検索 - みる会図書館

検索対象: パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 (新潮文庫)から 185件ヒットしました。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


新 潮 文 庫 健 著 ッ ク ・ 裸 の 王 様 リ 目 新 潮 社 リ 94 版

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


2 は だ か お う さ ま パ ニ ッ ク ・ 裸 の 王 様 新 潮 文 庫 カ 昭 和 三 十 五 年 六 月 二 十 五 日 発 行 昭 和 六 十 二 年 五 月 二 十 日 四 十 五 刷 改 版 平 成 三 年 五 月 十 五 日 五 十 三 刷 会 こ う た け し 著 者 高 健 株 ね c-' 製 4 2 ノ 発 行 者 佐 藤 亮 一 本 株 式 発 行 所 新 潮 社 会 社 社 6 1 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 金 O 業 務 部 ( 〇 三 ) 三 一 一 六 六 ー 五 一 一 一 会 1 電 話 編 集 部 ( 〇 三 ) 三 一 一 六 六 ー 五 四 四 〇 式 ⅷ - 振 替 東 京 四 ー 八 〇 八 番 株 4 ⑥ m 価 格 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 通 信 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


名 作 を 耳 て 読 む ー カ セ ッ ト ブ ッ ク 新 し い 読 の ス タ イ ル 開 高 健 り べ 怪 玉 ろ 髟 ナ 戦 ち よ の よ り 戦 同 ま を 時 た 結 収 、 品 付 録 著 さ 。 者 せ る 編 朗 学 八 ロ ロ 1 カ セ ッ ト 〕 分 の カ セ ッ ト 歩 く 影 た ち ノ ヾ 中 本 、 也 新 潮 社 版

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


文 字 づ か い に つ い て 新 潮 文 庫 の 日 本 文 学 の 文 字 表 記 に つ い て は 、 原 文 を 尊 重 す る と い う 見 地 に 立 ち 、 次 の よ う に 方 針 を 定 め た 。 一 、 ロ 語 文 の 作 品 は 、 旧 仮 名 づ か い で 書 か れ て い る も の は 新 仮 名 づ か い に 改 め る 。 二 、 文 語 文 の 作 品 は 旧 仮 名 づ か い の ま ま と す る 。 三 、 常 用 漢 字 表 、 人 名 用 漢 字 別 表 に 掲 げ ら れ て い る 漢 字 は 、 原 則 と し て 新 字 体 を 使 用 す る 。 四 、 年 少 の 読 者 を も 考 慮 し 、 難 読 と 思 わ れ る 漢 字 や 固 有 名 詞 ・ 専 門 語 等 に は な る べ く 振 仮 名 を つ け る 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


当 , 、 , 、 , 、 , 、 新 潮 文 庫 開 高 健 の 作 品 ッ ク ・ 裸 の 王 様 日 文 オ ペ ラ ン ソ ン の 末 裔 ロ フ ィ ツ 、 ノ ュ ・ 新 し い 天 体 開 地 球 グ ラ ス の ふ ち を 回 る た ち 輝 け る 夏 開 対 談 、 酉 に つ い て ( 吉 行 淳 之 介 共 著 ) 食 卓 は 笑 う ワ ン 手 帖 ( 監 修 ) 街 に 彦 ぐ あ っ た 頃 ( 吉 行 淳 之 介 共 著 ) 破 れ た 繭 耳 の 物 語 陽 炎 耳 の 物 語 * * 閉 影 の カ バ ー 印 刷 錦 明 印 刷

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


「 。 ハ ニ ッ ク 」 「 巨 人 と 玩 具 」 「 裸 の 王 様 」 は 文 藝 春 秋 新 社 刊 『 裸 の 王 様 』 ( 昭 和 三 十 三 年 三 月 ) 、 「 流 亡 記 」 は 中 央 公 論 社 刊 『 屋 根 裏 の 独 白 』 ( 昭 和 三 十 四 年 八 月 ) に そ れ ぞ れ 収 め ら れ た 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


「 教 え ら れ た な ! 京 子 は あ わ れ む よ う に 彼 か ら 視 線 を そ ら せ 、 な に も い わ な か っ た 。 合 田 は 静 か に 手 帳 を 裂 く と 、 ク シ ャ ク シ ャ に に ぎ り つ ぶ し て 床 へ 投 げ た 。 う な だ れ て か み し め た 彼 の く ち び る は 明 る い 日 光 の な か で ふ る え て い た 。 私 は 二 人 を の こ し て 席 を た っ た 。 広 場 に で て 空 気 を 吸 っ て か ら ビ ル に も ど り 、 便 所 に 入 っ た 。 手 を 洗 お う と し て 化 粧 室 に 人 り か け る と 、 仕 切 壁 ご し に 大 き な 吐 息 が 聞 え た 。 便 所 を で し な に ふ り か え る と 、 京 子 が 洗 面 台 の 鏡 に 額 を ふ れ ん ば か り に し て も た れ か か っ て い た 。 彼 王 女 は 目 を 閉 じ 、 青 ざ め て 、 失 神 に 似 た 姿 勢 で う な だ れ て い た 。 肌 理 の 荒 れ た う な じ に は 私 の 裸 か っ て 見 た こ と の な い お と な が し ら じ ら と 浮 か ん で い た 。 い つ ま で も 彼 女 は そ う や っ て う ご ク こ う と し な か っ た 。 ほ ・ つ 一 : っ : そ の 日 一 日 、 私 は 街 に で な か っ た 。 私 は 彷 徨 の 必 要 を ま っ た く 感 じ な か っ た 。 す べ て は お わ っ た の だ 。 明 る い 二 階 の 窓 べ り に す わ っ て 私 は せ っ せ と さ い ご の 仕 事 に は げ ん だ 。 机 の う え に は さ ま ざ ま な 破 片 が 散 乱 し て い た 。 調 査 書 や 少 年 雑 誌 や 宇 宙 服 な ど が あ っ た 。 ポ ケ ざ る 一 ッ ト 猿 が う ず く ま り 、 展 覧 会 の 万 国 旗 が ひ る が え っ て い た 。 私 は 新 聞 や 写 真 を 手 に ふ れ た 順 ひ ざ か ら や ぶ っ て す て た 。 陽 射 し は は げ し ) ゞ 、 し カ 風 は 涼 し か っ た 。 と き ど き 縞 の よ う に 熱 い 埃 り の 匂 い が ま じ る の を 感 じ た が 、 た い し て 汗 も か か ず 仕 事 を す る こ と が で き た 。 五 時 す ぎ に 私 は 両 手 を お と し た 。 広 場 に に う な だ れ た 潮 が 流 れ て い た 。 い つ も の 連 中 だ っ 126 き め

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


巨 人 と 玩 具 古 鉄 の 箱 か ら 吐 き だ さ れ る と 足 な み そ ろ え て 広 場 に 流 れ こ み 、 ガ ラ ス 壁 に そ っ て さ か の ば り 、 あ ち ら こ ち ら の 色 さ ま ざ ま な コ ン ク リ ー ト 壁 の な か へ つ つ ま し や か に 吸 い こ ま れ て ゆ く 。 そ の 数 知 れ ぬ 足 音 は 巨 大 な 波 音 と な っ て お し よ せ 、 部 屋 に い る 私 の 体 内 に も こ だ ま し た 。 広 場 に は 人 の 絶 え る こ と が な い 。 一 日 じ ゅ う ガ ラ ス 壁 が ふ る え て い る 。 通 勤 人 の 潮 が お わ る と 、 さ ま ざ ま な 人 が や っ て き た 。 フ ァ ッ シ ョ ン ・ モ デ ル と カ メ ラ ・ マ ン 。 地 方 の 観 光 旅 行 団 。 新 興 宗 教 の 信 徒 た ち 。 主 婦 。 学 生 。 商 人 。 失 業 者 。 土 曜 の 午 後 の 貧 し い 恋 人 の 群 れ 。 五 う ず 月 一 日 の 労 働 者 と 警 官 。 こ こ に は あ り と あ ら ゆ る 職 業 と 年 齢 の 人 間 が 渦 を 巻 き 、 雨 に う た れ 、 埃 り を 浴 び て い る の で あ る 。 私 の 背 後 に は い つ も 群 集 の 気 配 が あ る 。 二 度 と も ど ら な か っ た が 、 京 子 も ま た そ の う ち の 一 人 で あ っ た 。 彼 女 は 四 月 の 日 光 に 目 を し か め 、 微 笑 を 浮 か べ て 雑 踏 か ら ぬ け だ し 、 窓 の ま え に た っ た 。 四 月 の あ る 月 曜 日 の 正 午 す ぎ 、 私 は 課 長 の 合 田 に 電 話 で 呼 ば れ て 一 階 の 喫 茶 室 へ 行 っ た 。 喫 茶 室 は 展 示 室 の と な り に あ る 。 入 口 は キ ャ ン デ ー ・ ス ト ア 、 中 は 軽 食 堂 に な っ て い る 。 ち よ う ど 昼 食 時 だ っ た の で ホ ー ル は 満 員 だ っ た 。 合 田 は 隅 の 窓 ぎ わ で 一 人 の 少 女 と 話 を し て い た 。 私 は 合 田 と な ら ん で 腰 を お ろ し 、 だ ま っ て 二 人 の 話 を 聞 い た 。 ま ゆ 少 女 は 日 な た に す わ っ て い た 。 笑 う と 、 か け た 虫 歯 が の ぞ い た 。 眼 の ま る い 眉 の 濃 い 鼻 の 陽 気 に し や く れ た 子 だ っ た 。 テ ー プ ル に は 大 工 の 道 具 袋 に 似 た 、 く た び れ た ス コ ッ チ 縞 の ボ ン ・ サ ッ ク が 投 げ だ し て あ っ た が 、 中 身 は 表 紙 の と れ か け た 映 画 雑 誌 か 服 飾 雑 誌 。 あ る い は そ れ に 止 メ 金 の は ず れ か け た セ ル ロ イ ド 製 の 化 粧 箱 。 せ い ぜ い そ れ ぐ ら い し か 想 像 で き す み

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


「 ス ル メ だ よ 。 ミ ミ ズ も い い け れ ど 、 ス ル メ な ら 一 本 で 何 匹 も 釣 れ る 」 「 へ え 。 い ち い ち と り か え な く っ て い い ん だ ね ? 「 う ん 」 「 妙 だ な あ 」 ば く は タ バ コ を 口 か ら は な し た 。 「 だ っ て 君 、 ス ル メ は イ カ だ ろ う 。 イ カ は 海 の 魚 だ ね 。 す る と 、 つ ま り 、 川 の 魚 が 海 の 魚 を 食 う ん だ ね ? : 様 し っ て か ら 、 し ま っ た と ば く は 思 っ た 。 こ の 理 屈 は に が い 潮 だ 。 貝 は 蓋 を 閉 じ て し ま う 。 王 や り な お し だ と 思 っ て 体 を 起 し か け る と 、 そ れ よ り さ き に 太 郎 が い っ た 。 の 「 エ ビ ガ ニ は ね 」 彼 は せ き こ ん で 早 口 に い っ た 。 「 エ ビ ガ ニ は ね 、 ス ル メ の 匂 い が 好 き な ん だ よ 。 だ っ て 、 ぼ く 、 も う せ ん に 田 舎 で は そ う や っ て た ん だ も の 」 ひ と み 太 郎 の 明 る い 薄 茶 色 の 瞳 に は 、 は っ き り そ れ と わ か る 抗 議 の 表 情 が あ っ た 。 ぼ く は 鍵 が は ま っ て カ チ ン と 音 を た て る の を 聞 い た よ う な 気 が し た 。 こ れ は 新 発 見 で あ っ た 。 大 田 夫 人 か ら も 山 口 か ら も ば く は 太 郎 が 田 舎 に い た こ と が あ る な ど と は 一 言 も 教 え ら れ て い な か っ た 。 大 田 夫 人 が 後 妻 だ と い う こ と を 聞 い て も 、 ず っ と ぼ く は 太 郎 が 都 会 育 ち だ と 思 い こ ん で い た の だ 。 た し か に 荒 蕪 地 は ア ス フ ァ ル ト で 固 め ら れ て い ふ た

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


パ ニ ッ ク ・ 裸 の 王 様 じ 士 え 縛 走 を あ 左 つ 私 た た 私 し っ 死 っ 兵 は な っ て 空 な の き た ち 職 っ 城 い が た 外 い 壁 握 で ら に 顔 が 私 れ な や 狂 き イ 本 ・ ノ 、 、 が を い り ひ 。 兵 で も れ そ な 走 確 刷 は 発 ば 士 し 兵 へ 菜 つ き 具 数 た 士 は ち 路 士 よ 籠 不 を 知 連 随 れ 中 ぎ 道 か ず は ち ん と に が 出 兵 が 発 き う 右 な い 会 い ん つ た に 意 こ ず 町 っ か を っ ゆ い お あ た ろ と は た 咼 刃 つ な つ 新 。 ま 潮 や 彳 皮 ら か 話 は た 午 く 制 、 で 達 で が す ぎ き 生 ま っ 士 の 街 て 第 道 職 ほ 嘔 警 一 肩 藁 と 異 め で 人 い ず の か て い つ っ た 業 士 た 暴 は じ 、 私 ム い そ の た 皇 帝 の 正 た 体 彼 ま だ し へ 業 た 新 な ま く 。 新 だ い は 業 め 彼 人 て ひ や 出 カ ゝ り 、 の 半 道 後 う る と の な い で 人 で ん あ た し か し た ち を 、 狩 ま り だ つ で 型 は 、 な い の だ り は た く ぬ 。 の だ い ま の と も う で あ い の 兵 か ら っ 職 兵 と 狂 さ に が か の 吹 。 き で は ん く と つ ぜ 動 る 瞬 で し 目 は 的 そ を 果 し た な た は ひ と り の も 脚 準 な カ て い る の し 彼 も ら の イ 本 と し も 筋 ほ の 肉 ど カ い や が 0 。 正 . わ ま る キ 支 能 を い し よ つ い さ の 暴 さ カ こ り を め カ こ り し て た ・ つ て た ほ い か お 0 ) き 条 ね た 道 も の つ な た 。 彼 と く す に て 死 ど で る 。 ん い 彳 皮 ら 顔 や に は で 彼 ま な 間 ど て も ら ぬ の 顔 ち で を く オ つ は 列 の 方 よ で っ か 聞 ま 百 。 体 た 路 カ こ 隊 か は な が ん ん ろ 路 の ん か 注 と 寄 も 払 わ な か た た 士 で 城 か ら を し の な ら り と り ん る い た い い 道 姓 、 右 ま ら 、 や 左 野 し て の に っ と 立 で も い の た た ま を り に し て 242 槌 ら な 、 だ れ の の 腕 と に ふ れ は じ め に 、 ひ 綱 な を っ て 私 た を り つ さ ま ざ ま も 訴 と し て い た た ど 気 け 級 や の を の 腕 感 戦