検索 - みる会図書館

全データから 210074件ヒットしました。

抽象絵画への招待


大 岡 信 著 抽 象 絵 画 へ の 招 待 リ サ イ ク ル 資 料 ( 再 活 用 図 書 ) 除 籍 済

抽象絵画への招待


euruS 大 岡 信 著 抽 象 絵 画 へ の 招 待 岩 波 新 書 301 れ 0 u ー

抽象絵画への招待


一 一 現 代 の 抽 象 絵 画

抽象絵画への招待


抽 象 絵 画 へ の 招 待 世 紀 の 美 術 ば 、 な せ 「 抽 象 」 を 生 ん だ の か 。 新 し い 手 法 と 様 式 を 通 し て 、 画 家 た ち は 何 を 語 ろ う と し て い る の か 若 い 日 に 抽 象 絵 画 と 出 会 い 、 そ の 魅 力 を 堪 能 し て き た 詩 人 が 、 自 ら の 楽 し み 方 を 縦 横 に 語 る 。 難 解 と さ れ が ち な 領 域 へ 読 者 を ひ き 入 れ 、 躍 動 す る 美 の 世 界 を 案 内 す る 待 望 の 書 。 カ ラ ー 頁 を 含 む ス ペ シ ャ ル ・ エ デ ィ シ ョ ン の 第 一 弾 。

能楽への招待


能 楽 へ の 招 待

抽象絵画への招待


大 岡 信 1931 年 静 岡 県 三 島 市 に 生 ま れ る 1953 年 東 京 大 学 文 学 部 卒 業 詩 人 , 明 治 大 学 教 授 集 」 な ど . 他 に 「 大 岡 信 著 作 集 」 全 た げ と 孤 心 」 「 詩 の 日 本 語 」 「 万 葉 歌 紀 行 」 「 表 現 に お け る 近 代 」 「 う 之 」 「 彩 耳 記 」 「 岡 倉 天 心 」 「 日 本 詩 代 詩 試 論 」 「 超 現 実 と 抒 情 」 「 紀 貫 続 , 第 三 , 第 四 ) ( 以 上 , 岩 波 新 書 ) 「 現 著 書 ー 「 詩 へ の 架 橋 」 「 折 々 の う た 」 ( 正 , 「 水 府 」 「 大 岡 信 詩 集 」 な ど 「 悲 歌 と 祝 」 「 春 少 女 に 」 「 遊 星 の 寝 返 り の 下 で 」 詩 集 ー 「 記 憶 と 現 在 」 15 巻 抽 象 絵 画 へ の 招 待 1985 年 5 月 20 日 第 1 刷 発 行 ◎ 59943 新 市 立 、 行 者 者 岩 波 新 書 ( 黄 版 ) 301 定 価 580 円 大 緑 お お 岡 川 お か 信 〒 101 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 5 簷 0 、 オ 0 煢 岩 波 書 店 振 替 東 京 6 ー 26240 印 刷 ・ 精 興 社 , 半 七 写 真 印 刷 ( ロ 絵 ) 製 本 ・ 田 中 製 本 お 年 月 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 取 替 い た し ま す Printed in J apan

抽象絵画への招待


る の で あ る 。 ス ー ラ ー ジ = に せ よ 、 ア ル ト ウ ン グ に せ よ 、 抽 象 絵 画 を 単 な る 絵 画 の 一 様 式 と の み 見 な す 考 え 方 を は っ き り 拒 絶 し 、 抽 象 絵 画 と は 、 つ ま る と こ ろ 、 世 界 に 対 す る 詩 的 直 観 を 造 形 行 為 に よ っ て 語 る 「 別 の 言 語 」 な の だ 、 と す る 信 念 で は 共 通 し て い る 。 そ こ に 、 ヨ ー ロ 、 。 ハ が っ ち か っ て き た 美 の 伝 統 を ふ ま え つ つ 、 そ の 先 端 部 で 新 た な 気 圏 に 身 を さ ら し て 進 も う と す る 画 家 た ち の 抱 負 が あ っ た 。 そ こ で は 、 絵 は い わ ば 最 も 簡 潔 な 手 段 に よ っ て 歌 わ れ た 、 原 初 の 自 然 へ の 讃 歌 、 画 家 自 身 の た え ざ る 自 己 更 新 へ の う な が し と そ の 成 果 の 確 認 と い う 様 相 を 呈 す る 。 そ う い う 立 場 に た っ て 抽 象 絵 画 を 描 い て き た 画 家 は 少 な く な い だ ろ う 。 日 本 の 画 家 に つ い て い え ば 、 こ の 種 の 、 い わ ば 抒 情 的 抽 象 と よ び う る 傾 向 の 作 品 を 一 貫 し て 追 求 し て き た 難 波 田 龍 起 の よ う な 画 家 も 、 そ の 代 表 的 存 在 の 一 人 だ っ た 。 難 波 田 の 作 品 に お い て も 、 精 神 の 詩 的 昂 揚 の 直 観 像 を 造 形 手 段 を 通 じ て 表 現 し よ う と い う 考 え が 、 そ の 制 作 行 為 の 中 心 に あ っ た こ と は 疑 い な い と 思 わ れ る 。 そ れ は 自 然 界 の 脈 動 す る 本 質 へ の リ リ ッ ク な 直 観 と し て あ ら わ れ る の で あ る 。

抽象絵画への招待


は 様 式 の 歴 史 が 厳 と し て あ り 、 い か な る 画 家 も 、 世 界 に ま っ た く 類 例 の な い も の を 突 如 と し て こ の 世 に 出 現 さ せ た わ け で は な い 。 芸 術 の 歴 史 は 、 過 去 へ の 反 逆 と い う 意 味 に お い て も 過 去 と つ な が る 部 分 を も っ て い て 、 あ る 時 代 の 様 式 は 多 か れ 少 な か れ 常 に 芸 術 家 を 規 制 し 、 ま た 彼 に 制 作 動 機 を も 与 え て い る 重 要 な 環 境 そ の も の で あ る 。 そ れ ゆ え 、 多 く の 画 家 た ち が 、 抽 象 と い う 二 十 世 紀 造 形 美 術 の 大 き な 様 式 を 通 し て 語 ろ う と し た と い う 事 実 は 、 そ れ そ の も の と し て 重 要 な 意 味 を も っ て い る 。 し か し 、 そ の こ と は 、 彼 ら が 単 に 「 抽 象 絵 画 」 と し て の 傑 作 を 描 こ う と し て 描 い て い る と い う こ と は 意 味 し な い だ ろ う 。 も ち ろ ん 、 多 く の 画 家 は カ ッ コ つ き の 「 抽 象 絵 画 」 を 作 る だ け で 精 一 杯 と い う 現 実 は あ る 。 だ が 、 彼 ら が 伝 え た い も の 、 こ の 世 に 形 あ る も の と し て と ど め て お き た い と 願 う も の 、 そ れ は 彼 ら 画 の 精 神 が 遭 遇 す る あ ら ゆ る 本 質 的 な 問 題 で あ る は ず で あ る 。 そ れ に 形 を 与 え る の に 、 抽 象 象 絵 画 と よ ば れ る 様 式 が 最 も 適 し て い る と 思 わ れ た か ら 、 彼 ら は そ れ を え ら ん だ 。 の 苦 悩 、 激 情 、 抒 情 、 偶 然 、 拒 絶 、 無 秩 序 、 行 為 、 混 沌 、 生 成 、 不 定 形 、 身 ぶ り 、 恍 惚 、 現 絶 望 、 そ の 他 少 な か ら ぬ 形 容 が 、 二 十 世 紀 の あ る 種 の タ イ プ の 抽 象 絵 画 に か ぶ せ ら れ て き た 。 ア ン フ ォ ル メ ル 絵 画 、 ア ク シ ョ ン ・ ペ イ ン テ ィ ン グ 、 抒 情 抽 象 、 抽 象 表 現 主 義 そ の 他 、

抽象絵画への招待


次 目 目 次 一 芸 術 の 意 味 一 一 現 代 の 抽 象 絵 画 三 芸 術 と 時 代 四 回 想 的 ェ ビ ロ 1 グ あ と が き 163 117 185

抽象絵画への招待


次 目 目 次 一 芸 術 の 意 味 一 一 現 代 の 抽 象 絵 画 三 芸 術 と 時 代 四 回 想 的 ェ ビ ロ 1 グ あ と が き 163 117 185