検索 - みる会図書館

全データから 212072件ヒットしました。

恋人たちの過ごした時間


- ー を 当 ー ゞ 恋 人 た ち の 過 ご し た 時 間 / ト 林 深 雪 牧 村 久 実 COBALT-SERIES 集 英 社

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


せ み に 寄 せ る ひ ぐ ら し は 時 を 定 め て 鳴 く が 恋 し さ に か 弱 い わ た し は 時 の 別 も な く 泣 く 草 に 寄 せ る う わ さ 葉 囲 人 の 噂 は 夏 野 の 草 の よ う に 繁 く て も あ な た と わ た し と 手 を 取 っ て 寝 た 上 こ の ご ろ の 恋 の 絶 え 間 な さ は 夏 草 が い く ら 刈 り 除 い て も 生 え 勝 つ よ う な も の く ず は 葛 の 這 い 広 が る 夏 野 の よ う に 繁 く こ う 恋 し て い た ら ほ ん と に わ た し の 命 は い つ ま で 保 と う か 1984 1985 2 時 と ー 今 が そ の 定 ま っ た 時 で あ る と て 、 の 意 。 〇 恋 ひ し く に ー 恋 ヒ シ ク は 恋 ヒ キ の ク 語 法 か 。 過 去 の 助 動 詞 キ の ク 語 法 に は 、 思 ヘ リ シ ク ・ 拾 ヒ シ ク ・ 寝 シ ク ・ 来 シ ク な ど が あ る 。 た だ し こ の 恋 ヒ シ ク は 、 一 部 の 例 外 を 除 き 、 「 恋 ひ し

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


肩 ご し の 恋 人

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ


そ れ て も わ た し は 、 せ け ん ま と 人 び と が 世 間 に 惑 わ さ れ す に 自 分 を コ ン ト ロ ー ル て き る よ う に ひ と し ふ ん し か ん か く と く 人 ひ と が 自 分 の 生 き る 時 間 を 獲 得 て き る よ う に 、 が ん は っ て い る ん た 。 し か ん ひ つ よ う 若 い 人 に は 、 恋 す る た め の 時 間 が 必 要 な ん た 。 か そ く し か ん ひ つ よ う 子 ど も や 家 族 が て き た ら 、 い っ し ょ に 過 ご す 時 間 が 必 要 な ん た よ 。 友 た ち か い た ら 、 し か ん ひ つ よ う 友 た ち と 過 ご す 時 間 が 必 要 な ん た 。 ひ と し ふ ん い わ か ひ と と も と も 33

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


( も み ち 葉 の ) 忘 れ ら れ な い あ の 人 を 人 妻 と 見 て い な け れ ば な ら な い の か 0 恋 し い の に 月 に 寄 せ る 葉 四 君 を 恋 い 慕 い し お れ う な だ れ て わ た し が い る 間 に 秋 風 が 吹 い て 傾 い て し 萬 ま っ た 秋 の 夜 の 月 で し よ う か 君 は 雲 に 隠 れ る よ う に し ば ら く 見 な い と こ ん な に も 恋 し い と は 繝 九 月 の 有 明 の 月 の よ う に こ う あ り 続 け て ず っ と あ な た が 来 ら れ た ら わ た し は 恋 し く 思 お う か 夜 に 寄 せ る 弸 え え い も う 恋 な ど す る も の か と 思 っ て も 秋 風 の 寒 く 吹 く 夜 は あ な た の こ と を 田 5 う 7 も み ち 葉 の ー 過 グ の 枕 詞 。 〇 過 ぎ か て ぬ 児 を ー こ の 過 グ は 思 ヒ 過 グ ( 一 一 0 一 一 四 ) と 同 じ く 、 相 手 の こ と を 思 わ な く な る

え?貝塚ってごみ捨て場じゃなかったんですか!? 知られざる縄文ライフ


で す か ら こ の 本 は 、 実 際 に 会 っ た こ と も な け れ ば 声 を 聞 い た こ と も な い け れ ど 、 同 じ 日 本 列 島 に 暮 ら し た 、 私 た ち 日 本 人 共 通 の ご 先 祖 様 に 会 い に 行 く 本 だ と 思 っ て く だ さ い あ る い は 、 彼 ら の 暮 ら し を 覗 き に 行 く 旅 の 本 だ と 思 っ て 頂 い て も い い か も し れ ま せ ん 私 た ち が こ う し て 今 、 生 き て い る と い う こ と は 、 縄 文 人 た ち が 誰 か に 恋 を し て 子 供 を 授 か り 、 次 の 代 へ と 命 を 繋 い で く れ た 結 果 な の で す 彼 ら と 私 た ち は 人 と し て 何 も 変 わ り ま せ ん た だ 、 今 よ り も 自 然 と の 距 離 が 近 か っ た だ け 。 そ し て 、 縄 文 時 代 と い う 長 い 時 間 を こ の 地 で 過 ご し た だ け ー ・ 物 第 あ

完訳 日本の古典 第六巻 萬葉集 ㈤


219 巻 第 十 五 3779 ~ 3783 3782 3783 す ご ~ し 、 も り 物 ふ 時 に と と ぎ す 我 わ が 住 む 里 に 来 き と よ き な も の も 恋 ひ 死 な ば 恋 ひ も 死 ね と や ほ と と ぎ す 物 思 ふ 時 に 来 鳴 き と よ む る 3781 は な た ち ば な 我 が や ど の 花 橘 は い た づ ら に 散 り か 過 ぐ ら む 見 る 人 な の 中 の 代 表 的 歌 材 の 一 つ 。 〇 い た づ ら に ー む だ に 。 美 し く 咲 き に お っ て い て も 、 見 る べ き 主 人 で あ る 宅 守 が 居 な い の で 、 し に そ の 甲 斐 が な い こ と を 哀 れ ん で い う 。 〇 散 り か 過 ぐ ら む ー 散 リ 過 グ は 花 や 紅 葉 の 類 が 散 っ て ゆ く こ と を い う 。 恋 ひ 死 な ば 恋 ひ も 死 ね と や ー ト ヤ ・ 引 ト カ は 、 、 と い う つ も り な の か 、 の 意 。 恋 ヒ モ 死 ネ は 恋 ヒ 死 ネ と い う 命 令 表 現 の 間 に 、 ど う な り と 適 当 に 、 と い う よ う な 放 任 の 気 持 を 表 し て 係 助 詞 モ が 人 っ た も の 。 こ の 二 句 、 一 一 三 七 0 に も 見 え た 。 〇 来 鳴 き と よ む る ー ト ヨ ム ル ↓ 三 交 0 ( 山 彦 あ こ ひ ま 旅 に し て 物 思 ふ 時 に ほ と と ぎ す も と な な 鳴 き そ 我 が 恋 増 と よ め ) 。 『 大 一 の ト ヨ モ ス と 同 義 。 ◆ ほ と と ぎ す ば か り で な く 、 千 鳥 ・ 呼 子 鳥 ・ ひ ぐ ら し ・ こ お ろ ぎ な ど の 鳴 く 声 を さ る 聞 い て 、 恋 し さ が 増 す と 言 っ て 恨 む 歌 は ほ か に も あ る 。 以 下 五 首 の 歌 も 同 巧 。 旅 に し て ー タ ビ ↓ 一 一 一 七 四 三 ( 旅 と い へ ば 引 言 に そ 易 き ) 。 〇 も と な ー わ け も な く 。 い た ず ら に 。 雨 隠 り ー 雨 に 降 り こ め ら れ て 外 出 で あ じ ま の 引 き な い で 。 〇 我 が 住 む 里 ー 味 真 野 の 地 を い う 。 3 こ よ 鳴 き 渡 る ー コ は こ の 場 所 。 こ の 引 ョ は ヨ リ に 同 じ く 、 経 由 点 を 示 す 用 わ い も こ 旅 に し て 妹 に 恋 ふ れ ば ほ と と ぎ す 我 が 住 む 里 に こ よ 鳴 き 法 。 わ

完訳 日本の古典 第五巻 萬葉集 ㈣


弸 ( ま 菅 よ し ) 宗 我 の 川 原 に 鳴 く 千 鳥 の よ う に 絶 え 間 も あ り ま せ ん あ な た わ た し の 恋 は こ い ご ろ も 集 恋 衣 を 着 馴 ら す ー 奈 良 の 山 に 鳴 く 鳥 の よ う に 絶 え 間 も あ り ま せ ん わ た し 葉 の 恋 は 萬 ( 遠 つ 人 ) 猟 路 の 池 に 住 む 鳥 の よ う に 立 0 て も す わ 0 て も あ な た の こ と ば か り 思 っ て い ま す あ し べ う わ さ 葦 辺 を 行 く 鴨 の 羽 音 の よ う に 噂 に だ け 聞 い て 無 性 に 恋 し 続 け る こ と か 鴨 で さ え 自 分 の 妻 と 餌 を 求 め て ち ょ っ と 遅 れ た 間 で も 恋 し が る と い う の に ま 菅 よ し ー 地 名 宗 我 の 枕 詞 。 マ ソ ガ は 菅 の 異 名 。 ヨ シ は 玉 藻 ヨ シ な ど の そ れ と 同 じ く 、 そ の 地 の 産 物 を ほ め て 冠 し た も の 。 「 推 古 紀 」 に 「 ま 蘇 我 よ 蘇 我 の 子 ら は 」 と あ る 。 〇 宗 我 の 川 原 ー 曾 我 ご せ へ い さ か 川 の 川 原 。 曾 我 川 は 奈 良 県 御 所 市 重 阪 に 発 し 、 橿 原 市 曾 我 を 経 て 大 和 川 に 注 ぐ 。 〇 鳴 く 千 鳥 ー 以 上 三 句 、 間 ナ シ を 起 す 序 。 圏 恋 衣 着 ー 恋 衣 は 常 に 身 を 離 れ な い 恋 む を 衣 に た と え た 語 。 衣 を 着 馴 ら す 、 の 意 で 、 地 名 ナ ラ に か け た 序 。 〇 鳴 く 鳥 の ー 以 上 三 句 、 鳥 が 絶 え ず 鳴 い て い る こ と か ら 間 ナ ク 時 ナ シ を 起 す 序 と し た 。 〇 間 な く 時 な し ー 休 む 間 も な く 、 い つ が そ の 時 と い う 区 別 も な い 。 ◆ 類 歌 七 六 0 。

現代日本の文学 3 国木田独歩 徳富蘆花 集


こ も ご も つ ら い わ れ 若 し 恋 愛 に て 御 身 に 失 望 せ ば 、 断 じ て 再 び 恋 せ じ 汽 車 、 林 を 貫 て 急 行 す 。 窓 外 白 雲 ま く 、 哀 感 交 々 起 る 、 わ れ 嬢 に 日 く 、 余 の た め に 一 曲 を 歌 え と 。 嬢 す な わ と 思 い た り 。 さ れ ど 今 は 互 に 心 も 打 明 け て 知 れ 、 之 れ に し ら べ ち 、 「 故 郷 の 空 」 を 歌 う 。 悲 壮 の 調 、 実 に 断 腸 の 調 な り 。 越 し た る う れ し 事 あ ら ず と 。 吾 れ 此 の 調 に 応 じ て 悲 歌 一 ッ 作 る 可 き を 約 し ぬ 。 嬢 は 唱 吾 れ 日 く 、 余 は 御 身 と の 恋 を 成 就 せ ず ん ば 措 か じ と 思 い 定 め ぬ 。 歌 の 達 人 也 。 恋 愛 ! 恋 愛 ! 若 し た だ 地 上 五 十 余 年 の 肉 の 生 命 何 な る 事 あ り と も 成 就 さ す 可 し 、 恋 せ ば 将 に 死 す る ま で の 香 に 過 ぎ ず と せ ば 、 嗚 呼 墓 な き 夢 な る 哉 。 と 決 心 せ り 。 と 。 た ち ま た が い 吾 等 青 年 の 時 は 忽 ち 去 ら ん 。 一 日 再 び 来 ら ず 。 あ あ 神 か く 互 に 語 り し は 未 だ 桜 橋 に 至 ら ぬ 前 、 一 橋 さ び し く か せ 、 ば く よ 。 吾 等 は 永 久 の 生 命 と 愛 の 無 窮 を 信 ぜ ん こ と を 望 む 。 か る 寂 漠 の 場 な り き 。 橋 に 立 ち 、 流 に 上 下 を 一 目 に み る ば ん の う ね が わ あ お く さ を 得 、 水 流 矢 の 如 く 碧 草 の う ち よ り 走 り 、 又 た 碧 草 の う 希 く は 人 間 地 上 の 煩 悩 の た め に 、 愛 の 聖 を 破 る 勿 れ 。 ち に 没 し 去 る 。 高 、 信 、 純 の 徳 を た て よ 。 0 0 0 信 嬢 の 美 徳 は 其 の 剛 毅 な る に 在 り 、 同 時 に 温 和 な る に 在 嗚 呼 吾 が 前 程 は 世 の 扉 謂 ゆ る 幸 運 に 非 ず 。 吾 れ は 敢 え て 荒 野 の 試 み に 遇 わ ん こ と を 願 う 。 此 の 吾 れ の 恋 愛 は 悲 運 余 日 く 、 吾 等 が 恋 は 飽 く ま で 純 潔 な る 可 し 、 高 尚 な る 可 な る 哉 。 さ れ ど 吾 れ 愛 恋 の 徳 を 以 て 此 の 悲 運 に 勝 た し め ん と 願 う 、 否 、 悲 運 を 以 て 恋 愛 の 徳 を 高 め ん こ と を 願 し 、 堅 固 な る 可 し 、 大 胆 な る べ し 。 此 の 四 徳 の 一 を 欠 く 可 か ら ず と 。 た だ 時 、 祈 る 、 嬢 の 愛 、 如 何 な る 時 に も 、 惑 ら ざ ら ん 純 潔 な る 可 き は 、 男 女 両 性 の 徳 の た め に 、 こ と を 。 ち じ よ う 記 高 尚 な る 可 き は 、 神 に 向 う 理 想 の た め に 、 恋 愛 も 永 生 も 神 の 信 仰 も 、 凡 て 之 れ 人 間 の 痴 情 に 過 ぎ ず の 堅 固 な る 可 き は 、 互 の 相 い だ く 心 の た め に 、 し て 、 宇 宙 人 生 の 真 相 は 冷 刻 な る 不 思 議 な り と せ ば 、 生 ざ 大 胆 な る 可 き は 、 世 に 対 し て 恥 ず る な き た め に 。 命 は 分 時 も 堪 ゅ 可 き も の に 非 ず 。 さ れ ど 吾 れ 、 ク リ ス ト 欺 余 日 く 、 の 教 を 信 ぜ ん と す る も の 也 。 此 真 理 を 信 ぜ ん と す る 者 御 身 若 し 北 米 に 去 ら ば 、 わ れ は 北 海 風 雪 の う ち に 投 ぜ ん 。 吾 等 が 恋 の 前 途 は 「 悲 連 」 な り 。 さ れ ど 「 悲 運 ー 何 也 。 十 二 日 か あ ら ん 。 な か

完訳 日本の古典 第九巻 古今和歌集


335 巻 第 十 三 恋 歌 三 0 恋 人 の 家 を 訪 れ た が む な し く 引 き 返 し た 歌 に 始 り 、 そ の た め に 浮 名 が 立 っ た こ と 、 せ つ か く 逢 っ た が 夢 の よ う に は か な く 過 ぎ た こ と 、 そ の 翌 朝 の 悲 し か っ た こ と な ど を う た っ た 歌 え し や じ よ う り へ と 続 い て い く 。 「 会 者 定 離 」 の 宿 命 に お び や か さ れ た 恋 人 た ち に と っ て 、 恋 に 伴 う 情 緒 は 喜 び で は な く 、 彼 ら は 別 離 の 不 安 に 恐 れ お の の い て い る 。 つ い た ち 一 三 月 ( 陰 暦 ) の 一 日 ご ろ 。 朔 日 は 月 の 第 一 日 目 ま た は 上 旬 。 「 よ り 」 は 動 作 の 行 わ れ る 場 所 ・ 時 間 を 示 す 助 詞 。 「 に 」 「 こ ろ に 」 と あ る 古 写 本 も あ る 。 ニ ひ そ か に の 意 で あ る が 、 忍 ぶ 恋 の 場 合 に 多 く 用 い ら れ る 語 。 女 と 語 り 合 っ て 。 「 も の ら 」 ↓ 評 。 『 教 長 註 』 に よ ひ つ い た ち コ ト ト モ の 意 で 、 小 野 道 風 が 女 性 に あ て た 消 弥 生 の 朔 日 よ り 、 忍 び に 人 に も の ら 言 ひ て 、 の ち に 、 息 に コ ト ラ の 語 が あ る と い う 。 「 ら 」 は 、 事 物 あ り は ら の な り ひ ら の あ そ ん 在 原 業 平 朝 臣 を お お よ そ に 示 す 接 尾 語 。 四 「 そ ほ 降 る 」 は 、 雨 の そ ほ 降 り け る に よ み て 遣 は し け る 雨 が 霧 の よ う に し め や か に 降 る 意 。 『 邦 訳 日 よ る ね 起 き も せ ず 寝 も せ で 夜 を あ か し て は 春 の も の と て な が め 暮 し 葡 辞 書 』 に 「 sou 一 き ノ ヲ フ ル 細 雨 が 降 る 詩 歌 語 」 と あ る 。 五 一 夜 を 明 か し た 翌 日 の 今 日 、 は 。 「 は 」 は あ る こ と を 提 示 し 、 下 に そ の 説 明 っ 等 を も と め る 形 を と る 助 詞 。 六 長 雨 を 春 の 景 物 と 見 て 、 物 思 い ( 昨 夜 眠 ら れ な か っ た 程 に 恋 の 思 い に 苦 し ん だ 、 そ の 延 長 ) に 耽 っ て 一 日 を 暮 し た 。 物 思 い の 意 の 「 な が め 」 に 「 長 雨 」 を か け る 。 「 つ 」 は 、 話 手 の 意 志 が 加 わ っ と し ゆ き の あ そ ん 敏 行 朝 臣 た 完 了 を 表 す 助 動 詞 。 お 古 今 和 歌 集 巻 第 十 一 一 一 な り ひ ら の あ そ ん 業 平 朝 臣 の 家 に 侍 り け る 女 の も と に 、 よ み て 遣 は し け る 恋 歌 三 う 四 め 616 ふ け