検索 - みる会図書館

全データから 210629件ヒットしました。

性犯罪被害にあうということ


性 犯 罪 被 害 に あ う と い う こ と 林 美 佳

性犯罪被害にあうということ


性 犯 罪 被 害 に あ う と い う こ と ・ ・ 目 次

性犯罪被害にあうということ


190 ど ん な に 被 害 者 に 非 が あ る 、 加 害 者 が 一 〇 〇 パ 1 セ ン ト 悪 い わ け で は な い と い わ れ て も 、 そ の 被 害 者 が 「 イ ヤ ! 」 と 感 じ た 気 持 ち は 大 切 に 汲 み た い 。 性 犯 罪 の 被 害 者 が 、 名 乗 り を 上 げ て 権 利 を 主 張 す る 場 は 、 ま だ な い 。 あ っ て も 、 出 ら れ な い の か も し れ な い 。 だ か ら 、 制 度 が 変 わ ろ う と す る と き 、 犯 罪 被 害 者 支 援 が 取 り 上 げ ら れ る と き 、 ど う し て も そ の 中 に 「 性 , 犯 罪 被 害 者 の 声 が 、 反 映 さ れ 「 冖 ~ 2 、 . い 一 一 〇 〇 七 年 三 月 。 閣 議 決 定 に よ っ て 刑 事 訴 訟 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 案 が 国 会 に 提 出 さ れ た 。 こ の 法 案 が 通 れ ば 犯 罪 被 害 者 が 刑 事 裁 判 に 参 加 で き る こ と に な る 、 と 聞 い て 、 『 私 の 犯 人 が 捕 ま っ て 裁 判 に な っ た ら 、 私 も 出 た い と 思 う か な ? 』 と 考 え た 。 し や 、 い ま さ ら 犯 人 に な ん て 会 い た く な い 『 誰 の た め に そ ん な 権 利 が ? 』 と 疑 問 に 思 っ て い る と 、 片 山 さ ん が 新 聞 に 載 っ て い る の を 目 に し た 。 片 山 さ ん

性犯罪被害にあうということ


る し か 、 自 分 を 守 る 方 法 が な い 。 感 情 や 表 現 す る 力 が 凍 っ て い る こ と に 気 づ い て は い る が 、 身 体 反 応 が 先 に 出 て く る た め 、 「 恐 怖 」 と い う 感 情 だ け を 強 く 感 じ て し ま う 。 そ し て そ れ に よ る 身 体 反 応 が 起 こ る と い う 悪 循 環 が 繰 り 返 さ れ る の で は な い だ ろ 、 つ か 一 方 、 地 震 災 害 や 台 風 被 害 で を 発 症 し た 人 の 場 合 、 一 般 的 に 性 犯 罪 被 害 者 よ り 自 責 の 気 持 ち は 生 じ に く い と い っ て い い だ ろ う 。 そ の 代 わ り 、 自 然 と い う ど う し よ う も な い も の を 相 手 に 、 怒 り を ぶ つ け る 先 が な い と い う 無 力 感 と 、 ぶ つ け て も 仕 方 な い と い う 諦 め が 共 存 し て い る の か も し れ な い 凶 悪 犯 罪 と 自 然 災 害 。 ま っ た く 性 格 を 異 に す る 一 一 つ の 事 柄 を 契 機 に 同 じ 症 状 が 出 た と し て も 、 そ こ に は 、 大 き な 違 い が あ る よ う に 感 じ る 。 な せ な ら 、 自 然 災 害 は 、 誰 も が そ の 被 害 の 内 容 を 想 像 し や す く 、 周 り の 「 理 解 ー を 得 や す い か ら 。 性 犯 罪 の 被 害 者 は 、 ど う だ ろ う : 「 言 え な い 」 か ら 、 被 害 の 状 況 が 分 か り に く い 社 会 が で き あ が っ て い る 。 自 責 の 気 持 ち の 有 無 の 原 因 は 、 そ こ に あ る の で は な い か と 思 う 。

性犯罪被害にあうということ


189 法 律 相 談 の 業 務 に 転 職 し て 、 私 は 予 想 以 上 に 多 く の 被 害 者 に 出 会 っ た 。 法 律 に か か わ る 仕 事 を 選 ん だ の は 、 そ の た め だ っ た 。 制 度 や 機 関 の 情 報 も 増 え 、 裁 判 な ど の 仕 組 み も 見 え て き た 。 仕 事 以 外 に も 、 性 暴 力 被 害 者 の 自 助 グ ル ー プ 運 営 を 手 伝 い 、 「 仲 間 」 と も い え る 、 い ろ ん な 被 害 者 に 会 う こ と も で き た 。 被 害 者 の 相 談 を 電 話 ロ で 耳 に す る 一 方 、 加 害 者 と い わ れ る 人 た ち に 弁 護 人 を 付 す る 業 務 も 経 験 し 、 事 件 の 事 実 に つ い て 、 被 害 者 側 で も 加 害 者 側 で も な い 、 裁 判 官 や 検 察 官 の 視 点 で 書 か れ た 書 面 も 目 に し た 。 性 犯 罪 で あ れ ば 、 被 害 者 の 心 情 は も ち ろ ん 、 加 害 者 の 事 情 も 書 か れ て い る 感 情 移 入 と ま で は い か な く と も 、 ふ と 、 自 分 を 当 て は め て み る こ と も あ っ た 。 私 は 被 害 経 験 者 だ 。 そ れ か ら

ロジカル・コミュニケーション


「 話 の 設 計 図 ( ア ウ ト ラ イ ン 化 ) 」 を つ く っ て み る 20 歳 女 性 殺 害 凶 器 の 短 刀 の 購 入 指 紋 隠 し の 手 袋 の 用 意 一 般 場 所 で の 一 般 市 民 を 婚 前 の 幸 せ な 被 害 者 暴 力 団 関 係 者 恐 喝 / 傷 害 / 暴 行 な ど 多 数 の 前 科 こ の 話 の 設 計 図 ( ア ウ ト ラ イ ン 化 ) を 使 っ て 説 明 し て み る と 、 以 下 の よ う に な る 。 画 = = ロ 犯 罪 性 反 社 会 的 再 発 性 常 習 的 今 回 の 20 歳 の 女 性 殺 害 の 「 犯 罪 性 」 と 「 再 発 性 」 に つ い て お 話 し し た い と 思 い ま す 。 1 番 目 の 「 犯 罪 性 」 に つ い て は 、 そ の 計 画 性 と 反 社 会 性 に つ い て 、 2 番 目 の 「 再 発 性 」 に つ い て は そ の 常 習 性 に つ い て が あ り ま す 。 具 体 的 に は 、 計 画 性 と い う の は 「 凶 器 と な っ た 短 刀 を 購 入 」 し て い た こ と 、 「 指 紋 隠 し の た め の 手 袋 を 用 意 」 し て い た こ と で す 。 ま た 、 反 社 会 性 と い う の は 、 「 一 般 場 所 で の 一 般 市 民 に 対 す る 犯 罪 」 で あ っ た こ と 、 「 結 婚 前 の 幸 せ な 市 民 へ の 犯 罪 」 で あ っ た こ と で す 。 そ し て 常 習 性 と い う の は 、 「 暴 力 団 関 係 者 」 で あ る こ と と 、 「 恐 喝 / 傷 害 / 暴 行 」 な ど 多 数 の 前 科 が あ っ た 点 で す 。 40

性犯罪被害にあうということ


そ し て 日 に 日 に 、 『 足 り な か っ た も の を 補 い た い 』 『 何 か し た い 』 と い う 気 持 ち が 大 き く な っ て い っ た 。 一 人 で も 多 く の 被 害 者 の 声 を 聞 き た い と 思 い 、 週 に 二 回 、 仕 事 後 に 心 理 カ ウ ン セ ラ 1 育 成 の 専 門 学 校 に 通 い 始 め た 。 し か し こ こ で も 私 は 納 得 で き な い ま ま 、 む し ろ 反 感 を 抱 き つ つ 授 業 を 受 け る こ と と な る 。 最 初 の 授 業 。 「 ど ん な 人 を 相 手 に し た い か 、 ど ん な 仕 事 を し た い か 、 ど ん な こ と に 役 立 て た い か 明 確 な も の が あ る 人 い ま す か ? と い う 質 問 に 、 誰 も 手 を 挙 げ な い の で 、 私 は 、 「 犯 罪 被 害 者 、 特 に 性 犯 罪 の 被 害 者 の 危 機 介 入 や カ ウ ン セ リ ン グ を し た い 。 私 自

性犯罪被害にあうということ


そ ん な 自 分 と 、 う ま く つ き 合 っ て い く し か な か っ た 。 私 に で き る こ と を 考 え て は 行 動 し 、 同 じ 被 害 者 の 相 談 を 受 け て い る う ち に 、 活 動 の 場 が 広 が っ て き た 。 気 が つ け ば 七 年 。 あ る シ ン ポ ジ ウ ム で 、 発 言 す る 機 会 を 与 え ら れ た 。 あ い さ っ 実 名 を 出 し 、 ニ ッ コ リ と 挨 拶 を し て 、 犯 罪 被 害 者 と は : : : と 自 分 の 経 験 を 話 し 自 然 な こ と だ と 思 っ て い た の に 、 な ぜ か そ の 反 応 は 大 き か っ た 。 門 い 合 わ せ を た く さ ん も ら っ た 。 新 聞 や 雑 誌 、 テ レ ビ 『 そ ん な に 目 新 し い も の な の ? 』 雑 誌 で 大 き く 取 り 上 げ ら れ る と 、 性 犯 罪 被 害 者 か ら は 「 あ り が と う 」 、 友 人 か ら は 「 無 理 し な い で 」 、 兄 弟 か ら は 「 強 い な 」 な ど と 言 わ れ た 。 両 親 か ら は :

法律のひろば 2016年10月号


性 犯 罪 に 対 処 す る た め の 刑 法 の 一 部 改 正 に 関 す る 法 制 審 議 会 の 答 申 う 。 ) を 新 設 し た 上 、 諮 問 第 101 号 に の 事 項 を 関 連 の あ る 内 容 ご と に 整 理 し て 告 罪 と さ れ る 趣 旨 は 公 訴 の 提 起 に 当 た っ 関 す る 調 査 審 議 を 部 会 に 付 託 し て 進 め る 概 説 す る 。 な お 、 以 下 に お い て 単 に 「 要 て 被 害 者 の 意 思 を 尊 重 す る た め で あ る と こ と と さ れ た 。 そ の 後 、 部 会 に お い て は 、 綱 ( 骨 子 ) 」 と 記 載 す る 場 合 に は 、 答 申 解 さ れ て い る が 、 性 犯 罪 の 罰 則 に 関 す る 同 年 Ⅱ 月 2 日 に 開 催 さ れ た 第 1 回 会 議 に に 付 さ れ た ( す な わ ち 、 部 会 に お け る 修 検 討 会 に お け る ヒ ア リ ン グ 結 果 等 を 踏 ま え て 検 討 す る と 、 肉 体 的 ・ 精 神 的 に 多 大 お い て 山 口 厚 委 員 が 部 会 長 に 互 選 ・ 指 名 正 後 の ) 要 綱 ( 骨 子 ) を い う も の で あ る 。 さ れ 、 同 日 か ら 本 年 6 月 日 ま で に 7 回 な 被 害 を 負 っ た 被 害 者 に と っ て は 、 告 訴 す る か 否 か の 選 択 を 迫 ら れ て い る よ う に の 会 議 を 開 い て 調 査 審 議 が 行 わ れ た と こ 性 犯 罪 の 非 親 告 罪 化 ( 要 綱 ( 骨 感 じ ら れ た り 、 告 訴 し た こ と に よ り 被 告 ろ ( 注 3 ) 、 諮 問 に 係 る 要 綱 ( 骨 子 ) を 一 子 ) 第 四 ) 人 か ら 報 復 を 受 け る の で は な い か と の 不 部 修 正 し 、 そ の 修 正 後 の 要 綱 ( 骨 子 ) に 示 さ れ た 法 整 備 を 行 う こ と が 相 当 で あ る 要 綱 ( 骨 子 ) 第 四 の 一 は 、 刑 法 18 安 を 持 っ 場 合 が あ る な ど 、 性 犯 罪 が 親 告 罪 と さ れ て い る こ と に よ り 、 か え っ て 被 と さ れ ( 注 4 ) 、 前 記 法 制 審 議 会 第 177 0 条 を 削 除 し て 、 同 法 176 条 か ら 17 回 会 議 に お い て 、 そ の 旨 が 部 会 長 か ら 報 8 条 ま で の 罪 ( 強 制 わ い せ つ 罪 、 強 姦 罪 、 害 者 に 精 神 的 な 負 担 を 生 じ さ せ て い る こ 告 さ れ た 。 準 強 制 わ い せ つ 罪 及 び 準 強 姦 罪 並 び に こ と が 少 な く な い 状 況 に 至 っ て い る も の と そ し て 、 法 制 審 議 会 ( 総 会 ) に お い て れ ら の 未 遂 罪 ) を 非 親 告 罪 化 し よ う と す 認 め ら れ た こ と か ら 、 性 犯 罪 を 非 親 告 罪 も 更 に 審 議 が 行 わ れ た と こ ろ 、 全 会 一 致 る も の で あ る 。 ま た 、 要 綱 ( 骨 子 ) 第 四 化 し て 、 親 告 罪 で あ る こ と に よ り 生 じ て い る 被 害 者 の 精 神 的 負 担 を 解 消 す る こ と を も っ て 部 会 の 報 告 の と お り 法 整 備 を 行 の 二 は 、 同 法 229 条 に お い て 親 告 罪 と う こ と が 適 切 で あ る と さ れ 、 法 務 大 臣 に さ れ て い る 罪 の う ち わ い せ つ 目 的 ・ 結 婚 が 相 当 で あ る 。 」 と の 説 明 が な さ れ 、 部 答 申 さ れ た も の で あ る 。 目 的 の 略 取 誘 拐 及 び こ れ ら の 罪 を 幇 助 す 会 の 議 論 に お い て も 、 こ の よ う な 理 由 に る 目 的 で 犯 し た 被 拐 取 者 引 渡 し 等 並 び に よ る 非 親 告 罪 化 を 支 持 す る 意 見 が 多 数 を こ れ ら の 未 遂 罪 を 非 親 告 罪 化 す る と と も 占 め た 。 ニ 答 申 の 概 要 な お 、 法 制 審 議 会 ( 総 会 ) 及 び 部 会 に に 、 こ れ に 伴 っ て 、 略 取 ・ 誘 拐 等 の 犯 人 と 被 害 者 と が 結 婚 し た 場 合 に お け る 特 例 お い て 、 性 犯 罪 を 非 親 告 罪 化 し た 場 合 に 答 申 に 付 さ れ た 要 綱 ( 骨 子 ) は 、 参 考 を 定 め る 同 法 229 条 た だ し 書 を 削 除 し 被 害 者 の 心 情 、 プ ラ イ バ シ 1 等 の 保 護 が 不 十 分 に な る の で は な い か と の 観 点 か ら 引 に 掲 げ た と お り 第 一 か ら 第 七 ま で の 項 目 よ う と す る も の で あ る ( 注 4 ) 。 を 含 ん で お り 、 こ れ ら は 、 お お む ね 刑 法 こ の よ う に 性 犯 罪 を 非 親 告 罪 化 す る 趣 の 問 題 提 起 も な さ れ た が 、 こ の 点 に 関 す の 当 」 、 に お け る 条 文 の 順 序 を 念 頭 に 置 い て 配 列 旨 に つ い て は 、 部 会 に お い て 、 事 務 当 局 る 部 会 で の 意 見 交 換 で は 、 複 数 の 委 員 か 法 さ れ て い る が 、 以 下 に お い て は 、 そ れ ら か ら 、 要 旨 「 現 行 法 に お い て 性 犯 罪 が 親 ら 、 適 切 な 実 務 的 対 応 に よ っ て 対 処 し 得 引

性犯罪被害にあうということ


158 被 害 者 支 援 は 何 を め ざ す の か ー ー 被 害 者 か ら 支 援 者 、 地 域 社 会 へ の 架 け 橋 』 と い う 本 が 目 に つ い た 。 き れ い な プ ル 1 の 表 紙 で 、 私 に も サ ッ と 読 め そ う な 、 冊 子 タ イ プ の 本 。 『 犯 罪 被 害 者 っ て な ん だ ろ う 』 『 当 事 者 と 遺 族 ・ 家 族 と の 関 係 は ? 』 と い う 私 の 疑 問 に 答 え て く れ そ う な 、 や わ ら か い タ イ ト ル 。 た だ あ り そ の 著 者 が 、 片 山 徒 有 さ ん 。 読 み 終 え て 、 片 山 さ ん が ど ん な 人 な の だ ろ う と 気 に な り 、 イ ン タ 1 ネ ッ ト で 検 索 し て み た 。 勉 強 会 の 開 催 や 、 被 害 者 支 援 に 関 連 す る サ イ ト に ヒ ッ ト す る 。 片 山 さ ん の 本 や 、 片 山 さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ が 、 こ れ ま で 読 ん で き た 本 や 得 た 情 報 と 、 何 が 違 っ て い た の か は わ か ら な い た だ な ん と な く 、 す っ と 馴 染 む 感 じ が し て 、 連 絡 し て み た い と 思 い 、 「 私 は 性 犯 罪 の 被 害 に あ っ た 者 で す ー と 、 メ 1 ル を 送 っ て み た 。 片 山 さ ん は 、 す ぐ に 返 事 を く れ て 、 何 度 か メ 1 ル の や り と り を し た 。