検索 - みる会図書館

全データから 80947件見つかりました。
円地文子全集 第13巻

円地文子全集第 + 三巻 新潮社

人間の壁〈上〉

にんげんかべ、ー・ . 人間の壁上 石川達三作品集第十二巻 昭和四十八年四月二十印印刷。 昭和四十八年四月二十五日発行す し 定価六 00 円た 1 い いしかわたっぞう 著者石川達三 取 発行者佐藤亮一 は 。本 発行所新潮社丁 郵便番号一六ニ 東京都新宿区矢来町七一 電話東京〇三 ( ) 一 振替東京八〇八番◎ 印刷大日本印刷株式会社 製本加藤製本株式会社 装画下田義寛

円地文子全集 第13巻

5 円地文子全集第十三巻 昭和五十三年三月十五日印刷 昭和五十三年三月一一十日発行 著者円地・又一于◎ Fumiko Enchi, P 「 inted in 」 apan 一 978. 発行者佐藤亮一 発行所新潮社 郵便番号一六一一東京都新宿区矢来町七一 業務部東京 ( 〇一一 l) 一一六六ー五一一一 電話 編集部東京 ( 〇一一 l) 一一六六ー五四一一 振替東京四ー八〇八番 印刷所東洋印刷株式会社 製本所神田加藤製本株式会社 乱丁・落丁本は、御面倒ですが小社通信係宛御送付下さい 送料小社負担にてお取替えいたします。 第七回配本 ( 全十六巻 ) 定価三三〇〇円

長谷川伸全集〈第13巻〉

長谷川伸全集第十三巻

円地文子全集 第13巻

円地文子全集第十三巻

文藝春秋2016年8月号

正十二年一月三十日第三種郵便物認可 平成二十八年八月一日発行 ( 毎月一回一日発行 ) 第九十四巻第十二号 ( 七月八日発売 ) 田中角栄と小泉進次郎 演説・政策・ 人を動かす力を 徹底比較する 新・日米論伊勢神宮の秘密社外取締役 34 秋リスト八月号 皿文 : 書食官 - 160967498

長谷川伸全集〈第16巻〉

( 「新小説』十一月号 ) 玄冶店 (r 新小説』十二月号 ) 与の市人柱「これ程淋しいものとは今年、はじめて骨身に沁みる秋」。また、「ま さえによって、いっとはなしに人間が更められた。まさえは無学だ 釡世紀』十二月号 ? ) ったが、人間として私より高いものを持っていた」と後になって述 〔戯曲〕敵打主従新小説』十二月号 ) 大正十四年 ( 一九一三 ) 四十一歳 懐している。まさえの死後、五反田の家を引きはらい、西大崎 ( 桐 いよいよ作家として立っ決心を固め、三月辞表を提出、六月になり ヶ谷 ) の家に移る。この年の暮、井上正夫によって上演された「世 ようやく受理される。六月十七日より客員ということで、十六年間 に出ぬ豪傑」は、その後の劇作家生活の第一頁をひらく、処女上演 の新聞記者生活に別れをつげる。九月二十一日、数寄屋橋脇の花の戯曲となった。また「週刊朝日』の夏季特別号に掲載した「関東綱 茶屋にて、同人、白井喬二、本山荻舟、平山芦江、池内祥三、小酒五郎」は、帝国キネマで市川百々助主演により映画化されたが、そ 井不木、土師清二、国枝史郎、直木三十三らと二十一日会を結成。 の後、数多く映画化された長谷川伸の最初の作品になった。 報知新聞出版部の後援にて雑誌「大衆文芸』 ( 第一次 ) の発刊を決〔小説〕兄弟百歳以上サンデー毎日』一月一日特別号 ) 敵討た める。 ( 後に江戸川乱歩、矢田挿雲、正木不如丘らも同人として参れに ( 第一次「大衆文芸』一月一日創刊号 ) 老雑兵物語大衆文 加する ) 芸』二月号 ) 雑兵虎退治 (r 苦楽』二月号 ) ひまんの話 ( 「大衆文 〔小説〕木花千 ( 『サンデー毎日』一月一日特別号 ) 雑兵の家 ( 『新芸』三月号 ) 悪には過ぎる (r 新小説』三月号 ) 島田平四郎 ()r サン り説』一月号ー五月号 ) 月に旅役者 (r 演芸画報』一月号 ) だんま デー毎日』四月一日特別号 ) 旅の者心中 ( 『大衆文芸』四月号 ) 敵 かたきうちうきょのゆめ り嘉助 ( 『文芸倶楽部』新年号 ) 入墨者の死 (r 娯楽世界』一月号 ? ) 討勝って負 ( 『面白倶楽部』四月特大号 ) 敵討邯鄲枕 ( 『大衆文芸』 薬一貼十八文 ( 「人情倶楽部』一月号 ? ) おなら次郎吉サンデー 五月号 ) 埋もれ強弓 (r 講談倶楽部』五月号 ) 日本一の法螺と嘘 毎日』四月一日特別号 ) あさづま仏 ( 『サンデー毎日』四月二十六 ( 『講談倶楽部』六月臨時増刊号 ) 南京ちゃぶ ( 『新小説』六月号 ) 関東綱五郎 ( 「週刊朝日』七月一日特別号 ) 重い首軽い首文芸倶「 . 日号 ) へポン闇殺 ( 「人情倶楽部』五月号 ) 泥棒大明神サンデー 毎日』七月一日特別号 ) 敵討冗の三年 ( 『新小説』八月号 ) めぐみ楽部』七月号 ) おもちゃの女大衆文芸』七月号 ) 竹本貧太夫 の泉 (r 聖潮』八月号 ) かわらけ坂 (r 文芸倶楽部』八月号 ) 賭け物 ( 『講談倶楽部』七月号 ) 敵討落首問答 (r 講談倶楽部』八月夏季増 の命 ( 『講談倶楽部』九月号 ) 酒乱捌き ( 『サンデー毎日』十月一日刊号 ) 舶来巾着切 (r 大衆文芸』九月号 ) 二本松心中 (r 講談倶楽部』 譜特別号 ) 敵討誓の貼札講談倶楽部』十月号 ) 盗みは廻ぐる新九月号 ) 仇討の後 (r 文芸春秋』九月号 ) 瘧の甚内 ( 『週刊朝日』十 小説』十月号 ) 死骸がついてくる (r 婦人公論』十月号 ) 敵討鎗諸月一日特別号 ) 身替り飴屋 (r サンデー毎日』十月一日特別号 ) 錦 まわし 年共 ( 「サンデー毎日』十一月八日号ー大正十五年二月十四日号 ) の褌 ( 『大衆文芸』十月号 ) 旅へ行く幽霊 ( 「講談倶楽部』十月秋季 大正十五年・昭和元年 ( 一九一一六 ) 四十二歳 増刊号 ) 道行葎の宿〈夜明けの巻〉サンデー毎日』十一月二十八 九月十七日、妻まさえに死なれ、深い哀しみに沈む。その時の悼歌日号。これは多くの作家により、同題名でリレー式に書かれた作品、 にくかせん おこ

長谷川伸全集〈第11巻〉

長谷川伸全集第十一巻

アジア小農業の再発見

* 6 『世界』一九九六年十一月号「市民による日本環境報告」 * 7 山下・前掲書 * 8 「現代資本主義と農業技術革新」。『経済』一九八八年三月号所収。 * 9 同上 * 川同上 * Ⅱ同上 * 肥岩田進午『土の働き』 ( 家の光協会、一九九一年 ) * 同上 * 凵レイチェル・カーソン『沈黙の春』 ( 新潮文庫、青木簗一訳 ) * 簡松島松翠『農村医療の現場から』 ( 勁草書房、一九九五年 ) * 同上 * 同上 * 見田宗介『現代社会の理論』 ( 岩波新書、一九九六年 ) * 円「農業技術からみたわが国の食糧問題」 ( 『経済』一九八七年三月号 ) * 大野和興『百姓の義ーームラを守る・ムラを超える』 ( 社会評論社、一九九〇年刊 ) * 幻堀尾尚志・岡光夫訳注・解題『耕家春秋』 ( 「日本農業全書」第四巻、農山漁村文化協会、一九八〇年 ) * 「畜水産の荒廃は飽食型食生活の代償」 ( 安達生恒・大野和興・西沢江美子編著『食をうばいかえすー 虚構としての飽食社会』所収、有斐閣、一九八四年 ) ( 文中、敬称略 ) 12 2

長谷川伸全集〈第16巻〉

昭和ニ十三年 ( 一九四 0 六十四歳 紙 (r サンライス』十二月号 ) 〔戯曲〕燔摩堂 ( 一月作二月有楽座新国劇 ) 軽わざお玉 ( 六月作昨年にひき続き、創作意欲はますます旺盛で、短篇、長篇を息つく 昭和二十三年二月名古屋その他不二洋子 ) お袖伝四郎 ( 八月作未暇もないようなスピードで書いて行った。しかし、『週刊朝日』の 上演 ) もとめに応じて書きはじめた自叙伝の傑作「新コ半代記」の途中 昭和ニ十ニ年 ( 一九四七 ) 六十三歳 で、ついに病いに倒れ、生死の境を彷徨すること十日余り、一時は 危篤とまでいわれるほどだった。 この年から翌年にかけて、長・短篇小説を非常にたくさん書いてい る。おそらく長谷川伸の作家生活を通じて、もっとも創作活動の盛〔小説〕血写経 (r サンデー毎日』一月四日特別号 ) 女車夫釡小説 しかも、内容も充実している。 んな時期の一つではないだろうか。 と読物』一月号 ) 白大男女』一月号 ) 提灯と女 ( 「月刊読売』正 戦時中、押えられていた創作意欲が、体力の回復とともに、一挙に 月号 ) 舌の賽コロ ( 『小説新潮』新年号 ) 裸の夫婦 ( 『物語』新年 爆発したかのようであった。 号 ? ) 泥棒塚月刊富山』新年号 ? ) 蝮のお政 ( 「娯楽世界』一月 〔小説〕明治の鼠 ( 読売新聞一月一日ー三月七日 ) ばろばろ円タ号ー十二月号 ) 思いきやの于斎 (r 新世界第一』二月号 ) 定九郎仲 ク ( 日本農業新聞一月十六日 ) 引返し百太郎 ( 『小説くらぶ』一月蔵 ( 『大衆文芸』二月号 ) 賽コロ飯釡苦楽』三月号 ) 慾張り屋縁起 号 ) 続足尾九兵衛の懺悔 (r 大衆文芸』一・二月合併号ー十二月号 ) ( 『人情』三月号 ) やじ馬世間』三月号 ) 明治老探偵 ( 「宝石』 処刑場曲芸 ( 「苦楽』二月号 ) 昼提灯の娘翁ダイヤ』二月号 ) 三世三月・四月号 ) 大岡政談地探し九八 ( 『オール読物』四月号 ) 三度目 の母 ( 『文芸読物』五月号 ) 討留始末釡小説の泉』五月号 ) 蟻のあ 日本左衛門オール読物』三月号 ) 犬助の死霊 (r 小説倶楽部』三 る女小説と読物』五月号 ) つばくろ長六 ( 「天狗』五月号 ) 三十 月号別名「背中の怪し女囚志賀きせ (r サンデー毎日』四月十五日 特別号 ) 飛び吉道中 ( 『小説くらぶ』四月号 ) 鴨の財布 (r 楽園』四年の女 ( 「冨士』五月号 ) 大岡政談揚げ火の伝兵衛 ( 「オール読物』 月号 ) つづら不動 ( 『四国春秋』四月号 ) 肌の蟻 ( 『小説と読物』五六月号 ) 切られ与三郎 ( 柴書房から六月に名古屋タイムス・サロ ン・新しい原稿を加えて出版 ? ) 背中の幽霊釡小説世界』八月号 ) 月号 ) 金百両如来苦楽』六月号 ) つばくろ長六 (r 天狗』七月 号 ) 赤鬼青鬼 (r 物語』八月号 ) 地獄のロ ( 『新読物』八月号 ) 満月籤引きの命 (r 冨士』八月号 ) 稲荷の七兵衛 ( 『オール小説』八月 ( 「小説新潮』八月号 ) 道中する幽霊 (r 苦楽』九月号 ) 裸巾着切号 ) 化物殺し (r 新文庫』八・九月号 ) 勘八夜駕籠 ( 『面白倶楽部』 ( 「天狗』九月号 ) 殺された化物 ( 『新小説』九月号 ) 狼九兵衛〈足九月号 ) 岩次殺し (r 小説文庫』十月号 ) 稲葉小僧と鬼神お松 尾九兵衛の懺悔〉 ( 『大衆文芸』九月号ー昭和一一十三年一月号 ) 九十 (r 蜘蛛』十月創刊号ー十一一月号、病気のため中断、翌年「続」を執 九番目 ( 「文化娯楽』十月号 ) 連枝 (r 国民の友」十・十一月合併筆「地獄極楽」と改題 ) 新コ半代記 ( 「週刊朝日』十一月七日号ー 十二月五日号 ) 亡者ごころ ( 『明るい農家』十一月号 ) 川底の双生 号 ) 餓死した女十一月号 ) 児 (r オール小説』十一月号 ) 壁の父 ( 『小説の泉』十二月号 ) イカ 〔戯曲〕勘平政 ( 四月作未上演 ) れんじ