検索 - みる会図書館

検索対象: 舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめてから 186件ヒットしました。

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 ガ ク 學 ( 学 ) 【 訓 】 ま な ぶ 【 語 】 小 學 校 中 學 校 國 學 院 大 學 學 業 成 績 優 秀 學 齡 に 達 す る 入 學 試 驗 大 學 入 試 數 學 無 學 【 蘊 蓄 】 「 學 」 の 字 の 上 部 は 「 臼 ー と 「 爻 ー か ら 成 る 。 下 部 に 「 子 」 を 加 へ て 、 兩 手 ( 臼 ) を 出 し て 子 ど も を 引 き 上 げ る 意 を 表 す 。 そ の 建 物 、 學 校 も 表 す 。 同 じ ゃ う な 意 味 の ′ 、 ) わ ・ つ 「 黌 ー の 字 も あ る 。 江 戸 幕 府 の 學 問 所 「 昌 平 黌 」 の 「 黌 」 。 頭 の 同 じ 字 に は 「 覺 ( 覚 ) 」 も あ る 。 手 偏 が 附 い て 攪 拌 ( 慣 用 讀 み カ ク ハ ン ) の 「 攪 」 も あ る 。 【 例 文 】 フ ラ ン シ ス ・ ジ ャ ム 『 人 生 の 道 』 安 東 次 男 譯 か - つ は ん 5 ′

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 ジ ッ ク 實 ( 実 ) 【 訓 】 み み つ ( み ち る ) み の る ま こ と 【 語 】 實 業 の 世 界 實 驗 の 設 備 を 調 へ る 實 踐 女 子 學 園 實 態 を 見 究 め る 寫 實 主 ま こ と み の 桃 の 實 努 力 が 實 っ た 實 に 欣 快 の 極 み で あ る 義 の 作 品 【 蘊 蓄 】 「 實 」 の 字 は ウ 冠 ( 家 ) + 貝 ( 財 ) + 「 周 」 で 、 「 家 に 財 寶 が 滿 ち る 」 の 意 の 字 。 新 字 「 実 」 は 省 略 形 に よ る 。 果 實 の 中 心 部 が 「 核 ( さ ね ) 」 で あ る こ と か ら 「 さ ね 」 と も 讀 む 。 「 右 大 臣 實 朝 」 の ご と し 。 【 例 文 】 谷 崎 潤 一 郎 『 吉 野 葛 』 昭 和 六 年 ー 07

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


萩 野 貞 樹 ( は ぎ の さ だ き ) 昭 和 十 四 年 秋 田 生 れ 。 一 橋 大 學 法 學 部 卒 業 。 元 産 能 大 學 敎 授 ( 國 語 學 ) 。 高 校 時 代 か ら ほ ば 舊 か な 舊 漢 字 に 從 ふ 。 大 學 生 の こ ろ 田 恆 存 「 私 の 國 語 教 室 」 熱 讀 。 直 ち に 「 國 語 問 題 協 議 會 」 に 入 會 し 、 輻 田 恆 存 、 時 枝 誠 記 等 の 謦 咳 に 接 す る 。 昭 和 四 十 五 年 、 「 辻 村 敏 樹 氏 の 敬 語 説 へ の 疑 問 」 で 「 月 刊 文 法 賞 」 受 賞 。 昭 和 四 十 六 年 、 「 人 間 敎 育 論 を め ぐ っ て 」 で 「 自 由 新 人 賞 」 受 賞 。 主 な 著 書 に 、 「 歪 め ら れ た 日 本 神 話 」 「 ほ ん と う の 敬 語 」 (PHP 新 書 ) 「 旧 仮 名 づ か ひ で 書 く 日 本 語 」 ( 幻 冬 舎 新 書 ) ほ か 。 き う か ん じ 舊 漢 字 文 春 新 書 579 書 い て 、 覺 え て 、 樂 し め て お ほ か 2 開 7 年 ( 平 成 19 年 ) 7 月 20 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 萩 野 貞 樹 細 井 秀 雄 発 行 所 文 藝 春 秋 〒 102 ー 888 東 京 都 千 代 田 区 紀 尾 井 町 3 ー 23 電 話 ( 03 ) 3265 ー 1211 ( 代 表 ) 印 刷 所 付 物 印 刷 製 本 所 理 想 社 大 日 本 印 刷 大 口 製 本 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 の 場 合 は 小 社 製 作 部 宛 お 送 り 下 さ い 。 送 料 小 社 負 担 で お 取 替 え 致 し ま す 。 ⑥ Hagino Sadaki 2 開 7 Printed ⅲ J apan ISBN978 ー 4 ー 16 ー 660579 ー 8

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


を は り に は ば 生 れ つ き の ( ? ) 傳 統 派 な の で す が 、 學 生 の こ ろ 輻 田 恆 存 氏 の 『 私 の 國 語 敎 室 』 が 出 て 、 そ れ を 熱 讀 し て 自 信 を 深 め た も の で し た 。 こ ん に ち 舊 字 舊 假 名 は ま す ま す 整 然 と し て 美 し く 、 か っ 合 理 的 な も の と 感 じ て ゐ ま す 。 そ れ に し て も 、 ご 存 じ と は 思 ひ ま す が 、 い ま ど き 舊 字 舊 假 名 の 本 、 少 し 居 す ま ひ を 正 し て 言 ひ 替 へ る と 「 正 字 ・ 正 假 名 」 の 本 、 を 出 す と い ふ の は 、 讀 書 界 ・ 出 版 界 の 諸 事 情 か ら し て 極 め て 難 し く ま た 稀 な こ と で す 。 こ の 度 は 實 に 幸 ひ な こ と に 、 西 尾 幹 二 先 生 の お 勸 め と ご 紹 介 に よ り 文 藝 春 秋 の 新 書 編 集 局 長 細 井 秀 雄 さ ん と 接 觸 す る こ と が で き 、 こ の お 二 方 の お 勵 ま し を 得 て こ の や う な 本 が で き ま し た 。 感 謝 の ほ か は あ り ま せ ん 。 ど 、 つ も あ り か た 、 つ ご さ い ま し た 。 平 成 十 九 年 , ハ 月 萩 野 貞 樹 2 ) )

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 セ ン 下 【 訓 】 い と ほ そ し ち ひ さ し し な や か か よ わ し 【 語 】 纖 維 製 品 纖 細 な 感 覺 の 詩 人 【 蘊 】 ほ そ い 、 し な や か と い ふ 意 味 な の だ か ら 、 「 纖 や か 、 と 書 い て も い い わ け だ が 、 あ ま り 一 般 的 で な い 。 纖 維 、 纖 細 、 纖 弱 、 纖 毛 と い っ た 熟 語 で 使 ふ の が 一 般 だ 。 私 が 小 學 校 の と き の 國 語 敎 科 書 に 「 せ ん 細 」 と あ っ て 、 こ れ を 見 た 父 が 、 何 た る こ と か と 怒 っ て ゐ た の を 思 ひ 出 す 。 こ の 字 は 學 年 別 漢 字 配 當 表 に な く 、 中 學 に な ら な い と 出 て こ な た か ら く じ ち う せ ん 。 ち な み に 「 た か ら く じ 」 は 「 寶 籤 」 で 、 選 ぶ の は 「 抽 籤 」 だ が 、 「 抽 選 」 と 書 き 換 へ ら れ る こ と が あ る 。 【 例 文 】 オ ス カ 1 ・ ワ イ ル ド 『 獄 中 記 』 輻 田 恆 存 譯

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 テ ン 點 ( 点 ) 【 訓 】 ほ ち ち よ ば と も す た て る う が 【 語 】 點 數 が 高 い 點 滴 石 を も 穿 っ 點 茶 缺 點 が 多 い 作 品 試 驗 の 採 點 要 點 を ま と め る 火 を 點 す 茶 を 點 て る 【 蘊 蓄 】 「 黑 」 と 音 符 「 占 ( セ ン ・ テ ン ) 」 か ら 成 る 。 非 常 に 幅 廣 く 使 は れ る 文 字 。 熟 語 も 極 め て ま へ ち や た う て 多 い 。 茶 道 で 茶 を 點 て る こ と を 「 點 前 」 と い ふ が 、 こ れ は 「 手 前 」 の 當 て 字 。 つ い で な が ら 「 茶 道 」 ( 茶 の 湯 の こ と ) は チ ャ ド ウ と 讀 む 。 サ ド ウ で は な い 。 サ ド ウ と 讀 む 場 合 は 茶 人 の こ と 。 『 文 學 論 』 第 一 部 堀 ロ 大 學 譯 【 例 文 】 ヴ ァ レ リ ー と も た ー 89

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 オ ウ 應 ( 応 ) 【 訓 】 こ た ふ ( こ た へ る ) し ょ ち 【 語 】 應 急 處 置 を と る 應 援 團 應 用 問 題 を 解 く 慶 應 義 大 學 醫 學 部 し ゅ ん お う 應 を 見 る 環 境 に 順 應 す る は ん お う じ ゅ ん お う ジ ュ ン ノ ー と な る 。 ロ ー マ 字 【 蘊 】 反 應 や 順 應 は ル ビ は か う な る が 實 際 の 發 音 は ハ ン ノ ー は ん お う で 書 く と 反 應 の ル ビ は han-ou と な る 。 「 反 」 の 末 尾 子 音 が 後 ろ の 母 音 を 同 化 し て れ ん し ゃ う い ん わ ん あ ん の ん せ っ ち ん さ ん み han-nou と な る 、 と い ふ 現 象 。 術 語 で 「 連 聲 」 と い ふ 。 因 縁 、 安 穩 、 雪 隱 、 三 位 な ど も 同 様 。 天 皇 な ど も ル ビ は 「 て ん わ う 」 で 發 音 は テ ン ノ ー 【 例 文 】 堀 辰 雄 『 風 立 ち ぬ 』 昭 和 十 三 年 お う 0 聽 衆 の 反 4

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 カ ケ 假 ( 反 ) イ 【 訓 】 か り る か り 【 語 】 彼 の 理 論 は 假 定 に 假 定 を 重 ね た も の で 肯 定 し が た い 假 裝 行 列 で は 水 戸 黄 門 が 傑 作 け び や う だ っ た 漢 字 を 眞 名 と い ふ の に 對 し て ひ ら が な ・ カ タ カ ナ を 假 名 と い ふ 假 病 を だ い お ん し ゃ う こ け 使 っ て 缺 席 し た 彼 の 大 音 聲 は 虚 假 お ど し だ 【 蘊 蓄 】 「 假 」 の 字 は 「 段 」 ( に せ ) に 「 人 」 を 加 へ た も の 。 「 仮 」 は 俗 字 に よ る 。 か り よ そ ほ 化 粧 の こ と を 假 粧 と も 書 く 。 「 假 の 粧 ひ 」 と い ふ わ け 。 「 假 令 」 は 「 た と へ ・ た と ひ 」 と 讀 む が 、 「 假 令 」 は 漢 文 で 「 か り に も し : : : で あ る に 0 せ よ 」 の 意 味 に な る の で 、 そ の や う に 訓 讀 す る 【 例 文 】 寺 田 寅 彦 「 科 學 と 文 學 」 昭 和 八 年

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


は 、 り . い ~ 思 ひ 起 す と 昭 和 二 十 年 代 、 私 な ど が 小 學 校 や 中 學 校 の こ ろ は 、 目 に す る 小 説 ・ 物 語 の 類 は ほ と ん ど 全 部 が 舊 字 舊 假 名 で し た 。 新 聞 な ど は 「 新 表 記 」 で し た が あ ま り 讀 ま な か っ た の で 、 讀 む も の は た い て い 舊 字 舊 假 名 だ っ た わ け で す 。 け れ ど も 當 時 の 少 年 少 女 は ほ と ん ど 何 の 抵 抗 も な く 讀 ん で ゐ ま し た 。 そ れ が 今 で は い 、 し 年 を し た 大 人 た ち ま で が す ゐ ぶ ん 難 澁 し て ゐ る や う で す 。 し か し 、 た か が 舊 漢 字 ご と き に ひ け め を 感 じ て 過 す の も つ ま ら な い 話 で 、 ど う せ な ら 一 日 二 日 で 全 部 お ほ え て し ま は う と い ふ の が こ の 本 で す 。 ど う で す か 。 も う 大 丈 夫 な ん ぢ ゃ あ り ま せ ん か 。 例 文 な ぞ り 書 き は 明 日 ま た 續 け る に し て も 、 舊 漢 字 そ の も の の 讀 み 書 き は だ い た い 大 丈 夫 ぢ ゃ な い で せ う か 私 は 、 大 學 入 試 の 時 の 答 案 も 舊 字 舊 假 名 で や っ た と い ふ 武 勇 傳 ( ? ) を 持 っ て ゐ て 、 2 ) 4

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 タ ン ゼ ン 單 ( 単 ) 【 訓 】 ひ と つ ひ と へ 【 語 】 單 位 を そ ろ へ る 單 純 な 人 單 身 で 乘 り こ む 單 行 本 お よ び 文 庫 本 單 調 な ぜ ん う 毎 日 英 語 の 單 語 帳 簡 單 に 解 け る 問 題 匈 奴 の 單 于 【 蘊 蓄 】 こ の 字 は 元 來 「 ロ 偏 、 の 文 字 だ が 戦 後 の 新 字 体 で 「 単 」 と さ れ た た め 「 ロ 」 が な く な き ょ よ た ん げ ん け い っ た 。 『 大 漢 語 林 』 は 「 冫 の 部 に 擧 げ る 。 單 ・ 厳 、 螢 ・ 榮 、 擧 ・ 譽 、 學 ・ 覺 、 集 ・ 獵 な ど の 上 部 が 「 ツ 」 と さ れ た の で 本 來 の 部 首 に 分 類 で き ず 、 新 た に 「 ツ 」 部 を 設 け た 、 と 解 説 し て ゐ る 。 【 例 文 】 久 米 正 雄 『 學 生 時 代 』 大 正 七 年 れ ふ さ う 169