検索 - みる会図書館

検索対象: 宗教の話

宗教の話から 244件ヒットしました。

宗教の話


や が て 二 ・ 二 六 事 件 に 決 起 す る 青 年 将 校 の バ イ プ ル に な る 。 つ い で 大 川 周 明 ( 一 八 八 六 — 一 九 五 七 ) は 、 東 京 大 学 で イ ン ド 哲 学 を 学 び 卒 業 後 に 満 鉄 に 入 社 し た 。 フ ァ ッ シ ョ 的 な 国 家 革 新 を 唱 え 五 ・ 一 五 事 件 に 連 座 し て 投 獄 さ れ た が 、 宗 教 へ の 関 心 と 造 詣 は 群 を 抜 い て い た 。 キ リ ス ト 教 、 イ ス ラ ー ム 教 、 仏 教 な ど の 研 究 を へ て 、 「 日 本 精 神 」 の 復 興 を 説 く に い た っ た 。 か れ は 日 本 宗 教 の 根 元 的 性 格 が 、 父 母 を 生 命 の 本 源 と み と め る と こ ろ に あ る と い っ て お り 、 か な ら ず し も 日 蓮 の 考 え を 絶 対 視 し て い た わ け で は な い 。 し か し そ の 思 考 の べ ク ト ル が 右 に み た 日 蓮 の 求 心 的 な 世 界 認 識 と 同 種 の 型 を 示 し て い た こ と は 注 目 に 値 す る 。 ま た 井 上 日 召 ( 一 八 八 六 — 一 九 六 七 ) は 、 若 く し て 満 州 に 渡 っ て 陸 軍 の 諜 報 活 動 に 従 事 、 や が て 日 蓮 宗 に 帰 依 し た 。 国 家 主 義 の 運 動 を へ て 血 盟 団 を 結 成 、 一 人 一 殺 主 義 に よ る 政 財 界 史 要 人 の 暗 殺 事 件 が 世 間 を 驚 か せ た 。 そ の 国 家 観 の な か に 「 閻 浮 日 本 ( 世 界 の 中 の 日 本 ) 」 と い う 考 え が 表 明 さ れ て い た 。 最 後 に 石 原 莞 爾 ( 一 八 八 九 5 一 九 四 九 ) で あ る が 、 か れ は 陸 軍 学 斑 士 官 学 校 、 陸 軍 大 学 を 出 て 一 九 二 八 年 に 関 東 軍 参 謀 に な っ た 。 こ の 間 、 日 蓮 宗 に 帰 依 す る と と も に 欧 州 戦 史 の 研 究 を つ づ け 、 世 界 最 終 戦 争 論 を 構 想 し て 「 満 州 事 変 」 の 推 進 に 指 導 的 役 忘 割 を は た し た 。 戦 後 は 故 郷 の 山 形 に 帰 り 、 日 蓮 宗 信 者 と と も に 開 拓 生 活 を 送 っ た 。 を 教 以 上 あ げ た 四 人 の 超 国 家 主 義 者 た ち は 、 い ず れ も 日 本 と い う 「 辺 境 」 国 家 を 宇 宙 の 「 中 宗 心 」 に 擬 す る 世 界 戦 略 を も ち 、 欧 州 列 強 と い う 名 の イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル な 「 外 圧 」 攻 勢 を テ

宗教の話


「 強 い 歴 史 」 と 「 弱 い 歴 史 」 す で に の べ た こ と だ が 、 今 日 わ が 国 で 、 ほ と ん ど 予 告 も な し に 暴 発 し た 宗 教 が 耳 目 を そ ば だ て 、 い ま だ に そ の 余 波 が 震 動 を つ づ け て い る 。 そ し て 他 方 、 一 瞬 息 を ひ そ め 、 ひ た す ら 平 身 低 頭 し て い る か に み え る 宗 教 が そ の か げ に 隠 れ て み え る 。 暴 発 す る 宗 教 と 萎 縮 す る 宗 教 、 そ の 対 照 的 な 宗 教 地 図 を わ れ わ れ の 眼 前 に 浮 か び あ が ら せ た の が 、 先 年 の オ ウ ム 真 理 教 の 事 ル 丁 ど っ こ 。 し か し 、 わ れ わ れ に と っ て は 意 表 を 衝 か れ た こ の 宗 教 対 立 の 急 激 な 浮 上 は 、 世 界 史 的 な 観 ホ ス ニ ア ・ ヘ ル ツ ェ ゴ ビ ナ で お こ な わ れ て い る 目 を 点 か ら み れ ば 何 ら 珍 し い こ と で は な い 。 、 、 覆 わ し め る 蛮 行 は い う ま で も な い 。 欧 米 や 中 近 東 の 諸 国 に 首 を め ぐ ら せ ば 、 宗 教 的 原 理 主 義 2 宗 教 を 忘 れ た 戦 後 政 治 学 ・ 歴 史 学

宗教の話


そ の 三 十 七 年 の 間 に ダ ラ イ ・ ラ マ 十 四 世 は 、 国 連 に 「 チ ベ ッ ト 問 題 」 を 提 訴 し 、 チ ベ ッ ト 人 の 基 本 的 人 権 と か れ ら の 文 化 的 ・ 宗 教 的 生 活 の 尊 重 を 要 求 し つ づ け た 。 世 界 各 国 を 廻 っ て チ ベ ッ ト の 立 場 を 主 張 す る と と も に 、 イ ン ド に 亡 命 政 府 を つ く っ て 亡 命 チ ベ ッ ト 人 に た い す る 支 援 を え る た め に 懸 命 に 奔 走 し た の で あ る 。 そ の 間 、 チ ベ ッ ト 本 土 で は 土 地 改 革 が 推 進 さ れ ( 六 一 年 ) 、 チ ベ ッ ト 自 治 区 が 成 立 し て い る ( 六 五 年 ) 。 だ が 中 国 の チ ベ ッ ト 政 策 と ダ ラ イ ・ ラ マ の 政 治 的 立 場 は 平 行 線 を た ど っ た ま ま 合 意 に 達 す る こ と な く 、 ダ ラ イ ・ ラ マ の 本 国 復 帰 も 実 現 せ ず に 事 態 が 経 過 し て い っ た 。 そ の い わ ば 現 代 の さ 迷 え る 「 王 」 と し て の ダ ラ イ ・ ラ マ の 名 が 、 一 躍 世 界 の 舞 台 に 登 場 し た の が 、 さ き に も ふ れ た よ う に 八 九 年 の 秋 に ノ 1 ベ ル 平 和 賞 を 受 賞 し た と き で あ っ た 。 根 拠 マ 地 を 奪 わ れ た 流 浪 の 聖 者 が 、 人 類 の 平 和 を 象 徴 す る 栄 光 の 聖 者 へ と 転 身 し た と き で あ っ た と っ て よ い だ ろ う 。 ダ そ れ だ け で は な い 。 こ の 八 九 年 と い う 年 は 、 ダ ラ イ ・ ラ マ に と っ て だ け で は な く 、 世 界 の 聖 人 類 に と っ て も け っ し て 忘 れ る こ と の で き な い 激 動 の 時 代 で あ っ た 。 ま ず 六 月 に 、 中 国 で は 天 安 門 事 件 が 発 生 し 、 つ い で 秋 に は ベ ル リ ン の 壁 が く ず れ 落 ち 、 東 浪 欧 か ら ソ 連 に か け て の 広 範 な 地 域 に 民 主 化 の 波 が 急 激 に 広 が っ た か ら で あ る 。 ダ ラ イ ・ ラ マ 流 へ の ノ ー ベ ル 平 和 賞 の 授 与 は 、 そ れ ら の 一 つ づ き の 政 治 的 事 件 と 連 動 す る 形 で 突 如 と し て か 2 。 9

宗教の話


の 北 条 時 頼 に 提 出 し た 『 立 正 安 国 論 』 の 中 で 展 開 さ れ て い る 議 論 で あ る 。 日 蓮 は い わ ば こ の 危 機 神 学 の 論 理 に も と づ い て 幕 府 を 批 判 し 国 家 の 改 造 を 目 指 し た の で あ っ た が 、 や が て 捕 え ら れ て 伊 豆 に 流 さ れ る 。 そ れ を 機 に 日 蓮 に お け る 迫 害 と 殉 教 の 人 生 が 始 ま っ た こ と は 周 知 の こ と だ 。 一 般 に ナ シ ョ ナ リ ズ ム の 心 的 作 用 は 、 外 部 世 界 か ら の 攻 撃 的 サ イ ン に 対 応 し て 、 自 己 の 内 部 に 危 機 意 識 を 強 制 的 に 作 り だ す と こ ろ に あ る と い わ れ る 。 そ れ が 日 蓮 に お い て は 、 「 他 国 侵 逼 」 と い う 外 圧 の 危 機 と 「 自 界 叛 逆 」 と い う 内 乱 の 危 機 に よ っ て 説 明 さ れ て い る 。 そ の 場 合 、 か れ の い う 「 他 国 侵 逼 の 難 」 が 蒙 古 の 襲 来 を 意 味 し 、 「 自 界 叛 逆 の 難 」 が 自 然 災 害 と 人 こ う し て 日 蓮 の 内 面 に 生 心 不 安 に よ る 動 乱 の 予 兆 を あ ら わ し て い た こ と は い う ま で も な い 。 し や く ぶ く 史 み だ さ れ た 危 機 意 識 が 、 か れ の 狂 お し い ば か り の 国 家 諫 暁 、 折 伏 行 動 を う な が す こ と に な っ た の で あ る 。 以 上 私 は 、 日 蓮 思 想 に ひ そ む 、 い わ ば 理 非 を こ え る 二 つ の 生 理 的 直 観 が 、 か れ の 自 己 認 識 と 世 界 認 識 を 同 時 に つ む ぎ だ す 重 要 な 母 胎 に な っ た の で は な い か と 考 え る 。 そ れ だ け で は な 。 そ の 一 種 の 自 己 被 虐 的 な 直 観 こ そ 、 そ の 後 の 日 本 人 の 自 己 認 識 と 世 界 認 識 の 形 成 に 消 し 忘 教 が た い 烙 印 を 押 す こ と に な っ た の で は な い だ ろ う か 。 く り 返 し て い え ば そ の 第 一 が 、 辺 境 ー 宗 中 心 の 軸 を 逆 回 転 さ せ て 自 己 を 奮 励 す る 世 界 認 識 で あ り 、 第 二 が 外 圧 ー 内 乱 と い う 政 治 ・ 軍

宗教の話


・ 4 宗 教 と 日 本 人 オ ウ ム 真 理 教 事 件 と 日 本 宗 教 の 終 焉 : 宗 教 を 忘 れ た 戦 後 政 治 学 ・ 歴 史 学 ・ : 時 代 と オ ウ ム と 『 悪 霊 』 の 世 界 ・ 宗 教 に お け る 「 悪 」 と は 何 か ・ 日 本 人 と メ シ ア 思 想 ・ 無 神 論 者 の ま な ざ し : は し が き : 107 9 /

宗教の話


い な い 。 平 田 門 下 の 国 学 者 に 強 い 危 機 意 識 を 植 え つ け た と し て も 不 思 議 で は な か っ た 。 右 に み た よ う に 、 「 貧 富 正 論 』 を 論 じ て 思 わ ず 筆 が 高 田 屋 嘉 兵 衛 の 話 に 飛 躍 し 、 つ い に 「 神 国 」 日 本 の 構 想 に ま で そ の 議 論 が 昂 揚 し て い っ た の も 、 お そ ら く そ の た め で あ っ た ろ う 。 か れ は そ こ で 日 本 を 「 神 国 」 と 称 し 、 何 千 艘 の 軍 船 が 攻 め 寄 せ よ う と も 、 か な ら ず や 「 神 風 」 か 吹 い て 撃 退 す る だ ろ う と い っ て い る 。 そ の 口 調 に は 、 右 に み て き た 漂 流 奇 談 が 示 し て い る よ う に 、 御 鬮 に よ る 神 勅 に 傾 倒 し 神 明 に よ る 冥 助 を 祈 念 す る 敬 神 の 思 い が こ め ら れ て い る よ う に み え る で は な い か 。 そ の 確 信 に も 似 た 思 い は 、 幽 世 の 霊 威 を 信 ず る か れ の 世 界 観 と 切 っ て も 切 れ な い 関 係 に あ る も の だ っ た に ち が い な い 。 こ う し て 宮 負 定 雄 も ま た 師 の 平 田 篤 胤 と 同 じ よ う に 、 国 際 関 係 が 緊 張 を 帯 び て 膨 張 す る と 学 き は 幽 冥 界 に も 通 ず る 独 自 の ナ シ ョ ナ リ ズ ム の 勢 い を か り て 、 そ こ に く さ び を 打 ち こ も う と の し た の で は な い だ ろ う か 。 か れ の 『 奇 談 雑 史 』 と 『 太 神 宮 霊 験 雑 記 』 に は 、 こ の よ う に し て 幕 神 罰 、 神 隠 し 、 神 国 と い う 三 つ の 思 想 軸 が 重 層 的 な 形 で た た み こ ま れ て い た よ う に 思 う の で る あ る 。 す 幻 を 界 神 2 刃

宗教の話


・ 4 宗 教 と 日 本 人 オ ウ ム 真 理 教 事 件 と 日 本 宗 教 の 終 焉 : 宗 教 を 忘 れ た 戦 後 政 治 学 ・ 歴 史 学 ・ : 時 代 と オ ウ ム と 『 悪 霊 』 の 世 界 ・ 宗 教 に お け る 「 悪 」 と は 何 か ・ 日 本 人 と メ シ ア 思 想 ・ 無 神 論 者 の ま な ざ し : は し が き : 107 9 /

宗教の話


篤 胤 と 参 沢 お よ び 宮 負 の 三 者 の 関 係 が 神 隠 し 少 年 の 霊 験 を 軸 に 語 ら れ て い る の で あ っ て 、 そ れ を の ぞ い て み る こ と に し よ う 。 最 初 に 、 ま ず 現 世 と 幽 世 に つ い て の 議 論 、 つ い で 三 者 の 結 び つ き 、 と い う エ 合 に 話 は 進 行 し て い く 。 ま ず は じ め の 議 論 で あ る が 、 現 世 の こ と は 天 孫 ニ ニ ギ ノ ミ コ ト ( す な わ ち 天 皇 ) が 主 宰 す べ き で あ る が 、 幽 世 は オ オ ク ニ ヌ シ ノ ミ コ ト の 所 管 事 項 で あ る 、 と い う 。 ま た 幽 世 と 現 世 は 画 然 と 分 れ て い る も の だ が 、 そ の 場 合 、 幽 世 が 「 本 」 で 現 世 が 「 末 」 で あ る こ と を 忘 れ て は な ら な い 。 す な わ ち 現 世 に お い て は 政 道 ( 政 治 ) を も っ て 形 を 慎 し む も の で あ る か ら 「 末 」 で あ る が 、 幽 世 は 神 の 教 え を も っ て 心 を 修 め る 徳 を 積 む と こ ろ に 本 質 が あ る か ら 「 本 」 で あ る 。 こ の 幽 ・ 現 に か ん す る 「 玄 妙 な る 理 」 を 考 え だ し た の が 師 ・ 気 吹 廼 舎 の 平 田 大 人 な の で た ま の み は し ら 学 あ っ て 、 そ の 思 想 が 『 霊 能 真 柱 』 と い う 著 述 に な っ て 実 っ た 。 し の び が お か と こ ろ が 去 る 文 化 九 ( 一 八 一 (l) 年 、 大 江 戸 は 忍 岡 の あ た り に 住 ん で い た 高 山 寅 吉 な る 不 思 議 な 童 子 が 、 神 仙 ( 山 人 ) に 誘 わ れ て 神 隠 し に あ っ た 。 あ と か ら 明 ら か に な っ た と こ ろ に よ る と 、 常 陸 国 岩 間 山 に 往 き 、 そ の 山 人 の 弟 子 と な っ て さ ま ざ ま な こ と を 学 び 、 ふ た た び 査 大 空 を 翔 け て こ の 世 に も ど り 「 幽 世 」 の こ と を 人 び と に 伝 え た 。 そ れ を き き 知 っ た 大 人 が 寅 界 吉 少 年 を 呼 び 寄 せ 、 そ の 物 語 る と こ ろ を 記 し た の が 『 仙 境 異 聞 』 に ほ か な ら な い 。 そ れ だ け で は な い 。 大 人 は さ ら に 和 歌 を つ く っ て 少 年 に 与 え 、 山 人 に と ど け さ せ る ほ ど の 心 の 入 れ よ 229

宗教の話


歴 に つ い て は 、 す で に 二 千 年 、 三 千 年 の 宗 教 の 歴 史 が そ れ こ そ 大 文 字 に 、 問 わ ず 語 り に 語 っ て い る 。 今 に は じ ま っ た 話 で は な い 。 そ の 光 栄 あ る 来 歴 の 最 末 端 に 砂 つ ぶ の よ う な 本 書 を つ な げ よ う と し て い る 己 れ を ふ り 返 れ ば 、 か ら だ の 節 々 が 凍 り つ く よ う だ 。 本 書 に 収 め た 文 章 の 初 出 は 左 の 通 り で あ る 。 「 オ ウ ム 真 理 教 事 件 と 日 本 宗 教 の 終 焉 」 「 諸 君 」 一 九 九 五 年 六 月 号 ( 文 藝 春 秋 ) 「 宗 教 を 忘 れ た 戦 後 政 治 学 ・ 歴 史 学 」 「 中 央 公 論 」 一 九 九 五 年 九 月 号 ( 中 央 公 論 社 ) 「 時 代 と オ ウ ム と 『 悪 霊 』 の 世 界 」 「 正 論 」 一 九 九 五 年 七 月 号 ( 産 経 新 聞 社 ) 「 宗 教 に お け る 『 悪 』 と は 何 か 」 ( 原 題 「 親 鸞 ー ー 『 悪 人 』 が 往 生 す る た め の 二 つ の 条 「 プ レ ジ デ ン ト 件 」 ) 」 一 九 九 五 年 七 月 号 ( プ レ ジ デ ン ト 社 ) 「 日 本 人 と メ シ ア 思 想 」 「 し に か 」 一 九 九 五 年 十 月 号 ( 大 修 館 書 店 ) 「 無 神 論 者 の ま な ざ し 」 「 イ マ ー ゴ 」 一 九 九 五 年 八 月 臨 時 増 刊 号 ( 青 土 社 ) 「 『 言 葉 』 の 宗 教 か ら 『 感 性 』 の 宗 教 へ 」 「 サ ン サ 1 ラ 」 一 九 九 六 年 七 月 号 ( 徳 間 書 店 ) 「 変 身 す る 」 ( 原 題 「 仮 面 の 原 初 的 類 型 」 ) 『 変 身 す る 』 一 九 九 二 年 ( 平 凡 社 ) 「 演 歌 を う た う 」 ( 原 題 「 「 演 歌 と 日 本 文 化 」 ) 小 島 美 子 ・ 藤 井 知 昭 編 『 日 本 の 音 の 文 242

宗教の話


む ろ ん 私 は こ の よ う な 問 題 を と ら え て 、 い た ず ら に 今 後 の 日 本 の 行 く 末 に 悲 観 論 を ま き ち ら そ う と い う 魂 胆 が あ る の で は な い 。 そ う で は な く て 、 こ の よ う な 状 況 を 歴 史 的 に ど の よ う に 位 置 づ け ど う 考 え て い っ た ら よ い の か と い う こ と を 問 う て み た か っ た だ け で あ る 。 そ し て そ の よ う に 考 え る と き 、 私 の 眼 前 に あ ら わ れ て く る の が 小 論 の 冒 頭 で 提 出 し た サ ル ト ル と レ ヴ ィ ス ト ロ ー ス の あ い だ で 展 開 さ れ た 論 争 だ っ た の だ 。 と り わ け レ ヴ ィ ス ト ロ ー ス の い う 「 強 い 歴 史 」 の 考 え 方 が 強 烈 に 脳 裡 に 蘇 る 。 近 代 へ の 志 向 性 を は ら む 「 弱 い 歴 史 」 に た い し て 、 い わ ば 超 歴 史 的 と も い う べ き 「 強 い 歴 史 」 に か ん す る そ の 透 徹 し た 洞 察 が 、 私 の 心 を 強 く と ら え る 。 そ の 「 強 い 歴 史 」 と い う 尺 度 に よ る 歴 史 観 に 立 っ と き 、 「 宗 教 」 と 「 民 族 」 と い う 問 題 が こ れ ま で 以 上 に 大 き な 意 味 を も っ て 浮 上 し 史 て く る の で は な い だ ろ う か 。 歴 九 五 年 に な っ て 、 突 如 と し て わ れ わ れ に 襲 い か か っ て き た オ ウ ム 真 理 教 の 事 件 も 、 ま さ し 学 斑 く そ の こ と を わ れ わ れ の 眼 前 に つ き つ け て い る の で は な い か と 思 う の で あ る 。 後 戦 れ 忘 を 教 宗