検索 - みる会図書館

検索対象: 技術と法律

技術と法律から 39件ヒットしました。

技術と法律


技 術 法 律 2 1 1 . お わ り に 10. 工 ン タ メ と 知 財 分 科 会 と は ~ 1 年 半 の 軌 跡 9. ハ ッ カ ソ ン か ら 考 え る 法 と 政 策 制 度 ~ い く つ か の 論 点 提 示 の 試 み 8. 電 子 機 器 を 製 品 化 す る 際 に 必 要 な 法 的 対 策 ~ 技 適 ・ PSE 対 応 手 法 7. お 金 に ま つ わ る リ エ ン ジ ニ ア リ ン グ へ の 期 待 6. 技 術 と 法 律 に つ い て の 雑 感 5. ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト は 裁 判 で 使 え る の か ? ( 前 編 ) 4. 強 い 地 T 特 許 を 取 得 す る に は ? 3. バ ー ソ ナ ル テ ー タ の 収 集 ・ 利 用 と 法 規 制 2. 民 事 訴 訟 に お け る ソ ー ス コ ー ド の 取 扱 い に つ い て 1 . は じ め に

技術と法律


技 術 法 律 2 1 1 . お わ り に 10. 工 ン タ メ と 知 財 分 科 会 と は ~ 1 年 半 の 軌 跡 9. ハ ッ カ ソ ン か ら 考 え る 法 と 政 策 制 度 ~ い く つ か の 論 点 提 示 の 試 み 8. 電 子 機 器 を 製 品 化 す る 際 に 必 要 な 法 的 対 策 ~ 技 適 ・ PSE 対 応 手 法 7. お 金 に ま つ わ る リ エ ン ジ ニ ア リ ン グ へ の 期 待 6. 技 術 と 法 律 に つ い て の 雑 感 5. ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト は 裁 判 で 使 え る の か ? ( 前 編 ) 4. 強 い 地 T 特 許 を 取 得 す る に は ? 3. バ ー ソ ナ ル テ ー タ の 収 集 ・ 利 用 と 法 規 制 2. 民 事 訴 訟 に お け る ソ ー ス コ ー ド の 取 扱 い に つ い て 1 . は じ め に

技術と法律


こ の 2 つ の 商 品 は 、 メ ー カ ー も 異 な る 別 の 商 品 で は あ り ま す が 、 表 記 さ れ て い る 認 証 番 号 は 同 じ で す 。 で は 、 こ の 番 号 の 認 証 が ど の よ う な 内 容 な の か を 見 て み ま し よ う 。 認 証 の 内 容 は 、 総 務 省 の ホ ー ム ペ ー ジ か ら 検 索 す る こ と が 可 能 で す 。 物 総 務 省 ” , な ・ - を 簽 第 第 第 を を : : た 器 つ 贓 技 術 基 準 適 合 証 明 等 を 受 け た 機 器 の 検 素 ニ 、 の 第 年 リ を ) 基 物 足 第 等 を 、 : た 第 器 こ 材 第 を 第 し ま す . い 機 ー こ す - 川 ) M を 電 ま の 物 第 、 電 ま 新 用 第 す る 第 第 に 本 、 第 情 報 ( ? ) 半 成 ! ら 新 / 珥 関 谷 11 物 に よ い 缸 を 第 設 の 物 り を 記 一 す ぬ リ つ ま : つ を 物 い 气 を 」 洋 の 物 し ( & り ま す . 、 3 、 十 卩 3 工 ー : , の 闇 を 物 物 に す 「 し 「 T 鋼 設 豊 第 の 新 を : な り ま し :. 工 を 報 物 当 て 物 、 4 ー 蘚 物 取 に よ り 、 第 広 2G 年 4 材 」 以 第 に 新 た に 第 禁 を 明 を 物 し を 第 第 新 係 を 新 ) 1 、 て . 人 体 侘 ・ 部 拶 ご 丁 を 、 ) ら 2 朝 ( 物 以 内 に 、 5 場 い ( 物 Ⅲ 挫 県 イ も の は . 当 ) b イ 第 し 、 は に お け る ヒ 第 ) の 新 象 と な ! : す は 、 、 本 第 第 に は 椒 ) 0 、 、 収 物 の ) 1 め を だ を さ ÜJ す . 0 義 第 第 物 当 を す る 第 物 ・ ま な を 第 タ ウ ン ロ ” ド 無 第 曜 第 報 検 第 - 嚀 報 を す と し て こ こ に 設 定 す る こ と か ー 洋 し く は ′ 、 ・ フ を ご 第 く た 声 0 「 技 術 基 準 適 合 証 明 等 を 受 け た 機 器 の 検 索 3 会 社 が 、 " WML - C69 " と い う 名 称 で 取 得 し て い る こ と が 分 か み る と 、 先 に 挙 げ た メ ー カ ー と は 異 な る 、 " ミ ッ ミ 電 機 " と い う 表 示 さ れ て い る 認 証 番 号 ” 01 1 -120018 ” で 検 索 を し て り ま す 。 事 設 計 筆 番 号 登 録 証 明 機 関 に よ る 工 事 設 計 認 証 に 関 す る 詳 細 情 報 事 設 計 認 証 を し た 年 月 ロ 事 設 計 第 を 受 け た 蓄 の 氏 名 又 は 名 み 設 籵 第 を 受 け た 将 定 無 線 設 備 の 物 別 事 設 計 認 を 受 け た 特 定 無 編 設 物 の 型 式 乂 は 名 杯 の 第 式 、 周 澱 数 及 ひ 空 中 編 電 力 フ リ ア ス 規 定 ODY SAR ー 1 ー ー 20U 18 成 24 年 4 月 2 / 日 三 ッ 三 電 機 株 式 会 2 条 第 一 9 号 に 現 定 す る 特 定 無 設 備 ・ M し 一 C 09 ド 1 い 24 ( レ ~ 2480M ト は 朝 9 ル 日 間 ) ス フ リ ア ス 現 定 さ ら に 、 実 際 の 認 証 表 示 を い く つ か 見 比 べ て み た い と 思 い ま す 。 ホ シ テ ン HRMI 0264 認 証 番 号 : 007- AC0034 3 http://www.tele.soumu.g0.jp/giteki/SearchServlet?pagelD=js01 4 http://www.hosiden.co.jp/news/product/hrml 026. htm ー 富 士 通 コ ン ボ ー ネ ン ト MBH7BLZOI A5 認 証 番 号 : 007- AC0034 ま す 。 こ の 場 合 、 製 品 化 を し て い る 方 ご 自 身 が 主 体 と な っ て 認 線 設 備 ) に 対 し て 、 技 術 基 準 に 適 合 し て い る か を 判 定 し 認 証 し 事 設 計 認 証 と な り ま す 。 技 術 基 準 適 合 証 明 で は 、 製 品 ( 特 定 無 が 異 な り ま す 。 1 . で は 、 技 術 基 準 適 合 証 明 と な り 、 2. で は 、 工 無 線 設 備 」 の 観 点 か ら み る と 、 そ れ そ れ 適 用 さ れ る 認 証 制 度 す の で 、 ど ち ら の 方 法 も よ く つ か わ れ ま す 。 そ し て 、 「 適 合 表 示 そ れ そ れ の 手 法 に は メ リ ッ ト ・ テ メ リ ッ ト が そ れ そ れ あ り ま 2. 無 線 通 信 機 能 を 持 つ モ ジ ュ ー ル 部 品 を 基 板 に 組 み 込 む 1 . 無 線 通 信 機 能 を 新 た に 開 発 し て 基 板 に 組 み 込 む 場 合 、 手 法 は 大 き く 分 け て 2 つ あ り ま す 。 ー ス で 見 て い き た い と 思 い ま す 。 商 品 に 無 線 機 能 を 組 み 込 む の で し よ う か ? 具 体 的 に 、 無 線 通 信 を 使 う 商 品 を 開 発 す る ケ そ れ で は 、 技 術 基 準 適 合 証 明 と 、 工 事 設 計 認 証 は 何 が 違 う を 確 認 す る こ と が で き ま す 。 機 器 の 検 索 ペ ー ジ か ら 、 ど の 認 証 制 度 に 基 づ く 認 証 で あ る か の 制 度 の た め 、 本 稿 で は 詳 細 を 割 愛 し ま す 。 前 述 の 総 務 省 の す 。 3. は 、 コ ー ド レ ス 電 話 機 や 携 帯 ・ PHS 電 話 機 等 に 対 し て 認 証 」 に あ た り ま す 。 1 . が 電 波 法 に お け る 、 い わ ゆ る 「 技 適 」 で そ し て 、 先 の モ ジ ュ ー ル に 対 し て の 認 証 は 、 2. の 「 工 事 設 計 3. 技 術 基 準 適 合 自 己 確 認 ( 電 波 法 第 38 条 の 33 ) 2. 工 事 設 計 認 証 ( 電 波 法 第 38 条 の 24 ) 1 . 技 術 基 準 適 合 証 明 ( 電 波 法 第 38 条 の 6 ) 実 は 、 電 波 法 に お け る 適 合 を 確 認 す る 制 度 は 3 つ あ り ま す 。 証 と い う の は 、 ” 何 に 対 し て ” の 認 証 で し よ う か ? 今 ま で は 、 認 証 に つ い て お 話 し て き ま し た が 、 さ て 、 こ の 認 載 さ れ て い る モ ジ ュ ー ル 上 に 認 証 番 号 が 表 示 さ れ て い ま す 。 電 子 「 UN ト 01- A002 」 も 同 様 に 、 製 品 自 身 で は な く 基 板 に 搭 証 表 示 が あ る の は 、 先 に 挙 げ た ユ カ イ 工 学 「 k 。 nashi 」 や 、 ユ ニ 番 号 は モ ジ ュ ー ル 上 に 刻 印 さ れ て い ま す 。 モ ジ ュ ー ル 上 に 認 で 、 最 初 に 見 て き た よ う な 商 品 と な り ま す 。 し か し な が ら 、 認 証 も な く 、 電 子 基 板 の 部 品 と し て 使 用 さ れ て 組 み 込 ま れ る こ と る 電 子 部 品 で す 。 こ の モ ジ ュ ー ル で は 製 品 と し て の 機 能 は 何 こ れ ら は 、 B ⅳ etooth の 通 信 を す る " モ ジ ュ ー ル " と 呼 ば れ 5 http://www.fujitsu.com/jp/group/fcl/resources/news/press-releases/2016 / 20161025. htm ー 26

技術と法律


第 4 部 ー は じ め に ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト は 裁 判 で 使 え る の か ? ( 前 編 ) 近 年 、 FinTech 技 術 の 中 核 を な す プ ロ ッ ク チ ェ ー ン 技 術 を 活 用 し た 「 ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト (Smart Contract) 」 と 呼 ば れ る 技 術 が 注 目 さ れ て い る 。 本 稿 で は 、 前 後 編 の 2 回 に 分 け て 、 プ ロ ッ ク チ ェ ー ン 技 術 を 基 礎 と し た ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト に 基 づ い て 、 そ こ に 記 録 さ れ た 契 約 を 守 ら せ る ( 履 行 さ せ る ) こ と を 、 現 行 の 法 制 度 に お い て 裁 判 手 続 を 通 じ て 実 現 可 能 な の か を 検 討 す る 。 す な わ ち 、 ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト が 、 ① 契 約 と し て 法 的 に 有 効 に 成 立 し て い る の か と い う 観 点 と 、 ② 裁 判 に お い て 実 質 的 な 証 拠 と し て の 価 値 を 持 つ の か と い う 観 点 に つ い て 、 非 法 律 系 の 読 者 を 対 象 に 基 本 的 な 検 討 を 試 み る 。 ll 契 約 と ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト 1 契 約 の 成 立 と 実 行 法 律 の 世 界 に お い て は 、 契 約 は 、 当 事 者 間 の 意 思 の 合 致 に よ り 成 立 す る 。 具 体 的 に は 、 一 方 の 申 込 み ( 0 幵 er ) の 意 思 表 示 に 対 し て 、 他 方 が そ の 内 容 を 承 諾 ( Accept ) の 意 思 表 示 を す る こ と に よ り 成 立 す る ( 民 法 第 521 条 以 下 ) 。 申 込 み と 承 諾 が 対 応 し て い る こ と に よ り 契 約 が 成 立 す る と い う 考 え 方 は 、 米 国 な ど の 異 な る 法 制 度 を 採 用 す る 国 で も 基 本 的 に 同 じ で あ る 。 例 え ば 、 売 買 契 約 に つ い て 、 民 法 第 555 条 は 、 「 売 買 は 、 当 事 者 の 一 方 が あ る 財 産 権 を 相 手 方 に 移 転 す る こ と を 約 し 、 相 手 方 が こ れ に 対 し て そ の 代 金 を 支 払 う こ と を 約 す る こ と に よ っ て 、 そ の 効 力 を 生 ず る 。 」 と し て い る 。 具 体 的 に 考 え て み る と 、 自 動 車 を 持 っ て い る 人 が 、 「 こ の 自 動 車 を 100 万 円 で 売 り ま す よ 。 」 と 申 込 み を し 、 こ れ に 対 し て 相 手 方 が 「 そ の 自 動 車 を 100 万 円 で 買 い ま す 。 」 と 承 諾 す れ ば 、 自 動 車 を 100 万 円 で 売 買 す る 契 約 が 成 立 す る と い う こ と に な る 。 こ の よ う に 、 売 買 契 約 に お い て 合 意 ( 申 込 み と 承 諾 の 内 容 が 一 致 ) し な け れ ば 足 立 昌 聰 Masatoshi ADACHII な ら な い 最 低 限 の 要 素 は 、 売 買 の 対 象 と な る 財 産 権 に の 例 の 場 合 は 自 動 車 の 所 有 権 ) と そ の 対 価 の 額 ( 1 OO 万 円 ) に な る 。 こ の よ う な 極 め て 単 純 な 売 買 契 約 の よ う な 典 型 契 約 で あ れ ば 、 何 が 契 約 の 要 素 で あ る か は 民 法 に 規 定 さ れ て い る 。 も っ と も 、 実 社 会 で 使 わ れ て い る 契 約 に は 、 故 障 時 の 無 償 で の 修 理 保 証 は い つ ま で と す る か 等 の 様 々 な 要 素 が 盛 り 込 ま れ て お り 、 何 が 契 約 の 要 素 で あ る か は 当 事 者 間 で 取 り 決 め る 事 に な る 。 一 方 で 、 契 約 の 要 素 を 当 事 者 で 取 り 決 め る こ と が で き る と す る と 、 当 事 者 間 で そ の 理 解 に 齟 齬 が 生 じ 紛 争 に つ な が る お そ れ が あ る 。 こ の よ う な 紛 争 を 避 け る た め に 、 重 要 な 契 約 で は 、 契 約 書 ( Contract ) が 作 成 さ れ 、 そ こ に 契 約 の 要 素 の 解 釈 に 疑 義 が 生 じ な い よ う 定 義 ( Definition ) が 置 か れ る こ と に な る 。 な お 、 一 部 の 類 型 の 契 約 2 を 除 き 、 契 約 を 成 立 す る た め に 、 書 面 で の 契 約 書 を 作 成 し な け れ ば な ら な い と い う 法 律 上 の 制 限 は な い 。 コ ン ビ ニ で 肉 ま ん を 買 う の に 、 い ち い ち 店 員 と 売 買 契 約 書 を 作 成 せ ず と も 、 口 頭 で の 申 込 み と 承 諾 で 契 約 が 成 立 す る の で あ る 。 と こ ろ で 、 契 約 上 の 義 務 を 守 る ( 履 行 す る ) か 否 か は 、 基 本 的 に は 、 義 務 を 負 う 者 ( 債 務 者 ) の 自 由 で あ る 。 相 手 方 が 自 動 車 の 売 買 契 約 を 守 ら な い か ら と い っ て 、 勝 手 に 自 動 車 の キ ー を 奪 っ て い く こ と を 許 容 し た の で は 、 社 会 秩 序 が 崩 壊 し か ね な い の で 、 こ の よ う な 自 力 で の 履 行 強 制 ( 自 力 救 済 ) は 禁 止 さ れ て い る 。 そ の た め 、 契 約 上 の 義 務 を 相 手 方 に 強 制 的 に 守 ら せ る た め に は 、 裁 判 を 通 じ て 契 約 上 の 義 務 の 履 行 を 命 ず る 判 決 を 貰 い 、 執 行 す る ( Execute ) と い う 手 続 を 経 る 必 要 が あ る 。 も ち ろ ん 、 通 常 は 「 自 動 車 の キ ー を 引 き 渡 す ま で 代 金 は 払 わ な い 。 」 又 は 「 代 金 を 支 払 う ま で 自 動 車 の キ ー は 渡 さ な い 。 」 と い う 交 渉 カ ー ド を 互 い に 有 し て い る の で 、 こ れ ら を 同 時 に 交 換 す る と い う 形 で 、 お 互 い が 自 発 的 に 契 約 を 守 る こ と が 促 さ 1 東 京 大 学 工 学 部 シ ス テ ム 創 成 学 科 生 体 情 報 シ ス テ ム コ ー ス 、 同 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 法 曹 養 成 専 攻 修 了 。 弁 護 士 登 録 後 、 外 国 法 共 同 事 業 ジ ョ ー ン ズ ・ テ ィ 法 律 事 務 所 を 経 て 、 現 在 は 弁 護 士 活 動 を 休 止 し 、 特 許 庁 で 法 制 専 門 官 と し て 執 務 中 。 情 報 処 理 安 全 確 保 支 援 士 ( 登 録 セ キ ス ペ ) 、 弁 理 士 、 MCPC 認 定 loT シ ス テ ム 技 術 者 ( 中 級 ) 。 2 例 え ば 、 第 三 者 の 借 金 等 の 債 務 弁 済 義 務 を 保 証 す る 契 約 ( 保 証 契 約 ) に つ い て は 、 保 証 人 が 意 図 し な い 義 務 を 負 う こ と が な い よ う 、 書 面 で 締 結 し な け れ ば 効 力 を 生 じ な い ( 民 法 第 446 条 ) 。 こ の よ う な 契 約 を 「 要 式 契 約 」 と い う 。

技術と法律


て い た た め 企 業 と の 取 引 実 績 や 資 産 残 高 に よ っ て 見 え る 化 さ れ る と さ れ て い た 。 し か し こ こ 最 近 、 あ ら ゆ る 公 的 機 関 は 申 請 が あ っ た 人 の Facebook ・ Twitter を 良 く も 悪 く も 見 て る 。 篠 原 ヒ ロ 氏 1 。 の 言 い 方 を お 借 り す る と す れ ば 、 信 用 の 徳 を ど う 積 む の か 、 現 状 の 制 度 な ら ば 徳 が 見 え や す い の が 学 歴 や 収 入 と 言 え る が 、 決 済 や 収 益 の 見 え る 化 や SNS を 使 い 続 け て い く こ と で テ ジ タ ル 上 の 信 用 を 獲 得 し て い く 方 向 に も 、 ビ ザ も な い の に 興 行 に 出 て 怒 ら れ る 可 能 性 も あ る と 言 え る 。 3 、 お 金 に よ る 評 価 方 法 著 作 権 に 対 す る 意 識 が 高 ま っ て き て い る 。 以 前 、 某 所 で 受 け た 研 修 で は 弁 護 士 か ら 「 中 高 生 に 向 け て CD の 貸 し 借 り は 著 作 権 法 違 反 に な る と 指 導 し て く だ さ い 」 と の 説 明 が あ っ た 。 確 か に 私 的 利 用 と は 家 族 程 度 ま で 1 と さ れ て い る の で 間 違 い で は な い 。 中 高 生 時 代 に 友 人 と 新 し い ア ー テ ィ ス ト を 探 し て き て は CD を 勧 め あ っ た 青 春 時 代 を も つ 私 と し て は 複 雑 な 心 境 だ と 思 っ た の は も は や 数 年 前 。 CD で は な く ス ト リ ー ミ ン グ や You 和 be で 音 楽 を 楽 し む よ う に な っ た 今 の 中 高 生 世 代 に は そ の 憂 い は も は や 理 解 で き な く な っ て き た か も し れ な い 。 音 楽 は か っ て バ ト ロ ン に よ っ て 囲 わ れ て 生 活 費 を 得 て い た 音 楽 家 の 時 代 、 技 術 に よ っ て レ コ ー ド や CD と い う 媒 体 に 乗 せ て 販 売 し 著 作 権 収 入 を 得 ら れ る 時 代 、 そ し て 何 か し ら の コ ン テ ン ツ に 乗 せ て 著 作 物 使 用 料 を 得 ら れ る 時 代 へ と 変 化 し て き て い る 。 YouTube で は 再 生 さ れ た 回 数 に 応 じ て 権 利 者 へ 収 益 が 配 分 さ れ る 仕 組 み も 技 術 の 発 展 に よ る も の と い え よ う 。 音 楽 の み な ら す 著 作 物 を 始 め と し た 無 形 資 産 (lntangi - ble Assets) は 作 っ た 作 品 そ の も の が 売 れ る こ と だ け で 収 入 を 得 る の で は な く 、 ニ 次 的 三 次 的 な 創 作 物 に よ る 価 値 が 生 ま れ る 環 境 が で き て き て い る 。 例 と し て は 宇 宙 兄 弟 と メ ル カ リ の コ ラ ボ で あ る 12 。 作 家 と し て も 思 い が け な い も の が フ ァ ン の 手 か ら 生 み 出 さ れ る こ と は う れ し い し 、 フ ァ ン と し て も 正 当 な 価 格 が 作 家 に 還 元 さ れ る こ と で よ い 関 係 性 が 生 ま れ て い る と 言 え る 。 権 利 者 で は な い 第 三 者 か ら の 指 摘 に よ り 気 を つ け す ぎ て 無 難 に な り 、 ト イ レ の 落 書 き も 書 け な く な る こ と は 機 知 に 富 ん だ 文 化 の 衰 退 を 起 こ し か ね な い 。 そ の 点 、 LDH が わ か り や す く 写 真 利 用 に つ い て 明 示 し た こ と は よ い 利 用 を 促 し 、 著 作 物 の 価 値 の 可 能 性 が 感 じ ら れ る 13 。 近 代 に お い て 一 般 に 著 作 権 の 価 値 は M & A も し く は 相 続 の 時 に 評 価 さ れ る 程 度 で あ る 。 し か し こ れ か ら の 脱 近 代 に お い て 、 著 作 物 を 用 い た 広 が り や 創 作 性 が プ ラ ン ド 価 値 と し て 技 術 の 発 展 に よ り 金 銭 的 に 評 価 さ れ れ ば 、 資 産 と し て の 価 値 が 10 「 プ ロ ッ ク チ ェ ー ン で 既 得 権 を 破 壊 す る 」 と 豪 語 、 起 業 家 ・ 篠 原 ヒ ロ と は 何 者 ? sider.jp/post-1 00681 あ る と さ れ る だ ろ う 。 私 は そ の 時 に 出 て く る ビ ジ ネ ス に 期 待 し て い る 。 リ ン ク は 2017 年 10 月 1 6 日 現 在 、 下 記 プ ロ グ に リ ン ク ー 覧 が あ り ま す 0http://bit.ly/reOkane 参 考 文 献 1 . リ エ ン ジ ニ ア リ ン グ 革 命 ー 企 業 を 根 本 か ら 変 え る 業 務 革 新 マ イ ケ ル ハ マ ー 2. く イ ン タ ー ネ ッ ト 〉 の 次 に 来 る も の 未 来 を 決 め る 1 2 の 法 則 ケ ヴ ィ ン ・ ケ リ ー 3. ア ー キ テ ク チ ャ と 法 ー 法 学 の ア ー キ テ ク チ ュ ア ル な 転 回 ? 松 尾 陽 ( 編 集 ) 4. CODE VER 0N2.0 ロ ー レ ン ス ・ レ ッ シ グ ( 著 ) , 山 形 浩 生 ( 翻 訳 ) 5. 魔 法 の 世 紀 落 合 陽 ー ( 著 ) 6. FinTech 大 全 今 、 世 界 で 起 き て い る 金 融 革 命 ス ザ ン ヌ ・ キ シ ュ テ ィ , ヤ ノ シ ュ ・ バ ー ベ リ ス ( 編 著 ) , 瀧 俊 雄 ( 監 訳 ) 新 井 秀 美 バ ロ ッ ト 行 政 書 士 事 務 所 行 政 書 士 大 阪 大 学 法 学 部 卒 。 系 や 許 認 可 グ レ ー 領 域 に 関 す る 起 業 相 談 や 外 国 人 向 け の ビ ザ 申 請 の 業 務 を 得 意 と す る 。 知 的 財 産 マ ネ ジ メ ン ト 研 究 会 Smips 工 ン タ メ と 知 財 分 科 会 共 同 オ ー ガ ナ イ ザ ー / 工 ン ジ ニ ア と 法 律 家 の た め の 勉 強 会 Study Code 共 同 主 催 者 を 兼 ね る 。 フ ェ チ 東 京 を 運 営 し て い た た め 、 ク リ エ イ テ イ プ な 工 ロ に は 寛 容 。 飛 行 機 で 行 く 出 張 が 好 き で す 。 電 通 大 ウ エ プ デ ザ イ ン シ ス テ ム プ ロ グ ラ ム 在 籍 中 。 肩 書 き は 起 業 家 ・ オ タ ク ・ ハ ッ カ ー ー BUSINESS INSIDER https://www.businessin- 1 1 文 化 庁 テ キ ス ト http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/kyozai.html 1 2 ク リ エ イ タ ー ズ 宇 宙 兄 弟 x メ ル カ リ https://koyamachuya.com/campaign/mercari/ 1 3 https://www 」 dh. cojp/rule/ 24

技術と法律


技 術 の 世 界 に お い て 、 工 ン ジ ニ ア が コ ン ピ ュ ー タ を 動 作 さ せ る た め に 組 み 上 げ る プ ロ グ ラ ム の こ と を 「 コ ー ド ( Code ) 」 と 呼 び ま す 。 一 方 、 法 律 の 世 界 に お い て 、 3 足 立 昌 聰 「 技 術 と 法 律 」 共 同 編 集 代 表 2017 年 10 月 吉 日 こ こ に 「 技 術 と 法 律 」 の 準 備 号 を 刊 行 し ま す 。 2 つ の 「 コ ー ド 」 が 共 に 発 展 す る 一 助 と な る こ と を 祈 念 し 、 ま だ ま だ 試 行 錯 誤 の 状 況 で す が 、 「 Study Code 」 で す 。 技 術 者 と 法 律 家 の 交 流 を 図 る 会 技 術 者 と 法 律 家 が 、 そ れ そ れ 自 身 の 分 野 の 情 報 を 他 方 に 提 供 し 、 も う ひ と つ は 、 「 技 術 と 法 律 」 で す 。 自 由 に 論 稿 を 投 稿 で き る 技 術 者 と 法 律 家 が 、 技 術 と 法 律 が 交 錯 す る テ ー マ に つ い て 、 ひ と つ は 、 2 つ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 作 る こ と に し ま し た 。 わ た し た ち は 、 技 術 者 と 法 律 家 は 互 い の 「 コ ー ド 」 を 理 解 す る た め の 場 と し て 、 2 つ の 「 コ ー ド 」 が 密 接 に 関 係 す る 時 代 の 中 で 、 人 工 知 能 や 仮 想 通 貨 に 対 す る 規 制 論 や 、 リ ー ガ ル テ ッ ク の よ う な 新 ビ ジ ネ ス が 勃 興 す る な ど 、 交 わ る こ と な く 、 そ れ そ れ の 進 化 を 遂 げ て き ま し た 。 技 術 者 と 法 律 家 と い う 全 く 異 な る 人 た ち に よ り 、 2 つ の 「 コ ー ド 」 は 、 「 コ ー ド ( Code ) 」 と 呼 ば れ ま す 。 立 法 者 が 、 国 や 組 織 の 行 動 の ル ー ル と し て 作 り 上 げ る 法 令 の こ と も

技術と法律


氏 が イ ン ド ネ シ ア の 野 生 サ ル の 生 息 地 を 訪 れ 、 カ メ ラ を 設 置 し て お い た と こ ろ 、 サ ル が 撮 影 ボ タ ン を 押 し 自 撮 り 写 真 が 撮 影 さ れ た 。 ス レ イ タ ー 氏 は 、 サ ル の 自 撮 り 写 真 が 撮 影 さ れ る よ う に セ ッ テ ィ ン グ し た の は 自 身 で あ り 、 サ ル の 習 性 を 踏 ま え て 意 図 的 に そ の 状 況 を 作 り 上 げ た の で あ っ て 、 著 作 権 は ス レ イ タ ー 氏 自 身 に 帰 属 す る と 主 張 し た 。 そ の た め 、 サ ル に 著 作 権 は 帰 属 し 得 な い か ら バ ブ リ ッ ク ・ ド メ イ ン と な る と い う 考 え 方 と 、 ス レ イ タ ー 氏 に 著 作 権 が 帰 属 す る と い う 考 え 方 の 間 に 対 立 が 生 じ た 。 一 方 、 動 物 愛 護 団 体 PETA ( 動 物 の 倫 理 的 扱 い を 求 め る 人 々 の 会 ) は 、 撮 影 し た サ ル に 著 作 権 が 帰 属 す る と 主 張 し て 2015 年 9 月 に 提 訴 し た が 、 2016 年 1 月 に 米 連 邦 地 裁 は サ ル に 著 作 権 が 帰 属 し な い と い う 判 断 を 下 し た 。 こ れ に 対 し て PETA は 控 訴 し た が 、 2017 年 9 月 、 PETA と ス レ イ タ ー 側 と の 間 で 和 解 が 成 立 し 、 ス レ イ タ ー が こ の 写 真 の 著 作 権 か ら 得 ら れ る 収 入 の 25 % を イ ン ド ネ シ ア の 野 生 サ ル の 保 護 の た め に 用 い る な ど の 共 同 声 明 が 発 表 さ れ た 。 人 工 知 能 の 場 合 も 、 創 作 活 動 を 行 わ せ る べ く プ ロ グ ラ ミ ン グ を し た 上 で 実 際 に 創 作 活 動 を 実 施 さ せ た 者 に 、 人 工 知 能 に よ る 著 作 物 に 関 す る 著 作 権 が 帰 属 す る と 考 え る の が 、 最 も 自 然 な 考 え 方 で あ ろ う 。 し か し な が ら 、 人 間 が 意 図 す る こ と な く 、 人 工 知 能 が 偶 発 的 に 創 作 し た 著 作 物 に 関 し て は 、 誰 に 著 作 権 が 帰 属 す る の で も な く バ ブ リ ッ ク ・ ド メ イ ン と す る の が 妥 当 で あ ろ う 。 ル ー ル を 明 確 化 し 不 要 な 紛 争 を 避 け る た め に は 、 近 い 将 来 、 こ れ に 関 し て 著 作 権 法 改 正 が 必 要 と な る か も し れ な 4. ヒ ュ ー マ ン エ ラ ー を ど う 防 ぐ か 社 会 的 に 大 き な メ リ ッ ト を も た ら す 先 端 技 術 で あ れ ば あ る ほ ど 、 誤 作 動 に よ り 重 大 な 事 故 が 生 じ る 危 険 性 を は ら ん で い る こ と が 多 い 。 誤 作 動 の 原 因 の 大 多 数 は 人 為 的 な ミ ス で あ り 、 ミ ス を 防 ぐ た め の 技 術 的 な 対 策 を ど ん な に 施 し た と し て も 、 想 定 を 超 え る 人 為 的 な ミ ス が 生 じ て 致 命 的 な 結 果 が 生 じ る ケ ー ス は 枚 挙 に 暇 が な い 。 篠 原 ー 彦 4 は 、 航 空 機 事 故 と 医 療 事 故 を 比 較 し な が ら 、 以 下 の よ う な 事 例 を 挙 げ て い る 。 ボ ー イ ン グ 757 機 の 航 路 変 更 の 際 に コ ン ピ ュ ー タ 画 面 に 誤 入 力 が 生 じ 、 山 に 衝 突 し て し ま っ た 事 故 が あ る 。 医 療 に お い て も 、 電 子 力 ル テ で の ミ ス ク リ ッ ク が 原 因 で 劇 薬 が 誤 投 与 さ れ る と い う 事 故 が 生 じ て い る 。 ま た 、 入 力 の 際 の 単 位 の 間 違 い も 、 致 命 的 な 事 故 に つ な が る 。 工 ア バ ス A320 の 降 下 の 際 、 「 角 度 3.3 度 」 と 入 力 し た つ も り が 、 入 カ モ ー ド を 誤 認 し て お り 「 毎 分 3300 フ ィ ー ト 」 と 入 力 し て し ま い 、 急 降 下 し て 地 上 に 衝 突 し て し ま っ た 事 故 が あ る 。 医 療 に お い て も 、 薬 剤 を 総 量 50mL 投 与 し よ う と 入 力 し た つ も り が 、 時 間 当 た り 50mL の 投 与 速 度 と し て 入 力 し て し ま っ た た め 、 目 的 よ り も 10 倍 以 上 の 速 さ で 薬 剤 投 与 さ れ て し ま い 致 命 的 な 結 果 に な っ て し ま っ た 事 故 が あ る 。 こ の よ う な 事 故 が 生 じ な い よ う 、 可 能 な 範 囲 で 技 術 的 な 対 応 策 が と ら れ る こ と や 、 事 故 を 起 こ さ す 装 置 を 使 用 す る た め の マ ニ ュ ア ル 策 定 と そ れ に 基 づ く 研 修 が 普 及 す る こ と な ど が 望 ま れ る 。 し か し な が ら 、 人 為 的 な ミ ス は 想 定 外 で 生 じ る も の が ほ と ん ど で あ り 、 あ ら ゆ る 可 能 性 を 最 初 か ら 検 討 し て お く こ と は き わ め て 困 難 で あ る 。 人 為 的 ミ ス の 可 能 性 を す べ て 検 討 し つ く し て そ れ ら を 回 避 す る た め の 技 術 的 な 対 応 策 を と ら な い 限 り 、 そ の 装 置 を 市 場 に 出 し た メ ー カ ー が 大 き な 法 的 責 任 を 負 わ な く て は な ら な い と す る と 、 そ の 負 担 が 重 過 ぎ る が ゆ え に イ ノ ベ ー シ ョ ン の 創 出 が 阻 害 さ れ て し ま う で あ ろ う 。 5. 今 後 考 え る べ き こ と 上 で 述 べ た よ う に 、 新 し い 技 術 に 基 づ く 新 製 品 が 事 故 を 起 こ し た と き 、 そ れ を 生 産 し て 販 売 し て い る メ ー カ ー の 責 任 が 大 き す ぎ る と 、 メ ー カ ー の イ ノ ベ ー シ ョ ン を 実 現 し よ う と す る 意 欲 を そ い で し ま う こ と と な る 。 そ れ に よ っ て 消 費 者 が こ う む る 機 会 損 失 の 不 利 益 は 甚 大 で あ る 。 一 方 で 、 メ ー カ ー の 責 任 が ま っ た く 問 わ れ な い と す る と 、 安 全 性 に 不 安 の あ る 製 品 が 市 場 に た く さ ん 出 回 る こ と と な り か ね ず 、 そ れ に よ る 消 費 者 の 不 利 益 も 大 き い こ と と な ろ う 。 イ ノ ベ ー シ ョ ン の 実 現 と 安 全 性 の 確 保 の 双 方 を い か に バ ラ ン ス よ く 実 現 す る か は 、 「 責 任 あ る イ ノ ベ ー シ ョ ン 」 を 考 え る 上 で き わ め て 重 要 な 要 素 の 一 つ で あ る 。 こ の 問 題 に 一 定 の 解 決 を 与 え る 可 能 性 の あ る 制 度 設 計 と し て 新 製 品 の 安 全 性 の 確 保 に 関 す る 規 格 を 策 定 す る こ と が 挙 げ ら れ る 。 5 た と え ば 障 害 物 を 自 動 的 に 検 知 し て 停 止 す る 機 能 を 持 つ 自 動 車 に 関 し て は 、 そ の 機 能 が オ フ に な っ て い る の に 当 該 機 能 が 作 動 す る と 思 い 込 ん で か え っ て 事 故 が 起 き て し ま う な ど 、 想 定 さ れ う る 人 為 的 ミ ス が あ り 、 そ れ を 回 避 す る た め の 仕 組 み を 最 初 か ら 組 み 込 ん で お く こ と が 求 め ら れ る が 、 一 方 で 想 定 外 の こ と が 重 な っ て 事 故 に な る 可 能 性 も あ る 。 そ こ で 、 市 場 に 出 す 際 に 施 し て お く べ き 安 全 対 策 の 種 類 と 程 度 を あ ら か じ め 規 格 と し て 定 め て お き 、 そ の 規 格 を 満 た し た 上 で 事 故 が 起 き て し ま っ た 場 合 は メ ー カ ー 側 が 責 任 を 問 わ れ な い と い う こ と に す れ ば 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン と 安 全 性 の 最 適 バ ラ ン ス が 保 た れ や す く な る で あ ろ う 。 し か し な が ら 、 社 会 的 な 制 度 設 計 を す る 上 で 、 考 え な く て は な ら な い こ と は 多 い 。 た と え ば 、 ど こ で 誰 が ど の よ う な プ ロ セ ス を 経 て 規 格 を 策 定 す る か 。 そ う し た 規 格 の 正 当 性 は ど の よ う に 保 証 さ れ る か 。 も し 規 格 が 不 適 切 な も の で あ る こ と が 判 明 し 、 そ の 問 題 が 提 起 さ れ る と き 、 ど の よ う な 機 関 が そ の 窓 口 と な り 、 ど の よ う に 審 理 を 行 う か 。 規 格 を ど の よ う な タ イ ミ ン 4 篠 原 ー 彦 「 先 進 医 療 機 器 開 発 に お け る 事 前 責 任 と イ ン フ ォ ー ム ド コ ン セ ン ト ~ 外 科 医 か ら 見 た 機 械 と 人 間 ・ 社 会 の 関 わ り ~ 」 、 近 藤 惠 嗣 編 著 『 新 技 術 活 用 の た め の 法 工 学 ー リ ス ク 対 応 と 安 全 確 保 の 法 律 ー 』 ( 民 事 法 研 究 会 、 2016 年 ) p. 270-293. 5 日 本 機 械 学 会 ・ 法 工 学 専 門 会 議 に お い て も 、 こ う し た テ ー マ に つ い て 様 々 な 角 度 か ら 議 論 し 検 討 を 行 っ て い る 。 20

技術と法律


第 7 部 電 子 機 器 を 製 品 化 す る 際 に 必 要 な 法 的 対 策 ~ 技 適 ・ PSE 対 応 手 法 lmagineers' GuiId イ マ ジ ニ ア 岩 﨑 弾 1 . は じ め に 日 本 国 内 で 電 波 を 送 信 す る 機 器 を 使 用 す る に は 、 原 則 と し て 免 許 が 必 要 と な り ま す 。 し か し な が ら 、 免 許 を 受 け な く て も 企 画 し た 電 子 機 器 を 製 品 に す る に は 、 量 産 し て 数 を 作 る だ 使 用 で き る 場 合 が い く つ か あ り ま す 。 ( 電 波 法 第 4 条 ) け で は 世 に リ リ ー ス す る こ と は で き ま せ ん 。 量 産 し た 機 器 を 製 例 え ば 、 電 波 の 強 さ が 著 し く 微 弱 な 場 合 な ど が あ り ま す 。 そ 品 に す る に は 、 マ ニ ュ 刃 い サ ポ ー ト ・ 保 証 な ど 、 多 く の こ と を の 中 の 1 つ に 、 い わ ゆ る 「 技 適 」 を 取 得 し て い る 商 品 を 使 用 す 考 慮 す る 必 要 が あ り ま す 。 そ の 1 つ に 『 認 証 』 が あ り ま す 。 量 産 る 場 合 が あ り ま す 。 な お 、 条 文 上 で は 、 こ の よ う な 商 品 の 事 を 、 す る だ け な ら も ち ろ ん 認 証 は 必 要 あ り ま せ ん 。 し か し 、 製 品 と 「 適 合 表 示 無 線 設 備 」 と 表 記 し て い ま す 。 し て 世 に リ リ ー ス す る の で あ れ ば 、 『 認 証 』 に つ い て の 検 討 を ま ず は 、 実 際 の 認 証 表 示 を い く つ か 見 て み た い と 思 い ま す 。 欠 か す こ と は で き ま せ ん 電 子 機 器 を 製 品 化 す る 際 の 認 証 の 中 で よ く 注 目 さ れ る の は 、 「 技 適 」 と 、 「 PSE 」 で す 。 筆 者 は こ れ ら の 認 証 を ク リ ア し た ュ カ イ 工 学 konashil 製 品 を 今 ま で 何 台 も 製 品 化 し て き ま し た 。 し か し な が ら 、 実 は 認 証 取 得 自 体 は や っ た こ と が あ り ま せ ん 。 な せ な ら ば 、 認 証 取 得 し な く て も 適 法 に 製 品 化 で き る 方 法 が あ る か ら で す 。 こ の 部 で は 、 実 際 の 製 品 化 に お け る 認 証 取 得 の 実 務 に つ い て 簡 単 に ご 紹 介 さ せ て い た だ け れ ば と 存 じ ま す 。 2. 技 適 「 技 適 」 と い う 言 葉 は お 聞 き に な っ た こ と が あ る 方 も 多 い か と 思 い ま す 。 で は 、 「 技 適 」 と は 、 ど ん な 言 葉 の 略 称 な の で し ょ う か ? 実 は 、 「 技 適 」 は 、 以 下 2 つ の 制 度 の そ れ そ れ の 略 称 な 認 証 番 号 : 011-120018 の で す 。 1 . 技 術 基 準 適 合 認 定 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 53 条 に 基 づ く 認 定 ) 2. 技 術 基 準 適 合 証 明 ( 電 波 法 第 38 条 の 2 に 基 づ く 証 明 ) こ の 2 つ の 制 度 名 を 略 す と 、 ど ち ら も 、 「 技 適 」 に な り ま す 。 1 . は 、 電 話 機 や ス マ ホ な ど の 通 信 機 器 を 、 N 幵 ・ KDD ト ソ フ ト バ ン ク と い っ た 電 気 通 信 事 業 者 の 回 線 な ど に 接 続 す る た め の 技 術 基 準 に 適 合 し て い る こ と を 認 定 す る ( 電 気 通 信 事 業 法 第 53 条 ) 制 度 で す 。 こ の 認 定 で は 、 通 信 機 器 が 無 線 通 信 を す る か ど う か は 関 係 あ り ま せ ん 。 無 線 通 信 を し な い 機 器 で も 、 電 気 通 信 事 業 者 の 回 線 に 接 続 す る 場 合 は 対 象 に な り ま す 。 本 稿 で は 、 Wi - Fi や B ⅳ etooth 等 の 無 線 通 信 を 使 用 し た 製 品 を リ リ ー ス す る 際 に 必 要 と な る 、 2. の 技 術 基 準 適 合 証 明 に つ い て お 話 し た い と 思 い ま す 。 1 http://kona sh i.ux-xu.com/ 2 http://www.uni-elec.co.jp/web.pdf 0 ( モ ジ ュ ー ル 部 拡 大 写 真 ) ユ ニ 電 子 UNI-OI - A0022 を 、 、 WM し ・ C69 ・ 2248 01 い 2818 0 0 認 証 番 号 : 011-120018 25

技術と法律


グ で 見 直 し 、 つ ね に 最 新 の 技 術 に 即 し た も の と し て ゆ く か 。 こ の よ う に 社 会 的 に 制 度 を 設 計 す べ き 課 題 は 多 々 あ る が 、 技 術 と 法 律 、 双 方 の 発 展 と 健 全 な 補 完 関 係 を 成 り 立 た せ る こ と こ そ が 、 人 類 社 会 の 明 る い 未 来 を 切 り 開 く 鍵 で あ る 。 科 学 技 術 の 専 門 家 、 法 律 の 専 門 家 、 両 方 に 橋 を 架 け る 人 々 、 な ら び に そ れ 以 外 の ス テ ー ク ホ ル ダ ー が 、 互 い を 尊 重 し 、 頻 繁 に 交 じ り 合 っ て 相 互 作 用 し つ つ 、 新 た に 生 じ る 問 題 を 解 決 す る た め の プ ロ ジ ェ ク ト を 迅 速 に 構 築 で き る よ う な 土 壌 を 醸 成 し て お く こ と が 、 そ の た め の 一 歩 と な る だ ろ う 。 以 上 隅 藏 康 ー 政 策 研 究 大 学 院 大 学 教 授 1970 年 1 0 月 東 京 生 ま れ 。 東 京 大 学 理 学 部 生 物 化 学 科 卒 業 、 同 修 士 課 程 修 了 。 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 先 端 学 際 工 学 専 攻 に て 1998 年 に 博 士 ( 工 学 ) の 学 位 を 取 得 。 同 年 よ り 東 京 大 学 先 端 科 学 技 術 研 究 セ ン タ ー 客 員 助 手 、 1999 年 よ り 同 セ ン タ ー 助 手 。 2001 年 よ り 政 策 研 究 大 学 院 大 学 助 教 授 、 2007 年 よ り 同 准 教 授 、 2016 年 よ り 同 教 授 ( 現 在 に 至 る ) 。 2012 年 6 月 よ り 2015 年 5 月 ま で 、 文 部 科 学 省 科 学 技 術 政 策 研 究 所 ( NISTEP ) 第 2 研 究 グ ル ー プ 総 括 主 任 研 究 官 を 兼 務 。 主 な 著 書 に 『 幹 細 胞 の 特 許 戦 略 ょ ( 隅 藏 ・ 竹 田 共 編 著 、 発 明 協 会 、 2011 年 ) 、 了 知 的 財 産 政 策 と マ ネ ジ メ ン ト ( 隅 藏 編 著 、 白 桃 書 房 、 2008 年 ) な ど 。

技術と法律


第 5 部 技 術 と 法 律 に つ い て の 雑 感 1 . 責 任 あ る イ ノ ベ ー シ ョ ン 基 礎 科 学 の 研 究 に よ り 自 然 界 の 原 理 が 新 た に 解 明 さ れ 、 そ の 知 見 を 利 用 し て 人 類 社 会 に 応 用 で き る 新 技 術 が 開 発 さ れ 、 新 た な 製 品 ・ サ ー ビ ス と な っ て 市 場 に 出 さ れ る こ と に よ っ て 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン が 実 現 す る 。 こ う し た イ ノ ベ ー シ ョ ン は 社 会 に メ リ ッ ト を も た ら す 一 方 で 、 何 ら か の デ メ リ ッ ト を 及 ぼ す 危 険 性 も あ る 。 ま た 、 メ リ ッ ト と テ メ リ ッ ト の い ず れ が 生 じ る の か 当 初 は 不 明 で あ る が 、 予 防 的 に ル ー ル 設 計 が 必 要 と な る 場 合 も あ る 。 イ ノ ベ ー シ ョ ン が 継 続 的 に 実 現 さ れ る こ と が 人 類 社 会 の 発 展 に と っ て 必 要 不 可 欠 で あ る こ と は 言 う ま で も な い が 、 そ の 際 に 、 社 会 へ の メ リ ッ ト だ け で な く テ メ リ ッ ト も 可 能 な 限 り 予 測 し て そ れ に 対 応 す る た め の 制 度 を 設 計 し な が ら イ ノ ベ ー シ ョ ン を 進 め る と い う 、 「 責 任 あ る イ ノ ベ ー シ ョ ン 」 と い う 考 え 方 が 浸 透 し て き て い る 。 1 現 在 の 技 術 か ら 、 ど の よ う な 社 会 的 メ リ ッ ト と テ メ リ ッ ト が 生 じ る の か を 可 能 な 限 り 正 し く 予 測 ・ 評 価 し た 上 で 、 そ の 工 ビ テ ン ス に 基 づ い て 研 究 開 発 を 促 進 す る た め の 資 金 的 支 援 、 研 究 活 動 に 対 す る 規 制 、 技 術 の 社 会 実 装 に お け る ル ー ル の 策 定 な ど 、 必 要 な 仕 組 み を 作 る こ と が 求 め ら れ る 。 ま た 、 現 在 の 技 術 か ら ど の よ う な 将 来 の 技 術 が 生 じ る か を 予 測 し て 、 そ の 将 来 の 技 術 に 対 し て も 、 あ ら か じ め 同 様 な 予 測 と 評 価 な ら び に 必 要 な 制 度 設 計 を 進 め て お く こ と が 望 ま れ る 。 こ う し た 過 程 で は 、 当 該 分 野 の 専 門 家 以 外 に も 、 一 般 市 民 を 含 む 社 会 的 ス テ ー ク ホ ル ダ ー の 意 見 を 取 り 入 れ る こ と が 必 要 で あ り 、 そ の た め の 体 制 を 構 築 す る こ と も 求 め ら れ る 。 こ う し た 新 た な 制 度 の 設 計 を 行 う 際 に は 、 新 規 立 法 や 法 改 正 が 必 要 な ケ ー ス が 多 く 、 こ こ に 技 術 と 法 律 が 交 錯 す る こ と と な る 。 2. ド ロ ー ン の 普 及 と 航 空 法 の 改 正 政 策 研 究 大 学 院 大 学 教 授 隅 藏 康 ー イ ノ ベ ー シ ョ ン に よ り 新 製 品 が 市 場 に 出 さ れ 普 及 す る に と も な っ て 、 法 整 備 が 必 要 と な っ た 最 近 の 事 例 と し て 、 ド ロ ー ン の 普 及 に 対 応 す る た め に 航 空 法 が 改 正 さ れ た こ と が 挙 げ ら れ 日 本 の 航 空 法 は 、 2015 年 9 月 1 1 日 に 改 正 さ れ 、 同 年 1 2 月 1 0 日 に 施 行 さ れ た 。 従 来 の 航 空 法 は 、 小 型 無 人 航 空 機 に つ い て は 、 航 空 機 の 運 行 を 妨 げ な い よ う に と の 観 点 か ら の み 規 定 が な さ れ て い た が 、 ド ロ ー ン の 普 及 に よ っ て 新 た な 対 応 が 必 要 に な っ た 。 改 正 後 は 、 空 港 近 く 、 航 空 機 の 運 行 空 域 ( 高 度 150m 以 上 ) 、 な ら び に 人 口 密 集 地 域 で の 飛 行 を 禁 止 し 、 禁 止 空 域 を 飛 行 す る 場 合 に は 国 土 交 通 大 臣 の 許 可 が 必 要 と な っ た 。 ま た 、 小 型 無 人 航 空 機 を 飛 行 さ せ る 場 合 は 、 日 中 で 、 目 視 範 囲 内 で 、 人 又 は 物 件 と の 間 に 距 離 を 保 つ こ と が 必 要 で あ り 、 こ れ 以 外 の 飛 行 を さ せ る 場 合 に は 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 が 必 要 と な っ た 。 た だ し 、 災 害 時 の 公 共 機 関 等 に よ る 捜 索 ・ 救 助 等 の 場 合 は 、 上 記 の 適 用 範 囲 外 で あ る 。 3. 人 工 知 能 に よ っ て 創 作 さ れ た 著 作 物 の 著 作 権 の 帰 属 将 来 的 な 制 度 設 計 が 必 要 だ と 考 え ら れ て い る こ と の 一 つ に 、 人 工 知 能 に よ っ て 創 作 さ れ た 著 作 物 の 著 作 権 を 誰 に 帰 属 さ せ る こ と と す る の か と い う 問 題 が あ る 。 人 工 知 能 や そ れ を 搭 載 し た ロ ボ ッ ト が 小 説 を 書 い た り 作 曲 し た り で き る 時 代 が 到 来 す る の は 、 さ ほ ど 遠 く な い 未 来 か も し れ な い 。 そ の 時 に 、 著 作 権 は 誰 の も の と な る だ ろ う か 。 ま た 、 仮 に 、 人 工 知 能 や そ れ を 搭 載 し た ロ ボ ッ ト が 発 明 を 担 う こ と が で き た と し て 、 特 許 を 受 け る 権 利 は 誰 の も の と な る だ ろ う か 。 人 工 知 能 と は 異 な る が 、 こ う し た 制 度 設 計 に イ ン ス ビ レ ー シ ョ ン を 与 え る 事 件 が あ る 。 サ ル の 自 撮 り 写 真 の 著 作 権 の 帰 属 が 争 わ れ た 米 国 の 裁 判 で あ る 。 3 自 然 写 真 家 の ス レ イ タ ー 1 Jack Stilgoe, Richard Owen, Phil Macnaghten, "ResponsibIe innovation means taking care of the future through collective stewardship of science and innovation in the present," Research POIicy 42 ( 201 3 ) 1 568-1580. 2 詳 し く は 、 鈴 木 真 ニ 「 小 型 無 人 航 空 機 ( ド ロ ー ン ) の 安 全 技 術 と 安 全 制 度 」 、 近 藤 惠 嗣 編 著 『 新 技 術 活 用 の た め の 法 工 学 一 リ ス ク 対 応 と 安 全 確 保 の 法 律 ー 」 ( 民 事 法 研 究 会 、 2016 年 ) p. 406-419. を 参 照 。 3 https://www.cnn.co.jp/f 「 inge/35107176. html; http://www.bbc.com/japanese/41 237082 ; ウ イ キ ペ テ ィ ア 「 サ ル の 自 撮 り 」 、 「 Monkey selfie copyright dispute 」 ( 201 7 年 1 0 月 7 日 ア ク セ ス )