検索 - みる会図書館

検索対象: 思考の整理学

思考の整理学から 218件ヒットしました。

思考の整理学


思 考 の 整 理 学

思考の整理学


ち く ま 文 庫 思 考 の 整 理 学 外 山 滋 比 古 筑 摩 書 房

思考の整理学


本 当 の 整 理 は そ う い う も の で は な い 。 第 一 次 的 思 考 を よ り 高 い 抽 象 性 へ 高 め る 質 的 変 化 で あ る 。 い く ら た く さ ん 知 識 や 思 考 、 着 想 を も っ て い て も 、 そ れ だ け で は 、 第 二 次 的 思 考 へ 昇 華 す る と い う こ と は な い 。 量 は 質 の 肩 代 わ り を す る こ と は 困 難 で あ る 。 一 次 か ら 二 次 、 二 次 か ら 三 次 へ と 思 考 を 整 理 し て 行 く に は 、 時 間 が か か る 。 寝 さ せ て 、 化 学 的 変 化 の お こ る の を 待 つ 。 そ し て 、 化 合 し た も の が 、 そ れ 以 前 の 思 考 に 対 し て 、 メ タ 思 考 と な る 。 抽 象 の ハ シ ゴ を 登 っ て 行 く の は 哲 学 化 で あ る 。 わ れ わ れ の 民 族 は 古 く か ら 、 多 く の 歴 史 的 記 録 を 残 し て い る 。 と こ ろ が 、 こ れ を 歴 史 論 、 歴 史 学 に 統 合 す る の に 欠 か す こ と の で き な い 史 観 が は っ き り し て い な か っ た う ら み が あ る 。 第 一 次 的 歴 史 情 報 に は 恵 ま れ て い て も 、 こ れ を メ タ 化 し て 、 二 次 、 三 次 の 理 論 に す る 試 み は あ ま り な か っ た 。 思 考 と 着 想 に つ い て も 同 じ こ と が 言 わ れ そ う で あ る 。 ち ょ っ と し た 着 想 、 具 体 的 な 知 識 に は こ と 欠 か な い の に 、 そ れ を 、 整 理 、 統 合 、 抽 象 化 し 、 体 系 に ま で 高 め る の は ま れ で あ る 。 思 考 の 整 理 に は 、 平 面 的 で 量 的 な ま と め で は な く 、 立 体 的 、 質 的 な 統 合 を 考 え な く て は な ら な い 。 こ の 本 で 、 着 想 の 釀 酵 な ど に つ い て 、 こ と に く わ し く 考 え て き た の は 、 こ の 点 を 考 え た か ら で あ る 。 こ れ を 思 考 の 純 化 と 言 い か え る こ と も で き る 。

思考の整理学


「 と 思 わ れ る ー こ と を 、 そ の ま ま に 近 い 形 で 表 現 す る か 、 も う す こ し ま と ま り を つ け た ″ 論 〃 に し て 表 現 す る か の 差 で あ る 。 I think の エ ッ セ イ が 試 論 で あ る と す る な ら 、 lt seemsto me の エ ッ セ イ は 随 筆 、 随 想 と い う こ と に な る 。 い ず れ に し て も エ ッ セ イ ス ト は も っ と も 身 近 な と こ ろ で 思 考 の 整 理 を し て い る の で あ る 。 何 か 考 え た ら 書 い て み る 。 そ の 過 程 に お い て 考 え た こ と が lt seems t0 me わ れ わ れ は だ れ で も 、 こ う い う 意 味 で の エ ッ セ イ か ら 、 す こ し ず つ lthink へ 向 っ て い く 。 ス ト に な る こ と が で き る 。 思 考 の 整 理 学 は め い め い が こ う い う ェ ッ セ イ ス ト に な る こ と で 成 果 を あ げ る は ず で あ る 。 え 本 書 は 「 ち く ま セ ミ ナ ー 」 の 一 冊 と し て 出 版 さ れ た 『 思 考 の 整 理 学 』 に 、 最 後 の 「 あ と が に き に か え て 」 の 一 章 を 書 き 加 え て 文 庫 本 と し て も ら っ た 。 お 世 話 に な っ た 筑 摩 書 房 編 集 部 の 方 々 に あ っ く お 礼 申 し 上 げ る 。 あ の 本 一 九 八 六 年 春 外 山 滋 比 古 庫 文

思考の整理学


を 保 存 す る 。 空 箱 が 山 の よ う に な る 。 若 い 人 は そ れ を す て よ う と い う が 、 老 人 は も っ た い な い と 言 っ て 譲 ら な い 。 新 聞 雑 誌 な ら 古 い も の は ゴ ミ に す る 人 も 、 書 物 だ と 、 か ん た ん に チ リ 紙 交 換 に 出 し た り し な い 。 ひ ょ っ と す る と い る か も し れ な い と い う 気 持 が 手 伝 う の で あ ろ う 。 し か し 、 い よ い よ ハ ニ ッ ク 状 態 に 陥 っ て 、 何 で も か ん で も す て て し ま え 、 と い う 衝 動 に 本 が あ ふ れ て く る と 、 か ら れ る 。 よ く 考 え も し な い で 、 手 当 り 次 第 に 整 理 す る 。 さ つ ば り し た と 思 っ て い る と 、 調 べ も の を し て い て 、 あ の 本 に 、 と 目 星 を つ け た 本 が 、 売 払 っ て し ま っ た あ と だ っ た り す る 。 や つ ば り 、 め っ た な こ と で は 本 を 売 っ て は な ら な い 。 大 は 小 を 兼 ね る 、 な ど と う そ ぶ い て 、 ま た 何 で も 保 存 す る よ う に な る 。 こ う い う 後 悔 を し な く て は な ら な い の は 、 日 ご ろ 整 理 の 方 法 を 考 え た こ と が な い か ら で あ る 。 集 め る の も 骨 で あ る け れ ど も 、 す て る 、 整 理 す る の は 、 さ ら に い っ そ う 難 し い 知 識 に つ い て 言 っ て も 、 習 得 に つ い て は 、 記 憶 、 ノ ー ト 、 カ ー ド づ く り な ど い ろ い ろ 考 え ら れ て い る の に 、 整 理 に つ い て は ほ と ん ど 何 も 言 わ な い 。 学 校 な ど も 、 知 識 の 学 習 に は や か る て ま し く 一 言 う け れ ど も 、 い つ ば い に な っ た 頭 の 掃 除 に つ い て は ま っ た く 教 え る と こ ろ が な い 。 す 忘 却 と い う の が 、 学 習 に 劣 ら ず 、 あ る い は 、 そ れ 以 上 に 難 し い こ と を 知 ら ず に 学 校 を 出 て し ま う の は 、 決 し て 幸 福 な こ と で は な い 。 ガ ラ ク タ の 整 理 で す ら 、 あ と に な っ て 、 残 し て お け ば よ か っ た と 後 悔 す る こ と が あ る 。 ま

思考の整理学


207 喩 に で 考 拡 し ん そ で と に 正 れ が に れ 採 っ 散 手 る を で 向 い る っ 対 い ち 出 頭 な て 照 る じ 、 学 て を 、 点 生 も 収 行 は た と 満 の 斂 機 一 い な 答 し 思 相 文 寸 ー ム 尊 教 題 が 収 に 発 重 、 別 で ″ で て 立 り 性 係 て 。 ま の 〃 。 る 方 で グ た が る よ 線 ラ 知 の 間 イ 識 利 ダ を も つ ま を 人 必 も し 整 育 行 も 間 要 出 れ は 能 を て 理 つ で に な い に 拡 る 本 ま じ な け て な は 圭 ら け て 的 収 整 て で な い た 磨 る 考 性 す ま で で め 要 用 点 べ は い の 面 す 巧 分 す あ た よ 比 う 拡 散 と 収 斂 思 関 , し て の 作 用 を 区 て か か る の は 重 要 で あ る れ ま で は 主 と し て 収 飛 び 考 散 た に る だ 点 し 力 、 な と 女 し あ ま る る の 、 得 整 習 の れ は が は の や 生 シ ス ァ に て 彳 丁 く 点 散 当 、 ぎ み よ つ で が る 思 斂 理 。 あ 応 る と れ も さ て し と い 線 等 き 答 、 優 ら 理 者 と 満 子 う と 。 あ 、 う う の の し 、 、 問 に ち 向 う と 手 、 足 く っ し う 自 の は の 0 ( っ ら ん カ : な で 宀 す で キ 丁 あ 。 正 が 解 カ ; の だ い う よ う な 覚 に お ち る 斂 カ だ を か れ て し 、 る 力 、 も 、 解 予 相 あ さ 校 る れ 教 る 占 の 案 錯 あ 斂 う る い 長 知 し は 学 訓 、 校 練 収 教 を : 受 と す 冫 て の し 、 、 れ き っ な の 、 識 よ に て と 。 0 よ 月 の で ま い と 標 こ を 散 と 、 的 な べ の ば が を 性 型 に ょ そ 理 る あ 焦 、 点 が 必 で る 用 す 。 す な ら 点 つ 格 、 飛 と の す る 考 互 散 。 整 あ 関 的 目 て の も 統 合 る 向 は り し 、 と ま と を る る と 見 な い る に て 作 と い 用 な に 。 よ 資 も の 、 は る 担 る て し 、 る

思考の整理学


132 し て 、 知 識 や 思 考 に つ い て の 整 理 で あ る か ら 、 ひ ょ っ と し た ら 、 あ と で 役 に 立 つ の で は な い か と 考 え 出 し た ら 、 整 理 な ど で き る も の で は な い 。 そ れ で も 、 知 識 の あ る も の は す て な く て は な ら な い 。 そ れ を 自 然 に 廃 棄 し て 行 く の が 忘 却 で あ る 。 意 識 的 に す て る の が 整 理 で あ る 。 い ま か り に 、 の 問 題 に つ い て 、 カ ー ド を と っ た の が 一 〇 〇 〇 枚 に な っ た と し よ う 。 こ ん な に 多 く て は 身 動 き が で き な い 。 ま ず 、 い く つ か の 項 目 に 分 類 す る 。 分 類 で き な い も の を 面 倒 だ か ら と い う の で 、 片 端 か ら 棄 て る の は 禁 物 。 こ の 分 類 さ れ た も の を 、 じ っ く り 時 間 を か け て 、 検 討 す る 。 急 ぐ と 、 ひ そ ん で い る 価 値 を と ん で も 見 落 す お そ れ が あ る 。 ひ ま に ま か せ て ゆ っ く り す る 。 忙 し い 人 は 整 理 に 適 し な い 。 な い も の を す て て し ま い や す い 。 整 理 と は 、 そ の 人 の も っ て い る 関 心 、 興 味 、 価 値 観 ( こ れ ら は だ い た い に お い て 同 心 円 を 描 く ) に よ っ て 、 ふ る い に か け る 作 業 に ほ か な ら な い 。 価 値 の も の さ し が は っ き り し な い で 整 理 を す れ ば 、 大 切 な も の を す て 、 ど う で も い い も の を 残 す 愚 を く り か え す で あ ろ う 。 か り に 、 価 値 の も の さ し が あ っ て も 、 ゴ ム で で き て い て 、 時 に よ っ て 、 伸 び 縮 み す る よ う こ ど , も な ら 、 こ れ ま た 没 価 値 的 整 理 と 選 ぶ と こ ろ が な い 。 こ ど も に は 整 理 を ま か さ れ な い 。 だ け で は な い 。 他 人 に 整 理 を ゆ だ ね ら れ な い の は こ の た め で あ る 。 す て る に は 、 そ の 人 間 の 個 性 に よ る 再 吟 味 が 必 要 で あ る 。 こ れ は 没 個 性 的 に 知 識 を 吸 収 す る の に 比 べ て は る か に 厄 介 で あ る 。

思考の整理学


ん で 理 解 す る の に も 専 門 的 訓 練 が な く て は な ら な い 。 わ れ わ れ が 自 分 で 考 え た こ と が ら に つ い て も 、 こ の 第 一 次 か ら の 段 階 的 抽 象 化 が 考 え ら れ る 。 断 片 的 な ひ と つ ひ と つ の 着 想 は 、 い わ ば 、 第 一 次 的 情 報 で あ る 。 そ の ま ま で は 、 そ れ ほ ど 大 き な 意 味 を も た な い 。 こ れ を ほ か の 思 考 と 関 連 さ せ 、 ま と め て 、 第 二 次 的 情 報 に す る 。 こ の と き に 、 釀 酵 、 混 合 、 ア ナ ロ ジ ー な ど の 方 法 が は た ら く の で あ る 。 こ れ に つ い て は す で に の べ た 。 思 考 の 整 理 と い う の は 、 低 次 の 思 考 を 、 抽 象 の ハ シ ゴ を 登 っ て 、 メ タ 化 し て 行 く こ と に ほ か な ら な い 。 第 一 次 的 思 考 を 、 そ の 次 元 に と ど め て お い た の で は 、 い つ ま で た っ て も 、 た ん な る 思 い 付 ぎ で し か な い こ と に な る 。 整 理 、 抽 象 化 を 高 め る こ と に よ っ て 、 高 度 の 思 考 と な る 。 普 遍 性 も 大 き く な る 。 「 抽 象 の ハ シ ゴ を お り ろ 」 と 命 じ た の は 、 一 般 意 味 論 で あ る 。 誤 解 の 多 い コ ミ ュ ニ ケ イ シ ョ ン を 救 う に は 、 抽 象 の ハ シ ゴ を お り て 、 二 次 的 、 三 次 的 情 報 を 一 次 的 情 報 に 還 元 す る の が 有 効 で あ る 。 し か し 、 こ れ が 文 化 の 方 向 と は 逆 行 す る の も ま た 事 実 で あ る 。 人 知 の 発 達 は 、 情 タ 報 の メ タ 化 と 並 行 し て き た 。 抽 象 の ハ シ ゴ を 登 る こ と を 怖 れ て は 社 会 の 発 達 は あ り 得 な い 。 の 思 考 や 知 識 の 整 理 と い う と 、 重 要 な も の を 残 し 、 そ う で な い も の を 、 廃 棄 す る 量 的 処 理 の 情 こ と を 想 像 し が ち で あ る 。 も ち ろ ん 、 そ う い う 整 理 も あ る け れ ど も 、 そ れ は 、 古 い 新 聞 、 古 い 雑 誌 を 、 置 場 に 困 る よ う に な っ た か ら と い う の で 、 一 部 の 入 用 な も の 以 外 は 処 分 し て し ま う の に 似 て い る 。 物 理 的 で あ る 。

思考の整理学


127 時 の 試 錬 に ほ か な ら な い 。 思 考 の 整 理 に は 、 忘 却 が も っ と も 有 効 で あ る 。 自 然 に 委 ね て お い て は 、 人 間 一 生 の 問 題 と し て あ ま り に も 時 間 を 食 い す ぎ る 。 そ れ か と い っ て 、 生 木 の 家 ば か り い く ら 作 っ て み て も 、 そ れ こ そ 時 の 風 化 に 耐 え ら れ な い こ と は は っ き り し て い る 。 忘 れ 上 手 に な っ て 、 ど ん ど ん 忘 れ る 。 自 然 忘 却 の 何 倍 も の テ ン ボ で 忘 れ る こ と が で き れ ば 、 歴 史 が 三 十 年 、 五 十 年 か か る 古 典 化 と い う 整 理 を 五 年 か 十 年 で で き る よ う に な る 。 時 間 を 強 化 し て 、 忘 れ る 。 そ れ が 、 個 人 の 頭 の 中 に 古 典 を つ く り あ げ る 方 法 で あ る 。 そ う し て 古 典 的 に な っ た 興 味 、 着 想 な ら ば 、 か ん た ん に 消 え た り す る は ず が な い 。 を い か に う ま く 忘 れ る か 、 で あ る 。 思 考 の 整 理 と ま 、

思考の整理学


115 整 理 勉 強 し 、 知 識 を 習 得 す る 一 方 で 、 不 要 に な っ た も の を 、 処 分 し 、 整 理 す る 必 要 が あ ゑ 何 が 大 切 で 、 何 が そ う で な い か 。 こ れ が わ か ら な い と 、 古 新 聞 一 枚 だ っ て 、 整 理 で ぎ な い が 、 い ち い ち そ れ を 考 え て い る ひ ま は な い 。 自 然 の う ち に 、 直 観 的 に 、 あ と あ と 必 要 そ う な も の と 、 不 要 ら し い も の を 区 分 け し て 、 新 陳 代 謝 を し て い る 。 頭 を よ く 働 か せ る に は 、 こ の ″ 忘 れ る 〃 こ と が 、 き わ め て 大 切 で あ る 。 頭 を 高 能 率 の 工 場 に す る た め に も 、 ど う し て も た え ず 忘 れ て 行 く 必 要 が あ る 。 忘 れ る の は 価 値 観 に も と づ い て 忘 れ る 。 お も し ろ い と 思 っ て い る こ と は 、 些 細 な こ と で も め っ た に 忘 れ な い 。 価 値 観 が し つ か り し て い な い と 、 大 切 な も の を 忘 れ 、 つ ま ら な い も の を 覚 え て い る こ と に な る 。 こ れ に つ い て は 、 さ ら に 考 え な く て は な ら な い 。