検索 - みる会図書館

全データから 202967件ヒットしました。

政治とカネ


序 「 政 治 と カ ネ 」 を み る 視 点

政治とカネ


広 瀬 道 貞 著 政 治 と カ ネ 岩 波 新 書 90 れ 0 u ー

世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)


第 六 章 歴 史 ・ 政 治 ・ 外 交 ア メ リ カ & 中 国 と の 関 係

岸信介―権勢の政治家 (岩波新書 新赤版 (368))


岩 波 新 書 か ら 戦 後 政 治 史 石 川 真 澄 著 石 現 代 日 本 の 保 守 政 治 内 田 健 三 著 九 六 0 年 五 月 一 九 日 日 高 六 郎 編 政 治 と カ ネ 広 瀬 道 貞 著 政 治 家 の 条 件 森 嶋 通 夫 著 ー ・ イ ギ リ ス 、 、 日 本 ・ ー

日本の税金 新版 (岩波新書)


終 章 税 金 問 題 こ そ 政 治

政治とカネ


広 瀬 道 貞 著 政 治 と カ ネ リ サ イ ク ル 資 料 ( 再 活 用 図 書 ) 除 籍 済

「文明論之概略」を読む 上


第 5 講 国 体 ・ 政 統 ・ 血 統 本 位 の 儒 教 の 考 え 方 が そ れ で 、 福 沢 が 力 を こ め て 批 判 す る に も か か わ ら ず 、 そ う い う 「 お 上 」 の 政 治 に 世 の 中 の こ と を す べ て 期 待 す る 風 潮 は 非 常 に つ よ く 、 儒 教 が か っ て の 力 を 失 っ た 後 も 衰 え て い な い の で す 。 た だ 福 沢 の 考 え 方 は 、 反 政 治 主 義 で は あ り ま せ ん 。 文 学 、 芸 術 、 商 売 な ど と 並 ん で 、 政 治 は 人 間 精 神 の 中 に 一 つ の 重 要 な 場 所 を 占 め る 活 動 で す か ら 、 政 治 的 関 心 は 非 常 に 大 事 な の で す 。 反 政 治 主 義 は 、 政 治 を 人 間 活 動 の 不 可 欠 の 一 部 と し て 積 極 的 に 位 置 づ け 、 同 時 に 限 界 づ け る こ と を 知 り ま せ ん か ら 、 一 朝 、 事 あ る と き に は 、 政 治 活 動 が 全 面 に 氾 濫 し 、 し か も 自 分 は 反 政 治 の つ も り で す か ら 、 非 常 な 自 己 偽 瞞 に お ち い り ま す 。 福 沢 は そ の 意 味 で は 、 反 政 治 主 義 と い う よ り 、 反 政 治 万 能 主 義 と い う べ き で し よ う 。 213

政治とカネ


1 裏 を か か れ る 公 開 原 則 規 正 法 の 目 的 と 理 念 政 治 資 金 規 正 法 は 、 そ の 目 的 と 理 念 を 次 の よ う に 書 い て い る 。 「 公 職 の 候 補 者 」 と い う 耳 な れ な い 言 葉 が し ば し ば 出 て く る が 、 こ れ は 現 職 の 国 会 議 員 と こ れ か ら 議 員 を め ざ す も の と 双 方 を 含 め た 語 法 で あ り 、 「 政 治 家 」 と 読 み 換 え れ ば わ か り や す い 一 条 ( 目 的 ) こ の 法 律 は 、 議 会 制 民 主 政 治 の 下 に お け る 政 党 そ の 他 の 政 治 団 体 の 機 能 の 重 要 性 及 び 公 職 の 候 補 者 の 責 務 の 重 要 性 に か ん が み 、 政 治 団 体 及 び 公 職 の 候 補 者 に よ り 行 わ れ る 政 治 活 動 が 国 民 の 不 断 の 監 視 と 批 判 の 下 に 行 わ れ る よ う に す る た め 、 政 治 団 体 の 届 出 並 び に 政 治 団 体 及 び 公 職 の 候 補 者 に 係 る 政 治 資 金 の 収 支 の 公 開 及 び 授 受 の 規 正 そ の 他 の 措 置 を 講 ず る こ と に よ り 、 政 治 活 動 の 公 明 と 公 正 を 確 保 し 、 も っ て 民 主 政 治 の 健 全 な 発 達 に 寄 与 す る こ と を 目 的 と す る 。 二 条 ( 基 本 理 念 等 ) ① こ の 法 律 は 、 政 治 資 金 が 民 主 政 治 の 健 全 な 発 達 を 希 求 し て 拠 出 136

政治とカネ


2 政 治 再 生 の た め の 戦 略 矮 小 化 さ れ る 政 治 自 民 党 の 政 治 家 た ち が な ぜ 巨 額 の カ ネ を 必 要 と す る の か 、 そ の カ ネ を 調 達 す る 過 程 で 政 治 が ど ん な に 歪 ん で い く か 、 そ の 実 態 を み て き た 。 経 済 の 情 報 化 、 政 治 化 と い う 大 き な う ね り が あ り 、 政 治 と カ ネ の 結 び つ き が 新 し い 局 面 を 迎 え て い る こ と も 知 っ た 。 「 カ ネ の か か る 政 治 」 に ど う 挑 戦 す る か が 、 残 さ れ た テ ー マ で あ る 。 わ た し が 最 も 残 念 に 感 じ て い る の は 、 本 来 な ら 創 造 的 で あ り も っ と 魅 力 的 で あ る べ き 政 治 が 、 み ず か ら を 極 端 に 矮 小 化 し て い る こ と で あ る 。 も っ と 尊 敬 さ れ て も よ い 政 治 家 と い う 職 業 が 、 な に か 小 さ な も の に な っ て い る 。 そ し て こ の 矮 小 化 が 「 カ ネ の か か る 政 治 」 と 無 縁 で は な い と 考 え て い る 。 た と え ば 、 政 治 と 税 制 改 革 を み て み る 。 し い だ ろ う 。 賛 否 さ 大 型 間 接 税 は 、 大 量 消 費 の 時 代 の 注 目 す べ き 発 想 の 一 つ だ と い っ て も 、 ま ざ ま な 意 見 が 噴 出 し 、 新 聞 は じ め マ ス コ ミ の 論 調 が 二 分 さ れ て 当 然 で あ る 。 政 治 の ド ラ マ は そ こ か ら 始 ま る 。 各 政 党 は 支 持 者 た ち と の 対 話 を 通 し て 、 改 革 案 の 枝 ぶ り を 整 え て い く 。 184

政治とカネ


第 五 章 金 権 政 治 か ら 脱 却 で き る か