検索 - みる会図書館

全データから 210276件ヒットしました。

思考の整理学


思 考 の 整 理 学

思考の整理学


ち く ま 文 庫 思 考 の 整 理 学 外 山 滋 比 古 筑 摩 書 房

思考の整理学


本 当 の 整 理 は そ う い う も の で は な い 。 第 一 次 的 思 考 を よ り 高 い 抽 象 性 へ 高 め る 質 的 変 化 で あ る 。 い く ら た く さ ん 知 識 や 思 考 、 着 想 を も っ て い て も 、 そ れ だ け で は 、 第 二 次 的 思 考 へ 昇 華 す る と い う こ と は な い 。 量 は 質 の 肩 代 わ り を す る こ と は 困 難 で あ る 。 一 次 か ら 二 次 、 二 次 か ら 三 次 へ と 思 考 を 整 理 し て 行 く に は 、 時 間 が か か る 。 寝 さ せ て 、 化 学 的 変 化 の お こ る の を 待 つ 。 そ し て 、 化 合 し た も の が 、 そ れ 以 前 の 思 考 に 対 し て 、 メ タ 思 考 と な る 。 抽 象 の ハ シ ゴ を 登 っ て 行 く の は 哲 学 化 で あ る 。 わ れ わ れ の 民 族 は 古 く か ら 、 多 く の 歴 史 的 記 録 を 残 し て い る 。 と こ ろ が 、 こ れ を 歴 史 論 、 歴 史 学 に 統 合 す る の に 欠 か す こ と の で き な い 史 観 が は っ き り し て い な か っ た う ら み が あ る 。 第 一 次 的 歴 史 情 報 に は 恵 ま れ て い て も 、 こ れ を メ タ 化 し て 、 二 次 、 三 次 の 理 論 に す る 試 み は あ ま り な か っ た 。 思 考 と 着 想 に つ い て も 同 じ こ と が 言 わ れ そ う で あ る 。 ち ょ っ と し た 着 想 、 具 体 的 な 知 識 に は こ と 欠 か な い の に 、 そ れ を 、 整 理 、 統 合 、 抽 象 化 し 、 体 系 に ま で 高 め る の は ま れ で あ る 。 思 考 の 整 理 に は 、 平 面 的 で 量 的 な ま と め で は な く 、 立 体 的 、 質 的 な 統 合 を 考 え な く て は な ら な い 。 こ の 本 で 、 着 想 の 釀 酵 な ど に つ い て 、 こ と に く わ し く 考 え て き た の は 、 こ の 点 を 考 え た か ら で あ る 。 こ れ を 思 考 の 純 化 と 言 い か え る こ と も で き る 。

思考の整理学


「 と 思 わ れ る ー こ と を 、 そ の ま ま に 近 い 形 で 表 現 す る か 、 も う す こ し ま と ま り を つ け た ″ 論 〃 に し て 表 現 す る か の 差 で あ る 。 I think の エ ッ セ イ が 試 論 で あ る と す る な ら 、 lt seemsto me の エ ッ セ イ は 随 筆 、 随 想 と い う こ と に な る 。 い ず れ に し て も エ ッ セ イ ス ト は も っ と も 身 近 な と こ ろ で 思 考 の 整 理 を し て い る の で あ る 。 何 か 考 え た ら 書 い て み る 。 そ の 過 程 に お い て 考 え た こ と が lt seems t0 me わ れ わ れ は だ れ で も 、 こ う い う 意 味 で の エ ッ セ イ か ら 、 す こ し ず つ lthink へ 向 っ て い く 。 ス ト に な る こ と が で き る 。 思 考 の 整 理 学 は め い め い が こ う い う ェ ッ セ イ ス ト に な る こ と で 成 果 を あ げ る は ず で あ る 。 え 本 書 は 「 ち く ま セ ミ ナ ー 」 の 一 冊 と し て 出 版 さ れ た 『 思 考 の 整 理 学 』 に 、 最 後 の 「 あ と が に き に か え て 」 の 一 章 を 書 き 加 え て 文 庫 本 と し て も ら っ た 。 お 世 話 に な っ た 筑 摩 書 房 編 集 部 の 方 々 に あ っ く お 礼 申 し 上 げ る 。 あ の 本 一 九 八 六 年 春 外 山 滋 比 古 庫 文

論理学がわかる事典


倫 理 が わ か る 事 典 鷲 田 小 彌 太 定 価 本 体 1300 円 ( 税 別 ) 図 解 す る 思 考 法 定 価 本 体 1300 円 ( 税 別 ) 論 理 的 に 考 え る 方 法 定 価 本 体 1600 円 ( 税 別 ) 民 俗 学 が わ か る 事 典 定 価 本 体 1600 円 ( 税 別 ) 教 育 学 が わ か る 事 典 定 価 本 体 1500 円 ( 税 別 ) 社 会 学 が わ か る 事 典 定 価 本 体 1700 円 ( 税 別 ) 新 谷 尚 紀 田 中 智 志 森 下 伸 也 西 村 克 己 小 野 田 博 ー 下 記 の 価 格 は 消 費 税 抜 き の 金 額 で す 。 哲 学 ・ 倫 理 学 の 歴 史 を 振 り 返 り な が ら 、 現 代 の 諸 テ ー マ に 取 り 組 み 、 く だ け た ロ 調 で 語 る 入 門 書 の 決 定 版 ! 「 何 が 善 く て 、 何 が 悪 い の か 」 が わ か る 。 読 め ば 読 む ほ ど 倫 理 学 が 見 え て く る 。 社 会 学 の 基 本 理 論 を わ か り や す く 解 説 。 さ ら に 、 宗 教 、 犯 罪 、 結 婚 、 孤 独 、 お 笑 い ま で 現 代 の 森 羅 万 象 を 縦 横 無 尽 に 論 じ 、 社 会 学 の 歴 史 も 紹 介 。 楽 し く 読 め て 、 独 自 の も の の 見 方 が 身 に つ く 一 冊 。 教 育 ・ 子 ど も ・ 家 庭 ・ 教 育 学 を め ぐ る 歴 史 と 現 在 を と ら え る 。 理 論 と 道 徳 、 学 級 、 学 校 建 築 、 制 服 、 性 教 育 、 サ プ カ ル チ ャ 、 い じ め 、 人 格 障 害 、 矯 正 教 育 、 学 歴 社 会 な ど 、 さ ま ざ ま な テ ー マ が 満 載 。 な せ 敷 居 の ヘ り を 踏 ん で は い け な い の か 、 霊 柩 車 を 見 た ら 親 指 を 隠 す の は な ぜ か 日 本 の 暮 ら し に 今 も な お 生 き 続 け て い る 、 日 本 人 の 習 慣 ・ 習 俗 の 素 朴 な 疑 問 を 解 説 。 雑 学 と し て 使 え る ネ タ が 豊 富 。 論 理 的 に 考 え て 行 動 し て い る つ も り で も 、 実 際 は そ う で な い こ と が 多 い も の 。 い っ た い 、 ど う す れ ば い い の か 。 結 論 と し て の 主 張 を 明 言 し 、 正 し い 根 拠 を 相 手 に わ か り や す く 示 す ノ ウ ハ ウ を 紹 介 す る 。 図 を 描 き な が ら 考 え る と 、 問 題 の 全 体 像 や 相 互 関 係 を 的 確 に つ か む こ と が で き 、 情 報 整 理 や 問 題 解 決 が ス ピ ー ド ア ッ プ す る 。 情 報 を 頭 の 中 で 整 理 し て 図 に 変 換 す る プ ロ セ ス を て い ね い に 解 説 す る 。 定 価 変 更 の 場 合 は ご 了 承 く だ さ い 。

思考の整理学


を 保 存 す る 。 空 箱 が 山 の よ う に な る 。 若 い 人 は そ れ を す て よ う と い う が 、 老 人 は も っ た い な い と 言 っ て 譲 ら な い 。 新 聞 雑 誌 な ら 古 い も の は ゴ ミ に す る 人 も 、 書 物 だ と 、 か ん た ん に チ リ 紙 交 換 に 出 し た り し な い 。 ひ ょ っ と す る と い る か も し れ な い と い う 気 持 が 手 伝 う の で あ ろ う 。 し か し 、 い よ い よ ハ ニ ッ ク 状 態 に 陥 っ て 、 何 で も か ん で も す て て し ま え 、 と い う 衝 動 に 本 が あ ふ れ て く る と 、 か ら れ る 。 よ く 考 え も し な い で 、 手 当 り 次 第 に 整 理 す る 。 さ つ ば り し た と 思 っ て い る と 、 調 べ も の を し て い て 、 あ の 本 に 、 と 目 星 を つ け た 本 が 、 売 払 っ て し ま っ た あ と だ っ た り す る 。 や つ ば り 、 め っ た な こ と で は 本 を 売 っ て は な ら な い 。 大 は 小 を 兼 ね る 、 な ど と う そ ぶ い て 、 ま た 何 で も 保 存 す る よ う に な る 。 こ う い う 後 悔 を し な く て は な ら な い の は 、 日 ご ろ 整 理 の 方 法 を 考 え た こ と が な い か ら で あ る 。 集 め る の も 骨 で あ る け れ ど も 、 す て る 、 整 理 す る の は 、 さ ら に い っ そ う 難 し い 知 識 に つ い て 言 っ て も 、 習 得 に つ い て は 、 記 憶 、 ノ ー ト 、 カ ー ド づ く り な ど い ろ い ろ 考 え ら れ て い る の に 、 整 理 に つ い て は ほ と ん ど 何 も 言 わ な い 。 学 校 な ど も 、 知 識 の 学 習 に は や か る て ま し く 一 言 う け れ ど も 、 い つ ば い に な っ た 頭 の 掃 除 に つ い て は ま っ た く 教 え る と こ ろ が な い 。 す 忘 却 と い う の が 、 学 習 に 劣 ら ず 、 あ る い は 、 そ れ 以 上 に 難 し い こ と を 知 ら ず に 学 校 を 出 て し ま う の は 、 決 し て 幸 福 な こ と で は な い 。 ガ ラ ク タ の 整 理 で す ら 、 あ と に な っ て 、 残 し て お け ば よ か っ た と 後 悔 す る こ と が あ る 。 ま

論理学をつくる


350 A. A little bit of mathematics べ 限 え わ ら 低 さ ら し 最 り か 質 の に 性 る 気 系 的 す の 文 ス 解 そ ク 理 , は イ を は 分 テ 書 と 自 ン 本 こ る マ セ は あ 人 で て の ス こ 書 系 ク タ る こ ン シ に 。 特 っ 具 う も 一 廻 こ ら が な お か り 利 て だ ま 便 し り 集 が 説 か 。 の 学 解 ば と 体 数 く と こ 全 た す こ 式 し や る な 理 と り き わ 論 つ か で 思 る よ わ 解 と あ ち て 理 や 、 も ん さ は つ で に に 年 ~ 、 も た め 学 学 て に た 数 中 く 限 く な ば な 無 い 要 れ ん て 必 す か 1 い ろ い ろ な 種 類 の 数 に つ い て 1.1 自 然 数 か ら 有 理 数 ま で 自 然 数 (natural number) と い う の は , 0 , 1 , 2 , 3 , 4 , ・ ・ ・ と い う 数 の こ と だ 。 「 0 」 も 入 れ て い い の ? と 思 う 人 も い る だ ろ う 。 じ つ は 入 れ て も 入 れ な く て も よ い の だ が , 本 書 で は 0 も 自 然 数 の 仲 間 に 入 れ て 考 え る 。 自 然 数 を ど れ と 決 め ず に 表 し た い と き は , n と か m と い う 文 字 を 使 う こ と が 多 い 。 本 書 で も と く に 断 ら な い と き は n で 任 意 の 自 然 数 を 表 し て い る 。 整 数 (integer) と い う の は , -1 , 0 , 1 , 2 , 3 , ・ ・ ・ と い う 数 の こ と 。 有 理 数 (rational number) と い う の は , 整 数 と 整 数 の 比 , つ ま り (), b は 互 い に 素 な 整 数 。 2 た だ し b は 0 で は な い ) と い う 形 を し た 数 の こ と で あ る 。 ( つ ま り - 5 ) , な ど は み ん な 有 理 数 だ 。 カ ッ コ の 中 の 「 互 い に 素 」 と い う の は , 「 1 以 外 に 共 約 数 が な い 」 と い う こ と 2 4 6 26 ・ ・ ・ な ど , 同 じ 有 理 数 を 表 す 無 を 意 味 す る 。 こ の 但 し 書 き を つ け て お か な い と , 3 ' 6 ' 9 ' ' 39 ' 数 の 異 な る 表 現 を 重 複 し て 考 え る こ と に な っ て し ま う 。 13 5 1 1.2 実 数 有 理 数 で な い 数 が あ る 。 例 え ば が そ う だ 。 こ れ は 決 し て 整 数 と 整 数 の 比 晉 の 形 で は 書 け な い 。 こ う い っ た 数 を 無 理 数 (irrational number) と い う 。 む ろ ん , が 整 数 と 整 数 の 比 で は 表 せ な い こ と は き ち ん と 証 明 し な け れ ば な ら な い 。 お そ ら く そ の 証 明 が , 君 た ち が 教 室 で は じ め て 背 理 法 に 接 す る 機 会 に な っ た は ず だ 。 え っ と , ど ん な 証 明 だ っ た つ け , と 思 っ た 人 は 即 , 高 校 の 教 科 書 を 見 直 す こ と 。 有 理 数 と 無 理 数 の 違 い は そ れ を 小 数 で 表 し た と き に は っ き り す る 。 = 0 .28571428571428 ・ ・ ・ 2 7 2 5

思考の整理学


207 喩 に で 考 拡 し ん そ で と に 正 れ が に れ 採 っ 散 手 る を で 向 い る っ 対 い ち 出 頭 な て 照 る じ 、 学 て を 、 点 生 も 収 行 は た と 満 の 斂 機 一 い な 答 し 思 相 文 寸 ー ム 尊 教 題 が 収 に 発 重 、 別 で ″ で て 立 り 性 係 て 。 ま の 〃 。 る 方 で グ た が る よ 線 ラ 知 の 間 イ 識 利 ダ を も つ ま を 人 必 も し 整 育 行 も 間 要 出 れ は 能 を て 理 つ で に な い に 拡 る 本 ま じ な け て な は 圭 ら け て 的 収 整 て で な い た 磨 る 考 性 す ま で で め 要 用 点 べ は い の 面 す 巧 分 す あ た よ 比 う 拡 散 と 収 斂 思 関 , し て の 作 用 を 区 て か か る の は 重 要 で あ る れ ま で は 主 と し て 収 飛 び 考 散 た に る だ 点 し 力 、 な と 女 し あ ま る る の 、 得 整 習 の れ は が は の や 生 シ ス ァ に て 彳 丁 く 点 散 当 、 ぎ み よ つ で が る 思 斂 理 。 あ 応 る と れ も さ て し と い 線 等 き 答 、 優 ら 理 者 と 満 子 う と 。 あ 、 う う の の し 、 、 問 に ち 向 う と 手 、 足 く っ し う 自 の は の 0 ( っ ら ん カ : な で 宀 す で キ 丁 あ 。 正 が 解 カ ; の だ い う よ う な 覚 に お ち る 斂 カ だ を か れ て し 、 る 力 、 も 、 解 予 相 あ さ 校 る れ 教 る 占 の 案 錯 あ 斂 う る い 長 知 し は 学 訓 、 校 練 収 教 を : 受 と す 冫 て の し 、 、 れ き っ な の 、 識 よ に て と 。 0 よ 月 の で ま い と 標 こ を 散 と 、 的 な べ の ば が を 性 型 に ょ そ 理 る あ 焦 、 点 が 必 で る 用 す 。 す な ら 点 つ 格 、 飛 と の す る 考 互 散 。 整 あ 関 的 目 て の も 統 合 る 向 は り し 、 と ま と を る る と 見 な い る に て 作 と い 用 な に 。 よ 資 も の 、 は る 担 る て し 、 る

半導体の話―物性と応用―


や は り 半 導 体 と い う も の に は 、 そ れ ら し い 特 色 が あ る わ け で 、 こ こ に 述 べ た の が 、 そ の 例 で あ り 、 そ し て 、 話 を 判 り よ く す る た め に 、 特 に 現 象 論 的 に そ れ を な ら べ て み た の で あ る 。 一 理 論 的 な 基 本 概 念 半 導 体 の 純 粋 に 物 理 学 的 な 性 質 や 、 そ れ を 理 解 す る た め の 理 論 に つ い て 、 く わ し く 述 べ る こ と は 、 こ の 本 の 目 標 に 入 ら な い 。 し か し 、 こ れ ま で に 触 れ て き た 、 半 導 体 ら し さ と 呼 ん だ さ ま ざ ま な 性 質 や 、 こ れ か ら 述 べ よ う と す る 新 し い 諸 現 象 に つ い て 、 少 し 立 入 っ た 話 を す る 上 に 、 あ る 程 度 の 基 本 的 な 概 念 は ど う し て も 必 要 で あ る 。 そ こ で 、 必 要 な 範 囲 で 最 小 限 度 の 物 理 学 的 な 概 念 を 、 こ こ で 整 理 し て お く こ と に し よ う と 思 、 つ 前 に も 述 べ た が 、 半 導 体 と い う 材 料 は 、 よ く は 判 ら な い ま ま に 、 そ の 便 利 な 性 質 は 比 較 的 早 く か ら 経 験 的 に 見 つ け ら れ 、 ま た 利 用 さ れ て き た 。 整 流 現 象 、 光 に 感 ず る 現 象 、 温 度 差 で 起 電 力 が 生 す る 現 象 な ど 、 皆 か な り 使 わ れ て き た の で あ る 。 し か し 、 そ の 現 象 の 本 質 が 理 解 さ れ る 様 に な っ た の は 一 九 三 〇 年 頃 を 境 と し て で あ っ て 、 そ れ ま で 我 々 は 極 め て 乏 し い 知 識 し か 持 ち 合 わ せ て い な か っ た の で あ る 。 少 し 前 に さ か の ぼ っ て 考 え て み る と 、 物 理 学 に は 2 5

論理学がわかる事典


な 初 歩 的 な 勘 違 い を す る ん だ な 」 と い う 教 訓 は 、 何 度 繰 り 返 し 実 感 し て も 無 駄 に な り ま せ ん 。 し た が っ て 、 日 常 犯 し が ち な 論 理 的 錯 誤 を 扱 っ た 心 理 学 の 啓 蒙 書 が 重 宝 で す 。 論 理 学 は 、 心 の 働 き 方 で は な く 推 論 そ の も の の 規 範 を 扱 う 学 問 で す が 、 論 理 学 を 学 ぶ 動 機 付 け と し て は 、 私 た ち の 心 が ふ だ ん ど こ で 間 違 え る の か と い う 「 思 考 の 現 実 」 を 実 感 す る こ と が 有 効 な の で す 。 と い う わ け で 、 前 述 の 2 冊 を 読 み 終 え る と 同 時 に 読 み 始 め た い の は 『 考 え る こ と の 科 学 』 ( 市 川 伸 一 著 、 中 公 新 書 ) 。 論 理 学 で は な く 隣 接 分 野 の 認 知 心 理 学 の 本 で す 。 読 言 機 能 の う ち 「 推 論 」 と い う 作 用 に 焦 点 を 絞 っ て 、 日 常 的 な 錯 覚 の 具 体 例 を 豊 富 に 論 じ て い ま す 。 本 書 で も た び た び 扱 っ た 確 率 の 錯 覚 の 例 が 豊 富 で 、 代 表 性 ヒ ュ ー リ ス テ ィ ク ス ( 頁 ) や モ ン テ ィ ・ ホ ー ル ・ ジ レ ン マ ( 頁 ) と 実 質 的 に 同 じ 問 題 の 詳 し い 解 説 も 出 て き ま す 。 心 の 現 実 を 論 理 で 整 理 す る 必 要 性 を 痛 感 し た と こ ろ で 、 論 理 そ の も の の シ ス テ ム へ 向 か う こ と に な り ま す が 、 し ば ら く の 間 は な る べ く 記 号 は 使 わ ず 文 章 で 語 っ て も ら い た い と い う 人 に は 『 論 理 学 』 (> ・ 0 ・ サ モ ン 著 、 培 風 館 ) が 適 し て い ま す 。 た だ 、 論 証 の 具 体 例 が 丁 寧 す ぎ て 回 り く ど い 傾 向 も あ る の で 、 多 少 記 号 混 じ り で あ っ て も 要 点 を 素 早 く 学 び た い 人 は 、 ま っ す ぐ 『 現 代 論 理 学 入 門 』 ( 沢 田 允 茂 著 、 岩 波 新 書 ) 。 基 本 か ら 正 道 を 学 ぶ に は こ れ が 一 番 で し よ う 。 年 以 上 前 に 書 か れ た 本 で す が 、 新 書 版 と し て は 今 も っ て 唯 一 の 本 格 的 教 科 書 で す 。 た だ し 推 論 の 具 体 例 が ほ と ん ど