検索 - みる会図書館

検索対象: 科戸の風 霊鬼綺談

科戸の風 霊鬼綺談から 246件ヒットしました。

科戸の風 霊鬼綺談


247 科 戸 の 風 ( 霊 鬼 綺 談 完 )

科戸の風 霊鬼綺談


科 戸 の 風 霊 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美

科戸の風 霊鬼綺談


小 野 不 由 美 怨 讐 の 交 差 点 綺 談 小 早 川 恵 美 ズ 風 の 海 迷 宮 の 岸 国 + = 国 記 幼 き 神 獸 ー ー 勲 の 決 断 は あ ち だ っ た の か ? ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 思 い 出 せ 。 残 酷 で 思 か だ っ た お 前 の 過 去 を 。 ( 絵 ・ 四 位 広 猫 ) 小 野 不 由 美 封 印 さ れ た 夢 震 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 ジ 東 の 、 、 西 の 滄 海 + = 国 記 夜 ご と 、 闇 の 底 に 恐 怖 が 目 覚 め る ー ( 絵 ・ 四 位 広 猫 ) 説 海 の む こ う に 、 幸 福 の 国 は あ る の だ ろ う か ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 小 早 川 恵 美 剞 風 の 万 里 黎 明 の 空 田 + = 国 記 小 野 不 由 美 冬 の 緋 桜 霊 鬼 綺 談 伝 三 人 の む す め が 辿 る 、 苦 難 の 旅 路 の 行 方 は ? ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 赤 い 桜 が 咲 く と 子 供 が 死 ぬ : ・ 伝 説 が 本 当 に ? ( 絵 ・ 四 位 広 描 ) 0 風 の 万 里 黎 明 の 空 + ニ 国 記 小 野 不 由 美 殺 生 石 伝 説 霊 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 高 陽 を 殺 す 夢 を 見 る 勇 帆 。 急 展 開 の 第 5 巻 " " ( 絵 ・ 四 位 広 描 ) 鷲 の な か か ら 旅 立 っ 少 女 た ち の 運 命 は ? ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) & の 翼 + = 国 記 小 野 不 由 美 ☆ 科 戸 の 風 震 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 IL ' を 椥 べ る の は 私 ! 瓏 叫 十 一 一 歳 の 決 断 。 ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 衂 帆 と 高 陽 、 一 一 人 の 運 命 は ? 怒 濤 の 最 終 巻 " " ( 絵 ・ 四 位 広 猫 ) 悪 夢 の 棲 む 家 田 ゴ ー ス ト ・ ( ン ト 小 野 不 由 美 闇 の 降 り る 庭 駒 崎 優 「 誰 か 」 が い て い る : ・ 不 可 解 な 恐 の 真 相 " " ( 絵 ・ 小 林 瑞 代 ) 第 5 回 ホ ワ イ ト ( ー ト 大 賞 《 佳 作 》 受 賞 作 ( 絵 ・ ほ た か 乱 ) 悪 夢 の 棲 む 家 国 ゴ ー ス ト ・ ( ン ト 小 野 不 由 美 足 の な い 獅 子 駒 崎 優 運 命 の 日 ー ー ー 過 去 の 惨 劇 が ふ た た び 始 ま る " " ( 絵 ・ 小 林 瑞 代 ) 中 世 英 国 、 誰 よ り も 輝 く 若 者 が い た ・ : 。 ( 絵 ・ 岩 崎 美 奈 子 ) イ の 過 ぎ る 十 七 の 春 小 野 不 由 美 裏 切 り の 聖 女 足 の な い 獅 子 駒 崎 優 「 あ の 」 が 迎 え に く る ・ : 。 戦 慄 の 本 格 ホ ラ ー ! ( 絵 ・ 洳 み ) 中 世 英 国 、 一 一 人 の 騎 士 見 習 い の 冒 険 譚 ! ( 絵 ・ 岩 崎 美 奈 子 ) 庫 文 緑 の 我 が 家 工 。 me, G 「 een 工 。 me 小 野 不 由 美 一 角 獣 は 聖 夜 に 眠 る 足 の な 子 駒 崎 優 皆 が 待 っ ワ イ ン 商 を 殺 し た の は 誰 だ ? 迫 る 恐 怖 。 そ れ は 嫌 が ら せ か ? 死 へ の 、 第 い 卩 ( 絵 ・ 山 内 直 実 ) ( 絵 ・ 岩 崎 美 奈 子 ) 社 か ぐ や 姫 綺 譚 談 妖 狐 の 舞 う 夜 綺 談 小 早 川 恵 美 流 冊 瀬 戸 香 緒 里 鬼 気 の 蠍 ゆ れ る 、 サ イ キ ッ ク ・ ホ ラ ー 開 幕 " ・ ( 絵 ・ 四 位 広 描 ) 千 一 一 百 年 の 流 刑 を 終 え 、 召 喚 さ れ た 姫 は ? ( 絵 ・ 朔 野 安 子 ) ☆ : ・ ・ : 今 月 の 新 刊

科戸の風 霊鬼綺談


N. D ℃ .913 250P 15cm ′ 」 川 恵 美 に ば や か わ ・ え み ) 2 月 12 日 生 ま れ の 水 瓶 座 血 液 型 O 型 。 愛 猫 虎 丸 と 大 の 字 に な っ て 昼 寝 を す る の か 究 極 の 幸 せ 。 雨 カ っ て い る の を 家 の 中 か ら る の も 大 好 き 。 作 品 に 「 瓜 の 舞 う 「 怨 讐 の 交 差 「 封 印 さ れ た 夢 』 「 冬 の 財 妛 』 「 殺 生 石 イ 云 説 』 が あ る 。 デ サ イ ン 一 山 口 馨 講 談 社 X 文 庫 white heart し な と か ぜ れ い き き だ ん 科 戸 の 風 霊 奇 談 こ ば や か わ え み 小 早 川 恵 美 円 99 年 9 月 5 日 第 一 刷 発 行 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 カ バ ー 印 刷 ー 半 七 写 真 印 刷 工 業 株 式 会 社 株 式 会 社 若 林 製 本 工 場 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03-5395-3615 販 売 部 03 ー 5395 ー 3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8001 製 本 合 わ せ は 文 芸 局 文 芸 図 書 第 四 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 、 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 し ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ◎ 小 早 川 恵 美 1999 Printed in Japan I S B N 4 - 0 6 - 2 5 5 4 31 - 5 ( 文 4 )

科戸の風 霊鬼綺談


ホ ワ イ ト ハ ー ト 最 新 刊 科 戸 の 風 霊 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 ・ イ ラ ス ト / 四 位 広 猫 勇 帆 と 高 陽 、 ニ 人 の 運 命 は ! ? 怒 濤 の 最 終 巻 ! ! ウ ィ ー ク ポ イ ン ト 終 わ ら な い 週 末 有 馬 さ つ き ・ イ ラ ス ト / 藤 崎 理 子 必 ず あ な た か ら 、 彼 を 奪 い 取 り ま す ! 天 翔 る 鳥 の よ う に 仙 道 は る か ・ イ ラ ス ト / 沢 路 き え ー - ー 姉 さ 俺 に こ の 人 を く れ よ 。 天 使 飛 翔 星 野 ケ イ ・ イ ラ ス ト / ニ 越 と し み 天 使 の 生 真 幵 究 の た め 、 ユ ウ が 捕 獲 さ れ た ! ? 名 も な き 夜 の た め に 魅 惑 の ト ラ ブ ル メ ー カ ー 牧 ロ 杏 ・ イ ラ ス ト / 日 下 孝 秋 ア イ ド ル と ギ タ リ ス ト の C00 に ラ ブ ロ マ ン ス ホ ワ イ ト ハ ー ト ・ 来 月 の 予 定 サ ラ マ ン ダ ー 最 強 な 奴 ら ・ EDGE ・ ・ 嘘 つ き ダ イ ヤ モ ン ド 火 蜥 蜴 の 生 ま れ た 日 足 の な い 獅 子 ・ 隠 し 撮 り ミ ス ・ キ ャ ス ト ・ キ ス の か け ら ・ ・ ・ ・ 成 田 空 子 ・ ・ ・ と み な が 貴 和 ・ ・ ・ 月 夜 の 珈 琲 館 ・ ・ 駒 崎 優 ・ ・ 伊 郷 ル ウ ・ ・ 和 泉 桂 ※ 予 定 の 作 家 、 書 名 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。 青 し の シ リ ー ン 田 国 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ひ か わ 玲 子 冷 酷 な 神 の 恩 寵 真 ・ 電 謝 架 偵 倶 ト ・ 新 田 一 実

科戸の風 霊鬼綺談


こ 、 つ よ う 隣 の べ ッ ド に 眠 る 高 陽 の 横 顔 を 見 な が ら 、 勇 帆 は 一 晩 じ ゅ う 考 え た 。 か っ て は 恋 し た 相 手 、 そ し て 今 は 大 切 な 友 人 で あ る 一 人 の 少 年 を 救 う た め に は 、 自 分 が な に を し た ら い い の か 、 な に を す る べ き な の か 。 「 お じ さ ん 、 高 陽 が 前 に 意 識 不 明 に な っ た の は 自 分 の 気 持 ち か ら で 、 何 事 も な か っ た よ う に 目 覚 め た っ て 言 っ た よ ね 」 「 あ あ 、 そ う だ よ 、 勇 帆 く ん 。 そ れ が ? 」 よ う こ 「 高 陽 が そ の 時 目 覚 め た の は 妖 狐 の せ い だ と 思 う 」 「 そ れ は ど う い う こ と だ い ? 」 き れ い き つ ね 「 俺 、 妖 狐 を 見 た こ と が あ る ん だ 。 す ご く 綺 麗 な 狐 だ っ た 。 そ れ に す ご く 高 陽 を 大 事 に み ず く め 思 っ て る っ て い う の が 妖 狐 か ら 伝 わ っ て き た ん だ 。 藻 女 と 妖 狐 の 間 に な に か あ っ た か ら 、 き っ と 妖 狐 は 高 陽 を 守 っ て い る ん だ 」 「 私 も 」 く る ま い す 毬 亜 が 身 を 乗 り 出 し て き た 。 今 日 は も う 車 椅 子 を 使 わ ず に 歩 い て き て い た 。 座 っ て い た 風 円 椅 子 が ガ タ ン と 音 を た て た 。 戸 「 私 も あ る の 。 す れ 違 っ た 時 に 妖 狐 が 見 え た の 。 こ ん な 綺 麗 な 守 護 霊 を 持 っ て る 人 っ て ど ん な 人 な ん だ ろ う っ て 思 っ た の よ 。 そ れ く ら い 妖 狐 は 優 し い オ ー ラ だ っ た 」 「 だ ろ ? だ か ら そ の 時 も 妖 狐 が 高 陽 を 現 実 に 引 き 戻 し た ん だ よ 」

科戸の風 霊鬼綺談


岡 野 麻 里 安 ズ < 0 鬼 0 風 杢 岡 野 麻 里 安 海 の 迷 、 宮 降 麌 少 年 3 ( 絵 ・ 藤 崎 一 也 ) 妖 し の 世 界 の オ カ ル ト ・ フ ァ ン タ ジ ー 開 幕 " " ( 絵 ・ ひ か る ) 咲 也 を め ぐ り 運 命 の 歯 車 が 再 び 回 る リ 岡 野 麻 里 安 ジ 卓 也 —*<Y-O><— 鬼 0 風 査 岡 野 麻 里 安 カ イ ン の 末 裔 降 麌 少 嗇 ( 絵 ・ 藤 崎 一 也 ) ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 光 と 闇 の サ イ キ ッ ク ・ ロ マ ン 第 四 幕 ー 説 新 た な 任 務 で 大 阪 に 赴 い た 卓 也 と 薫 は : ・ ? 岡 野 麻 里 安 透 子 ー ー 鬼 0 風 水 3 岡 野 麻 里 安 審 判 の 門 降 麌 少 嗇 ( 絵 ・ 藤 崎 一 也 ) 最 後 の 死 闘 に 挑 む 咲 也 と 亮 の 運 命 は 伝 九 州 ・ 高 千 穂 で 、 新 た な 任 務 に 就 く 一 一 人 は : ・ ? ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 0 鬼 啖 —E—I—<Z— 鬼 0 風 岡 野 麻 里 安 招 魔 の 淵 デ ー 、 、 一 ・ キ ラ ー 尾 崎 朱 鷺 緒 ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 衝 撃 の ダ ー ク ・ フ ァ ン タ ジ ー 、 堂 々 の 開 暮 " " ( 絵 ・ な る し ま ゆ り ) 鬼 女 伝 説 の 地 ・ 日 光 で 、 謎 の 事 件 発 生 リ & 鬼 哭 —x-xox•— 鬼 0 風 査 岡 野 麻 里 安 化 幻 曼 陀 羅 デ ー 、 、 一 ・ キ ラ ー 尾 崎 朱 鷺 緒 ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 呪 縛 の 奥 院 に ひ そ む 真 の 恐 怖 と は : ・ ? ( 絵 ・ な る し ま ゆ り ) LL 重 要 任 務 で の 地 を 踏 ん だ 一 一 人 は = ・ ? の 中 の 童 子 デ ー モ ン ・ キ ラ ー 尾 崎 朱 鷺 緒 追 儺 —*(DD—Z<— 鬼 の 風 岡 野 麻 里 安 ト ( 絵 ・ な る し ま ゆ り ) 七 曜 会 香 港 支 部 か ら 見 放 さ れ た 薫 と 卓 也 は : ・ ? ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 闇 の 魔 性 と 少 年 た ち と の 熾 烈 な 戦 い " 小 沢 淳 薫 夜 —E<OD>-<— 鬼 の 風 窃 岡 野 麻 里 安 石 像 は さ さ や く ト ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 石 像 に 埋 も れ た 街 で 、 リ ュ ー と エ リ ー は ? ( 絵 ・ 中 川 勝 海 ) イ 再 び 引 き 裂 か れ た 卓 也 と 薫 の 運 命 は : ・ ? 小 野 不 由 美 ワ 風 水 —LDU)D— 鬼 の 風 岡 野 麻 里 安 月 の 影 影 の 海 田 + ニ 国 記 卓 也 と 薫 の 運 命 は : ・ ? シ リ ー ズ 最 終 巻 " " ( 絵 ・ 金 ひ か る ) 海 に 映 る 月 の 影 に 飛 び こ み 抜 け 出 た 異 界 ! ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 庫 小 野 不 由 美 文 降 魔 美 少 年 岡 野 麻 里 安 月 の 影 影 の 海 国 + ニ 国 記 光 と 闇 の サ イ キ ッ ク ・ ア ク シ ョ ン ・ ロ マ ン 開 幕 " " ( 絵 ・ 藤 崎 一 也 ) 私 の 故 国 は 難 ー ー 陽 子 の 新 た な る 旅 立 ち ! ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) 社 談 青 の 十 字 架 降 麌 少 小 野 不 由 美 岡 野 麻 里 安 風 の 海 迷 宮 の 岸 田 + ニ 国 記 謎 の 美 少 年 が 咲 也 を 狙 う 理 由 と は : ・ ? ( 絵 ・ 藤 崎 一 也 ) 王 を 選 ぶ 日 が 来 た ー ー ー 幼 き 神 の 獸 の 逡 巡 ! ( 絵 ・ 山 田 章 博 ) ☆ : : : 今 月 の 新 刊

科戸の風 霊鬼綺談


204 よ 、 つ ヤ 」 「 僕 が 生 ま れ る 時 だ 」 ど 現 実 の 世 界 に 身 を 躍 ら せ て 、 妖 狐 は 赤 ん 坊 の 側 に 降 り 立 っ た 。 き れ い 生 ま れ た ば か り な の に 綺 麗 な 顔 を し た 赤 ん 坊 は 、 妖 狐 の 気 配 に 気 づ い た よ う に 顔 を 向 け る と に つ こ り と 笑 っ た 。 妖 狐 の 体 じ ゅ う か ら 喜 び と 使 命 感 が 湧 き 出 て い た 。 「 あ あ 、 妖 狐 が 僕 の 側 か ら 離 れ ま い と 思 っ て い る 。 こ ん な に 強 く 思 っ て い る 」 こ こ ま で 伝 わ っ て く る 妖 狐 の 決 意 を 感 じ て 、 高 陽 は 妖 狐 の 愛 情 を 再 確 認 し た 。 「 捜 さ な き や 。 早 く 妖 狐 を 捜 さ な き や 目 を 閉 じ て ひ た す ら に 高 陽 は 念 じ た 。 ず っ と 長 い 時 間 自 分 を 守 っ て く れ た 妖 狐 。 な に が あ っ て そ う し て い て く れ て い た の か 知 お も こ た ら な け れ ば い け な い 。 妖 狐 の 想 い に 応 え る た め に も 、 妖 狐 を 捜 し だ し 訊 か な け れ ば 。 そ の 一 念 が 高 陽 の 能 力 を 増 幅 さ せ た 。 「 見 つ け た ! わ ず か な 妖 狐 の 思 念 を た ど っ て 、 高 陽 は 飛 ん だ 。 い く つ も の 時 間 の 波 を く ぐ っ て 、 た ど り 着 い た の は 藻 女 と い る 時 代 だ っ た 。 繃 ん と な っ た 自 分 の 側 に 霊 体 と な っ て い る 藻 女 を 妖 狐 は 見 つ め て い た 。 「 妖 狐 : : : 」

科戸の風 霊鬼綺談


「 な に か し ら 。 肉 親 の 情 と で も い う の か し ら 」 「 肉 親 ? は つ 、 笑 わ せ る な 。 お ま え は 私 を 慨 ん で い た の だ ろ う 。 そ れ な の に な ぜ 肉 親 な ど と 」 「 憎 ん で い た わ 。 と て も 、 と て も 。 で も 、 生 ま れ て か ら す ぐ に あ な た は 私 の 中 に い た 。 私 を ず っ と 守 っ て き て く れ た わ 。 そ れ が 自 分 の た め で あ っ て も 、 私 を 守 る 形 に な っ て い た の は 事 実 だ わ 。 き っ と 私 は あ な た が い な け れ ば 生 き て い け な か っ た 。 あ な た と だ っ た か ら 生 き て こ ら れ た の よ 」 「 な に を 言 っ て い る の か 、 私 に は 理 解 で き ん : ・ よ 、 つ こ 妖 狐 の 声 が 当 惑 し て 小 さ く な る 。 い っ し ょ お ん 「 私 は あ な た が 憎 い け れ ど 愛 し い 。 だ か ら 、 一 緒 に い ま し よ う 。 ず っ と こ の ま ま で 。 怨 り よ う 霊 と な っ て も あ な た が こ こ に い る 限 り は 、 私 も い る わ 」 「 ば か を 言 う な 。 今 だ っ た ら お ま え は ま だ 浄 化 で き る 。 怨 霊 に な ど な っ た ら 苦 し み な が ら 消 え る こ と も で き な く な る 。 転 生 も で き な く な る ぞ 」 か わ い そ う 風 「 一 人 は 寂 し い わ 。 一 人 に な っ た ら 妖 狐 が 可 哀 想 」 戸 「 妖 怪 が 寂 し が る も の か 。 私 は 可 哀 想 な ど で は な い わ 。 だ か ら お ま え は さ っ さ と 浄 化 し ま ま え 藻 女 は 小 さ く 首 を 振 っ て 微 笑 ん だ 。

科戸の風 霊鬼綺談


248 あ - と が き こ ば や か わ こ ん に ち は 。 、 . 早 川 で す 。 足 か け 3 年 に も 渡 っ た こ の シ リ ー ズ も 、 今 回 で 終 わ り で す 。 読 ん で く だ さ っ て ど う も あ り が と う ご ざ い ま し た 。 ト ・ つ 4 ( う し ぶ や い さ ま 大 好 き な 渋 谷 を 舞 台 に 勇 幗 と 高 陽 が 大 活 躍 ! の は ず だ っ た の に 、 気 が 付 け ば 渋 谷 が 出 て き た の な ん て 1 冊 目 だ け 。 シ リ ー ズ 名 を 考 え た 時 、 「 霊 鬼 5 」 じ ゃ な く て 「 渋 谷 5 ー に し よ う と 思 っ て い た の を 、 し な く て よ か っ た : : : と 胸 を な で 下 ろ し て ま す 。 も っ と も っ と 書 き た い こ と が た く さ ん あ っ た よ う な 気 も す る ん だ け ど 、 こ れ で よ か っ た よ う な 気 も し て い ま す 。 年 2 冊 の と っ て も ス ロ ー な ペ 1 ス で し か 書 け な く て 、 書 い て る 方 も イ ラ イ ラ し た け ど 、 読 ん で く れ た 方 は じ れ っ た く て 、 次 の 話 が 出 る 頃 に は 、 ど ん な 話 だ っ た の か 忘 れ て し ま っ て い た の で は : 次 の シ リ ー ズ は も っ と ペ 1 ス を 上 げ て 、 み な さ ん に 楽 し ん で も ら え る よ う に す る つ も り で す 。 全 く ジ ャ ン ル を 変 え て 近 未 来 物 に 挑 戦 で す 。 か く う 今 ま で 私 は フ ァ ン タ ジ 1 と か 、 自 分 で 作 る 世 界 の 話 っ て 苦 手 だ っ た ん で す ね 。 架 空 の 世 界 だ と 文 化 が 違 う 、 考 え 方 が 違 う 、 価 値 観 が 違 う 、 も ち ろ ん 環 境 も 違 う 。 同 じ 今 と い う 時 か た