検索 - みる会図書館

全データから 213375件ヒットしました。

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


幸 福 な 降 伏 い と し の レ プ リ カ 3

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


幸 福 な 降 伏 い と し の レ プ リ カ 3 深 沢 梨 絵 white heart 講 談 社 X 文 庫

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


173 幸 福 な 降 伏 ド ッ と 倒 れ 伏 し た 。 は た 目 に は 、 ま る で 朔 也 か ら 殴 ら れ た 勢 い で そ う な っ た よ う に 見 え た は ず だ 。 唖 然 と し て 彼 を 見 下 ろ す 朔 也 の 腕 を 、 間 髪 入 れ ず 、 制 服 姿 の 警 官 が 攤 ん で い た 。

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


CONTENTS STAGE 5 蠱 惑 的 な ジ レ ン マ STAG E 6 堕 ち た リ ー ダ ー STAGE 7 罠 に は 罠 を エ ピ ロ ー グ 幸 福 な 降 伏 あ と か き 7 1 45 1 87 202

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


エ ピ ロ ー グ 幸 福 な 降 伏 ン 0 0 0 を 0 0 第 第 ・ 産 0 0 愛 愛 全 め 0 、 ・ 、 ツ イ 00 ・ え / の み ろ っ ? 0 を を . み %. ・ 000X . 0 ク ク ク 0 タ 第 、 3 . ・ 0 ◆ 0 第 、 0 、 ′ 、 移 や 00 を タ 2 を ツ を 4 第 0 0 ぐ を 箋 響 - 0 を を 0 ? 0 ′ 磆 0

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


185 幸 福 な 降 伏 ハ 力 、 そ ん な こ と ー ー ー 」 「 い い ん だ ぜ 、 ま だ ま だ 先 は 長 い ん だ か ら 。 お た が い 、 人 生 ど ん な ど ん で ん 返 し が あ る か な ん て わ か ん な い だ ろ う ? 」 え ん ぜ ん 荒 て ふ た め く 橋 上 の 肩 に 誘 う よ う に 手 を か け て 、 沙 樹 は 艶 然 と 、 溶 け る よ う な 微 笑 を 見 せ た 。 橋 上 が い ま ま で 見 せ ら れ た な か で も 最 高 に 蠱 惑 的 な 、 思 わ ず 惑 わ さ れ て し ま い そ う な 微 笑 だ っ た 。 こ わ く て き

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


155 幸 福 な 降 伏 ぎ た だ ろ う か 。 「 わ か っ た 、 じ ゃ あ す と 、 沙 樹 は 複 雑 な 面 持 ち で 視 線 を 上 げ た 。 橋 上 が 、 勢 い 込 ん で 問 い か け る 。 「 ど う し た 、 沙 樹 。 由 香 里 ち ゃ ん に な に 言 わ れ た ん だ ? 」 「 : : : ん 。 彼 女 も 新 聞 で ケ ン シ ョ ウ の こ と 知 っ て 、 も し か し て 朔 也 の 仕 組 ん だ こ と じ ゃ な い か っ て 疑 っ て た 、 っ て 。 で 、 俺 が 奴 を 追 っ か け よ う と し て る っ て 言 っ た ら : ・ 言 っ た ら 、 ど う し た ? 」 「 だ か ら 、 俺 が い き な り 現 れ た ら 警 戒 さ れ る だ け だ か ら や め ろ っ て 。 で 、 由 香 里 ち ゃ ん 、 こ こ は と り あ え ず 自 分 に 任 せ て く れ 、 っ て ー ー ー 」 と い う 言 葉 で 会 話 を 締 め て 、 電 話 を 耳 元 か ら 離

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


143 幸 福 な 降 伏 そ の 注 文 に う な ず い て 、 ト オ ル の 視 線 が 橋 上 に 移 さ れ た 。 橋 上 も 、 ろ く に 考 え も し な い で 「 同 じ も の を 」 と 告 げ る 。 注 文 品 を 用 意 す る た め に 、 ト オ ル が カ ウ ン タ ー へ と 戻 っ て い っ た 。 と た ん 、 沙 樹 の 表 情 が ふ た た び 険 し く こ わ ば り つ く 。 な か ば 無 意 識 の よ う に 、 握 っ た 右 手 を 口 元 に 運 び 、 白 い 歯 を の ぞ か せ て 人 差 し 指 の 関 節 を き つ く 噛 む 。 「 : : : 朔 也 の 野 郎 。 あ い つ が ケ ン シ ョ ウ を ハ メ や が っ た ん だ 」

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


幸 福 な 降 伏 で 車 だ 旁 待 は 得 短 え 橋 凶 り る と 歩 や だ 方 し は な が 也 ら が 冫 少 、 樹 て は 携 れ 帯 た 話 ろ 取 . 出 し 短 番 を プ ツ シ し た 脇 曾 い く ん 、 教 勇 月 ま い 169 、 じ 流 ん て か た い て 、 た 焦 じ ら お し ら は す 。 な そ ふ う 朔 に 也 な し お そ の し ) え 助 が 手 乱 席 入 側 し の い 里 大 ア に た か ク は け 俺 る ら は な し ) い ヤ あ 話 ぶ を な 聞 て せ 降 ら な し よ て れ カ よ い よ け ど ち や ん と 手 は 打 つ か ら し ほ き ら が り う な 沙 ま て . 丈 夫 任 せ て お ま え は 車 樹 は さ っ く ド ロ ッ 手 を か る ぜ そ 由 香 里 ち や ん を 助 け に 行 か と い は な れ 弾 し に か を な れ 含 っ た ん て よ だ 、 沙 の 沙 樹 声 樹 を 。 振 そ り 由 ろ 仰 香 ろ だ が 、 脅 。 息 を 呑 の む 気 配 が 伝 わ て く 帰 ち せ ま ん ん か な ス リ ひ と つ ぐ ら 緒 や ・ つ と い て も わ く え た じ あ そ や だ だ あ あ な と く つ て い っ て い い お ま え に ・ つ し ) か ま え 、 ん 。 て し ゝ ま さ ら 自 分 高 く 売 ろ う て の か

幸福な降伏 いとしのレプリカ3⃣


21 フ な イ 内 中 お プ 装 で 二 布 ぶ 日 に れ あ が 冷 じ の 打 味 ち 上 後 お テ 差 げ こ 。 ス ル ほ ビ ま も の 近 よ な ル す く い か 。 に 外 ま 使 っ 場 い が る わ 四 り 階 に に 面 ム た の き つ か て あ E の C 店 関 は の 小 間 れ は い 幸 福 な 降 伏 一 西 同 、 麻 ざ じ 大 央 疲 り 上 え れ さ を き 鉄 の 交 午 あ 板 ま ず 頭 ど 0 ス ペ が 唱 と 橋 冷 そ え 音 莞 え 、 を 曇 お お 取 っ 疲 疲 る た れ 。 生 さ の ほ や も そ な そ プ く か り れ に 悪 席 ど ぎ ほ て 所 三 西 や 宴 し い 用 焼 と 座 肉 も 敷 屋 あ 席 た ヾ 階 の の く 点 い 、 苑 、 通 0 プ し に 時 た 過