検索 - みる会図書館

全データから 210959件ヒットしました。

悪魔の揺りかご


悪 魔 の 揺 り か ご

悪魔の揺りかご


悪 魔 の 揺 り か ー 吉 田 縁 COBALT-SERIES 第 ト .. 集 英 社

悪魔の揺りかご


フ ロ ロ ー 第 一 章 亜 2 魔 の 揺 り か ご 第 ニ 章 囚 わ れ た 亜 2 魔 第 三 章 高 な 魂 は せ 美 な 味 あ と か き イ ラ ス ト レ ー 、 ン ヨ ン / 亀 井 高 秀 65 10 6 202 0

悪魔の揺りかご


殄 紹 介 テ ィ ア 、 、 悪 魔 の 揺 り か こ 〃 と 刻 ま れ た 木 箱 を 抱 え た 少 女 。 少 年 。 レ オ ン 午 嫁 の を 何 者 ガ に 奪 わ れ た 若 き 領 主 。

悪魔の揺りかご


神 を 賛 美 す べ き 文 字 で 彫 ら れ た 奇 妙 な 言 葉 が 躍 動 し て い る 。 あ め 飴 色 を し た 木 箱 の ふ た に 、 草 木 模 様 に 囲 ま れ て 浮 き 彫 り に さ れ た 言 葉 だ 。 白 く た お や か な 少 女 の 腕 の 中 で 。 薄 暗 い 森 の 中 、 か 細 い 息 の 音 が 耳 に つ く 。 近 づ く も う ひ と つ の 足 音 。 だ め 、 見 つ か っ ち ゃ う ・ : 少 女 は し つ か り と 木 箱 を 抱 き し め た 。 ち ょ う ど 嬰 児 が す っ ぽ り 入 る 大 き さ の 木 箱 だ 。 肩 で 荒 く 息 を し な が ら 、 少 女 は つ ぶ や く 。 ク ナ プ ラ ・ デ ィ ア ポ リ 悪 魔 の 揺 り か ご 第 一 章 悪 魔 の 揺 り か ご み ど り ご

悪魔の揺りかご


わ か ら な い 。 こ ん な や つ 。 か 寝 首 を 掻 い て や ろ う と 思 っ た 。 で も ど う す れ ば い い の か わ か ら な か っ た 。 悪 魔 の 揺 り か ご の ふ た を 開 け な い 人 間 の 殺 し 方 が わ か ら な い の だ 。 レ オ ン は 決 し て 開 け な い 。 い く ら 目 を こ ら し て も 、 揺 り か ご の 上 に 何 の 幻 影 も 現 れ な い 。 レ オ ン の 欲 し が っ て い る も の が わ か れ ば い い の に 。 毎 日 一 緒 に い て 、 い つ で も チ ャ ン ス は あ る の に 、 レ オ ン の 心 は 全 く 動 か な い の だ 。 だ か ら レ オ ン の 心 は 氷 で で き て い る ん じ ゃ な い か な 、 と 思 う 。 も し デ ィ ア が 人 間 で ー ー そ し て 目 の 前 に 『 悪 魔 の 揺 り か ご 』 が あ っ て 欲 し い 物 が 入 っ て い る と い う な ら 、 デ ィ ア は ま ん ま と 引 っ か か っ て し ま う だ ろ う 。 絶 対 に 見 ら れ な い よ う な 気 が す る け ど 。 も う ひ と つ 、 見 ら れ な い も の で 、 見 た い も の は 、 カ イ の 怒 っ た 顔 だ 。 揺 カ イ は い つ も へ ら へ ら し て い る 。 魔 き っ と 何 も 考 え て な い ん だ ろ う 。 静 か だ な 。 暗 い 部 屋 だ 人 の 姿 を し て い る と こ ん な こ と ま で 不 自 由 だ 。

悪魔の揺りかご


136 ク ナ プ ラ ・ デ ィ ア ポ ー 悪 魔 の 揺 り か ご 命 よ り 大 切 な も の が 入 っ て い る 、 か 。 な る ほ ど ね 。 だ い た ん し か し な ん と 大 胆 だ ろ う 。 あ ざ む 人 を 欺 い て 喰 う 生 き 物 が 、 そ の ね ぐ ら に 真 実 を う ち 明 け る よ う な 言 葉 を 刻 む も の だ ろ う か 。 刻 ん だ の は 別 の 誰 か か も し れ な い 。 実 際 、 カ イ は そ の 言 葉 に 気 づ い て い た が 、 全 く 考 え も し な か っ た 。 デ ィ ア ポ ル ス の デ ィ ア か ー : : : 確 か に 。 デ ィ ア が 自 分 の 名 前 を 文 字 で 示 し て 、 カ イ が そ れ を 読 め る と わ か っ た 時 、 彼 女 は 警 戒 す る そ ぶ り を 見 せ た 。 木 箱 に 彫 ら れ た 「 悪 魔 の 揺 り か ご 」 の 文 字 を 悟 ら れ て し ま う と 危 惧 し た の だ ろ う 。 カ イ は た っ た 一 日 前 の 出 来 事 を ひ と つ ひ と っ 思 い 返 し て は 、 全 て 納 得 し た 。 昨 夜 、 少 女 が 具 合 が 悪 い の だ と 思 っ て 揺 り 動 か し た 時 ー ー 、 デ ィ ア の 本 体 は 揺 り か ご に い た の だ ろ う 。 魂 が 不 在 の 少 女 の 体 は 、 ほ と ん ど 動 き も し な い の だ 。 呼 吸 も 弱 く 、 体 温 も 低 い こ れ で は 長 生 き な ど で き そ う も な い 。 が ら 抜 け 殻 の 少 女 が ひ ど く 哀 れ に 思 え た 。 た ま し い

悪魔の揺りかご


レ オ ン は カ イ か ら 木 箱 を 受 け 取 り 、 病 ん だ 女 性 の 枕 元 に 置 い た 。 ま ぼ ろ し 女 は ま だ 幻 を 見 て い る 。 デ ィ ア の 揺 り か ご に 触 れ た 。 デ ィ ア は 目 を 閉 じ た 。 目 を 閉 じ て も 幻 影 は 焼 き つ い て い た 。 底 な し の 青 。 も の 悲 し い 調 べ 。 吸 い 込 ま れ そ う で 怖 い ほ ど だ っ た 。 な ぜ こ の 病 人 は こ ん な も の を 欲 し が る の か 。 足 が 震 え た 。 誰 か が 後 ろ か ら デ ィ ア を 包 み 込 む よ う に 抱 い た 。 飼 っ て い る 悪 魔 が 未 熟 で 幻 に 怖 じ 気 づ い た 時 ー ー 悪 魔 使 い は そ ん な ふ う に す る の か も し れ な に お レ オ ン の 匂 い が し た 。 ぎ ん こ く レ オ ン は 残 酷 だ 。 レ オ ン は 意 地 悪 だ 。 た ま し い こ ん な わ か り に く い 魂 を 食 べ さ せ よ う と す る 。 い や だ ・ : 動 デ ィ ア が び く り と 動 い た 。 逃 げ 出 し た か っ た 。 魔 レ オ ン が 腕 に 力 を 込 め た 。 か す か な 音 を 立 て て 、 木 箱 が 開 か れ た 。

悪魔の揺りかご


29 悪 魔 の 揺 り か 少 女 が 白 い 敷 石 の 上 に ふ わ り と 立 っ た 。 男 の 姿 も な い 。 が れ き 足 下 に 瓦 礫 と 草 と 木 箱 が あ る だ け だ 。 ほ お は 少 女 は 男 に 殴 ら れ て 、 頬 を 腫 ら し て い る 。 素 足 も 傷 だ ら け だ 。 彼 女 は ひ と 仕 事 終 え た よ う に 満 足 げ な 顔 を し て い た 。 「 本 当 は 体 ぐ ら い は 食 べ 残 し て や っ て も よ か っ た ん だ け ど ー 4 ・ で も : : : 」 今 は 他 に 誰 も い な い 廃 墟 で 、 軽 く 首 を か し げ て つ ぶ や く 。 「 あ た し の 揺 り か ご を 海 に た た き こ も う と し た ん だ も の ! サ イ テ ー だ わ 。 殴 る し 。 お い し く ご な か っ た け ど 、 : : : や つ ば り 食 べ ち ゃ っ て よ か っ た ん だ よ ね 」 う ん 、 と ひ と り う な ず い て 、 彼 女 は 伸 び を し た 。 し き い し な ぐ は い き ょ

悪魔の揺りかご


18 & そ し て 再 び デ ィ ア に 目 を 向 け た 。 視 線 は デ ィ ア の 肩 の あ た り を 漂 い 、 そ こ で 止 ま っ た 。 デ ィ ア が 視 線 を 追 う と 、 カ イ の 手 に し て い る 「 悪 魔 の 揺 り か ご 」 が あ っ た 。 デ ィ ア は は っ と し た 。 カ イ も た じ ろ い だ 。 病 人 は デ ィ ア の 揺 り か ご を 見 て い た の だ 。 揺 り か ご の 上 に . ま ・ ほ ろ し が 現 れ た 。 抜 け る よ う に 青 い 空 間 だ 。 そ こ に は ハ ー プ の 形 を し た 小 さ な 楽 器 が 浮 か び 、 物 寂 し い 音 が 流 れ て い た 。 か な 楽 器 を 奏 で て い る の は 誰 で も な い 。 た だ そ の 上 に 置 か れ た が ち ょ う の 羽 の 軸 が ひ と り で に 弦 を は じ い て い る の だ 。 プ サ ル テ リ ウ ム だ わ ・ , 病 ん だ 女 が つ ぶ や い た 。 そ れ は デ ィ ア も 聞 い た こ と が あ る 。 な ぜ 今 ま で 思 い 出 さ な か っ た の だ ろ う 。 プ サ ル テ リ ウ ム は 、 人 間 の 考 え 出 し た 「 天 使 』 と い う も の が 持 っ て い る の だ と い う 。 人 間 の 背 中 に 羽 が 生 え た よ う な 生 き 物 だ 。 羽 は 本 当 は 悪 魔 の も の な の に 。 さ い だ ん 祭 壇 に 時 々 そ ん な 絵 が 描 か れ て い る 。 デ ィ ア に と っ て は お も し ろ く な い も の だ 。 だ が こ ん な に 美 し い 幻 影 を デ ィ ア は 見 た こ と が な か っ た 。 じ く