検索 - みる会図書館

全データから 117816件ヒットしました。

WEB+DB PRESS Vol.89


団 + D B-P RESS R E P 0 R T 日 本 最 大 級 の Spring Framework カ ン フ ァ レ ン ス 「 spring in Summer 」 開 催 日 本 Spring ユ ーザ 会 ( 以 下 、 「 JSUG 」 ) は 2015 年 8 月 28 日 、 東 京 ・ グ ラ ン ト ウ キ ョ ウ サ ウ ス タ ワ ー に て 「 Spring ⅲ Summer -- ー 夏 な の に Spring 」 を 開 催 し た 。 Spring in Summer は Java の フ レ ー ム ワ ー ク で あ る 「 Spring Framework 」 に 関 す る 日 本 最 大 級 の イ ベ ン ト 。 大 手 SIer や ユ ー ザ 企 業 に よ る 事 例 紹 介 や 技 術 紹 介 、 ハ ン ズ オ ン な ム 3 ト ラ ッ ク で 19 セ ッ シ ョ ン が 行 わ れ た 。 開 会 に 際 し て は JSUG 会 長 の 長 谷 川 裕 一 氏 が 挨 拶 を 行 い 、 JSUG や Spring の 歩 み を 振 り 返 っ た 。 ま た 、 Java チ ャ ン ピ オ ン の 称 号 を 持 ち 、 Pivotal Software, lnc. の Spring Developer Advocate で も あ る Josh Long 氏 に よ る キ ー ノ ー ト で は 、 「 The MaC1 ℃ of Microservices 」 と い う テ ー マ で ア ジ ャ イ ル や DevOps な ど の 概 念 的 な 話 や NetfIix で の 例 を 通 じ て 、 安 全 に 早 く サ ー ビ ス を 提 供 し つ づ け る 方 法 論 が 披 露 さ れ た 。 Long 氏 は そ の 後 も 「 The Bootiful Application 」 「 The Bootiful Microservice 」 と い う セ ッ シ ョ ン で そ れ そ れ 「 Spring Boot 」 「 Spring Spring in Summer http://www.springframework.jp/summer S E R V ー C E Cloud 」 と い う マ イ ク ロ サ ー ビ ス を 支 え る Spring7 ロ ダ ク ト に つ い て ラ イ プ コ ー テ ィ ン グ を 交 え て 解 説 し た 。 こ の ほ か 、 エ ン タ ー プ ラ イ ズ 向 け ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 開 発 す る 企 業 に お け る Spring Framework の 活 用 に つ い て の 発 表 や 、 AWS や D 。 cker を 用 い た テ プ ロ イ に 関 す る 発 表 な と 、 幅 広 い 分 野 で の spring 利 用 の 実 態 に つ い て の セ ッ シ ョ ン も 行 わ れ た 。 平 日 開 催 に も か か わ ら す 400 名 近 く が 来 場 し 、 Spring へ の 関 心 と 期 待 の 高 さ を 感 じ さ せ る イ ベ ン ト と な っ た 。 い 上 」 osh Long 氏 ヌ ー ラ ボ 、 Backlog に プ ル リ ク エ ス ト 機 能 を 搭 載 2015 年 8 月 27 日 、 株 ヌ ー ラ ボ は 、 同 社 の プ ロ ジ ェ ク ト 管 理 サ ー ビ ス 「 BackIog 」 に お け る プ ル リ ク エ ス ト 機 能 の 提 供 を 開 始 し た 。 Backlog は 課 題 や TODO の 管 理 、 Wiki に よ る 文 書 共 有 、 フ ァ イ ル 共 有 、 バ ー ジ ョ ン 管 理 と い っ た 機 能 を 提 供 す る 、 チ ー ム メ ン ヾ ー 間 の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン に フ ォ ー カ ス し た プ ロ ジ ェ ク ト 管 理 サ ー ビ ス 。 同 社 に よ れ は 、 プ ル リ ク エ ス ト 機 能 の 搭 載 に よ り 、 ソ ー ス コ ー ド レ ビ ュ ー や コ ー ド に つ い て の テ ィ ス カ ッ シ ョ ス ソ ー ス コ ー ド の 対 応 状 況 の 管 理 が 容 易 に な る と し て い る 。 プ ル リ ク エ ス ト 機 能 の 主 な 特 徴 は 次 の と お り 。 ・ プ ラ ン チ で 修 正 し た コ ー ド を 、 レ ビ ュ ー と マ ー ジ を タ ス ク 化 し た 状 態 で 依 頼 で き る ・ コ メ ン ト で の や り と り や コ ミ ッ ト 一 覧 、 フ ァ イ ル の 差 分 を タ ブ で 簡 単 に 切 り 替 え な が ら BackIog 上 で レ ビ ュ ー で き る ・ そ の 場 で マ ー ジ を 行 え る た め 、 BackIog 上 だ け で す べ D> ヌ ー ラ ホ https://nulab-inc.com/ja/ 6 ・ Ⅳ B + 08 P ド 55 MOL80 て の レ ビ ュ ー 作 業 を 完 結 さ せ ら れ る https://nulab-inc.com/ja/blog/backlog/backlog-pull-request/ ・ 詳 し く は こ ち ら る 機 能 な ど も 追 加 さ れ て い る 。 イ ル ツ リ ー 画 面 で 単 一 テ ィ レ ク ト リ を ス キ ッ プ し て 表 示 す 表 示 機 能 や プ ラ ン チ を 画 面 上 か ら 削 除 で き る 機 能 、 フ ァ ま た 、 今 回 の リ リ ー ス に 合 わ せ て 、 フ 、 ラ ン チ 間 の 差 分 ビ ュ ー 担 当 者 の 意 図 を 明 確 に 伝 え ら れ る ・ コ ー ド の 変 更 箇 所 に 行 単 位 で コ メ ン ト で き る た め 、 レ 全 、 件 中 一 件 ~ 5 物 を を は 一 プ プ ル リ ク エ ス ト を ・ 第 ・ 4 を 円 ・ 一 一 に 一 興 ・ 動 の 笋 ン 0 ー ド ン を つ け る メ ー ル の 第 物 フ ′ イ ル 0 第 に ・ 第 第 れ な い 第 ・ を ・ メ ー ん の ン プ し ・ ・ ト を ス マ ホ で 第 て も ・ れ な 、 項 さ に ・ 一 プ ラ ン 第 第 に ・ 物 物 れ る メ ー ル の 文 ・ を を を を ソ ー ト す る 第 ・ を 第 第 0 ト 、 ZO ′ 0 町 ~ 0 ー 0 町 ~ 0 ′ 0 町 ~ 0 ー 0 町 0 ー ~ 0 引 0 、 シ ~ 0 ー 、 ′ 0 町 ′ 0 引 ~ 0 ド ′ 0 引 ~ 0 ー 0 ・ ′ 0 、 、 件 中 】 件 ー 、 件 を 水 川 プ ル リ ク エ ス ト 機 能 の イ メ ー

落語的学問のすすめ


今 日 は シ ャ レ で っ せ ! 四 講 Winter 0 Summer Clam

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 ゲ イ 藝 ( 芸 ) 【 訓 】 わ ざ 【 語 】 藝 能 人 藝 術 家 藝 人 武 藝 者 藝 妓 文 藝 復 興 文 藝 春 秋 う ん て い 【 蘊 蓄 】 新 字 「 芸 」 は も と も と あ る 字 で ウ ン と 讀 み 香 草 の 名 。 我 が 國 最 初 の 圖 書 館 は 「 芸 亭 」 と い ふ 。 だ か ら 藝 の 略 字 「 芸 」 は 困 る 。 と こ ろ が 、 略 字 「 芸 」 は 困 る と い ふ 考 へ に つ い て 杉 本 っ と む 氏 が 、 誤 解 だ 、 知 っ た か ぶ り だ 、 無 責 任 だ 、 無 知 だ と 批 難 し て ゐ る ( 『 読 む 日 本 漢 字 百 科 』 雄 山 閣 ) 。 理 由 は 、 藝 の 略 字 と し て 芸 は 昔 か ら 使 っ て ゐ る か ら だ 、 と い ふ の だ が 、 こ れ は 杉 本 氏 の 大 ト チ リ 。 新 字 は ほ と ん ど 昔 か ら の 略 字 で あ る こ と は 皆 知 っ て ゐ る 。 「 芸 」 が ま づ い こ と は 「 芸 亭 」 の 存 在 ひ と つ で 氣 づ か な け れ ば な ら な い 。 【 例 文 】 内 田 百 間 『 第 二 阿 房 列 車 』 昭 和 二 十 九 年

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


万 羽 章 《 1950 年 夏 の 女 ( 仮 題 ) 》 油 彩 ・ 綿 布 90.0 >< 72.0cm 1950 年 Manba Akira ハ Woman in the Summer 0 「 7950 (Tentative 万 ) 万 羽 章 ( ま ん ば ・ あ き ら / 1921 ー 1991 年 ) 長 野 市 生 れ 。 篠 原 新 三 、 辻 村 八 五 郎 に 師 事 。 中 学 校 な ど で 教 員 を し な が ら 光 風 会 、 日 展 に 出 品 。 1961 年 光 風 会 会 員 。 長 野 市 て 没 、 70 歳 。 129

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


木 村 忠 太 《 初 夏 B 》 油 彩 ・ キ ャ ン ノ ( ス 130.0 >< 162. Ocm 1987 年 Kimura Chuta Ear/y Summer B 木 村 忠 太 ( き む ら ・ ち ゅ う た / 1917 ー 1987 年 ) 高 松 生 れ 。 1942 年 独 立 賞 を 受 賞 。 43 年 帝 国 美 術 学 校 に 学 ふ 。 48 年 独 立 美 術 協 会 会 員 。 53 年 渡 仏 し 定 住 す る 。 70 年 サ ロ ン ・ ド ー ト ン ヌ 会 員 。 パ リ て 没 、 享 年 70 歳 。 261

昭和天皇(下)


亦 頭 を 下 げ る 」 と 書 い て い る 。 田 中 は 自 民 党 の 衆 議 院 議 員 で 、 決 ( 祀 ) 加 瀬 英 明 「 高 松 宮 か く 語 り き 、 「 文 藝 春 秋 』 ( 一 九 七 五 年 二 算 委 員 長 の 地 位 を 利 用 し 、 土 地 取 引 な ど を め ぐ っ て 数 百 万 円 を 収 月 ) 一 九 三 、 一 九 六 、 一 九 八 、 二 〇 〇 ペ ー ジ 。 賄 し た 。 二 カ 月 後 、 佐 藤 は 別 の 二 人 の 閣 僚 の 職 権 乱 用 事 件 に つ い ) 前 掲 『 入 江 相 政 日 記 ( 五 ) 』 一 九 九 一 年 、 二 七 三 ペ ー ジ 。 て も 天 皇 に 謝 罪 し て い る 。 同 前 四 六 九 、 五 〇 二 ペ ー ジ 。 ) 前 掲 『 入 江 相 政 日 記 ( 六 ) 』 一 九 九 一 年 、 五 六 、 五 七 、 一 一 ( 鬨 ) 『 朝 日 新 聞 』 一 九 七 二 年 五 月 一 五 日 、 入 江 為 年 監 修 『 入 江 相 一 、 一 一 四 、 一 三 二 ペ ー ジ 。 一 九 八 〇 年 の 「 拝 聴 録 」 に つ い て の 政 日 記 ( 四 ) 』 朝 日 新 聞 社 、 一 九 九 一 年 、 三 五 九 、 四 〇 七 ペ ー ジ 。 記 述 は 、 簡 素 だ が 随 所 に あ ら わ れ る 。 ) 吉 田 裕 、 前 掲 『 日 本 人 の 戦 争 観 』 一 三 八 ペ 1 ジ 。 5 ) 前 掲 『 人 江 相 政 日 記 ( 六 ) 』 一 一 一 四 ペ ー ジ 。 ) 岩 見 隆 夫 「 新 編 戦 後 政 治 ( 一 五 ) 」 『 毎 日 新 聞 』 一 九 九 一 年 七 ( ) 同 前 二 一 七 ペ ー ジ 。 ( 同 前 。 月 一 四 日 、 Bix, "The Showa Emperor's 'Monologue' and the Problem of War Responsibility" in , 、 0 ミ 7 ミ 、 、 、 ミ ミ ( ) 渡 辺 治 「 九 〇 年 代 日 本 国 家 と 天 皇 制 」 『 文 化 評 論 』 三 五 七 Stt 、 dies, vol. 18 , No.2 (Summer 1992 ) pp. 362 ー 363 に 引 用 。 「 臨 時 増 刊 続 ・ 天 皇 制 を 問 う 」 ( 一 九 九 〇 年 一 〇 月 ) 四 五 ペ ー ジ 。 ( ) 岩 見 隆 夫 『 陛 下 の 御 質 問 ー 昭 和 天 皇 と 戦 後 政 治 』 毎 日 新 聞 ( 尹 健 次 「 孤 絶 の 歴 史 意 識 」 『 思 想 』 七 八 六 ( 一 九 八 九 年 一 二 社 、 一 九 九 二 年 、 八 五 ー 八 八 ペ ー ジ 、 岩 井 忠 熊 「 天 皇 制 の 五 〇 月 ) 、 一 二 ペ 1 ジ 。 年 」 立 命 館 大 学 人 文 科 学 研 究 所 編 『 戦 後 五 〇 年 を ど う み る か ー 一 一 四 「 即 位 儀 礼 の 焦 点 」 『 朝 日 新 聞 』 一 九 九 〇 年 一 〇 月 一 九 ー 一 一 三 一 世 紀 へ の 展 望 の た め に ( 下 ) 』 人 文 書 院 、 一 九 九 八 年 、 二 五 四 日 。 ペ ー ジ 、 Nakamura, T 、 ミ を 、 ミ ミ ミ ミ ミ を , て . 139. ( 礙 ) 笹 川 紀 勝 「 即 位 の 礼 と 大 嘗 祭 」 横 田 耕 一 / 江 橋 崇 編 「 象 徴 天 料 ) 吉 田 裕 、 前 掲 『 日 本 人 の 戦 争 観 』 一 四 〇 ペ ー ジ 。 皇 制 の 構 造 ー 憲 法 学 者 に よ る 解 読 』 日 本 評 論 社 、 一 九 九 〇 年 、 一 ( 菊 ) 『 朝 日 新 聞 』 一 九 七 五 年 九 月 一 三 日 。 ( ) 同 前 一 九 七 五 年 九 月 二 三 日 、 松 浦 総 三 、 前 掲 二 四 二 ペ ー ジ 。 ( 肥 ) . 、 ミ ~ 77 ミ es , Nov. 23 , 1990. ( 町 ) 「 朝 日 新 聞 』 一 九 七 五 年 九 月 二 三 日 。 ( ) 『 毎 日 新 聞 』 一 九 九 〇 年 一 二 月 二 三 日 。 ) ゴ ミ e (lntl. ed. ) , Oc (. 20 , 1975 , p て 」 4 ー 一 Newsweek, Oc (. 20 , 1975 , 窄 25. ( 的 ) 『 朝 日 新 聞 』 一 九 七 五 年 一 一 月 一 日 。 ) 吉 田 裕 、 前 掲 『 日 本 人 の 戦 争 観 』 一 六 三 ペ 1 ジ 。 1 ) 前 掲 『 入 江 相 政 日 記 ( 四 ) 』 、 二 〇 八 、 二 一 〇 ー 二 一 一 42 41 ま た 54 53 330

昭和天皇(上)


ペ ー ジ 。 Akira lrie, ゝ 7 き を 斗 = s き T 、 ミ S き こ さ 、 き ミ 『 牧 野 伸 顕 日 記 』 を 中 心 に 」 『 歴 史 評 論 』 四 九 六 ( 一 九 九 一 年 八 月 ) 一 六 ー 一 七 ペ ー ジ 。 0 ミ ミ 、 ぎ the ミ 、 E 房 4 7927 ー 793 ト Harvard University Press, 1965 , p て . 197 ー 205. ( 芻 ) 渡 辺 治 『 戦 後 政 治 史 の 中 の 天 皇 制 』 青 木 書 店 、 一 九 九 〇 年 、 2 ) 前 掲 「 牧 野 伸 顕 日 記 』 三 一 三 ペ ー ジ 。 八 四 ー 八 六 ペ ー ジ 。 ( ) 中 園 裕 、 前 掲 一 三 ー 二 四 ペ ー ジ 。 ( ) 内 田 へ の 訓 令 は 「 満 洲 は 日 本 の 外 郭 な り : : : 乍 去 我 々 は 満 洲 す ん 」 う を 保 護 国 と し 若 は 領 土 的 に 侵 略 す る 意 思 は 寸 毫 も 有 せ ず 」 「 然 る 5 ) 前 掲 『 牧 野 伸 顕 日 記 』 三 三 六 ー 三 三 七 ペ ー ジ 。 中 園 裕 、 前 掲 に 国 民 政 府 〔 は 〕 : : : 規 定 に 反 し て 課 税 を 行 ひ 或 は 外 国 人 に 対 す お び た だ る 罷 工 を 煽 動 し : : : 過 激 の 行 動 夥 し く 共 産 主 義 的 作 動 を 模 倣 す 元 ) 尚 友 倶 楽 部 編 『 岡 部 長 景 日 記 』 尚 友 倶 楽 部 、 一 九 九 三 年 、 六 る か の 如 き 傾 向 多 々 認 め ら る 従 て 斯 く の 如 き 傾 向 を 有 す る 南 方 勢 力 が 直 に 東 三 省 に 侵 入 す る 事 は 帝 国 政 府 と し て 到 底 黙 視 し 得 ざ る ( 中 園 裕 、 前 掲 二 四 ペ ー ジ 。 前 掲 『 牧 野 伸 顕 日 記 』 三 五 〇 ペ ー 所 な り 」 と 述 べ て い る 。 外 務 省 編 「 日 本 外 交 年 表 並 主 要 文 書 ( 一 l) 』 原 書 房 、 一 一 八 ー 一 一 九 ペ ー ジ 。 ( ) 中 園 裕 、 同 前 一 九 ペ 1 ジ 。 ( 肪 ) Whitney R. Harris, 7 ざ 、 ミ 0 ミ T ミ . ・ ト 、 e こ ミ ミ ( 四 ) Herbert P. Bix, "The Showa Emperor's 'Monologue' and ~ ミ 、 e ミ ~ 発 ・ , Southen Methodist University press, 1954 は 、 「 国 際 軍 事 法 廷 は 、 ケ ロ ッ グ ・ プ リ ア ン 条 約 は 侵 略 戦 争 を 違 法 な 犯 罪 the ProbIem of War Responsibility," J ミ 、 こ ミ 、 を 、 ミ ese と し 、 武 力 侵 略 で 戦 争 を 開 始 し た も の を 罰 す る 法 的 基 礎 を 提 供 し Studies 18 ( 2 ) , (Summer, 1992 ) , pp. 338 ー 342. ( ) 寺 崎 英 成 / マ リ コ ・ テ ラ サ キ ・ ミ ラ ー 編 著 『 昭 和 天 皇 独 白 録 て い る と 解 釈 し た 」 と の べ て い る す 523 ) 。 東 京 法 廷 も 同 様 の ー 寺 崎 英 成 ・ 御 用 掛 日 記 』 文 藝 春 秋 、 一 九 九 一 年 、 二 三 ー 二 五 ペ 見 解 で あ っ た 。 "Trial of Japanese War Criminals 【 Docu ・ ー ジ 。 Herbert P. Bix, pp. 341 ー 342. 藤 原 彰 ほ か 『 徹 底 検 証 ・ 昭 ments," Washington D. C. GPO, 194P pp. 14 ー 15 を 参 照 。 和 天 皇 「 独 白 録 」 』 大 月 書 店 、 一 九 九 一 年 、 三 三 ー 三 四 ペ 1 ジ に ( ) 清 沢 洌 、 前 掲 四 三 五 ー 四 三 七 ペ 1 ジ 。 お け る 議 論 。 ) Shinohara Hatsue, "An lntellectual Foundation for the ( 引 ) 鉄 道 相 の 小 川 平 吉 は 天 皇 の 時 代 錯 誤 的 な 行 為 に 反 発 し 、 「 今 Road to PearI Harbor 【 Quincy 舅 「 right and Tachi Sakutaro.' か ん き ち つ き ょ 日 の 時 代 に 於 て 総 理 大 臣 が 御 勘 気 を 蒙 り て 、 閉 門 蟄 居 せ り な ど ゝ Paper presented at the Conference on the United States and い ふ べ き 事 の あ る 可 き 理 な し 」 と 非 難 し て い る 。 増 田 知 子 、 前 掲 Japan in world War II, Hofstra University, Dec. 1991. 一 二 四 四 ペ ー ジ に 引 用 。 靄 ) 条 約 は 一 九 二 八 年 八 月 二 七 日 に パ リ で 調 印 さ れ 、 日 本 は 国 体 ( ) 伊 香 俊 哉 「 昭 和 天 皇 ・ 宮 中 グ ル ー プ の 田 中 内 閣 倒 閣 運 動 ー に あ わ な い 語 句 は 適 用 し な い と の 了 解 を 付 し て 一 九 二 九 年 六 月 二 334

ソーシャルもうええねん


【 お も な 参 考 文 献 】 ◆ 守 屋 英 一 著 『 フ ェ イ ス ブ ッ ク が 危 な い 』 ( 文 藝 春 秋 ) ◆ 竹 内 宏 編 『 ア ン ケ ー ト 調 査 年 鑑 2 012 年 版 』 ( 並 木 書 房 ) ◆ 金 城 辰 夫 監 修 『 図 説 現 代 心 理 学 入 門 』 ( 培 風 館 ) 186

DIME (ダイム) 2016年 10月号 [雑誌]


2016 SUMMER ガ リ ガ リ 君 の 新 作 は ロ 全 体 に 広 が る 、 ぶ ど う の 高 貴 な 香 り ふ ん わ り と ろ け て 爽 や か な 後 味 発 表 ! ! SpeciaI ー nterv iew ガ リ ガ リ 君 新 フ レ ー バ ー 大 人 な 女 性 も 楽 し め る ガ リ ガ リ 君 ・ ・ と い う こ と で 、 夏 に 大 人 気 の ぶ ど う 味 を 開 発 し ま し た 。 ワ イ ン の 品 種 と し て 知 ら れ る カ ベ ル ネ ソ ー ヴ ィ ニ ョ ン 果 汁 を 使 用 し 、 芳 醇 な 香 り と 深 み あ る 味 わ い に 。 グ レ ー プ ジ ェ ラ ー ト の よ う な 味 を 手 軽 に 楽 し ん で い た だ け る と 感 じ ま す 。 ガ リ ガ リ 君 は 2004 年 に 年 間 1 億 5000 本 だ っ た 売 り 上 げ が 、 20 15 年 に は 4 億 1000 万 本 を 超 え ま し た 。 35 周 年 は さ ら に 皆 さ ん に 食 べ て い た だ き た い で す ね 。 、 ブ ガ マ 赤 ロ リ ー 城 デ ガ ケ 乳 ュ リ テ 業 業 さ ん 1995 年 赤 城 乳 業 株 式 会 社 に 入 社 。 営 業 部 を 経 て 2004 年 よ り マ ー ケ テ ィ ン グ 部 へ 。 ガ リ ガ リ 君 の 仕 掛 人 と し て 活 躍 。 0 ( 11 0 ・ 横 浜 べ イ ク オ ー タ ー ガ リ ガ リ 君 SUMMER FE 8 月 24 日 ま で 開 催 。 限 定 グ ッ ズ が 当 た る 「 な ぞ な ぞ ラ リ ー 』 イ ベ ン ト や 、 レ ア フ レ ー バ ー の 販 売 も 。 @神 奈 川 県 横 浜 市 神 奈 川 区 金 港 町 1 -10 谷 045 ・ 577 ・ 8123 1 1 : 00 ~ 20 : 00 無 休 ま た ま た 続 く ガ リ ガ リ 君 の 夏 ! 夏 と い え ば ガ リ ガ リ 君 ! 今 年 、 多 数 の イ ベ ン ト が 開 催 さ れ た が 、 今 す ぐ GO ! ガ リ ガ リ 君 イ ベ ン ト ま た 間 に 合 う も の を 厳 選 ! ナ ソ ナ ソ ラ 、 ) ー び ん や り ク ー ル な お 風 呂 に サ フ ー ン カ リ 丿 君 と 記 念 撮 ル 行 、 3 ・ 箱 根 小 涌 園 ユ ネ ッ サ ン ガ リ ガ リ 君 ソ ー ダ 風 呂 9 月 25 日 ま で 開 催 。 例 年 好 評 の ガ リ ガ リ 君 ソ ー ダ 風 呂 が 今 年 も 登 場 。 @神 奈 川 県 足 柄 下 郡 箱 根 町 ニ ノ 平 1297 谷 0460 ・ 82 ・ 4126 9 : ~ 21 : 00 ( 季 節 に よ り 変 わ る ) ⑩ 大 人 2900 円 / 子 供 1600 円 ー ー 参 加 の プ し ゼ ン ト ・ ・ 秩 父 鉄 道 SL ガ リ ガ リ 君 工 ク ス プ レ ス 20 6 8 月 18 日 運 行 の SL 車 内 ( 熊 谷 ~ 長 瀞 間 ) で じ ゃ ん け ん 大 会 を 開 催 。 勝 っ と ガ リ ガ リ 君 缶 バ ッ ジ が も ら え る 。 8 月 31 日 ま で は 4 駅 限 定 で 当 た り 付 き 記 念 入 場 券 ( 170 円 ) を 販 売 。 秩 父 鉄 道 谷 048 ・ 523 ・ 3313 レ ア な フ レ ー バ ー が 受 場 す る か も ! ? 5836 ふ ー 、 、 GARI! ガ リ ガ リ 君 を 購 入 で ス テ ッ カ ー が も ら え る 。 参 加 し た 0 、 イ ー ー ン ト の 開 催 時 間 は 要 確 認 。 、 く 口 お 客 様 相 談 室 ( 9 : 00 ~ 18 : 00 日 曜 日 は 除 く ) OA G Ⅸ R 旧 RO 問 い 合 わ せ 先 / 赤 城 乳 業 B0120 ・ 571 ・ 591 撮 影 / ANZ 、 五 十 嵐 和 博 ( 取 材 分 ) デ ザ イ ン / 桜 井 健 取 材 ・ 文 / 前 川 亜 紀 編 集 協 力 / 宮 原 沙 紀

現代日本の文学 Ⅱ― 9 司馬 遼太郎 集


438 こ と が で き た の は ど う や ら そ れ ら し く 思 い ま し て 、 そ れ で 竜 馬 を 本 読 物 」 ) を 発 表 。 同 月 、 『 新 選 組 血 風 録 』 ( 中 央 公 論 社 ) を 、 五 月 、 格 的 に 調 べ て み よ う と 思 い は じ め た ん で す 》 。 八 月 、 「 理 心 流 異 聞 」 『 燃 え よ 剣 ( 完 結 篇 ) 』 ( 文 藝 春 秋 新 社 ) を 刊 行 。 六 月 、 「 侠 客 万 助 珍 ( 「 文 芸 朝 日 」 ) 、 九 月 、 「 花 房 助 兵 衛 」 ( 「 小 説 新 潮 」 ) 、 「 奇 妙 な 剣 客 」 談 」 ( 「 オ ー ル 読 物 」 ) 、 七 月 、 「 喧 草 雲 」 ( 「 小 説 新 潮 」 ) 、 「 関 ヶ 原 」 ( 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 ) 、 十 月 、 「 お れ は 権 現 」 ( 「 オ 1 ル 読 物 」 ) を 発 表 。 ( 「 週 刊 サ ン ケ イ 」 に 連 載 ↓ 四 十 一 年 八 月 ) を 発 表 。 同 月 、 『 暗 殺 』 同 月 、 『 古 寺 炎 上 』 ( 角 川 書 店 ) を 刊 行 。 十 一 月 、 「 燃 え よ 剣 」 ( 「 週 刊 映 画 化 ( 篠 田 正 浩 監 督 ) 。 『 鬼 謀 の 人 』 ( 作 品 集 ・ 新 潮 社 ) を 刊 行 。 文 春 」 に 連 載 ↓ 三 十 九 年 三 月 ) を 発 表 。 同 月 、 『 真 説 宮 本 武 蔵 』 ( 作 十 月 、 「 天 明 の 絵 師 」 ( 「 オ 1 ル 読 物 」 ) 、 「 愛 染 明 王 」 ( 「 小 説 現 代 」 ) 、 品 集 ・ 文 藝 春 秋 新 社 ) を 、 十 二 月 、 『 風 神 の 門 』 ( 新 潮 社 ) を 刊 行 。 十 一 月 、 「 達 の 黒 船 」 ( 「 日 本 」 ) を 発 表 。 同 月 、 『 竜 馬 が ゆ く ( 狂 ひ じ か た と し ぞ , こ の 年 、 土 方 歳 三 の 故 郷 ・ 武 州 多 摩 の 地 を し ば し ば 訪 ね る 。 瀾 篇 ) 』 ( 文 藝 春 秋 新 社 ) を 刊 行 。 十 二 月 、 「 酔 っ て 候 」 ( 「 別 冊 文 藝 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 = l) 四 十 歳 春 秋 」 ) を 発 表 。 同 月 、 『 尻 啖 え 孫 市 』 ( 講 談 社 ) を 刊 行 。 こ の 年 、 一 月 、 「 幕 末 暗 殺 史 」 ( 「 オ 1 ル 読 物 」 に 連 載 ↓ 十 一 一 月 。 の ち 『 幕 末 』 高 知 を 初 め 長 崎 、 北 陸 、 北 海 道 等 を 取 材 旅 行 。 と 改 題 ) 、 = 一 月 、 「 割 0 て 、 城 を 」 ( 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 ) 、 五 月 「 の 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 四 十 二 歳 ろ せ つ 剣 客 」 ( 「 小 説 現 代 」 ) 、 六 月 、 「 軍 師 一 一 人 」 ( 「 小 説 新 潮 」 ) 、 「 千 葉 周 作 」 一 月 、 「 蘆 雪 を 殺 す 」 ( 「 オ 1 ル 読 物 」 ) 、 「 北 斗 の 人 」 ( 「 週 刊 現 代 」 に し り く ら ( 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 ) 、 七 月 、 「 尻 啖 え 孫 市 」 ( 「 週 刊 読 売 」 連 、 載 ↓ 三 十 連 載 ↓ 十 月 ) 、 一 一 月 、 「 き つ ね 馬 」 ( 文 藝 春 秋 」 ) 、 三 月 、 「 加 茂 の 水 」 九 年 七 月 ) を 発 表 。 同 月 、 『 竜 馬 が ゆ く ( 立 志 篇 ) 』 ( 文 藝 春 秋 新 社 ) ( 「 別 冊 文 藝 春 秋 ) を 発 表 。 同 月 、 『 酔 っ て 候 』 ( 作 品 集 ・ 文 藝 春 秋 け ん ら ん に わ か な に わ ゆ う き ょ , を 刊 行 。 八 月 、 「 国 盗 り 物 語 」 ( 「 サ ン デ 1 毎 日 」 に 連 載 ↓ 四 十 一 年 新 社 ) を 刊 行 。 五 月 、 「 絢 爛 た る 大 」 ( 「 小 説 新 潮 」 ) 、 「 俄 ー 浪 華 遊 侠 六 月 ) 、 十 月 、 「 大 阪 物 語 」 ( 「 婦 人 生 活 」 に 連 載 ↓ 三 十 九 年 九 月 ) 、 伝 ー 」 ( 「 報 知 新 聞 」 に 連 載 ↓ 四 十 一 年 四 月 ) 、 六 月 、 「 〈 の 若 旦 那 」 「 功 名 が 辻 」 ( 地 方 紙 に 連 載 ↓ 四 十 年 一 月 ) を 発 表 。 同 月 、 『 花 房 助 ( 「 オ 1 ル 読 物 」 ) に 発 表 。 同 月 、 『 功 名 が 辻 ( 上 ) 』 ( 文 藝 春 秋 新 社 ) 兵 衛 』 ( 作 品 集 ・ 桃 源 社 ) を 刊 行 。 十 二 「 英 雄 児 」 ( 「 別 冊 文 藝 春 を 、 七 月 、 『 功 名 が 辻 ( 下 ) 』 ( 前 同 ) を 、 八 月 、 『 竜 馬 が ゆ く ( 怒 濤 秋 」 ) を 発 表 。 同 月 、 『 幕 末 』 ( 文 藝 春 秋 新 社 ) を 刊 行 。 篇 ) 』 ( 前 同 ) を 刊 行 。 九 月 、 「 王 城 の 護 衛 者 」 ( 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 ) 、 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 四 十 一 歳 「 ア ー ム ス ト ロ ン グ 砲 」 ( 「 小 説 現 代 」 ) 、 十 月 、 「 十 一 番 目 の 志 士 」 め か け 一 月 、 「 斬 っ て は み た が 」 ( 「 小 説 現 代 」 ) を 発 表 。 一 一 月 、 読 売 テ レ ビ ( 「 週 刊 文 春 」 に 連 載 ↓ 四 十 一 年 十 一 月 ) 、 「 嬖 女 守 り 」 ( 「 オ 1 ル 読 で 「 日 本 の 文 学 ー 平 家 物 語 」 を 連 続 講 蕘 「 鬼 謀 の 人 」 ( 「 小 説 新 潮 」 ) 、 物 」 ) を 発 表 。 同 月 、 『 城 を と る 話 』 ( 光 文 社 ) を 、 十 一 月 、 『 国 盗 り 「 慶 応 長 崎 事 件 」 ( 「 オ ー ル 読 物 」 ) 、 「 百 年 の 単 位 」 ( 「 中 央 公 論 」 ) を 物 語 ( 斎 藤 道 三 ・ 前 編 ) 』 ( 新 潮 社 ) 、 『 司 馬 遼 太 郎 選 集 』 ( 全 六 巻 ↓ 発 表 。 同 月 、 『 竜 馬 が ゆ く ( 風 雲 篇 ) 』 ( 文 藝 春 秋 新 社 ) を 刊 行 。 三 四 十 一 年 五 月 ・ 徳 間 書 店 ) を 刊 行 。 月 、 東 大 阪 市 中 小 阪 一 七 三 の 一 二 の 現 住 所 に 移 転 。 「 人 斬 り 以 蔵 」 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 四 十 三 歳 ( 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 ) を 発 表 。 同 月 、 『 燃 え よ 剣 』 ( 文 藝 春 秋 新 社 ) を 一 月 、 『 北 斗 の 人 』 ( 講 談 社 ) 、 『 国 盗 り 物 語 ( 斎 藤 道 三 ・ 後 編 ) 』 ( 新 刊 行 。 四 月 、 「 五 条 陣 屋 」 ( 「 小 説 新 潮 」 ) 、 「 薩 摩 浄 福 寺 党 」 ( 「 オ 1 ル 潮 社 ) を 刊 一 一 月 、 「 新 史 太 閤 記 」 ( 「 小 説 新 潮 」 に 連 載 ↓ 四 十 三