検索 - みる会図書館

全データから 708件ヒットしました。

慟哭


ど う 慟 哭

陽影の舞姫 Ⅳ


217 落 陽 記 く さ り 正 義 に 縛 り つ け る 鎖 に 捕 ら え ら れ 、 青 年 は 慟 哭 し た 。 な そ う し つ な に も か も が 、 喪 失 に 向 か っ て い る そ ん な 予 感 に 、 彼 は 声 を 殺 し 哭 き な が ら 、 笑 顔 の 仮 面 を つ け る し か な か っ た 0 ど う こ く

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


思 っ た 瞬 間 に 、 心 が 悲 鳴 を 上 げ た 。 あ ま た こ の 夜 感 し 取 っ た 数 多 の 事 柄 の 中 で 、 な ぜ こ の こ と を 真 っ 先 に 感 じ 取 っ て し ま っ た の か と ど う こ く ・ : そ の 皮 肉 な 巡 り 合 わ せ に 、 ) エ ン カ の む は 慟 哭 し た 。 初 め て 恋 し た 相 手 の 心 は 、 す で に 他 の ひ と の も の そ の 苦 し み に 耐 え る だ け で リ エ ン カ は 精 一 杯 だ っ た の だ 。

たのしく読める世界のすごい歴史人物伝


歴 哭 物 伝 書 高

慟哭


し 新 人 離 れ し た 文 章 の 完 成 度 、 誰 も が 驚 嘆 す る ミ ス テ リ 的 趣 向 は 多 く の 支 持 と と も に 受 け 入 れ ら れ 、 受 賞 作 に も 劣 ら な い 評 価 と 期 待 の な か で 、 見 事 デ ビ ュ 1 を 果 た し た 。 「 処 女 作 に は 書 き 手 の す べ て が あ る 」 と い う 言 い 方 が あ る け れ ど も 、 そ れ は 裏 を 返 せ ば 、 「 す べ て が な い 作 品 は 処 女 作 た り え な い 」 と 言 え る の で は な い だ ろ う か 。 そ し て 『 慟 哭 』 に は 、 貫 井 徳 郎 と い う 小 説 家 の す べ て ー ー っ ま り 題 材 や テ ー マ が 変 わ っ て も 変 わ ら な い そ の 書 き 手 固 有 の 手 応 え が あ る 。 貫 井 の 文 章 が 、 こ こ 十 年 間 に デ ビ ュ ー し て き た 本 格 ミ ス テ リ の 書 き 手 と は 異 質 の 感 触 を 持 っ て い る こ と に 異 論 を は さ む 者 は い な い だ ろ う 。 は じ め て そ の 文 章 に ふ れ る 読 者 は 、 お そ ら く 別 の ジ ャ ン ル 小 説 と し て 読 み 進 め る に 違 い な い 。 わ た し も 『 慟 哭 』 を リ ア リ ズ ム を 追 及 し た 良 質 の サ ス ペ ン ス と し て 読 み は じ め た 者 の 一 人 だ っ た 。 幼 女 連 続 誘 拐 殺 人 や 新 興 宗 教 と い う 同 時 代 的 な モ チ ー フ 。 警 察 組 織 の キ ャ リ ア / ノ ン キ ャ リ ア と い う 階 級 構 造 の な か で 描 か れ る 事 件 捜 査 の デ ィ テ ー ル 。 殺 人 犯 に 翻 弄 さ れ る 刑 事 た ち の 焦 燥 、 葛 藤 や 彼 ら の 実 生 活 に 裏 打 ち さ れ た 情 感 の 、 そ し て 宗 教 に の め り 込 み 、 つ い に は 殺 人 に ま で 手 を 染 め て し ま う 男 の 心 理 と 行 動 の リ ア リ テ ィ 。 そ れ ら を 支 え る 重 厚 な ス ト ー リ ー 展 開 と 緻 密 な 描 写 ー ー ー ざ っ と 特 徴 を 挙 げ た に す ぎ な い が 、 一 見 す る と 『 慟 哭 』 は 本 格 ミ ス テ リ が 持 っ 独 特 の 雰 囲 気 か ら 遠 く 離 れ て い る よ う に 見 え る 。 そ の 雰 囲 気 を 決 定 的 に 異 質 な も の に 仕 立 て て い る の が 、 貫 井 の 文 章 の 質 感 、 彼 の 持 っ て い る 文 体 な の で あ る が 、 こ う し た 文 章 で 書 く こ と の 効 果 を 貫 井 は 415

失踪症候群 (双葉文庫)


解 明 ) を 用 い て 解 体 す る 。 そ の 手 際 は 近 代 の 合 理 主 義 ・ 形 式 主 義 の 徹 底 さ れ た も の で あ る が 、 真 に 驚 く べ き は 、 『 慟 哭 』 は そ の ミ ス テ リ と し て の 完 璧 な 〈 謎 の 解 明 〉 の 後 に 、 全 く 解 決 さ れ な い 事 件 が 丸 ご と 残 る こ と で あ る 。 つ ま り 、 こ の 物 語 か ら 受 け る 極 め て 合 理 的 な 解 明 の カ か ん せ い タ ル シ ス は 、 こ れ 自 体 ひ と つ の 陥 穽 で あ る の だ 。 〈 佐 伯 Ⅱ 松 本 〉 と い う 叙 述 ト リ ッ ク の 仕 掛 け が 明 か さ れ る ま さ に そ の 過 程 に お い て 、 佐 伯 た ち が 追 い か け て い た 先 行 す る 幼 女 連 続 殺 人 の こ と は 読 者 の 意 識 の 「 外 部 」 に 排 除 さ れ 、 綺 麗 に 忘 れ ら れ て し ま う 。 こ の サ ス ペ ン ス フ ル な 物 語 が 、 実 は 叙 述 ト リ ッ ク で あ っ た と い う 本 格 ミ ス テ リ の 論 理 ( Ⅱ 「 対 岸 、 の 論 理 ) で 解 か れ る こ と が 、 一 種 の め く ら ま し に な る の だ 。 叙 述 ト リ ッ ク は 、 そ の 大 半 が 属 性 ( 性 別 ・ 年 齢 ・ 職 業 等 ) や 複 層 す る ス ト ー リ ー の 位 相 ( 時 間 ・ 空 間 ) を 暗 黙 の 前 提 で も っ て 読 者 に 錯 誤 さ せ る も の で あ る 。 『 慟 哭 』 は 時 間 の 位 相 と 職 業 の 属 性 を 複 合 さ せ た 叙 述 ト リ ッ ク で あ る が 、 そ れ は 単 純 に 一 人 二 役 的 な 真 相 が 明 か さ れ た と い う こ と 以 上 の 奥 行 き が あ る 。 よ り 正 確 に 言 え ば 、 物 語 と そ の 機 能 と そ の 象 徴 と が び つ た り と 重 な り 合 い 、 閉 じ た 体 系 を 形 成 し て い る 。 『 慟 哭 』 が 内 包 す る 、 も う ひ と つ の 事 件 の あ か ら さ ま な 無 解 決 は 、 不 断 の 日 常 が 抱 え 込 む 危 機 的 状 況 を 〈 狂 気 Ⅱ 「 対 岸 , の 論 理 〉 と い う 名 の 暗 箱 に よ っ て 排 除 す る 社 会 の 映 し 鏡 と し て 、 新 た な 形 相 を 浮 か び 上 が ら せ る 。 ま た 、 松 本 と い う 人 間 の 質 感 を 、 症 候 群 三 部 作 ー ー 現 在 、 二 作 目 ま で 上 梓 さ れ て い る へ と 至 る 貫 井 ミ ス テ リ の 文 脈 の な か で 考 え る と き 、 こ こ に は そ れ だ け で は な い 様 相 を 見 る こ カ タ ル シ ス み 45

慟哭


椎 谷 健 吾 貫 井 徳 郎 と の 出 会 い は 衝 撃 的 だ っ た 。 ま だ 駆 け 出 し の 編 集 者 だ っ た わ た し に と っ て 、 同 世 代 の 書 き 手 の 登 場 と い う 意 味 も さ る こ と な が ら 、 作 品 に 触 れ た と き の 圧 倒 的 な 印 象 、 そ し て 読 後 の 「 驚 き 」 は 忘 れ ら れ な い も の に な っ て い る 。 い ま 『 慟 哭 』 を も う 一 度 読 む 機 会 を 得 て 、 あ の エ ン デ ィ ン グ を 再 び 味 わ う こ と は で き な い だ ろ う と 覚 悟 し な が ら 読 み 返 し た の だ が 、 衝 撃 の 威 カ こ そ 半 減 し て い る も の の 、 そ れ と は 別 の 強 い 印 象 を 持 っ こ と が で き た 。 そ れ は 貫 井 の デ ビ ュ ー 作 で あ る こ と に と ど ま ら ず 、 彼 が こ こ か ら 展 開 し て い く で あ ろ う 、 小 説 家 と し て の 資 質 に つ い て で あ る 。 と も あ れ 初 読 の 方 々 は 、 ま ず 解 説 か ら 読 む な ど と い う 無 粋 な 真 似 は せ ず 、 す ぐ さ ま 本 文 へ ペ ー ジ を 移 行 し て ほ し い 。 せ つ か く あ の 「 驚 き 」 を 味 わ え る 特 権 的 な 立 場 に あ る の だ か ら 、 そ れ を み す み す 逃 す 手 は な い と 思 う 。 現 在 に 至 る 貫 井 の 活 動 を 考 え れ ば 、 一 一 作 同 時 受 賞 で も お か し く な か っ た は ず だ が 、 『 慟 哭 』 は 第 四 回 鮎 川 哲 也 賞 の 最 終 候 補 に ま で 残 り な が ら も 、 受 賞 を 逃 し て し ま っ た 作 品 で あ る 。 し か 解 説 414

ふたりの約束


第 一 話 「 こ の 日 の た め に 」 ・ 第 二 話 「 不 安 と 恐 怖 」 ・ 第 三 話 「 私 に で き る こ と 」 ・ 第 四 話 「 私 の 居 場 所 」 ・ 第 五 話 「 未 来 へ の 希 望 」 ・ 第 六 話 「 強 が り 」 ・ 第 七 話 「 私 の 幸 せ っ て な に ? 」 ・ 第 八 話 「 止 ま ら な い 時 門 」 第 九 話 「 白 い 世 界 」 ・ 第 十 話 「 そ れ ぞ れ の 道 」 ・ 第 十 一 話 「 ふ た り の 別 れ 」 ・ 第 十 二 話 「 お 前 達 な ら き っ と 」 ・ 第 十 三 話 「 新 た な る 道 へ 」 ・ 第 十 四 話 「 突 然 の 告 白 」 ・ 第 十 五 話 「 二 つ の 恋 」 ・ 第 十 六 話 「 僕 を 想 っ て く れ る 人 」 ・ 第 十 七 話 「 同 じ 考 え 」 ・ 第 十 八 話 「 慟 哭 」 ・ 最 終 話 「 ふ た り の 約 束 」 ・ 奥 付 ・ ・ 六 〇 五 四 四 四 四 〇 六 四 九 五

ふたりの約束


第 一 話 「 こ の 日 の た め に 」 ・ 第 二 話 「 不 安 と 恐 怖 」 ・ 第 三 話 「 私 に で き る こ と 」 ・ 第 四 話 「 私 の 居 場 所 」 ・ 第 五 話 「 未 来 へ の 希 望 」 ・ 第 六 話 「 強 が り 」 ・ 第 七 話 「 私 の 幸 せ っ て な に ? 」 ・ 第 八 話 「 止 ま ら な い 時 門 」 第 九 話 「 白 い 世 界 」 ・ 第 十 話 「 そ れ ぞ れ の 道 」 ・ 第 十 一 話 「 ふ た り の 別 れ 」 ・ 第 十 二 話 「 お 前 達 な ら き っ と 」 ・ 第 十 三 話 「 新 た な る 道 へ 」 ・ 第 十 四 話 「 突 然 の 告 白 」 ・ 第 十 五 話 「 二 つ の 恋 」 ・ 第 十 六 話 「 僕 を 想 っ て く れ る 人 」 ・ 第 十 七 話 「 同 じ 考 え 」 ・ 第 十 八 話 「 慟 哭 」 ・ 最 終 話 「 ふ た り の 約 束 」 ・ 奥 付 ・ ・ 六 〇 五 四 四 四 四 〇 六 四 九 五

慟哭


ど う 慟 哭 貫 井 徳 郎 痛 ま し い 幼 女 誘 拐 事 件 の 続 発 。 難 航 す る 捜 査 。 そ の 責 め を 負 っ て 冷 徹 な 捜 査 一 課 長 も 窮 地 に 立 た さ れ た 。 若 手 キ ャ リ ア の 課 長 を め ぐ る 警 察 内 部 の 不 協 和 音 , マ ス コ ミ に よ る 私 生 活 追 及 。 こ の 緊 迫 し た 状 況 下 で , 新 し い 展 開 は 始 ま っ た ! サ イ ド ス ト ー リ イ に , 黒 魔 術 を 狂 信 す る 新 興 宗 教 の 生 態 や 現 代 の 家 族 愛 を 鮮 烈 に 描 き つ つ , 人 間 内 奥 の 悲 痛 な 叫 び を 抽 出 し た こ の 野 心 作 は , 北 村 薫 氏 を し て , 書 き 振 り は 《 練 達 》 , 読 み 終 え て み れ ば 《 仰 天 》 , と 驚 嘆 さ せ た , 巧 緻 こ の 上 な い 本 格 推 理 。