検索 - みる会図書館

検索対象: 小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行から 324件ヒットしました。

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


小 説 幻 冬 12 2016 幻 冬 舎

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


マ ノ レ コ & マ 丿 レ コ 株 式 会 社 幻 冬 舎 http://www.gentosha.jp/ http://www.gentosha.co.jp/s/gento/ http://www.gentosha.co.jp/ 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 広 告 : 03 ー 5411 ー 6445 営 業 : 03 ー 5411 ー 6222 編 集 : 03 ー 5411 ー 6211 〒 151 ー 0051 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 4 ー 9 ー 7 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 本 は 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 ※ 本 誌 の 無 断 複 写 複 製 ( コ ビ ー 、 ス キ ャ ン 、 デ ジ タ ル 化 等 ) は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 ◎ GENTOSHA 2016 Printed in Japan 雑 誌 04957 ー 1 2 [ ご 意 見 ・ ご 感 想 は こ ち ら へ ] [email protected] 小 説 幻 冬 発 行 人 デ ザ イ ン & ア ー ト デ ィ レ ク シ ョ ン 表 紙 イ ラ ス ト レ ー タ ー 発 行 所 編 集 長 副 編 集 長 編 集 特 別 協 力 編 集 ア シ ス タ ン ト 制 作 進 行 広 告 局 長 広 告 局 営 業 局 印 刷 ・ 製 本 所 [ 幻 冬 舎 公 式 サ イ ト ] [ 小 説 幻 冬 公 式 サ イ ト ] [ 幻 冬 舎 可 us ] 石 原 正 康 有 馬 大 樹 鳥 原 龍 平 舘 野 晴 彦 菊 地 朱 雅 子 袖 山 麻 衣 子 四 本 恭 子 三 枝 美 保 三 宅 花 奈 片 野 貴 司 本 間 義 史 藤 村 友 信 小 池 大 輔 市 川 真 正 bookwall 小 玉 圭 太 君 和 田 麻 子 木 原 い づ み 宮 城 晶 子 大 野 里 枝 子 武 ロ 哲 也 渋 谷 莉 沙 12 月 号 2016 年 12 月 27 日 発 行 志 儀 保 博 大 島 加 奈 子 高 部 真 人 壷 井 円 羽 賀 千 恵

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


天 野 純 希 織 田 信 長 は 、 一 体 今 最 高 に 面 白 い 小 説 1979 年 愛 知 県 生 ま れ 。 憂 知 大 学 文 学 部 史 学 科 卒 業 。 2007 年 「 桃 山 ビ ー ト ・ ト ラ イ ブ 」 で 第 20 回 小 説 す ば る 新 人 賞 を 受 賞 し デ ビ ュ ー 。 13 年 「 破 天 の 剣 』 で 第 19 回 中 山 義 秀 文 学 賞 を 受 賞 。 他 の 著 書 に 一 覇 道 の 槍 」 「 衝 天 の 剣 島 津 義 弘 伝 ( 上 ) Ⅱ 回 天 の 剣 島 津 義 弘 伝 ( 下 ) 』 な ど 多 数 。 16 年 12 月 に 小 社 よ 町 蝮 の 孫 』 を 刊 行 予 定 。 目 桶 狭 間 の 戦 い = 信 長 = 今 川 氏 目 信 長 包 囲 網 = 信 長 = 足 利 氏 目 本 能 寺 の 変 = 信 長 = 明 智 氏 二 の 陣 四 の 陣 《 桶 狭 間 の 戦 り 先 攻 は 、 天 野 純 希 氏 に よ る 今 川 義 元 の 重 臣 ・ 一 一 〇 一 七 年 放 送 0 、 日 大 河 ド ラ 発 ん な 城 主 直 虎 」 の 主 人 公 、 井 伊 直 虎 の 父 は 、 桶 狭 間 に て 何 を 見 た の か 0 木 下 昌 輝 氏 に よ る 《 織 田 信 長 》 は = 〇 一 七 年 三 月 号 に て 掲 載 予 定 " " 0

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


= コ ン テ ス ト ピ シ プ 文 芸 大 賞 作 募 集 中 ー 「 ピ ク シ フ 芸 大 賞 」 で は み 思 わ す 誰 か に 感 想 を 云 た く な り 、 感 動 が 拡 大 し 続 け て い く そ ん な 。 ワ ー が 漲 る 小 説 を 求 め ま す 大 は 書 籍 化 & 像 化 ′ 皆 さ ん の " 面 白 い " を 詰 め こ ん だ 作 品 を 、 お 待 ち し て お り ま す 。 募 集 要 項 【 応 募 受 付 期 間 】 2016 年 10 月 27 日 ~ 2017 年 3 月 31 日 23 : 59 ま で 【 大 賞 】 幻 冬 舎 で 書 籍 化 、 【 応 募 方 法 】 ビ ク シ プ 文 芸 サ イ ト か ら 応 募 テ レ ビ 朝 日 で 映 像 化 ( 公 開 は 地 上 波 、 BS 、 【 内 容 】 ジ ャ ン ル 不 問 、 80 , 08 ~ 2 , 字 ( 原 稿 用 紙 28 ~ 500 枚 ) 、 CS 、 イ ン タ ー ネ ッ ト 配 信 な ど 作 品 に 応 じ て 選 定 ) 【 特 別 賞 】 テ レ ビ 朝 日 賞 、 小 説 幻 冬 賞 、 pixiv 賞 未 発 表 の オ リ ジ ナ ル 作 品 に 限 る プ ロ ・ ア マ 問 わ な い 【 選 考 委 員 】 ( 株 ) テ レ ビ 朝 日 、 ( 株 ) 幻 冬 舎 、 ビ ク シ プ ( 株 ) 【 大 賞 発 表 】 2017 年 10 月 ( 予 定 )

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


小 説 幻 冬 ⑩ 2016 C 0 N T N T S 【 小 説 】 天 野 純 希 一 野 望 の 狭 間 原 田 マ 、 / た ゆ た え ど も 沈 ま ず Fluctuat n00 me 「 gitu 「 住 野 よ る 麦 本 三 歩 は 今 日 が 好 き 秋 吉 理 香 子 一 野 良 大 高 田 郁 一 福 寿 草 あ さ の あ っ こ ラ ス ト ラ ン ラ ン ナ ー 4 朝 の 風 瀧 羽 麻 子 一 お む か い 中 村 文 則 一 神 島 本 理 生 一 僕 は 銀 の フ ー ク と 薬 を 手 に し て 排 水 溝 、 冬 の 終 わ り 、 ま 。 し ろ ( 後 編 ) 万 城 目 学 一 四 泊 七 日 【 中 】 澤 田 瞳 子 一 隠 ら す の 月 小 松 亜 由 美 一 恙 な き 遺 体 【 後 編 】 増 田 俊 也 一 黄 金 の ホ ル ス タ イ 一 葉 真 中 顕 一 凍 て つ く 太 陽 真 梨 幸 子 あ な た が お 望 み の も の は 何 で も 胃 a n2 312 292 274 236 200 180 168 1 54 112 100

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


ー の 新 刊 か 西 上 心 太 書 評 家 。 1957 年 東 京 都 生 ま れ 。 早 稲 田 大 学 法 学 部 卒 。 在 学 中 は ワ セ ダ ミ ス テ リ ク ラ ブ 所 属 。 日 本 推 理 作 家 協 会 員 で も あ り 、 数 々 の 推 理 小 説 で 巻 末 解 説 を 寄 稿 。 《 M 資 金 》 を め ぐ る 現 代 の 宝 探 し 。 の 暗 号 税 十 柴 田 哲 孝 円 伝 体 祥 本 敗 戦 後 の 日 本 で は 陰 謀 が ら み の 事 件 が 数 多 く 起 る 謎 に 迫 っ た の が 、 本 書 『 の 暗 号 』 で あ る 。 き た だ け で な く 、 謎 め い た 噂 も 少 な く な い 。 前 者 作 家 と 、 戦 後 占 領 史 を 教 え る 東 京 大 学 の 特 任 教 の 代 表 は 下 山 事 件 で あ り 、 後 者 を 代 表 す る も の が 授 と い う 一 一 つ の 顔 を 持 っ 浅 野 迦 羅 守 。 彼 の 前 に 小 《 資 金 》 を め ぐ る 風 説 だ ろ う 。 笠 原 伊 万 里 と い う 美 女 が 現 れ る 。 殺 さ れ た 父 の 書 戦 争 中 の 日 本 に は 占 領 地 か ら 接 収 し た り 、 国 民 斎 か ら 、 祖 父 か ら 伝 わ っ た 資 金 に 関 わ る 地 図 と か ら 供 出 さ せ た り し た 大 量 の 金 や プ ラ チ ナ な ど の 文 書 を 発 見 し た と い う の だ 。 伊 万 里 の 祖 父 が 下 山 貴 金 属 と 、 ダ イ ヤ モ ン ド な ど の 宝 石 が 隠 蔵 さ れ て 事 件 と の 関 与 が 噂 さ れ る 貿 易 会 社 ク 亜 細 亜 産 業 ク い た 。 日 本 を 実 質 上 支 配 し た に よ り そ れ ら の 関 係 者 だ っ た こ と を 知 っ た 迦 羅 守 は 、 俄 然 興 味 の 隠 退 蔵 物 資 は 押 収 さ れ る の だ が 、 敗 戦 前 後 の 混 を 惹 か れ 、 伊 万 里 の 依 頼 を 受 け 暗 号 文 で 書 か れ た ス 乱 に よ る 隠 匿 や 掠 め 取 り も あ っ て 、 隠 退 蔵 物 資 の 文 書 の 解 読 に 挑 む 。 の 行 方 を め ぐ る 全 貌 は 不 透 明 な ま ま で あ る 。 や が て 迦 羅 守 は 、 暗 号 解 読 の 助 つ 人 と し て 数 学 の 天 才 至 行 方 不 明 の 物 資 を 元 に し た と さ れ る 巨 額 資 産 は で あ る 武 田 菊 千 代 と 、 情 報 収 集 の プ ロ ・ 南 部 正 宗 必 奮 資 金 と 呼 ば れ 、 人 の ロ の 端 に 上 っ て い っ た 。 し か の 友 人 二 人 を チ ー ム に 加 え る 。 だ が 彼 ら の 背 後 に 興 も そ れ だ け で は 終 わ ら ず 、 後 の 世 に な っ て 資 金 は 資 金 を 狙 う 組 織 の 影 が 忍 び よ っ て い た 。 を 餌 に し た 巨 額 な 架 空 融 資 事 件 や 詐 欺 事 件 が 何 度 戦 後 史 の 虚 実 を と り 混 ぜ た 道 具 立 て に よ る 現 代 描 も 起 き る こ と に な る の で あ る 。 の 宝 探 し が 進 ん で い く と 、 や が て 日 本 の 中 世 に ま で カ 柴 田 哲 孝 は こ れ ま で 占 領 時 代 の 日 本 で 起 き た 事 で 遡 る 迦 羅 守 ら の 因 縁 ま で も が 浮 上 し て く る 。 史 す 像 件 を ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 、 フ ィ ク シ ョ ン を 問 わ ず 精 実 を も と に 奔 放 な 想 像 力 を 飛 翔 さ せ た 本 書 か ら は 、 想 刊 な 新 力 的 に 描 い て き た 。 そ の 作 者 が 現 在 で も と き お り 半 村 良 や 高 橋 克 彦 ら の 壮 大 な 伝 奇 小 説 を 読 ん だ と の こ 奔 亡 霊 の よ う に 表 社 会 に 浮 か び 上 が る 資 金 を め ぐ き の よ う な 興 奮 が 湧 き 上 が っ て く る 。 必 読 の 一 冊 。 柴 田 哲 孝 日 ロ の 一 勹 、 っ / ご

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


ー 特 集 ー ・ 秋 吉 理 香 子 が ・ ' お も し ろ い 。 ミ ス テ リ ー 小 説 界 に 新 風 を 巻 き 起 こ し 、 映 画 化 も 決 定 ( 2017 年 4 月 1 日 全 国 公 開 ) し て い る 『 暗 黒 女 子 』 が 記 憶 に 新 し い 小 説 家 ・ 秋 吉 理 香 子 。 11 月 10 日 に 刊 行 さ れ た 最 新 刊 『 絶 対 正 義 』 も 売 れ 行 き 好 調 で あ る 。 本 誌 で は 、 彼 女 の 魅 力 を 徹 底 研 究 。 な ぜ 、 秋 吉 理 香 子 作 品 は こ ん な に お も し ろ い の か 。 な ぜ , 秋 吉 理 香 子 作 品 は 売 れ て い る の か 亠 冬 っ

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


「 地 元 の 山 に は 少 々 詳 し い の で 、 芦 田 様 が 旅 館 に い ら し た 際 吉 田 検 視 官 補 佐 が 大 き な 咳 払 い を し た も の の 、 今 宮 の 背 筋 に ご 案 内 す る こ と は あ り ま し た 。 昨 日 も 同 行 さ せ て い た だ き が 伸 び る 気 配 も な く 、 私 が 肘 鉄 を 食 ら わ せ て も 起 き な い 。 事 ま し た 」 情 聴 取 は そ の ま ま 続 行 さ れ 、 質 問 役 は 船 岡 に 戻 っ た 。 「 他 に 一 緒 に 行 か れ る 方 は ? 」 「 芦 田 さ ん が 亡 く な っ た の は 午 前 二 時 前 後 と 推 測 さ れ ま す 。 「 梅 本 遼 司 様 で す 」 詳 細 は 司 法 解 剖 を お こ な っ て か ら に な り ま す が ー ー ー . 」 あ の 梅 本 遼 司 の 趣 味 が 山 菜 採 り と は 意 外 な 気 が し た 。 年 齢 こ こ で 飯 星 が 動 揺 し 始 め た 。 の 割 に は 落 ち 着 き の な い ー ー 印 象 な 悪 く 言 え ば チ ャ ラ 、 「 あ 、 芦 田 さ ん は 解 剖 さ れ て し ま う の で す か : : : 」 の に 。 「 死 因 不 詳 で す の で 、 ご 理 解 く だ さ い 。 我 々 に は 死 因 究 明 の 飯 星 い わ く 、 青 葉 会 の 会 合 は 年 に 一 回 程 度 で 、 月 日 は 毎 年 義 務 と 責 任 が あ る 。 司 法 解 剖 は 警 察 捜 査 の 一 環 で す 。 何 人 た ハ ラ バ ラ な の だ と か 。 年 一 回 だ け の 開 催 と は い え 、 売 れ っ 子 り と も 拒 否 は で き ま せ ん 」 た ち ー ー ー 中 に は 落 ち 目 の 者 も い る が ー ー ー の 予 定 を 取 り ま と め い き な り 今 宮 が 発 言 し た も の だ か ら 、 一 同 は 驚 い た 。 居 眠 て い た 芦 田 の 苦 労 が 偲 ば れ る 。 小 倉 は 続 け て 、 り を し つ つ 会 話 を し つ か り 聴 い て い る と は 何 と 器 用 な 男 な の 「 あ な た は 青 葉 会 の お 世 話 係 と の こ と で し た が 、 ど う い う 経 だ ろ う 。 今 宮 の 部 下 と し て 小 倉 た ち に 合 わ せ る 顔 が な く 、 そ 緯 で あ な た が そ の 係 に な っ た ん で す か ? 」 ろ そ ろ 苦 い 缶 コ ー ヒ ー で も 買 っ て 来 て や ろ う か と 思 っ て い た 「 大 し た 理 由 は あ り ま せ ん 。 た だ 、 私 が ミ ス テ リ フ ァ ン で 、 の に 。 も し や 、 寝 た ふ り を し て 飯 星 を 油 断 さ せ よ う と し て い 他 の 従 業 員 よ り 推 理 小 説 に 詳 し か っ た の で 」 た の か 。 そ う だ と し た ら 、 な か な か の 策 士 で あ る 。 小 倉 の 鋭 い 眼 光 を 避 け な が ら 、 飯 星 は 蚊 の 鳴 く よ う な 声 で 「 , ー ー 午 前 二 時 頃 で し た ら 、 私 は 従 業 員 用 の 仮 眠 室 に お り ま 答 え た 。 明 ら か に 怯 え て い る 。 こ う い う 場 合 、 捜 査 の 。 フ ロ は し た 」 怪 し い と 判 断 す る の だ ろ う か 。 飯 星 が 自 ら ア リ バ イ を 語 り 始 め る 。 ミ ス テ リ 好 き と 言 っ て 「 な る ほ ど 」 い た の で 、 事 情 聴 取 の 流 れ を 把 握 し て い る の か も し れ な い 。 小 倉 は 案 外 簡 単 に 引 き 下 が っ た 。 今 宮 は 何 を 考 え て い る の も し く は 、 自 ら ア リ バ イ を 語 り 、 や ま し い こ と が 無 さ そ う だ だ ろ う と 隣 を 見 る と ー ー ー す っ か り ま ど ろ ん で い た 。 相 当 疲 れ と 思 わ せ 疑 い を 逸 ら そ う と し て い る の か : て い る の だ ろ う が 、 こ こ は 起 き て い て い た だ き た い 。 私 が 恥 「 五 時 起 床 ま で 仮 眠 を 取 っ て お り ま し た 。 同 僚 も 何 人 か 一 緒 す か し い で は な い か 。 小 倉 が 苦 笑 し て い る 。 で し た の で 。 え え 。 女 性 用 と 男 性 用 の 仮 眠 室 が ご ざ い ま す 。 244

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


を 主 人 公 に し た " 大 阪 の 日 常 。 と い う 感 じ ビ = ー で き る ん だ ろ う ? っ て す っ と 悩 ん の 。 大 阪 弁 で し ゃ べ り 倒 す 明 る い 物 語 だ っ で い ま し た け ど 、 小 説 を 書 く の を 止 め よ た ん で す け ど 、 物 語 っ て い う に は 起 伏 が な う っ て 思 っ た こ と は な か っ た で す ね 。 デ さ す ぎ る 小 説 で し た 」 ビ ュ ー す る ま で に 一 〇 〇 作 以 上 は 書 い た と 思 い ま す 。 長 い も の も あ れ ば 短 い も の も あ 「 小 説 を 書 く の を 止 め よ う っ て り ま し た け ど 」 思 っ た こ と は な か っ た で す ね 陽 の 目 を 見 な か っ た 一 〇 〇 作 以 上 の 小 説 デ ビ ュ ー す る ま で に 一 〇 〇 作 以 上 は は 決 し て 無 駄 に は な ら な か っ た 。 あ る 日 、 書 い た と 思 い ま す 」 つ い に 夢 が 叶 う 。 二 〇 〇 八 年 「 雪 の 花 」 が 第 三 回 Yahoo!JAPAN 文 学 賞 を 受 賞 し た こ い ぎ な り 才 能 が 花 開 い た わ け で は な か っ と に よ り 、 念 願 の デ ビ = ー を 果 た し た 。 た 。 当 時 の 秋 吉 さ ん は 、 「 ぼ ん や り 」 と 思 「 カ フ カ と か 太 宰 と か に 影 響 を 受 け た の が い つ い た シ ー ン を 、 内 な る 問 題 意 識 と 合 体 ス タ ー ト な の で 、 も ち ろ ん 純 文 学 作 品 を 書 さ せ る こ と が で き な か っ た 。 だ が 、 秋 吉 さ い て い た ん で す よ 。 文 芸 誌 の 新 人 賞 で デ ん よ ″ 、 る 説 家 に な る ″ と い う 夢 を 諦 め な ビ ュ ー し て そ の ま ま 芥 川 賞 を 受 賞 す る と い 。 大 学 を 卒 業 し 、 「 課 題 」 と い う 形 で 自 う 王 道 を 夢 想 し て い た く ら い で す か ら 分 を 追 い 立 て て く れ る も の が な く な っ て ( 笑 ) 。 で も 、 不 思 議 で す よ ね 。 純 文 学 作 品 も 、 小 説 は 書 き 続 け た 。 の つ も り で 書 い た 『 雪 の 花 』 を 読 ん で く だ 「 最 低 で も 毎 年 一 作 品 は ど こ か の 文 芸 誌 の さ っ た 編 集 の 方 が " ミ ス テ リ ー を 書 い て み 賞 に 応 募 し て い ま し た 。 書 け ば 書 く ほ ど 、 ま せ ん か ? ″ と お っ し や っ て く れ た お か げ 小 説 の 書 き 方 が わ か る か と い う と そ ん な こ で 、 今 の 私 が あ る ん で す か ら 。 人 の 縁 に 恵 と も な く て 。 も ち ろ ん 、 始 め の 頃 よ り は う ま れ て い る ん だ な っ て 感 謝 し て い ま す 」 ま く な っ て い っ た と 思 う ん で す け ど 、 小 デ ビ ュ ー に 至 る ま で に 書 き 上 げ た 一 〇 〇 説 っ て い く つ も 壁 が あ る ん で す よ ね 。 本 当 作 以 上 の 小 説 。 そ の 作 品 を 書 く 時 間 の 中 で 、 に 難 し い い つ に な っ た ら 思 う よ う な 小 説 秋 吉 さ ん は 読 み 手 か ら 書 き 手 に 生 ま れ 変 が 書 け る ん だ ろ う ? い つ に な っ た ら デ わ っ て い っ た の だ ろ う 。 人 の 縁 に も 恵 ま れ 『 自 殺 予 定 日 』 ( 東 京 創 元 社 / 2016 年 4 月 刊 ) 秋 吉 さ ん か ら 一 自 殺 の ニ ュ ー ス を 見 る た び 、 い つ も 心 を 痛 め て い た 。 ふ と 、 自 殺 を 後 悔 し て い る 幽 霊 が 出 て き て 、 踏 み と ど ま る よ う に 説 得 し て く れ た ら ・ ・ ・ と 思 い つ き 、 こ の 作 品 が 生 ま れ た 。 軸 と な る 主 人 公 い い の に と 幽 霊 の ス ト ー リ ー が 重 く な り す ぎ な い よ う に 、 六 曜 や 風 水 、 グ ル メ な ど の 明 る い 要 素 も 盛 り 込 ん だ 。 誰 も が 一 度 は 「 死 ん で し ま い た い 」 と 考 え る こ と が あ る だ ろ う が 、 そ う い う 時 に こ の 作 品 が さ さ や か で も 希 望 を 与 え ら れ た ら と 願 っ て い る 。 自 予 定 日 秋 吉 理 香 子 装 丁 : 西 村 弘 美 装 画 : 米 満 彩 子 -6

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


持 ざ 気 し 分 て 淑 い 笠 あ ん ま ち し が に で ん で て ん あ く 原 子 い 担 入 も 力 、 い ま 。 夫 ら ど た 当 り 、 も 素 人 苦 海 浄 土 全 三 部 は そ ん し ち ち 敵 ペ ど 営 ま が ら な が の て 石 牟 礼 道 子 マ 茶 業 お よ . ろ ッ ん し 、 “ 水 俣 事 件 ” は 、 今 わ れ わ れ の 問 リ 葉 優 な 店 開 開 ト そ た つ ん ク ) 題 で あ る 。 解 説 = 赤 坂 真 理 ・ 鎌 田 は 雅 始 で ち で 店 グ と ア 頃 の 慧 ・ 池 澤 夏 樹 ・ 原 田 正 純 他 4200 円 ッ 店 ら 、 に 方 ざ 葉 い 手 ば ズ を ナ こ シ ひ と な る い ら 専 出 か 連 つ さ で は ユ .. 月 ち が う ・ か か わ る ・ か わ る ば 、 門 す り 絡 す ま に 大 田 堯 ・ 山 本 昌 知 囲 い を 開 放 し フ ぜ 店 の の の す し た 精 神 科 医 と 、 98 歳 の 真 の 教 育 レ 。 ひ ・ を ' て で 研 究 者 の 、 魂 の 対 話 。 2200 円 ノ レ お 所 伺 気 だ も 待 で イ 真 実 の 久 女 の し 状 邪 揚 さ は 悲 劇 の 天 才 俳 人 18g ー 1 6 な 々 ノ レ 坂 本 宮 尾 『 ホ ト ト ギ ス 』 同 人 除 と お さ し 、 ツ コ 名 等 を め ぐ る 従 来 の “ 久 女 伝 説 ” こ 1 0 名 送 せ わ 入 ト る を 覆 す 、 渾 身 の 評 伝 ! 3200 円 ポ ポ 笠 刺 た 用 り て に の を く い ね よ の 「 海 道 東 征 」 へ の 道 葉 ロ 夫 ロ 新 保 祐 司 戦 後 。 封 印 ” さ れ て い を だ 人 枚 を カ ス の し た 、 信 時 潔 ・ 作 曲 、 北 原 白 秋 ・ 作 納 の 詩 の 交 声 曲 ( カ ン タ ー タ ) は 、 今 、 品 自 お れ お ご す ァ な せ 復 活 し た の か ? 2800 円 待 つ 女 が て の ス 、 あ フ い 執 キ そ 淑 所 ・ 心 、 マ リ ー ・ ダ リ ュ セ ッ ク 『 め す 豚 も て 事 沢 う 子 と て ん ノ レ の が た り 』 で 一 世 を 風 靡 し た 著 し 、 イ ・ に の と 者 の 、 最 高 の 文 学 賞 に 輝 い た 最 い は ノ 、 ミ 疑 新 の 傑 作 。 高 頭 麻 子 訳 2400 円 、 ろ ん 置 笠 う ら も 牙 つ ん い た ば 静 ど な し 、 原 た り を 、 ら は ん た 結 、 か 『 ル ・ モ ン ド 』 か ら 世 界 を ば す の 筆 と : 夫 た つ ろ じ 婚 、 だ 秘 頭 使 人 て に ろ を 読 む 、 2N1 ー 2016 よ ん 、 ろ に 用 視 。 書 は 加 藤 晴 久 日 本 の メ デ ィ ア が 報 な る が 五 人 線 小 忘 覚 に に じ な い 9.11 後 の 世 界 を 、 仏 高 い 目 リ 、 あ 二 人 は を さ っ 級 日 刊 紙 か ら 読 み 解 く 。 3200 円 ん て 。 の 笠 巡 の な の の ら 、 西 話 原 話 と 家 ら も れ し 作 ら れ た 不 平 等 武 夫 お 事 自 が ま せ る の 日 本 、 中 国 、 ア メ リ カ 、 そ し て ヨ ー ロ ッ パ 人 覚 抱 使 分 た を も す ド R ・ ボ ワ イ エ レ ギ ュ ラ シ オ ン の 旗 の 真 ん 用 力 拾 ん 手 が 様 々 な 問 題 を 世 界 に 提 言 。 ム 球 軽 て 運 人 担 じ っ 山 田 鋭 夫 監 修 横 田 宏 樹 訳 3000 円 選 ま 白 快 い 転 と 当 や 五 た 変 32 頁 10 月 号 295 で 手 。 な 年 る 手 一 し に 月 平 川 祐 弘 / 木 村 汎 / 一 人 て 猫 い 目 リ 宮 脇 昭 / 石 牟 礼 道 子 の の 葉 の し 、 / 花 崎 皋 平 / 田 中 克 彦 / 加 藤 晴 久 / 大 田 昌 秀 / 中 西 進 / が 厨 ナ 匹 オ よ ロ を フ 中 村 桂 子 / 三 砂 ち づ る / 尾 形 明 子 ほ か 住 房 頃 コ 弾 に と と ノ レ 年 間 購 読 料 2 网 円 ( 送 料 込 ) ◎ 見 本 み 係 は 、 し ン ま ク 誌 ・ ブ ッ ク ガ イ ド 呈 * 表 示 価 格 税 抜 込 す そ ろ に せ ロ 〒 162 ー 41 東 京 都 新 宿 区 早 稲 田 鶴 巻 町 523 、 ね 付 ナ み ・ そ ノ 、 し ス 振 替 18 ー 4 ー 17013 TEL 03 ー 5272 301 ホ ー ム べー ジ http://wwwfujiwara-shoten.8.jp/ て そ で し ウ 325 あ な た が お 望 み の も の は 何 で も season2 藤 原 吉 店