検索 - みる会図書館

検索対象: 恋人たちの過ごした時間

恋人たちの過ごした時間から 101件ヒットしました。

恋人たちの過ごした時間


突 然 の 銀 色 の 雨 あ じ さ い 水 彩 画 の よ う な 紫 陽 花 捨 て ら れ て い た 子 大 を 抱 き し め て 制 服 も 髪 も 濡 れ た ま ま 、 途 方 に 暮 れ る わ た し 「 風 邪 、 ひ く よ 」 声 と 同 時 に 、 差 し か け ら れ た プ ル ー の 傘 顔 を 上 げ る と 、 そ こ に は 見 知 ら ぬ 男 の 子 6 月 の 雨 が く れ た 予 期 せ ぬ 贈 り 物 か せ か さ

恋人たちの過ごした時間


、 ル マ ぐ 毒 矗 も 得 説 イ 乍 ロ 0 ロ 3 ・ 表 紙 ( 描 き 下 ろ し ) 叮 5 ~ に p 花 月 -Apri1- 自 QQ5 ) ェ ア 汚 シ を イ も た ら . 粒 手 が 、 あ ら く 乙 ソ 刃 し た し が 、 、 、 絵 は と も か く ( 笶 ) 。 れ ) し 本 ん 内 容 は 気 に 人 フ 乙 ま す 。 コ ク 用 ・ llZ14P 蕚 見 月 - ル ( 円 9 の う 蠻 る が 楽 し み 0 オ 。 し た く 乙 . 蛍 光 ピ の ノ 杦 テ ル を 初 め し 使 っ て ま し た 。 日 畊 肥 エ ム も 小 林 先 生 の 書 き 下 ろ し 。 を は . 苹 や て ・ 1 ~ P ポ & イ ラ 入 ト ( 描 き 下 ろ し ) 様 に 倒 れ 乙 る ( ? じ ・ 、 、 ・ は . 乙 も 気 に 人 っ て る 糲 図 で 豸 。 が あ オ カ 、 し く も . め ち ゃ く ち や 時 が カ 、 か っ 乙 第 っ た ! ! 人 物 が 。 千 ュ ー リ ツ ア ・ ジ ク ・ マ ー ガ し ッ ト の 花 る 成 し ま し た 。 配 色 肌 色 着 彩 の の が づ い : ・ カ 易 、 、 豸 。 今 兎 え ば 、 男 の コ の 水 羂 姿 も 描 け ば 新 、 。 た な 、 、 、 と 関 。 。 0 。 。 ・ 30 引 P ( ! 四 の よ う か ? あ じ さ い も . い 盟 ロ 第 い 乙 い る し 北 観 る よ ね 。 談 い フ ル ー の 紙 に 描 い た ん る す が に リ に で 乙 る 乙 し ・ ・ 四 P 朝 6 ) マ は 家 る 5 」 。 ま ぶ た の 上 フ の も . な ん 力 、 イ イ 乙 し め ? 学 、 : 第 ・ % ・ 27P ( 昭 も ) じ 冫 ワ し フ ル ー の 西 葩 が 好 き 乙 。 も 頏 碾 死 描 ま し に 。 % = 城 の イ ラ ス ト に 小 先 生 が . 文 を を き 千 ろ し も ( れ ま し た 学 ・ , 舛 ・ 25P ( 円 q も ) よ ね え 。 ち ょ フ と の 勇 気 が あ れ ば い い ん 乙 す け と ね 。 ぃ 屐 い 夏 イ 木 み も . し く 過 ゴ 豸 し 平 / し 、 う 閤 な ん で す 、 ~ ・ 円 ~ 22P 七 夕 月 一 工 し 一 ( 円 q6 ) よ ね か ・ ? 看 イ 木 み も イ 犬 冫 ト の ひ と つ 。 の が オ な 鷲 ( 万 知 外 . ズ の コ は 褪 愛 に 関 し ℃ . 燃 え る と い う か 互 リ 上 が / ほ す 。 ・

恋人たちの過ごした時間


イ ラ ス ト キ ャ ラ リ ー from Autumn tO ・ゑ 、 「 inter カ ラ ー コ ミ ッ ワ 恋 が 目 覚 め る 瞬 間 ・ シ ー ズ ン ・ ビ ン ナ ッ プ ゴ ー ル の ・ 回 こ 一 つ 側 : 枯 れ 葉 の 色 彩 : 雪 に 書 い た ラ ブ レ タ ー 毎 日 が バ レ ン タ イ ン ・ ノ ベ ル 第 一 一 一 章 / 秋 枯 れ 葉 の 寝 床 ・ ・ 第 四 章 / 冬 銀 世 界 の 恋 人 ・ 長 電 話 、 大 好 き ( あ と が き に か え て ) 85 81 77 94 93 92 90

恋人たちの過ごした時間


木 の 葉 の 色 が 変 わ る 。 黄 色 い 銀 杏 、 真 っ 赤 な 紅 葉 。 北 風 に 飛 び 散 る 色 彩 。 そ で ぐ ち 冷 た い 空 気 が ダ ッ フ ル コ ー ト の 袖 口 か ら 忍 び 込 ん で 、 秋 を 告 げ る 。 公 園 で 、 わ た し は タ ケ ル を 待 っ て い た 。 通 り の 向 こ う の バ ス 停 に 紺 色 の セ ー ラ ー 服 の 女 の 子 が い る 。 あ の 子 は 歳 の 頃 の わ た し に 似 て い る 。 も う 。 あ ん な ふ う に 、 そ し て 、 こ ん な ふ う に 。 誰 か を 好 き に な る こ と は で き な い 。 わ た し は 、 ふ い に 強 く 思 う 。 だ か ら 、 神 様 。 わ た し か ら 、 も う 2 度 と タ ケ ル を 取 り 上 げ な い で 。 で も 、 そ れ に し て も 遅 い な あ 。 タ ケ ル 。 な に や っ て る ん だ ろ 。 ゅ う べ 昨 夜 、 タ ケ ル か ら 家 に 電 話 が あ っ た 。 い き な り 北 海 道 か ら タ ケ ル の 高 校 時 代 の 同 級 生 が 上 京 し て 来 た の で 、 今 日 は 授 業 に 出 ら れ な い 、

恋人たちの過ごした時間


も く じ 中 om Spring ( 0 Summer カ ラ ー コ ミ ッ ワ 七 夕 月 1 : シ ー ス ン ・ ビ ン ナ ッ プ 卒 業 式 が 終 わ っ た ら ・ 恋 人 た ち の 方 程 式 : 紫 陽 花 に 降 る 雨 : 夏 休 み の ヒ ロ イ ン : ノ ベ ル 第 一 章 / 春 薔 薇 色 の 明 日 ・ 第 一 一 章 / 夏 人 魚 姫 の 真 珠 ・ ・ ス ペ シ ャ ル ピ ン ナ ッ プ & ポ エ ム ・ ま 、 ん か き : 19 15 11 49 33 30 28 26 24

恋人たちの過ごした時間


/ ル ( = 、 あ な た の 好 さ な 色 て わ た し を 染 め て

恋人たちの過ごした時間


お は よ , っ 散 リ 急 く 前 に 逢 え な く て : つ ま ら な か っ た よ 春 休 み わ た し の 心 の 花 を 咲 か せ て

恋人たちの過ごした時間


35 第 一 章 / 春 薔 薇 色 の 明 日 わ た し の 手 は 未 練 が ま し く 、 ま だ こ の 手 の 感 触 を 覚 え て る 。 「 オ レ の こ と 分 か る か ? 覚 え て る か ? 中 学 の と き 同 級 だ っ た 。 タ ケ ル 」 覚 え て る に 決 ま っ て る じ ゃ な い ー そ う 叫 び た い の に 言 葉 が で な い 。 戸 惑 い と 困 惑 と 懐 か し さ と 胸 の 痛 み 。 く ち び る 唇 が 震 え て 、 ふ い に 泣 き だ し て し ま い そ う に な っ た と き 。 さ え ぎ 風 に 舞 う 桜 の 花 び ら が 、 わ た し の 目 の 前 に 降 っ て 来 て 、 視 線 を 遮 る 。 そ の 瞬 間 。 記 憶 の 底 に 追 い や っ て い た は ず の 思 い 出 が 、 突 然 、 モ ノ ク ロ ー ム か ら 詳 や か な カ ラ ー に な っ て 、 胸 に 迫 っ て く る 。 暖 か な 日 差 し の 差 し 込 む 教 室 。 中 学 の 卒 業 式 の あ と 、 タ ケ ル か ら 誰 も い な い 教 室 に 呼 び 出 さ れ た 。 わ た し が 教 室 に 入 っ て い く と 、 タ ケ ル は 近 寄 っ て き て 、 な に も 言 わ ず に 、 わ た し の 制 服 の 腕 を 引 き 寄 せ て 、 ふ い に キ ス し た 。 唇 が 触 れ た 瞬 間 、 甘 く せ つ な い 気 持 ち が 胸 い つ ば い に 広 が っ て 、 め ま い が

恋人たちの過ごした時間


こ の 距 離 を 縮 め ら れ す に い る 幸 せ で ホ ン ト に 涙 出 て る わ る : な ん て 悲 し い 夢 現 実 は ・ 」 〔 第 〕 ら 今 日 の ・ だ っ マ ー ー ・ や 花 な 蕾

恋人たちの過ごした時間


37 第 一 章 / 春 薔 薇 色 の 明 日 「 え ? 紡 、 聞 い て な い の ? タ ケ ル 、 卒 業 の あ と す ぐ 、 お 父 さ ん の 転 勤 で 北 海 道 に 引 っ 越 し た ん だ よ 」 ク ラ ス メ イ ト の レ イ コ か ら 聞 か さ れ た 。 そ の 瞬 間 。 バ チ ン 。 い き な り 、 頭 の ス イ ッ チ が オ フ に な っ て 、 目 の 前 が 真 っ 暗 に な っ た 。 結 局 、 タ ケ ル と は そ れ つ き り 。 一 通 の 手 紙 も 一 本 の 電 話 も こ な い ま ま 。 シ ョ ッ ク で 胸 が 張 り 裂 け そ う で 、 わ た し は 、 毎 日 、 泣 き あ か し た 。 タ ケ ル な ん か 大 嫌 い ! サ イ テ ー そ う 思 い な が ら も 、 心 の ど こ か で 、 タ ケ ル を 待 っ て い た 。 の ぞ 毎 日 、 郵 便 ポ ス ト を 覗 い た 。 電 話 の ベ ル が 鳴 る た び に ド キ ッ と し た 。 し ぶ や ざ っ と う 朝 の 通 学 電 車 や 渋 谷 の 雑 踏 で 、 タ ケ ル に 似 て い る 人 を 見 か け て は 、 ハ ッ と し て 振 り 向 い た 。 そ し て 、 そ の た び に 胸 が 痛 ん だ 。 楽 し く 幸 福 な 思 い 出 は 、 辛 く 悲 し い 思 い 出 よ り も 、 も っ と 、 い を 傷 つ け る 。 そ れ ま で 、 そ ん な こ と も 知 ら な い ほ ど 、 わ た し は 子 供 だ っ た の に 「 す ぐ わ か っ た よ 。 紡 、 全 然 、 変 わ っ て な い か ら 」