検索 - みる会図書館

全データから 212385件ヒットしました。

微生物学の一里塚


微 生 物 学 の 一 里 塚 藤 野 恒 三 郎 監 訳 日 本 防 菌 防 黴 学 会 翻 訳 委 員 会 訳 作 0 廰 記 and ″ 記 THOMAS D. BROCK Ph. D. Milestones ⅲ Micr0bi010gy 近 代 出 版 1980

微生物学の一里塚


第 Ⅵ 部 一 般 微 生 物 学

微生物学の一里塚


10 微 生 物 学 の 一 里 塚 に よ っ て 大 学 生 に わ か り や す く 説 明 で き る 段 階 に は 至 っ て い な い . し か し , こ の 分 野 の 重 要 な 研 究 の 多 く を 集 め た 2 冊 の 論 文 集 が あ る . レ ダ ー (Lederberg ) の "Papers in Microbial Genetics" と ピ ー タ ー ス (Peters) の "Classic papers ⅲ Genetics" で あ る . そ れ ら は , 実 際 的 な 問 題 か ら は じ ま っ た 初 期 の 徴 生 物 遺 伝 学 を 明 ら か に す る 目 的 で 選 ば れ た 論 文 集 で あ る . 今 日 , 徴 生 物 学 は 遂 に そ の 実 用 面 と は 別 に 独 立 し た 学 問 と し て 存 在 す る 真 の 生 物 科 学 と な り つ つ あ る . ま た , 細 菌 が 多 く の 細 胞 生 命 の 過 程 を 研 究 す る た め に , お そ ら く 最 も 便 利 な 生 物 で あ る こ と も 明 ら か に な っ て き た . 見 通 し は , 明 る く 希 望 に 満 ち て い る . も し , 純 粋 に 実 用 的 な 基 盤 上 に の み 構 築 さ れ た も の で あ れ ば , い か な る 科 学 も 成 功 し な い で あ ろ う . 今 か ら 100 年 後 に , 徴 生 物 学 の 一 里 塚 と 題 し て 再 び 新 し い 論 文 集 が っ く ら れ る と す れ ば , 徴 生 物 学 の 基 礎 的 研 究 の 多 く が 収 録 さ れ , さ ら に 微 生 物 学 の 成 熟 期 の 実 相 が 明 ら か に さ れ る で あ ろ う .

微生物学の一里塚


3j2 微 生 物 学 の 一 里 塚 TABLE II. DISSIMILATORY PROCESSES OF SOME IMPORTANT GROUPS OF MICRO-ORGANISMS Fermentative 山 迅 atO ' processes Oxidative dissimilatory p 「 autotrophic bacteria aceuc acid bacteria yeastS Ⅷ 川 Ⅲ Ⅲ Ⅲ lactic acid bacteria anaerobic cellulose d ecomposing bacteria butyric acid bacteria anaerobic proteln fermenting bacteria Ⅷ Ⅲ Ⅲ ( 01i 応 rm bacteria IIIIIIIIIIIIIIIIIIII aerobic sporeforming bacteria Ⅷ 川 刪 第 Ⅲ 川 bacteria of the Pro 四 group urea splitting bacteria illlllllllllllllllll Pseudomonas Micrococcus Sarcina• Spirillum Vibrio Mycobacterium ? methane bactena inorganic compounds carbohydrates and 50g " 0 0h01s Ⅲ 川 Ⅲ 川 川 denitrifying bacteria sulfate reducing bacterja organic substances contaming mtrogen = salts 0 「 organic acid

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


第 四 章 国 民 連 合 政 府 は 革 命 の 一 里 塚

微生物学の一里塚


286 徴 生 物 学 の 一 里 塚 療 に 有 効 で あ っ た . ウ ッ ズ の 論 文 は , 徴 生 物 お よ び 医 学 の 広 い 分 野 に 影 響 を 及 ぼ し た . ェ ー ル リ ッ ヒ (Ehrlich) の 論 文 ( p ・ 239 ) を 読 み , 彼 が 化 学 療 法 の 概 念 を 生 み 出 し て 以 来 , そ れ が ど の よ う に 進 歩 し て き た か を み る こ と は 興 味 深 い と こ ろ で あ る . ( 訳 : 西 村 )

微生物学の一里塚


340 微 生 物 学 の 一 里 塚 こ の 論 文 は , べ イ エ リ ン ク が ア ゾ ト パ ク タ ー に つ い て は じ め た 研 究 の 前 進 を 示 し , こ の 細 菌 が 増 殖 す る 間 に 窒 素 固 定 が 実 際 に 起 こ っ て い る こ と を 化 学 的 に 証 明 し て い る . こ の 問 題 に つ い て の , 彼 の も っ と 初 期 の 研 究 を 示 し た 論 文 ( p. 325 ) を 参 照 さ れ た い . ク ル イ ヴ ェ ル : 微 生 物 の 代 謝 に お け る 一 様 性 と 多 様 性 ケ ン ダ ル (Kenda1) の 「 文 明 と 徴 生 物 」 の 序 文 よ り ( ポ ス ト ン 1923 ). 明 は 微 生 物 か ら 多 く の 恩 恵 を 受 け て い る * 」 た . 一 般 に , 細 菌 は 有 害 で あ る と い う 考 え が も た れ て い る が , 実 際 に は , 文 微 生 物 が 世 界 中 に 満 ち あ ふ れ て い る と い う 漠 然 と し た 印 象 を も つ よ う に な っ 女 は 細 菌 に 関 す る 章 を 学 ん で , 人 類 に 対 し て 感 染 の 機 会 を ね ら っ て い る 病 原 「 私 の 娘 , ア リ ス は 高 校 生 で あ る . 一 般 科 学 は , 高 校 の 規 定 課 目 で あ る . 彼 HoIl and PubI ishing Company, Amsterdam. 簓 K 〃 00 , 日 な ん 圷 ビ ィ ー た , 1959 , North- み イ , V01. 21 , page 266. Translation from / I な ⅲ de stofwisseling der microben'. C ゐ 0 な 0 た 一 仏 た -. KIuyver, A. J. 1924. Eenheid en verscheidenheid ( 訳 : 正 子 ) Unity and diversity in the metabolism of mcro-orgamsms 四 2 イ ・ / / な /. K 〃 り 0 鉱

微生物学の一里塚


恒 三 郎 藤 石 神 米 芝 清 竹 都 西 原 布 正 野 関 野 虫 崎 水 田 留 村 ロ 施 子 三 輪 谷 節 節 洋 美 信 民 隆 五 俊 子 夫 勲 子 文 也 男 英 郎 朔 夫 ロ 000 大 阪 大 学 名 誉 教 授 , 神 戸 学 院 大 学 名 誉 教 授 国 立 衛 生 試 験 所 衛 生 徴 生 物 部 室 長 東 京 家 政 大 学 教 授 近 畿 大 学 農 学 部 講 師 大 阪 大 学 名 誉 教 授 大 阪 大 学 医 学 部 附 属 病 院 中 央 臨 床 検 査 部 東 京 大 学 医 科 学 研 究 所 細 菌 感 染 研 究 部 教 授 農 林 水 産 省 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 研 究 管 理 官 北 里 大 学 衛 生 学 部 教 授 東 京 農 工 大 学 農 学 部 教 授 近 畿 大 学 農 学 部 教 授 京 都 府 立 大 学 農 学 部 教 授 大 阪 大 学 徴 生 物 病 研 究 所 細 菌 血 清 学 部 門 教 授 微 生 物 学 の 一 里 塚 定 価 2 , 400 円 1985 ・ 10 ・ 22 新 装 版 第 1 刷 発 行 監 訳 藤 野 恒 三 郎 訳 日 本 防 菌 防 黴 学 会 翻 訳 委 員 会 発 行 人 菅 原 律 子 株 式 会 社 近 代 出 版 〒 150 東 京 都 渋 谷 区 渋 谷 1 ー 10 ー 1 八 千 代 ビ ル 振 替 東 京 9 ー 168223 電 話 ( 03 ) 499 ー 5191 印 刷 , 製 本 研 友 社 印 刷 株 式 会 社 表 紙 カ バ ー 増 山 真 吾 本 書 は , 1980 年 8 月 20 日 に 上 製 本 で 刊 行 さ れ ま し た ISBN 4 ー 87402 ー 451 ー 3

微生物学の一里塚


788 微 生 物 学 の 一 里 塚 れ た . さ ら に , 感 受 性 の あ る 宿 主 に 特 異 抗 体 を つ く ら せ る よ う に し て , 病 気 の 特 異 的 予 防 を 可 能 に し た . こ れ は , 微 生 物 学 が 医 学 に 貢 献 し た 最 も 重 要 な も の の 1 つ で あ る . V01. 16 , pages 1145 ー 1148. Thieren. D な c た ビ ご イ た な じ / 昭 ー 00 た e 0 カ ち Zustandekommen der Diphtheria-lmmunität bei von Bchring, EmiI. 1890. Untersuchungen 置 b das 90 ・ E7 〃 〃 0 の 2 召 訪 〃 g animals immunity to diphtheria Studies on the mechanism Of ジ フ テ リ ア に 対 す る 動 物 の 免 疫 機 構 の 研 究 べ ー リ ン グ : ( 訳 : 藤 野 ・ 三 輪 谷 ) が , 同 量 の 菌 を モ ル モ ッ ト , ウ サ ギ , ヒ ッ ジ に 注 射 す る と 死 ぬ こ と を 発 見 し ス と ラ ッ ト は こ の 部 類 に 属 し , ジ フ テ リ ア 菌 を 注 射 し て も 健 康 を 損 な わ な い リ ア に 対 し て 自 然 免 疫 を も っ て い る 動 物 の 存 在 を 報 告 し て い る . 私 は , マ ウ レ フ ラ ー ( Löff1er ) だ け で な く , ル —(Roux) も エ ル ザ ン (Yersin) も , ジ フ テ 績 の 公 表 に あ る . え を 支 持 す る 実 際 の 実 験 成 績 を 報 告 し な か っ た . こ の 論 文 の 目 的 は , そ の 成 同 じ 論 文 に , ジ フ テ リ ア の 免 疫 に つ い て の 同 じ 機 構 を 発 表 し た が , そ の 考 号 に 発 表 し た . 菌 の 毒 素 を 無 害 に す る 能 力 が 生 ず る た め で あ る と い う 実 験 を こ の 雑 誌 の 49 北 里 と 私 は , 実 験 動 物 が 破 傷 風 に 対 し て 免 疫 さ れ る の は , 血 液 中 に 破 傷 風

微生物学の一里塚


346 徴 生 物 学 の 一 里 塚 糖 は 他 の 菌 の 生 育 に と っ て 理 想 的 で あ る が , こ れ ら の 菌 に と っ て は か え っ て 毒 物 に な る . 最 後 に , 水 素 と 酸 素 , メ タ ン と 酸 素 , 水 素 と 亜 酸 化 窒 素 の 混 合 物 を 栄 養 と す る い ろ い ろ な 細 菌 が あ る . こ れ ら す べ て の デ ー タ を み る と , 徴 生 物 の 代 謝 に は 非 常 に 多 様 性 が あ る こ と が 印 象 的 で あ る . さ ら に , 過 去 数 十 年 間 の 微 生 物 学 の 趨 勢 を く わ し く 調 べ る と , こ の 多 様 性 を 証 明 し よ う と す る 試 み が 研 究 を 大 き く 支 配 し て き た と い う 結 論 が で て く る の は 当 然 の こ と で あ る . 徴 生 物 そ の も の が 研 究 の 出 発 点 と な っ た 例 は 必 ず し も 多 く は な い . む し ろ , ま っ た く 別 の と こ ろ か ら は じ ま っ て い る . す な わ ち , 自 然 界 で あ る 種 の 化 学 変 化 が 起 こ っ て い る か も し れ な い と い う さ さ や か な 疑 問 が 提 出 さ れ , 微 生 物 が そ の 化 学 変 化 を 促 進 す る の で あ ろ う と い う 仮 説 を 立 証 す る た め の は ず み と な っ た こ と か ら は じ ま っ て い る . こ の 仮 説 が 正 し い こ と は , 選 択 培 養 法 を 学 ん だ 人 々 が 多 く の 例 で 実 証 し た . 地 球 上 の 物 質 循 環 が 完 了 す る と , 自 然 界 の 炭 化 水 素 が 最 後 に 炭 酸 ガ ス と 水 に な る と い う 考 え か ら , ゼ ー ン ゲ ン は こ れ ら の 物 質 を 炭 素 源 と し て 利 用 で き る ) , c 励 “ ′ ⅲ 川 属 菌 を 発 見 し , そ の 分 離 に 成 功 し た . も っ と 顕 著 な 例 を あ げ る こ と が で き る . 上 に 述 べ た 自 家 栄 養 菌 の う ち , 硫 黄 細 菌 , 硝 酸 菌 , ア ン モ ニ ア 酸 化 菌 の 研 究 は 最 も よ く 知 ら れ た 例 で あ り , そ れ に よ っ て ナ タ ン ゾ ー ン は 次 の よ う な 大 胆 な 仮 説 を 立 て た . す な わ ち , 普 通 の 温 度 で 非 常 に ゆ っ く り と 進 行 す る 別 の 反 応 が , そ の 酸 化 さ れ る 化 合 物 の 自 然 界 で の 存 在 す ら わ か っ て い な い と き で も , 徴 生 物 の 代 謝 の 基 礎 と し て 役 立 つ か も し れ な い . そ う し て , 彼 は 人 工 的 に 合 成 し た チ オ 硫 酸 塩 が , あ る タ イ プ の 硫 黄 細 菌 に と っ て 主 な 栄 養 物 と し て 役 立 っ こ と を 確 証 し た . こ れ ら の 例 か ら み て , “ 微 生 物 学 的 帝 国 主 義 " と 呼 ば れ る も の に , 研 究 が 貢 献 で き る よ う に な っ た こ と が だ ん だ ん 理 解 さ れ る よ う に な っ た . そ し て , 一 見 不 可 能 と 思 わ れ る 徴 生 物 の 新 領 域 を 開 拓 す る 研 究 が , 竸 っ て 行 わ れ る こ と に な っ た . 特 殊 な 性 質 を も つ 微 生 物 が 発 見 さ れ る と , 時 を 移 さ ず , 他 の よ り め ざ ま し い 発 見 が 公 表 さ れ た . そ れ は さ な が ら , 微 生 物 学 劇 場 の 大 自 然 科 学 シ ョ ー の よ う で あ っ た . 直 観 と 精 巧 な 実 験 に よ っ て , 一 般 微 生 物 学 の 発 見 を 飛 躍 さ せ た 人 々 に 対 す る わ れ わ れ の 賞 賛 は 絶 大 な も の で あ っ た し , ま た 確 か に , 微 生 物 学 が 続 け て 発 展 す る た め に は , 微 生 物 界 を 徹 底 的 に 探 究 す る こ と は 絶 対 必 要 で あ っ た . し か し , 長 い 目 で み る と , こ の よ う な 研 究 方 法 が 常 に 満 足 で き る 結 果 を 引 き