検索 - みる会図書館

全データから 214971件ヒットしました。

忘れてしまった高校の世界史をマンガで復習する本


局 校 の 世 界 史 、 い 、 れ て ま Y-SAPIX 東 大 界 ま 講 師 色 牙 祝 田 秀 全 原 案 ・ 監 修 を マ ン ガ で 復 習 す る 本

忘れてしまった高校の世界史をマンガで復習する本


お も し ろ い ー よ く わ か る ! そ う だ っ た の か ー こ の 本 の 魅 力 は 、 こ れ に つ き ま す 。 と に か く 読 ん で み て く だ さ い 。 マ ン ガ が 語 る 世 界 史 の パ ワ ー と 磁 力 に 引 き 寄 せ ら れ る は ず で す 。 「 世 界 史 、 昔 や っ た け ど 、 忘 れ ち ゃ っ て や り 直 し て み よ う か な 」 そ ん な 気 持 ち が ち ょ っ と で も よ ぎ っ た ら 、 こ の マ ン ガ 版 が 、 あ な た に 応 え て く れ ま す ! こ の 本 の も と に な っ た 本 は 、 た く さ ん の 読 者 に 支 え ら れ 、 今 も 読 ま れ て い る 拙 書 『 カ ラ ー 版 忘 れ て し ま っ た 高 校 の 世 界 史 を 復 習 す る 本 』 (E<QO*<<*<) で す 。 世 界 史 は 〈 覚 え る ( 暗 記 す る ) 〉 の で は な く 、 〈 知 る ( 理 解 す る ) 〉 た め の 科 目 で す 。 「 で も 、 い ろ ん な 時 代 や 、 地 域 が 出 て き て 、 ご ち や ご ち ゃ し そ う : : : 」 そ う で す ね 、 つ め 込 み 主 義 は 、 害 あ っ て 益 な し 。 大 事 な こ と は 、 な に を 学 ぶ か で す 。 世 界 史 の 学 習 と は 、 〈 あ し た を 見 る た め に 過 去 に 聞 く 〉 こ と な の で す 。 枝 葉 末 節 を 切 り 捨 て る と 、 そ れ が 見 え て く る は ず で す 。 ご ち や ご ち ゃ し な く な る と 思 い ま す 。 た と え ば で す よ 、 お 腹 が す い て い る と き 、 目 の 前 に 出 て く る も の は ど ん ど ん 食 べ ら れ ま す よ ね 。 食 べ は じ め に

たのしく読める世界のすごい歴史人物伝


お う ち の 方 へ 歴 史 学 習 は 、 小 学 校 か ら は じ ま リ ま す が 、 地 域 の 歴 史 や 日 本 の 歴 史 が 中 心 て す 。 中 学 校 の 歴 史 学 習 も 、 理 科 で メ ン デ ル 、 公 民 て デ カ ル ト 、 音 楽 て モ ー ツ ア ル ト な ど 断 片 的 ( 触 れ る 機 会 は あ リ ま す が 、 日 本 の 歴 史 が 中 心 で す 。 本 格 的 に 世 界 の 歴 史 を 学 ふ の は 、 高 校 の 世 界 史 か ら で す 。 世 界 史 に は 、 難 し い 国 名 ・ 人 物 名 や 歴 史 用 語 が 数 多 く 登 場 し ま す 。 こ の た め 、 日 本 史 は 好 き だ け ど 、 世 界 史 は 学 習 す る 事 項 が 多 く 、 し か も 歴 史 の 流 れ が 複 雑 て 苦 手 、 と い う 人 が た く さ ん い ま す 。 そ こ て 本 書 は 、 歴 史 学 習 が は じ ま る 前 に 、 世 界 史 に 対 す る 苦 手 意 識 を も つ 前 に 、 子 ど も た ち に 世 界 の 歴 史 を 学 ぶ 楽 し さ を 感 じ て ほ し い と 制 作 し ま し た 。 世 界 の 歴 史 に 登 場 す る 人 物 を 学 ふ こ と に よ リ 、 世 界 の 歴 史 の 大 ま か な 流 れ を つ か み 、 難 し さ を 感 じ る こ と な く 、 楽 し く 世 界 史 に 触 れ ら れ る こ と で し よ う 。 グ ロ ー ヾ ル 化 が 進 み 、 瞬 時 に 世 界 各 地 と 交 流 が で き る 現 在 、 世 界 の 歴 史 や 文 化 を 知 る こ と は 非 常 に 重 要 て す 。 本 書 を 通 し て 、 子 ど も た ち が 世 界 の 歴 史 に 登 場 す る 人 物 と 出 会 い 、 か れ ら の 人 生 か ら 教 訓 を 学 ひ 、 未 来 に 生 き る 指 針 を 得 て ほ し い と 思 い ま す 。 筑 波 大 学 人 文 社 会 系 教 授 尹 . 藤 屯 郎

忘れてしまった高校の世界史をマンガで復習する本


忘 れ て し ま っ た 高 校 の 世 界 史 を マ ン ガ で 復 習 す る 本 は じ め に 登 場 人 物 紹 介 / 世 界 の 地 域 区 分 プ ロ ロ ー グ 四 大 文 明 と オ リ エ ン ト 統 一 目 大 河 と 農 耕 が 生 ん だ さ ま ざ ま な 文 明 ① 人 類 誕 生 か ら 四 大 文 明 の 発 生 第 ① 章 ギ リ シ ア 文 化 と 仏 教 ① ギ リ シ ア の ポ リ ス と ア テ ネ の 民 主 政 治 / ② ア レ ク サ ン ド ロ ス 大 王 の 活 躍 / ③ イ ン ド の 国 % / 目 ギ リ シ ア と ア ジ ア の 文 化 の 融 合 第 ② 章 秦 ・ 漢 帝 国 、 ロ ー マ 帝 国 と 民 族 大 移 動 0 ① 秦 か ら 漢 へ / ② ロ ー マ の 躍 進 / 目 東 西 の 皇 帝 と キ リ ス ト 教 の 登 場 第 3 章 ヨ ー ロ ッ パ 世 界 の 成 立 と イ ス ラ ー ム 帝 国 、 隋 ・ 唐 帝 国 / ③ 中 国 の 統 一 と 分 裂 / ① ョ 1 ロ ッ パ 世 界 の 成 り 立 ち / ② イ ス ラ 1 ム 教 圏 と 民 族 、 各 地 の 帝 国 の 基 盤 第 ④ 章 十 字 軍 と モ ン ゴ ル 帝 国 ① 十 字 軍 の 功 罪 間 / ② モ ン ゴ ル 帝 国 の 発 展 / ③ ベ ス ト が 流 行 し て ヨ ー ロ ッ パ 社 会 が 変 わ る 四 / 目 東 西 の 交 流 が 生 ん だ 発 展 と 変 革 8 目 宗 教

忘れてしまった高校の世界史をマンガで復習する本


〔 著 者 紹 介 〕 祝 田 秀 全 ( い わ た し ゅ う ぜ ん ) 東 京 出 身 。 東 京 外 国 語 大 学 ア ジ ア ・ ア フ リ カ 言 語 文 化 研 究 所 研 究 員 、 代 々 木 ゼ ミ ナ ー ル 世 界 史 講 師 を 経 て 、 現 在 Y - SAP Ⅸ 東 大 館 世 界 史 講 師 を 務 め る 。 学 習 参 考 書 の 著 書 に 「 セ ン タ ー 試 験 世 界 史 B [ 古 代 ・ 中 世 ] の 点 数 が 面 白 い ほ ど と れ る 問 題 集 」 「 セ ン タ ー 試 験 世 界 史 B [ 近 代 ・ 現 代 ・ テ ー マ 史 ] の 点 数 が 面 白 い ほ ど と れ る 問 題 集 』 ( 以 上 、 KADOKAWA) や 「 セ ン タ ー 試 験 の ツ ポ 世 界 史 B 』 ( 桐 原 書 店 ) な ど が あ る 。 ま た 、 一 般 書 の 著 書 も 瀝 史 が 面 白 く な る 東 大 の デ ィ ー プ な 世 界 史 』 シ リ ー ズ (KADOKAWA) 、 「 2 時 間 で お さ ら い で き る 世 界 史 』 ( 大 和 書 房 ) 、 「 銀 の 世 界 史 』 ( 筑 摩 書 房 ) な ど 多 数 。 論 文 「 さ ま よ え る ウ ル ト ラ マ ン 」 ( 東 京 大 学 出 版 会 「 UP 』 ) 、 「 思 想 と し て の ウ ル ト ラ マ ン 」 ( 法 政 大 学 沖 縄 文 化 研 究 所 「 沖 縄 文 イ ヒ 』 ) も 寄 稿 す る 。 絶 牙 ( ぜ っ が ) 関 西 在 住 の 漫 画 家 。 少 々 偏 っ た ゲ ー マ ー で 、 模 型 ( 立 体 物 ) に 憧 れ た り 、 ほ け ら っ と 散 歩 を 楽 し み つ つ 「 明 る く ・ 元 気 に ・ 前 向 き に 」 な れ る よ う な 作 品 を 目 指 し て 日 々 創 作 に 明 け 暮 れ て お り ま す 。 主 な 作 画 担 当 作 品 は 、 「 マ ン ガ で や さ し く わ か る ! 電 気 の し く み 』 ( ナ ツ メ 社 ) 、 「 マ ン ガ で や さ し く わ か る 日 商 簿 記 3 級 』 ( 日 本 能 率 協 会 マ ネ ジ メ ン ト セ ン タ ー ) 。 忘 れ て し ま っ た 高 校 の 世 界 史 を マ ン ガ で 復 習 す る 本 2016 年 9 月 28 日 第 1 刷 発 行 原 案 ・ 監 修 : 祝 田 秀 全 作 画 : 絶 牙 ( い わ た 発 行 者 川 金 正 法 発 行 株 式 会 社 KADOKAWA し ゅ う ぜ ん , ( 検 印 省 略 ) ぜ っ が ) 〒 102-8177 東 京 都 千 代 田 区 富 士 見 2-13-3 複 製 す る 行 為 は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 で の 利 用 で あ っ て も 一 切 認 め ら れ て お り ま せ ん 。 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 禁 じ ら れ て い ま す 。 ま た 、 本 書 を 代 行 業 者 な ど の 第 三 者 に 依 頼 し て 本 書 の 無 断 複 製 ( コ ピ ー 、 ス キ ャ ン 、 デ ジ タ ル 化 等 ) 並 び に 無 断 複 製 物 の 譲 渡 及 び 配 信 は 、 ISBN978-4- -601698-0 C 開 22 ⑥ 2016 Shuzen Iwata,Zegga, Printed ⅲ Japan. 印 刷 ・ 製 本 / 大 日 本 印 刷 〒 3 - 41 埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 藤 久 保 5 1 電 話 9-259-118 ( 9 : ~ 17 : 開 / 土 日 、 祝 日 、 年 末 年 始 を 除 く ) 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は 、 お 取 り 替 え で き ま せ ん 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 本 は ご 面 倒 で も 、 下 記 KADOKAWA 読 者 係 に お 送 り く だ さ い 。 http://www.kadokawa.co.j p/ 受 付 時 間 9 : 00 ~ 17 : 00 ( 土 日 祝 日 年 末 年 始 を 除 く ) 057 住 82-301 ( カ ス タ マ ー サ ポ ー ト ・ ナ ビ ダ イ ヤ ル )

うたかたの花


中 国 旅 行 は 長 年 気 に は か け て い た が 、 ア ジ ア 方 面 は フ ラ イ ト 時 間 が 短 い ( 成 田 ー 北 京 三 時 間 四 十 分 、 成 田 ー 上 海 二 時 間 二 十 分 ) こ と も あ り 、 あ と 回 し に な っ て い た 。 中 国 は 高 校 時 代 の 世 界 史 の 先 生 が 東 洋 史 、 す な わ ち 中 国 史 ば か り 教 え て く れ た せ い も あ り 、 一 度 は 訪 れ て み た い と 思 っ て い た 。 今 回 の 旅 行 は 学 校 で 習 っ た 歴 史 の 中 の 「 中 国 , を 求 め る 郷 愁 の 旅 で あ る と 同 時 に 、 現 代 中 国 を 知 り た い と い う 思 い も 含 ま れ て い た 。 今 回 の 旅 行 は 、 北 京 、 西 安 、 桂 林 、 蘇 州 、 上 海 を 回 り 、 中 国 五 千 年 の 歴 史 と 文 化 や 自 然 に 触 れ る 旅 で あ っ た 。 各 地 の 感 想 を 記 す い と ま は な い が ( 『 ミ ュ ー ジ ア ム シ ア タ ー 』 の 翻 訳 を か か え て い る た め ) 、 思 い つ く ま ま に 印 象 を 書 い て お こ う 。 西 安 北 京 か ら 北 へ 飛 行 機 で 一 時 間 半 、 唐 代 に は 「 長 安 . と 呼 ば れ て い た 。 秦 、 漢 、 隋 な ど の 王 朝 の 都 で も あ っ た 。 日 本 の 平 城 京 、 平 安 京 は 長 安 を モ デ ル と し て 建 造 さ れ た よ う だ 。 奈 良 駅 の 近 く に 復 元 長 安 一 片 の 月 ー ー 中 国 旅 行 三 〇 〇 四 年 十 一 月 五 日 ー 十 一 月 十 二 日 ) め ろ 長 安 一 片 の 月

月刊 新聞ダイジェスト 2015年10月号


教 育 戔 化 科 目 で 最 下 位 だ っ た 。 県 教 ト を 各 学 校 に 配 信 。 Ⅱ 年 度 た 。 「 生 徒 が 本 気 で 取 り 組 ん だ み に 改 善 。 応 用 間 題 の 成 績 ■ 秋 田 、 理 科 も 好 成 績 委 で は 「 生 徒 の 生 活 習 慣 の か ら は 理 科 で も 導 入 し 、 理 結 果 。 自 信 を 持 っ て ほ し い 」 も 上 が っ た 。 大 阪 の 学 テ の ・ 入 試 利 用 が 効 果 ? 入 試 利 用 を 巡 っ て は 、 文 科 乱 れ が 低 学 力 に つ な が っ て ト ッ プ ク ラ ス の 成 績 が 続 数 好 き の 小 55 中 2 を 対 象 と 語 っ た 。 い る 」 と し て 、 昨 年 度 か ら 、 く 秋 田 県 は 、 初 め て 全 員 参 に し た 「 理 数 探 究 体 験 セ ミ 来 春 の 高 校 入 試 に 学 テ の 学 テ が 実 施 さ れ る Ⅱ 日 前 省 が 「 テ ス ト の 趣 旨 を 逸 脱 1 年 生 に 1 ク ラ ス 肪 人 の 少 加 で 行 わ れ た 理 科 で も 小 学 ナ ー 」 も ス タ ー ト さ せ た 。 結 果 を 利 用 す る と 決 め て い に 入 試 利 用 が 決 ま り 、 多 く す る 」 と し て 反 対 し て お り 、 人 数 学 級 を 導 入 し 、 生 活 指 校 3 位 、 中 学 校 2 位 の 好 結 今 月 日 に は 、 岩 田 吉 弘 ・ る 大 阪 府 で は 、 全 教 科 で 全 の 中 学 校 が 急 き ょ 過 去 問 対 来 春 に 限 っ て 容 認 す る も の 導 を 徹 底 し た 。 指 導 力 の 高 果 だ っ た 。 秋 田 大 学 教 授 が 「 な ぜ 水 に 国 位 台 と 低 迷 し て い た 中 策 な ど を 実 施 し た 。 今 回 は 、 の 、 再 来 年 以 降 は 認 め な い い 教 師 の 重 点 的 な 配 置 も 進 県 教 委 は 2005 年 度 か 物 が と け る の か 」 と 題 し 、 3 が 全 国 平 均 と の 差 を 大 き 解 答 欄 に 何 も 書 か な い 「 無 と し て い る 。 ( 読 売 8 ・ % ) め て い る 。 ら 、 算 数 ・ 数 学 の 独 自 テ ス 実 験 を 交 え た 授 業 を 展 開 し く 縮 め た 。 松 井 一 郎 知 事 は 、 解 答 率 」 も ほ ば 全 国 平 均 並 は 日 本 と 世 界 の 動 き を 関 連 づ け て 学 ひ 、 討 論 や 資 料 分 目 今 目 ど の 討 高 校 「 歴 史 総 合 」 必 修 授 倍 & 科 な し 目 検 移 析 を 重 視 す る 。 「 地 理 歴 史 」 。 3 売 導 な 3 い 討 の 容 直 科 も て を 読 指 で は 、 新 科 目 「 地 理 総 合 」 体 間 歳 選 挙 権 受 け 「 公 共 」 も 行 扱 検 か 内 見 択 加 相 新 全 時 ( 同 ) も 必 修 と し 、 地 図 上 で 合 , 究 , 文 部 科 学 省 は 5 日 、 次 期 骨 格 案 を 基 に 今 後 、 各 教 災 害 情 報 な ど を 確 認 で き る 斗 総 修 総 修 共 修 探 択 報 修 学 習 指 導 要 領 の 骨 格 案 を 中 科 の 専 門 部 会 な ど で 具 体 的 ( 地 理 情 報 シ ス テ ム ) ジ 史 佖 理 佖 公 価 理 選 情 佖 4. 物 4 数 ( 央 教 育 審 議 会 の 部 会 で 示 し な 学 習 内 容 を 議 論 し 、 の 活 用 や 地 図 作 製 な ど 「 実 て た 。 高 校 で 新 た に 、 日 本 史 と 16 年 度 中 の 答 申 を 目 指 践 型 」 授 業 に 重 点 を 置 く 。 イ っ 目 語 6 「 歴 史 総 合 」 ( 仮 称 ) を 必 修 に く 授 業 開 始 は 高 校 が 年 選 挙 権 の 歳 以 上 〈 の 引 き 蝌 - 禧 < 。 社 一 経 活 課 駟 と の 界 ( 界 本 本 理 代 理 治 笋 劼 = ( 報 す る 。 1994 年 度 以 降 続 度 、 中 学 が 幻 年 度 、 小 学 校 下 げ に 伴 い 、 主 体 的 に 社 会 科 教 い た 世 界 史 必 修 は な く な が 年 度 の 見 通 し 。 新 数 学 と 参 加 す る 力 を 育 成 す る の が 新 地 理 歴 史 公 民 情 報 英 語 纐 る 。 主 権 者 教 育 の 核 と し て 骨 格 案 は 高 校 の 歴 史 教 育 狙 い 。 学 習 内 容 は 、 社 会 保 障 自 民 党 が 提 言 し て い た 「 公 の 課 題 と し て 、 近 現 代 史 分 ( 年 金 、 健 康 保 険 な ど ) ▽ 財 行 の 週 1 コ マ か ら 2 コ マ に 共 」 ( 同 ) も 新 必 修 科 目 と し 野 で 定 着 度 が 低 い ▽ 現 代 世 政 と 納 税 ▽ 消 費 者 教 育 ▽ 選 で 重 複 す る 内 容 も あ る た め ( 仮 称 ) を 新 設 す る 。 小 学 校 で は Ⅱ 年 度 か ら 増 や す 。 【 三 木 陽 介 】 現 科 目 は 再 編 す る 。 選 択 科 て 導 入 。 小 学 5 、 6 年 生 で は 界 で の 日 本 の 歴 史 認 識 が 培 挙 ▽ 家 族 ▽ 自 由 ・ 権 利 ー ー ( 毎 日 8 ・ 6 ) 英 語 を 教 科 に 格 上 け し 授 業 わ れ て い な い ▽ 暗 記 中 心 に な ど と 幅 広 く 、 家 庭 科 な ど 目 と し て 、 数 学 と 理 科 を 融 5 、 6 年 生 で 必 修 に な っ た を 現 行 の 週 1 コ マ か ら 倍 増 な っ て い る ー ー な ど を 指 摘 他 教 科 と の 連 携 も 求 め る 。 合 し 先 端 科 学 な ど 専 門 性 の 教 科 外 活 動 の 「 外 国 動 」 す る 。 し た 。 新 科 目 「 歴 史 総 合 」 こ れ ら の 新 科 目 と 現 科 目 高 い 分 野 を 学 ぶ 「 数 理 探 究 」 を 教 科 化 し 、 授 業 時 数 を 現 0 ほ か の 科 目 の 扱 い な ど B 科 目 を 含 め た 再 編 を 中 学 校 21 年 度 か ら 全 面 実 施 小 学 校 20 年 度 か ら 全 面 実 施

宗教の話


や が て 二 ・ 二 六 事 件 に 決 起 す る 青 年 将 校 の バ イ プ ル に な る 。 つ い で 大 川 周 明 ( 一 八 八 六 — 一 九 五 七 ) は 、 東 京 大 学 で イ ン ド 哲 学 を 学 び 卒 業 後 に 満 鉄 に 入 社 し た 。 フ ァ ッ シ ョ 的 な 国 家 革 新 を 唱 え 五 ・ 一 五 事 件 に 連 座 し て 投 獄 さ れ た が 、 宗 教 へ の 関 心 と 造 詣 は 群 を 抜 い て い た 。 キ リ ス ト 教 、 イ ス ラ ー ム 教 、 仏 教 な ど の 研 究 を へ て 、 「 日 本 精 神 」 の 復 興 を 説 く に い た っ た 。 か れ は 日 本 宗 教 の 根 元 的 性 格 が 、 父 母 を 生 命 の 本 源 と み と め る と こ ろ に あ る と い っ て お り 、 か な ら ず し も 日 蓮 の 考 え を 絶 対 視 し て い た わ け で は な い 。 し か し そ の 思 考 の べ ク ト ル が 右 に み た 日 蓮 の 求 心 的 な 世 界 認 識 と 同 種 の 型 を 示 し て い た こ と は 注 目 に 値 す る 。 ま た 井 上 日 召 ( 一 八 八 六 — 一 九 六 七 ) は 、 若 く し て 満 州 に 渡 っ て 陸 軍 の 諜 報 活 動 に 従 事 、 や が て 日 蓮 宗 に 帰 依 し た 。 国 家 主 義 の 運 動 を へ て 血 盟 団 を 結 成 、 一 人 一 殺 主 義 に よ る 政 財 界 史 要 人 の 暗 殺 事 件 が 世 間 を 驚 か せ た 。 そ の 国 家 観 の な か に 「 閻 浮 日 本 ( 世 界 の 中 の 日 本 ) 」 と い う 考 え が 表 明 さ れ て い た 。 最 後 に 石 原 莞 爾 ( 一 八 八 九 5 一 九 四 九 ) で あ る が 、 か れ は 陸 軍 学 斑 士 官 学 校 、 陸 軍 大 学 を 出 て 一 九 二 八 年 に 関 東 軍 参 謀 に な っ た 。 こ の 間 、 日 蓮 宗 に 帰 依 す る と と も に 欧 州 戦 史 の 研 究 を つ づ け 、 世 界 最 終 戦 争 論 を 構 想 し て 「 満 州 事 変 」 の 推 進 に 指 導 的 役 忘 割 を は た し た 。 戦 後 は 故 郷 の 山 形 に 帰 り 、 日 蓮 宗 信 者 と と も に 開 拓 生 活 を 送 っ た 。 を 教 以 上 あ げ た 四 人 の 超 国 家 主 義 者 た ち は 、 い ず れ も 日 本 と い う 「 辺 境 」 国 家 を 宇 宙 の 「 中 宗 心 」 に 擬 す る 世 界 戦 略 を も ち 、 欧 州 列 強 と い う 名 の イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル な 「 外 圧 」 攻 勢 を テ

中高生の勉強あるある、解決します。


1 1 復 習 し て な い ! ! ! 勉 強 の 悩 み あ る あ る 1 日 に % る ケ ビ 、 冫 行 、 の 月 却 & 像 人 間 は 忘 れ や す い 生 き 物 で す 。 図 の よ う に 、 復 習 を し な い と 、 た っ た 1 日 で お よ そ 70 % は 忘 れ ち ゃ う ん だ っ て w だ か ら 、 復 習 を し な い っ て の は 、 最 も 効 率 が 悪 い 勉 強 方 法 な ん で す w 記 憶 を 定 着 さ せ る た め に も 復 習 し よ う ! 0 勉 強 方 法 あ る あ る 1 「 60 分 勉 強 し 続 け る 場 合 」 と 「 勉 強 と 復 習 を サ ン ド イ ッ チ で 3 セ ッ ト や る 場 合 」 で は 、 記 憶 の 定 着 力 が 違 っ て く る か も 。 や っ て み て ! 長 時 間 集 中 で き な い 人 に オ ス ス メ の 勉 強 方 法 で す ( タ イ マ ー を 使 っ て メ リ ハ リ を つ け る と な お よ し ) 。 今 ま で 復 習 し て な か っ た 人 が 時 間 を 増 や し て 復 習 し よ う と し て も 、 た ぶ ん う ま く い き ま せ ん w ( ち ゃ ん と 復 習 す る と 時 間 が か か る も ん ね ) だ か ら 、 「 つ い で 」 の 復 習 か ら 始 め ま し ょ う ! 「 授 業 前 後 に 30 秒 ノ ー ト を 見 直 す 」 「 寝 る 前 に 今 日 や っ た 範 囲 の ノ ー ト 見 直 し 」 と か ね ! 3 学 校 ・ 塾 あ る あ る 「 も っ と ラ ク し た い ! 」 っ て 思 え ば 、 自 然 に 復 習 を 取 り 入 れ た く な る か 僕 は 、 「 復 習 し な い 方 が あ と で 苦 労 す る ん ・ ・ ・ 」 っ て 思 っ た か ら 、 授 業 前 後 と か 寝 だ る 前 に 復 習 を 取 り 入 れ る よ う に な り ま し た 。 忘 れ に く い 工 夫 が で き れ ば 、 あ と で ラ ク で き る も ん ね ! い ろ ん な 復 習 の 方 法 が あ る っ て 知 っ て ま す ? 「 ノ ー ト や 教 科 書 を 見 直 す 」 「 解 説 を 読 む 」 「 解 き 直 す 」 「 脳 内 で 解 く イ メ ー ジ を す る 」 「 音 読 す る 」 「 友 だ ち と 問 題 を 出 し あ う 」 な ど な ど 、 1 分 で で き る も の か ら 、 時 間 が か か る も の ま で あ り ま す 。 O か IOO か に な ら ず 、 自 分 の や る 気 と 相 談 し て 復 習 し て み ま し よ 。 心 の 悩 み あ る あ る 日 常 生 活 あ る あ る ー 今 日 の ま と め ー 復 習 っ て 、 し な き や い け な い も の じ ゃ な く て 、 究 極 に ラ ク し た い 人 が す る も の 。 「 復 習 = 記 憶 の メ ン テ ナ ン ス 」 な ん だ ね 。 恋 の あ る あ る 59 仕 方 が な い 。 ( さ と し ・ 大 学 生 ・ 男 ) そ わ そ わ し て し ま い ま す ね w

あわわ 2016 7月号 VOL.50


。 → 気 第 、 す の 6 / 4 柔 道 顧 問 へ 「 忙 し い 中 、 私 た ち の こ と を い つ も 見 守 っ て く れ て あ り が と う ご ざ い ま し た 」 徳 島 市 立 高 校 顧 問 へ 「 村 澤 先 生 、 笑 っ て く だ さ い 」 硬 式 テ ニ ス 部 後 輩 へ 「 人 数 が 少 な く な る け ど 頑 張 徳 島 科 学 技 術 高 校 っ て ! 」 柔 道 部 6 / 4 カ ヌ ー ( 金 ) 城 南 高 校 男 子 硬 式 テ ニ ス 部 後 輩 へ 「 僕 た ち の か っ こ い い 姿 を 目 に 焼 き 付 け て 、 こ れ か ら も 頑 張 っ て く だ さ い 」 那 賀 高 校 カ ヌ ー 部 徳 島 市 立 高 校 後 輩 へ 「 一 生 懸 命 頑 張 れ ! ! 」 硬 式 テ ニ ス 部 阿 南 高 専 顧 問 へ 「 先 生 、 こ れ か ら も 一 緒 に 頑 張 り ま し よ う 」 硬 式 テ ニ ス 部 小 松 島 高 校 顧 問 へ 「 太 田 先 生 、 今 ま で 楽 し か っ た 硬 式 テ ニ ス 部 後 輩 へ 「 か っ こ よ く て 可 愛 い 先 輩 を 見 習 っ て 、 こ れ か ら も 頑 張 っ て 」 顧 問 へ 「 荒 川 先 生 お 世 話 に な り ま し た 。 楽 し か っ た で す 」 ー ・ 徳 島 北 高 校 女 子 硬 式 テ ニ ス 部 城 南 高 校 女 子 硬 式 テ ニ ス 部 後 輩 へ 「 来 年 も 優 勝 し ま し よ う ! リ 阿 波 高 校 柔 道 部 自 分 た ち に 「 苦 し く て も 楽 し さ を 持 っ 徳 島 商 業 高 校 と っ て 柔 道 て で き る ん で す ! リ 柔 道 部 と は で く れ て 、 あ り が と う ご ざ 柔 道 部 い ま す 」 自 分 た ち に 「 呼 吸 " な く て は な ら 鳴 門 高 校 と っ て 柔 道 な い も の 」 柔 道 部 と は 生 光 学 園 後 輩 へ 「 感 謝 の 気 持 ち を 忘 れ ず に 全 国 目 柔 道 部 指 し て ! リ 53