検索 - みる会図書館

全データから 210864件ヒットしました。

岸信介―権勢の政治家 (岩波新書 新赤版 (368))


原 彬 久 著 岸 信 介 ー 権 勢 の 政 治 家 ー 岩 波 新 書 368

岸信介―権勢の政治家 (岩波新書 新赤版 (368))


euruS 原 彬 久 著 家 一 一 一 一 口 治 イ 政 の 勢 権 岸 岩 波 新 書 368 れ 0 ま u ま

岸信介―権勢の政治家 (岩波新書 新赤版 (368))


原 彬 久 1939 年 北 海 道 釧 路 市 に 生 ま れ る 1963 年 早 稲 田 大 学 第 一 政 経 学 部 政 治 学 科 卒 業 現 在 ー 東 京 国 際 大 学 教 授 , 法 学 博 士 ( 一 橋 大 学 ) こ の 間 , 1977 ~ 78 年 プ リ ン ス ト ン 大 学 お よ び 1990 年 ケ ン プ リ ッ ジ 大 学 客 員 研 究 員 専 攻 ー 国 際 政 治 学 , 日 本 外 交 史 , 日 米 関 係 論 著 書 ー 「 戦 後 日 本 と 国 際 政 治 一 一 安 保 改 定 の 政 治 力 学 」 ( 中 央 公 論 社 ) 「 日 米 関 係 の 構 図 」 ( NHK ブ ッ ク ス ) 「 国 際 政 治 分 析 ー ー 理 論 と 現 実 」 ( 新 評 論 ) 「 国 際 関 係 論 基 礎 研 究 」 ( 共 編 , 福 村 出 版 ) 「 現 代 国 際 政 治 の ダ イ ナ ミ ク ス 」 ( 共 編 , 早 稲 田 大 学 出 版 部 ) 訳 書 ー A. M. ス コ ッ ト 「 国 際 政 治 の 機 能 と 分 析 」 ( 福 村 出 版 ) H. J. モ ー ゲ ン ソ ー - ' - 「 国 際 政 治 一 一 - 権 力 と 平 和 」 全 3 巻 ( 訳 者 代 表 , 福 村 出 版 ) 介 の イ 価 定 岸 ー に 表 示 し て あ り ま す 岩 波 新 書 ( 新 赤 版 ) 368 1995 年 1 月 20 日 第 1 刷 発 行 は ら よ し ひ き 著 者 原 彬 久 安 江 良 介 発 行 者 株 式 会 社 岩 波 書 店 発 行 所 〒 101 ー 02 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 5 電 話 案 内 03 ー 5210 ー 4000 営 業 部 03 ー 5210 ー 4111 新 書 編 集 部 03 ー 5210 ー 4054 印 刷 ・ 精 興 社 カ バ ー ・ 半 七 印 刷 製 本 ・ 永 井 製 本 OYoshihisa Hara 1995 ISBN 4 ー 00 ー 430368 ー 0 Printed in Japan

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


今 泉 隆 雄 『 古 代 宮 都 の 研 究 』 ( 吉 川 弘 文 館 、 一 九 九 三 年 ) 八 木 充 『 日 本 古 代 政 治 組 織 の 研 究 』 ( 塙 書 房 、 一 九 八 六 年 ) 大 山 誠 一 『 古 代 国 家 と 大 化 改 新 』 ( 吉 川 弘 文 館 、 一 九 八 八 年 ) 青 木 和 夫 『 日 本 律 令 国 家 論 攷 』 ( 岩 波 書 店 、 一 九 九 一 一 年 ) 宮 崎 市 定 「 日 本 の 官 位 令 と 唐 の 官 品 令 」 『 宮 崎 市 定 全 集 』 ( 岩 波 書 店 、 一 九 九 一 一 年 ) 井 上 光 貞 『 日 本 古 代 史 の 諸 問 題 』 ( 思 索 社 再 版 、 一 九 七 一 一 年 ) 奈 良 文 化 財 研 究 所 史 料 間 『 評 制 下 荷 札 木 簡 集 成 』 ( 奈 良 文 化 財 研 究 所 、 一 一 〇 〇 六 年 ) 浅 野 啓 介 「 庚 午 年 籍 と 五 十 戸 制 」 『 日 本 歴 史 』 六 九 八 、 一 一 〇 〇 六 年 佐 々 木 恵 介 「 律 令 里 制 の 特 質 に つ い て 」 『 史 学 雑 誌 』 九 五 ー 二 、 一 九 八 六 年 早 川 庄 八 『 天 皇 と 古 代 国 家 』 ( 講 談 社 学 術 文 庫 、 一 一 〇 〇 〇 年 ) 一 二 、 二 〇 〇 一 一 年 佐 々 田 悠 「 律 令 制 祭 祀 の 形 成 過 程 」 『 史 学 雑 誌 』 一 菊 地 照 夫 「 律 令 国 家 と 相 嘗 祭 」 虎 尾 俊 哉 編 『 律 令 国 家 の 政 務 と 儀 礼 』 ( 吉 川 弘 文 館 、 一 九 九 五 年 ) 斎 藤 英 喜 『 ア マ テ ラ ス の 深 み へ 古 代 神 話 を 読 み 直 す 』 ( 新 曜 社 、 一 九 九 六 年 ) 西 本 昌 弘 「 八 世 紀 の 神 今 食 と 御 体 御 ト 」 『 日 本 古 代 の 王 宮 と 儀 礼 』 ( 塙 書 房 、 一 一 〇 〇 八 年 ) 丸 山 真 男 『 丸 山 真 男 講 義 録 〔 第 四 冊 〕 日 本 政 治 思 想 史 1964 』 ( 東 京 大 学 出 版 会 、 一 九 九 八 年 ) 岡 田 精 司 『 古 代 王 権 の 祭 祀 と 神 話 』 ( 塙 書 房 、 一 九 七 〇 年 ) 吉 田 孝 『 大 系 日 本 の 歴 史 3 古 代 国 家 の 歩 み 』 ( 小 学 館 、 一 九 八 八 年 ) 『 日 本 の 誕 生 』 ( 岩 波 新 書 新 赤 版 、 一 九 九 七 年 ) 井 上 光 貞 「 古 代 日 本 と 律 令 法 」 『 井 上 光 貞 著 作 集 』 6 ( 岩 波 書 店 、 一 九 八 五 年 ) 368

図書 2016年10月


岩 波 文 庫 304 頁 小 長 谷 正 明 井 上 八 千 代 判 変 型 240 頁 正 岡 子 規 判 144 一 貝 日 甲 〈 岩 波 科 学 ラ イ プ ラ リ ー 〉 日 刊 獺 祭 書 屋 俳 話 ・ 芭 蕉 雑 談 京 舞 春 秋 9 日 刊 難 病 に い ど む 遺 伝 子 治 療 小 笠 原 清 ・ 梶 山 弘 子 編 著 岩 波 新 書 384 頁 判 656 頁 高 橋 源 一 郎 編 フ レ デ リ ッ ク ・ マ ル テ ル / 林 は る 芽 訳 1 日 刊 映 画 監 督 小 林 正 樹 【 再 録 日 刊 読 ん じ ゃ い な よ ! 現 地 レ ポ 1 ト 世 界 事 情 ー 明 治 学 院 大 学 国 際 学 部 高 橋 源 一 郎 ゼ ミ で 岩 波 新 書 を よ む ー ー 変 わ り つ つ あ る 人 権 と 文 化 の 地 政 学 ー 野 崎 歓 四 六 判 352 頁 判 208 頁 夢 の 共 有 【 再 録 】 Ⅱ 日 刊 四 日 刊 齋 藤 孝 岩 波 新 書 240 頁 ー 文 学 と 翻 訳 と 映 画 の は ざ ま で ー 1 日 羽 . 新 し い 学 力 酒 井 譲 ・ 矢 川 元 基 判 160 頁 山 本 健 一 1 日 粒 子 法 基 礎 と 応 用 四 六 判 440 頁 岩 波 新 書 256 頁 川 名 壮 志 8 ー 」 劇 作 家 秋 元 松 代 1 日 す 四 日 刊 密 着 最 高 裁 の し ご と ー 荒 地 に ひ と り 火 を 燃 や す ー 四 六 判 272 頁 ま 鈴 木 直 次 〈 岩 波 現 代 全 書 〉 ー 野 暮 で 真 摯 な 事 件 簿 ー モ ー タ リ ゼ 1 シ ョ ン の 世 紀 日 刊 あ 保 坂 展 人 ー e 型 フ ォ ー ド か ら 電 気 自 動 車 へ 判 64 頁 - カ 〈 岩 波 ブ ッ ク レ ッ ト 〉 岩 波 新 書 240 頁 新 井 潤 美 2 日 刊 合 日 刊 相 模 原 事 件 と ヘ イ ト ク ラ イ ム 、 プ リ ッ ク ・ ス ク ー ル 場 大 久 保 泰 甫 ー イ ギ リ ス 的 紳 士 ・ 淑 女 の つ く ら れ か た ー れ ホ ワ ソ ナ ー ド と 国 際 法 判 376 頁 日 刊 尾 関 周 一 「 環 境 思 想 ・ 教 育 研 究 会 編 判 64 頁 ー 台 湾 出 兵 事 件 の 透 視 図 ー さ 片 日 刊 〈 岩 波 ブ ッ ク レ ッ ト 〉 十 川 信 介 岩 波 新 書 256 頁 更 絽 日 刊 変 「 環 境 を 守 る 」 と は ど う い う こ と か 夏 目 漱 石 〈 リ ー デ ィ ン グ ス 戦 後 日 本 の 思 想 水 脈 6 〉 ー 環 境 思 想 入 門 46 井 上 順 孝 編 5 判 3 5 2 頁 日 刊 能 社 会 の 変 容 と 宗 教 の 諸 相 岩 波 ジ ュ ニ ア 新 書 208 頁 矢 ロ 進 也 岩 波 現 代 文 庫 288 頁 岩 田 誠 刊 絽 日 刊 日 刊 上 手 な 脳 の 使 い か た 漱 石 全 集 物 語 四 六 判 272 頁 目 守 中 高 明 書 ジ ャ ッ ク ・ デ リ ダ と 精 神 分 析 日 刊 斎 藤 貴 男 岩 波 現 代 文 庫 352 頁 〈 岩 波 講 座 現 代 2 〉 中 島 秀 人 編 判 304 頁 刊 ー 耳 ・ 秘 密 ・ 灰 そ し て 主 権 ー 1 日 ・ 一 機 会 不 平 等 ポ ス ト 冷 戦 時 代 の 科 学 / 技 術 日 刊 の き た や ま お さ む 定 コ プ の な い 駱 駝 四 六 判 256 頁 フ ォ 1 ク ナ ー / 諏 訪 部 浩 一 訳 岩 波 文 庫 416 頁 〈 岩 波 講 座 教 育 変 革 、 の 展 望 6 〉 日 刊 八 月 の 光 新 予 ー き た や ま お さ む 「 心 」 の 軌 跡 ー 日 刊 佐 藤 学 ・ 秋 田 喜 代 美 ・ 志 水 宏 吉 ・ 判 288 頁 小 玉 重 夫 ・ 北 村 友 人 編 集 委 員 四 日 刊 ・ マ ル ト ウ レ イ 、 ・ — ・ ダ ・ ガ ル バ / 学 校 の ポ リ テ ィ ク ス 店 刊 日 高 昭 二 編 四 六 判 256 頁 田 澤 耕 訳 岩 波 文 庫 512 頁 日 刊 書 月 大 坂 の 陣 近 代 文 学 名 作 選 1 日 テ イ ラ ン ・ ロ ・ プ ラ ン 2 〔 コ フ ィ ・ ア ナ ン 、 ネ イ ダ ー ・ ム ザ ヴ ィ ザ ド ウ / ェ イ ミ ー ・ ウ ィ ッ テ ィ ン グ 作 四 六 判 248 頁 白 戸 純 訳 四 六 判 各 256 頁 夏 目 漱 石 日 刊 岩 波 文 庫 368 頁 井 上 里 訳 炻 日 刊 わ た し は イ ザ ベ ル 介 入 の と き コ フ ィ ・ ア ナ ン 回 顧 録 山 e 日 刊 一 一 百 十 日 ・ 野 分

思想 2016年第10号(第1110号)


小 長 谷 正 明 井 上 八 千 代 岩 波 文 庫 304 頁 判 変 型 240 頁 正 岡 子 規 日 甲 〈 岩 波 科 学 ラ イ プ ラ リ ー 〉 判 144 頁 京 舞 春 秋 % 日 刊 獺 祭 書 屋 俳 話 ・ 芭 蕉 雑 談 9 日 刊 難 病 に い ど む 遺 伝 子 治 療 小 笠 原 清 ・ 梶 山 弘 子 編 著 判 656 頁 高 橋 源 一 郎 編 岩 波 新 書 384 頁 8 ー 」 フ レ デ リ ッ ク ・ マ ル テ ル / 林 は る 芽 訳 1 日 甲 映 画 監 督 小 林 正 樹 【 再 録 日 刊 読 ん じ ゃ い な よ ! 現 地 レ ポ ー ト 世 界 事 情 ー 明 治 学 院 大 学 国 際 学 部 高 橋 源 一 郎 ゼ ミ で 岩 波 新 書 を よ む ー ー 変 わ り つ つ あ る 人 権 と 文 化 の 地 政 学 ー 野 崎 歓 四 六 判 352 頁 判 208 頁 夢 の 共 有 【 再 録 】 日 刊 四 日 刊 齋 藤 孝 岩 波 新 書 240 頁 ー 文 学 と 翻 訳 と 映 画 の は ざ ま で ー 絽 日 刊 新 し い 学 力 酒 井 譲 ・ 矢 川 元 基 判 160 頁 山 本 健 一 1 日 粒 子 法 基 礎 と 応 用 四 六 判 440 頁 川 名 壮 志 岩 波 新 書 256 頁 劇 作 家 秋 元 松 代 絽 日 刊 す 四 日 刊 密 着 最 高 裁 の し ご と ー 荒 地 に ひ と り 火 を 燃 や す ー 四 六 判 272 頁 ま 鈴 木 直 次 〈 岩 波 現 代 全 書 〉 ー 野 暮 で 真 摯 な 事 件 簿 ー モ 1 タ リ ゼ 1 シ ョ ン の 世 紀 日 刊 あ 保 坂 展 人 ー e 型 フ ォ 1 ド か ら 電 気 自 動 車 へ 判 64 頁 〈 岩 波 ブ ッ ク レ ッ ト 〉 岩 波 新 書 240 頁 新 井 潤 美 2 日 刊 合 絽 日 刊 相 模 原 事 件 と ヘ イ ト ク ラ イ ム パ プ リ ッ ク ・ ス ク ー ル 場 大 久 保 泰 甫 ー イ ギ リ ス 的 紳 士 ・ 淑 女 の つ く ら れ か た ー れ ボ ワ ソ ナ 1 ド と 国 際 法 判 376 頁 日 刊 尾 関 周 二 、 環 境 思 想 ・ 教 育 研 究 会 編 判 64 頁 ー 台 湾 出 兵 事 件 の 透 視 図 ー さ 〈 岩 波 ブ ッ ク レ ッ ト 〉 片 日 刊 十 川 信 介 更 岩 波 新 書 256 頁 変 絽 日 刊 「 環 境 を 守 る 」 と は ど う い う こ と か 夏 目 漱 石 〈 リ ー デ ィ ン グ ス 戦 後 日 本 の 思 想 水 脈 6 〉 ー 環 境 思 想 入 門 ー 6 井 上 順 孝 編 判 352 頁 日 能 社 会 の 変 容 と 宗 教 の 諸 相 岩 波 ジ ュ ニ ア 新 書 208 頁 矢 ロ 進 也 岩 波 現 代 文 庫 288 頁 岩 田 誠 8 ー 」 刊 1 日 甲 日 刊 上 手 な 脳 の 使 い か た 漱 石 全 集 物 語 目 守 中 高 明 四 六 判 272 頁 日 刊 書 ジ ャ ッ ク ・ デ リ ダ と 精 神 分 析 斎 藤 貴 男 岩 波 現 代 文 庫 352 頁 〈 岩 波 講 座 現 代 2 〉 中 島 秀 人 編 判 304 頁 刊 ー 耳 ・ 秘 密 ・ 灰 そ し て 主 権 ー 1 日 機 会 不 平 等 ポ ス ト 冷 戦 時 代 の 科 学 / 技 術 四 日 刊 の き た や ま お さ む 定 コ プ の な い 駱 駝 四 六 判 256 頁 フ ォ 1 ク ナ ー / 諏 訪 部 浩 一 訳 岩 波 文 庫 416 頁 〈 岩 波 講 座 教 育 変 革 、 の 展 望 6 〉 日 刊 八 月 の 光 新 予 ー き た や ま お さ む 「 心 」 の 軌 跡 ー 炻 日 刊 佐 藤 学 ・ 秋 田 喜 代 美 ・ 志 水 宏 吉 ・ 判 288 頁 小 玉 重 夫 ・ 北 村 友 人 編 集 委 員 日 刊 ・ マ ル ト ウ レ イ 、 ・ ・ ダ ・ ガ ル バ / 学 校 の ポ リ テ ィ ク ス 店 刊 日 高 昭 二 編 四 六 判 256 頁 田 澤 耕 訳 岩 波 文 庫 512 頁 書 月 大 坂 の 陣 近 代 文 学 名 作 選 日 刊 テ イ ラ ン ・ ロ ・ プ ラ ン 2 〔 コ フ ィ ・ ア ナ ン 、 ネ イ ダ ー ・ ム ザ ヴ ィ ザ ド ウ / 岩 ェ イ ミ ー ・ ウ ィ ッ テ ィ ン グ 作 四 六 判 248 頁 白 戸 純 訳 四 六 判 各 256 頁 夏 目 漱 石 岩 波 文 庫 368 頁 井 上 里 訳 祐 日 刊 日 刊 わ た し は イ ザ ベ ル 介 入 の と き コ フ ィ ・ ア ナ ン 回 顧 録 田 日 刊 一 一 百 十 日 ・ 野 分

岸信介―権勢の政治家 (岩波新書 新赤版 (368))


岸 信 介 ー 権 勢 の 政 治 家 戦 前 、 革 新 官 僚 と し て 満 州 国 の 産 業 開 発 を 主 導 、 東 条 内 閣 の 商 工 大 臣 を 務 め た 岸 信 介 は 、 < 級 戦 犯 容 疑 者 と さ れ な が ら 政 界 復 帰 を 果 た し 、 首 相 の 座 に 就 い て 安 保 改 定 を 強 行 、 退 陣 後 も 改 憲 を め ざ し て 隠 然 た る 力 を ふ る っ た 。 そ の 九 〇 年 の 生 涯 と 時 代 と の 交 錯 を 生 前 の 長 時 間 イ ン タ ビ ュ ー 、 未 公 開 の 巣 鴨 獄 中 日 記 や 米 側 資 料 を 駆 使 し て 見 事 に 描 く 。

日本の税金 新版 (岩波新書)


三 木 義 一 〉 日 本 の 税 金 新 版 Yoshikazu N1iki 岩 波 新 書 1359

岸信介―権勢の政治家 (岩波新書 新赤版 (368))


林 茂 ・ 辻 清 明 編 『 日 本 内 閣 史 録 』 ( 2 , 3 , 4 ) 第 一 法 規 , 昭 和 56 年 東 郷 文 彦 『 日 米 外 交 三 十 年 』 世 界 の 動 き 社 , 昭 和 57 年 伊 藤 隆 『 昭 和 期 の 政 治 』 山 川 出 版 社 , 昭 和 58 年 岸 信 介 『 岸 信 介 回 顧 録 ー ー 保 守 合 同 と 安 保 改 定 』 廣 済 堂 , 昭 和 58 年 角 田 順 編 『 石 原 莞 爾 資 料 ー ー 国 防 論 策 篇 [ 増 補 版 ] 』 原 書 房 , 昭 和 59 年 赤 松 貞 雄 『 東 条 秘 書 官 機 密 日 誌 』 文 藝 春 秋 , 昭 和 60 年 高 木 惣 吉 『 高 木 惣 吉 日 記 』 毎 日 新 聞 社 , 昭 和 60 年 読 売 新 聞 政 治 部 編 『 権 力 の 中 枢 が 語 る 自 民 党 の 三 十 年 』 読 売 新 聞 社 , 昭 和 60 年 渡 辺 京 二 『 北 一 輝 』 朝 日 新 聞 社 , 昭 和 60 年 石 田 博 英 『 私 の 政 界 昭 和 史 』 東 洋 経 済 新 報 社 , 昭 和 61 年 『 国 史 大 辞 典 』 ( 第 8 巻 ) 吉 川 弘 文 館 , 昭 和 62 年 武 藤 富 男 『 私 と 満 州 国 』 文 藝 春 秋 , 昭 和 63 年 原 彬 久 『 戦 後 日 本 と 国 際 政 治 一 一 安 保 改 定 の 政 治 力 学 』 中 央 公 論 社 , 昭 和 63 年 岸 信 介 伝 記 編 纂 委 員 会 編 『 人 間 岸 信 介 波 瀾 の 九 十 年 』 岸 信 介 遺 徳 顕 彰 会 , 平 成 元 年 木 下 道 雄 『 側 近 日 誌 』 文 藝 春 秋 , 平 成 2 年 寺 崎 英 成 『 昭 和 天 皇 独 白 録 ー ー 寺 崎 英 成 ・ 御 用 掛 日 記 』 文 藝 春 秋 , 平 成 3 年 原 彬 久 『 日 米 関 係 の 構 図 』 NHK ブ ッ ク ス , 平 成 3 年 大 江 志 乃 夫 『 御 前 会 議 』 中 公 新 書 , 平 成 3 年 岩 見 隆 夫 『 新 版 ・ 昭 和 の 妖 怪 岸 信 介 』 朝 日 ソ ノ ラ マ , 平 成 6 年 ( 第 14 巻 ) 日 本 図 書 セ ン タ ー , 平 成 5 年 粟 屋 憲 太 郎 ・ 吉 田 裕 編 集 ・ 解 説 『 国 際 検 察 局 ( IPS ) 尋 問 調 書 』 コ ・ 文 藝 春 秋 , 平 成 4 年 安 倍 洋 子 『 わ た し の 安 倍 晋 太 郎 3 岸 信 介 の 娘 と し て 』 ネ ス

岸信介―権勢の政治家 (岩波新書 新赤版 (368))


韓 国 系 企 業 か ら 三 菱 地 所 が 同 霊 園 の 経 営 権 を 引 き 継 い だ と き 、 そ の 仲 介 役 に な っ た の が 岸 で あ う す る 。 彼 が 同 霊 園 の 経 営 権 移 譲 を 仲 立 ち し 、 そ こ に み ず か ら の 骨 を 埋 め た と な れ ば 、 そ の 奥 っ 城 が 特 別 の 権 勢 を 暗 示 し て い る と し て も 不 思 議 で は な い 。 威 風 を 放 っ 御 殿 場 の 墓 は 、 戦 後 政 治 最 大 の フ ィ ク サ ー と も い わ れ た 岸 信 介 の 面 目 を 静 か に 確 か め て い る よ う で も あ る 。 と ま れ 、 質 朴 と 権 勢 と を そ れ ぞ れ 象 徴 す る か の よ う な 、 こ れ ら 二 つ の 墳 墓 の 彼 方 に は 、 九 〇 年 の 歳 月 を 刻 ん だ 岸 の 広 漠 た る 人 生 横 た わ 。 て い る 。 よ し き 岸 信 介 は 明 治 一 一 九 年 ( 一 八 九 六 年 ) 一 一 月 一 三 日 、 山 口 県 吉 敷 郡 山 口 町 ( 現 在 の 山 口 市 ) ひ で す け 勝 気 な 母 に 生 ま れ る 。 父 佐 藤 秀 助 と 母 茂 世 の 間 に は 三 男 七 女 が も う け ら れ た 。 信 介 は そ の 次 寡 黙 な 父 男 で あ る 。 他 の 兄 弟 姉 妺 が す 。 へ て 田 布 施 生 ま れ で あ る の に 、 信 介 だ け は 、 そ こ か ら , ハ 〇 キ ロ 西 へ 離 れ た 山 口 町 で 生 を 受 け て い る 。 父 秀 助 が 当 時 た ま た ま 同 地 で 県 庁 の 役 人 を し て い た か ら で あ る 。 火 秀 助 は も と も と 岸 家 の 出 だ が 、 同 じ 田 布 施 に あ る 佐 藤 家 の 家 つ き 娘 茂 世 と 結 婚 し 、 佐 藤 姓 を 新 名 乗 る 。 秀 助 一 八 歳 、 茂 世 一 四 歳 の と き で あ る 。 茂 世 の 両 親 は 、 佐 藤 家 を 継 ぐ べ き 息 子 た ち に 維 恵 ま れ な が ら 、 長 女 茂 世 の 婿 養 子 と し て 秀 助 を 迎 え 、 佐 藤 家 か ら 分 家 さ せ る 。 「 佐 藤 信 介 」 が 章 の ち に 「 岸 信 介 」 へ と 改 姓 す る の は 、 実 は 父 秀 助 の 実 家 に 信 介 が 養 子 と し て 入 っ た か ら で あ る 。 第 信 介 、 中 学 一 二 年 の と き で あ っ た 。 お く き