検索 - みる会図書館

検索対象: 彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣から 304件ヒットしました。

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


カ レ ッ ト 彩 色 車 の 花 プ ラ バ ・ ゼ ー タ ミ ゼ ル の 使 徒 圄

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


カ レ ッ ト 彩 色 車 の 花 流 星 香 4 white heart 講 談 社 X 文 庫

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


カ レ ッ ト 流 星 香 先 生 の 「 彩 色 車 の 花 』 、 い か が で し た か ? 流 星 香 先 生 、 イ ラ ス ト の 飯 坂 友 佳 子 先 生 へ の 、 み な さ ま の お 便 り を お 待 ち し て お り ま す 。 流 星 香 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 ワ 」 ー 1 亠 1 亠 ワ 3 講 談 社 文 庫 「 流 星 香 先 生 」 係 ー 測 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 飯 坂 友 佳 子 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 ワ 朝 11 1 人 ー ワ 3 講 談 社 >< 文 庫 「 飯 坂 友 佳 子 先 生 」 係 ー 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


第 五 章 絵 師 さ い し よ く に ぐ る ま い ろ あ ざ カ レ ッ ト と は 、 こ の 地 方 で の 祭 礼 の パ レ 1 ド で 使 う 、 色 鮮 や か な 彩 色 荷 車 の こ と だ 。 カ レ ッ ト は 車 体 ・ 長 柄 ・ 側 板 ・ 区 切 り 板 の 四 つ の 部 分 か ら 構 成 さ れ て い て 、 十 二 本 か 十 四 う ず ま 本 の 輻 を 持 つ 大 き な 車 輪 が つ い て い る 。 カ レ ッ ト の 全 体 に は 、 花 や 葉 や 渦 巻 き の 形 を し た 、 ラ ビ ス キ と い う 鉄 の 飾 り が 結 び つ け ら れ る 。 美 し い カ レ ッ ト に は 、 そ れ を 曳 く 馬 や 砂 か わ ぐ ト カ ゲ と い っ た 動 物 た ち に も 、 豪 華 な 飾 り つ け が な さ れ た 。 腹 帯 な ど の 革 具 に は 、 ア ル ミ ッ ジ と 呼 ば れ る 、 リ ポ ン や 鈴 、 鏡 、 金 糸 か ら な る 飾 り が つ け ら れ 、 一 一 本 の 高 い 羽 毛 飾 り む ち が 立 て ら れ る の だ 。 使 わ れ る 鞭 も ま た 、 こ の カ レ ッ ト の た め だ け の 特 注 品 で あ る 。 青 銅 の に ぎ 鈴 チ ャ ン チ ャ ネ ッ デ ィ の 音 も 賑 や か に 、 豪 華 に 飾 り た て 、 羽 毛 飾 り を 揺 ら し て 、 町 か ら ね あ る の 町 、 領 地 の す べ て の 村 を 練 り 歩 く 美 し い カ レ ッ ト は 、 楽 し い お 祭 り に は な く て は な ら な い 絶 も の だ 。 も の し カ レ ッ ト は 木 彫 家 ・ 鋳 物 師 ・ 絵 師 た ち に よ っ て 製 作 さ れ 、 製 作 者 た ち は 文 学 に あ る 程 度 精 通 し て い る こ と が 要 求 さ れ た 。 カ レ ッ ト の 製 作 に は 原 則 が あ り 、 主 題 に よ っ て 、 カ レ ッ

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


199 彩 色 車 の 花 ら い い で す よ 」 ほ ま え 洗 濯 物 の 最 後 の 一 枚 を 干 し な が ら 、 リ ン ゼ は ス ザ ナ に 微 笑 む 。 「 で も 、 リ ン ゼ さ ん も 、 ジ ェ イ さ ん と い っ し ょ に 村 に 行 か れ る で し よ う ? こ れ ぐ ら い 、 わ た し が し ま す よ 」 恥 ず か し い で す か ら . 「 あ り が と う ご ざ い ま す 。 で も : 洗 濯 物 に は 下 着 も あ る 。 一 回 く ら い な ら 甘 え る こ と も で き る が 、 毎 日 で は 気 が 引 け る 。 リ ン ゼ は ち ょ っ と 赤 く な っ て 笑 っ て 、 こ れ は 自 分 の 仕 事 だ と 、 ス ザ ナ に 言 っ た 。

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


35 彩 色 車 の 花 か ら だ 襲 い か か る か と 見 え た 賊 は 、 し か し 、 ぎ く ん と 身 体 を 硬 直 さ せ 、 白 目 を 剥 い た 。 顔 に 死 相 を 浮 か べ た 賊 に 、 む っ と 眉 を 顰 め 、 動 き を 止 め た ル ミ の 前 で 、 膝 を 折 っ て れ 藩 ち ょ う と し て い た 賊 は 、 悪 夢 の よ う な 動 き で 腕 を ね 動 か し た 。 ル ミ の 左 腕 と 胸 に 、 鈍 い 音 を た て て 石 が 激 突 す る 。 ル ミ を 激 し く 殴 打 し て 倒 れ た 賊 の 足 一 兀 で 、 賊 に 牙 を 突 き 立 て た 叢 へ と 去 っ て い 「 え ? 物 音 に 気 づ い て 振 り 返 っ た リ ン ゼ に 、 振 り 向 い た ル ミ は に つ こ り と 微 笑 む 。 「 お 馬 鹿 さ ん に な っ て も ら っ て は 困 る か ら ね 」 教 師 の 頭 は 大 事 だ 。 ル ミ は そ う 言 っ て 近 寄 る と 、 腰 を 落 と し た ま ま の リ ン ゼ の 茶 色 い 髪 を 撫 で た 。 ぞ く に ぶ ま ま え

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


第 一 章 援 護 必 死 で 駆 け て い た 娘 の 足 が 、 草 の 下 に 隠 れ て い た 、 こ ろ り と し た 石 を 踏 み つ け た 。 「 あ っ ・ か ら だ へ い こ う 身 体 の 平 衡 を 失 い 、 小 さ く 悲 鳴 を あ げ た 娘 と と も に 、 娘 の 手 を 引 い て い た リ ン ゼ も 転 倒 す る 。 「 ー ー ー だ 、 大 丈 夫 で す か : け が き の こ 踏 み つ け 道 も な い 、 森 の 中 だ 。 草 や 茸 が 衝 撃 を 緩 和 し て く れ た お か げ で 、 怪 我 は な い 。 ぼ う し ひ ょ う し 転 ん だ 拍 子 に 脱 げ て 飛 ん だ 帽 子 を 拾 っ て 頭 に の せ 、 振 り 返 っ て 、 急 い で 助 け 起 こ そ う と す る リ ン ゼ に 、 娘 は 悲 痛 な 面 持 ち で 飃 い て 首 を 振 る 。 花 「 も う 、 走 れ ま せ ん : ・ さ あ 、 お 願 い で す 、 立 っ て ・ : 車 「 気 弱 な こ と を 言 わ な い で く だ さ い ー は ず 彩 転 ん だ 弾 み で 灌 木 の 枝 に ひ っ か か っ た 金 色 の 長 い 髪 を 急 い で 外 し て や り 、 リ ン ゼ は 娘 に 肩 を 貸 す よ う に し て 強 引 に 腰 を 上 げ さ せ る 。 薄 布 を 何 枚 も 重 ね て 仕 立 て ら れ た 上 等 の 長 衣 か く か ん わ

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


171 彩 色 車 の 花 フ ェ レ ス は ミ ラ ン に 笑 い か け る 。 ジ ェ イ た ち が い る あ い だ だ け だ が 、 ス ザ ナ も 楽 を で き る と い う も の だ 。 医 師 で あ る ジ ェ イ が 作 る も の な ら ば 、 間 違 い は な い 。 「 う ん : : : 」 ふ き げ ん ほ ま え ミ ラ ン は 気 弱 に 微 笑 ん だ 。 ジ ェ イ は い つ で も 不 機 嫌 そ う な 顔 を し て い て 怖 い の で 、 ジ ェ イ の 作 っ て く れ た 料 理 を 食 べ 残 す だ け の 勇 気 は 、 ミ ラ ン に は な い 。 「 こ れ で 少 し で も 丈 夫 に な っ た ら 、 街 に 絵 の 勉 強 に も 行 け る っ て も ん だ 」 ミ ラ ン 、 街 に 行 く の ? う な ず 遠 慮 が ち に ス ザ ナ に 尋 ね ら れ 、 フ ェ レ ス に 見 つ め ら れ な が ら 、 ミ ラ ン は 頷 く 。 ) と 思 う ん だ 。 ・ : ・ : 女 王 : う ん 。 や つ ば り 、 少 し は ち ゃ ん と 勉 強 し て お い た ほ う が い し 様 に 贈 る カ レ ッ ト の た め に も : 「 ー ー ー そ う 、 ね 」 ミ ラ ン を 見 つ め て 、 ス ザ ナ は 頷 く 。 「 そ う よ ね : ミ ラ ン の 言 っ て い る こ と は 、 間 違 っ て は い な い こ わ

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


ま く ら 今 日 訪 問 し た 家 で 、 ジ ェ イ は 家 族 す べ て の 枕 に 、 ダ ニ が い る と 難 色 を 示 し て い た 。 あ の と こ の 家 も 似 た り 寄 っ た り な の で 、 尢 懾 て な の 家 が と く に ど う 、 と い う わ け で は な い 。 、 か っ こ う 格 好 い い 男 前 の 先 生 の 前 で は 、 誰 だ っ て 恥 ず か し い 思 い を し た く は な い 。 「 あ あ 、 そ れ か ら フ ェ レ ス 、 あ と で あ ん た の と こ ろ に 、 明 日 ミ ラ ン の と こ ろ に 届 け て も ら う 花 を 持 っ て い く か ら ね 。 よ ろ し く 頼 む よ 」 「 え ? ス ザ ナ は ? 」 ま ゆ ひ そ ど う か し た の だ ろ う か と 、 フ ェ レ ス は 眉 を 顰 め る 。 毎 朝 、 ミ ラ ン の と こ ろ に 花 を 届 け る の は 、 ス ザ ナ が 始 め た こ と だ 。 し と 「 ミ ゼ ル の 使 徒 様 が ミ ラ ン の と こ ろ に 来 て 、 ス ザ ナ は お 休 み を い た だ い た ん だ っ て さ 」 ス ザ ナ が 家 で 昼 に 祖 母 と 話 し て い た こ と は 、 水 車 で 粉 を 碾 き に き た 村 人 に 母 親 が 話 し 、 広 ま っ て い る 。 「 だ か ら 、 あ ん た は 明 日 か ら 、 一 人 で 農 場 に 行 か な き ゃ な ら な い よ 」 さ び 「 寂 し い だ ろ う け ど ね え 花 の 荷 車 に 乗 っ て 、 い っ し ょ に 農 場 に や っ て く る フ ェ レ ス と ス ザ ナ は 、 毎 日 と て も 仲 が よ さ 色 そ う だ 。 フ ェ レ ス に 陽 気 に 笑 い か け 、 掃 除 用 の プ ラ シ を 交 換 し 合 っ た 女 た ち は 、 別 れ て 早 彩 足 で 家 に 帰 っ た 。 フ ェ レ ス は 街 で 買 っ て き た 物 を 家 に 置 き 、 教 会 に リ ン ゼ を 迎 え に い き 、 ジ ェ イ を 迎 え に む か

彩色車の花 プラパ・ゼータ ミゼルの使途2⃣


け げ ん フ ェ レ ス は 怪 訝 な 顔 を す る 。 「 な ん だ 卩 」 き だ 木 材 が 必 要 な と き に は 、 森 の 木 を 伐 り 出 す こ と は あ る 。 し か し そ れ は 、 木 こ り の 家 だ っ た ミ ラ ン の 家 を 拠 点 に し て 、 村 の 者 が 森 に 入 っ て も 危 険 の な い よ う に 、 き ち ん と 話 し 合 い き の こ を し て か ら 、 木 を 伐 り に 出 か け る の だ 。 そ う で な け れ ば 、 茸 や 木 の 実 、 薬 草 を 求 め て 森 の け が 中 に 入 る こ と も あ る 村 の 者 た ち が 、 思 わ ぬ 怪 我 を す る こ と に も な り か ね な い 。 た お お の 斧 の 音 は 聞 こ え な か っ た 。 木 が 倒 れ る こ と を 知 ら せ る 声 も 、 聞 こ え な か っ た 。 森 の 中 に あ っ た 古 木 の 一 本 が 、 自 然 に 倒 れ た の か も し れ な い 。 「 あ っ ち か ! 」 何 が あ っ た か と 、 フ ェ レ ス は 木 が 倒 れ た ほ う に 向 か っ て 走 る 。 「 フ ェ レ ス 、 一 人 じ ゃ 危 な い よ : ・ あ わ か っ 袋 を 担 ぎ 、 罠 を 抱 え た ま ま 、 飛 ぶ よ う な 勢 い で 走 る フ ェ レ ス を 、 ミ ラ ン は 荒 て て 追 い か け る 。 花 の 車 色 轟 の 正 体 は 、 ひ と 抱 え ほ ど あ る 木 が 倒 れ た も の だ っ た 。 人 間 の 腰 ぐ ら い の 高 さ で 、 木 彩 し か つ の を へ し 折 っ た の は 、 一 頭 の 大 き な マ ギ ー ザ ッ ク と 呼 ば れ る 、 角 の な い 鹿 に 似 た 動 物 で あ る 。 こ の あ た り の 森 や 山 で は 、 よ く 見 か け る 動 物 の 一 種 だ 。 頭 か ら 木 に 激 突 し 、 そ の 勢 い わ な か か