検索 - みる会図書館

検索対象: るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)から 167件ヒットしました。

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


四 季 折 々 に 、 さ ま ざ ま な 表 情 を 見 せ る 秩 父 。 豊 か な 自 然 か ら 伝 統 の 祭 、 鉄 道 フ ァ ン の 夢 を 乗 せ て 走 る 季 節 限 定 の SL ま で 。 そ の 時 期 に 合 わ せ て 訪 れ た く な る “ お 楽 し み ” を ご 紹 介 ! 芝 桜 0 芝 桜 カ り な す 色 の グ ラ テ ー シ ョ ン が 見 事 ! ① 花 の 中 央 が 濃 い ピ ン ク 色 。 も っ と も 鮮 や か な 色 美 く の が 早 く 、 白 い 花 び ら が 特 徴 。 花 が 無 い 時 、 、 - 父 の シ ン ポ ル 武 甲 山 の ふ も と の 丘 は 緑 が 鮮 や か 。 芝 桜 ま つ り 陵 上 に あ る 羊 山 公 園 。 こ の 公 園 の 南 側 工 リ ア に あ る 「 芝 桜 の 丘 」 に は 、 白 や ・ 4 月 3 日 ~ 5 月 5 日 ( 2010 年 実 績 ) ピ ン グ 紫 な ど の 芝 桜 が 植 栽 さ れ 、 春 に な ② 049 2 5209 ( 秩 父 市 観 光 課 レ ① 花 が 小 さ く 白 色 が 鮮 や か 。 花 る と 一 面 に 花 を 咲 か せ る 。 鮮 や か な 色 模 芝 桜 の 開 花 期 間 中 、 芝 桜 の 丘 に 隣 付 き が よ く 、 し っ 様 は 、 秩 父 夜 祭 の 笠 鉾 や 屋 台 の 囃 し 手 の 接 す る 特 設 会 場 で は 、 秩 父 路 の 特 か り 成 長 す る 。 襦 袢 模 様 と 躍 動 感 を テ サ イ ン し た も の 。 象 的 。 産 市 な と が 開 催 さ れ る 。 秩 父 で 採 れ た 山 菜 の そ は ・ う ど ん や 、 み そ ポ 開 花 時 に は 芝 桜 ま つ り も 催 さ れ 、 秩 父 の ① 濃 い ピ ン ク 色 テ ト な ど を 楽 し め る ほ か 、 農 産 物 が 鮮 や か 。 マ ゼ ン せ ・ ロ ↓ 燾 ィ - 要 試 ダ と も よ ば れ 、 大 , , を ; ト ト 三 : す よ な ど の 詳 細 は 事 前 に 問 合 せ を 輪 を 朕 か す ・ ひ つ じ ゃ ま こ う え ん ・ し ば さ く ら の お か ② 0494-25-5209 ( 秩 父 市 観 光 課 ) 秩 父 の 象 徴 で あ る 武 甲 山 と の コ ン ト ラ ス ト も 鮮 や か 3 月 中 旬 ~ 12 月 上 旬 か わ 。 0 、 ド 、 ・ . , ↓ 蕚 碍 ' 。 ・ 、 さ ら ・ ひ つ じ ゃ ま こ う え ん の し は ざ く ら 存 0 秩 ← し の 土 瓢 の 芝 桜 ・ 戸 ル ち ち ぷ 芝 桜 の 丘 で 見 ら れ る 9 種 類 の レ ム ス フ ア メ ー ジ ン グ グ レ ー ス コ ス モ ス に 似 た 淡 く て 優 し い ピ ン ク 色 。 丈 夫 で よ く 咲 く 。 真 っ 白 な 花 の 中 央 に ピ ン ク 色 の 模 様 が 小 さ く 入 っ て い る 。 ホ ワ イ ト デ ラ イ ト 攣 エ メ ラ ル ド 、 ク ッ シ ョ ン リ ッ ト ル ド ッ ト オ ー キ ン ト ン ブ ル ー 羊 山 公 園 ・ 芝 桜 の 丘 MAP ー マ ッ ク ダ ニ エ ル ト ク ッ シ ョ ン 多 摩 の 流 れ ① 藤 色 に 近 い 薄 い プ ル ー の 花 を 咲 か せ る 。 花 び ら カ 眇 し 細 し 、 白 を 基 調 に ピ ン ク 色 の 紋 が 鮮 や か 。 可 憐 な ニ 色 咲 き が 人 気 。 お 弁 当 & SL グ ッ ズ 0 秩 父 市 大 宮 6360 ・ 西 武 鉄 道 西 武 秩 父 駅 、 秩 父 鉄 道 御 花 畑 駅 か ら 徒 歩 20 分 ( 約 1 .5km) 朝 入 場 300 円 ( 開 花 期 間 中 。 そ れ 以 外 は 無 料 ) 朝 8 ~ 1 7 時 ( 開 花 期 間 中 ) の 無 休 0365 台 父 鉄 道 の 熊 谷 駅 ~ 三 峰 口 駅 間 の 約 56.8km を 走 る S レ ヾ レ オ 工 ク ス プ レ ス 。 昭 和 の 時 代 に 活 躍 し て い た C58 型 蒸 気 機 関 車 に 乗 っ て 、 約 2 時 間 40 分 の 旅 を 楽 し め る 。 都 心 か ら 一 番 近 く を 走 る SL と し て 、 鉄 道 フ ァ ン は か リ か た く さ ん の 人 々 に 愛 さ れ 続 け て い る 。 車 窓 か ら 見 る 自 然 豊 か な 秩 父 の 自 然 が 、 旅 行 気 分 に 彩 り を 添 え る 。 0 秩 父 の 自 然 の 中 を 走 り 抜 け る 。 四 季 折 々 の 変 化 も 楽 し め る 煙 を 吐 き な が ら カ 強 く 走 る 蒸 気 機 関 車 SL べ ん と う 700 円 ご 飯 に 載 っ て い る 海 苔 も バ ラ ン も 汽 車 型 と い う オ リ ジ ナ ル 弁 当

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


・ 越 生 町 / 埼 玉 西 部 秩 父 市 / 埼 玉 秩 父 越 生 梅 林 、 羊 山 公 園 芝 桜 の 丘 お 花 ス ホ ッ ト MAP 付 録 ① 円 2G4 容 顰 6783 謝 ご せ 第 き 、 ポ 「 お ご せ 散 策 き つ ぶ 」 の / ヾ ン フ レ % 啼 審 、 ッ ト 。 東 武 線 沿 線 ・ ′ 梅 約 700 本 、 紅 梅 約 100 で 入 手 可 ( 一 部 本 、 越 生 野 梅 な ど の 古 木 が の 駅 を 除 く ) 約 200 本 な ど 、 約 2 万 市 の 園 内 入 園 200 円 に 1 OOO 本 余 り の 梅 の 木 が 植 え ( 開 間 中 の み ) ら れ て い て 、 季 節 に な る と い っ せ い に 花 を 咲 か せ る 。 九 州 太 宰 府 か ら 天 満 宮 を 分 祀 さ れ た 時 に 梅 の 木 を 植 え た の が 起 源 と い わ れ 、 古 木 の 中 に は 600 年 前 に 植 栽 さ れ た も の も 。 2 月 中 旬 ~ 3 月 下 旬 ま で は 、 梅 ま っ リ も 開 催 さ れ る 。 5-5209 父 の シ ン ポ ル 武 甲 山 の ふ 中 も と に 広 が る 羊 山 公 園 。 そ 武 甲 山 を 背 景 に 芝 桜 を 見 渡 せ る の 斜 面 に は 、 ピ ン ク や 白 、 紫 色 ホ イ ン ト は 、 撮 影 ス ポ ッ ト と し て も 人 気 な ど 9 種 類 の 芝 桜 が 植 栽 さ れ 、 月 上 春 に な る と い っ せ い に 花 を 咲 か せ る 。 鮮 や か な 色 の コ ン ビ ネ ー シ ョ ン を 楽 し ま せ て く れ る 見 事 な 模 様 は 、 秩 父 夜 祭 の 笠 鉾 や 屋 台 に 乗 る 囃 し 手 の 襦 袢 模 様 と 躍 動 感 を デ ザ イ ン し た も の 。 圧 巻 の 眺 め を 楽 し み た い 。 MAP 円 17 ( 4 ・ じ ゃ ま ' し 見 , 武 甲 山 の ぶ も と に 広 が る の 芝 桜 の バ ッ チ ワ ー ク 絨 毯 見 駐 梅 の 花 の 香 り が 漂 う の 、 奥 武 蔵 の 早 春 の 風 物 詩 2 月 中 旬 ー 3 月 下 匐 入 園 300 円 ( 芝 桜 の 見 頃 の 時 期 の み ) 0 越 生 町 堂 山 1 1 3 ・ 東 武 越 生 線 ・ 」 R ハ 高 線 越 生 駅 か ら 川 越 観 光 バ ス 黒 山 行 き で 10 分 、 梅 林 入 口 下 車 す ぐ の 8 時 30 分 ~ 1 7 時 ( 開 花 期 間 中 ) の 無 休 ( 開 花 期 間 中 、 雨 天 の 場 合 休 園 あ り ) 0700 台 ( 開 花 期 間 中 の み ) 0 秩 父 市 大 宮 6360 の 西 武 鉄 道 西 武 秩 父 駅 ・ 秩 父 鉄 道 御 花 畑 駅 か ら 徒 歩 20 分 の 8 ~ 17 時 ( 開 花 期 間 中 ) の 無 休 0365 台 ゆ っ く り ツ ー ィ 引 ツ お す す め ! ー を . , ト き 丿 市 / 埼 玉 東 部 さ い た ま 市 / 埼 玉 中 央 中 川 や し お フ ラ ワ ー バ ー ク 与 野 公 園 バ ラ 園 白 梅 と 紅 梅 の 色 の 違 い が 鮮 や か 梅 独 特 の 香 り も 楽 し も う ! 約 2 万 市 と 広 大 な 敷 地 を 物 ニ SL な ど 子 供 も 楽 し め る ス ポ ッ ト が あ る 。 小 さ な 花 が 密 集 し て 咲 き 花 の 絨 毯 の よ う に 見 え て 圧 巻 羊 山 公 園 の 南 側 工 リ ア に あ る 一 帯 。 春 の 訪 れ と と も に 色 鮮 や か に 変 身 す る 。 ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ や 十 十 学 ◆ 十 ャ や ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ~ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ や ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ 梅 林 芝 桜 の 丘 谷 048-852-2518 ( さ い た ま 市 公 園 緑 地 協 会 ) 久 喜 市 / 埼 玉 東 部 。 菖 蒲 神 社 付 録 ① P6G2 谷 048-996-1926 ( ノ 1 市 商 工 会 ) MAP 付 録 003 MAP P84A3 MAP 谷 0480-85-4345 し よ う ぶ じ ん じ 齢 300 年 と い わ れ る 神 社 境 内 の 藤 は 、 県 川 の 河 川 敷 き 沿 い に 位 置 し 、 道 沿 い に 続 の 名 所 で 知 ら れ る 与 野 公 園 内 に あ る バ 頃 の 天 然 記 念 物 。 長 さ は 1 .8m 、 枝 張 り が く 花 挑 の 木 の ピ ン ク 色 と 一 面 に 咲 く 菜 の ラ 園 。 5 月 中 旬 に 行 わ れ る 「 バ ラ ま つ り 」 で 3 ! お 花 の 黄 色 が 美 し い コ ン ト ラ ス ト を な し て お り 、 散 ! お 20m に も 及 ぶ 藤 棚 は 、 自 然 が 織 り な す 薄 紫 色 の 5 ! お は 、 バ ラ 苗 木 の 即 売 会 や 子 供 向 け イ ベ ン ト な ど カ ー テ ン さ な が ら 。 月 : 花 中 : 策 し な が ら 堪 能 で き る 。 カ 癇 催 さ れ る 。 中 月 下 ・ な 市 着 田 樹 , ・ 4 月 下 包 ー 5 月 上 匐 0 ハ 潮 市 木 曽 根 1009 ・ つ く は 工 ク ス プ レ ス ハ 潮 駅 か ら 東 武 バ ス 木 曽 根 行 き で 15 分 、 上 木 曽 根 下 車 、 徒 歩 2 分 の 入 園 自 由 0 台 に , 0 久 喜 市 菖 蒲 町 菖 蒲 552 ・ 」 R 宇 都 宮 線 久 羅 物 喜 駅 か ら 車 で 分 、 ー 境 内 自 由 012 台 0 さ い た ま 市 中 央 区 本 町 西 一 丁 目 地 内 朝 」 R 埼 京 線 与 野 本 町 駅 か ら 徒 歩 15 分 42. 入 、 園 自 由 028 台 ・ 皆 野 町 . ー 新 玉 秩 父 行 田 市 / 埼 玉 東 部 境 内 拝 観 由 花 の 名 所 が 多 い 埼 玉 県 。 季 節 ご と に 、 咲 き 誇 る 花 々 は 異 な る の で 、 一 年 を 通 し て 埼 玉 の ど こ か に 見 頃 ア リ 。 こ の 週 末 は ど こ へ 行 く ? 體 2 日 谷 0494-62-1462 ( 皆 野 町 産 業 観 光 課 ) MAP 付 ⅱ ( 2 谷 048-559-0770 ( 古 代 蓮 会 館 ) 042-982 ・ 0268 ( 巾 着 田 管 理 事 務 所 ) MAP 付 録 ① P8Hl MAP ・ き ん ち ゃ く だ 麗 川 の 蛇 行 か ら 巾 着 の よ う な 形 に な っ た 巾 着 田 。 秋 に は 100 万 本 も の マ ン ジ ュ シ ! お ヤ ゲ ( 彼 岸 花 ) が 一 帯 を 真 紅 に 染 め る 。 = 0 日 高 市 高 麗 本 郷 125-2 朝 西 武 池 袋 線 高 麗 駅 か ら 徒 歩 15 分 朝 8 時 30 分 ~ 1 7 時 ( マ ン ジ ュ シ ャ ゲ 開 花 時 期 は 7 ~ 17 時 の 無 休 ( 1 1 ~ 3 月 は 火 曜 ) 0 有 料 490 台 ( 1 日 500 円 ) ・ み の や ま こ う ・ こ だ い 歹 の 美 の 山 公 園 古 代 蓮 の 里 の 名 所 と し て 知 ら れ る 美 の 山 公 園 。 そ の 400 年 ~ 3000 年 前 の 古 代 種 と い わ れ る 、 も う ひ と つ の 見 ど こ ろ が 公 園 東 斜 面 に 広 行 田 蓮 。 開 花 時 期 に は 、 行 田 蓮 を は じ め と の : お が る あ じ さ い 園 だ 。 青 、 紫 、 ビ ン ク 、 緑 な ど 彩 り 豊 6 お す る 、 42 種 1 2 万 株 の 蓮 が 、 水 面 に 咲 き 誇 る 様 は 月 神 秘 的 。 蓮 の 花 は 午 前 中 が 見 頃 。 下 ・ か な 花 々 を 楽 し め る 。 中 上 匐 マ ン ジ ュ シ ャ ゲ ( 健 花 ) 9 月 中 匐 ー 下 匐 0 行 田 市 小 針 2375 R 高 崎 線 行 田 駅 か ら 車 で 21 分 ( 蓮 の 開 花 時 期 は シ ャ ト ル バ ス も 運 , 行 ) 朝 の 入 園 自 ′ 一 由 0 有 料 500 台 こ ( 1 台 500 円 ) 0 皆 野 町 皆 野 地 内 朝 秩 父 鉄 道 皆 野 駅 か ら 車 で 15 分 ー り 入 園 自 由 0121 台 入 園 自 由 入 園 自 由 付 録 2

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


ュ リ の 花 日 本 一 暑 い ! 生 産 量 ・ 深 谷 市 熊 谷 市 出 荷 額 日 本 一 熊 谷 の か き 水 さ き た ま 公 園 国 内 最 大 の 円 地 質 学 も こ こ か ら 始 ま っ た 長 瀞 町 明 ) 年 ( 1877 ) 、 " 東 京 大 学 に 地 質 学 科 が 創 立 さ れ 、 初 代 教 授 ナ ウ マ ン 博 士 が 、 今 も 岩 畳 な ど の 名 称 が 残 る 長 瀞 を 調 査 。 以 降 、 長 瀞 は 日 本 地 質 学 上 重 要 な 研 究 の 拠 点 と な っ た 。 秩 父 工 リ ア 発 祥 の 地 ! 所 沢 、 , な ん と ! 全 国 2 位 の 埼 、 埼 玉 の キ ホ ン グ 玉 ・ 県 の 木 「 ケ ヤ キ 」 ニ レ 科 の 落 葉 樹 。 春 に は 新 葉 と と 戛 を : も に 薄 い 黄 緑 色 の 小 さ な 花 を 咲 か つ せ る 。 古 く か ら 自 生 し 、 各 地 に 県 の 天 然 記 念 物 指 定 の ケ ヤ キ が あ る 。 と 、 ・ 県 の 花 「 サ ク ラ ソ ウ 」 川 の ほ と り や 野 原 に 自 生 す る 多 年 草 。 春 に ハ ー ト 型 の 花 び ら の 花 を 咲 か せ る 。 さ い た ま 市 田 島 ヶ 原 の 自 生 地 は 国 の 特 別 天 然 記 念 物 指 定 。 ・ 県 の 魚 「 ム サ シ ト ミ ョ 」 清 く 澄 ん た 小 川 に 棲 息 す る 、 ト ケ ウ ォ 科 の 淡 水 魚 。 大 き さ は 4 ~ 6cm 。 元 荒 川 上 流 の 生 息 地 の 一 部 は 県 の 天 然 記 念 物 に 指 定 さ れ て い る 。 ・ 県 の チ ョ ウ 「 ミ ド リ シ ジ ミ 」 食 樹 で あ る ハ ン ノ キ が 分 布 し て い る 県 内 に 広 く 生 息 。 大 き さ は 約 4 cm 。 夏 の 夕 方 、 羽 根 を キ ラ キ ラ と 緑 色 に 輝 か せ て 飛 ぶ 姿 が 印 象 的 。 ・ 県 民 の 鳥 「 シ ラ コ バ ト 」 山 鳩 ( キ ジ バ ト ) の 仲 間 。 や や 小 型 で 尾 だ け が 長 く 、 ほ っ そ り し て い る 。 首 に 黒 い 横 線 が 入 っ て い る の か 特 徴 。 国 の 天 然 記 念 物 指 定 。 尺 グ ル メ 「 手 打 ち う ど ん 」 県 内 生 産 の 約 90 % を 占 め る の が 深 谷 市 。 高 度 な 栽 培 技 術 で 高 品 質 で 多 彩 な ユ リ を 生 産 し て い る 。 チ ュ ー リ ッ プ の 生 産 は ユ リ よ り も 古 く 、 全 国 2 位 。 プ リ ム ラ 、 バ ン ジ ー な ど も 生 産 量 は 多 い 。 平 成 19 年 8 月 16 日 に 記 録 し た 40.9 ℃ が 、 日 本 国 内 で 観 測 さ れ た 最 高 気 温 ( 同 日 、 岐 阜 県 多 治 見 市 。 観 測 さ れ て い る ) 。 今 P106 参 照 今 P48 参 照 行 田 市 埼 玉 古 墳 群 に あ る 丸 墓 山 古 墳 は 直 径 105m と 、 円 墳 と し て は 全 国 1 位 の 大 き さ を 誇 る 。 ち な み に 、 大 阪 府 に あ る 前 方 後 円 墳 最 大 の 大 山 古 墳 の 後 円 部 の 直 径 は 250m あ る 。 日 本 通 貨 の 始 ま り 市 黒 谷 慶 雲 5 年 ( 708 ) 、 武 蔵 国 秩 父 郡 内 で 発 見 さ れ た 自 然 銅 に よ り 、 最 初 の 貨 幣 「 和 同 開 珎 」 が 鋳 造 さ れ た 。 現 在 、 日 本 通 貨 発 祥 の 地 の 記 念 碑 が 建 て ら れ て い る 。 藤 岡 ・ CT ー 多 彩 な 埼 玉 ☆ 雑 学 辞 典 上 里 上 信 越 自 動 車 道 神 川 町 ) *EPA 深 谷 市 本 庄 市 ー 美 里 町 多 ふ か や 父 鉄 道 県 の 愛 称 彫 の 国 」 っ て よ く 聞 く け と ・ ・ ・ 平 成 4 年 の 県 民 の 日 ( 1 1 月 14 日 ) に ニ ッ ク ネ ー ム と し て 採 用 さ れ た 。 豊 か な 自 然 に 恵 ま れ 、 産 業 、 文 化 、 学 術 な ど 、 さ ま さ ま な 分 野 で 発 展 す る " 多 彩 な 国 ” を 表 現 。 「 彩 」 の 音 は 、 埼 玉 の 「 さ い 」 、 幸 い の 「 さ い 」 、 国 際 の 「 さ い 」 と 同 じ 。 出 皂 没 の ゆ る キ ャ ラ 「 コ バ ト 徹 底 解 県 の マ ス コ ッ ト と し て 埼 玉 を PR し て い き ま す ! も と も と は 、 2004 年 の 埼 玉 国 体 の キ ャ ラ ク タ ー た っ た の で す が 、 翌 年 に 県 の マ ス コ ッ ト に 任 命 さ れ ま し た ! い ろ い ろ な と こ ろ に 出 没 し て い ま す ! ! と 町 、 芦 野 町 山 PA お が わ ま 秩 父 村 . / だ / 小 川 町 と き が わ 町 、 . ノ ・ 越 生 町 \ 嵐 山 小 川 、 ・ / ・ - 鳩 山 町 今 P118 参 照 、 ぶ ち ち ぶ 、 横 瀬 町 小 鹿 野 町 み つ み 埼 玉 県 秩 父 市 お こ せ 、 . 」 毛 呂 山 町 父 鉄 、 飯 能 市 西 部 工 リ ア リ の の 沢 ン 初 で 所 る ム ア 本 場 の 論 以 日 行 在 1 が 飛 現 所 照 功 公 4 刃 行 成 念 治 ワ 式 行 に 同 ケ 回 5 日 こ ラ 0 セ て る る い る し い せ て な 介 て わ し 月 日 さ 」 紹 れ 合 在 一 レ 年 没 " 課 を さ を 存 年 効 光 画 、 既 【 ラ ラ 介 ン は し ~ る ノ 田 乗 映 か こ ・ け ボ 若 搭 メ ほ 虱 2 上 る る 円 コ 玉 て ゅ 引 埼 感 よ の 、 3 が こ コ 内 在 と 一 迅 命 場 宙 力 に 登 県 現 ん タ 協 」 7 ま ラ し 、 光 在 年 ャ 少 ~ 観 存 9 一 物 ン 2 ク 県 ョ 。 ラ 4 な 。 就 利 加 年 玉 シ る ヤ ・ ツ 勝 ・ 時 8 埼 ク い キ と る . ・ 日 コ ・ た 0 い 島 ム 前 生 ス 徴 っ 2 ま ・ 行 ・ の 以 名 誕 マ 特 た 青 梅 讀 岐 う ど ん で 有 名 な 川 県 に 次 ぐ 第 2 位 。 武 蔵 野 う ど ん を は じ め 、 手 打 ち う ど ん 文 化 が 根 付 い て い る 。 チ ェ ー ン 店 山 田 う ど ん は 昭 和 1 0 年 ( 1935 ) 創 業 で 、 所 沢 に 本 社 が あ る 。 今 P90 参 照 ゆ る キ ャ ラ 天 国

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


も 埼 り さ を 噐 寧 奚 2 し 習 る り け 豊 動 工 玉 遊 れ 受 状 の て か 物 ン へ た 性 小 ん る 賞 つ 県 設 は ら な ー ま 体 て バ な を タ い に た リ を く 敷 つ 験 ス ネ ど と ' 走 弓 ち 地 坙 タ ル よ や 物 近 な 。 よ の チ 3 楽 ぎ く い ど 空 う メ 髜 誌 ン バ 1 2 移 う で 国 0493-35-1267 : 婦 ト か 動 ア ト リ ク ス ・ 思 も 。 O は よ ・ る 手 物 解 う ボ タ ー ' " の 資 要 を て サ を よ 目 然 。 い や 続 り 一 切 目 料 館 。 0 東 松 山 市 岩 殿 554 ( 埼 玉 県 こ を 型 前 風 0 め 園 展 に コ や 。 て み よ う / ど も 動 物 自 然 公 園 示 あ ア “ の 内 ) 東 武 東 上 線 、 す な ′ 蜜 の を る ラ 体 舎 、 け 高 坂 駅 か ら 川 越 観 験 の 『 ピ ー タ ー ラ ビ ッ ト の お は な し 豊 光 バ ス 鳩 山 ニ ュ ー の 著 者 の 作 品 が 見 ら れ る タ ウ ン 行 き で 7 分 、 こ ど も 動 物 自 然 公 園 下 車 す ぐ 朝 入 館 200 円 ( 動 物 公 園 の 入 園 料 が 別 途 必 要 ) の 9 時 30 分 ~ 17 時 ( 12 ~ 2 月 は ~ 16 時 30 分 、 入 館 は 閉 館 の 1 時 間 前 ま で ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 開 館 ) 0 有 料 700 台 花 の じ ゅ う た ん が 広 が る 物 さ 東 松 山 を 代 表 す る 大 公 園 * ひ が し ま つ や ま の う り ん こ う え ん 朝 ど 0493-21-1400 朝 も ( 東 松 山 市 農 政 課 ) 4.2ha あ る 広 大 な 園 内 で 季 然 節 ご と の 花 を 楽 し ま 覊 鬢 を ゞ 緋 め る 。 3 月 の ソ メ 4 第 、 - ~ み い イ ヨ シ ノ 、 5 月 中 シ , 新 旬 か ら は ポ ビ ー 6 月 上 旬 に は サ ッ 園 内 一 面 に 広 が る 花 の じ ゅ う た キ が 見 頃 に 。 特 に ん は 、 可 憐 で 壮 観 な 眺 め 真 っ 赤 に 咲 き 誇 る ポ ピ ー の 花 が じ ゅ う た ん の よ う に 広 か る 様 は 圧 巻 。 0 東 松 山 市 大 谷 4 幻 2- ー ・ 東 武 東 上 線 東 松 山 駅 か ら 東 武 バ ス ほ か 熊 谷 駅 行 き で 15 分 、 神 光 谷 下 車 、 徒 歩 10 分 0 の 入 園 自 由 030 台 彩 の 国 黒 第 を 、 極 上 の た べ る タ レ で い た だ く “ や き と り ” * や き と り ひ び き ひ が し ま つ や ま え き ま え ほ ん て ん 彩 ボ ツ ボ い - カ ビ バ ラ ・ ワ ラ ビ ー カ ン ガ ル ー こ ど も の 城 恐 童 コ ー ナ ア ラ ・ ナ マ ワ オ キ ツ ネ ザ ル オ ー ス ト ラ リ ア ハ ダ カ デ バ ネ ズ ミ 小 動 物 コ ー ナ ー ツ ル ・ レ ッ サ ー バ ン ダ プ レ ー リ ー ド ッ ビ ア ト リ ク ′ タ ー 料 館 を 第 キ 0 ? ー 00 ン グ ・ 0 ー ヨ の 乳 牛 コ ー な か よ し コ ー ナ 、 救 護 所 、 E MAP 付 録 ① PI 1 A4 コ コ さ 注 目 ビ ー タ ー ラ ビ ッ に 出 会 え る メ ル ヘ ン な 世 界 * た い と う ぶ ん か だ い が く び あ と り く す ・ ぽ た 一 し り よ う か ん 大 東 文 蠏 ビ ア ト リ ク ス ・ ボ タ - TM 資 料 館 ろ し あ わ 工 ツ リ ッ チ メ ン ト マ ク 0 あ ど け な い 表 情 が キ ュ ー ト ! メ ス の カ ン ガ ル ー は 広 い 芝 生 に 放 し 飼 い 。 緑 い っ ば い の 自 然 の 中 で の び の び 暮 ら し て い る 。 目 の 前 を 横 切 る と き も あ る の で 道 は 譲 っ て あ げ ま し よ う 。 ニ 本 足 と し っ ぽ で 立 つ こ と も あ る レ ッ サ ー バ ン ダ は 、 実 は 木 登 り も 大 得 意 。 高 さ 10 数 m も の 高 さ で お 昼 寝 ま で し て し ま う 。 MAP 付 録 ① PI 1 A3 東 松 山 市 農 林 公 園 0 ジ ャ ン プ し な が ら 走 る た め 、 後 ろ 脚 は 力 強 く 大 き い レ ッ サ ー バ ン ダ い ち ば ん 大 き な キ リ ン は 4m47 cm! エ サ 場 の 位 置 が 日 に よ り 変 わ る の で 、 工 サ を 求 め て 元 気 に 歩 き 回 る 様 子 を 見 ら れ る 。 MAPPI 08B2 や き と り ひ び き 東 松 山 駅 前 本 店 キ リ ン 0 キ リ ン 舎 の 壁 の 目 盛 リ で 身 長 が わ か る こ ど も 動 物 自 然 公 園 0120-22-9646 豚 を 使 用 し た ″ や き と り ″ を 味 わ え る 。 ぎ ゅ っ 世 は と 旨 み の つ ま っ た 肉 の 味 と コ ク の あ る み そ ダ レ が 絶 妙 。 世 界 が 認 め た 味 を 求 め て 、 ひ っ き リ な し に 客 が 訪 れ る 人 気 店 だ 。 0 東 松 山 市 箭 弓 ト 13-15 さ く ら ビ ル IF ・ 東 武 東 上 線 東 松 山 駅 か ら す ぐ 朝 1 1 時 ~ 13 時 30 分 、 16 ~ 23 時 ( 土 ・ 日 曜 、 祝 日 は 1 1 ~ 22 時 ) 、 テ ィ ク ア ウ ト は ~ 20 時 の 月 曜 0 な し MAP 付 録 、 1 ) PI 1 A4 埼 玉 県 こ と も 動 物 自 然 公 園 、 さ い こ ま け ん こ - 。 も ど っ ぷ つ ぜ ん う え ん 0493-35-1234 0 東 松 山 市 岩 殿 554 朝 東 武 東 上 線 高 坂 駅 か ら 川 越 観 光 バ ス 鳩 山 ニ ュ ー タ ウ ン 行 き で 7 分 、 こ ど も 動 物 自 然 公 園 下 車 す ぐ の 9 時 30 分 ~ 1 7 時 ( 冬 期 は ~ 16 時 30 分 ) の 月 曜 ( 休 日 の 場 合 は 開 園 ) 0 有 料 700 台 ( 普 通 車 600 円 ) 大 人 500 円 小 ・ 中 学 生 200 円 幼 児 ・ 65 歳 以 上 無 料 ー ア キ ャ ッ ト マ ヌ ル ネ コ 正 門 ( 為 北 園 入 園 料 109

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


豪 華 な 屋 台 と ハ の 戸 ネ イ チ 4 ス ポ ッ ト . 秩 父 12 月 2 日 ( 宵 宮 ) ・ 3 日 体 祭 ) : 車 の 場 合 は 、 周 辺 に 臨 時 駐 車 場 が 設 三 置 さ れ る が 、 車 両 通 行 止 区 間 が あ リ 、 : か な り 渋 滞 す る た め に 公 共 交 通 機 関 三 を 利 用 す る の が お す す め 。 : 秩 父 夜 祭 の ク ラ イ マ ッ ク ス の 舞 台 と 秩 父 神 社 周 辺 、 本 町 通 り 、 秩 ・ 三 な る 御 旅 所 や 団 子 坂 周 辺 に 有 料 の 観 父 駅 前 通 リ な ど 三 覧 席 が 用 意 さ れ る 。 当 日 17 時 頃 か ら : 御 旅 所 は 立 ち 入 り 禁 止 と な る の で 要 秩 父 神 社 へ は 、 秩 父 鉄 道 秩 父 駅 か ら ・ 注 意 。 観 席 料 は 、 例 年 5000 ~ 6000 徒 歩 3 分 、 西 武 鉄 道 西 武 秩 父 駅 か ら 徒 : 三 円 。 10 月 1 日 か ら 予 約 受 付 が 始 ま リ 、 歩 10 分 。 秩 父 鉄 道 ・ 西 武 鉄 道 と も に 三 応 募 者 多 数 の 場 合 は 抽 選 と な る 。 秩 父 夜 祭 の 当 日 は 臨 時 便 を 運 行 。 コ コ を 走 工 コ に ビ ッ タ リ オ リ ジ ナ ル 扇 子 1000 円 ( 台 座 付 き ) 0 開 く と C58 と ノ ヾ レ オ く ん 、 ハ レ ナ ち ゃ ん の イ ラ ス ト が 登 場 ! バ し オ の や っ 「 バ し ピ ら 」 C58 チ ョ ロ Q 1200 円 ① 秩 父 鉄 道 創 立 1 10 750 円 ( 5 個 入 り ) 周 年 記 念 の 、 国 内 初 0 小 袋 に 「 C5836 C 田 タ イ プ チ ョ ロ Q 3 」 が あ し ら わ れ た ど ら 焼 き 5 個 入 り 季 節 限 定 の お 楽 し み ー ち ち ぶ よ ま つ り ク ロ ー ズ ア ッ プ に 笠 鉾 ・ 屋 台 け ん 引 屋 台 の 背 景 に は 絢 爛 豪 華 な 笠 鉾 と 屋 台 。 施 さ れ て 都 祇 園 祭 、 飛 騨 高 山 祭 と と も 花 火 が 開 く 様 は ・ 2 日 / 12 ~ 20 時 台 の み ) い る 彫 刻 や 刺 繍 の 見 事 さ は も ち ろ に 日 本 三 大 曳 山 祭 と さ れ る 。 圧 巻 ① 花 火 は ・ 3 日 / 9 ~ 24 時 ん 、 屋 台 囃 子 や 屋 台 芝 居 も 逃 せ な い 。 300 年 以 上 の 歴 史 を 誇 リ 、 国 の 重 要 仙 車 に よ っ て は ~ 翌 午 前 3 時 ) 羊 山 公 園 か ら 打 ち 上 げ ら れ る さ ら に 、 祭 に 花 を 添 え る 冬 の 花 火 。 華 無 形 民 俗 文 化 財 に 指 定 さ れ て い る 秩 4 台 の 屋 台 と 2 台 の 笠 鉾 が 各 町 内 会 を 出 麗 な 競 演 は 秩 父 の 冬 の 名 物 詩 。 父 神 社 の 例 大 祭 で 、 最 大 の み ど こ ろ 発 。 秩 父 神 社 に 宮 参 リ し 、 御 旅 所 に 向 か う 。 街 中 を け ん 引 さ れ る 姿 は 荘 厳 。 2 つ の み ど こ ろ を か さ ほ こ ・ 朝 ・ ら 物 ・ ぐ を ・ SL に 乗 車 す る に は 、 普 通 乗 車 券 の ほ か 「 SL 座 席 指 定 券 」 ま た は 「 SL 整 理 券 」 が 必 要 。 ・ SL 座 席 指 定 券 700 円 ( 片 道 、 大 人 ・ 小 児 同 三 峰 口 駅 熊 谷 駅 額 ) は 、 運 転 日 の 1 カ 月 前 か ら 」 R 東 日 本 管 内 12 : 50 着 10 : 10 発 み ど り の 窓 口 - び ゆ う プ ラ サ で 販 売 。 SL 整 理 三 峰 口 駅 熊 谷 駅 券 ( 自 由 席 ) 500 円 ( 片 道 、 大 人 ・ 小 人 同 額 ) も 、 oこ3塰哽工[email protected]幽まを$_j亘:::) 16 : 18 着 14 : 03 発 運 転 日 の 1 カ 月 前 か ら 」 R 東 日 本 管 内 み ど り の 窓 口 ・ び ゆ う プ ラ ザ 、 SL 停 車 駅 、 近 畿 日 本 ツ ー リ ス ト 、 東 武 ト ラ ベ ル 、 」 TB 各 支 店 で 販 売 。 熊 谷 駅 三 峰 口 駅 電 話 ・ WEB で の 予 約 も 可 能 。 10 : 12 発 12 : 45 着 問 せ 容 048 ー 523 ー 3317 ( 秩 父 鉄 道 営 業 推 進 課 SL 係 / 9 ~ 17 時 ) ) PI 06B2 三 峰 口 駅 熊 谷 駅 http://www.chichibu-railway. CO. jp 16 : 20 着 14 : OO 発 ※ 運 行 時 刻 表 は 2010 年 度 の も の で す 。 2011 年 1 月 以 降 の 運 行 ス ケ ジ ュ ー ル に つ い て は ご 確 認 く だ さ い 。 運 行 計 画 に は 変 更 が 生 じ る 場 合 が あ り ま す の で 事 前 に ご 確 認 く だ さ い 。 秩 父 夜 祭 00494-21-2277 ( 秩 父 観 光 協 会 ( 秩 父 観 光 情 報 館 内 ) ) MAP ー 開 催 場 所 観 覧 席 ・ 2 日 / 19 ~ 20 時 ( 予 定 ) ・ 3 日 / 19 時 30 分 ~ 22 時 ( 予 定 ) 全 国 の 花 火 コ ン ク ー ル で 入 賞 し た 秩 父 最 古 の 宮 ー 尺 玉 や 大 玉 、 豪 華 な ス タ ー マ イ ン な 地 屋 台 も っ ど 数 千 発 が 、 次 々 と 打 ち 上 げ ら れ 、 と も 大 き な 屋 根 、 夜 空 を 彩 る 。 を も つ 上 町 屋 台 . 第 ・ 町 屋 自 人 物 彫 刻 が な く 後 幕 に 玩 具 宝 か f レ お は な は た け み つ み ね く ち ち ち ぶ 三 峰 ロ - - ・ 御 花 畑 - - 秩 父 ・ - 料 金 ・ 予 約 く ま が や か け か わ よ り い よ の な が と ろ 皆 野 ・ - 長 瀞 ・ - - 寄 居 - - - 武 川 - - 熊 谷 2010 年 の 運 行 ス ケ ジ ュ ー ル 運 行 時 刻 表 ( 1 日 1 往 復 の み ) 土 曜 ・ 休 日 8 月 10 月 20 ~ 22 ・ 27 ・ 28 日 2 ~ 5 ・ 8 ・ 9 ・ 16 ・ 22 ・ 23 ・ 29 ・ 30 日 1 ・ 2 ・ 5 ~ 8 ・ 12 ~ 15 ・ 19 ~ 22 ・ 27 ~ 29 日 4 ・ 5 ・ 1 1 ・ 12 ・ 18 ~ 20 ・ 23 ・ 25 ・ 26 日 2 ・ 3 ・ 9 ~ 1 1 ・ 16 ・ 17 ・ 23 ・ 24 ・ 30 ・ 31 日 3 ・ 6 ・ 7 ・ 13 ・ 14 ・ 20 ・ 21 ・ 23 ・ 27 ・ 28 日

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


春 日 部 ・ 宮 代 0 一 ( 个 ミ 「 当 か す か 園 内 で も 見 ら れ る カ ワ み セ ミ の よ う に 、 水 上 を ア ッ プ ダ ウ ン ・ 急 旋 回 し ろ し て 滑 空 。 2008 年 に 登 場 以 来 大 人 気 の コ ー ス タ ー た 。 ; 軌 道 全 長 朝 334m 最 高 到 達 点 : 37m 最 大 勾 配 : 50 度 最 大 速 度 i90km/h 所 要 時 間 ! 130 秒 乗 車 定 員 : 28 名 ① イ タ リ ア 語 で 「 女 王 」 の 名 を 持 つ コ ー ス タ ー 新 滑 空 水 上 コ - ス タ - 「 カ ワ セ ミ 」 軌 道 全 長 : 748.14m 最 高 到 達 点 : 33.2m 最 大 勾 配 : 67.4 度 最 大 速 度 : 87.2km / h 所 要 時 間 ! 60 秒 乗 車 定 員 : 16 名 ノ 日 部 張 子 人 形 や 桐 タ ン ス な ど の 伝 統 工 芸 が 盛 ん な 春 日 部 市 。 そ の 北 に 位 置 す る 宮 代 町 に ( ~ は 、 遊 園 地 を 併 設 す る 東 ( 一 - 武 動 物 公 園 が あ る 。 コ ー ス タ ー DATA 交 努 武 伊 勢 崎 線 快 イ で 春 日 部 駅 ま で 統 : は 4 分 、 東 武 動 物 公 駅 ま で 40 分 。 春 と 1 部 駅 か ら 東 武 伊 も 勢 崎 線 で 藤 の 牛 島 照 ま で 3 分 。 春 日 部 駅 か ら バ ス 春 日 部 ミ ナ ー ス 行 き で 点 ま で 20 分 。 春 日 部 駅 か ら 東 武 ヾ ス 春 日 部 温 泉 行 で 地 方 庁 舎 ま で 分 。 東 北 道 岩 槻 に ー か ら 国 道 16 号 。 春 日 部 ま で 約 6 春 日 部 市 観 光 協 会 ( 春 日 部 商 工 会 議 所 内 ) 48-763-1122 0 絶 叫 必 至 ー 秒 間 の ま さ に 新 滑 空 Ⅱ 第 イ 丁 G-max 落 下 す る 恐 怖 を 体 験 で き る 。 ジ ェ ッ ト コ ー ス タ ー と は 違 い 、 横 揺 れ な ど の 要 素 が な い 分 、 「 カ ワ セ ミ 」 と な ら び 人 落 ち る 怖 さ を ス ト レ ー 気 の 、 世 界 初 の 水 上 ト に 体 感 ! 木 製 コ ー ス タ ー 「 レ ジ ー ナ 」 。 木 製 な ら で は ① お シ リ が 浮 最 高 部 高 さ ! 53m の 震 動 や し な り 具 合 く 感 覚 が た ま 最 高 位 置 高 さ : 46m が 興 奮 を よ ぶ 。 ら な い ″ 恐 怖 ″ 最 大 降 下 速 度 21 km/h 最 大 重 力 加 速 度 一 4 G 所 要 時 間 : 60 秒 乗 車 定 員 : 4 名 ><4 台 レ ジ ー ナ 問 合 せ な 三 を に ゞ コ コ 注 目 マ シ ー ン ド 物 い 第 高 さ 53m は ビ ル 18 階 の 屋 上 に 相 当 MAPP104B1 ◎ GW が 見 こ ろ に な る 樹 齢 1200 年 の 藤 棚 を 愛 で る * う し じ ま の ふ じ ( と う か え ん ) 思 い き り 遊 ん で も 安 心 の そ . 遊 ん で 泊 ま れ る 複 合 施 設 * ほ て る か す か べ え み な ー す ウ ッ 樋 堀 ク 綺 羅 048-763-8111 048-752-2012 法 大 師 か お 手 . 、 , 第 ル フ 練 習 場 植 え を し た と , 。 、 ! 、 , 、 ( 打 ち 放 題 1 時 ま 料 館 「 の 間 1000 円 ~ ) や テ 藤 。 池 を 配 し た 2 ! - ニ ス ( 1 面 1 時 間 、 し , 万 の 敷 地 内 に ・ , 1000 円 ~ ) な と 、 は 、 樹 齢 1200 年 を - 第 ス ポ ー ツ 施 設 が 充 実 。 ス ポ ー ツ の 後 超 え る 藤 棚 が 並 藤 の 古 木 と し て は 唯 一 国 の 特 別 「 彩 の 湯 」 で は 、 露 天 風 呂 や ミ ス ト 谷 か す は 「 彩 の 湯 」 へ ! 0 サ ウ ナ な と で リ ラ ッ ク ス び 、 毎 年 GW 頃 に 天 然 記 念 保 存 木 に 指 定 さ れ て い る ず 34 可 憐 な 花 が 咲 き 誇 る 。 藤 棚 の 面 積 は 700 市 。 春 日 部 市 内 牧 3701-13 東 武 線 春 日 部 駅 か ら 朝 広 域 図 花 房 は 長 い も の で は 2m に も な る 。 0 春 日 部 日 バ ス 春 日 部 工 ミ ナ ー ス 行 き で 20 分 、 終 点 下 は 付 録 ・ 春 白 部 張 字 ① P10 市 牛 島 786 ・ 東 武 野 田 線 藤 の 牛 島 駅 か ら 徒 歩 車 す ぐ 朝 立 ち 寄 り 湯 「 彩 の 湯 」 入 浴 600 円 ( 7 ・ 8 』 古 庵 を 、 、 10 分 朝 入 園 1000 円 朝 8 ~ 18 時 の 4 月 中 旬 ~ 5 月 月 は 300 円 、 タ オ ル 付 ) 、 9 月 以 降 は 要 問 合 せ 朝 上 旬 開 園 、 開 園 期 間 中 は 無 休 0200 台 10 ~ 時 ( 第 1 ・ 3 木 曜 は 13 時 ~ ) の 無 休 0230 台 民 を 地 図 上 の lcm は 約 500m 104

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


。 : ・ イ ・ 埼 玉 県 立 自 然 の 博 物 館 宝 登 山 神 社 M P121C3 ジ ェ ラ ー ト み や ま 搾 M P121B3 MA P121D3 ◎ 再 建 当 時 の 色 を 再 現 し た 彫 刻 な ど が 見 も の * ほ ど さ ん し ん し や ゞ 0494-66-0042 - を ま 」 を 、 ゞ 0494-66-0407 父 三 社 の ひ と 、 、 」 ※ . ー マ は 、 ″ 過 つ 。 日 本 武 尊 去 か ら 未 来 へ が 東 国 遠 征 の 途 中 の 埼 玉 3 億 年 の 旅 、 こ こ で 火 難 に 遭 う そ し て 自 然 と 人 と も 、 神 の 使 い 山 犬 共 生 ″ 。 昭 和 47 年 い 972 ) に 秩 父 市 に 助 け ら れ た こ と が 創 建 の 由 来 で 発 見 さ れ た 海 獣 。 ① 本 殿 裏 に は 、 日 本 武 尊 が 身 を 清 ① 約 1500 万 年 前 の バ レ オ パ ラ ド バ レ オ ′ ヾ ラ ド キ シ キ シ ア ン の 復 元 骨 格 が 展 示 2009 年 に 改 修 さ れ め た と い う 泉 が あ る た 社 殿 は 極 彩 色 の 彫 刻 が 施 さ れ み ご と 。 0 長 ア の 復 元 骨 格 か 見 ら れ る 。 2011 年 秋 ~ 改 修 予 瀞 町 長 瀞 1828 秩 父 鉄 道 長 瀞 駅 か ら 徒 歩 15 分 定 ( 要 確 認 ) 。 0 長 瀞 町 長 瀞 1417-1 ・ 秩 父 鉄 朝 境 内 自 由 ( 社 務 所 は 8 ~ 17 時 、 授 与 所 は 8 時 道 上 長 瀞 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 入 館 200 円 朝 9 時 ~ 30 分 ~ 。 い ず れ も 11 ~ 3 月 は ~ 16 時 30 分 ) 0 16 時 30 分 ( 7 ~ 8 月 は ~ 17 時 ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 開 館 、 GW ・ 7 ~ 8 月 は 無 休 ) 032 台 40 台 秩 父 で 昔 か ら 食 べ ら れ て い た イ ノ シ シ の 肉 を 鍋 で 味 わ う ◎ こ の 地 に 実 存 し た 海 獣 の 復 元 さ れ た 骨 格 が 見 も の * さ い た ま け ん り つ し せ ん の は く ぶ つ か ん 長 瀞 当 工 リ ア の ー ヨ 00 を 0 宿 00 食 べ る 0 M P121 D2 へ 花 ジ ラ 、 社 育 ) チ ・ 野 卍 ( 円 ウ ② ア ン 千 葉 名 物 グ ル メ & 湯 宿 / ま た ま だ あ る ! 長 瀞 エ リ ア ガ イ ド 広 域 図 は 卍 多 宝 寺 ン ラ 円 0 12 た べ る * ち ば て い ・ 、 地 図 上 の 1 cm は 約 270m 博 物 館 亭 長 瀞 長 瀞 町 ・ t ゞ 0494-66-1980 父 地 方 で は 昔 か ら 、 丈 夫 な 子 ど も を 生 み 育 て る た め に 、 嫁 や 妊 婦 に 食 べ さ せ て い ゝ た イ ノ シ シ の 肉 こ ち ら で は 、 ロ ー イ ノ シ シ の ロ ー ス 肉 と 白 菜 や ゴ ス 部 分 だ け を 厳 選 ボ ウ な ど 10 種 類 以 上 の 野 菜 が 入 る し 、 ボ タ ン 鍋 一 人 前 2000 円 ( 写 真 は 2 人 前 ) と し て 提 供 し て い る 。 自 家 製 味 噌 と の 相 性 も 抜 群 で 、 身 体 の 芯 か ら 温 ま る 。 0 長 瀞 町 井 戸 675- 3 秩 父 鉄 道 長 瀞 駅 か ら 徒 歩 25 分 ( 駅 か ら 送 迎 あ り 、 要 連 絡 ) の 1 1 ~ 21 時 の 火 曜 030 台 卍 法 善 寺 ー 長 瀞 沢 園 P42 オ ヤ ン プ 場 - - ② PI 公 園 千 葉 亭 PI. 21 真 性 落 ・ 村 ゼ 、 父 鉄 道 瀛 ラ ン 140 卍 積 蔵 院 ー ト み や ま p イ ゑ 1 は し P120 花 お も て な し 長 生 館 P120 ラ イ ン 下 り 乗 降 所 日 神 社 付 録 ② P11 長 瀞 船 玉 ま つ り 瀞 船 玉 ま つ り 会 場 ) 長 、 秩 / ・ 長 瀞 カ ヌ ー テ 、 、 , 岩 赤 、 付 録 ② p ル 、 デ ル 戸 120 瀞 グ 、 ネ イ チ ャ 、 ビ ゲ ー タ ー 咐 録 ② P8\' ← 埼 自 然 の 博 物 館 P121 、 ア ウ . 、 、 セ ン タ ー 長 瀞 録 処 う だ P120 -- ・ い の 瀬 野 沢 橋 - 安 寺 卍 長 瀞 PI 秩 父 鉄 道 長 瀞 ラ イ ン 卞 り 案 内 所 付 録 ② P9 荒 川 ラ イ ン 下 り 案 内 叩 - P119 阿 を 美 冷 蔵 宝 登 山 道 店 駅 前 綯 芸 体 験 工 房 ー 舎 」 - ichigu - sha 付 録 ② P5 ; 。 虹 山 神 社 ・ , 乍 、 宝 登 山 ~ 大 - - 本 497 を 一 し P121 宝 物 ・ ハ イ キ ン グ 旧 第 住 宝 登 頂 に メ レ 0 , 長 瀞 町 ー ー 第 縁 の 村 / 郷 土 資 料 宝 登 山 口 プ ウ ェ . - ウ 梅 趾 ・ - ノ 、 ・ . ・ 線 の 村 プ ー ル ℃ 494-66-0017 長 炭 に よ っ て 一 枚 一 枚 寺 宝 登 山 口 @( 長 瀞 火 祭 り 会 丁 寧 に 焼 き 上 げ る 手 焼 き せ ん べ い が 約 80 種 類 長 瀞 雷 神 堂 121 。 ・ 上 長 瀞 ォ ー に : ジ で か 煎 三 昧 3 枚 入 580 円 や 、 ニ ン ニ ク 味 、 ソ ー ス 味 な ど ユ ニ ー ク な も の も 。 0 長 瀞 町 長 瀞 806-2 秩 父 鉄 金 崎 道 長 瀞 駅 か ら す ぐ の 9 時 ~ 日 没 の 無 休 010 台 「 : : こ 智 野 町 - 阿 左 冷 蔵 金 周 本 店 長 興 寺 卍 町 営 金 崎 グ ラ イ 、 、 長 瀞 ラ イ ン 下 り 警 点 矗 三 マ テ リ 荒 川 ラ イ 、 、 。 セ ン タ ー 一 一 付 録 ② 円 乗 船 場 親 駅 9 MAPPI 21 C3 長 瀞 雷 神 堂 備 、 。 們 * な が と ろ ら い じ ん ど う P119 金 古 墳 . ・ ・ 翕 金 崎 神 社 卍 言 寺 們 * じ え ら 一 と み や ま 、 、 、 育 大 神 社 0 0494-66-3318 リ た て の 牛 乳 と 旬 の フ ル ー ツ を 無 添 加 ・ 無 着 色 で 作 る イ タ リ ア ン ・ ジ ェ ラ ー ト 330 円 ~ が 絶 品 。 0 長 瀞 町 長 瀞 456 ・ 秩 父 鉄 道 長 瀞 駅 か ら 徒 歩 3 分 朝 9 時 30 分 ~ 18 時 ( 土 ・ 日 曜 、 祝 日 は ~ 18 時 30 分 ) の 不 定 休 0 浦 0 台 9 国 神 局 ( 下 田 野 沢 ′ 秩 父 卍 正 観 寺 、 皆 道 299 号 へ

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


千 代 の 松 0 ( 五 葉 松 ) ち ょ の ま つ に よ う ま っ ) 盆 栽 庭 園 南 側 に 据 え ら れ た 、 館 内 最 大 級 の 堂 々 と し た 逸 品 STE 植 木 の 形 を 整 え る 作 業 が 終 わ っ た ら 、 盆 器 に 土 を 入 れ て い く 。 水 が ス ム ー ス に 吸 収 さ れ る よ う 、 粒 の 大 き な 土 が 用 意 さ れ て い る 。 ム グ ッ に STE 鉢 の 植 え 替 え . 物 鉢 植 え か ら 植 物 を 抜 き 、 古 い 土 を を 取 り 除 く 。 根 を 傷 め ぬ よ う 、 丁 寧 に 作 業 す る の が ポ イ ン ト 。 そ の 後 盆 栽 と し て の 形 を 整 え る た め 、 幹 を 前 傾 さ せ な が ら 盆 器 に 移 し 替 え る 。 0 水 や り STE こ こ ま で 済 ん た と こ ろ ・ で 、 参 加 者 全 員 の 盆 栽 に 水 や り が 行 わ れ る 。 鉢 か ら あ ふ れ る ぐ ら い た っ ぷ り の 水 が 、 数 回 注 が れ る 。 STE 最 後 に 盆 栽 の 重 要 な 構 成 要 素 の ひ と つ で あ る 、 苔 は り が 行 わ れ る 。 土 の 上 に 緑 の じ ゅ う た ん が 敷 か れ て い く と 、 た た の 鉢 植 え が リ ア ル な 自 然 の 風 景 に 見 え て く る か ら 不 思 議 。 My 盆 栽 が 完 成 ! 1 大 宮 栽 美 術 館 , 喰 盆 新 に My は ま っ た ら " " 江 戸 時 代 か ら 続 く 歴 史 あ る 盆 栽 園 、 清 香 園 で は 、 盆 栽 創 作 が 楽 し め る 「 彩 花 盆 栽 」 の 一 日 体 験 入 学 を 開 催 し て い る 。 自 分 た け の 盆 栽 を 作 っ て 、 そ の ま ま 家 へ 持 ち 帰 れ る の が う れ し い 。 せ 三 ト ひ 参 加 し て み よ う 。 清 香 園 に 00 001 0 さ い た ま 市 北 区 盆 栽 町 268 ・ 東 武 鉄 道 大 宮 公 園 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 9 ~ 1 7 時 ( 要 予 約 の 一 日 体 験 入 学 は 10 時 30 分 ~ 1 2 時 、 1 4 時 ~ 15 時 30 分 ) の 木 曜 ( 一 日 体 験 入 学 は 要 確 認 ) 02 台 入 園 200 円 一 日 体 験 入 学 4200 円 ( 鉢 、 苗 な と を 含 む ) さ い た ま で ウ ワ サ の ・ 今 ・ 三 0 ) 1 0 llllllll P'Y ゞ 譱 ま 引 生 か ら 説 明 を 聞 こ う 参 加 者 に は 盆 栽 用 植 物 の 鉢 植 え 、 盆 器 、 植 木 ハ サ ミ な ど か 支 給 さ れ る 。 ま す は 女 性 の 講 師 に よ る 説 明 を 聞 き 、 盆 栽 を 作 る に あ た っ て 必 要 な 知 識 や 、 育 て 方 な ど を 学 ほ う 。 STE ハ サ ミ で 形 を 盆 栽 の 頂 点 を 決 め た ら 、 周 囲 に あ る 余 分 な 枝 葉 を 切 り 落 と し て い く 。 ち ょ っ と 緊 張 す る 作 業 た が 、 席 を 回 る 女 性 講 師 が や さ し く ア ド バ イ ス し て く れ る の で 、 安 心 。 を 作 り に い こ 一 つ ー な 蝦 夷 松 ー え そ ま っ 目 線 を 下 け て 眺 め て い る と 、 松 の 森 へ 迷 い 込 ん た よ う な 気 分 に ー ・ 青 龍 ( 五 葉 松 ) い り ゆ う ( こ よ う ま っ ) 枯 れ た 枝 と 幹 、 生 き た 枝 と 幹 が 複 雑 に 絡 み 合 っ た 名 品 1 ・ ) 底 証 大 宮 に 集 ま る 0 物 0 、 ー 一 材 0 、 を 0 8 0 N B 0 N S A ー R T M U S E U M 一 す ー エ プ ロ ン 1900 円 盆 栽 い じ り に は 欠 か せ な い 栽 の 魅 力 と 鑑 賞 の ポ イ ン ト 「 盆 栽 に 興 味 が あ る け ど 、 ど ん な 風 に 鑑 賞 す る も の な の か が 、 わ か ら な い 」 。 そ ん な 盆 栽 初 心 者 の た め に 、 盆 栽 の 魅 力 と 美 意 識 、 そ し て 鑑 賞 に 役 立 つ 注 目 ポ イ ン ト を 紹 介 ! 自 然 の 美 を さ ま ざ ま な 季 節 に よ り 変 ひ と 鉢 に 凝 縮 器 に も 注 目 す る 生 き た 芸 術 葉 が 色 づ い た り 、 花 が 咲 い た り 、 そ し て 実 が つ い た り と 、 季 節 に よ り さ ま ざ ま な 表 情 が 楽 し め る の も 、 盆 栽 の 魅 力 。 ひ と つ の 盆 栽 の 変 化 を 楽 し む た め に 、 盆 栽 は 美 し し 、 自 然 の 風 景 何 度 も 足 を 運 ん で 下 さ る 植 物 を 支 え る 器 に も 注 目 を ひ と 鉢 で 表 現 す べ く 、 人 方 も し 、 ら っ し や し 、 ま す 。 し て み て く た さ い 。 「 盆 器 」 工 的 に 整 え ら れ た ミ ニ チ ュ と い わ れ る 専 用 の 器 が 一 ア ワ ー ル ド 。 枝 先 が 細 か く 般 的 で す が 、 中 に は 天 然 分 か れ る よ う 剪 定 さ れ た の 石 を 使 っ た 「 石 付 き 」 の 松 を 下 か ら 覗 く と 、 大 樹 の 盆 栽 も あ り 、 岩 場 の 美 し 下 に た た す ん で い る よ う い 自 然 を よ り リ ア ル に 表 な 気 持 ち に な り ま す 。 現 し て い ま す 。 ト ー ト バ ッ ク 700 円 盆 栽 好 き を ア ビ ー ル で き そ う マ ウ ス パ ッ ド 600 円 人 と 差 が つ く 渋 い デ サ イ ン モ ミ ジ と フ ウ ロ ソ ウ の 、 可 憐 な 彩 花 盆 栽 か 完 成 し ま し た 。 作 業 途 中 は 不 安 で も 、 障 子 の 前 に 置 い て み る と 、 し つ か り サ マ に な っ 。 当 ・ 彡 終 を て い る か ら 不 思 議 で す 。 ・ も ち ろ ん 家 に 持 ち 帰 れ る の で 、 愛 情 を 込 め て 育 て て い き ま す ! 盆 栽 師 さ ん が レ ク チ ャ ー

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


眸 彝 所 沢 市 / 埼 玉 西 部 滑 川 町 / 埼 玉 西 部 に ' 所 沢 航 空 記 念 公 園 ・ 国 営 武 蔵 丘 綾 森 林 公 園 み X 50 目 的 別 MAPP94C1 容 04-2998-4388 MAP 付 録 ① 円 1A3 0493-57-21 ⅱ 武 蔵 野 の 風 景 と 多 彩 な 遊 具 を 楽 し む 和 49 年 ( 1974 ) に 開 園 し た 日 ・ 本 初 の 国 営 公 園 。 園 内 は 雑 木 林 が 広 が り 、 趣 の あ る 武 蔵 野 の 風 景 を 眺 め な が ら 散 策 で き る 。 ス お 瑩 ツ か 100 ! え 飛 行 場 跡 地 に 造 ら れ た 公 園 テ ッ ハ ン ・ も CHECK! . ・ も CHECK! 三 郷 市 / 埼 玉 東 部 狭 山 市 / 埼 玉 西 部 る る ぶ 持 参 て ・ 狭 山 市 立 智 光 山 公 園 こ ど も 動 物 園 よ し も 遊 べ る 水 族 館 相 に ツ グ ~ 物 園 ス & ・ 本 誌 も CHECK! さ い た ま 市 ( 岩 槻 ) / 埼 玉 中 央 飯 能 市 / 埼 玉 西 部 あ け ほ の 子 ど も の 森 公 園 ・ 岩 概 城 址 公 園 元 山 見 晴 ら し の 丘 公 園 9 X を ・ 特 典 ア リ ! ( 詳 細 は ス タ ッ フ に 確 認 ) 条 件 : 特 に な し よ し も と 流 遊 べ る 新 感 覚 の 水 族 館 有 効 期 間 : 2010 年 7 月 28 日 ~ 2010 年 8 月 末 日 ー ク な 水 槽 が 並 ぶ 「 展 示 ゾ ー ン 」 、 い ろ い ろ な 魚 や 生 き 物 の 釣 り 遊 び が で き る 「 遊 べ る ゾ ー ン 」 か ら な る 、 笑 え て 遊 べ る 水 族 館 。 入 館 大 人 1 円 ( 中 学 生 以 上 ) 、 子 供 1 円 ( 4 歳 生 ) ※ べ る 券 1 回 ナ 開 放 感 あ ぶ れ る 水 辺 の 公 園 , 受 万 市 の 広 大 な 敷 地 に は 、 緑 豊 か な 芝 生 広 場 や フ ラ イ ト シ ミ ュ レ ー タ が あ る 所 沢 航 空 発 祥 記 念 館 な と 魅 力 的 な 施 設 が 充 実 。 → 、 ; 第 直 : ! 1 、 ぐ 、 11 ー 0 滑 川 町 山 田 1920 ・ 東 武 東 上 線 森 林 公 ( ) 緑 豊 か な 雑 木 林 で の ~ ん び り お 園 駅 か ら 車 で 7 分 一 時 30 分 ~ 1 7 時 ( 1 1 散 歩 し よ う 月 は ~ 16 時 30 分 、 12 ~ 2 月 は ~ 16 時 ) の 1 月 の 第 3 ・ 4 月 曜 0 有 料 2000 台 ( 普 通 車 600 円 ) ① 園 内 に 展 示 さ れ て い る YS -11 入 園 無 料 ※ 所 沢 航 空 発 祥 記 念 館 展 示 館 入 料 は 大 人 58 円 、 子 供 18 」 0 8-95 -1360 ミ ュ ー ジ ア ム & 体 験 ス ポ ッ ト & ス 名 ン ア ム エ 場 見 学 あ そ ふ 時 間 の 目 安 あ そ ふ 時 間 の 目 安 0 所 沢 市 並 木 ト 1 3 ・ 西 武 新 宿 線 航 空 公 園 か ら す ぐ の 入 園 自 由 ( 日 本 庭 園 ・ 茶 室 は 10 ~ 16 時 ) の 有 料 施 設 は 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 0528 台 ( 2 時 間 ま で 無 料 、 そ の 後 普 通 車 1 時 間 100 円 ) を 第 物 第 認 第 野 曾 響 MAP 付 録 ① P7A 1 か わ い い 小 動 物 た ち と ぶ れ 合 え る 響 、 」 1 を 、 、 : 約 2 時 間 ・ 約 2 時 間 よ ょ ! ば に ら MAP 付 録 ① 谷 04 ・ 2953-9 〃 9 ・ や ま し り ち こ う さ ' え ん ・ よ し も と あ そ べ す い か ん ~ 4 ー ラ や ミ ー ア キ ャ ッ ト と い っ た 動 物 た ち が 勢 ぞ ろ い す る 動 物 園 。 ま た 、 天 然 記 念 物 の 日 本 鶏 な ど 責 重 な 動 物 と も 出 合 え る の も 魅 力 。 か わ い い ポ ニ ー と の ふ れ あ い や 乗 馬 で 友 達 に な ろ う 。 愛 く る し い ワ ラ ビ ー た ち ア ウ ト ド ア お 花 ス ポ ッ ト イ ベ ン ト 観 光 農 園 コ テ ー ジ & & ス ポ ー ツ キ ャ ン プ 場 0 三 郷 市 新 三 郷 ら ら シ テ ィ 3-1 ー 1 ら ら ほ ー と 新 三 郷 1 F ・ 」 R 武 蔵 野 線 新 三 郷 駅 西 ロ 直 結 の 10 ~ 21 時 ( 入 館 は ~ 20 時 ) の 不 定 休 ( 要 問 合 せ ) 0 ら ら ば 一 と 新 三 郷 駐 車 場 利 用 あ そ ふ 時 間 の 目 安 あ そ ふ 時 間 の 目 安 0 狭 山 市 柏 原 864 ー 1 ・ 西 武 新 宿 線 狭 山 市 駅 か ら 車 で 20 分 朝 9 時 30 分 ~ 16 時 30 分 ( 入 園 は ~ 16 時 ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 0100 台 い 物 物 第 物 宰 物 罸 第 第 入 園 200 円 約 約 2 時 間 1 容 048- 乃 7-9122 MAP 付 録 ① MAP 付 録 ① P8H2 042-972-7711 ・ あ け ぼ の こ ど も の も り ' う ん ・ 、 わ き じ よ う し こ う え 岩 槻 の 歴 史 を 残 す 花 の 名 所 お と き の 国 を 散 策 す る よ う ( ) 美 し い 緑 と メ ル ヘ ン な 建 物 巫 無 料 内 に は 遊 歩 道 が 整 備 さ れ て お り 、 桜 や 紅 葉 な ど 季 節 ご と に 違 っ た 表 情 が 楽 し め る 。 四 季 折 々 の イ べ ン ト も 開 催 し て お り 、 舂 は 桜 ま っ り 、 岩 槻 流 し び な 、 秋 は 人 形 供 養 祭 を 開 催 す る 。 話 の フ ァ ン タ ジ ー な 世 界 観 が テ ー マ の 公 園 。 暖 炉 の あ る 部 屋 や 童 話 の 仲 間 達 の 部 屋 が あ る キ ノ コ の よ う な 家 を は じ め 、 見 晴 ら し 橋 、 池 の ほ と り は 散 策 に び っ た り 。 あ そ ぶ 時 間 の 目 安 あ そ ふ 時 間 の 目 安 鮮 や か な 朱 色 の 橋 が か か る 菖 蒲 池 は 必 見 ! 入 園 無 料 @飯 能 市 阿 須 893-1 朝 西 武 池 袋 線 元 加 治 駅 か ら 徒 歩 20 分 ~ 1 7 時 の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 0250 台 ( 市 民 体 育 館 、 市 民 球 場 、 ホ ッ ケ ー 場 と 共 有 ) 0 さ い た ま 市 岩 槻 区 太 田 3 ー 4 の 東 武 野 田 線 岩 槻 駅 か ら 徒 歩 25 分 朝 の 入 園 自 由 0291 台 第 ま 学 第 約 約 1 時 間 1 三 郷 市 / 埼 玉 東 部 ′ み さ と 公 園 小 川 町 / 埼 玉 西 部 谷 048-955-2067 MAP 付 録 ① 付 録 円 2G3 容 0493-73-1000 MAP ① ま み う ・ み さ え ・ せ ス リ ル 満 天 ! ロ ー ラ ー す べ り 台 1 す べ り 台 か ら の 眺 め は 格 別 9 X を ・ プ の 水 量 を 調 整 し て い た 溜 井 沿 い に 広 が る 水 辺 の 美 し い 公 園 。 ~ - 薯 を 園 内 に は 海 賊 船 を モ チ ー フ に し た ア ス レ チ ッ ク も あ る 。 元 山 の 中 腹 に あ り 小 川 町 を 一 望 。 遊 歩 道 が 整 備 さ れ 、 全 長 203m の ロ ー ラ ー す べ り 台 ( 有 料 ) は ス リ ル と 素 晴 ら し い 眺 め が 堪 能 で き 、 子 供 か ら 大 人 に ま で 人 気 。 ま 第 野 0 三 郷 市 高 州 3 丁 目 朝 東 京 外 か く 環 状 道 ④ 園 内 は 遊 具 施 設 カ 流 実 し て い る 日 あ そ ふ 時 間 の 目 安 あ そ ふ 時 間 の 目 安 路 三 郷 南 ℃ か ら 車 で 10 分 の 入 園 自 由 ( バ ー ベ キ ュ ー 広 場 は 9 ~ 16 時 、 事 前 に 利 用 登 録 と 予 約 が 必 要 ) の 入 園 自 由 0 有 料 332 台 ( 1 時 間 200 円 、 以 降 30 分 ご と に 100 円 ) 帰 り 温 泉 0 小 川 町 小 川 1440 ~ 1442 朝 東 武 東 上 線 小 川 駅 か ら 車 で 1 分 の 9 時 45 分 ~ 16 時 30 分 ( 6 ~ 8 月 は 9 時 30 分 ~ 1 7 時 30 分 、 コ 2 ~ 2 月 は 10 時 ~ 15 時 30 分 ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 開 園 ) 価 0 台 無 料 ※ バ ー ベ キ ュ 場 は カ マ ド と テ ー ブ ル 1 区 画 に つ き 1 日 1000 円 ( 要 予 約 ) 約 約 付 録 2 ※ ロ ー ラ ー す べ り 台 は 高 校 生 以 上 200 円 、 小 ・ 中 学 生 100 円 、 未 就 学 児 無 料 1 1

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


.. 神 川 町 / 埼 玉 北 部 草 加 市 / 埼 玉 東 部 る る ぶ 持 参 て 草 加 煎 餅 ま る そ う 一 福 ヤ マ キ 醸 造 株 式 会 社 X ・ 有 体 験 ス ポ ッ ト 土 場 見 MAP 付 録 ① P6G2 谷 0120-0377 29 容 0274 巧 2-7050 MAP 付 録 ① 豆 乳 ソ フ ト ク リ ー ム 50 円 引 き ! 条 件 : 1 冊 に つ き 1 グ ル ー プ 5 名 ま で 有 効 期 間 : 2010 年 7 月 28 日 ~ 2010 年 12 月 19 日 ま で る そ う 、 ・ や ま き じ よ う か し き や ・ こ だ わ り の 自 然 食 品 を 自 分 の 手 で 作 っ て み よ う ! 機 栽 培 の 厳 選 さ れ た 素 材 を 使 っ た こ だ わ り の 醤 油 工 場 見 学 無 料 ( 要 予 約 。 ラ ン チ 、 は 別 途 有 料 ) - - ・ - ー や 味 噌 を 100 年 以 上 に わ た っ . ・ 「 御 用 蔵 体 験 教 室 」 ・ ( 味 噌 作 り 、 t ・ て 作 り 続 け て い る 自 然 食 品 の 「 時 間 コ ー ス 3600 円 、 醤 油 搾 り 30 老 舗 。 ヤ マ キ 醸 造 で は 「 御 用 蔵 分 コ ー ス 1000 円 、 漬 物 作 り 1 時 澗 コ ス 500 円 ~ 、 豆 腐 作 り 30 分 体 験 教 室 」 と 称 し て 、 こ だ わ り の コ ー ス 58 円 ~ ) 、 い す れ も 要 予 約 食 材 を 使 っ た 味 噌 造 作 り 、 醤 油 0 神 川 町 下 阿 久 原 955 ・ 関 越 自 搾 リ 、 豆 腐 作 リ な ど の 各 種 体 験 動 車 道 本 庄 ・ 児 玉 ℃ か ら 車 で 30 分 を 開 催 し て い る 。 秋 田 杉 の 木 桶 朝 体 験 は 予 約 時 に 要 問 合 せ 、 工 場 約 が 並 ぶ 味 噌 ・ 醤 油 蔵 の 見 学 も で 見 学 ガ イ ド ッ ア ー は 月 ~ 土 曜 の き る 。 10 ~ 16 時 の 無 休 0 台 本 場 の 草 加 煎 餅 を 体 験 1 グ ル ー プ に 1 つ か わ い い 製 造 工 程 の 見 学 も で き る 卩 」 、 太 郎 』 1 袋 サ ー ビ ス ! 条 件 : 1 冊 に つ き 1 グ ル ー プ 加 の 豊 か な 自 然 に 育 ま れ 有 効 期 間 : 2010 年 7 月 28 日 ~ 厳 選 さ れ た 素 材 で 作 ら れ 2010 年 11 月 末 日 る 草 加 煎 餅 の 店 。 併 設 し て い る 工 場 で は せ ん べ い の 製 造 工 程 工 場 見 学 無 料 ( 要 予 約 ) を 一 か ら 見 学 で き る ほ か 、 で き 勹 ※ せ ん べ い の 手 焼 き 体 験 ( 要 予 ー 、 ) は 4 人 ~ で 1 人 3 枚 500 円 、 た て の せ ん べ い を 試 食 や 購 入 20 人 ~ で 1 人 3 枚 48 円 も で き る 。 事 前 に 予 約 す れ ば せ 0 草 加 市 青 柳 2-16-18 ・ 東 武 伊 ん べ い の 手 焼 き 体 験 も 可 能 で 、 約 勢 崎 線 松 原 団 地 駅 か ら 徒 歩 25 分 自 分 で 焼 い た も の は そ の 場 で ー ~ 16 時 の 工 場 見 学 は 日 曜 、 祝 時 食 べ て も お み や け 用 に 持 ち 帰 日 休 ( 店 舗 は 無 休 ) 間 っ て も OK 。 020 台 30 分 る る ぶ 持 参 て 食 事 は 要 予 約 イ チ バ ン お す す め ! 第 手 焼 き せ ん べ い 体 験 1 ィ 引 ツ お す す め ! 1 ノ 朝 市 / 埼 玉 東 部 上 尾 市 ー ー 埼 玉 中 央 株 式 会 社 イ ワ コ ー 、 井 上 ス パ イ ス 工 業 株 式 会 社 100 年 を 超 え る も の づ く り の 伝 統 に ふ れ る 有 機 栽 培 の 大 豆 を 使 っ た 豆 腐 な ど の 手 作 り が 大 好 評 ! 自 分 で 作 れ ば 美 味 し さ も ひ と し お ! 焼 き た て を 食 べ ら れ る 幸 せ ) 箸 と 押 し 瓦 を 使 い 、 い さ 手 焼 き に 挑 戦 し て み よ う ! 焼 い て そ の 場 で 食 べ て も よ し 、 持 ち 帰 っ て も よ し 。 御 用 蔵 体 谷 ; 5502 MAP 付 録 ① P6G2 MAP 付 録 ① P7 ( 1 谷 048 ・ 725-9641 工 場 見 学 無 料 10 名 以 上 の 団 体 は 要 予 約 レ を 大 人 も 夢 中 に な れ る お も し ろ 消 し ゴ ム 斗 菓 子 や 乗 り 物 な ど か わ い い 立 体 消 し ゴ ム が で き る ま で を 見 学 で き る 。 毎 週 土 曜 日 に 工 場 見 学 を 実 施 し て お り 、 そ の か わ い さ と 精 巧 さ は 大 人 も 十 分 に 楽 し め る 。 ④ 実 際 に ふ れ れ は 理 解 も 深 ま る 0 ハ 潮 市 大 瀬 1 ・ つ く は 工 ク ス プ レ ス ハ 潮 駅 か ら 徒 歩 12 分 の 工 場 見 学 は 10 時 、 13 時 30 分 ~ 、 15 時 30 分 ~ の 3 回 の 工 場 見 学 無 料 ( 要 予 約 。 定 員 30 名 ) 毎 土 曜 の み 実 施 ( 20 人 以 上 の 見 学 の 場 合 は 希 望 日 に 合 わ せ る こ と も 可 能 ) 台 ラ 辛 党 必 見 ! ス パ イ ス の 情 報 発 信 基 地 界 中 の ス パ イ ス に 触 れ て 香 り を 嗅 い だ り で き る 薬 研 体 験 や 、 使 い き り サ イ ズ の 否 辛 料 ち び 丸 ス バ イ ス の 製 造 ラ イ ン が 見 学 で き る 。 0 あ そ ふ 時 間 の 目 安 あ そ ぶ 時 間 の 目 安 ち び 丸 ス パ イ ス の 製 造 ラ イ ン 0 上 尾 市 上 野 491-1 ・ 」 R 高 崎 線 上 尾 駅 か ら 車 で 15 分 朝 工 場 見 学 は 10 ~ 12 時 、 13 ~ 15 時 の 2 回 ( 1 回 に つ き 所 要 時 間 は 30 分 程 度 ) の 夏 期 休 業 ( 8 月 12 日 ~ 16 日 ) 、 日 曜 、 祝 日 、 土 曜 不 定 休 ( 要 問 合 せ ) 010 台 清 香 園 MAP 付 録 ① 円 lC3 谷 048-54 ト 0451 鴻 巣 の 伝 統 産 業 に 触 れ る 形 の ふ る さ と 鴻 巣 で 一 番 大 き な 人 形 の 店 。 毎 年 7 月 に は 初 心 者 向 け の 人 形 教 室 ( 要 予 約 ) も あ り 、 好 評 の 人 形 教 室 は 事 前 予 約 必 須 気 軽 に 伝 統 工 芸 を 楽 し め る 。 工 場 見 学 は 製 作 過 程 を 見 学 可 。 工 場 見 学 無 料 ( 要 予 約 。 定 員 0 鴻 巣 市 人 形 1 ー 16-18 創 R 鴻 巣 駅 か ら 人 薯 鍍 ま で ) 徒 歩 20 分 の 工 場 見 学 ( 要 予 約 ) は 10 ~ ・ 人 形 作 り 教 室 ( 要 予 約 ) は 17 時 ( 5 月 中 旬 ~ 1 1 月 下 旬 ) 、 人 形 作 り 教 ~ 108 円 ~ ( 材 料 費 ) で 毎 回 60 人 室 ( 要 予 約 ) は 7 月 の 毎 週 土 曜 13 時 30 分 ま で ~ 16 時 30 分 の 月 曜 050 台 約 約 分 1 作 っ た り 学 ん だ り 、 何 か を 自 ら 体 験 す れ ば 大 き な 思 い 出 に 残 る は ず 。 埼 玉 を 代 表 す る 名 産 の 手 作 り 体 験 や 企 業 の 工 場 見 学 が こ ち ら ー 鴻 巣 市 / 埼 玉 中 央 広 田 屋 人 形 MAP P84 引 き よ 盆 栽 ワ ー ル ド の 入 門 に び っ た り 宮 盆 栽 村 に あ る 盆 栽 園 の ひ と つ 。 園 内 を 見 学 す る だ け で な く 、 自 分 だ け の 盆 栽 を 作 っ て 持 ち 帰 れ る 、 要 予 約 の 「 彩 花 盆 栽 」 の 一 日 体 験 入 学 を 開 催 。 若 い 世 代 に も 好 評 。 3 飲 食 施 設 な し 美 し い 盆 栽 の 数 々 入 園 200 円 ・ 1 日 体 験 4200 円 苗 代 な ど 含 む ) あ そ ぶ 時 間 の 目 安 あ そ ぶ 時 間 の 目 安 0 さ い た ま 市 北 区 盆 栽 町 268 ・ 東 武 野 田 線 大 宮 公 園 駅 か ら 徒 歩 5 分 一 一 日 体 験 は 10 時 30 分 ~ 1 2 時 、 14 時 ~ 1 5 時 30 分 ( 要 予 約 ) の 木 曜 02 台 約 ー 時 間 分 第 朝 物 ラ マ を ・ 約 3 時 間 付 録 2 売 店 あ り ー あ り 記 事 前 予 約 必 須 な し ま た は 不 可 売 店 な し 事 前 予 約 必 須