検索 - みる会図書館

検索対象: 妖狐の舞う夜 霊鬼綺談

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談から 232件ヒットしました。

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


妖 狐 の 舞 う 夜 霊 鬼 綺 談 よ A フ 」

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


ホ ワ イ ト ハ ー ト 最 新 刊 妖 狐 の 舞 う 夜 霊 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 ・ イ ラ ス ト / 四 位 広 猫 鬼 気 の 燐 光 ゆ れ る 、 サ イ キ ッ ク ・ ホ ラ ー 開 幕 ! ! キ ス が 届 か な い さ く ふ 和 泉 桂 ・ イ ラ ス ト / あ じ み ね 朔 生 料 理 っ て 、 セ ッ ク ス よ り も 官 能 的 じ ゃ な い ! ? 化 幻 曼 陀 羅 デ ー モ ン ・ キ ラ ー 尾 崎 朱 鷺 緒 ・ イ ラ ス ト / な る し ま ゆ り 好 評 の ダ ー ク ・ フ ァ ン タ ジ ー 、 衝 撃 の 第 2 弾 ! ! 百 万 回 の I LOVE YOU 青 海 圭 ・ イ ラ ス ト / ニ 宮 悦 巳 コ ン プ か ら 飛 鳥 へ の プ ロ ポ ー ズ の 言 葉 と は ? 千 年 の 夢 幻 獣 金 色 の 魔 道 公 子 6 流 星 香 ・ イ ラ ス ト / 片 山 愁 レ イ ム は メ イ ビ ク 姫 を 諦 め き れ る の か ・ ・ ・ ! ? 雪 燃 花 長 谷 川 朋 呼 ・ イ ラ ス ト / 道 下 有 希 子 ひ と つ の 恋 で 国 が 減 ぶ と は ! ? 傾 国 の 姫 の 恋 ! ホ ワ イ ト ハ ー ト ・ 来 月 の 予 定 い つ か 喜 び の 城 へ 初 夏 は 劇 的 な 遁 走 曲 不 透 明 な リ エ ゾ ン ・ ・ ・ ・ ・ 仙 道 は る か ・ ・ 牧 ロ 杏 ・ ・ 水 無 月 さ ら ら ※ 予 定 の 作 家 、 書 名 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


流 星 香 ズ 緑 の 我 が 家 工 。 m G 「 een 工 。 me 小 野 不 由 美 聖 女 の 招 喚 プ , 〈 ・ , 田 地 上 に 具 現 し た 乙 女 は 、 伝 説 の 聖 女 な の : ・ ? ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 迫 る 恐 怖 。 そ れ は 嫌 が ら せ か ? 死 へ の 、 い ? ( 絵 ・ 山 内 直 実 ) 流 星 香 菊 池 早 苗 天 空 の 魔 法 陣 プ ラ バ ・ ゼ ー 鬲 プ ル ー ス ト ー ン の 神 話 シ フ ァ ラ ・ ハ ン と 従 者 た ち が 、 つ い に 目 覚 め た " " ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 説 未 知 の 異 世 界 か ら 転 生 し た 魂 が 織 り な す ロ マ ン " " ( 絵 ・ 小 和 徳 美 ) 流 星 香 菊 池 早 苗 平 行 神 話 プ ラ バ ・ ゼ ー タ 3 天 使 の 声 を さ が し て ね じ 曲 げ ら れ た 世 界 に 、 未 来 は あ る の か : ・ ? ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 伝 夢 の 中 で い つ も 探 し 求 め て い る の は 誰 な の : ウ ( 絵 ・ 小 和 徳 美 ) 0 流 星 香 小 早 川 恵 美 玻 璃 色 の 迷 宮 プ ラ バ ・ ゼ ー 高 ☆ 妖 狐 の 舞 う 夜 震 鬼 綺 談 u.J ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 強 大 な 敵 に 立 ち 向 か う 4 人 の 運 命 は : ・ ? 鬼 気 の 燐 光 ゆ れ る 、 サ イ キ ッ ク ・ ホ ラ ー 開 暮 リ ( 絵 ・ 四 位 広 猫 ) か ぐ や 姫 綺 譚 流 星 香 瀬 戸 香 緒 里 闇 色 の 魔 道 士 プ ラ バ ・ ゼ ー ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 非 情 な 運 命 の 歯 車 が 回 り は じ め る : ・ LL 千 二 百 年 の 流 刑 を 終 え 、 召 喚 さ れ た 姫 は ? ( 絵 ・ 朔 野 安 子 ) 流 星 香 失 墜 の ミ ネ ル ヴ ァ 禍 「 姫 の 系 出 高 瀬 美 恵 幻 影 の 時 空 樹 プ ラ バ ・ ゼ ー 高 ト ( 絵 ・ 祐 天 寺 あ こ ) 聖 戦 士 た ち の 世 界 救 済 冒 険 ロ マ ン 完 結 編 " " ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 桔 梗 の 銀 環 に 秘 め ら れ た 謎 と は : ・ ? 流 星 香 八 白 昼 の エ ン ジ ェ ル 禍 「 姫 0 系 当 高 瀬 美 恵 赤 い 塔 の 姫 君 精 龍 王 田 ( 絵 ・ 片 山 愁 ) デ ィ ー ノ と 乙 女 の 再 会 は 果 た さ れ る の か : ( 絵 ・ 祐 天 寺 あ こ ) 4 年 前 の 惨 殺 の 復 讐 劇 が 、 今 は し ま る " " イ 流 星 香 美 貌 の サ ラ マ ン ド ラ 禍 「 姫 0 系 高 瀬 美 恵 銀 斧 の 聖 戦 士 精 龍 王 ( 絵 ・ 祐 天 寺 あ こ ) 交 わ し た 約 束 の 記 憶 が な い 乙 女 に デ ィ ー ノ は ? ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 妖 し い 媚 態 を 見 せ る 謎 の 少 女 の 正 体 は : ・ ? 庫 流 星 香 文 殺 意 の ア バ ラ ン シ ュ 禍 「 姫 の 系 醫 高 瀬 美 恵 熱 砂 の 城 壁 精 龍 王 3 ( 絵 ・ 祐 天 寺 あ こ ) 龍 珠 奪 回 の 苛 酷 な 旅 が 、 い よ い よ 始 ま る " " ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 潮 に 急 接 近 す る 謎 の 美 女 の 目 的 は : ウ ( 絵 ・ 片 山 愁 ) ま す ま す 困 難 を 極 め る 、 龍 珠 奪 回 の 旅 " ・ 黒 桔 梗 の ク カ 々 の 謎 が い ま 明 ら か に さ れ る " " ( 絵 ・ 祐 天 寺 あ こ ) ☆ : : : 今 月 の 新 刊

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


岡 野 麻 里 安 飯 里 有 炎 の 魔 法 陣 銀 の 共 躡 ズ 鬼 籠 め の 鉢 鎌 倉 で 新 た な 陰 謀 が 一 一 人 を 待 ち 受 け る " " ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) 鬼 が 襲 う リ 追 う 方 士 た ち は ? 第 2 回 大 賞 佳 作 。 ( 絵 ・ 御 茶 柱 さ む ) 岡 野 麻 里 安 飯 里 有 月 の 魔 天 楼 銀 の 共 琳 琅 残 夢 鬼 籠 め の 説 神 仙 界 伝 説 の 方 士 振 華 が 仕 掛 け た 罠 と は ? ( 絵 ・ 御 茶 柱 さ む ) 霊 的 均 衡 が 崩 れ た 古 都 ・ 京 都 の 運 命 は : ・ ? ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) 岡 野 麻 里 安 岡 野 麻 里 安 雪 の 破 魔 弓 銀 の 共 暁 の 竜 公 子 竜 王 の 魂 田 ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) 厳 寒 の 北 海 道 で 一 一 人 を 待 つ も の は : ウ 伝 竜 公 子 と 魔 道 子 が 、 灼 熱 の 砂 漠 で 出 会 0 た " " ( 絵 ・ 尾 崎 芳 美 ) 岡 野 麻 里 安 岡 野 麻 里 安 風 の 魔 界 樹 銀 の 共 鳴 同 白 鳥 河 の 炎 竜 王 の 圏 LIJ ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) イ ル と ナ ー ジ ャ は 、 願 い を 叶 え ら れ る の か ? ( 絵 ・ 尾 崎 芳 美 ) 富 士 の 樹 海 を 舞 台 に 、 死 闘 が は し ま る : ・ Z 岡 野 麻 里 安 鬼 の 風 杢 岡 野 麻 里 安 & 竜 王 の 花 嫁 竜 王 0 魂 3 妖 し の 世 界 の オ カ ル ト ・ フ ァ ン タ ジ ー 開 幕 リ ( 絵 ・ ひ か る ) ( 絵 ・ 尾 崎 芳 美 ) ナ ー ジ ャ と イ ル の 新 し い 物 語 が 始 ま る " LL 岡 野 麻 里 安 卓 也 —P<YD><— 鬼 の 風 査 岡 野 麻 里 安 鉄 と 琥 珀 の 姫 君 竜 王 の 魂 ④ ト ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 竜 の 石 探 索 の 新 た な 旅 が 、 今 は し ま っ た " " ( 絵 ・ 尾 崎 芳 美 ) 新 た な 任 務 で 大 阪 に 赴 い た 卓 也 と 薫 は : ・ ? 岡 野 麻 里 安 透 子 —*O-OEO— 鬼 の 風 査 岡 野 麻 里 安 引 き 裂 か れ た 翼 竜 王 の 九 州 ・ 高 千 穂 で 、 新 た な 任 務 に 就 く 一 一 人 は : ・ ? ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 〃 童 の 石 み 探 索 の 旅 に 意 外 な 仲 間 が 加 わ っ た " " ( 絵 ・ 尾 崎 芳 美 ) イ 岡 野 麻 里 安 鬼 啖 —x—F<Z— 鬼 の 風 査 岡 野 麻 里 安 の 純 白 の 魔 王 竜 王 の 筒 ( 絵 ・ 金 ひ か る ) ″ 竜 の 石 ″ は 、 竜 王 の 命 と 引 き 換 え な の か : ・ ? ( 絵 ・ 尾 崎 芳 美 ) 鬼 女 伝 説 の 地 ・ 日 光 で 、 謎 の 事 件 発 生 " " 庫 岡 野 麻 里 安 鬼 哭 —Y-YOY-O— 鬼 の 風 査 岡 野 麻 里 安 文 桜 の 降 魔 陣 銀 の 共 ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 重 要 任 務 で の 地 を 踏 ん だ 一 一 人 は : ウ 心 霊 戦 士 た ち の サ イ キ ッ ク ・ フ ァ ン タ ジ ー リ ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) 社 岡 野 麻 里 安 追 儺 —F-U)D—Z<— 鬼 の 風 査 岡 野 麻 里 安 談 水 の 伏 魔 殿 銀 の 共 七 曜 会 香 港 支 部 か ら 見 放 さ れ た 薫 と 卓 也 は : ・ ? ( 絵 ・ 金 ひ か る ) ( 絵 ・ 碧 也 び ん く ) 湘 南 で 起 こ っ た 猟 奇 事 件 の 真 相 は : ・ ? ☆ : : : 今 月 の 新 刊

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


流 星 香 時 の 迷 宮 の 舞 姫 巖 探 偵 倶 楽 部 新 田 一 実 ズ 龍 珠 を 継 ぐ 者 精 龍 王 少 女 の 若 さ を 食 ら っ て 生 き る 美 し い 女 と は ? ( 絵 ・ 岩 崎 陽 子 ) ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 神 龍 に 変 化 し か け た 精 龍 姫 に デ ィ ー ノ は : ・ ? 新 田 一 実 流 星 香 妖 鬼 の 呼 ぶ 声 霊 感 探 偵 倶 楽 部 華 麗 な る 覇 王 精 龍 王 同 シ 塚 か ら 衂 衛 い 出 た 知 が 、 竜 憲 の 体 を 狙 う " " ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 説 最 後 の 龍 珠 は 、 無 事 奪 回 で き る の か : ・ 新 田 一 実 ・ 灯 剌 6 曜 ・ 瑯 、 23 ・ 2 引 町 ・ ー ・ ー 当 死 者 の 饗 宴 霊 感 探 偵 倶 楽 部 ( 絵 ・ 片 山 「 愁 ) 神 々 が う 瞬 第 で 、 つ い に 姫 神 が 封 し ら れ る ? ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) 伝 聖 魔 道 士 レ イ ム の 新 た な 旅 が 始 ま る " ・ O 古 代 神 の 末 裔 金 色 の 魔 道 公 子 流 星 香 慈 悲 深 き 黄 泉 の 封 土 霊 感 探 偵 倶 楽 部 新 田 一 実 L.IJ 人 間 界 征 服 を 企 て る 死 霊 と の 闘 い が 始 ま る リ ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) ( 絵 ・ 片 山 愁 ) レ イ ム は 東 の 賢 者 に 出 会 え る の か : ・ ? Z 新 田 一 実 & 黒 い 肌 の 魔 女 金 色 の 魔 道 公 子 3 流 星 香 呪 わ れ た 愛 情 震 感 探 偵 倶 楽 部 ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 人 形 た ち の 有 象 無 象 の 思 念 が き だ し た " " ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) LL 東 か ら 南 へ 、 レ イ ム の 過 酷 な 旅 は 続 く " " 新 田 一 実 過 ぎ し 夢 の 姫 金 色 の 魔 道 公 子 団 流 星 香 黒 い 誘 惑 霊 感 探 偵 倶 楽 部 ト 人 の 心 の 隙 間 に 忍 び 寄 る 、 魔 物 の 正 体 と は ? ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 氷 王 の 魔 の 手 に か か っ た レ イ ム た ち は : ・ ? 新 田 一 実 星 を 授 か る 者 金 色 の 魔 道 公 子 流 星 香 凍 え た 闇 巖 探 偵 倶 楽 部 ト 賢 者 の 塔 を 待 っ レ イ ム た ち に 黒 精 霊 の 手 が " " ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 竜 憲 に 腹 ち が い の 姉 が い た ? 女 の 正 体 は ? ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) イ 新 田 一 実 の ☆ 千 年 の 夢 幻 獣 金 色 の 魔 道 公 子 同 流 星 香 吊 月 の 夢 霊 感 探 偵 倶 楽 部 ( 絵 ・ 片 山 愁 ) 漑 、 」 消 し 去 り 、 竜 憲 を す る 魔 物 と は : ウ ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) レ イ ム は メ イ ピ ク 姫 を 諦 め き れ る の か : 庫 新 田 一 実 新 田 一 実 血 を 啜 る 魂 震 感 探 偵 倶 楽 部 文 魔 鏡 の 姫 神 霊 感 探 偵 倶 楽 部 知 が 、 つ い に 蜘 の 肉 体 を 食 い つ く す ! ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) 封 印 を 解 か れ た 魔 物 と 戦 う 、 う 齪 の 運 命 は ? ( 絵 ・ 岩 崎 陽 子 ) 新 田 一 実 新 田 一 実 忘 却 の 虜 囚 霊 感 探 偵 倶 楽 部 談 暗 闇 の 人 霊 感 探 偵 倶 楽 部 肉 体 か ら 切 り 離 さ れ た 大 輔 の 魂 は 何 処 へ : ・ ? ( 絵 ・ 笠 井 あ ゆ み ) 美 し い 脚 が 欲 し い ! ・ ー ー 闇 に 潜 む 猟 奇 事 件 リ ( 絵 ・ 岩 崎 陽 子 ) ☆ : : : 今 月 の 新 刊

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


160 「 そ れ っ て : : : 、 母 さ ん ・ : ・ : ? 「 た ぶ ん 。 で も な 、 勇 帆 。 君 の 家 は さ れ て る 感 じ が す る ん だ : ぐ う ん あ ざ に じ い さ ん と ば あ さ ん の 痣 、 こ れ は 偶 然 じ ゃ な い 」 さ ん さ ろ お に あ く り よ う 「 君 の 家 の 前 っ て 、 三 叉 路 な っ て い る だ ろ 。 三 叉 路 は 鬼 や 悪 霊 が 集 ま る 場 所 な ん だ 。 だ か ら 軒 先 に 魔 除 け の 鐘 馗 像 が あ っ た の に 、 そ れ が 礒 け て い た 。 そ れ か ら 玄 関 脇 の 切 ら れ き も ん し ん び て き ふ な づ け た 桃 の 木 だ 。 船 津 家 の 門 は 東 北 、 つ ま り 鬼 門 に あ る 。 桃 の 木 は 神 秘 的 な 力 が 備 わ っ て い じ や き て 、 悪 霊 や 邪 鬼 を 追 い 払 う と い わ れ て い る 。 中 国 古 代 の 民 俗 信 仰 で も 『 桃 は 五 木 の 精 で あ そ ろ り 百 鬼 を 制 す 』 と あ る 。 そ の 桃 の 木 が 切 ら れ て い る 。 こ の 二 つ の 条 件 が 揃 っ て 、 邪 悪 な 念 の 霊 が 出 現 す る よ う に な っ た と 、 僕 は 思 う 」 高 陽 は 腕 を 枕 が わ り に 組 ん で 、 頭 の 下 に 置 い た 。 目 は 闇 の 一 点 を 見 つ め て い る が 、 何 を 見 て い る の か わ か ら な か っ た 。 「 君 の 母 親 っ て ど ん な 死 に 方 を し た ん だ ろ う : : : 。 勇 帆 、 僕 と 一 緒 に 行 動 す る よ う に な っ て か ら 、 ま す ま す 霊 感 が 強 く な っ た ん じ ゃ な い の か ? ほ ら 、 湊 と 行 っ た 時 に 僕 た ち が 呼 び 鈴 を 鳴 ら す 前 に 出 て き た り 。 : : : 何 か 感 じ る こ と が あ っ た ら 教 え て く れ な い か ? 僕 に き っ 8 は 狐 か い て も な ん で も わ か る わ け じ ゃ な い ん だ 。 い く ら 狐 に 訊 い て も 、 今 の 僕 の レ ベ ル に 合 わ せ た 情 報 し か く れ な い ん だ 。 : : : 悔 し い よ な : ・ り ん や み い っ し ょ み な と 。 空 気 が 重 い 。 そ れ

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


226 動 か し て い る と わ か っ て い て も 、 あ の 空 間 は な ん と も い え な い で す 。 で も 海 外 の お 化 け っ す み て あ ん ま り 怖 く 感 じ な い の は 私 だ け か し ら ? ) 、 夜 、 目 覚 め て も 部 屋 の 隅 に 何 か い る よ う で 見 ら れ ま せ ん 。 も ち ろ ん 、 夜 中 の 鏡 な ん て も っ て の ほ か 。 ミ ス テ リ 1 ス ポ ッ ト に は 興 味 が あ る け ど 近 づ け な い タ イ プ で す ね 。 自 ら の 霊 体 験 は あ れ が そ う だ っ た の か な : : : ? く ら い の も の し か な い の で す が 、 一 時 期 友 人 と 同 居 し て い た 時 は 、 彼 女 が 霊 感 が 強 い 子 だ っ た の で 、 い ろ い ろ 不 思 議 な 現 象 を 感 じ さ せ て も ら い ま し た 。 ラ ッ プ 現 象 っ て い う か 音 に 関 す る 現 象 が 一 番 多 か っ た で す ね 。 こ の 時 の 体 験 を い っ か 作 品 に 生 か し て み た い と 考 え て ま す 。 こ れ か ら も あ や か し の も の た ち を 追 っ て い き な が ら 、 お 話 が 作 れ た ら い い な と 思 っ て い る の で 、 皆 様 の 霊 体 験 も 教 え て く だ さ い ( で も 心 霊 写 真 は 送 っ て こ な い で ね 、 怖 い か ら ) 。 お 話 と い え ば 、 こ の 作 品 は ス ト ー リ ー と い う よ り キ ャ ラ ク タ ー に か な ? ず い ぶ ん と 思 い 入 れ が 深 く っ て 、 特 に 高 陽 は 某 ド ラ マ に 出 て き た 柏 原 崇 く ん の 徙 が モ デ ル で し た た ん た ん き れ い き つ ね ( 柏 原 く ん っ て と っ て も 綺 麗 な 狐 の イ メ 1 ジ が あ り ま せ ん か ? ) 。 そ れ は 冷 徹 な 性 格 で 淡 々 と 行 動 す る 少 年 で 、 高 陽 も そ う な る は ず だ っ た ん で す 。 ま な ざ : が 、 書 き 進 め て い く う ち に 、 冷 た い 眼 差 し の ク ー ル な は ず の 高 陽 が 違 う 性 格 に 変 : と 思 う 反 面 、 こ っ ち の 高 陽 も 可 愛 い じ ゃ わ っ て い っ て し ま い ま し た 。 ん 5 、 お か し い : こ わ

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


か ら 人 気 だ し 、 か た や バ ス ケ 部 の エ ー ス だ し 、 話 題 に な ら な い ほ う が 不 思 議 よ ね 。 ま あ 、 違 う 意 味 の 噂 も 立 っ て る け ど 」 「 な ん だ よ 、 違 う 意 味 っ て 」 「 僕 と 勇 帆 が で き て る っ て 噂 だ ろ 」 ま じ め ま な ざ ロ の 中 の ポ テ ト チ ッ プ ス を 吹 き 出 し た 。 高 陽 は 真 面 目 な 眼 差 し で 勇 帆 を 見 て い る 。 「 ま さ か : 、 そ れ は ね ー だ ろ : : : 」 「 勇 帆 は 僕 の 気 持 ち を 察 し て く れ な い か ら な 」 「 高 陽 う : 「 本 気 な の ? 吉 舎 く ん ! し ば ら く の 間 合 い の 後 、 高 陽 の 哄 が 鏘 く 。 三 人 で 同 じ 反 応 を す る な よ 。 僕 に は そ ん な 趣 味 は な い か ら 」 あ せ が つ く り と 肩 を 落 と し て 勇 帆 は 立 ち 上 が っ た 。 背 中 に 汗 を か い て い る と い っ た 感 じ だ 。 じ よ う だ ん よ ご 「 高 陽 の 冗 談 に は 付 き 合 っ て ら ん ね ー な 。 汚 し ち ま っ た か ら 着 替 え て く る 」 と い き 勇 帆 が 部 屋 を 出 て い っ て か ら 、 湊 も 吐 息 を 漏 ら す 。 き れ い 「 吉 舎 く ん み た い な 綺 麗 な 人 が ラ イ バ ル じ ゃ 、 勝 ち 目 が な い と 思 っ ち ゃ っ た 」 「 湊 、 あ れ 見 ろ よ 」 高 陽 が お 守 り を 指 さ す 。 湊 は そ れ を 認 め て 目 を 見 張 っ た 。 う わ さ し ゆ み

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


206 そ し て 医 師 は 、 リ 男 の カ ル テ を 取 り 出 し た 。 ま た 首 を 傾 げ る 。 「 お ば あ さ ん な ん だ け ど ね : : : 、 首 の 痣 が 消 え て る ん だ よ 」 「 消 し ゴ ム で 消 し た み た い に 綺 麗 に ね 」 じ ゅ ば く 勇 帆 は 、 慈 子 の 呪 縛 が 解 け た こ と を 知 っ た 。 待 合 室 で 高 陽 と 湊 が っ て い た 。 よ ほ ど の 気 を 使 っ た の が 安 易 に 想 像 で き る く ら い 、 高 陽 は 血 の 気 の な い 青 い 顔 を し て い た 。 胸 に 巻 か れ て い る 包 帯 が 痛 々 し い 。 湊 は 勇 帆 を 確 認 し て 、 手 を 振 っ た 。 と な り 湊 の 隣 に 座 り 、 勇 帆 は 一 一 人 に 頭 を 下 げ た 。 「 巻 き 込 ん で 悪 か っ た : : : 」 ど う も く の ぞ 瞠 目 し て 湊 は 高 陽 を 振 り 返 り 、 勇 帆 を 覗 き 込 ん だ 。 「 何 : : : ? ど う し て ? 私 だ け よ く わ か ら な い ん だ け ど : 「 お ま え 、 本 当 に 覚 え て な い の ? 」 顔 を 上 げ た 勇 帆 は 、 怪 評 な だ っ た 。 よ り ま し 「 憑 人 っ て い う か 、 霊 が 乗 り 移 っ て い る 時 は 、 ほ と ん ど の 人 間 は そ の あ い だ の こ と を 覚 え て な い 」 高 陽 が 勇 帆 の 疑 問 に 答 え た 。 櫛 子 に も た れ か か っ て 、 ず い ぶ ん と 浅 い 息 を し て い た 。 き れ い か し ほ う た い

妖狐の舞う夜 霊鬼綺談


き っ び き ま り い よ だ れ か け を し た 狐 1 匹 は 毬 を 持 ち 、 1 匹 は 子 を 連 れ て い る 。 都 内 と は 思 え な い 時 代 に 取 り 残 さ れ た 風 景 だ っ た 。 先 ほ ど か ら す れ 違 う 何 人 か が 、 高 陽 に 挨 拶 を し て い た 。 わ た ろ う か つ な 家 は 敷 地 の 一 角 に あ っ た 。 社 殿 と は 渡 り 廊 下 で 繋 が っ て い る 。 建 物 は 普 通 だ っ た が 、 空 す せ い じ ゃ く 気 は し ん と し た 静 寂 を 持 ち 、 澄 ん で い た 。 ( や 「 ば 、 う ち と は 違 う な 。 高 陽 が ケ し が っ た の も わ か る 気 が す る ・ ・ ・ ・ ・ ・ ) な っ と く 初 め て 勇 帆 の 家 に 来 た と き 、 高 陽 が じ ろ じ ろ と 家 を 観 察 し て い た の を 納 得 し て し ま っ た 。 な ん と な く こ の 家 は 身 が 引 き 締 ま る 思 い に さ せ る の だ 。 う ら な う ら き も ん そ し て ト イ レ が 裏 鬼 門 に あ る か ら 盛 り 塩 を し ろ な ど と 、 占 い 好 き な 女 の よ う な こ と を 言 っ た の も 理 解 で き た 。 じ よ う き れ い 高 陽 の 部 屋 は 8 畳 ほ ど の 和 室 だ っ た 。 綺 麗 に 整 っ た 部 屋 の 中 で 、 ひ と き わ 目 立 っ た の か パ ソ コ ン だ っ た 。 「 パ ソ コ ン 、 や ん の か ? し り め な が 夜 近 寄 っ て 眺 め て い る 勇 帆 を 尻 目 に 、 高 陽 は 着 替 え た 。 黄 色 の e シ ャ ツ に ア 1 ミ 1 。 舞 を は い て い る 。 「 現 代 に は 必 要 不 可 欠 だ 」 つ つ け ん ど ん に 言 う 高 陽 を 、 ち ら り と 見 た 。 。 そ れ に お ま え 、 黄 色 が 似 合 う け ど 、 こ の 家 に は 合 わ ね ー 「 そ う か も し ん ね ー け ど : あ い さ っ ハ ン ツ