検索 - みる会図書館

検索対象: うたかたの花

うたかたの花から 398件ヒットしました。

うたかたの花


中 国 旅 行 は 長 年 気 に は か け て い た が 、 ア ジ ア 方 面 は フ ラ イ ト 時 間 が 短 い ( 成 田 ー 北 京 三 時 間 四 十 分 、 成 田 ー 上 海 二 時 間 二 十 分 ) こ と も あ り 、 あ と 回 し に な っ て い た 。 中 国 は 高 校 時 代 の 世 界 史 の 先 生 が 東 洋 史 、 す な わ ち 中 国 史 ば か り 教 え て く れ た せ い も あ り 、 一 度 は 訪 れ て み た い と 思 っ て い た 。 今 回 の 旅 行 は 学 校 で 習 っ た 歴 史 の 中 の 「 中 国 , を 求 め る 郷 愁 の 旅 で あ る と 同 時 に 、 現 代 中 国 を 知 り た い と い う 思 い も 含 ま れ て い た 。 今 回 の 旅 行 は 、 北 京 、 西 安 、 桂 林 、 蘇 州 、 上 海 を 回 り 、 中 国 五 千 年 の 歴 史 と 文 化 や 自 然 に 触 れ る 旅 で あ っ た 。 各 地 の 感 想 を 記 す い と ま は な い が ( 『 ミ ュ ー ジ ア ム シ ア タ ー 』 の 翻 訳 を か か え て い る た め ) 、 思 い つ く ま ま に 印 象 を 書 い て お こ う 。 西 安 北 京 か ら 北 へ 飛 行 機 で 一 時 間 半 、 唐 代 に は 「 長 安 . と 呼 ば れ て い た 。 秦 、 漢 、 隋 な ど の 王 朝 の 都 で も あ っ た 。 日 本 の 平 城 京 、 平 安 京 は 長 安 を モ デ ル と し て 建 造 さ れ た よ う だ 。 奈 良 駅 の 近 く に 復 元 長 安 一 片 の 月 ー ー 中 国 旅 行 三 〇 〇 四 年 十 一 月 五 日 ー 十 一 月 十 二 日 ) め ろ 長 安 一 片 の 月

うたかたの花


り 知 れ な い ほ ど 大 き い こ と が 分 か る 。 十 五 年 前 、 初 め て の 海 外 旅 行 で は 、 そ こ ま で 気 が 回 ら な か っ た が 、 そ の 後 何 回 か 回 を 重 ね た せ い か 、 私 も や っ と 自 分 な り の 感 想 を も つ よ う に な っ た 。 単 な る ガ イ ド ブ ッ ク の 受 け 売 り で は な く な っ た 。 あ る い は 、 ガ イ ド ブ ッ ク の 内 容 が 頭 に 入 る よ う に な っ た の だ ろ う か 。 こ れ は 、 十 五 年 間 の 成 果 の 一 つ で あ ろ う 。 普 段 翻 訳 作 業 に 苦 し め ら れ て い る の で 、 知 ら ゝ 0 ) ず 知 ら ず 物 事 を 深 く 考 え る 習 慣 が つ い て い る か も し れ な し し す れ に し て も 、 何 を 見 る に し て も 、 自 分 自 身 の 中 に 、 何 か 求 め る も の が な け れ ば 、 た だ 風 景 が 通 り 過 ぎ る だ け に 終 わ っ て し ま う だ ろ う 。 旅 行 の た び に 痛 感 す る こ と だ が 、 事 前 の 知 識 が な け れ ば 、 目 の 前 の 風 景 が 心 の 中 で 意 味 を も た な い よ う だ 。 ツ ア 1 の 予 定 で は 、 七 時 す ぎ か ら 中 心 街 の レ ス ト ラ ン で 「 カ ン ツ オ ー ネ ・ デ ィ ナ 1 」 が あ る が 、 私 は 足 の 痛 み の た め 早 め に ホ テ ル へ 戻 っ た 。 土 産 物 屋 へ 入 る と 、 ロ ム ル ス ・ レ ム ス と 狼 の 絵 葉 書 が あ る 。 二 人 は ロ ー マ を 建 国 し た と い う 伝 説 の 英 雄 で 、 狼 に 育 て ら れ た と い う 。 そ の 絵 は 、 高 校 時 代 の 世 界 史 の 教 科 書 に あ っ た 図 に よ く 似 て い た 。 建 国 神 話 は ほ ば ど こ の 国 に も あ る が 、 狼 に 育 て ら れ た 点 が ユ ニ ー ク で あ る 。 私 は 、 世 界 史 に 特 に 興 味 が あ っ た 。 世 界 各 地 の 歴 史 や 文 化 に 心 を ひ か れ た 。 世 界 史 は 高 校 生 に は 、 と つ つ き に く い 科 目 で あ る 。 ほ と ん ど 馴 染 み の な い 地 名 、 人 名 、 年 代 が た く さ ん 出 て く る し 、 そ れ を ま ず 覚 え な け れ ば 、 習 得 は 難 し い 。 し か し 、 私 は 未 知 の 地 名 、 人 名 に 興 味 を も っ た 。 覚 え に く い 固 有 名 詞 は 、 何 度 も 繰 り 返 し て 自 分 の も の に し た 。 世 界 史 の 教 科 書 を 隅 か ら 隅 ま で 眺 め 渡 し た 。 ロ 1 マ 建 国 の 英 雄 を 覚 え て い る の も 、 そ の お か げ で あ る 。 ち な み に 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の ル イ 一 四 世 の 絵 に も 見 覚 え が あ っ た 。 い ず れ に し て も 、 地 名 ・ 人 名 は 教 科 書 の 一 部 292

うたかたの花


プ ダ ベ ス ト の 建 国 記 念 碑 一 八 九 六 年 ハ ン ガ リ ー は 建 国 千 年 を 記 念 し て 、 英 雄 広 場 に 記 念 碑 を 立 て た 。 八 十 五 メ ー ト ル の 半 円 形 の 列 柱 が 二 つ に 分 か れ て 立 っ て い る 。 真 ん 中 に 大 天 使 ガ プ リ エ ル の 像 が 聳 え 、 別 の 列 柱 の 上 に は 勝 利 の 女 神 ニ ケ が 馬 車 を 駆 る 姿 が あ る 。 建 国 の 英 雄 の 乗 馬 像 も あ る が 、 私 に は ガ プ リ エ ル と ニ ケ の 姿 が 心 に 残 っ た 。 昔 習 っ た 高 校 の 世 界 史 で は 、 ハ ン ガ リ ー は 民 族 大 移 動 の 時 期 に 、 東 洋 民 族 の マ ジ ャ ー ル 人 ( 凶 奴 、 フ ン 族 ) が 定 住 ・ 建 国 し た と な っ て い た 。 し か し 建 国 千 年 の 記 念 碑 に は 、 も は や 東 洋 の 趣 向 は 見 ら れ ず 、 ギ リ シ ャ 風 あ る い は キ リ ス ト 教 文 化 の 影 響 が 濃 厚 の よ う だ 。 そ の こ と が 気 に な っ て 、 ガ イ ド ブ ッ ク を 読 み 直 す と 、 手 が か り が 見 つ か っ た 。 一 〇 〇 〇 年 に ハ ン ガ リ ー を 建 国 し た 初 代 国 王 イ シ ュ ト ヴ ァ ー ン は ハ ン ガ リ 1 の 存 続 の た め に 、 キ リ ス ト 教 に 改 宗 し 、 布 教 に 努 め た と い う 。 現 地 を 見 る ま で は 、 気 に も 留 め な か っ た 「 一 行 知 識 」 で は あ る が 、 建 国 の 記 念 碑 を 見 学 し た あ と は 、 細 部 が 気 に か か る よ う に な る 。 こ う し て 一 つ で も 、 歴 史 の 一 部 が 身 近 な も の に な れ ば 、 ツ ア 1 の 甲 斐 が あ る と い う も の だ 。 日 本 で も 、 仏 教 の 伝 来 の あ と は 、 仏 教 を 国 教 と し て 取 り 入 れ る 動 き が あ っ た 。 そ れ ま で の 多 神 教 的 な 原 始 宗 教 に ひ た っ て い た 人 々 を 、 仏 教 を 通 じ て 感 化 し よ う と し た の だ ろ う 。 昔 習 っ た 歴 史 の 一 部 が 、 具 体 的 に 想 像 で き る よ う に な っ た 。 こ れ も 、 現 地 を 見 た メ リ ッ ト の 一 つ で あ ろ う 。 ろ 12

うたかたの花


バ イ ユ ー の タ ピ ス リ 1 博 物 館 博 物 館 の 前 に は バ ス が 数 台 止 ま っ て い た 。 イ ギ リ ス の 高 校 生 の 見 学 ら し か っ た 。 イ ギ リ ス で は 、 小 学 校 か ら フ ラ ン ス 語 を 学 習 す る と 聞 い た こ と が あ る が 、 た し か に 両 国 の 関 係 は 密 接 で あ る 。 バ イ 行 旅 ュ 1 の タ ピ ス リ ー は 一 〇 六 六 年 の ノ ル マ ン ・ コ ン ケ ス ト ( ノ ル マ ン デ ィ ー 公 ウ ィ リ ア ム が イ ギ リ ス ス を 征 服 し た ) の 実 録 と も い う べ き 絵 巻 物 だ 。 こ の 歴 史 的 記 念 品 を 効 果 的 に 展 示 す る た め に 、 さ ま ざ ラ ま な 工 夫 が こ ら さ れ て い る 。 建 物 の 正 面 入 り 口 に は 公 の 騎 馬 像 が あ る 。 二 階 へ 上 が る と 、 中 世 の 音 あ あ 楽 が 流 れ 、 ノ ル マ ン の 船 と 等 身 大 の ノ ル マ ン の 人 形 数 体 が 目 に 入 る 。 見 学 者 は 中 世 に 迷 い こ ん だ よ う な 錯 覚 を 覚 え る 。 別 の コ ー ナ ー に は 中 世 の 城 塞 都 市 の 復 元 図 が あ り 、 聖 職 者 の 人 形 が 立 っ て い る 。 書 棚 に は ラ テ ン 語 の 文 献 が 並 ん で い る 。 階 段 を 降 り る と 、 特 別 室 が あ り 、 タ ピ ス リ ー が ガ ラ ス ン ポ ー の 有 名 な 詩 句 を 知 ら な い と は 意 外 だ っ た 。 昔 経 団 連 の 大 物 が ド イ ツ を 訪 問 し た 折 に 、 旧 制 高 校 時 代 に 覚 え た ド イ ツ 語 を 披 露 し た と こ ろ 、 喝 采 を 博 し た と い う 話 が 思 い 出 さ れ た 。 私 だ っ て 、 似 た よ う な こ と を し て い る の に 、 全 然 評 価 さ れ な い の は な ぜ だ ろ う か 。 タ ダ の オ バ サ ン だ か ら だ ろ う か ? 私 は 釈 然 と し な い ま ま 、 バ ス に 乗 っ た が 、 思 い を 語 る 人 は い な か っ た 。 ツ ー ル 行 き の 列 車 に 乗 る 時 も 、 「 ツ ー ル と い え ば 、 ツ ー ル ー ボ ワ チ ェ の 戦 い で フ ラ ン ス 軍 が サ ラ セ ン 軍 を 撃 破 し た 所 で す ね 」 と 仲 間 に 言 っ た が 、 「 あ な た は よ く 知 っ て る わ ね 」 と か え っ て ヘ ン ジ ン 扱 い さ れ た こ と が 思 い 出 さ れ た 。

うたかたの花


と 盛 ん に 感 心 し た も の だ っ た 。 朝 食 の 席 で 、 ふ と 前 方 を 見 る と 、 窓 の 外 に 法 王 庁 の 城 壁 が 見 え た 。 ふ と 、 『 ハ ム レ ッ ト 』 の 最 初 の 場 面 が 心 に 浮 か ん だ 。 あ れ は た し か 、 ハ ム レ ッ ト が 城 壁 の 上 を 巡 回 中 亡 き 父 の 亡 霊 が 現 れ る と い う シ ー ン だ っ た : つ ば い あ る の だ 」 と い っ た 「 こ の 世 に は 、 君 の 哲 学 で は 分 か ら な い こ と が い 意 味 の セ リ フ が 続 い て い た つ け 。 法 王 庁 の 宮 殿 を 眺 め な が ら の 朝 食 、 こ ん な 満 ち 足 り た 瞬 間 が ま た と 得 ら れ る だ ろ う か 。 中 世 の 歴 史 に 思 い を は せ 、 さ ら に ハ ム レ ッ ト の 舞 台 ま で が 眼 前 に 出 現 す る と は 、 思 っ て も 見 な い 僥 倖 だ っ た 。 ア ヴ ィ ニ ョ ン は 十 四 世 紀 初 頭 か ら 約 七 十 年 間 法 王 庁 が 置 か れ て い た 所 だ 。 今 も 新 旧 の 宮 殿 が 残 り 、 内 部 の 肖 像 画 や 壁 絵 な ど に 往 時 を 偲 ぶ こ と が で き る 。 壁 絵 の 一 つ に 、 鳥 籠 が あ り 、 鳥 が 一 羽 そ の そ ば に い る 絵 が あ っ た が 、 こ れ が 法 王 の 気 持 ち を 象 徴 し て い る よ う だ っ た 。 こ こ が 、 歴 史 に 名 高 「 ア ヴ ィ ニ ョ ン の 幽 閉 ー の 舞 台 な の だ 。 神 権 と 王 権 の 抗 争 は 、 神 権 が 衰 退 し 、 王 権 が 強 化 し て い く 形 で 変 化 し て い く が 、 こ の 時 代 は い わ ば 強 大 な 神 権 の 残 照 と も い う べ き 時 代 だ っ た の で は な い か 。 売 店 へ 行 き 、 パ ン フ レ ッ ト を 見 て い る と 、 ア メ リ カ 人 観 光 客 の 群 れ が 目 に つ い た 。 さ か ん に 歴 史 的 背 景 や 実 際 の 印 象 を 語 り 合 っ て い る 。 私 は そ れ と な く 耳 を 傾 け た 。 こ れ が 、 ご く 自 然 な ツ ア ー の 過 ご し 方 で は な い か 。 日 本 人 は 学 校 教 育 の 中 で モ ノ 言 わ ぬ 集 団 と し て 育 て ら れ て い る の で 、 自 分 の 意 見 を 一 言 う 習 慣 が な い の だ ろ う 。 た ま に 誰 か が 話 す と 、 ヘ ン ジ ン 扱 い さ れ て し ま う 。 私 は 外 へ 出 私 は さ っ き 買 っ た ば か り の 絵 葉 書 の 一 枚 を じ っ と 見 た 。 中 世 の 時 代 を 彷 彿 と さ せ る 絵 だ っ た 。 中

うたかたの花


私 は そ の 記 事 を ふ と 思 い 出 し た 。 ミ ケ ー ネ は お ろ か ギ リ シ ャ に つ い て も 、 ほ と ん ど 知 識 は な い が 、 遺 跡 の 現 場 を 見 て 自 分 な り に 少 し で も 当 時 の 人 々 の 様 子 を 想 像 す る こ と が で き た こ と が 収 穫 な の だ 。 今 後 は 必 要 が あ れ ば 、 も っ と 調 べ る こ と に し よ う 。 「 ロ バ は 旅 に 出 て も ロ バ の ま ま だ 」 と い う 意 味 の ス ペ イ ン の 諺 が 思 い 出 さ れ た 。 私 も 五 十 歩 百 歩 で あ る 。 そ う 思 う と 、 思 わ ず 苦 笑 し た 。 確 か に 、 旅 に 出 る も 出 な い も 、 人 間 の 中 身 に 変 わ り は な い だ ろ う が 、 さ れ ば と い っ て 、 全 然 旅 に 出 な い 方 か よ い の た ろ う か ? ロ バ は ロ バ な り に 思 う こ と が あ る の だ 。 そ れ が 、 世 界 的 な 観 光 プ 1 ム を 支 え て い る の だ ろ う 。 オ リ ー プ の 林 、 ブ ド ウ 畑 、 羊 の 群 れ は 三 千 年 を 通 じ て 変 わ ら な い だ ろ う 。 し か し 、 ギ リ シ ャ を 中 心 と す る 地 中 海 が 世 界 を リ 1 ド し た の は 、 世 界 史 上 た っ た 一 度 だ っ た 。 と は い え そ の 精 神 文 化 は 今 な お 全 世 界 か ら 賞 賛 さ れ て い る 。 私 も た っ た 一 度 の ギ リ シ ャ 旅 行 で は あ る が 、 心 に 残 る 旅 を し た い と 願 っ た 。 オ リ ン ピ ア は 古 代 オ リ ン ピ ッ ク 発 祥 の 地 で あ る 。 紀 元 前 八 世 紀 に 始 ま っ た 古 代 オ リ ン ピ ッ ク は 約 殿 千 二 百 年 に わ た っ て 、 四 年 に 一 度 開 催 さ れ た 。 ゼ ウ ス 神 に さ さ げ る 「 ス ポ 1 ツ の 祭 典 ー と し て 、 一 神 ウ 度 も 中 止 さ れ る こ と な く 、 期 間 中 は 戦 争 も 中 断 さ れ た と い う 。 そ の 後 地 震 に よ り 地 中 に 没 し た た め ゼ 長 ら く 忘 れ ら れ た 存 在 と な っ て い た が 、 一 八 七 五 年 発 掘 さ れ た 。 近 代 オ リ ン ピ ッ ク は 一 八 九 六 年 フ ラ ン ス の ク 1 ベ ル タ ン 男 爵 な ど の 尽 力 に よ り ア テ ネ で 復 活 し た 。 近 代 オ リ ン ピ ッ ク 競 技 場 は ア テ ネ 乃 市 内 に あ り 、 第 一 回 近 代 オ リ ン ピ ッ ク が 開 か れ た 場 所 で あ る 。 そ こ を 訪 れ る 機 会 が あ っ た 。 観 覧 席

うたかたの花


ド ウ ー が 提 唱 し 、 一 九 七 七 年 に 完 成 。 以 来 観 光 名 所 と 、 文 化 セ ン タ 1 と し て 、 予 想 以 上 の 利 用 客 が 訪 れ た た め 、 改 装 を 迫 ら れ る こ と に な っ た 。 二 〇 〇 〇 年 一 月 新 装 オ ー プ ン し た ば か り で あ る 。 改 装 に あ た っ て 、 図 書 館 と 博 物 館 の 本 質 に つ い て 専 門 セ ミ ナ ー が 八 回 開 か れ 、 議 論 が 交 わ さ れ た 。 原 書 は こ う し た 記 録 を ま と め た も の で あ る 。 執 筆 者 は 、 教 育 省 、 文 化 省 、 パ リ 大 学 、 公 共 情 報 図 書 館 の 関 係 者 で あ る 。 博 物 館 と 図 書 館 の 共 通 性 と 異 質 性 か ら 本 質 を 究 明 し て い る 。 い わ ば 原 点 か ら 、 歴 史 的 経 緯 を 含 め て 議 論 が 進 め ら れ て い る 。 改 装 に は 、 こ う し た 議 論 が 活 か さ れ た と 考 え ら れ る 。 原 書 に は 、 古 代 ア レ キ サ ン ド リ ア 図 書 館 に さ か の ば る 、 図 書 館 の 変 遷 や 、 ル ネ サ ン ス の こ ろ に 誕 生 し た 博 物 館 の 祖 型 と 発 展 な ど が 記 さ れ 、 読 み 物 と し て も 面 白 い 。 フ ラ ン ス 革 命 後 の 混 乱 の 中 か ら 、 破 壊 運 動 を 否 定 す る 動 き が 現 れ 、 博 物 館 学 の 誕 生 に つ な が っ た と い う 箇 所 も 興 味 深 い 。 文 化 財 を 収 集 す る 収 蔵 庫 が 造 ら れ 、 収 集 品 の 分 類 の た め に 博 物 館 学 が 誕 生 し た と い う 。 ペ 1 ジ ご と に 、 ヨ 1 ロ ッ パ の 歴 史 、 フ ラ ン ス の 歴 史 の ヒ ト コ マ が 現 れ る 。 昔 高 校 で 世 界 史 を 習 っ た こ ろ は 、 事 件 と 年 代 の 丸 暗 記 の よ う な 授 業 だ っ た が 、 実 際 に 原 文 を 読 む と 、 映 画 の ワ ン シ 1 ン の よ う に 、 事 件 が 展 開 す る の が よ く 分 か る 。 こ の 本 は 、 執 筆 者 が 多 数 ( 十 六 人 ) の た め 、 版 権 が ま だ と れ な い の で 、 出 版 の 予 定 は あ る が 、 時 期 は は っ き り し て い な い 。 セ ン タ 1 に 入 っ て み た 。 一 階 は チ ケ ッ ト 売 り 場 、 総 合 案 内 、 書 店 な ど だ が 、 人 で あ ふ れ て い る 。 そ の 混 雑 ぶ り は 、 ま る で リ ョ ン 駅 の 雑 踏 の よ う だ 。 そ の 上 の 中 二 階 に 、 セ ル フ サ ー ビ ス の カ フ ェ が あ る 。 カ フ ェ の 席 に 腰 を 下 ろ す と 、 ま る で 日 本 の 駅 ビ ル の カ フ ェ に い る よ う な 気 分 に な る 。 総 合 文 156

うたかたの花


の 贅 沢 な の だ 。 ア メ リ カ へ は 、 二 回 行 っ た 。 西 海 岸 の モ ン ト レ 1 ( カ リ フ ォ ル ニ ア 州 ) で 二 週 間 英 語 の 研 修 を 受 け 、 東 海 岸 の ワ シ ン ト ン に 二 週 間 い て ニ ュ 1 ヨ ー ク や ポ ス ト ン に ま で 足 を 延 ば し た こ と が あ る 。 海 外 経 験 が な い の で 、 も つ ば ら 自 弁 で 世 界 を 見 る し か な い が 、 私 は 自 分 な り に 満 足 し た 。 人 に よ っ て は 、 海 外 旅 行 の 回 数 を 自 慢 す る 人 も い る が 、 そ の 内 容 が か た よ っ て い る よ う に 見 え る の も あ る 。 あ る 人 は 、 六 回 も 七 回 も と 自 慢 し て い た が 、 ヨ ー ロ ッ パ は 東 欧 諸 国 、 イ タ リ ア 、 ス ペ イ ン 、 フ ラ ン ス 、 英 国 で 、 ア ジ ア は 香 港 の み 、 ア メ リ カ は 「 き れ い じ ゃ な い 」 と か で 、 全 然 行 か ず と い っ た 具 合 だ っ た 。 い か な る 方 針 に よ る も の か は 聞 き も ら し た が 、 「 世 界 を 知 る 」 意 図 が 十 分 満 た さ れ て い る と は 思 え な か っ た 。 や は り 、 旅 行 の 目 的 地 は そ の 土 地 に ど れ ほ ど 関 心 が あ る か な い か に よ り 決 定 さ れ る 。 行 き た い 所 は 多 い が 、 経 済 的 制 約 も あ り 、 次 の 候 補 地 は 中 国 だ ろ う か 。 ア ジ ア も 、 韓 国 、 香 港 、 シ ン ガ ポ ー ル と 魅 力 の あ る 国 は 多 い が 、 私 が そ の 歴 史 を 多 少 な り と も 知 っ て い る の は 、 中 国 だ 。 高 校 時 代 の 歴 史 の 先 生 が 熱 心 に 東 洋 史 、 す な わ ち 中 国 史 ば か り を 教 え て く れ た の で 、 少 し は 頭 に 残 っ て い る 。 そ れ に 比 べ れ ば 、 他 の ア ジ ア の 国 々 の 歴 史 は ほ と ん ど 知 ら な い と い っ て よ い こ の 次 乗 る の は い つ だ ろ う か 。 ど こ へ 向 か う の だ ろ う か 。 そ ん な こ と を 考 え て い る う ち い つ の ま に か 寝 入 っ て し ま っ た 。 ロ ン ド ン の 雨 至 着 寸 前 の ア ナ 空 港 か ら 出 る と か な り 涼 し く 感 じ ら れ た 。 成 田 で は 三 十 度 を 超 す 暑 さ だ っ た が 、 リ

うたかたの花


京 都 か ら は か な り の 距 離 で あ る 。 一 日 が か り で や っ て 来 た の だ ろ う か 。 秀 吉 も 豪 華 な 花 見 の 宴 を は っ た よ う だ 。 春 は 桜 、 秋 は 紅 葉 。 車 窓 の 景 色 が 次 第 に 遠 く な っ て い く こ ろ 、 奈 良 に 近 く な っ た 。 奈 良 駅 で 昼 食 。 ス タ ー バ ッ ク ス ( ア メ リ カ 系 の コ ー ヒ 1 店 、 渋 谷 に も あ る ) へ 入 る 。 サ ン ド イ ツ チ と バ ナ ナ と コ ー ヒ 1 で 、 七 百 円 ぐ ら い 。 東 京 駅 よ り は 、 安 い 。 や は り 、 東 京 は 日 本 一 物 価 が 高 。 近 鉄 で 京 都 へ 。 特 急 で 三 十 五 分 。 二 時 前 京 都 着 。 京 都 駅 は さ す が に 広 大 。 タ ワ 1 ホ テ ル は 京 都 駅 の 真 ん 前 で 、 す ぐ 分 か っ た 。 フ ロ ン ト で チ ェ ッ ク イ ン 。 部 屋 に 荷 物 を 置 き 、 大 津 へ 。 大 津 は 東 海 道 本 線 で 、 約 十 分 。 タ ク シ ー で 、 琵 琶 湖 の 見 え る 「 浜 大 津 、 ま で 行 っ た 。 公 園 に な っ て い る 。 遊 覧 船 も あ る が 、 往 復 二 時 間 近 く か か る の で 、 琵 琶 湖 を 見 る だ け に し た 。 古 来 「 に ほ の う み 」 と し て 古 歌 に 登 場 す る 湖 で あ る 。 「 に ほ の う み や 月 の 光 の う つ ろ へ ば 心 も 死 ぬ に い に し へ お も は ゆ 」 。 平 日 の せ い か 人 影 は ま ば ら だ 。 空 が 抜 け る よ う に 青 く 湖 が ど こ ま で も 広 が っ て い る 。 気 温 が 上 昇 し た せ い か 暑 い ほ ど 。 天 智 天 皇 を 中 心 と す る 近 江 朝 廷 は こ の あ た り に あ っ た の だ ろ う か ? 吉 野 、 飛 鳥 、 奈 良 、 京 都 、 近 江 と 実 際 に 訪 れ て み て 、 日 本 の 古 代 史 が 近 畿 地 方 を 中 心 に 発 展 し た こ と が よ く 分 か る 。 日 本 史 は 中 学 ・ 高 校 と 一 通 り 習 っ た も の の 、 事 件 と 年 代 の 暗 記 に 終 わ っ た の で 、 な か な か 具 体 的 に 事 件 の 背 景 に 思 い を い た す ま で に は 至 ら な か っ た 。 古 代 か ら 平 安 時 代 ま で は 、 近 畿 地 方 、 そ の 後 は 鎌 倉 、 さ ら に 京 都 の 室 町 、 つ い で 江 戸 と 日 本 史 の 舞 台 は 移 っ て い く 。 大 津 駅 ま で 歩 い た 。 二 十 分 も 歩 く と 、 疲 れ て し ま っ た 。 駅 の 売 店 で 絵 葉 書 を 買 う 。 喫 茶 店 で 「 み つ ま め 」 を 頼 む と 、 七 百 円 も す る 。 や は り 観 光 地 は 高 い 。 土 地 の 名 物 で も と 思 っ た が 、 適 当 な モ ノ が な い 。 ガ イ ド ブ ッ ク に は い ろ い ろ 「 名 物 ー が 載 っ て い る か 、 い ざ と な る と ) し い も の は な い 。 四 時 572

うたかたの花


と い 一 つ 」 と お 」 。 授 業 は 文 法 問 題 も あ り 、 私 に は 退 屈 な 時 も あ っ た 。 し か し 先 生 の フ ラ ン ス 語 は よ く 分 か っ た 。 自 分 か ら す ぐ 話 す こ と は 難 し い が 、 相 手 の 話 は よ く 分 か っ た 。 イ ギ リ ス 人 男 性 は 、 文 法 の 最 中 で も 無 関 係 の こ と を 話 し た り 、 脱 線 す る こ と が 多 い が 、 先 生 も そ れ に つ れ て 脱 線 し た り し た 。 彼 は 八 年 も の 「 お 得 意 さ ん ー な の で 、 先 生 も 厳 し く は し に く い よ う だ 。 い ず れ に し て も 、 「 会 話 」 の 授 業 な の だ か ら 、 何 か し ら 話 題 が あ れ ば 、 そ れ で い い の か も し れ な い 。 時 々 彼 と 先 生 の 話 が 弾 む と 、 先 生 は 「 分 か り ま す か ー と 私 の 方 を 向 い た り し た 。 「 ウ ィ ー と 答 え る と 、 先 生 は ホ ッ と し た よ う な 表 情 を 浮 か べ た 。 在 校 生 は 常 時 三 十 名 前 後 。 日 本 人 も 多 い 。 中 年 女 性 は 二 週 間 の 滞 在 で 、 ホ テ ル ・ リ ツ ツ で 「 お 料 理 ー を 学 ぶ と い う 。 フ ラ ン ス 語 は 得 意 と は い え な い が 、 こ う い う 人 が 増 え て い る よ う だ 。 三 十 代 の 女 性 は 、 大 卒 後 い っ た ん 就 職 し た が 、 退 職 し 、 心 機 一 転 フ ラ ン ス 語 を 始 め た と い う 。 昔 は フ ラ ン ス 語 を 学 ん で も 、 本 場 で 学 ぶ な ど と い う こ と は 考 え ら れ な か っ た が 、 今 は そ れ が 手 軽 に な っ た 。 そ の 分 比 重 も 軽 く な り 、 安 易 な 気 持 ち で パ リ に 来 る 人 が 多 い よ う だ 。 簡 単 な 文 章 を 反 復 練 習 し て か ら の 方 が よ い の で は な い か と 思 う が 、 カ ネ さ え あ れ ば 、 簡 単 に 語 学 の 習 得 が で き る と 思 う の だ ろ う か 。 何 回 で も 、 何 か 月 で も 滞 在 し て 、 勉 強 す る の だ ろ う か ? 日 本 も 経 済 大 国 に な っ た の で 、 語 学 に 対 す る 考 え 方 も 、 四 十 年 前 の 私 た ち の 学 生 時 代 と は 違 う の だ ろ う 。 体 力 の 問 題 も あ る 。 パ リ 滞 在 最 後 の 一 週 間 は 、 毎 朝 風 邪 薬 と 胃 腸 薬 を 飲 む の が 習 慣 と な っ た 。 学 校 ま で は 、 メ ト ロ を 一 回 乗 り 換 え て 約 一 時 間 か か る (Gare de Liyon ・ Place de Clichy)0 午 後 は 286