検索 - みる会図書館

検索対象: 異邦人

異邦人から 75件ヒットしました。

異邦人


ド ジ ュ ー ル ・ ロ マ ン オ カ . ミ 、 孤 児 マ リ 1 矢 内 原 伊 作 訳 堀 ロ 大 學 訳 人 間 に つ い て 骭 扉 瑞 穂 訳 光 ほ の か 堀 0 大 學 訳 肉 体 の 神 瑞 訳 き ポ ー ヴ ォ ワ ー フ ィ リ ツ 。 フ 。 フ 、 ン ケ 第 二 部 母 と 子 ロ 篤 山 内 義 雄 訳 招 か れ た 女 ( し 川 訳 一 一 お ジ ュ ー ル ・ ロ マ ン 笹 森 猛 正 フ ィ リ ツ 。 フ 船 が ・ 青 柳 瑞 穂 訳 一 目 母 へ の 手 紙 山 内 義 雄 訳 他 人 の 血 求 ↓ ォ ワ ー ル 。 フ シ ケ 第 三 部 佐 藤 朔 訳 ド ル ジ ュ ル 伯 の 舞 踏 ラ デ 若 き 日 の 手 紙 イ ゲ 合 第 二 の 性 ー ヴ ォ ワ ー 元 コ レ ッ ト 生 島 遼 一 訳 生 島 遼 一 訳 青 麦 サ ガ ン 堀 。 大 學 訳 ~ 肉 体 の 悪 魔 嘉 章 訳 悲 し み よ こ ん に ち は 牝 モ ン テ ル ラ ン 朝 吹 登 水 子 訳 〕 博 訳 き 若 き 娘 達 新 ン あ る 微 笑 サ ガ 朝 吹 登 水 子 訳 夜 間 飛 行 大 。 學 を き 女 性 〈 の 憐 憫 、 : ・ : ・ 、 一 人 間 の 土 地 サ 一 年 の の ち サ ガ ン 堀 ロ 大 學 訳 朝 吹 登 水 子 訳 昼 顔 堀 ロ 大 學 訳 サ ガ ン プ ラ 1 ム ス は お 好 き 戦 う 操 縦 士 堀 、 亠 ん 學 目 マ ル ロ オ 朝 吹 登 水 子 訳 一 0 〕 侮 蔑 の 時 代 ー リ ャ ッ ク テ レ ー ・ デ ケ イ ル モ 小 松 清 訳 ポ ー ル と ヴ ィ ル ジ 一 一 サ ン ・ ビ エ ー ル ウ 杉 捷 夫 訳 〈 0 田 辺 貞 之 助 訳 き ス ・ ル プ ラ ン 3 モ 人 間 の 条 件 0 ← 第 清 訳 一 き 愛 の 砂 漠 ー 2 ャ 夫 新 庄 嘉 章 ー ル 。 ハ ン 傑 作 集 — ー 堀 ロ 大 學 訳 ) ス ・ ル プ ラ ン マ ル ロ オ 続 夜 の 終 り モ 一 日 ー ル 。 ( ン 傑 作 集 Ⅱ ー 堀 ロ 大 學 訳 一 五 〕 杉 捷 知 訳 一 乙 王 小 松 清 訳 ) ・ ス ・ ル プ ラ ン マ ル ロ オ 奇 岩 城 モ ー 反 逆 児 フ 服 者 青 柳 瑞 穂 〈 0 征 ー ル 。 ( ン 傑 作 集 Ⅲ ー 堀 ロ ・ 大 學 訳 一 暠 小 松 清 訳 一 言 。 フ ) ス ・ ル プ ラ ン 娃 衵 婚 ( ク レ エ ル ) 、 リ = 工 一 き 強 盗 紳 士 モ ー = は 関 藤 み 目 醜 女 の 日 記 義 訳 ー ル 。 ( ン 傑 作 集 ー 堀 ロ 大 學 訳 一 き ス ・ ル プ ラ ン 離 愁 ( エ ヴ ァ ) シ 窪 田 啓 作 訳 合 ~ 。 ( ン 対 ホ 1 ム 災 、 ー 佐 藤 非 異 邦 人 栓 . モ ー リ ス ・ ル プ ラ ン ュ 各 水 品 一 六 0 ー ル 。 ハ ン 傑 作 集 Ⅵ ー 堀 ロ 大 學 訳 愛 を め ぐ る 随 想 ド の き ベ ス ト ( 上 ) 力 、 下 宮 崎 嶺 雄 訳 一 一 0 海 学 文 学 2 ICO

異邦人


各 ル ザ ッ ナ ジ ャ ン ・ ク リ ス ト フ 新 庄 嘉 章 訳 風 流 滑 稽 譚 二 小 西 茂 也 訳 海 外 文 学 ( 全 八 巻 ) 一 岩 ・ 一 目 ・ 一 {0 ・ 三 0 谷 間 の 百 合 ( 下 ) ~ 茂 也 訳 目 説 ( 赤 色 帯 ) 地 、 、 ハ ル ザ ッ ク 窄 小 牧 近 江 訳 一 = 0 暗 黒 事 件 小 西 茂 也 訳 一 プ 1 ル ジ ェ 〈 仏 文 学 〉 死 メ 木 村 太 郎 訳 コ ロ ン ノ 三 、 好 達 治 訳 人 間 ぎ ら 、 淳 訳 含 し 内 藤 濯 訳 六 0 背 徳 者 ル カ ル メ ン 堀 0 大 學 訳 狭 き リ ジ イ 女 学 者 ・ 気 で 病 む 男 日 ー 山 内 義 雄 訳 一 言 内 藤 濯 訳 一 《 《 ン ゴ 、 ・ エ ト リ ス ク の 壺 堀 ロ 大 學 訳 ラ フ ァ イ エ ッ ト キ 一 人 ア ベ ・ 。 フ レ ヴ ォ 田 園 交 響 楽 ' 一 イ 神 西 清 訳 ク レ ー ヴ の 奥 方 青 柳 瑞 穂 訳 / ン ・ 」 ス 「 オ 青 柳 瑞 穂 訳 コ ン ス タ ン デ ュ マ ・ ア イ ス ア ド ル フ = お 地 の 糧 ジ イ 新 庄 嘉 章 訳 ~ 6 椿 新 庄 嘉 章 訳 ソ ヴ ェ ト 旅 行 記 ) ) イ ド 松 清 訳 ナ 新 庄 嘉 章 訳 一 = 〔 ナ 0 篤 古 賀 女 の 一 生 、 一 粒 の 麦 も し 上 ジ イ 脂 肪 の 塊 ・ テ リ エ 館 ( 下 ) 堀 ロ 大 學 訳 目 青 柳 瑞 穂 訳 な ず ば 一 六 C ボ ヴ ァ リ ー 夫 人 フ ロ ア ン ド レ ・ ワ ル テ ル ジ イ 生 島 遼 一 訳 モ <0 の 手 記 ・ 詩 三 好 達 治 訳 一 8 ー ル 一 き 水 の 、 上 青 ・ 柳 瑞 穂 訳 。 ( ~ 《 の 僧 院 平 訳 = お ビ エ ー 。 ( , サ ン 法 王 庁 の 抜 穴 島 遼 一 訳 一 = 0 ル と ジ ャ ン 杦 捷 夫 訳 一 8 上 ジ イ ン サ ン 一 一 0 贋 金 つ く り べ ラ ミ 下 山 内 義 雄 訳 一 .00 0 第 助 訳 = 『 , サ 、 一 新 し き 糧 ル ロ 刻 學 訳 合 学 死 の ご と く 強 し 田 辺 貞 之 助 訳 一 き 1 。 ハ ッ サ ン 短 篇 集 モ 。 ( ッ サ ン 各 八 0 女 の 学 校 ・ ロ べ ー ル 二 人 の 愛 人 ホ 庄 嘉 章 訳 、 新 庄 嘉 章 訳 文 ( 全 六 冊 ) 青 柳 瑞 穂 他 訳 六 ・ 九 0 未 完 の 告 白 ジ イ 新 庄 嘉 章 訳 合 風 車 小 屋 た よ り 村 上 菊 一 郎 訳 目 燃 え 上 る 青 春 堀 ロ - 大 學 訳 一 = 0 ジ イ ア ル ル の 女 村 上 菊 一 郎 ざ 十 五 少 年 漂 流 記 あ 野 完 治 訳 き イ サ ベ ル ・ 青 春 新 庄 嘉 章 訳

異邦人


ー ソ ン ) ス ・ ル プ ラ ン や ハ ー ネ ッ ト 探 偵 社 モ ー 緋 文 字 ホ ー ル 。 ( ン 傑 作 集 ー 堀 印 大 學 訳 二 0 〈 英 米 文 学 〉 鈴 木 重 吉 訳 一 ) ス ・ ル プ ラ ン 八 点 鐘 モ ー ト ム ・ ソ 1 ャ 1 の 冒 々 1 ク ・ ト ウ エ ン 大 久 保 康 雄 訳 三 0 ー ル 。 ( ン 傑 作 集 Ⅷ ー 堀 印 大 學 訳 一 吾 ロ ミ オ と ジ ュ リ エ ッ 、 ン エ イ ク ス ビ ア 険 ) ス ・ ル プ ラ ン ル 。 ハ ン の 告 白 モ ー 中 野 好 夫 訳 ト ム ・ ソ ー ヤ ー の 探 マ 1 ク ・ ト ウ エ ン ー ル 。 ( ン 傑 作 集 Ⅸ ー 堀 ロ 大 學 訳 一 一 お 大 久 保 康 雄 訳 一 一 0 シ ェ イ ク ス ビ ア 偵 ・ 探 検 オ セ ロ ) ス ・ ル プ ラ ン 棺 桶 島 モ ー 木 下 順 二 訳 ー ル 。 ( ン 傑 作 集 ー 堀 印 大 學 訳 一 吾 ム レ ッ , 「 シ イ ク ス 。 ヒ ア ノ レ ・ ミ ゼ ラ ブ ル ュ マ ー グ ・ ト ウ エ ン 本 多 顕 彰 訳 ハ ッ ク ル べ リ イ ・ ( 全 四 冊 ) 佐 藤 朔 訳 フ ィ ン の 冒 険 村 岡 花 子 訳 一 ロ ビ ン ソ ン 漂 流 デ フ ォ オ 。 吉 田 健 一 訳 一 、 ー ク ・ ト ウ 短 古 沢 安 二 郎 訳 〈 0 ガ リ ヴ ァ 旅 行 ス ウ イ フ ト 一 言 中 野 好 夫 訳 一 岩 篇 集 ス テ ィ ー ヴ ン ス ン ジ ー キ ル 博 士 と ( イ ド 氏 田 中 西 二 郎 訳 弯 シ , イ ク ス ビ ア 物 語 松 本 恵 子 訳 二 0 宝 ア ー ヴ ィ ン グ 彑 佐 々 木 直 た 郎 一 き ス ケ ッ チ ・ ブ ッ ク 上 o ・ プ 。 、 一 , 各 二 都 物 語 ( し に 木 直 次 郎 訳 を 一 、 ' ( 下 ) 大 久 保 康 雄 訳 一 吾 デ ィ ッ ケ ン ズ ク リ ス マ ス ・ カ ロ ル 村 岡 花 子 訳 帰 郷 ( 下 ) た 衛 訳 オ リ ヴ , ー デ ィ 短 篇 集 河 野 一 郎 訳 き 一 、 一 。 ~ ・ ト 、 上 ) = ト 0 夫 人 各 デ ィ ヴ → , ド ・ 「 。 ( デ , , 、 一 一 オ ド リ ア ン ・ グ レ イ の ワ イ ル ド 黒 猫 ・ 黄 金 虫 + 福 田 恆 存 訳 一 一 お 文 佐 々 木 直 次 郎 訳 合 肖 像 外 サ ロ メ ・ ウ イ ン ダ ミ ワ イ ル ド 西 村 孝 次 訳 モ ル グ 街 の 殺 人 事 件 佐 々 木 直 次 郎 訳 ア 夫 人 の 扇 ワ 、 4 ル ド = ⅱ 福 田 恆 存 訳 一 日 白 鯨 0 ャ 獄 中 記

異邦人


"L'ETRANGER ” by A1bert Camus Origina11y Copyrighted by Librairie Ga11imard, Paris. This book is published in Japan by arrangement with Librairie Ga11imard through the Bureau des Copyrights Francais in Tokyo. 異 邦 人 立 、 定 価 90 円 4 潮 文 庫 昭 和 二 十 九 年 九 月 三 十 日 発 行 昭 和 四 十 一 年 五 月 二 十 日 二 十 六 刷 改 版 昭 和 四 十 一 一 一 年 七 月 二 十 五 日 三 十 刷 本 訳 者 窪 田 啓 作 木 記 本 製 発 行 者 佐 藤 亮 社 会 嘱 式 発 行 所 会 社 新 潮 社 刷 ね 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 電 話 東 京 一 一 六 〇 局 一 一 一 一 ( 大 代 ) 刷 振 替 東 京 八 0 八 番 0 乱 丁 、 落 丁 の も の は 本 社 又 は お 買 求 め の 書 店 に て お 取 替 え い た し ま す 。 年 彡 ジ

異邦人


し わ ゆ る 実 存 主 義 の 哲 学 に 反 抗 す ほ く が 発 表 し た 唯 一 の 思 想 書 で あ る 『 シ ジ フ ォ ス の 神 話 』 は 、 、 る 方 向 に む け ら れ て い た 」 思 想 も 、 生 い 立 ち も 、 資 質 も 、 感 受 性 も 、 小 説 の 方 法 や 小 説 観 や 文 体 に お い て さ え も 、 カ ミ ュ 邪 々 の 仕 方 で 、 い わ ゆ る 人 間 の 不 条 理 を は あ き ら か に サ ル ト ル と は 異 な る 。 た だ こ の ふ た り は 、 」 描 い て み せ た の だ 。 一 九 四 七 年 に 彼 は 『 ベ ス ト 』 を 刊 行 す る が 、 こ れ は 『 異 邦 人 』 以 上 に 彼 の 名 声 を 高 め た 。 戯 曲 人 で は 、 『 カ リ ギ ュ ラ 』 に つ づ い て 『 誤 解 』 、 『 戒 厳 令 』 、 『 正 義 の 人 び と 』 な ど を 上 演 し 、 五 一 年 に 評 論 『 反 抗 的 人 間 』 を 発 表 す る 。 左 に も 右 に も 偏 せ ぬ 中 道 精 神 を 説 い た こ の 書 物 は 、 世 界 平 和 の 危 邦 機 が 叫 ば れ て い た 当 時 に お い て 、 た し か に 生 ぬ る い も の で あ り 、 サ ル ト ル の 主 宰 す る 「 現 代 」 誌 異 は 、 鋭 く カ ミ = を 批 判 し た が 、 こ れ を 契 機 に 十 年 近 く つ づ い た ふ た り の 友 情 に 終 止 符 が 打 た れ た 。 こ の 論 争 に お い て は カ ミ ュ の 方 が 歩 が 悪 く 、 そ の こ と を カ ミ ュ 自 身 も 自 覚 し て い た と 思 わ れ る 節 が あ る が 、 こ れ は 必 す し も カ ミ ュ の 不 名 誉 に は な ら な い で あ ろ う 。 サ ル ト ル が 稀 れ に み る 論 争 の 巧 者 で あ る と い う こ と も あ る が 、 い ま に し て 思 え ば 、 カ 、 、 、 ユ は 自 己 の 世 界 を こ れ ほ ど ま で に 尊 重 し て い た と い う こ と に な ろ う 。 し か し 、 や は り カ 、 、 、 ユ は 、 論 争 後 、 い く つ か の 翻 案 劇 を 上 演 じ よ う し し た に と ど ま り 、 文 学 上 、 政 治 上 し ば ら く 沈 黙 を 守 っ た 。 漸 く 彼 が 新 し い 作 品 を 上 梓 し た の は 、 四 年 後 の 五 六 年 で あ っ て 、 そ れ は あ の 苦 渋 に 充 ち た 中 編 『 転 落 』 で あ る 。 五 七 年 に は 短 編 集 『 追

異邦人


三 島 由 紀 夫 著 ー 後 の , 曵 航 逞 乢 」 海 の 男 が 陸 の 生 活 に 溺 れ し た 時 、 堕 円 円 円 幕 府 転 覆 を は か る 風 魔 一 族 と 迎 え 撃 っ 隠 密 の 圓 柴 田 錬 三 郎 著 眠 狂 四 郎 独 歩 行 ( ( 間 に 忽 然 と 現 わ れ る 狂 四 郎 円 月 殺 法 の 冴 え / 9 仆 カ ボ ー テ ィ 野 鳥 の よ う な 自 由 を 求 め る 汝 性 ホ リ ー と 彼 女 円 テ ィ フ ァ ニ ー で 朝 食 を を と り ま く 男 達 ー フ ァ ン タ ス チ ッ ク な 物 語 。 刊 龍 ロ 直 太 郎 訳 新 プ ラ ト ー ン ソ ー ク ラ テ ー ス の 弁 明 」 ・ 廷 に お け る 弁 明 、 脱 獄 の 勧 め を 退 け て 廿 受 0 田 中 ・ 池 田 訳 ク リ ト ー ン ・ ハ イ ド ー ン ー た 死 刑 ー 弟 子 の 描 い た ソ ー ク ラ テ ー ス 像 。 最 妻 あ る 男 を 秘 か に 慕 い な が ら 別@j 青 年 と 結 婚 し た 鈴 鹿 。 煩 悩 の 男 女 を リ ア ル に 描 出 す る 庫 丹 羽 文 雄 著 命 な 「 り け り 文 ボ ス ト ン 社 交 界 〈 の デ ビ = ー を 背 景 に 、 目 ざ - ー - フ ェ ビ ア の 初 恋 め ゆ く ナ イ ー プ な 少 女 の み す み ず し さ を 描 く 潮 村 岡 花 子 訳 新 5 半 生 を 男 た ち の 愛 を 受 け て 生 き 、 や が て と 加 円 / イ 卩 な っ て 静 か な 余 生 を 送 る 女 性 の 波 瀾 の 生 、 瀬 戸 内 晴 美 著 女 武 田 泰 淳 著 貝 族 の 比 白 段 暗 を 、 ' 深 い 洞 察 と 自 の 文 で 描 出 す る 。 人 司 生 活 の デ ィ テ ィ ル に び そ む 刻 薄 と ユ ー モ 山 口 瞳 著 江 分 利 満 氏 の 華 麗 な 生 活 ア 描 ぎ 、 心 の 襞 に 生 き る こ と の 実 感 を 残 す 円

異邦人


品 の 販 売 を し た り 、 ム ル ソ ー の よ う に 海 連 業 者 に 雇 わ れ た り 、 市 庁 の 事 務 員 に な っ た り し た 。 こ う し た 体 験 は 彼 の 作 品 中 に 、 直 接 あ る い は 間 接 に 取 り い れ ら れ る で あ ろ う 。 哲 学 士 の 称 号 を と る た め の 論 文 は 、 。 キ リ シ ア の 哲 学 者 プ ロ テ ィ ノ ス と 、 聖 ア ウ グ ス テ イ ヌ ス と を 通 じ て 、 ヘ レ ニ ス ム す い ば ん と キ リ ス ト 教 と の 関 係 を 考 察 し た も の で あ っ た 。 卒 業 後 、 パ ス カ ル ・ ピ ア の 推 挽 に よ り 、 日 刊 紙 . 「 ア ル ジ ェ ・ レ ピ ュ プ リ カ ン 」 新 聞 社 に は い っ て 、 雑 報 記 事 か ら 論 説 ま で あ ら ゆ る 部 門 を 手 が け た が 、 カ ミ ュ の 文 才 は こ の よ う に 時 事 問 題 と の 直 接 の 接 触 に よ っ て 磨 か れ て 行 く の で あ る 。 こ の 人 間 彼 は 、 ア マ チ ュ ア 劇 団 の 一 員 に な り 、 二 枚 目 と し て 舞 台 を 踏 み 、 さ ら に 演 出 を 行 な い 、 ま た 戯 曲 『 カ リ ギ ュ ラ 』 を 書 く 。 一 九 三 七 年 に は 『 裏 と 表 』 、 三 八 年 に は 『 結 婚 』 を そ れ ぞ れ 少 部 数 刊 行 邦 、 し た が 、 こ の 二 篇 の 随 想 は 小 品 な が ら カ ミ ュ の 感 受 性 の 豊 か さ と 根 源 的 思 想 傾 向 を あ き ら か に す 異 る も の で あ る 。 「 私 は と い え ば 、 私 の 源 泉 が 『 裏 と 表 』 、 貧 困 と 光 の こ の 世 界 の な か に あ る こ と を 知 っ て い る 。 私 は そ こ で 長 い 間 暮 し た が 、 そ の 思 い 出 は い ま な お 、 あ ら ゆ る 芸 術 家 を 脅 か す 二 つ の 相 矛 盾 す る 危 険 、 す な わ ち 怨 恨 と 満 足 か ら 私 を 守 っ て く れ る の だ 」 ( 『 裏 と 表 』 の 序 文 ) と い う 彼 の 言 葉 は 、 こ れ ら の 初 期 作 品 の 重 要 性 を 証 す る も の で あ ろ う 。 第 二 次 大 戦 が 勃 発 す る と 、 カ ミ = は 兵 役 を 志 願 し た が 、 鮭 康 上 の 理 由 で 許 可 さ れ な か っ た 。 一 九 四 〇 年 に オ ラ ン 生 ま れ の フ ラ ン シ ー ヌ ・ フ ォ ー ル 嬢 と 再 婚 す る が 、 の ち に 彼 女 と の 間 に 双 生 児 が 生 ま れ る 。 同 じ 年 に 「 ア ル ジ ェ ・ レ ピ ュ プ リ カ ン 」 紙 に 載 せ た 、 彼 の 執 筆 に よ る 北 ア フ リ カ 間

異邦人


カ ー ド ナ ド イ ル 傑 作 集 ⑤ 延 原 謙 訳 → 。 幸 運 な 脚 宇 野 利 泰 訳 ウ ン テ ィ 号 の 反 乱 白 石 佑 光 ー 訳 一 岩 恐 怖 編 ガ ー ド ナ 宇 野 利 、 泰 訳 = ン 各 ド イ ル 傑 作 集 ⑥ 延 原 謙 訳 占 味 え る 犬 城 砦 蜘 三 訳 = ち 海 賊 編 ・ ・ チ ェ ス タ ト ン ワ イ ン ズ ヾ ハ 1 グ ・ オ ア ン ダ ー ス ン ハ イ オ 橋 本 福 夫 訳 一 旨 ド イ ル 傑 、 作 集 、 延 原 謙 訳 き プ ラ ウ 神 父 の 純 智 橋 本 福 夫 訳 ・ ・ チ ェ ス タ ト ン シ ャ ー ロ ッ ク ・ プ ラ ウ ン 神 父 の 知 恵 橋 ロ 稔 訳 赤 ー ム ズ の 冒 険 延 原 謙 訳 一 言 ド イ ル 傑 作 集 ⑧ 失 わ れ た 世 界 延 原 謙 訳 一 言 シ ャ ー ロ ッ ク コ ナ ン ・ ド イ ル 設 ン ・ ト , 郎 更 記 ま 二 第 ・ 、 レ 貶 峠 一 一 第 ル 1 ム 簽 の 帰 遠 ・ 延 原 謙 訳 一 罸 わ が 思 い 出 と 冒 験 延 原 謙 訳 シ ャ ー ロ ッ ク ・ コ ナ ン ・ ド イ ル ク リ ス テ ィ 高 0 八 月 の 光 ル 島 1 祥 造 訳 永 ー ム で の 思 い 出 延 原 謙 訳 一 き ア ク ロ イ ド 殺 人 事 件 中 村 能 三 訳 永 ー ム で の 事 件 簿 延 原 謙 訳 一 当 ク リ ス テ ィ 短 編 集 井 上 宗 次 訳 一 = 0 し コ ナ ン ・ ド イ ル 合 ク リ ス テ ィ 短 編 集 井 上 宗 次 緋 色 の 研 穿 延 原 謙 訳 ( 2 ) 石 田 英 二 訳 一 き コ ナ ン ・ ド イ ル ク リ ス テ ィ 四 つ の 署 名 延 原 謙 訳 き ナ イ ル に 死 す 西 川 清 子 訳 コ ナ ン ・ ド イ ル ュ バ ス カ ヴ : 家 の 犬 延 原 謙 訳 一 言 完 全 殺 人 事 件 宇 野 利 泰 訳 コ ナ ン ・ ド イ ル 恐 怖 の 谷 ー 延 原 謙 訳 の 悲 劇 ル 久 に 新 雄 ~ 一 = 0 、 ン ヤ 1 ロ ッ ク コ ナ ン ・ ド イ ル ホ ー 、 一 最 後 の 挨 拶 延 原 謙 訳 一 一 〔 >-q の 悲 環 大 久 保 康 雄 物 = ( 0 シ ャ 1 ロ ッ ク ・ コ ナ ン ・ ド イ ル 永 ー ム ズ の 叡 智 延 原 謙 訳 一 一 〕 エ ジ 。 フ ト 十 字 架 の 秘 ク イ 田 中 西 二 郎 一 ど ド イ ~ 傑 作 集 っ 延 原 謙 訳 の 悲 劇 当 定 卸 、 一 = 0 ド イ ル 傑 作 集 ② 海 洋 奇 談 編 延 原 謙 訳 合 二 輪 馬 車 の 秘 密 藤 訳 = お ガ 1 ド ナ ボ ク シ ン グ 第 延 原 謙 訳 合 奇 妙 な 花 嫁 宇 野 利 泰 訳 一 当 ド イ ル 傑 作 集 ④ カ ー ド ナ 冐 険 編 延 原 謙 訳 占 ビ ロ ー ド の 爪 宇 野 利 泰 訳 一 き 海 外 文 学 6

異邦人


解 説 小 説 『 異 邦 人 』 に つ い て は サ ル ト ル の 見 事 な 解 説 が あ る ( 『 シ チ ュ ア シ オ ン 』 に 収 録 ) 。 サ ル ト ル は そ こ で 、 『 シ ジ フ ォ ス の 神 話 』 と 『 異 邦 人 . 』 と の 関 係 に 触 れ 、 前 者 が 後 者 の 「 正 確 な 注 釈 」 で あ り 、 「 哲 学 的 翻 訳 」 で あ る こ と 、 し か し 『 異 邦 人 』 は テ ー ゼ 小 説 で は な い か ら 『 神 話 』 で 語 ら れ る 不 条 理 の 理 論 が そ の ま ま 忠 実 に ム ル ソ ー に あ て は ま る わ け で は な く 、 不 条 理 の 光 に 照 ら し て み て も 、 そ の 光 の 及 ば な い 固 有 の あ い ま い さ を ム ル ソ ー は 保 っ て い る と し 、 こ れ は 彼 が 生 き て い る な に よ り の 証 拠 で あ り 、 「 小 説 的 濃 密 さ , を 具 え て い る た め で あ る と 指 摘 す る 。 ム ル ソ ー は 、 「 不 可 能 な 超 越 の 作 家 」 カ フ カ の 主 人 公 と は ま っ た く 逆 で 、 カ フ カ 的 不 安 を 少 し も 持 っ て い な い 。 カ フ カ に と っ て 宇 宙 は し る し に 満 ち て い る が 、 カ 、 、 、 ユ の 見 方 は 地 上 的 で あ る 。 「 朝 、 明 る い タ ベ 、 灼 熱 の 午 後 」 、 こ れ が ム ル ソ ー の 好 み の 時 刻 で あ り 、 「 ア ル ジ ェ の 永 遠 の 夏 」 、 - こ れ が そ の お 気 に 放 と 王 国 』 が 刊 行 さ れ 、 こ の 年 彼 は 、 ノ ー ベ ル 文 学 賞 を 授 与 さ れ た 。 カ ミ ュ は 四 十 四 歳 、 そ れ ま で の 受 賞 者 中 、 最 年 少 者 で あ る 。 こ の よ う に フ ラ ン ス を 代 表 す る ば か り で な く 世 界 的 栄 光 に 包 ま れ た 彼 は 、 新 し い 長 編 小 説 『 最 初 の 人 間 』 の 構 想 を 練 り 、 一 部 分 を 書 ぎ ば じ め て い た と き 、 思 い が け ぬ 自 動 車 事 故 に よ っ て 、 四 十 六 年 と 二 カ 月 の 短 い 生 涯 を 閉 じ た 。 そ れ は 一 九 六 〇 年 一 月 四 日 の こ と だ っ た 。

異邦人


Y 90 新 潮 文 庫