検索 - みる会図書館

全データから 214558件ヒットしました。

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


フ ラ ユ キ ・ ナ ラ テ 、 ボ ー ′ 1 ハ ー , 召 一 口 悟 ら な く た っ て 、 じ ゃ よ 、 ) 。 し 。 し 普 通 の 人 の た め の 仏 教 ・ 瞑 想 入 門 幻 冬 全 ロ 新 日 3

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


フ ラ ユ キ ・ ナ ラ テ ポ ー 魚 川 祐 司 吾 ら な く た っ て 、 し い じ ゃ な い か 普 通 の 人 の た め の 仏 教 ・ 瞑 想 入 門 幻 冬 企 ロ 新 書 3

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


は じ め に て ん め い か い こ 仏 教 は 「 転 迷 開 悟 ( 迷 い を 転 じ て 悟 り を 開 く ) 」 の 宗 教 で あ る と 言 わ れ て お り 、 そ の 目 的 を 実 現 す る た め の 実 践 ( の 一 つ ) が 瞑 想 な の だ か ら 、 そ れ を 自 ら 継 続 的 に 行 う と い う こ と は 、 そ れ ぞ れ の 宗 派 ・ 指 導 者 が 理 想 と す る 「 悟 り 」 ( と 、 明 示 的 に 言 わ れ る 場 合 と 、 そ う で な い 場 合 が あ る が ) の 方 向 へ と 、 己 の 人 格 を 形 成 し て い く こ と に 他 な ら な い 。 こ の こ と は 、 「 宗 教 色 」 を 除 い た 瞑 想 技 法 で あ る と さ れ る ア メ リ カ 発 の 「 マ イ ン ド フ ル ネ ス 」 実 践 に も 、 そ れ が 内 容 的 に は テ ー ラ ワ ー ダ 仏 教 の ウ イ バ ッ サ ナ ー 瞑 想 と ほ ぼ 変 わ ら な い も の で あ る 以 上 、 あ る 程 度 は 当 て は ま る こ と で あ る こ の よ う な 事 情 を よ く 理 解 し た 上 で 、 そ れ ぞ れ の 宗 派 ・ 指 導 者 が 説 く 「 悟 り 」 を 実 現 す る た め に 、 瞑 想 を 実 践 さ れ て い る 方 々 は 日 本 に も 多 く い る だ ろ う 。 だ が 、 同 時 に 現 在 の プ チ ・ 瞑 想 プ ー ム か ら こ の 実 践 に 興 味 を 持 た れ た 方 の 中 に は 、 と く に 「 悟 り 」 を 目 指 し て い る わ け で は な 「 仏 教 徒 」 で も な い け れ ど も 、 も し 身 心 と も に 健 康 な 生 活 が そ れ で 実 現 で き る の で あ れ ば 、 瞑 想 を や っ て み て も 、 し い か な と 、 考 え て い る 人 も 多 い も の と 推 察 す る 。 本 書 の 目 的 は 、 そ の よ う に 「 悟 り 」 を 目 指 し て い る わ け で は な い 「 普 通 の 人 」 が 、 そ れ で も 瞑 想 な ど の 仏 教 由 来 の 実 践 に 関 わ ろ う と す る 際 に 、 事 前 に 知 っ て お い た ほ う か よ い こ と を 、 対 談 形 式 で わ か り や す く お 伝 え す る こ と で あ る 。 フ ラ ユ キ ・ 対 談 の お 相 手 は 、 テ ー ラ ワ ー ダ 僧 侶 と し て 三 十 年 近 く 出 家 生 活 を 送 ら れ て き た 、 。

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


悟 ら な く た っ て 、 い い じ ゃ な い か / 目 次

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


悟 ら な く た っ て 、 い い じ ゃ な い か / 目 次

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


タ ム ・ チ ッ ト ( 心 的 実 践 ) と タ ム ・ キ ッ ト ( 作 業 的 実 践 ) 大 量 の 蚊 に 刺 さ れ て も 動 じ な い 、 ハ ー ド コ ア な 瞑 想 の 価 値 複 数 の 「 悟 り 」 が 並 立 す る 現 実 瞑 想 な ど の 仏 教 の 実 践 を 行 う 際 に は 「 マ ッ ピ ン グ 」 が 大 切 だ め 自 分 が 何 を 求 め て い る の か と い う 「 目 的 地 」 を 明 確 に す る 海 外 の 「 瞑 想 セ ン タ ー 」 の 基 礎 知 識 複 数 の 教 室 と 先 生 を 訪 ね て み る 瞑 想 を す れ ば 人 格 が 「 よ く 」 な る と は 限 ら な い 「 正 し く て 完 璧 な 瞑 想 法 」 は 「 全 て 」 に 対 応 で き る ? 「 い ま ・ こ こ 」 空 間 を 見 失 わ な い た め の チ ャ ル ー ン ・ サ テ ィ 歹 な せ チ ャ ル ー ン ・ サ テ ィ は 、 「 過 度 に 集 中 さ せ な い 」 の か わ 瞑 想 し て い る と 出 て く る 記 憶 や 感 情 を ど う 扱 う か ち 「 現 実 」 の 理 解 の 違 い が 、 瞑 想 の 違 い に 表 れ る 物 語 に 巻 き 込 ま れ な い 視 点 を 確 保 す る た め の 智 慧 瞑 想 す る こ と で か え っ て 苦 し む 「 瞑 想 難 民 」 問 題 「 出 家 主 義 」 の 背 景 に は 何 が あ る の か 「 怒 り 」 が ど う 生 じ る か を 微 細 に 観 察 す る 意 味 無 我 を 知 る と は 「 N 軸 を 立 て る 」 こ と

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


に は 繋 が ら な い こ と に な る 。 瞑 想 経 験 で 得 た 「 べ ク ト ル の な い 」 智 慧 の 風 光 を 、 「 べ ク ト ル の あ る 」 世 俗 の 物 語 の 中 で 上 手 に 機 能 す る 慈 悲 の 実 践 へ と 接 続 す る た め に は 、 そ こ に も う ワ ン ス テ ッ プ の 、 何 か し ら の テ ク ニ ッ ク を 挟 む 必 要 が 出 て く る わ け で す 。 た た 、 同 時 に こ こ で 私 が 幾 重 に も 強 調 し て お き た い こ と は 、 例 え ば — で コ ー ン フ ィ ー ル ド さ ん た ち が 中 心 的 に 採 用 し た よ う な 瞑 想 法 が 、 実 践 者 に 世 俗 の 日 常 生 活 と の 乖 離 を 感 じ さ せ る よ う な も の で あ っ た と し て も 、 だ か ら と い っ て 、 そ れ が 直 ち に 「 間 ( 理 っ た 」 瞑 想 法 で あ る と —u い , フ , 」 し J で 亠 9 は 一 「 ロ え な い 、 先 ほ ど の 女 性 瞑 想 者 の 例 で 言 え ば 、 「 ま と も な 服 装 を し て 、 ま と も な 人 の よ う な 顔 を し て 雑 貨 屋 を 歩 く 」 こ と が 、 ど う で も よ く 感 じ ら れ る よ う な 経 験 は 瞑 想 上 に 存 在 す る し 、 ま た そ の よ う な 経 験 を す る こ と こ そ が 、 「 目 的 地 」 に よ っ て は 、 仏 教 瞑 想 の 最 も 大 切 な 本 質 の 一 つ で も あ り ま す 。 だ か ら こ そ 、 瞑 想 セ ン タ ー は 世 俗 か ら 離 れ た 、 sec 一 uded な 環 境 を 確 保 し て い る わ け で す し 、 修 行 に 一 生 専 念 し た い と 考 え る 人 は 、 そ れ こ そ 「 出 家 」 し て し ま う と い う の が 、 伝 統 的 な 仏 教 者 の あ り 方 だ っ た わ け で す か ら 。 「 正 し く て 完 璧 な 瞑 想 法 」 は 「 全 て 」 に 対 応 で き る ? プ ラ ユ キ で も 、 瞑 想 す る こ と で 日 常 生 活 に 支 障 を き た す の で あ れ ば 、 や つ ば り 普 通 の 人 に と

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


様 な 瞑 想 技 法 が 実 践 者 に 示 す 「 目 的 地 」 は そ れ ぞ れ に 異 な る の で 、 自 分 が 目 指 す も の と は 違 っ た 「 目 的 地 」 へ と 導 く タ イ プ の 瞑 想 を 実 践 し て し ま う と 、 本 人 に と っ て は 必 ず し も 望 ま し く な い 結 果 が 、 瞑 想 に よ っ て も た ら さ れ る こ と も あ り 得 る か ら で あ る 。 こ の よ う に 、 自 身 に と っ て 幸 福 と 感 じ ら れ る 生 を 求 め て 瞑 想 を 実 践 し た の に 、 そ う す る こ と で 、 ま す ま す 不 幸 に な っ て し ま う 人 々 の こ と を 、 本 書 で は 「 瞑 想 難 民 」 と 呼 ん で い る 。 こ う し た 「 瞑 想 難 民 」 の 存 在 は 、 こ の 種 の 実 践 に 自 ら 関 わ っ て き た 人 々 に は 、 経 験 的 に 知 ら れ て い る 。 瞑 想 そ れ 自 体 は 悪 い も の で は な い に せ よ 、 関 わ り 方 に よ っ て は 、 そ れ で 不 幸 に な る 人 が 現 実 に い る と い う こ と だ 。 そ の よ う な リ ス ク に つ い て は ふ れ な い ま ま に 、 あ た か も 瞑 想 を 実 践 す れ ば 、 「 全 て 」 が よ く な る か の よ う な 一 言 説 も 世 上 に は 散 見 さ れ る が 、 そ う し た 「 誇 大 広 告 」 を 目 に す る と 、 や は り 現 在 の プ チ ・ 瞑 想 プ ー ム に は 、 多 少 の 懸 念 も 抱 か ざ る を 得 な い 。 瞑 想 自 体 が 問 題 で あ る と い う よ り も 、 必 要 な 知 識 と 理 解 を 欠 い た ま ま そ の 実 践 を 続 け て し ま う こ と が 問 題 な の だ か ら 、 瞑 想 に 関 心 を 持 つ 人 々 に と っ て 大 切 な の は 、 自 分 が 行 お う と し て い る 実 践 の 生 質 か い か な る も の で 、 そ れ が ど こ に 己 を 導 く の か と い う こ と に つ い て 、 事 前 に 一 定 の 把 握 を し て お く こ と だ 。 そ し て 、 そ の た め に 必 要 な の は 、 現 代 日 本 で 注 目 さ れ て い る 多 く の 瞑 想 が 、 本 来 は 仏 教 に 由 来 し て お り 、 そ の 宗 教 的 な 枠 組 み の 中 で 、 「 悟 り 」 を 実 現 す る た め に デ ザ イ ン さ れ て い る 技 法 で あ る こ と を 、 き ち ん と 意 識 し て お く こ と で あ る 。

文藝 2015年 spring


う 。 東 京 拘 置 所 と 道 を 隔 て て 建 っ て い る 池 田 屋 と い う 小 さ な 店 の 中 独 自 に 研 究 を 始 め た そ う だ 。 に は 、 拘 留 者 に 差 し 入 れ す る た め の お 菓 子 や 缶 詰 が 並 ん で い て 、 昔 仏 教 の 僧 侶 が オ ウ ム 真 理 教 を ど う 考 え て い る か 知 り た く て 、 さ の 駄 菓 子 屋 の よ う だ 。 ど う し よ う か な 、 と 悩 ん で い る と 「 さ ん の ん の お 寺 へ 訪 ね て 行 っ た 。 趣 味 が 読 書 と 、 童 話 を 書 く こ と 。 小 説 か 好 き な お せ ん べ い な ら あ る わ よ 」 と 、 勧 め ら れ た 。 も う 一 八 年 も 東 ら 哲 学 書 、 自 然 科 学 の 専 門 書 ま で 、 と に か く 多 読 。 枠 に 囚 わ れ な い 京 拘 置 所 に い る の で 、 こ の 購 買 所 の 人 た ち は >* の 食 べ 物 の 好 み を 覚 ュ ニ ー ク な 発 想 を さ れ る 型 破 り な 僧 侶 だ 。 さ ん は お 寺 に 生 ま れ た え て し ま っ て い る の だ 。 わ け で は な く 、 自 分 か ら 望 ん で 僧 侶 へ の 道 を 選 ん だ 。 日 蓮 宗 は 他 者 「 さ ん は 、 ま だ い い わ よ 、 面 会 の 人 が 多 い も の 。 何 年 も 面 会 に 来 救 済 を 行 と す る 宗 派 。 関 心 を 寄 せ る か ら に は 、 オ ウ ム 信 者 た ち と ど こ か 通 じ る と こ ろ が あ っ た の だ ろ う か て も ら え な い 死 刑 囚 の 人 も い る か ら ね え 。 や つ ば り 、 人 徳 よ ね 」 ほ ん と に そ う で す よ ね 、 と 私 は お せ ん べ い を 差 し 入 れ に 加 え た 。 「 ご 住 職 は 、 仏 教 者 と し て 、 オ ウ ム を ど う 思 わ れ ま し た ? 」 「 仏 教 は も っ と オ ウ ム 真 理 教 と ち ゃ ん と 向 き 合 わ な け れ ば い け な い 綾 瀬 川 沿 い を ぶ ら ぶ ら 綾 瀬 駅 ま で 歩 き な が ら 、 私 は ま だ 「 恥 ず か と 思 い ま す ね 。 信 者 の 方 た ち は 仏 教 的 な 悟 り を 求 め て 人 信 し て い る し い と 思 う 気 持 ち 」 に つ い て 考 え て い た 。 以 前 に あ る 神 道 学 者 の 方 わ け で す か ら 」 と 対 話 を し た と き 、 日 本 は 「 恥 の 文 化 」 で あ り 、 恥 は と て も 日 本 人 「 悟 り 、 と は ? 」 的 感 性 だ と 聞 い た こ と が あ っ た 。 外 国 人 に は 理 解 し 難 い と 一 言 わ れ る 「 悟 り ね え : こ れ ば っ か り は 悟 っ た こ と が な い の で わ か り ま せ 「 切 腹 」 も 「 恥 の 文 化 」 か ら 生 ま れ た も の だ と 一 一 一 一 口 う 。 ん 。 で す が 、 虎 穴 に 入 ら ず ん ば 虎 児 を 得 ず と 申 し ま す し : : : 」 恥 知 ら ず に な る こ と は 、 エ ゴ を 捨 て る こ と な の か し ら 。 確 か に 、 な ん と さ ん は 自 ら 「 オ ウ ム の 瞑 想 の 修 行 方 法 を 実 践 し て み た 」 と お っ し や る の だ 。 も の す ご く 恥 ず か し い こ と を 克 服 で き た ら 、 爽 快 か も し れ な い 「 実 際 に さ れ た ん で す か ? 」 「 い や あ 、 驚 き ま し た 。 本 に 書 い て あ る 通 り に 瞑 想 を 続 け ま し た ら 、 破 壊 の 塔 お 尻 の あ た り が 火 傷 し そ う な ほ ど 熱 く な っ て 、 ク ン ダ リ ニ ー 覚 醒 が 起 き た の で す よ 」 オ ウ ム 真 理 教 に つ い て 考 え て い る : : : と 、 打 ち 明 け た ら 、 日 蓮 宗 「 ほ ん と う で す か ? 」 の 僧 侶 の さ ん が 「 も う 私 に は 必 要 が な い か ら 」 と 、 オ ウ ム 関 連 の 「 わ た し の 場 合 、 ヨ ガ の ポ ー ズ は し な か っ た ん で す 。 た だ 、 書 か れ 資 料 を そ っ く り 譲 っ て く れ た 。 彼 は オ ウ ム 真 理 教 が 信 者 獲 得 を 始 め て い た 通 り の 瞑 想 を し て い る う ち に 、 会 陰 が ど ん ど ん 熱 く な っ て い た 頃 に 、 仏 教 者 に よ る 電 話 相 談 の ボ ラ ン テ ィ ア を し て い た 。 い ち 早 き ま し て ね 」 く 、 新 し い 仏 教 系 の 宗 教 が 登 場 し て き た こ と を 知 り 、 興 味 を 持 っ て ヨ ー ガ な し で 瞑 想 法 だ け で ? そ う い う 例 も あ る と 元 オ ウ ム 信 者 5 1 2

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


タ ム ・ チ ッ ト ( 心 的 実 践 ) と タ ム ・ キ ッ ト ( 作 業 的 実 践 ) 大 量 の 蚊 に 刺 さ れ て も 動 じ な い 、 ハ ー ド コ ア な 瞑 想 の 価 値 複 数 の 「 悟 り 」 が 並 立 す る 現 実 瞑 想 な ど の 仏 教 の 実 践 を 行 う 際 に は 「 マ ッ ピ ン グ 」 が 大 切 だ め 自 分 が 何 を 求 め て い る の か と い う 「 目 的 地 」 を 明 確 に す る 海 外 の 「 瞑 想 セ ン タ ー 」 の 基 礎 知 識 複 数 の 教 室 と 先 生 を 訪 ね て み る 瞑 想 を す れ ば 人 格 が 「 よ く 」 な る と は 限 ら な い 「 正 し く て 完 璧 な 瞑 想 法 」 は 「 全 て 」 に 対 応 で き る ? 「 い ま ・ こ こ 」 空 間 を 見 失 わ な い た め の チ ャ ル ー ン ・ サ テ ィ 歹 な せ チ ャ ル ー ン ・ サ テ ィ は 、 「 過 度 に 集 中 さ せ な い 」 の か わ 瞑 想 し て い る と 出 て く る 記 憶 や 感 情 を ど う 扱 う か ち 「 現 実 」 の 理 解 の 違 い が 、 瞑 想 の 違 い に 表 れ る 物 語 に 巻 き 込 ま れ な い 視 点 を 確 保 す る た め の 智 慧 瞑 想 す る こ と で か え っ て 苦 し む 「 瞑 想 難 民 」 問 題 「 出 家 主 義 」 の 背 景 に は 何 が あ る の か 「 怒 り 」 が ど う 生 じ る か を 微 細 に 観 察 す る 意 味 無 我 を 知 る と は 「 N 軸 を 立 て る 」 こ と