検索 - みる会図書館

検索対象: 兎の眼

兎の眼から 348件ヒットしました。

兎の眼


あ げ た と き 、 か れ の 顔 は 血 だ ら け に な っ て い た 。 鉄 三 の 爪 で 切 り さ か れ た 皮 膚 が 、 赤 い え の ぐ を つ け た 布 ぎ れ の よ う に 、 び ら び ら し て い た 。 ー ー 鉄 三 の 攻 撃 は 、 そ れ で も と ま ら な か っ た 。 顔 を か ば っ た 文 治 の 手 に 、 鉄 三 の 歯 が く い こ ん だ 。 文 治 の は け し い 泣 き 声 に 、 死 に も の ぐ る い で 鉄 三 を 引 き は な し た 小 谷 先 生 は 、 文 治 の 手 か ら 白 い 骨 が の そ い て い る の を 見 る と 、 そ の 場 に 卒 倒 し て し ま っ た の で あ る 。 職 員 室 で 、 鉄 三 は 教 頭 先 生 に な ぐ り た お さ れ た 。 ほ か の 先 生 た ち も 、 文 治 が 顔 や 手 か ら 血 を し た た ら せ て 、 泣 き わ め き な が ら 病 院 に は こ ば れ て い く の を 見 て い た の で 、 だ れ も 教 頭 先 生 の 暴 力 を 非 難 し よ う と は し な か っ た 。 い く ら ぶ た れ て も 鉄 三 は ロ を ひ ら か な か っ た 。 泣 き も し な か っ た 。 は じ め 鉄 三 を か わ い そ う に 思 っ て い た 女 の 先 生 も 、 そ ん な 強 情 な 鉄 三 を 見 て い る う ち に 、 教 頭 先 生 の 暴 力 は や む を え な い こ と だ と 思 う よ う に な っ て い っ た 。 う す い ば く 小 谷 先 生 は 保 健 室 で ね て い た の で 、 教 頭 先 生 が 鉄 三 を つ れ て 家 へ い っ た 。 臼 井 貘 と い う か わ っ た 名 の た め に 、 く / ク じ い さ ん と 呼 ば れ て い る 鉄 三 の 祖 父 の 前 で 、 鉄 三 は ふ た た び お し お き 仕 置 を 受 け た が 、 つ い に 、 か れ の ロ は ひ ら か ず じ ま い だ っ た 。 よ く 日 、 小 谷 先 生 は 学 校 を 休 ん だ 。 二 日 休 ん で 三 日 め に 小 谷 先 生 は 学 校 に き た 。 き れ い な 先 生 だ と い う 評 判 な の に 、 そ の 日 の 小 谷 先 生 は す こ し も 美 し く な か っ た 。 昼 す ぎ に 、 く ノ ク じ い さ ん が 学 校 へ や っ て き た 。 小 谷 先 生 に な に か 話 を し て か え っ て い っ た 。 そ の と き 小 谷 先 生 は あ わ て た よ う な 顔 を し た 。 そ し て 長 い あ い だ 考 え ご と を し て い た 。

兎の眼


を 見 な が ら 、 小 谷 先 生 は 心 の 中 で 話 し か け た 。 遊 び つ か れ た 功 た ち が 、 鉄 三 の と こ ろ に や っ て き た 。 「 オ ッ ス 」 と 、 四 郎 が 小 谷 先 生 に あ い さ つ を し た 。 「 オ ッ ス 」 と 小 谷 先 生 も む じ や き に か え す 。 ど や ど や と あ が り こ ん で き て 、 鉄 三 や 小 谷 先 生 の そ ば に く つ つ い た 。 「 お ま え 、 タ ダ で 家 庭 教 師 を し て も ろ て と く や な ア と 功 は 鉄 三 の 頭 を つ い た 。 「 だ め 、 勉 強 中 だ か ら 、 じ ゃ ま せ ん と い て 」 と 小 谷 先 生 は こ わ い 顔 を し た 。 鉄 三 は 知 ら ん 顔 を し て 字 を か い て い る 。 そ ば で い く ら わ い わ い さ わ が れ て も 、 い っ こ う 平 気 だ 。 「 先 生 ー 「 鉄 ツ ン 、 は よ 字 を お ぼ え て 、 ハ エ の 研 究 論 文 な ん か か い た ら え え な ア 眼 「 そ う ね 。 そ し た ら 鉄 三 ち ゃ ん は 博 士 や か ら 、 あ ん た は カ バ ン 持 ち に な る の ん よ 」 の 「 お れ が 鉄 ツ ン の カ バ ン 持 ち ゃ て か 、 笑 わ せ る な あ 鉄 ツ ン 」 兎 鉄 三 の 尻 を ポ ン と た た い て 、 功 は 笑 い こ ろ げ た 。 「 純 く ん が い な い け れ ど ど う し た の 」 「 み さ え が 熱 を 出 し て ね て る の で 看 病 や ー

兎の眼


こ れ で 鉄 三 は 「 ( = の た べ も の 」 の 研 究 を し て い る 。 一 日 に 三 回 、 ど の ( = が 、 ど の え さ に た か っ た か を 記 録 し て あ る 。 も ち ろ ん え さ に た か っ て い る 場 合 と 、 え さ を た べ て い る 場 合 と は 、 げ ん み つ に い え ば ち が う わ け だ け れ ど 、 小 学 生 の 実 験 だ か ら 、 そ こ ま で は こ ま か く 調 べ る 必 要 は な い だ ろ う と 小 谷 先 生 は 思 っ て い る 。 実 験 に 使 っ た ( = は 、 数 の 多 い 、 人 間 の く ら し に 関 係 の ふ か い も の を 四 種 類 選 ん だ 。 イ = バ = は 鉄 三 の 飼 っ て い な い ( = だ っ た が 、 イ = バ = を の そ く と 、 ( = の 研 究 と し て 意 味 が な く な っ て し ま う の で 、 小 谷 先 生 は 鉄 三 に た の ん で 飼 っ て も ら っ た 。 え さ が 問 題 だ っ た 。 ( = の え さ と い っ て も 無 数 に あ る 。 小 谷 先 生 は 動 物 性 の も の と 植 物 性 の も の 、 そ れ か ら 栄 養 学 で い う と こ ろ の 脂 肪 、 た ん ば く 質 、 糖 類 な ど を 考 え て い た 。 鉄 三 に そ ん な む ず か し 冫 を し か な い の で 、 小 谷 先 生 は 鉄 三 と ふ た り で ゴ ミ 置 場 を 歩 い て 、 鉄 い こ と を 教 え る わ け こ よ 、 三 に ( , の え さ を 教 え て も ら 0 た 。 鉄 三 が 指 さ し た ( 一 の え さ は 、 魚 貝 類 、 動 物 の 死 体 、 動 物 の 皮 、 果 物 、 野 菜 ク ズ 、 み そ 、 酒 カ ス 、 菓 子 類 、 木 の 汁 、 草 木 の 花 な ど で あ 0 た 。 眼 そ こ で 鉄 一 一 一 と 相 談 し て ( も 0 と も 鉄 三 は 「 ん 」 と い う だ け だ 0 た け れ ど ) 魚 の ア ラ 、 牛 の 肉 、 ラ ー ド 、 果 物 、 野 菜 ク ズ 、 ア メ 玉 の 六 つ を 選 ん だ 。 兎 鉄 三 は ど の ( = が ど の え さ を 好 む か と い う こ と を だ い た い 知 0 て い た か ら 、 鉄 三 の 方 か ら い う と 、 こ の 実 験 は あ ま り 興 味 が な い 。 そ の こ と は 小 谷 先 生 も よ く わ か っ て い た 。 だ が 鉄 三 は す こ し も い や な そ ぶ り を 見 せ な か 0 た 。 学 校 に く る 前 と 学 校 か ら か え 0 て か

兎の眼


足 立 先 生 は 、 ひ い ふ う み い と 数 え た 。 「 こ ら 鉄 ツ ン 、 ち ょ っ と こ い 」 足 立 先 生 は あ っ と い う ま に 鉄 三 を う し ろ 向 き に だ き か か え て 、 自 分 の 足 も と に す わ ら せ て し ま っ た 。 「 鉄 ツ ン 、 こ の 小 さ い ハ エ は な ん ち ゅ う ( 工 ゃ ー 鉄 三 は も そ も そ し て い る 。 「 先 生 、 鉄 ツ ン は ハ エ の 名 ま え を 四 つ し か 知 っ と ら へ ん 。 ほ か の こ と は な ん で も 知 っ て る け ど 、 名 ま え だ け は 教 え て も ら わ ん と わ か ら ん か ら 、 ぜ ん ぜ ん あ か ん の や 」 功 の お し ゃ べ り を 純 が う け て 、 「 そ の 四 つ も 、 功 や お れ が 学 校 で 調 べ て や っ て 、 や っ と わ か っ た ん や 。 あ ん な ポ ロ 図 鑑 あ か ん で 。 も っ と え え の ん 買 う と け 」 と い っ こ 。 「 し ゃ あ な い か ら 鉄 ツ ン は 自 分 で か っ て に 名 ま え を つ け と る ん や 。 そ の 小 さ い の は の み に よ う に て る か ら 、 ノ ミ 、 、 ノ エ と い う こ と に し て る ら し い で 」 「 足 立 先 生 ー 小 谷 先 生 は お ど ろ い て い っ た 。 「 そ の 名 ま え 、 で た ら め じ ゃ な い わ 。 学 名 ノ ミ 。 ハ エ よ 。 ほ ら 、 羽 根 の な い の が あ る で し ょ ミ バ エ は 種 類 に よ っ て は 雌 に 羽 根 の な い の が あ る の よ 」 / 工 と い う そ う 「 へ え 、 鉄 ツ ン 、 お ま え 、 あ き れ た や つ や な 。 こ れ ほ ん と の 名 ま え も ノ ミ く こ

兎の眼


ち ょ っ と し た さ わ ぎ が お さ ま っ て 、 足 立 先 生 と ふ た り に な る と 、 小 谷 先 生 は 話 を つ づ け 「 じ つ は い ま の こ と 鉄 三 ち ゃ ん に 教 え て も ら っ た ん で す よ 先 生 」 「 鉄 三 が そ ん な む ず か し い こ と を 知 っ て い た の か 」 び つ く り し て 足 立 先 生 は 問 い か え し た 。 「 そ う じ ゃ な い で す け ど 、 羽 根 の 下 の 糸 の よ う な も の を ち ぎ る と 、 ハ エ は そ う い う 状 態 に な る と い う こ と を 、 鉄 三 ち ゃ ん は 経 験 で 知 っ た ん じ ゃ な い か と 思 う ん で す 。 鉄 三 ち ゃ ん が 処 理 所 の 子 ど も た ち に 教 え て 、 わ た し は そ の こ と を 功 く ん か ら き い た ん で す 」 「 ふ ー ん 」 足 立 先 生 は 感 心 し た 。 「 た い し た 話 だ 。 鉄 三 は た い へ ん な 科 学 者 と い う こ と に な る ね 」 「 え え 。 そ れ に わ た し 、 と っ て も 気 に な る 文 を 読 ん だ ん で す 。 こ こ に か き ぬ い て き ま し た か ら 、 ち ょ っ と 読 ん で く だ さ い ナ 」 小 谷 先 生 が し め し た 文 章 は つ ぎ の よ う な も の で あ る 。 眼 「 ハ エ は 親 に 産 み 放 さ れ 、 生 涯 を 仲 間 も 家 族 も 家 さ え な く 、 ひ と り で 暮 ら す 。 そ の 間 、 / の 兎 チ 、 ク モ 、 小 鳥 な ど に お ど か さ れ る が 、 他 を お ど か す こ と は な く 、 そ の 食 べ る 物 と い え ば 社 会 の 廃 棄 物 に す ぎ な い 。 そ こ に は な ん の 美 談 も な い が 、 残 忍 性 も な く 、 ご く つ つ ま し い 、 い わ ば 庶 民 の 生 活 で あ る ー

兎の眼


「 こ れ よ 鉄 三 ち ゃ ん 小 谷 先 生 は 教 え て や っ た 。 そ う い う と き 、 鉄 三 は す こ し 表 情 を か え る 。 く や し い よ う な は ず か し い よ う な 、 す こ し 、 て れ た よ う な な ん と も や や こ し い 顔 で あ る 。 よ し い よ 、 い そ が な く っ た っ て 、 ゆ っ く り お 小 谷 先 生 は 鉄 三 の 頭 を な で て や る 。 、 、 ぼ え れ ば い い の よ 。 こ し あ き の み ば え 」 「 つ ぎ い く よ 、 し し 、 つ し よ う け ん め い さ が し て い る 。 鉄 三 は 、 し 小 谷 先 生 は ( 工 が こ ん な ふ う に 役 立 っ て く れ る と は 夢 に も 思 っ て い な か っ た 。 鉄 三 は 学 校 に き て も な に も し な い 。 教 科 書 は ひ ら か な い 、 ノ ー ト は ま っ 白 、 友 だ ち と も 遊 ば な い 、 生 き て い る こ と は た し か だ が 、 学 校 に い る と き の 鉄 三 は ま る で 植 物 人 間 だ 。 そ れ が ハ エ を き っ か け に し て 文 字 を お ぼ え だ し た 。 ま だ あ る 。 ハ エ の 絵 を か き 出 し た こ と だ 。 図 書 館 か ら 借 り て い た ( 工 の 本 を か え さ な く て は な ら な い と き が き て 、 鉄 三 に そ う い っ た 。 鉄 三 は そ の 夜 、 ( 工 の 図 を う っ し だ し た の だ 。 小 谷 先 生 は か わ い そ う に な っ て 、 眼 東 京 の 出 版 社 か ら そ の 本 を と り よ せ 鉄 三 に プ レ ゼ ン ト し た 。 そ の と き の こ と が き っ か け で の 鉄 三 は ( 工 の 精 密 描 写 を す る よ う に な っ た の だ 。 線 描 は ち え が あ ら わ れ る と い わ れ て い る 。 兎 鉄 三 の 絵 は 、 と て も 一 年 生 の 子 ど も が か い た も の と は 思 え な か っ た 。 多 少 、 形 が い び つ に 7 な る の は し か た が な い が 、 ひ じ よ う に こ ま か い と こ ろ ま で て い ね い に か い て あ る 。 た と え ば ハ エ の 羽 根 の 線 を 脈 と い っ て い る が 、 イ エ バ エ の 羽 根 の 第 四 脈 ( 羽 根 の 内 部 に

兎の眼


小 谷 先 生 は 鉄 三 の う し ろ に ま わ っ て 、 か れ を だ き か か え る よ う に し て 両 手 を と っ た 。 を い 、 タ ン タ タ 、 タ ン タ タ 、 タ ン タ タ タ ン 、 タ ン タ タ 、 タ ン ・ 鉄 三 は し か た な し に や っ て い る 。 し し こ と 」 「 こ ん ど は 鉄 三 ち ゃ ん ひ と り で や る の よ 。 、 、 合 先 生 は 小 さ 小 谷 先 生 は み ん な の 前 に い っ て 指 揮 を し た 。 鉄 三 は や つ ば り や ら な い 。 小 ( な た め 息 を つ い た 。 鉄 三 の う し ろ に ま わ っ た と ぎ 、 鉄 三 の 髪 が く さ か っ た 。 鉄 三 ち ゃ ん 、 頭 く さ い よ と い い か け て 小 谷 先 生 は あ わ て て こ と ば を 飲 み こ ん だ 。 両 親 の い な い 鉄 三 に 、 そ れ は い っ て は い け な い こ と だ 。 学 校 が ひ け て か ら 、 き よ う は 二 つ 用 事 が で き た わ 、 と 小 谷 先 生 は 思 っ た 。 四 時 に 学 校 を 出 た 。 足 立 先 生 と ふ た り で 、 春 川 き み の 家 に 向 か っ た 。 春 川 き み は 足 立 先 生 の 受 持 ち で 二 年 生 、 さ と し 弟 の 諭 は 一 年 生 で 、 小 谷 先 生 の 担 当 で あ る 。 ふ た り の 母 親 は 二 度 め の 家 出 で 、 足 立 先 生 は 戻 る み こ み が な い と い っ た 。 眼 足 立 先 生 は 、 母 親 の い な い 場 合 の 生 活 を 、 父 親 と よ く 話 し 合 っ て い て 、 だ い た い い け る の 兎 だ ろ う と い う 見 通 し を つ け て い た と い う こ と で あ る 。 き よ う 学 校 に 電 話 が あ っ た 。 春 川 き み が 近 所 の 子 ど も に 勉 強 を 教 え て 、 十 円 二 十 円 の 月 謝 を と っ た と い う の で あ る 。

兎の眼


168 小 谷 先 生 は 学 校 の す み ず み ま で 歩 い て 、 こ の 場 所 で は こ う い う 事 故 が お こ り そ う だ と 、 い ち い ち て ん け ん し て い た 。 屋 上 と か 、 ゴ ミ を 焼 く 炉 の 上 と か 、 重 大 な き け ん が お こ り そ う な と こ ろ は 、 み な 子 を つ れ て い か な い こ と 、 み な 子 が 行 き か け た ら カ ず く で も と め る こ と な ど を 、 子 ど も た ち に 話 し て あ っ た 。 話 す だ け で な し に 、 じ っ さ い に 子 ど も た ち を つ れ て 歩 い て 、 一 つ 一 つ 、 こ こ で は こ う す る あ あ す る と 教 え て あ っ た 。 そ れ で も 小 さ な 事 故 は お こ る だ ろ う 。 し か し 、 そ れ を 恐 れ て い た ら な に も で き な い と 小 谷 先 生 は 思 っ た 。 子 ど も は ケ ガ を さ せ な い よ う に し て 、 も り を し て い る だ け で い い と 公 一 言 し て は ば か ら な い 教 師 が い た が 、 小 谷 先 生 は そ ん な 人 を 軽 べ っ し て い る 。 そ れ に し て も だ い ぶ 叱 ら れ ち ゃ っ た ナ と 思 い な が ら 、 小 谷 先 生 は 校 長 室 を 出 た 。 ど う し た の 、 と 折 橋 先 生 に い わ れ て 、 ぼ ろ っ と 涙 が こ ぼ れ た 。 足 立 先 生 が ポ ー ン と 肩 を た た い た 。 く よ く よ す る な と 小 谷 先 生 は 自 分 に い い き か せ た 。 あ し た の 当 番 は 鉄 三 ち ゃ ん だ 、 鉄 三 ち ゃ ん う ま く や る か な ア と 小 谷 先 生 は 思 っ た 。 鉄 三 と 組 に な っ た 女 の 子 は や よ い と い っ て 、 め だ た な い 子 だ っ た 。 道 子 の よ う に 気 性 の つ よ い 子 と 組 ん で く れ て い た ら 、 安 心 し て み て い ら れ る の だ が 、 鉄 三 と や よ い で は 、 ち ょ っ と 心 細 し 鉄 三 ち ゃ ん が ん ば っ て ね 、 と 小 谷 先 生 は 祈 る よ う な 気 持 だ っ た 。 つ ぎ の 日 、 鉄 三 は ふ だ ん と か わ ら な い 顔 を し て 学 校 に き た 。 や よ い は 朝 か ら 心 配 そ う な

兎の眼


270 「 さ っ き ア ダ チ が き と っ た で 」 「 う ん 、 知 っ て る よ 」 と 、 折 橋 先 生 は い っ た 。 「 え ら い わ ね 。 み ん な で 勉 強 し て た の 」 と 、 小 谷 先 生 が い う と 、 っ こ 0 「 お れ と 純 と し げ 子 が 先 生 ー と 功 は え ら そ う に い ナ 「 お に い ち ゃ ん は ね 先 生 、 わ か ら へ ん か っ た ら 、 ゴ ム の ホ ー ス で あ た い ら を ぶ つ の 。 鉄 三 ち ゃ ん も 一 回 ぶ た れ た 」 と 、 み さ え が う ら め し い 顔 を し て い っ た 。 「 三 つ も た た か れ た ア ー と 、 浩 二 が い っ て い る 。 「 そ や か て 、 こ い つ ら も の お ぼ え が わ る い ん や で 先 生 ー と 、 純 は 半 分 に げ ご し で い っ た 。 五 た す 八 は 、 と き か れ て 、 ま ご ま ご し て い る 鉄 三 を 思 う と 、 小 谷 先 生 は し ぜ ん に 笑 え て く る 。 ゴ ム の ホ ー ス で ぶ た れ て 、 鉄 三 は ど ん な 顔 を し て い る の だ ろ う 。 「 そ れ に し て も 、 ス ト ラ イ キ や な ん て 、 お ま え ら 、 か っ こ の え え こ と や り よ っ た な あ 」 折 橋 先 生 が い う と 、 功 は ロ を と ん が ら せ て い っ た 。 「 な に が か っ こ が え え ん じ ゃ 。 チ ビ ら に 勉 強 は 教 え て や ら な い か ん し 、 時 間 は 長 う て た い く つ や し 、 え え こ と な ん か ち っ と も な い わ い 。 学 校 に い き た い ワ 」 「 そ ら そ う や 、 す ま ん 」 折 橋 先 生 は す な お に 失 言 を わ び た 。 「 は じ め は お と う ち ゃ ん や お か あ ち ゃ ん ら と け ん か し て 、 な ん で ぼ く ら が 学 校 を 休 ま な い

兎の眼


226 「 キ チ 、 キ チ 、 キ チ 」 と 、 鉄 三 は キ チ を だ き し め た 。 キ チ は 鉄 三 の 顔 を ベ ロ べ ロ な め た 。 功 が 天 井 の 穴 か ら 檻 の 中 に は い っ た 。 「 つ い で に お ま え ら も に が し て や る 。 そ ら 行 け 、 は よ に げ ろ 犬 た ち は は ね ま わ り 、 と び ま わ っ て よ ろ こ ん だ 。 数 分 の 後 、 犬 は 一 匹 も い な く な っ た 。 か わ り に 数 十 分 の 後 、 処 理 所 の 子 ど も た ち は 全 員 、 警 察 に つ か ま っ て い た の だ っ た 。 足 立 先 生 ら 、 子 ど も た ち の 担 任 が 教 頭 先 生 と い っ し ょ に 警 察 に か け つ け た 。 教 頭 先 生 が 代 表 し て あ や ま っ て い る 。 「 あ ん た ら 、 ど ん な 教 育 し て ん ね ん や 」 野 犬 狩 り の 吏 員 は か ん か ん だ 。 泥 だ ら け の と こ ろ を み る と 、 ま だ 土 管 に も ぐ っ た と き の ま ま ら し い 。 「 こ の 子 の 担 任 は だ れ や 」 恵 子 が お し 出 さ れ た 。 「 ぼ く で す 」 折 橋 先 生 は の っ そ り と い っ た 。 「 ど う い う 子 や こ の 子 は 」 「 ど う い う 子 い う て べ つ に : : : 頭 の え え か し こ い 子 で す ワ 」