検索 - みる会図書館

検索対象: 最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMERから 91件ヒットしました。

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


約 1800 名 の 職 員 が お り 総 務 部 、 計 画 部 、 分 析 部 、 緊 急 動 態 部 、 画 像 部 、 電 波 部 と 受 信 施 設 が あ る 。 2007 年 1 月 9 日 に 防 衛 庁 か ら 防 衛 省 に 移 行 、 独 立 し た 省 の 一 つ と な っ た 。 4. 厚 生 労 働 省 薬 物 取 締 の た め の 情 報 収 集 と 、 労 働 団 体 の 監 視 を 行 う 部 門 が 存 在 す る 。 5. 経 済 産 業 省 ■ 貿 易 振 興 会 ( JETRO ) 貿 易 調 査 官 の 肩 書 き で 海 外 の 大 使 館 や 公 使 館 に 派 遣 さ れ 、 産 業 情 報 の 収 集 を 行 う 。 6. 国 土 交 通 省 ・ 海 上 保 安 庁 警 備 救 難 部 内 に 、 海 賊 対 策 や 密 輸 に 密 入 国 の 情 報 を 内 偵 す る 部 門 が あ る 。 映 画 ・ ド ラ マ で 有 名 に な っ た 「 海 猿 」 の 舞 台 と な っ た こ と で 脚 光 を 浴 び た 。 7. 外 務 省 大 使 館 で 収 集 し た 情 報 や 、 外 交 情 報 を 分 析 す る 情 報 局 が あ る 。 8. 内 閣 官 房 ■ 内 閣 情 報 調 査 室 内 閣 情 報 官 を 責 任 者 に 、 内 外 の 公 然 情 報 の 収 集 を 行 う 。 内 閣 情 報 官 に は 、 警 察 官 僚 が 就 任 す る の が 慣 例 で あ る 。 ■ 内 閣 安 全 保 障 危 機 管 理 室 従 来 の 縦 割 行 政 で は 対 処 出 来 な い 重 大 事 件 や 災 害 時 に 、 官 邸 中 心 の 危 機 管 理 を 行 う 為 に 1986 年 に 第 二 次 中 曽 根 内 閣 時 に 設 立 さ れ た 。 ■ 内 閣 衛 星 セ ン タ ー 偵 察 衛 星 の 画 像 を 解 析 し 、 情 報 分 析 の 為 の 資 料 を 作 成 す る 。 107

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


用 い ら れ る 。 海 外 の 大 使 館 や 公 使 館 に 書 記 官 と し て 出 向 し 、 対 外 情 報 の 収 集 に あ た る 。 1.3 警 察 組 織 の 情 報 収 集 部 門 警 察 庁 警 備 局 外 事 情 報 部 に 外 事 課 と 国 際 テ ロ リ ズ ム 対 策 課 が 属 し 、 国 内 で の 防 諜 活 動 と 国 際 テ ロ リ ズ ム 対 策 に あ た る 。 警 察 庁 警 備 局 公 安 課 は 、 国 内 要 監 視 団 体 の 情 報 収 集 任 務 を 一 元 に 管 理 し て い る 。 警 視 庁 に は 唯 一 公 安 部 が あ り 、 警 察 庁 の 指 揮 下 の 実 働 部 隊 と な る 。 道 府 県 警 察 本 部 に は 、 警 備 部 内 に 公 安 課 が あ り 同 様 の 形 態 を と る 。 2. 法 務 省 ■ 入 国 管 理 局 武 器 や 薬 物 を 水 際 で 阻 止 し 、 又 犯 罪 者 の 逃 亡 や 流 入 を 防 ぐ 為 に 国 際 空 港 や 港 に 置 か れ る 。 国 内 に お け る 不 法 滞 在 者 の 調 査 、 逮 捕 、 送 還 も 行 っ て い る 。 ■ 公 安 調 査 庁 昭 和 27 年 7 月 21 日 破 壊 活 動 防 止 法 の 施 行 に 従 い 、 同 法 に 規 定 す る 破 壊 団 体 の 規 制 に 関 す る 調 査 及 び 処 分 の 請 求 を 一 元 的 に 行 う 行 政 機 関 で 九 段 に 本 庁 が あ る 。 公 安 調 査 官 に は 、 逮 捕 権 は な い 。 約 2000 名 の 職 員 が お り 総 務 部 、 調 査 第 一 部 、 調 査 第 二 部 か ら な り 、 公 安 調 査 局 、 公 安 調 査 事 務 所 が 国 内 に 点 在 す る 。 GHQ に よ る 占 領 が 終 わ っ て 間 も な い 時 代 の 設 置 で の た め 米 国 の レ ッ ド バ ー ジ 政 策 も 反 映 し て 、 当 時 武 装 闘 争 路 線 を 取 っ て い た 左 翼 勢 力 へ の 対 処 が 念 頭 に あ っ た 。 し か し 近 年 で は 、 松 本 サ リ ン 事 件 や 地 下 鉄 サ リ ン 事 件 な ど を 起 こ し た オ ウ ム 真 理 教 ( 現 、 ア ー レ フ ) に 対 て し 破 防 法 の 解 散 処 分 請 求 が 行 わ れ た が 、 1997 年 に 公 安 審 査 委 員 会 が 破 防 法 の 要 件 を 満 た し て い な い と 判 断 し 適 用 を 見 送 ら れ た 経 緯 が あ る 。 3. 防 衛 省 ■ 情 報 本 部 陸 上 幕 僚 監 部 に 所 属 し て い た 調 別 と 呼 ば れ た 組 織 が 、 1997 年 に 統 合 幕 僚 会 議 直 属 の 情 報 本 部 と し て 成 立 し た も の 。 本 部 長 は 将 の 階 級 を 持 つ 武 官 、 副 本 部 長 は 審 議 官 と 兼 任 す る 事 務 官 で あ り 本 部 は 市 ヶ 谷 に あ る 。 106

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


日 本 の 情 報 機 関 も し 、 何 ら か の 非 常 事 態 ( 災 害 ・ 犯 罪 ・ テ ロ ・ 国 際 情 勢 ・ 戦 争 な ど ) が 発 生 し た 場 合 、 官 庁 ・ 公 的 機 関 で は 、 ど の よ う な 部 署 で 情 報 収 集 ・ 分 析 が 行 わ れ る の で あ ろ う か 。 情 報 機 関 と い っ て も 単 純 で は な い 。 ス パ イ 映 画 の よ う な も の だ け が 「 情 報 機 関 」 で は な く 、 実 際 に は 危 機 管 理 に 向 け て 地 道 な 活 動 を 続 け て い る と こ ろ も 少 な く な い 。 各 部 署 に 関 係 が 深 い と こ ろ で 、 自 ら の 監 督 領 域 ・ 専 門 分 野 の 情 報 を 収 集 す る 部 門 が 細 か く 分 か れ て い る 。 こ で は 、 そ の 主 だ っ た も の を 列 記 し て み た い と 思 う 。 1 警 察 1.1 警 察 組 織 の 沿 革 明 治 維 新 後 、 東 京 の 治 安 維 持 を 目 的 に フ ラ ン ス 警 察 制 度 を 学 ん だ 薩 摩 藩 出 身 の 川 路 利 良 が 邏 卒 制 度 を 作 る 。 当 時 は 、 司 法 省 に 属 し た 。 明 治 7 年 、 征 韓 論 を 巡 る 政 争 で 司 法 卿 の 江 藤 新 平 が 下 野 し た の を 機 会 に 、 内 務 省 に 移 管 し 内 務 省 警 保 寮 と な る 。 の ち に 、 内 務 省 警 保 局 と な る 。 警 保 局 長 は 、 現 在 の 警 察 庁 長 官 に 該 当 す る 。 東 京 府 ( 太 平 洋 戦 争 中 、 東 京 都 と な る ) に は 警 視 庁 が 置 か れ 、 警 視 総 監 が 指 揮 監 督 に あ た っ 道 府 県 は 官 撰 知 事 の 監 督 下 に 、 警 察 部 が 置 か れ て 警 察 部 長 が 指 揮 監 督 に あ た っ た 。 戦 後 、 軍 国 主 義 の 象 徴 と GHQ に 見 な さ れ た 内 務 省 は 昭 和 22 年 に 解 体 さ れ た 。 米 国 の 警 察 制 度 を 手 本 に 、 国 家 地 方 警 察 部 と 市 町 村 自 治 体 警 察 が 警 察 法 の 基 に 設 置 さ れ た が 、 『 帯 に 短 し 、 襷 に 長 し 。 』 の 如 く 甚 だ 機 能 的 で は な か っ た 。 朝 鮮 戦 争 を 支 援 す る 為 に 、 在 日 朝 鮮 人 や 日 本 共 産 党 が 火 炎 瓶 闘 争 を 開 始 し た 。 が 、 当 時 の 自 治 体 警 察 で は 予 算 と 人 員 の 面 で 非 効 率 的 で あ っ た 為 、 昭 和 29 年 警 察 法 を 改 正 し 国 家 公 安 委 員 会 の 監 督 下 に 警 察 庁 を 設 置 し た 。 警 察 庁 は 、 警 視 庁 と 道 府 県 警 察 を 行 政 面 で 指 揮 監 督 し 、 又 複 数 の 県 に 跨 る 広 域 犯 罪 捜 査 の 調 整 に あ た る 。 1.2 警 察 組 織 の 情 報 収 集 国 民 と の 接 点 で あ る 、 交 番 や 駐 在 所 の 警 察 官 が 任 意 で 協 力 を 求 め て く る 巡 回 連 絡 カ ー ド が 基 礎 情 報 と な る 。 要 監 視 団 体 や 人 物 に 対 し て は 、 24 時 間 体 制 で 監 視 作 業 を 継 続 し て 行 う 。 情 報 提 供 者 ( 作 業 玉 ) か ら 、 提 供 さ れ る 情 報 も 貴 重 で あ る 。 自 動 ナ ン バ ー 読 取 機 ( N シ ス テ ム ) は 刑 事 事 件 捜 査 だ け で な く 、 あ ら ゆ る 対 象 の 情 報 収 集 に た す き 105

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


ロ 緊 急 特 集 秋 葉 原 無 差 別 殺 傷 事 件 「 秋 葉 原 無 差 別 殺 傷 事 件 」 は 記 憶 に 新 し い 事 件 で あ り 、 お そ ら く 歴 史 に も 名 を 残 し て し ま う ほ ど の 重 大 事 件 と な り ま し た 。 繁 華 街 の 歩 行 者 天 国 に お い て 白 昼 の 凶 行 と な っ た 点 の み な ら ず 、 秋 葉 原 は マ ス コ ミ 露 出 の ほ か 世 界 的 に も 有 名 と な っ た サ ブ カ ル チ ャ ー ス ポ ッ ト で あ り 、 CNN や BBC な ど 海 外 メ デ ィ ア で も 逐 次 速 報 が 流 れ る な ど し て 世 界 を も 震 撼 さ せ ま し た 。 筆 者 と し て も 秋 葉 原 は あ る 程 度 の 馴 染 み も あ り 、 色 々 思 う と こ ろ も あ り ま す が 、 こ こ で は 事 件 の 概 要 と そ の 対 処 方 法 、 危 機 管 理 に 限 っ て 触 れ て ゆ き た い と 思 い ま す 。 【 事 件 の 概 要 】 平 成 20 年 6 月 8 日 午 後 0 時 30 分 過 ぎ 、 東 京 都 千 代 田 区 外 神 田 4 丁 目 の 交 差 点 で 神 田 明 神 下 交 差 点 方 面 か ら 信 号 を 無 視 し て 走 っ て き た 2 ト ン ト ラ ッ ク が 、 横 断 し て い た 歩 行 者 数 名 を 跳 ね 、 対 向 車 線 で 信 号 待 ち を し て い た タ ク シ ー に 接 触 。 ダ ガ ー ナ イ フ ( 両 刃 で 、 突 き 刺 す た め の 刃 物 で あ り 、 基 本 的 に 対 人 接 近 殺 傷 用 で あ る ) を 手 に し て 、 UDX ( 秋 葉 原 駅 前 再 開 発 地 区 の 高 層 ビ ル ) 前 で ト ラ ッ ク を 乗 り 捨 て 、 救 護 活 動 を し て い た 女 性 店 員 や 警 察 官 ・ 一 般 通 行 人 に 次 々 と 切 り か か り 、 中 央 通 り の 上 を 徒 歩 で 追 跡 し て き た 。 そ の 最 中 に も 刃 物 を ふ る っ て い る 。 中 央 通 り か ら 一 歩 奥 に 入 っ た 脇 道 ( ア ソ ビ ッ ト に 通 じ る ) で 、 警 視 庁 万 世 橋 警 察 署 秋 葉 原 交 番 の 警 察 官 と の 格 闘 と な り 、 た ま た ま 非 番 で 現 場 に 居 合 わ せ た 警 視 庁 蔵 前 警 察 署 の 私 服 警 察 官 ( リ ュ ッ ク 姿 で い わ ゆ る 「 ア キ バ 系 」 に 同 化 し て い た た め 、 当 初 は 一 般 の 通 行 人 が 取 り 押 さ え た と の 噂 が 広 ま っ た ) が 犯 人 を 取 り 押 さ え 、 銃 刀 法 違 反 で 現 行 犯 逮 捕 ・ 拘 東 し た 。 こ の 事 件 に よ り 、 ト ラ ッ ク で 5 名 が 跳 ね ら れ 3 名 が 死 亡 、 ナ イ フ で 12 名 が 刺 さ れ ( 警 察 官 を 含 む ) 4 人 が 死 亡 す る と い う 、 単 独 犯 行 に よ る 史 上 最 悪 の 無 差 別 殺 人 事 件 と な っ た 。 【 対 策 】 一 般 的 に 、 こ う し た 無 差 別 な 殺 傷 事 件 は 発 生 を 防 ぐ こ と は ほ と ん ど 不 可 能 で 、 予 防 は 限 り な く 難 し い と 、 各 方 面 の 専 門 家 の 意 見 が 出 尽 く し て い る 。 人 が 引 き 起 こ し た 凶 行 で あ る こ と は 事 実 で す が 、 そ の 出 現 パ タ ー ン は む し ろ 災 害 に 近 い も の が あ る の で す 。 し か し な が ら 、 今 回 の 場 合 に 限 り 「 イ ン タ ー ネ ッ ト 掲 示 板 に お い て 前 兆 発 言 が あ っ た 」 こ と を 警 察 庁 は た い へ ん 重 大 視 し て お り 、 掲 示 板 事 業 者 な ど に 事 件 予 告 な ど の 有 害 情 報 を 見 つ け た 場 合 に は 、 110 番 通 報 に て 情 報 提 供 を 呼 び か け る 異 例 の 通 達 を 事 業 者 ( プ ロ バ イ ダ な ど ) 宛 に 送 信 し て い ま す 。 そ の た め イ タ ズ ラ で 書 き 込 ん だ も の や 、 「 葉 原 の き ・ ・ ・ 」 な ど と い う 曖 昧 な 書 き 込 6

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


携 帯 電 話 を 使 っ た 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル ど の 機 種 に 搭 載 さ れ 、 執 筆 時 点 で の 技 術 水 準 で は 、 800X480 ピ ク セ ル 級 の 高 解 像 度 大 画 面 に 詳 細 な 地 図 を 表 示 で き る に ま で 進 化 し ま し た 。 の 先 に は 、 さ ら に 高 品 位 な サ ー ビ ス も 期 待 さ れ て い ま す 。 か な り 早 い 時 期 か ら GPS ケ ー タ イ を 発 売 し て い た KDDI の au で は 、 G PS 機 能 を 応 用 し た 各 種 サ ー ビ ス が 先 進 的 に 取 り 入 れ ら れ て い る 特 色 が あ り ま す 。 災 害 対 応 な ど 危 機 管 理 に 利 用 で き る 機 能 も 盛 り 込 ま れ て お り 、 GPS を 利 用 し た 位 置 情 報 を 自 動 確 認 通 知 す る 「 安 心 ナ ビ 」 や 、 災 害 時 の 電 波 途 絶 な ど で 携 帯 通 信 網 が 不 通 に な っ て も GPS 測 位 で 避 難 所 を 案 内 す る マ ッ プ が 表 示 で き る 機 能 、 地 図 ビ ュ ア ー 、 自 宅 へ の ル ー ト を 表 示 す る 帰 宅 支 援 マ ッ プ な ど の 「 災 害 時 ナ ビ 」 な ど が あ り ま す 。 ま た au 向 け サ ー ビ ス と し て 警 備 会 社 の セ コ ム が 提 供 し て い る 位 置 情 報 サ ー ビ ス で は 、 位 置 情 報 通 知 ・ 救 急 信 号 発 信 ・ 「 警 備 員 駆 け つ け サ ー ビ ス 」 な ど を 提 供 す る 「 コ コ セ コ ム EZ 」 が 利 用 で き ま す 。 一 方 GPS 搭 載 携 帯 の 後 発 で あ る ド コ モ や ソ フ ト バ ン ク モ バ イ ル で は 搭 載 機 種 が 少 な く 、 「 GP S サ ー ビ ス の 利 用 を 前 提 に す る の で あ れ は 、 迷 わ ず に au に 」 と 言 わ れ る ほ ど 、 au は GPS サ ー ビ ス に 力 を 入 れ て い ま す 。 【 位 置 情 報 を 知 り た い 】 GPS は 最 大 で 誤 差 十 数 メ ー ト ル の レ ベ ル で の 高 い 精 度 で 位 置 情 報 を 測 位 で き ま す 。 こ れ を 利 用 す る こ と で 、 通 学 中 の お 子 さ ん や 年 配 の 家 族 の 居 場 所 を 確 認 し た い で す と か 対 応 携 帯 を 搭 載 し た 車 ・ バ イ ク ・ ペ ッ ト の 所 在 地 を 確 認 し た い と い う こ と に 使 え ま す 。 0 59

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


日 常 生 活 に お け る 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル 【 想 定 さ れ る 事 案 】 ・ 個 人 情 報 漏 洩 ・ 望 ま な い 来 訪 者 ( セ ー ル ス ・ 侵 入 盗 ・ ス ト ー カ ー ) ・ 震 災 な ど の 天 災 【 被 害 範 囲 】 ・ 世 帯 単 位 、 又 は 建 物 単 位 64 品 物 は 分 か ら な い ま で も 、 ネ ッ ト 通 販 を 利 用 す る 人 ( 購 買 意 欲 が 比 較 的 高 い ・ パ ソ コ ン を 所 有 し 箱 は 見 え な い と こ ろ に 置 き ま し よ う 。 例 え ば Amazo Ⅱ な ど の ネ ッ ト 通 販 の 箱 が 見 え て い る と 、 ま た 物 を 収 納 す る の に 色 ん な 段 ボ ー ル を 使 う 場 合 も 、 自 分 で 買 物 し た と き の 通 販 業 者 の に 鍵 は 必 須 と 考 え た ほ う が い い で し よ う 。 合 は 、 不 在 と 見 な さ れ る ) 、 ス ト ー カ ー 被 害 と い う ケ ー ス に 発 展 す る と い う こ と も あ り 、 郵 便 受 け き て 不 在 確 認 を し て か ら 空 き 巣 に 入 る ケ ー ス や ( 電 話 に 出 な い 、 留 守 番 サ ー ビ ス に な っ て い る 場 こ う し た も の を 目 的 と し て 郵 便 物 が 盜 難 さ れ 、 そ こ で 得 ら れ た 個 人 情 報 か ら 電 話 を か け て パ タ ー ン を 推 測 さ れ る こ と も あ り ま す 成 、 ク レ ジ ッ ト カ ー ド 請 求 書 か ら は ク レ ジ ッ ト カ ー ド 番 号 と 有 効 期 限 、 月 間 利 用 明 細 か ら 行 動 約 者 名 と 電 話 番 号 が 窺 い 知 れ ま す 。 通 販 会 社 で あ れ ば 注 文 内 容 か ら 趣 味 嗜 好 や 家 族 構 配 達 さ れ る 郵 便 物 ・ 配 達 物 は 個 人 情 報 ば か り で す 。 NTT や 携 帯 電 話 の 請 求 書 か ら は 契 0 ケ ー ス ① 配 達 郵 便 物 の 盜 難 け ら れ な く な る こ と も あ る の で す 。 味 趣 向 な ど が 漏 れ る ほ か 、 そ れ が 名 簿 業 者 ( 非 合 法 ) に 転 売 さ れ た り し て 拡 散 に 歯 止 め が 掛 が 恐 ろ し い と こ ろ で す 。 も の に よ っ て は 、 販 売 リ サ ー チ か ら 始 ま っ て 、 生 活 ス タ イ ル ・ 学 歴 ・ 趣 い っ た ん 情 報 が 漏 洩 す る と 、 そ の 渡 っ た 先 で ど の よ う な 扱 い を さ れ る か 解 ら な い と い う こ と に 気 付 か な い 場 合 や 、 情 報 漏 洩 の 事 実 に 気 づ く の が 遅 れ る こ と が 多 い も の で す 。 に な り ま し た 。 し か し な が ら 、 セ キ ュ リ テ ィ の 甘 い 個 人 ・ 家 庭 で は 情 報 漏 洩 が 発 生 し て も 意 外 個 人 情 報 は 今 日 、 企 業 等 で も 大 量 流 出 が 社 会 問 題 化 し 、 そ の 責 任 を 厳 し く 問 わ れ る よ う 【 個 人 情 報 漏 洩 】 を ご 紹 介 し ま し よ う 。 あ り 、 日 頃 の 注 意 と 心 掛 け が と て も 重 要 に な り ま す 。 こ こ で は 、 個 々 に 注 意 す べ き ケ ー ス な ど り 合 わ せ の 生 活 を 余 儀 な く さ れ て い ま す 。 ち ょ っ と し た 隙 や 油 断 が 、 被 害 を 拡 大 さ せ る こ と も 日 常 生 活 に お け る 危 機 管 理 編 で す 。 日 常 生 活 で は 、 現 代 社 会 に お い て 様 々 な 危 険 と 隣

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


【 ナ ビ と し て 使 い た い 】 位 置 情 報 を 元 に 、 移 動 経 路 を 検 索 す る こ と で 徒 歩 ナ ビ や 助 手 席 ナ ビ と し て 使 う こ と が 出 来 る よ う に な り ま し た 。 見 知 ら ぬ 駅 な ど で 降 り て も 、 目 的 地 ま で 徒 歩 で ナ ビ し て く れ る の で 非 常 に 便 利 に な り ま し た 。 ( 要 、 ア IV 申 込 ) 【 緊 急 時 に 駆 け つ け て 欲 し い 】 緊 急 時 に 、 救 急 信 号 を 発 信 す る こ と で 契 約 し て い る 警 備 会 社 か ら 警 備 員 に 駆 け つ け て も ら う サ ー ビ ス を 利 用 す る こ と が で き ま す 。 子 供 や 年 配 の 家 族 と 連 絡 が 取 れ な い 。 急 病 で 動 け な く な っ た り 、 ク ル マ や ペ ッ ト が 事 故 ・ 盜 難 に 遭 っ た ・ ・ ・ な ど 際 に 、 警 備 員 の 急 行 を 要 請 で き ま す 。 ( 要 、 別 途 契 約 ) 【 非 常 時 に ピ ン を 抜 く だ け で 、 保 護 者 に 緊 急 連 絡 が 発 信 さ れ る 】 au の 「 ジ ュ ニ ア ケ ー タ イ 」 、 NTT ド コ モ の 「 キ ッ ズ ケ ー タ イ 」 、 ソ フ ト バ ン ク モ バ イ ル の 「 コ ド モ バ イ ル 」 、 ウ イ ル コ ム の 「 キ ッ ズ ケ ー タ イ 」 な ど は 、 位 置 情 報 通 知 を 標 準 装 備 し 大 音 量 ブ ザ ー 、 専 用 工 具 を 要 す る バ ッ テ リ ー 、 自 動 電 源 オ ン 機 能 な ど を 装 備 し て い ま す 。 第 三 者 に 携 帯 を 奪 わ れ て 電 源 を 切 ら れ て も 、 自 動 で 電 源 を オ ン に し 位 置 情 報 を 自 動 通 知 も ち ろ ん バ ッ テ リ ー も 専 用 工 具 が な い と 外 せ す に 空 港 保 安 で は 職 員 が 職 権 で 専 用 工 具 に よ る 解 除 を す る ほ ど 強 力 で あ る 。 こ れ ら の 携 帯 を 持 っ た 子 供 が 非 常 時 に 携 帯 電 話 の ピ ン を 抜 く こ と で 緊 急 事 態 を 位 置 情 報 付 き で 予 め 登 録 し て あ る ア ド レ ス に 対 し て 自 動 通 知 す る こ と が で き る 。 応 用 事 例 と し て は 、 「 キ ッ ズ ケ ー タ イ 」 が 「 コ コ セ コ ム EZ 」 に 対 応 ・ 契 約 し て い れ ば 、 保 護 者 か ら コ コ セ コ ム の オ ペ レ ー シ ョ ン セ ン タ ー に 要 請 す る こ と で 、 警 備 員 を 急 行 さ せ る こ と も で き ま す 。 【 ど う い っ た 場 合 に 利 用 す る の が 便 利 か 】 ・ 日 常 的 に 不 特 定 の 色 々 な 場 所 へ 出 歩 く 機 会 が 多 い 場 合 に は ( 営 業 活 動 、 旅 行 な ど ) 、 徒 歩 ナ ビ な ど が あ る と 便 利 と 思 わ れ ま す 。 ・ 災 害 時 を 視 野 に 入 れ て い る の で あ ま 、 災 害 ナ ビ に 対 応 し た 携 帯 電 話 を 選 ぶ の も ポ イ ン ト で す 。 ・ 子 供 や 年 配 の 家 族 の 位 置 報 が 目 的 で あ れ ば 、 迷 わ ず 対 応 携 帯 電 話 十 コ コ セ コ ム EZ の 契 約 で 位 置 情 報 と 駆 け つ け サ ー ビ ス の 加 入 を 。 【 利 用 に 際 し て の 問 題 点 】 ・ 位 置 情 報 を 送 受 信 し て 位 置 が 特 定 さ れ る こ と で プ ラ イ バ シ ー を 侵 害 す る こ と も あ る の で 、 子 供 や 家 族 に は お 互 い の 安 心 の た め に 仕 組 み と 理 解 を 得 る こ と が 必 須 で す 。 身 の 安 全 な ど が 心 配 と な る の は 当 然 の こ と で す が 、 「 悪 い こ と を し て い な い の な ら ば 、 知 ら れ て も 問 題 な い 」 と い う 無 茶 を 言 う 人 が ま れ に い る の で 、 子 供 で あ っ て も 相 手 の 立 場 を 尊 重 す る 姿 勢 が 大 切 で す 。 60

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


ハ ー ド ウ ェ ア 的 な 設 備 投 資 ・ 対 策 が 必 要 で す 。 ま た 、 更 衣 室 な ど に 隠 し カ メ ラ を 据 え つ け る 盜 撮 事 件 も し ば し ば 発 生 し て い る た め 、 暴 力 や 窃 盜 と い っ た 人 命 に 関 わ る 場 合 以 外 で も 、 侵 入 者 の 侵 入 は 許 さ れ ま せ ん 。 校 門 を 施 錠 す る 、 出 入 管 理 箇 所 を ビ テ オ で 監 視 す る ( ハ ー ド テ ィ ス ク レ コ ー ダ ー な ど で 、 記 録 の 残 る も の が 望 ま し い ) 、 侵 入 者 セ ン サ ー ・ 非 常 通 報 装 置 を 設 置 す る ・ ・ ・ と い っ た 対 策 で す 。 そ の 上 で 、 も し 侵 入 を 許 し て し ま っ た 場 合 の 対 策 も 必 要 で す 。 最 近 で ま 、 侵 入 者 ( 賊 と 呼 称 し ま す ) に 対 し て 、 透 明 な 樹 脂 製 の 盾 や 「 薊 手 腔 ( 長 い 棒 の 先 に 、 U 字 状 に 曲 が っ た 棒 が つ い て お り 、 そ こ に 賊 を 押 し 付 け て 制 圧 す る ) 」 を 設 置 す る 学 校 も あ り ま す 。 ま た 生 徒 だ け で な く 教 職 員 が 襲 撃 さ れ る 場 合 に も 備 え 、 教 職 員 全 員 に 緊 急 通 報 装 置 を 持 た せ て い る 学 校 も あ り ま す 。 有 事 の 場 合 に は 迷 わ ず 通 報 ボ タ ン を 押 す こ と を 周 知 さ せ 、 職 員 室 と 警 備 会 社 や 警 察 に 自 動 通 報 さ れ る よ う な 仕 組 み を 講 じ 、 「 侵 入 さ せ な い 」 「 侵 入 さ れ た 場 合 は 速 や か な 通 報 」 「 被 害 の 拡 大 。 二 次 被 害 を 抑 え る た め 賊 を 取 り 押 さ え る 」 と い う よ う に 、 段 階 に 応 じ た 対 策 を す る 必 要 が あ り ま す 。 監 視 用 の セ ン サ ー や カ メ ラ な ど 防 犯 装 置 を 導 入 し た の だ か ら 、 取 り 押 さ え る 訓 練 は し な く て よ い の で ま ・ ・ ・ と い っ た 慢 心 は 、 厳 に 戒 め る べ き で す 。 復 讐 な ど の 強 い 意 識 を 持 っ て 侵 入 し た り 、 麻 薬 等 に よ っ て 正 常 な 判 断 力 を 失 っ て い る 賊 は 、 通 報 さ れ る こ と を 恐 れ な い 場 合 が あ り ま す 。 な に よ り 防 犯 装 置 は 、 危 険 を 察 知 ・ 予 防 す る た め の 道 具 に 過 き な い た め 、 侵 入 者 を 捕 ま え て く れ る わ け で は あ り ま せ ん ( 電 磁 式 の 認 証 ゲ ー ト な ど も あ る が 、 予 算 的 に 一 般 の 学 校 で 導 入 す る の は 難 し い ) 。 こ う し た 考 え が 欠 如 し て い た 場 合 は 賊 の 侵 入 を 許 す こ と に な り 、 実 際 に 児 童 が 殺 傷 さ れ て し ま う 痛 ま し い 事 件 が 起 き て し ま っ た 実 例 ( 2001 年 「 教 育 大 池 田 小 学 校 児 童 殺 傷 事 件 」 、 2005 年 「 寝 屋 川 小 学 校 教 員 殺 傷 事 件 」 な ど ) を 繰 り 返 す こ と に な っ て し ま い ま す 。 か っ て 学 校 は 、 地 域 に 開 か れ て い る こ と が 望 ま し い と さ れ て い ま し た が 、 こ れ ら 不 安 要 素 が 頭 を も た げ て い る 現 状 で は 閉 鎖 的 に な ら ざ る を 得 す 、 卒 業 生 が 恩 師 に 会 い に 行 く こ と す ら 自 由 に な ら な い の は 残 念 で も あ り ま す 。 校 門 は 、 敷 地 へ の 出 入 り を 管 理 す る 上 で は 常 用 な 拠 点 で す 。 防 犯 用 の 刺 す 股 ・ 逃 走 者 に 目 印 を つ け る べ イ ン ト ボ ー ル な ど 、 す ぐ こ 使 え る 状 態 に 準 備 し た 上 で ( 用 具 室 や ロ ッ カ ー な ど に 仕 舞 い 込 ん で し ま い 、 導 入 は し た も の の 事 実 上 使 用 で き な い の は ナ ン セ ン ス で す ) 、 警 備 ・ 管 理 に あ た る 者 は 2 ~ 3 人 以 上 で 立 つ の が 望 ま し い で し よ う 。 ま た フ ェ ン ス や 塀 も 、 防 犯 装 置 の 設 置 だ け で な く 、 容 易 に 乗 り 越 え ら れ な い よ う な 仕 組 み と す る の が 望 ま し い と い え ま す 。 【 ケ ー ス 2 、 盜 撮 ~ 外 部 か ら の 干 渉 】 か っ て は 児 童 や 生 徒 を 盜 撮 し て そ の 写 真 を 掲 載 す る 写 真 投 稿 系 雑 誌 が あ り ま し た 。 そ の た め 、 自 分 が 満 足 す る た め 撮 影 す る の み な ら ず 、 雑 誌 に 掲 載 さ れ る こ と を 目 的 と し た 盜 み 撮 り を 行

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


す 。 「 〇 〇 交 差 点 」 や 「 >< >< 電 器 店 の 前 」 と い っ た も の で す 。 公 衆 電 話 で あ れ ば 、 直 接 か け た 場 合 に 自 動 的 に 場 所 が 通 知 さ れ ま す 。 ま た 、 GPS 内 蔵 携 帯 電 話 か ら で あ れ ば 位 置 情 報 を 送 信 す る こ と も で き ま す 。 次 に 、 不 審 者 が い る こ と を 伝 え ま す 。 不 審 物 や 刃 物 を 持 っ て い る 、 服 装 や 身 長 、 性 別 、 人 数 な ど の 情 報 を 伝 え ま す 。 ー の 際 状 況 に よ っ て は 110 番 オ ペ レ ー タ ー が 指 示 を 出 し た り 協 力 を 要 請 す る こ と が あ り ま す 。 ( 不 審 者 が 視 認 で き る 程 度 に 安 全 な 場 所 に 離 れ て く だ さ い 、 警 察 官 が 到 着 す る ま で 電 話 を 切 ら す に 、 不 審 者 の 様 子 を 教 え て く だ さ い ・ ・ ・ 等 ) ・ 既 に 犯 行 が 起 こ り 、 被 害 者 が い る 場 合 に は 110 番 通 報 よ り も 先 に 119 番 通 報 を 行 い ま す 。 119 番 に 通 報 す る と 「 火 事 で す か ? 救 急 で す か ? 」 と 聞 か れ ま す の で 負 傷 状 況 を 伝 え て く だ さ い 。 ( 人 が 刺 さ れ て 出 血 、 反 応 が あ り ま せ ん 等 ) 負 傷 状 況 に よ っ て は オ ペ レ ー タ ー が 救 護 活 動 を 指 示 す る 場 合 が あ り ま す 。 可 能 で あ れ は 救 護 活 動 に ご 協 力 く だ さ い 。 ま た 、 通 報 時 に 同 行 者 が い る 場 合 に は 、 同 行 者 の 方 に 110 番 通 報 を し て も ら い 自 分 は 119 番 通 報 を 行 う な ど 同 時 通 報 を し ま し よ う 。 有 事 の た め に 、 赤 十 字 や 消 防 庁 が 実 施 す る 救 命 講 習 を 受 講 し て い る と 救 護 活 動 が 出 来 る よ う に な り 、 目 の 前 で 人 が 倒 れ て い て も 落 ち 着 い て 行 動 で き ま す 。 ・ 刃 物 対 策 刃 物 を 持 っ た 不 審 者 や 賊 ( 賊 ・ ・ ・ 他 人 に 危 害 を 加 え た り 財 物 を 奪 う 者 ) が い た 場 合 、 対 面 し た ら 全 力 で 逃 げ ま し よ う 。 可 能 で あ れ ば 真 横 に 逃 げ ま す 。 普 通 で あ れ ば 、 賊 は 視 界 に 入 る も の を 標 的 と 位 置 付 け る の で 、 そ の 視 界 か ら 外 れ る こ と が 重 要 で す 。 ま た 間 違 っ て も 対 面 で 撃 退 し よ う と 考 え た り 、 応 戦 し て は い け ま せ ん 。 止 む を 得 な い 緊 急 時 に は 、 フ ラ ッ シ = ラ イ ト や 護 身 用 唐 辛 子 ス プ レ ー 等 で 目 を ま す か 、 店 頭 に 立 て ら れ て い る ノ ボ リ 竿 ( 「 大 売 出 し 」 「 高 額 買 取 中 」 な ど が 旗 め て い て い る ア レ で す ) な ど の 長 物 を 使 用 し 、 刃 物 を 叩 き 落 す こ と を 優 先 し ま す 。 但 し 、 基 本 は 「 全 力 で 逃 け る 」 の が 大 前 提 で す 。 剣 道 や 柔 道 な ど で 自 信 が あ っ て も 、 刃 物 に よ る 傷 は 一 瞬 で も 重 篤 で 致 命 的 に な る こ と も あ る た め 、 受 傷 す れ ば 要 救 護 者 と な っ て し ま う こ と を 絶 対 に 忘 れ て は い け ま せ ん 。 あ と 、 一 般 人 の 場 合 に は 逃 げ る こ と が 優 先 さ れ ま す が 、 各 施 設 の 責 任 者 ・ 従 業 員 や 学 校 関 係 者 の 場 合 は 逃 げ る こ と よ り も 、 来 館 者 や 児 童 生 徒 の 安 全 確 保 の た め の 責 任 も 生 じ ま す 。 賊 が 侵 入 し て い て 危 険 が 迫 っ て い る こ と 、 避 難 の 必 要 が あ る こ と を 周 囲 に 知 ら せ る 必 要 が あ り 、 賊 を 制 圧 す る よ う 働 き か け る 必 要 が あ り ま す 。 制 圧 に 関 し て は 、 日 常 的 に 防 犯 訓 練 や 制 圧 訓 練 を 行 う と 同 時 に 、 緊 急 通 報 訓 練 も 同 時 に 実 施 す る 必 要 が あ る の で 、 様 々 な ケ ー ス を 想 定 し て 訓 練 す る 必 要 が あ り ま す 。 当 然 の こ と で 8

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


合 は 、 通 信 会 社 基 地 局 が 被 災 し て い な け れ ば 使 え ま す ( 携 帯 電 話 + PC の 場 合 通 信 料 は 定 額 対 象 外 な の で 、 利 用 料 金 に 注 意 が 必 要 ) 。 商 業 施 設 や 駅 近 辺 に 設 置 さ れ た 無 線 LAN が 利 用 で き る 場 合 も あ り ま す 。 ま た 停 電 地 域 が 限 定 的 で あ れ ば 、 電 気 の 通 じ て い る 地 域 に 行 っ て ネ ッ ト カ フ ェ を 利 用 す る 手 も あ り ま す ( た だ し 不 特 定 多 数 の 人 が 利 用 す る ネ ッ ト カ フ ェ で は 、 個 人 情 報 が 漏 洩 す る 可 能 性 が あ る 。 そ の た め 勝 手 の 分 か ら な い ネ ッ ト カ フ ェ で は 、 ロ グ イ ン ・ パ ス ワ ー ド 入 力 が 必 要 に な る よ う な サ イ ト は 利 用 し な い よ う 心 が け 、 個 人 名 な ど は 入 力 し な い 方 が 良 い ) 。 ・ テ レ ビ ・ ラ ジ オ の 場 合 最 近 は 携 帯 電 話 に ワ ン セ グ テ レ ビ や ラ ジ オ 機 能 が 付 い た モ デ ル が 人 気 で す が 、 ラ ジ オ と テ レ ビ の ポ ー タ ブ ル タ イ プ は 携 帯 電 話 と 別 に 用 意 し て お く の が 望 ま し い で す 。 特 に ラ ジ オ は 消 費 電 力 が 小 さ い の で 乾 電 池 で も 長 持 ち し 、 携 帯 電 話 よ り 小 さ い も の も あ り 、 簡 易 発 電 機 や 懐 中 電 灯 な ど に 組 み 込 ま れ た 製 品 も あ る の で 、 非 常 用 と し て 1 台 あ る と 便 利 で す 。 し か し 近 年 で は 、 意 外 と ポ ー タ ブ ル ラ ジ オ を 単 体 で 所 持 し て い る 人 が 少 な く な っ て い ま す 。 テ レ ビ に つ い て は 、 ポ ー タ ブ ル タ イ プ の ワ ン セ グ テ レ ビ や NDS 、 PSP が 発 売 さ れ 、 今 後 の 選 択 肢 と し て 有 効 で し よ う 。 も ち ろ ん 予 備 の 電 池 も 忘 れ ず に 。 但 し 、 ポ ー タ ブ ル タ イ プ の ワ ン セ グ テ レ ビ は 殆 ど が リ チ ウ ム 充 電 池 を 使 用 し て い る の で 、 停 電 時 に 充 電 を 確 保 で き な い 可 能 性 が あ り 、 ス ペ ア の バ ッ テ リ ー を 持 っ て お い た ほ う が よ い で す ( た だ し 充 電 し っ 放 し だ と 放 電 し て 性 能 が 低 下 す る の で 、 充 電 池 は ロ ー テ ー シ ョ ン で 使 用 す る こ と を 推 奨 ) 。 ・ 携 帯 電 話 の 場 合 充 電 に つ い て は 、 ケ ー ス 1 停 電 の ポ イ ン ト 4 で も 解 説 し ま し た が 、 市 販 の 乾 電 池 を 使 用 す る タ イ プ の 充 電 器 や 補 助 電 源 装 置 を 利 用 し ま し よ う 。 連 絡 手 段 と し て は 、 メ ー ル や 電 話 だ け で な く 、 登 録 し て い れ ば SNS の 「 m ⅸ i 」 や 「 GREEMY SPACE 」 な ど を 積 極 的 に 利 用 す る の が 望 ま し い で す 。 公 開 プ ロ グ は 発 信 が メ イ ン で コ メ ン ト 機 能 が 使 わ れ て い な い 場 合 が あ る の で 使 い 分 け が 必 要 で す が 、 常 連 で プ ロ グ や サ イ ト を 覗 い て く れ る リ ア ル 友 人 が い る 場 合 に は 、 発 信 の 一 方 通 行 に な り ま す が メ ッ セ ー ジ 発 信 が 可 能 で す 。 匿 名 掲 示 板 は そ の 性 質 か ら あ て に な り ま せ ん が 、 災 害 時 に は 避 難 所 や 支 援 物 資 到 着 な ど の 非 公 式 な 細 か い 情 報 が 出 る 場 合 も あ り え ま す ( た だ し 「 自 衛 隊 の 炊 飯 車 が 学 校 に 到 着 し た 」 と い う よ う な 情 報 が あ っ て も 学 校 で 炊 飯 が 始 ま る と は 限 ら ず 、 状 況 説 明 だ け の 「 目 撃 情 報 」 と い え 、 未 確 認 ・ 不 確 か な 情 報 が あ げ ら れ る 場 合 も あ る 。 デ マ や ウ ソ を 見 抜 く ス キ ル が 必 要 で は あ り ま す ) 。 現 在 ほ ど ネ ッ ト ワ ー ク が 普 及 し て い な い 時 代 で も 、 阪 神 淡 路 大 震 災 の 際 に パ ソ コ ン 通 信 = ニ フ テ ィ サ ー プ で 情 報 交 換 が 行 わ れ て い た こ と が あ り ま す 。 GPS 携 帯 電 話 を 持 っ て い れ は 、 現 在 地 報 を メ ー ル で 送 信 す る こ と も 可 能 で す 。 た だ し 、 登 録 し て い る GPS サ ー ビ ス や マ ッ プ サ ー ビ ス に よ っ て は 、 送 信 相 手 が 位 置 情 報 を 確 認 で き な い 場 合 も あ る の で 、 あ ら か じ め 確 認 が 必 要 で す 。 58