検索 - みる会図書館

全データから 209936件ヒットしました。

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


カ レ ッ ト 彩 色 車 の 花 プ ラ バ ・ ゼ ー タ ミ ゼ ル の 使 徒 圄

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


カ レ ッ ト 彩 色 車 の 花 流 星 香 4 white heart 講 談 社 X 文 庫

戦車男 タンクバトルと戦車乗り


な い の だ が 、 せ い ぜ い 陸 幕 装 備 部 か ら あ た え ら れ た 一 度 か ぎ り の 研 究 命 題 に す ぎ な か っ た よ う で ね 。 当 時 、 戦 車 を ふ く む 自 衛 隊 車 輌 は 、 OQ ( オ リ ー ブ ド ラ ブ ) 一 色 の み の 塗 装 だ っ た 。 こ れ で は 、 演 習 場 で 泥 に ま み れ て 、 汚 れ て 二 色 の 迷 彩 と な る の が 関 の 山 と い う も ん さ 。 こ の 、 戦 車 の 迷 彩 塗 装 研 究 は 、 研 究 の 過 程 で さ ま ざ ま な パ タ ー ン の 迷 彩 が 実 車 輌 に ほ ど こ さ れ て ね 。 評 価 試 験 に は 六 一 式 戦 車 が 使 用 さ れ た よ う で 、 二 色 5 四 色 を 使 っ て さ ま ざ ま な 色 彩 比 率 の 迷 彩 塗 装 が な さ れ た ん だ よ 。 こ れ ら の 試 験 的 な 迷 彩 は 、 当 時 の 軍 事 雑 誌 な ど に も 写 真 が 掲 載 さ れ て い た か ら 、 後 で 見 せ て や ろ う か 。 三 十 代 以 上 の 年 齢 の マ ニ ア な ら ば 記 億 し て い る 人 も 多 い だ ろ う が な 。 な か で も 四 色 の も の は 、 現 行 の 一 つ 前 の 旧 型 迷 彩 服 の パ タ ー ン に 似 た も の で 、 個 人 的 に は 迷 彩 効 果 は 低 か っ た よ 、 つ に 田 5 、 つ な 」 次 郎 「 迷 彩 も 、 色 数 が 多 け り や 、 し し っ て も の で も な い ん で し よ う ? 」 お じ さ ん 「 う む 。 そ れ よ り は 、 濃 緑 色 と 茶 褐 色 、 そ し て 黒 色 の 三 色 か ら な る パ タ ー ン の 方 が 、 迷 彩 効 果 が 高 そ う だ な 。 結 局 、 こ の 三 色 迷 彩 か ら 黒 色 を 除 い て パ タ ー ン を 単 純 化 し た 迷 彩 が 採 用 さ れ た ん だ 。 か く し て 一 九 八 〇 年 代 半 ば 以 降 、 迷 彩 塗 装 が 制 式 と な り 、 逐 次 車 輌 が 迷 彩 化 さ れ て い っ た わ け ・ さ 。 ま た 、 こ の 時 期 に 『 積 雪 寒 冷 地 に お け る 迷 彩 の 研 究 』 と い っ て ね 、 東 北 以 北 の 部 隊 ご と に 非 公 式 な 冬 季 迷 彩 と し て 、 白 色 を 不 規 則 に 塗 装 す る こ と も あ っ た そ う だ よ 。 こ の 冬 季 迷 彩 の 研 究 を し た の は 、 富 士 学 校 や 武 器 補 給 処 な ど だ っ た 。 ち な み に 、 自 衛 隊 の 戦 車 な ど の 塗 装 だ け ど 、 車 輌 に よ っ て 塗 装 色 の 色 合 い が 異 な っ て い た り す る 。 250

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


カ レ ッ ト 流 星 香 先 生 の 「 彩 色 車 の 花 』 、 い か が で し た か ? 流 星 香 先 生 、 イ ラ ス ト の 飯 坂 友 佳 子 先 生 へ の 、 み な さ ま の お 便 り を お 待 ち し て お り ま す 。 流 星 香 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 ワ 」 ー 1 亠 1 亠 ワ 3 講 談 社 文 庫 「 流 星 香 先 生 」 係 ー 測 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 飯 坂 友 佳 子 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 ワ 朝 11 1 人 ー ワ 3 講 談 社 >< 文 庫 「 飯 坂 友 佳 子 先 生 」 係 ー 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー

るるぶ北海道 '12~'13


良 野 ~ 美 瑛 ・ 旭 川 、 北 海 道 を 代 表 す る 2 大 風 景 を 制 覇 ラ す べ 約 ン ラ ダ 万 ダ デ ー 市 ー イ が の 畑 シ 埋 斜 ョ め 面 幸 み = 霧 を み 物 : ナ 尺 を ふ あ む と み た ノ レ フ ァ ー ム 富 田 、 0016 / -3 9 材 宿 を 0 中 富 野 駅 ヤ 釜 な ル 、 郵 車 が 停 車 す る 臨 時 取 を 夛 △ ツ ダ 毒 畑 ド リ 日 本 一 有 名 な 富 良 野 の ー 駅 か ら ば 徒 歩 7 分 ) 朝 入 園 自 申 、 。 朝 化 , 辷 坏 園 自 由 : 各 施 設 は 目 時 30 分 当 目 時 - ( 施 第 季 節 に よ り 弯 動 あ り の 無 休 ( 施 ッ ラ ベ ン を に よ り 変 動 あ ツ ) : ~ 、 フ ァ ー ム 富 田 っ て イ み 第 帋 主 物 罅 第 第 ・ ・ こ ん な と こ ろ み た ~ い ! ま セ ・ 昭 和 33 年 か ら ラ ベ ン ダ ー 栽 培 を 始 め 、 「 富 良 野 = ラ ベ ン ダ ー 」 の イ メ ー ジ を 広 め た 超 人 気 施 設 ! ・ 12h a の 広 大 な 園 内 で 約 6 h a の ラ ベ ン ダ ー の ほ か 、 さ ま ざ ま な 花 が 6 つ の 花 畑 で 栽 培 さ れ て い る ・ ラ ベ ン ダ ー を 使 用 し た ス イ ー ツ を 食 べ ら れ る レ ス ト ラ ン や 、 オ リ ジ ナ ル グ ッ ズ が 買 え る シ ョ ッ プ も ア リ ! ベ ス ト ズ シ 攻 略 法 , , 富 良 野 ・ , 美 瑛 抛 川 の フ ァ ー ム 富 田 が あ る は な び と 花 人 街 道 。 て な に ? 旭 川 か ら 占 冠 村 へ 抜 け る 国 道 237 号 の 愛 称 。 沿 道 に は 花 畑 が 点 在 し 、 色 彩 豊 か な 風 景 を 楽 し め る 。 一 一 新 0 し む か っ ぷ む ら ラ ベ ン ダ ー は 4 種 類 ) ス タ ッ フ 島 田 紗 季 さ ん ー ム 富 田 で は ラ ベ ン ダ ー が ・ の う し は や ざ き 、 、 お か む ら さ き 6 月 下 旬 か ら 咲 き 始 め 、 見 っ ぽ み の 状 態 か : ご ろ の 7 月 中 旬 ~ 下 旬 に は 一 面 ラ - 品 用 の 香 料 に 使 ら き れ い で 見 ご わ れ る 品 種 。 見 べ ン ダ ー 畑 に な り ま す ! 春 ~ 秋 ろ は 7 月 上 旬 ご ろ は 7 月 中 旬 ま で さ ま ざ ま な 花 が 咲 き 、 ラ ベ ン よ う て い は な も い わ ダ ー 時 期 以 外 も 楽 し め ま す よ ! 赤 み を 帯 び た 紫 三 遅 咲 き の 品 種 。 フ ァ ー ム 富 田 MAP 色 が 特 徴 。 見 ご 花 色 が ご く 薄 く ろ は 7 月 上 旬 可 憐 な 印 象 だ 。 7 第 の 舎 ボ ブ リ の 舎 7 ・ 8 月 は 花 か ら 精 油 を 月 下 旬 カ 現 ご ろ ボ ビ ー の 舎 : 彩 り の 畑 フ ィ ス 冬 で も ラ ベ ン ダ ー ト ラ デ ィ シ ョ ナ ル か 咲 く 温 室 ラ ン ダ ー 畑 朝 蒸 留 の 舎 秀 並 木 0 0 ( バ ス ) 倖 の 畑 人 の 舎 ト ラ ラ ー の 舎 中 心 的 案 内 施 設 。 日 本 最 大 級 の ド ラ イ フ ラ ワ ー 展 示 ス ペ ー ス を 併 設 フ ア . 花 の 見 ご ろ カ レ ン ダ ー の 畑 7 ~ 8 月 の ハ イ シ ー ズ ン は 想 像 を 超 え る 大 混 雑 に 。 道 路 も 渋 滞 す る た め ・ ・ 狙 い 目 は 朝 8 時 前 の 早 朝 と タ 方 ! 売 店 が 開 く 前 の 8 時 ご ろ は 、 ま だ 人 も 少 な く ゆ っ く り 見 ら れ る 。 団 体 客 が ひ け る タ 方 以 降 も ラ ベ ン ダ ー 時 期 は 駐 車 場 2 時 間 待 ち も ! ? 施 設 に 向 か う 車 道 は 駐 車 待 ち の 車 で 大 渋 滞 に 。 JR を 使 い 中 富 良 野 駅 か ら 歩 く の も 手 だ ( 徒 歩 約 25 分 ) 。 7 月 8 月 9 月 10 月 ・ チ ュ ー リ ッ プ 7 月 中 旬 ~ 下 旬 ・ ラ ベ ン ダ ー 月 下 旬 ~ 10 月 上 旬 ・ サ ル ビ ア 8 月 中 旬 ~ 9 月 下 旬 ・ ク レ オ メ 8 月 中 旬 ~ 10 月 上 旬 ・ コ ス モ ス 香 水 の 舎 ~ 。 、 秋 の 彩 り の 畑 春 の 彩 り の 畑 ベ ス ト シ ー ズ ン は す は り 7 月 上 旬 ~ 下 旬 ! 130 る る ぶ 北 海 道 ' 12 ~ ' 13 ※ 花 の 開 花 時 期 、 見 ご ろ は 変 動 が あ り ま す 。 お 出 か け 前 に こ 確 認 く た さ い 。

秋田 2009―乳頭温泉郷・角館・田沢湖・白神山地 (マップルマガジン 東北 9)


工 リ ア 特 集 を イ し 明 治 43 ( 1910 ) 年 か ら 始 ま っ た 全 国 花 火 競 技 大 会 ・ 大 曲 の 花 火 。 花 火 芸 術 の 最 高 ー 烽 を せ ひ と も 体 感 し た い 天 曲 ( 30 分 、 2610 円 ) → 大 曲 駅 秋 田 駅 → J 日 奥 羽 本 線 ( ~ 50 分 、 950 円 ) → 大 曲 駅 ◆ 普 通 の 花 火 大 会 と は ひ と 味 ち が う ! 全 国 花 火 競 技 大 会 は 、 花 火 を つ く っ た 花 火 師 自 身 の 手 に よ っ て 打 ち 上 げ ら れ 、 高 さ や 開 き 具 合 、 音 と 色 彩 、 リ ズ ム 、 総 合 的 な 美 し さ 、 意 匠 、 斬 新 さ 、 そ し て 安 全 性 に 至 る ま で 審 査 す る も の 。 花 火 の 技 術 の み で は な く 、 花 火 師 の 度 量 も 問 わ れ る 競 演 だ か ら こ そ 、 毎 年 多 く の 人 が 訪 れ る の だ 。 ◆ 大 曲 で 開 催 さ れ る の は な せ ? 、 ル 曲 藩 政 時 代 に 、 あ ま り に も 人 々 が 花 火 に 夢 中 に な っ て し ま っ た た め 、 花 火 禁 止 令 が 出 さ れ た ほ ど 、 大 曲 の 人 は 花 火 好 き 。 創 造 花 火 は 大 曲 が 発 祥 の 地 な の だ 。 ま た 、 大 曲 と い う 地 名 の 由 グ 来 は 市 内 を 流 れ る 雄 物 川 が 大 き く 曲 が っ て い る こ と か ら 。 花 火 の 打 ち 上 げ に 適 し た と こ ろ で も あ る か ら 。 ◆ 街 は 花 火 一 色 に ! 大 会 の い ろ は 競 技 大 会 は 、 全 国 的 に 貴 重 で 、 こ こ で し か 見 る こ と の で き な い 第 一 部 「 昼 花 火 の 部 」 と 、 第 ニ 部 「 夜 花 火 の 部 」 で 構 成 。 さ ら に 「 夜 花 火 の 部 」 は 、 花 火 が 開 い た 瞬 間 の 円 を 大 事 に す る 「 割 物 花 火 の 部 」 と 、 斬 新 な デ ザ イ ン の 花 火 で 、 歓 声 が 最 高 潮 に 沸 き あ が る 「 創 造 花 火 の 部 」 か あ る の だ 。 ◆ 珍 し い 「 昼 花 火 」 が 上 が る さ ま ざ ま な 色 の 煙 で 、 空 に 模 様 や 色 彩 を 残 す 煙 竜 と 、 色 煙 で 菊 な ど を 表 わ す 割 物 が 打 ち 上 げ ら れ る 「 昼 花 火 」 は 、 い か に 鮮 明 に 模 様 や 色 彩 を 表 す か か ポ イ ン ト 。 夜 の 花 火 が 光 の 達 表 現 と す る な ら は 、 こ ち ら は 煙 の 表 現 。 じ っ く り と 楽 し む 「 通 」 ′ 蜂 好 み の 花 火 は 、 こ こ で し か 見 る こ と か で き な い 8 月 第 4 渋 滞 情 報 は 、 ー 情 報 ー ど う す れ ば わ か る の ? 当 日 は 、 携 帯 HP や ラ ジ オ 、 道 路 情 報 板 な ど で お 知 ら せ 。 大 曲 周 辺 の 道 の 駅 ( な か せ ん ・ か み お か ・ き よ う わ ) で も 情 報 入 手 で き る 。 0 当 日 の 持 ち 物 や 、 あ る と 便 利 な も の は ? 長 時 間 座 る た め シ ー ト の ほ か に 座 布 団 が あ る ー と い い 。 虫 除 け グ ッ ズ や 夜 に な る と 冷 え る こ と も あ る の で 防 寒 対 策 も 。 0 他 に も 知 。 て お く と 便 利 な こ と は ? 当 日 の 大 曲 周 辺 の 渋 滞 を 避 け る な ら 、 や や 遠 △ 方 の 駅 ま で 車 で 行 き 、 JR に 乗 り 換 え て 大 曲 駅 に 着 く の も ひ と つ の 手 だ 。 ー ロ ニ ロ ニ ロ ニ ロ ー ー ー ー ・ ロ ー - ロ ロ ロ ロ : ロ : ロ : ロ : ロ ロ ロ : ロ ロ イ マ ジ ネ ー シ ョ ン 豊 か な 創 造 花 火 カ ラ フ ル な 昼 花 火 は 大 曲 だ け の 珍 し い 花 火 大 曲 が 誇 る 、 日 本 一 の 芸 術 花 火 レ ス ト ラ ン シ マ ダ 全 国 花 火 競 技 大 会 「 大 曲 の 花 火 」 全 国 の 花 火 師 た ち の 目 標 と な っ て い る 競 技 大 会 。 腕 自 慢 の 花 火 師 た ち が 丹 精 こ め て 製 作 し た ワ イ ド ス タ ー マ イ ン は 大 迫 力 。 大 曲 シ テ ホ テ 丿 レ 合 院 ー 幡 神 ネ ~ 線 公 業 館 産 示 0187-62-1262 ( 大 曲 商 工 会 議 所 ) 17 : 00 ~ 17 : 40 ( 昼 の 部 ) 、 18 : 50 ~ 21 : 30 ( 夜 の 部 ) 目 有 料 桟 敷 席 あ り ( 要 問 合 わ せ ) 218000 台 新 大 仙 市 雄 物 川 河 川 敷 」 R 秋 田 新 幹 線 大 曲 駅 か ら 徒 歩 30 分 術 学 技 門 花 大 場 き 曲 技 会 ち 」 0 ) 第 500 ・ 0495 ・ 大 曲 小 色 と り ど り の 花 火 = な

恋人たちの過ごした時間


突 然 の 銀 色 の 雨 あ じ さ い 水 彩 画 の よ う な 紫 陽 花 捨 て ら れ て い た 子 大 を 抱 き し め て 制 服 も 髪 も 濡 れ た ま ま 、 途 方 に 暮 れ る わ た し 「 風 邪 、 ひ く よ 」 声 と 同 時 に 、 差 し か け ら れ た プ ル ー の 傘 顔 を 上 げ る と 、 そ こ に は 見 知 ら ぬ 男 の 子 6 月 の 雨 が く れ た 予 期 せ ぬ 贈 り 物 か せ か さ

戦車男 タンクバトルと戦車乗り


車 の 整 備 に は げ ん で い る の だ 米 軍 も 驚 い た ! 陸 自 戦 車 男 の 偽 装 テ ク ニ ッ ク お じ さ ん 「 戦 車 の 偽 装 、 つ ま り カ モ フ ラ ー ジ ュ に は 、 大 別 す る と 迷 彩 塗 装 に よ る 方 法 と 偽 装 網 等 を 用 い る 方 法 が あ る 。 前 者 は 二 色 の 迷 彩 塗 装 が な さ れ て お り 、 濃 緑 色 と 淡 茶 褐 色 か ら 構 成 さ れ て い る 。 後 者 は 三 色 の 迷 彩 で 構 成 さ れ る 、 い わ ゆ る カ モ フ ラ ー ジ ュ ・ ネ ッ ト だ 。 こ れ は 『 バ ラ キ ュ ー ダ 』 と 通 称 さ れ 、 も と も と は 一 九 八 〇 年 代 に ス ウ ェ ー デ ン か ら 導 入 し た も の を 東 レ が 国 産 化 し た も の な ん だ 。 ち な み に 陸 上 自 衛 隊 の 装 備 す る ヘ リ コ プ タ ー 等 の 航 空 機 に は 、 黒 が 一 色 多 い 三 色 の 迷 彩 塗 装 か 用 い ら れ て い る 」 太 郎 「 じ ゃ あ 、 な ぜ 航 空 機 の 迷 彩 塗 装 は 三 色 で 、 戦 車 の 迷 彩 塗 装 は 二 色 な ん ス か ね ? 」 お じ さ ん 「 こ れ は 多 分 に 費 用 対 効 果 の 問 題 だ ろ う な 。 な に し ろ こ の 迷 彩 色 は 、 戦 車 等 の 戦 闘 車 輌 だ け で な く 七 三 式 小 型 ト ラ ッ ク ( ジ ー プ の 制 式 名 称 ) を は じ め と す る 装 輪 車 輌 や 、 中 型 以 上 の ト ラ ッ ク に 搭 載 す る シ ェ ル タ ー ( プ レ ハ プ 小 屋 状 を し た 鉄 の 箱 ) 等 に ま で 塗 装 さ れ る の だ 。 陸 自 の 保 有 す る 航 空 機 は 、 総 数 で せ い ぜ い 五 百 機 に も 満 た な い が 、 二 色 迷 彩 塗 装 の 対 象 と な る 車 輌 お よ び 器 材 等 は 概 算 で 『 万 』 を 越 え る だ ろ う 。 装 備 し て い る 数 量 の 桁 が 違 う ん だ 。 そ れ に 要 す る 塗 料 の 量 た る や 、 莫 大 な 量 だ 。 あ る と き 、 お じ さ ん は そ れ が 気 に な っ て 、 富 士 総 合 火 力 演 習 の 際 に 地 上 展 示 し て い た 八 二 式 式 通 信 車 の 説 明 係 の 隊 員 に 、 車 輌 一 輌 に つ き ど れ く ら い の 塗 料 を 要 す る の か 聞 い て み た こ と が あ る 。 せ ん し や マ ン 158

るるぶ福島’12 (国内シリーズ)


毘 沙 門 沼 び し や も ん ぬ ま 周 囲 約 4km の 五 色 沼 最 大 の 沼 。 岸 か ら は 荒 々 し い 磐 梯 山 が 見 渡 せ 、 カ ル ガ モ な ど が 優 雅 に 泳 ぐ 可 憐 な 白 い 花 、 - を 咲 か せ る バ ラ 科 の ノ イ バ ラ 。 枝 先 に 多 く 花 を つ け る 一 自 勝 路 - ス ン へ ス ト シ 合 緑 山 0 イ → 山 間 る ル 五 = な に 色 ド 色 ー 、 、 ど よ 彩 グ 沼 ス ま ・ 山 り の リ は 。 五 色 沼 自 然 探 勝 路 3 並 色 水 コ コ 大 で み 合 面 ン バ 小 厨 ~ の い が な ル 約 指 風 も 見 と ト 40 の 約 一 時 間 一 0 分 距 約 3.6km 事 る 季 と や ふ 誇 付 録 円 2 ( 2 。 024 ト 32 ・ 2349 ( 裏 磐 梯 観 光 協 会 厂 ー ・ 電 車 以 JR 猪 苗 イ 也 ) ら - ・ -. -- ・ .- 磐 梯 東 都 バ ス 裏 磐 梯 高 原 方 面 : 行 き で 34 分 、 ・ 五 色 沼 入 口 下 車 蠧 ・ - 歩 10 分 一 ・ 車 磬 越 自 動 車 道 猪 苗 代 梯 : 、 気 ー 驀 。 , ・ - を 、 = ラ ミ = 手 ギ 。 ー , , - 言 原 ℃ か ら 国 道 1 1 5 ・ 459 号 経 由 で 約 17km ち ょ こ っ と 予 習 ) 五 色 沼 の キ ホ ン 現 地 で の 情 報 収 集 は ど こ で ? 制 い 、 夏 期 の 見 ど こ ろ は ? ! : ・ : グ リ ー ン の 水 面 が と っ て も キ レ イ ! 沼 越 し の 磐 梯 山 の 眺 を は ホ ー ト 30 分 700 円 も 0 散 策 路 の 道 幅 は 広 、 , ド 、 ~ く 、 起 伏 も 少 な い の で 歩 き や す い 。 木 陰 も 一 愛 多 く 夏 で も 涼 や か 磐 梯 山 噴 火 記 長 筆 舟 付 酸 性 度 が 高 い た め 湖 水 は 透 明 コ ー ス 入 口 に あ る 裏 磐 梯 ビ ジ タ ー セ ン タ ー ( → P83 ) で は 、 見 ら れ る 動 植 物 や 、 五 色 沼 の 色 の 秘 密 な ど を 紹 介 し て い る 。 ヒ 。 ン ク の 花 を つ け る タ ニ ウ ッ ギ 、 ア ジ サ イ に 似 た ケ ナ シ ャ ブ デ マ リ が 見 こ ろ に 。 日 差 し が 強 く な り 沼 の 色 も 鮮 や か に 見 え る 。 沼 こ と に べ ン チ が 設 け ら れ て い る 。 ト イ レ は コ ー ス の 途 中 に は な く 、 毘 沙 門 沼 、 柳 沼 付 近 に あ る た け な の で 注 意 し て 。 ー こ の 一 帯 は 国 立 公 園 内 の 特 別 保 護 地 区 な の で 、 動 植 物 の 採 取 は こ 法 度 。 キ レ イ な 花 が 咲 い て い る か ら と い っ て 、 摘 む の は 控 え よ う 。 裏 磐 梯 ビ ジ タ ー セ ン タ ー の 無 料 駐 車 場 に 止 め て 、 散 策 ス タ ー ト 。 帰 り は バ ス 停 裏 磐 梯 高 原 駅 か ら バ ス で 約 5 分 、 バ ス 停 五 色 沼 入 口 ま で 戻 ろ う 。 靴 は 歩 き や す い ス ・ / 1 0 分 ・ ー カ ー が 必 須 。 梅 諸 橋 近 代 雨 時 や 秋 ご ろ は 肌 美 術 館 前 寒 い 日 も あ る の で 、 ウ イ ン ド プ レ ー カ ー 代 な ど を 着 用 し よ う 。 夏 は 日 差 し が 強 い の で 帽 子 も 忘 れ す に 。 磐 梯 吾 妻 レ ー ラ イ ン 五 色 冫 小 野 川 湖 磐 梯 山 入 口 噴 火 記 念 館 前 湖 面 の 水 は 青 色 や な ど 多 彩 裏 磐 梯 の 自 然 を 紹 介 裏 磐 梯 ビ ジ タ ー セ ン タ ー 展 望 吾 磐 鏡 鉄 分 が 多 い た め ( 第 一 展 望 ) 水 辺 の 植 物 の 根 元 が 背 後 に 梯 山 赤 く な っ て い る 展 望 台 あ り 難 子 沢 登 山 口 五 色 沼 自 然 探 勝 路 檜 原 湖 459 五 色 沼 で の マ ナ ー 物 べ ン チ あ り ・ ( 無 料 ) / 12 分 弁 天 、 召 毘 沙 門 沼 、 10 分 る り 沼 38E

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


四 季 折 々 に 、 さ ま ざ ま な 表 情 を 見 せ る 秩 父 。 豊 か な 自 然 か ら 伝 統 の 祭 、 鉄 道 フ ァ ン の 夢 を 乗 せ て 走 る 季 節 限 定 の SL ま で 。 そ の 時 期 に 合 わ せ て 訪 れ た く な る “ お 楽 し み ” を ご 紹 介 ! 芝 桜 0 芝 桜 カ り な す 色 の グ ラ テ ー シ ョ ン が 見 事 ! ① 花 の 中 央 が 濃 い ピ ン ク 色 。 も っ と も 鮮 や か な 色 美 く の が 早 く 、 白 い 花 び ら が 特 徴 。 花 が 無 い 時 、 、 - 父 の シ ン ポ ル 武 甲 山 の ふ も と の 丘 は 緑 が 鮮 や か 。 芝 桜 ま つ り 陵 上 に あ る 羊 山 公 園 。 こ の 公 園 の 南 側 工 リ ア に あ る 「 芝 桜 の 丘 」 に は 、 白 や ・ 4 月 3 日 ~ 5 月 5 日 ( 2010 年 実 績 ) ピ ン グ 紫 な ど の 芝 桜 が 植 栽 さ れ 、 春 に な ② 049 2 5209 ( 秩 父 市 観 光 課 レ ① 花 が 小 さ く 白 色 が 鮮 や か 。 花 る と 一 面 に 花 を 咲 か せ る 。 鮮 や か な 色 模 芝 桜 の 開 花 期 間 中 、 芝 桜 の 丘 に 隣 付 き が よ く 、 し っ 様 は 、 秩 父 夜 祭 の 笠 鉾 や 屋 台 の 囃 し 手 の 接 す る 特 設 会 場 で は 、 秩 父 路 の 特 か り 成 長 す る 。 襦 袢 模 様 と 躍 動 感 を テ サ イ ン し た も の 。 象 的 。 産 市 な と が 開 催 さ れ る 。 秩 父 で 採 れ た 山 菜 の そ は ・ う ど ん や 、 み そ ポ 開 花 時 に は 芝 桜 ま つ り も 催 さ れ 、 秩 父 の ① 濃 い ピ ン ク 色 テ ト な ど を 楽 し め る ほ か 、 農 産 物 が 鮮 や か 。 マ ゼ ン せ ・ ロ ↓ 燾 ィ - 要 試 ダ と も よ ば れ 、 大 , , を ; ト ト 三 : す よ な ど の 詳 細 は 事 前 に 問 合 せ を 輪 を 朕 か す ・ ひ つ じ ゃ ま こ う え ん ・ し ば さ く ら の お か ② 0494-25-5209 ( 秩 父 市 観 光 課 ) 秩 父 の 象 徴 で あ る 武 甲 山 と の コ ン ト ラ ス ト も 鮮 や か 3 月 中 旬 ~ 12 月 上 旬 か わ 。 0 、 ド 、 ・ . , ↓ 蕚 碍 ' 。 ・ 、 さ ら ・ ひ つ じ ゃ ま こ う え ん の し は ざ く ら 存 0 秩 ← し の 土 瓢 の 芝 桜 ・ 戸 ル ち ち ぷ 芝 桜 の 丘 で 見 ら れ る 9 種 類 の レ ム ス フ ア メ ー ジ ン グ グ レ ー ス コ ス モ ス に 似 た 淡 く て 優 し い ピ ン ク 色 。 丈 夫 で よ く 咲 く 。 真 っ 白 な 花 の 中 央 に ピ ン ク 色 の 模 様 が 小 さ く 入 っ て い る 。 ホ ワ イ ト デ ラ イ ト 攣 エ メ ラ ル ド 、 ク ッ シ ョ ン リ ッ ト ル ド ッ ト オ ー キ ン ト ン ブ ル ー 羊 山 公 園 ・ 芝 桜 の 丘 MAP ー マ ッ ク ダ ニ エ ル ト ク ッ シ ョ ン 多 摩 の 流 れ ① 藤 色 に 近 い 薄 い プ ル ー の 花 を 咲 か せ る 。 花 び ら カ 眇 し 細 し 、 白 を 基 調 に ピ ン ク 色 の 紋 が 鮮 や か 。 可 憐 な ニ 色 咲 き が 人 気 。 お 弁 当 & SL グ ッ ズ 0 秩 父 市 大 宮 6360 ・ 西 武 鉄 道 西 武 秩 父 駅 、 秩 父 鉄 道 御 花 畑 駅 か ら 徒 歩 20 分 ( 約 1 .5km) 朝 入 場 300 円 ( 開 花 期 間 中 。 そ れ 以 外 は 無 料 ) 朝 8 ~ 1 7 時 ( 開 花 期 間 中 ) の 無 休 0365 台 父 鉄 道 の 熊 谷 駅 ~ 三 峰 口 駅 間 の 約 56.8km を 走 る S レ ヾ レ オ 工 ク ス プ レ ス 。 昭 和 の 時 代 に 活 躍 し て い た C58 型 蒸 気 機 関 車 に 乗 っ て 、 約 2 時 間 40 分 の 旅 を 楽 し め る 。 都 心 か ら 一 番 近 く を 走 る SL と し て 、 鉄 道 フ ァ ン は か リ か た く さ ん の 人 々 に 愛 さ れ 続 け て い る 。 車 窓 か ら 見 る 自 然 豊 か な 秩 父 の 自 然 が 、 旅 行 気 分 に 彩 り を 添 え る 。 0 秩 父 の 自 然 の 中 を 走 り 抜 け る 。 四 季 折 々 の 変 化 も 楽 し め る 煙 を 吐 き な が ら カ 強 く 走 る 蒸 気 機 関 車 SL べ ん と う 700 円 ご 飯 に 載 っ て い る 海 苔 も バ ラ ン も 汽 車 型 と い う オ リ ジ ナ ル 弁 当