検索 - みる会図書館

検索対象: [ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本から 161件ヒットしました。

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


C 原 則 ① 「 わ な り や す < 」 の ホ イ ン ト 関 係 を 明 確 に ◆ ア ウ ト ラ イ ン を 明 示 す る 「 全 体 像 」 を 示 し 、 次 に 「 部 分 」 の 関 係 で 分 け る ◆ 順 序 よ く 話 す 「 全 体 と 部 分 」 「 原 因 と 結 果 」 「 時 系 列 」 「 優 先 順 位 」 な ど の 関 係 で 分 け る ◆ 具 体 的 に 話 す 「 5W2 H 」 「 数 値 」 「 デ ー タ 」 な ど を 使 っ て 話 す ◆ 相 手 に わ か る 言 葉 を 使 う 「 専 門 用 語 」 な ど は わ か り や す い 言 葉 に 換 え る ◆ 反 応 を 確 か め な か ら 話 す 「 間 」 「 ア イ ・ コ ン タ ク ト 」 「 質 問 」 で 反 応 を 確 認 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 初 級 編 】 第 3 章 こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 わ る と は 「 分 け る 」 こ と 。 関 係 を 明 確 に す る の が コ ツ 第 3 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 初 級 編 】 8 7

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


C 例 の 加 工 法 ー ー ー 「 は ・ ひ ・ ふ ・ ヘ ・ は 」 話 の 内 容 つ ま り 、 具 体 例 や 話 題 を ど の よ う に 加 工 し 、 演 出 し て い く か 。 そ の 方 法 を 「 は ・ ひ ・ ふ ・ ヘ ・ ほ 」 と い う 語 呂 合 わ せ で 示 す は ・ ・ ・ 省 く 舌 し 手 の 中 心 思 想 、 つ ま り 「 主 題 」 が 明 確 に な っ た ら 、 そ れ を 支 え る 具 体 例 は な る べ く ム ダ な 部 分 を 省 い て 、 磨 き を か け 、 内 容 を ス リ ム に す る ひ ・ ・ ・ 広 げ る 体 験 談 な ど の 自 分 特 有 の 経 験 を 話 す 場 合 、 固 有 の 経 験 だ け で 話 を 終 わ ら せ す 、 「 一 般 化 」 「 普 遍 化 」 し て 、 話 に 「 広 が り 」 を も た せ る ふ ・ ・ ・ 伏 線 を 張 る 舌 の 中 の ア ク セ ン ト 、 と く に 、 「 強 調 点 」 や 「 メ リ ッ ト 」 な ど を 、 よ り 効 果 的 に 打 ち 出 す た め に 、 伏 線 を 張 り 、 内 容 を ク ロ ー ズ ア ッ プ す る へ ・ ・ ・ 変 化 さ せ る 話 の 「 強 弱 」 「 ス ピ ー ド 」 「 抑 揚 」 「 問 い か け 」 「 語 り 」 「 会 刮 な ど を 盛 り 込 ん で 、 内 容 に 変 化 を つ け る ほ ・ ・ ・ 掘 り 下 げ る 平 坦 な 土 地 で も 、 掘 り 下 げ て い く う ち に 、 水 が 出 る 。 さ ら に 掘 り 下 げ れ ば 、 温 泉 さ え も 出 て く る 。 掘 り 下 げ の 度 合 い で 内 容 も 良 く な る 一 三 ロ 一 三 ロ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 ニ = ロ 第 4 章 こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 ム ダ な 部 分 を 省 き 、 焦 点 を 絞 り 込 め ば 話 に キ レ が で る 第 4 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


あ と き 者 ) 表 現 用 の メ ッ セ ー ジ 信 し 変 換 伝 え た い 内 容 = = ロ 状 表 現 さ れ た メ ッ セ ー ジ 手 信 き 手 信 き 聞 伝 わ っ た 内 容 変 換 メ ッ セ ー ジ の 解 釈 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 状 第 4 章 ( 話 し 手 ) 舌 し 手 の 働 き か け は 意 図 し た 通 り に 聞 き 手 に 伝 わ る と は 限 ら な い 一 三 ロ こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 話 し 上 手 と は 、 自 分 の 話 の 「 聞 れ 方 」 を 意 識 す る 人 第 4 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 1 0 5

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


ク し 一 ム 対 応 の 手 順 く 手 順 > 手 順 1 先 手 で あ い さ つ ( 出 迎 え ) 手 順 2 く ボ イ ン ト > 笑 顔 で 明 る く 、 相 手 を 見 て 共 感 的 に 聞 く 相 手 の 立 場 、 気 持 ち を 考 え て ・ ア イ ・ コ ン タ ク ト ・ 穏 や か な 目 、 感 じ 良 く ・ あ い づ ち ・ 齒 定 的 な 反 応 ・ マ ジ ッ ク ・ フ レ ー ズ ・ 詫 び 言 葉 な ど ・ 確 認 ・ 相 手 の 言 葉 で 復 唱 ・ 感 謝 の 言 葉 ・ 「 あ り が と う こ ざ い ま す 」 ・ 効 果 的 な 質 問 ・ イ ン タ ビ ュ ー 能 力 回 答 を 述 べ る 理 由 ・ 根 拠 を 明 確 に ・ 相 手 の メ リ ッ ト ・ 相 手 尊 重 の 言 葉 で ・ マ ジ ッ ク ・ フ レ ー ズ 言 葉 の 合 間 に 、 頻 繁 に ・ プ ラ ス 思 考 ・ 「 こ う す れ は で き る 」 と 代 案 提 示 お 礼 の あ い さ つ 柔 ら か く 、 ( 見 送 り ) 丁 寧 に 感 謝 の 意 * 出 迎 え ・ 見 送 り な ど 、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 部 分 は 「 柔 ら か く 」 本 題 は 、 「 正 確 に 」 「 共 感 的 に 」 聞 き 取 り 、 理 由 ・ 根 拠 を 明 確 に し な が ら 相 手 に わ か っ て も ら う 努 力 と 工 夫 を 怠 ら な い こ と * こ ち ら が 悪 い 時 は 、 キ チ ン と 詫 び る / 「 誤 り を た だ す 最 大 の 方 法 は 、 誤 り を 認 め る こ と で あ る / 」 手 順 3 手 順 4 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 第 4 章 こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 ク し ー ム は 「 未 知 の 情 報 提 供 」 と 前 向 き に 取 り 組 も う 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 第 4 章 1 2 5

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


相 手 を 傷 つ け な い た め の 話 し 方 ( 例 ) ・ 相 手 の 話 を 否 定 す る 話 し 方 [ ー 〕 「 そ う じ ゃ な く っ て ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 [ ー ] 「 そ れ も わ か る け ど 、 こ れ こ れ に つ い て は ど う ? 」 い わ ゆ る 「 YES ・ BUT 法 」 。 相 手 の 話 を 受 容 し て か ら 話 す ・ 話 の 結 果 を 先 取 り し た 話 し 方 〔 ー ] 「 も う 一 度 確 認 さ せ て く だ さ い 」 自 分 を 理 解 し て も ら う な ら 、 「 相 手 理 解 」 が 先 ・ わ れ 関 せ す 、 責 任 転 嫁 型 [ ー 〕 「 私 は い い け ど 〇 〇 さ ん が ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 [ ー 〕 「 で は 、 〇 〇 さ ん を 説 得 し ま し よ う ! 」 可 能 性 に 目 を 向 け る 「 問 題 解 決 型 」 て い こ う ・ 頭 ご な し の 否 定 表 現 悪 い 例 「 こ ん な こ と も わ か ら な い の か ! 」 [ ー 〕 「 〇 〇 が 不 明 な ん で す ね ? 」 ※ ア ク テ イ プ ・ リ ス ニ ン ク て 相 手 と 水 平 な コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 心 が け よ う 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 第 4 章 こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 「 気 配 り 」 と は 相 手 を 傷 つ け な い 話 し 方 の 技 術 の こ と ※ ア ク テ イ プ ・ リ ス 二 ン グ ・ ・ ・ 相 手 の 言 葉 を 繰 り 返 し て 確 認 す る 聞 き 方 1 0 3 第 4 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


ユ ー モ ア に は こ ん な 効 用 が あ る 効 用 ① プ ラ ス 思 考 が 身 に つ く ア ラ ス 思 考 常 に 向 き 効 用 2 心 に ゆ と り か 生 ま れ る つ く っ た ん だ 、 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 効 用 3 人 が 集 ま る 第 4 章 こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 ユ ー モ ア は 、 難 局 を 切 り 抜 け る た め の 知 恵 第 4 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


印 象 深 < 表 現 す る た め の ビ ジ ュ ア ル 化 ◆ 人 前 で 話 す 時 の 緊 張 感 を 柔 ら げ る 「 こ こ は 練 習 の 場 だ か ら い く ら 恥 を か い て も 良 い の で す ! 」 四 角 が あ り ま す 端 ( 恥 ) を 欠 く と 丸 く な り ま す ! ◆ 表 形 文 字 で 表 現 す る ◆ 漢 字 の 意 味 で 表 現 す る 食 「 人 に 良 い 」 、 念 じ る 「 今 の 心 」 、 親 「 木 の 上 に 立 っ て 見 る 」 ◆ グ ラ フ 化 す る 「 首 相 の 支 持 率 」 「 相 場 の 動 き 」 「 売 上 げ 推 移 」 な ど 折 れ 線 グ ラ フ 人 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 初 級 編 】 第 3 章 1 2 3 月 月 月 ・ ・ こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 考 え 方 ・ 意 味 ・ 数 字 ・ 推 移 な ど は ビ ジ ュ ア ル 化 し て み る 第 3 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 初 級 編 】 9 5

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


C 敬 語 を 簡 単 に ま と め る と ・ ・ ・ ・ 敬 言 吾 の 3 本 柱 * 平 成 2 ] 年 か ら 敬 語 の 分 け 方 が 5 種 類 と な り ま し た が 、 こ こ で は 、 基 本 と な る 3 種 類 を 紹 介 し て い ま す 1. 尊 敬 語 「 お ( ご ) ・ ・ ・ に な る ( な さ る ) 」 「 れ る 、 ら れ る 」 2. 謙 譲 語 「 お に ) ・ ・ ・ す る ( い た す ) 」 3. 丁 寧 語 「 で す 」 「 ま す 」 形 。 「 お 」 「 ご 」 を つ け た 形 ・ 日 常 ひ ん ば ん に 使 わ れ る 、 動 詞 の 慣 用 例 く 基 本 の 語 〉 く 謙 譲 語 〉 く 尊 敬 語 〉 拝 見 す る ご ら ん に な る 見 る う け た ま わ る お 聞 き す る お 聞 き に な る 聞 く う か が う 申 す お っ し や る ご 存 知 知 る 存 じ あ け る お い で に な る お る い る い ら っ し や る お い で に な る う か が う 行 く い ら っ し や る お い で に な る い ら っ し や る 来 る ま い る お こ し に な る な さ る す る い た す 尊 敬 語 の 主 語 は 「 お 客 様 」 、 謙 譲 語 の 主 語 は 「 私 」 「 私 共 」 な ど と 覚 え る と よ い 2 語 尾 は ハ ッ キ リ 言 う 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 初 級 編 】 第 3 章 ポ イ ン ト ① こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 敬 語 は 相 手 を 尊 重 す る 気 持 ち が 伝 わ る よ う に 話 そ う 第 3 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 初 級 編 】 9 /

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


C 論 理 的 な 話 し 方 (CREC 法 ) onclusion ・ ・ 結 論 か ら 話 し ま す 。 「 人 と 話 す と き に は 視 覚 情 報 が 最 も 影 響 し ま す 」 eason Why ・ ・ ・ 理 由 を 述 べ ま す 。 「 な ぜ な ら ば 、 音 よ り 光 の ほ う が 速 い か ら で す 」 ・ ・ 証 明 ・ 実 証 し ま す 。 「 メ ラ ビ ア ン の 数 字 は 視 覚 情 報 が 55 % で す 」 onclusion ・ ・ 最 初 の 結 論 に 戻 り ま す 。 「 し た が っ て 、 冒 頭 で 申 し 上 げ た よ う に 、 結 論 に 達 す る わ け で す 」 O W O 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 vidence 第 4 章 ~ と い う こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 最 初 と 最 後 に 結 論 を 言 う こ と で 一 貫 性 が 保 て る 1 0 9 第 4 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


は 、 「 整 え る 」 「 整 理 す る 」 と い う こ と で す 。 整 理 さ れ て い な い も の は 、 わ な り に < < 、 聞 き に < い も の で す 。 》 キ ー ワ ー ド は 「 関 係 の 明 確 化 」 「 わ な る 」 と は 「 分 け る 」 こ と だ と い い ま す 。 分 け て 、 整 理 さ れ 、 配 列 さ れ た 話 と い う の が 、 「 わ り や す い 話 」 に な り ま す 。 「 」 こ の ポ イ ン ト は 、 分 け て 、 初 整 理 し て 、 「 関 係 を 明 確 に す る 」 と い う こ と に な り ま す 。 話 に あ け る 代 表 的 な よ 「 関 係 」 を 示 し て あ き ま す 。 時 と っ ワ ・ る た ① 全 体 と 部 分 の 関 係 話 の 全 体 像 と 部 分 。 た と え は 自 動 車 を 運 転 し て い て 身 い 出 。 か て 。 に 、 ん 太 い 幹 線 道 路 と 細 い 道 と の 「 位 置 関 係 」 が 明 確 に な っ た 時 、 我 々 は 「 わ な 術 し す 所 り せ 技 す 動 ま 場 な よ ま っ た ! と 理 解 で き る の で す 。 話 移 し る に カ り で と い 確 と あ ② 比 較 ・ 対 比 の 関 係 「 良 い 例 と 悪 い 例 。 「 実 行 し た 場 合 と し な な っ た 場 手 車 た て 明 冂 上 、 つ つ が こ 験 合 」 「 過 去 と 現 在 」 な ど 、 話 の 中 に 「 対 比 」 や 「 比 較 」 を 入 れ ま す 。 と < 」 ば 入 知 係 广 経 章 え に が 関 、 な に 強 調 し た い ポ イ ン ト な ど は 「 も し そ れ が な け れ ば ・ : 」 と 比 較 す る こ と に 3 第 と 道 分 置 励 ん 「 た 脇 自 位 「 こ よ り 、 「 違 い 」 が ハ ッ キ リ し て 、 そ の こ と の 「 必 要 性 や 重 要 性 ー を 伝 え る 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 初 級 編 】 第 3 章