 は さ み

小説トリッパー 2013年秋季号


第 6 曰 朝 日 時 代 小 説 賞 ( 作 品 応 募 規 定 「 朝 日 時 代 小 説 大 賞 」 は 、 ① 長 篇 の 時 代 小 説 。 未 発 表 の 作 品 に 限 る 。 従 来 の 枠 に と ら わ れ な い ② 応 募 資 格 は プ ロ ・ ア マ を 問 わ な い 。 ③ 枚 数 は 400 字 詰 め 原 稿 用 紙 300 枚 以 上 400 枚 以 内 。 ワ ー プ ロ 原 稿 時 弋 ト 説 の 書 き 手 を 発 掘 す る 賞 と し て の 場 合 は 、 判 の 用 紙 品 字 = 響 を 目 安 に 印 字 す る こ と 。 原 稿 用 紙 、 の 印 字 は 不 可 。 4 00 字 換 算 で の 原 稿 枚 数 、 作 品 の 梗 概 ( 800 字 以 内 ) 、 筆 名 ( 本 名 ) ・ 住 所 ・ 電 話 番 号 ・ 年 齢 ・ 経 歴 を 明 記 し た 別 紙 を 添 え る こ と 。 位 置 づ け 、 プ ロ ・ ア マ を 問 わ ず 、 ④ 締 め 切 り は 、 2013 年 月 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 。 ⑤ 宛 先 幅 広 い 人 材 発 掘 を め ざ し ま す 。 l}— 10 4 ー 8 0 11 株 式 会 社 朝 日 新 聞 出 版 朝 日 時 代 小 説 大 賞 事 務 局 進 取 の 気 性 に 富 ん だ * 応 募 は 郵 送 に 限 り ま す 。 住 所 は 不 要 で す 。 ⑥ 入 選 作 発 表 「 小 説 ト リ ッ パ ー 」 2014 年 秋 季 号 ( 9 月 発 売 予 定 ) 意 欲 的 な 作 品 で 挑 戦 し て く だ さ い 。 * 途 中 経 過 は 図 年 夏 季 号 ( 6 月 発 売 予 定 ) に 掲 載 し ま す 。 ⑦ 正 賞 Ⅱ 記 念 ロ ロ リ ロ 一 。 田 賞 " 200 万 円 主 催 ・ 朝 日 新 聞 出 版 協 賛 ・ テ レ ビ 朝 日 ⑧ 受 賞 作 は 朝 日 新 聞 出 版 よ り 刊 行 し ま す 。 出 版 権 お よ び 映 像 化 権 そ の 他 の 権 利 は 、 朝 日 新 聞 出 版 に 属 し ま す 。 ⑨ 応 募 原 稿 は 返 却 し ま せ ん 。 コ ピ ー を と っ て お い て く だ さ い 。 ま た 選 考 経 過 に 選 考 委 員 ( 五 古 順 ) つ い て の 問 い 合 わ せ に は 応 じ ら れ ま せ ん 。 ⑩ ニ 重 投 稿 は ご 遠 慮 く だ さ い 。 縄 田 一 男 松 井 今 朝 子 山 本 兼 一 ⑩ 優 秀 な 応 募 作 品 に つ い て は 、 テ レ ビ 朝 日 で の ド ラ マ 化 を 検 討 し ま す 。 -0