検索 - みる会図書館

検索対象: かもめのジョナサン

かもめのジョナサンから 42件ヒットしました。

かもめのジョナサン


こ の 作 品 は 昭 和 四 十 九 年 六 月 新 潮 社 よ り 刊 行 さ れ た 。

かもめのジョナサン


Title : JONATHAN LIVINGSTON SEAGULL Author : Richard Bach Copyright ◎ 1970 by Richard Bach Photos, Copyright ◎ 1970 by Russell Munson Japanese language paperback rights arranged with Macmillan Co, lnc. New York through Tuttle-Mori Agency, lnc. , Tokyo か も め の ジ ョ ナ サ ン 新 潮 文 庫 0 昭 和 五 十 一 一 年 五 月 三 十 日 発 行 平 成 十 四 年 五 月 二 十 日 六 十 一 刷 7 き 会 訳 者 五 木 寛 之 式 発 行 者 佐 藤 隆 信 本 製 4 株 式 発 行 所 新 潮 社 会 社 会 一 六 一 一 ー 八 七 一 一 式 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 編 集 部 ( 0 一 一 l) 三 一 一 六 六 ー 五 四 四 〇 電 話 読 者 係 ( 〇 一 一 l) 三 二 六 六 ー 五 一 一 一 錦 刷 ◎ 価 格 は カ バ ー に 表 一 小 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 読 者 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 ひ ろ ゆ き

かもめのジョナサン


新 潮 文 庫 か も め の ジ ョ ナ サ ン リ チ ャ ー ド ・ バ ッ ク 五 木 寛 之 訳 写 真 = ラ ッ セ ル ・ マ ン ソ ン 新 0 0 潮 社 2406 版

かもめのジョナサン


薩 摩 の 大 名 行 列 に 乱 入 し た 英 国 人 が 斬 殺 さ れ た | ー 攘 夷 の 潮 流 を 変 え た 生 麦 事 件 を 軸 に 激 吉 村 昭 著 生 麦 事 件 ( 上 ・ 下 ) 動 の 五 年 を 圧 倒 的 な ダ イ ナ ミ ズ ム で 活 写 す る 愛 と 政 争 に 身 を 灼 か れ な が ら 、 運 命 を 凜 冽 に 宮 尾 登 美 子 著 ク レ 、 不 ハ -L ・ 一 フ 生 き 抜 い た 一 人 の 女 。 女 流 文 学 の 最 高 峰 が 流 ( 上 ・ 下 ) 麗 な 筆 致 で 現 代 に 蘇 ら せ る 絢 爛 た る 歴 史 絵 巻 。 あ り ふ れ た 日 常 の 裏 側 で 増 殖 し 、 出 口 を 求 め 暴 走 す る 、 り ・ て 蠢 く 幻 想 の 行 き 着 く 果 て は ・ 篠 田 節 子 著 ( 豕 - 腸 情 念 が 現 実 を 突 き 崩 す 瞬 間 を 描 く 戦 慄 の 七 篇 。 庫 通 学 列 車 に 流 血 の 予 感 。 逃 げ 場 な し 。 妄 想 と ー が 疾 走 す る 。 戦 争 が 文 阿 部 和 重 著 O 戦 々 尹 暴 力 の 新 世 代 ス ト ー リ で き な い 国 の 〈 戦 争 〉 を 描 く 初 期 ベ ス ト 作 品 集 。 「 な ん で 服 な ん か 作 っ て ん の 」 「 決 ま っ て ん じ ゃ ん 、 フ ァ ッ シ ョ ン で 世 界 征 服 す る ん だ よ 」 ミ 鈴 木 清 剛 著 ロ ッ ク ン ロ ー ル ミ シ ン シ ン の リ ズ ム で 刻 む 8 ビ ー ト の 三 島 賞 受 賞 作 。 「 馬 鹿 は 死 な な き ゃ な お ら な い ー な ど 数 多 の ~ 著 江 戸 っ 子 た っ て ね え 名 文 句 を 生 み 、 日 本 中 が そ の 名 調 子 に 聞 き 惚 浪 曲 師 廣 澤 虎 造 一 代 れ た 不 世 出 の 芸 人 。 吉 川 節 が 冴 え わ た る 逸 品 。 吉 plus 2 stories

かもめのジョナサン


め る ま で に 、 さ ら に 百 年 の 歳 月 が か か り 、 そ し て つ い に わ れ わ れ の 生 の 目 的 が そ の 完 全 な る も の を 見 い だ し 、 そ れ を 身 を も っ て 示 す こ と だ と 考 え つ く ま で に は 、 さ ら に も う 百 年 が 必 要 だ っ た ん だ 。 も ち ろ ん 、 同 じ こ と が 今 の わ れ わ れ に も 一 言 え る だ ろ う 。 わ た し た ち は こ こ で 学 ん で い る こ と を 通 じ て 、 つ ぎ の 新 し い 世 界 を 選 び と る の だ 。 も し こ こ で 何 も 学 び と る こ と が な か っ た な ら 、 次 の 世 界 も こ こ と 同 じ こ と に な る 。 そ れ は つ ま 、 乗 り 越 え な き ゃ な ら ん 限 界 、 は ね の け る べ き 鉛 の 重 荷 が 、 も と の ま ま に 残 っ て し ま う こ と な ん だ 」 彼 は 翼 を ひ ろ げ 、 顔 を 風 上 に 向 け た 。 「 し か し 、 ジ ョ ン 、 き み は だ な ー ー 」 と 彼 は 言 っ た 。 「 お そ ろ し く 沢 山 の こ と を 一 ペ ん に 学 ん で し ま っ た ん だ 。 だ か ら こ こ へ や っ て く る の に 何 千 年 も か け な く て す ん だ の さ 」 彼 ら は す ぐ に ま た 空 に 舞 い あ が り 、 訓 練 を 開 始 し た 。 編 隊 を 組 ん だ ま ま で の 分 割 横 転 は き わ め て 難 し か っ た 。 と い う の は 裏 返 し に な っ て い る

かもめのジョナサン


姿 は カ モ メ の か た ら を し て い る よ う だ が 、 飛 び 方 は ち が う 。 す で に 以 前 の 彼 よ り も は る か に 見 事 に 飛 べ る よ う に な っ て い オ な せ た ろ う ! な ぜ 半 分 ぐ ら い し か 力 を だ し て い な い の に 、 地 上 で の 自 分 の 全 盛 時 代 よ り も 倍 も 速 く 、 は る か に 鮮 か に 飛 べ る の か ー 彼 の 羽 毛 は い ま 純 白 に き ら め き は じ め 、 両 の 翼 は 磨 い た 銀 の 薄 板 の よ か ん べ き う に な め ら か で 、 完 璧 な も の と な っ た 。 彼 は 胸 を お ど ら せ な が ら 、 こ の と う す れ ば 加 速 す る こ と が で き る か を 研 新 し い 翼 を ど う 扱 え ば よ い か 、 。 究 し は じ め た 。 時 速 四 百 キ ロ に 達 す る と 、 彼 は ど う や ら 自 分 が 水 平 飛 行 の 限 界 速 度 に 近 づ い て き た ら し い こ と を 感 じ た 。 そ し て 四 百 四 十 キ ロ ほ ど に 達 す る と 、 そ れ が 新 し い 自 分 の だ せ る ぎ り ぎ り の 速 さ な の だ と 知 っ て 、 ほ ん の 少 し た け が っ か り し た 。 こ の 新 し い 肉 体 が だ せ る ス ヒ ー ド に は 、 や は り 限 界 が あ っ た の だ 。 過 去 の 水 平 飛 行 時 の 最 高 記 録 を は る か に 上 回 っ て い る と 7 は い え 、 依 然 と し て そ こ に は 限 界 が あ り 、 そ れ を 突 破 す る に は 巨 大 な 努

かもめのジョナサン


そ の と き 何 か が お こ っ た 。 ち ょ う ど 朝 日 が 昇 り き っ た 直 後 だ っ た 。 ジ ョ ナ サ ン は 、 〈 朝 食 の 集 い 〉 に 集 っ た カ モ メ の 群 れ の ま ん 中 を 、 弾 丸 の よ う に ま っ す ぐ 突 き 抜 け て い っ た の だ 。 時 速 三 百 四 十 キ ロ の ス ビ ー ド で 、 目 を 閉 じ 、 風 と 羽 毛 の ま き お こ す 怒 号 の よ う な 金 属 音 に つ つ ま れ て 。 幸 運 の 女 神 が 彼 に 微 笑 ん だ の だ ろ う か 、 一 羽 と し て 死 ん だ り は し な か サ ナ 上 昇 に う つ り 、 空 に む か っ て く ち ば し が ま っ す ぐ 突 き 立 っ 頃 に な っ て の も 、 彼 は 依 然 と し て 時 速 二 百 五 十 キ ロ で め ち ゃ く ち ゃ に 飛 ん で い た 。 や か が て 三 十 キ ロ に ま で ス 。 ヒ ー ド を 落 し 、 や っ と 翼 を の ば し き っ た と き に は 、 漁 船 は 千 二 百 メ ー ト ル 下 の 海 面 に 浮 ぶ パ ン く す の よ う に な っ て い た 。 彼 の 考 え が 勝 っ た の だ 。 極 限 速 度 ! 一 羽 の カ モ メ が 何 と 時 速 三 百 四 十 二 キ ロ に 達 し た の だ 。 そ れ は ひ と つ の 〈 限 界 突 破 〉 で あ り 、 群 れ の 歴 史 上 も っ と も 偉 大 な 一 瞬 な の だ っ た 。 そ し て そ の 一 瞬 こ そ ジ ョ ナ サ ン に と っ て の 新 た な 時 代 の 幕 あ き だ っ た の で あ る 。 つ 」 0

かもめのジョナサン


Part Three 1 ( ) 1 三 カ 月 た っ た 頃 に は 、 ジ ョ ナ サ ン の 生 徒 は 、 さ ら に 六 羽 、 ふ え て い た 。 全 員 、 追 放 さ れ た カ モ メ た ち だ っ た が 、 彼 ら は 皆 、 飛 ぶ 歓 び を 味 わ う た め に 飛 ぶ と い う 、 こ の 飛 行 に 関 す る 未 知 の 新 し い 考 え に 好 奇 心 を 抱 い て し か し 彼 ら に と っ て 高 度 な 飛 行 技 術 の 練 習 の ほ う は 、 ま だ し も や さ し か っ た が 、 そ の 背 後 に あ る 飛 行 の 意 味 を 理 解 す る の は 、 き わ め て む す か ら ん だ ろ う な 。 フ レ ッ チ ャ ー 、 き み は 姿 勢 を 変 え は じ め た 時 に す で に 時 速 六 十 五 キ ロ は 損 を し て た ん だ ぞ ! ス ム ー ズ に や ら な く ち ゃ い か ん ー し つ か り と 、 た が ス ム ー ズ に だ 、 い ゝ 、 し カ わ か っ た か ね ? 彼 は 若 い カ モ メ と 同 じ 高 さ ま で 降 下 し た 。 「 さ あ 、 今 度 は わ た し と 編 隊 を 組 ん で や っ て み よ う 。 そ し て あ の 急 上 昇 に 気 を つ け る ん だ 。 ス ム ー ズ に 力 を 抜 い て と り か か る ん だ ぞ 」

かもめのジョナサン


新 は い 地 じ や な カ 翼 し ハ か 、 学 メ 先 と 彼 、 黙 は 心 、 っ 、 実 て 見 の だ だ 伝 っ 以 明 た も せ 、 さ 。 よ し る 、 に チ 情 業 ヤ ン 内 新 が 自 だ 帰 。 充 分 や ま が 追 放 た 助 れ れ た 上 に オ ご て す る 能 カ の あ る カ モ メ が 羽 や る か も な し か し ジ ョ ナ サ ン の に は ま た 目 リ の 感 カ ゞ よ み が ん っ て き た あ の に ん だ 彼 ら は み な : こ 聡 で 授 の 容 を 素 早 く 上 里 解 し ヨ ナ ン は そ こ と ど ま ー っ て つ て く る り の カ モ メ の 手 け Part 取 、 も 、 こ 咼 、 の く 、 最 サ 飛 、 後 ぶ 、 の 力 、 指 の モ 、 摘 メ 、 は に が 、 身 最 、 に い こ 袁 、 た く 、 え を 、 た 、 見 、 や 通 、 ま T wo の だ は た し て 現 在 き み あ り ん た だ 。 ろ つ カ ) つ の ン ' ア ヴ リ サ た だ り 通 ま い こ こ で 教 ん る こ と を や め て い た と し た ら ど つ た EH つ も し あ の チ ヤ ン ' が 彼 カ ゞ 通 り ぬ け て き た 過 の 界 へ て て は す だ ぜ ち ょ っ と り こ ん 彳 麦 で 彳 皮 は 去 葉 な を つ い だ こ に い る ん ナ ご か ら き み の ん な や な ら い こ と を 理 解 き る ろ 人 自 り の モ カ こ ち を 助 け や り た ま え 彼 ら は す で に ち ん と い と 分 の の ー っ ば て な い ん こ こ に い た し て

かもめのジョナサン


老 い ぼ れ た 体 を 持 ち あ げ る こ と は で き ん の だ よ 」 「 そ れ が で き る の だ 、 ジ ョ ナ サ ン 。 あ な た は 飛 ぶ こ と を 学 ん だ じ ゃ な い か 。 こ の 教 程 は 終 っ た の だ 。 新 し い 教 程 に と り か か る 時 が き た の だ よ 」 こ れ ま で い つ も 彼 の 頭 の 中 に は 何 か が 瞬 間 的 に ひ ら め く こ と が よ く あ た が 、 こ の 時 も ジ ョ ナ サ ン は 即 座 に さ と っ た 。 彼 ら の 言 う こ と は 正 し 自 分 は も っ と 高 く 飛 ぶ こ と が で き る 。 自 分 の 真 の ふ る さ と へ 行 く べ き 時 が き た の だ 。 彼 は 最 後 の 長 い 一 瞥 を 、 そ こ で 自 分 が 多 く の こ と を 学 ん だ 空 と 銀 色 の 壮 麗 な 陸 地 へ 投 げ か け た 。 「 よ し 、 行 こ う 」 っ い に 彼 は 言 っ た 。 そ し て 、 ジ ョ ナ サ ン ・ リ ヴ ィ ン グ ス ト ン は 、 星 の よ う に 輝 く 二 羽 の カ モ メ と と も に 高 く 昇 っ て ゆ き 、 や が て 暗 黒 の 空 の か な た へ と 消 え て い っ 」 0