検索 - みる会図書館

検索対象: 人麻呂の暗号

人麻呂の暗号から 146件ヒットしました。

人麻呂の暗号


暗 呂 号 の 新 潮 社

人麻呂の暗号


ひ と ま ろ あ ん ご う 人 麻 呂 の 暗 号 一 九 八 九 年 一 月 三 〇 日 一 九 八 九 年 一 〇 月 五 日 ふ じ む ら ゆ か 著 者 ー ー ー 藤 村 由 加 発 行 者 ー ー 佐 藤 亮 一 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 新 潮 社 所 在 地 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 業 務 部 ( 一 一 六 六 ー 五 一 一 一 電 話 編 集 部 ) 一 一 六 六 ー 五 四 一 一 振 替 ー ー ー 東 京 四 ー 八 〇 八 印 刷 所 ー ー 錦 明 印 刷 株 式 会 社 製 本 所 ー ー 大 口 製 本 株 式 会 社 ◎ Yuka Fu 」 imu 「 a 一 989 , printed in Japan 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 通 信 係 宛 お 送 り 下 さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 価 格 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す ISBN4 ー 10 ー 371901 ー X C0092

人麻呂の暗号


十 か 月 に 一 四 二 枚 の 豪 華 な 浮 世 絵 を 発 表 し て 消 え た 謎 の 画 家 写 楽 は 誰 か 。 大 胆 な 仮 説 と 推 理 小 毎 原 孟 写 楽 仮 名 の 悲 劇 本 豸 説 の よ う な 面 白 さ で 解 明 し た 梅 原 日 本 学 の 新 展 開 。 ロ 絵 カ ラ ー 本 文 写 真 多 数 。 定 価 一 八 五 〇 円 鬱 蒼 た る 杉 木 立 の 中 に 燦 然 と 輝 く 黄 金 の 御 堂 。 八 百 年 の 昔 、 み ち の く の 地 に 京 に 次 ぐ 一 大 文 化 奥 州 平 泉 黄 金 の 世 紀 荒 木 申 介 也 ′ ィ ー 丿 ィ ー 都 市 を 築 き 上 げ た 藤 原 三 代 の 栄 華 と 夢 を グ ラ フ ィ ッ ク に 再 現 ! 《 と ん ほ の 本 》 定 価 一 一 三 〇 円 狂 気 は ネ ガ テ イ プ な 存 在 と し て 社 会 か ら 逸 脱 し て き た 。 膨 大 細 密 な 例 証 を も と に 狂 気 の 発 掘 を 狂 気 の 歴 史 ・ フ ー コ ー 田 村 . 叔 訳 試 み 、 西 洋 文 化 の 本 質 と し て 復 権 を 要 求 す る フ 古 典 主 義 時 代 に お け る ー コ ー 思 想 の 根 幹 を な す 名 著 。 定 価 五 九 七 〇 円 梅 、 ア ズ キ 、 ミ カ ン 、 バ ラ な ど 身 近 な 植 物 か ら に 実 際 に 色 を つ く り な が ら 、 そ れ ぞ れ の 色 に ま っ 萬 葉 草 木 染 め 村 上 道 太 白 ハ わ る 文 化 、 歴 史 を 古 今 東 西 の エ ピ ソ ー ド を 豊 富 に 混 じ え て 解 説 。 《 新 潮 選 書 》 定 価 九 八 0 円 井 戸 端 に 株 情 報 が 飛 び 交 う 今 日 こ の 頃 、 あ な た 朝 日 新 聞 ウ ィ ー ク の 金 銭 感 覚 は 大 丈 夫 ? 目 先 の ウ マ イ 話 に 惑 わ 全 日 本 リ ッ チ 感 覚 事 典 さ れ る 前 に こ の 一 冊 。 ッ チ と ケ チ と プ ア ー の エ ン ド 経 済 編 集 部 諸 相 を の 視 野 か ら 総 点 検 ! 定 価 一 〇 三 〇 円 ど う し て 大 き く な ら な い の 。 な ぜ 返 事 を し な い の ー ー ー マ リ オ ネ ッ ト の 手 足 が 宙 を 舞 う 。 人 形 遣 い に 転 進 し た 元 女 優 が 陥 っ た 狂 お し い 呪 縛 。 狂 幸 福 な 朝 食 乃 南 ア サ 気 に 彩 ら れ た 心 理 サ ス ペ ン ス 。 定 価 一 0 三 〇 円 か め い

人麻呂の暗号


ー リ ニ コ フ と 名 づ け ら れ た 主 人 公 は な せ ラ ス コ の か ? 6 6 6 の 謎 と は ? ド ス ト エ フ ス キ ー を 卓 ン グ に 種 明 か し 本 格 的 に 愉 し む た め に 、 ス リ 謎 と き 『 罪 と 罰 』 江 す る 作 品 の 舞 台 裏 。 《 新 潮 選 書 》 定 価 九 一 〇 円 い っ 訪 れ て も 近 江 路 に は 光 が あ ふ れ て い る 。 渡 来 文 化 の 香 り が 色 濃 く た だ よ う 石 造 物 を は じ め ・ 1 寺 社 、 城 跡 、 旧 道 、 街 並 、 食 物 ー ー ー 近 江 な ら で 近 江 路 散 歩 馭 郎 也 は の 魅 力 を 探 る 。 ( と ん ば の 本 》 定 価 一 二 四 〇 円 東 京 に オ フ ィ ス を 構 え る こ と 十 年 。 知 日 派 の 若 き ト ッ プ が そ の ピ ジ ネ ス 最 前 線 か ら 送 る 、 " 不 わ か 愛 す る サ ム ラ イ 日 本 ・ シ ル 〈 思 議 の 国 ~ 日 本 の ウ ィ ー ク ・ ポ イ ン ト 。 国 際 派 を め ざ す あ な た の 必 読 書 。 定 価 一 〇 三 〇 円 伝 説 や 虚 構 で 飾 ら れ た 赤 摠 浪 士 事 件 か ら 、 そ の 華 や か な 衣 を 剥 い で 裸 に し て み れ ば : : : 。 醜 く ト 本 信 彦 愚 か し く 滑 、 か っ 愛 す べ き 人 間 た ち の 営 み が 裏 表 忠 臣 蔵 〈 黒 い 笑 い 〉 を 誘 う 長 編 小 説 。 定 価 一 一 三 〇 円 赤 い 線 の 入 っ た カ ル テ の 束 が 国 政 を 左 右 す る に 政 府 要 人 の 健 康 管 理 を 極 秘 裡 に 行 う グ ル ー プ に レ ッ ド ラ イ ン ・ カ ル テ 山 崎 光 夫 参 加 を 要 請 さ れ た ド ク タ ー 南 雲 の 苦 悩 。 医 療 の 新 あ ふ し い 側 面 を 焙 り 出 す 小 説 三 編 。 定 価 一 一 一 四 〇 円 み な そ こ 柿 本 人 麿 は 流 罪 刑 死 で 生 涯 を 閉 じ た 。 名 声 赫 々 た る 宮 廷 詩 人 の 悲 劇 を 明 ら か に し 、 そ の 歌 と 万 水 底 の 歌 ( 上 ・ 下 ) 梅 原 孟 豸 葉 集 を 根 源 的 に 再 評 価 。 国 文 学 界 ・ 歌 壇 と 対 決 柿 本 人 麿 論 す る 大 胆 峻 烈 な 梅 原 日 本 学 。 定 価 各 一 三 四 〇 円 ー ス テ ィ ン

人麻呂の暗号


美 し い も の が 天 下 を と る ん や ー ー ー 四 条 河 原 や 北 野 を 沸 か せ た 出 雲 の 阿 国 に ひ ど い 仕 打 ち を 受 け な が ら 敢 然 と 立 ち 向 か う 、 も う 一 人 の 阿 国 の 芸 二 人 阿 国 皆 川 博 子 定 価 一 二 四 〇 円 と 美 を 競 う " 女 の 戦 い 大 仏 さ ん と 鹿 は 知 っ て い て も 、 早 朝 の 飛 火 野 散 歩 や 二 月 堂 か ら 眺 め る タ 日 の 素 晴 ら し さ を 知 っ 入 江 泰 吉 こ ん な に 面 白 い 奈 良 公 園 て い ま す か 。 知 ら れ ざ る 公 園 の 魅 力 を 細 か く 楽 青 山 茂 し く ご 紹 介 ! 《 と ん ば の 本 》 定 価 一 二 四 〇 円 山 口 か ら 青 森 ま で 、 日 本 海 に 接 す る す べ て の 県 一 圷 朝 を ベ テ ラ ン 記 者 が 経 巡 り 歩 き 、 知 ら れ ざ る 名 所 日 本 海 道 西 芸 術 辛 東 一 粡 集 部 一 粡 や 隠 さ れ た 味 と 名 物 を 、 美 し い グ ラ フ と と も に ガ イ ド す る 。 《 と ん ほ の 本 》 定 価 各 一 一 三 0 円 西 洋 医 学 が 黒 船 と と も に や っ て き た ー ー 疫 病 を め ぐ る 民 衆 と 官 憲 の 軋 轢 、 漢 医 と 洋 医 の 対 立 、 , 昭 二 医 師 養 成 の 苦 難 。 わ が 国 の 近 代 医 療 が 確 立 す る 明 治 医 事 往 来 立 ま で の フ ォ ー ク ロ ア を 集 大 成 。 定 価 一 五 五 0 円 江 戸 艶 本 の 発 掘 ・ 研 究 の 第 一 人 者 に よ る 名 作 ガ 。 ハ ロ デ ィ ・ 諷 刺 ・ 抵 抗 : : : 読 め て 初 め て 面 白 い 珍 本 稀 本 四 十 一 作 ! 「 週 刊 新 潮 」 好 評 連 江 戸 艶 本 を 読 む 林 美 一 載 の 「 江 戸 ポ ル ノ 四 十 八 景 」 。 定 価 一 四 四 〇 円 壬 申 の 乱 そ の 他 、 萬 葉 時 代 百 年 の 社 会 状 況 を 劇 的 に 描 き 、 そ こ に 、 名 歌 ・ 秀 歌 を ヒ ュ ー マ ン ド キ 萬 葉 集 と そ の 世 紀 ( 全 三 巻 ) ュ メ ン ト と し て 映 し だ す 。 古 代 史 の 碩 学 の ラ イ フ ワ ー ク 。 書 下 ろ し 作 ロ 叩 。 定 価 各 一 五 五 〇 円 え ほ ん 山 茂 夫

人麻呂の暗号


暗 号 の 解 読 者 た ち 嗚 呼 見 の 浦 に 嘆 息 を 、 潮 騒 に 女 た ち の 慟 哭 を 聞 い た 人 麻 呂 の 耳 。 さ す ま た の 様 に つ き で た 答 志 崎 に 、 釵 の 貞 節 を 刈 る 大 宮 人 の 手 を み た 人 麻 呂 の 目 。 彼 の 耳 が 聞 き 、 目 が 透 視 し た も の を 解 す る 者 た ち は い な か っ た の か 。 万 葉 集 に 残 さ れ た 歌 を 通 し て み る と き 、 そ の 解 読 者 は 遣 新 羅 使 の 中 に い た の で あ る 。 巻 十 五 ( 三 六 一 〇 ) に 次 の 歌 が 記 載 さ れ て い る 。 安 胡 乃 字 良 奈 布 奈 能 里 須 良 牟 乎 等 女 良 我 安 可 毛 能 須 素 奈 之 保 美 都 良 武 賀 鳴 呼 見 浦 が 英 虞 浦 に 、 珠 裳 が 赤 裳 に 代 わ っ て い る だ け で あ る 。 巻 頭 に 遣 新 羅 使 た ち に よ っ て 、 船 中 で 吟 誦 せ る 古 歌 と あ る 。 ま た 、 荒 栲 の 藤 江 の 浦 も 同 じ く 小 異 を も っ て 、 三 六 〇 七 に 載 せ ら れ て い る 。 定 訓 を そ の ま ま 受 け と る な ら ば 、 官 女 た ち の 浜 遊 び の 歌 を 吟 誦 し な が ら 、 新 羅 へ の 船 旅 を 楽 し ん だ と い う こ と に な る 。 し か し 当 時 の 船 旅 が ど ん な に お そ ろ し い も の で あ っ た か は 一 言 う ま で も な い 。 ま た 全 て が 希 ん で 遣 新 羅 使 と な っ た わ け で も な い 。 気 の す す ま ぬ 者 も 多 か っ た こ と は 、 遣 新 羅 使 た ち の 歌 群 ( 巻 十 五 ) か ら も 窺 う こ と が で き る 。 先 進 文 化 を 取 り 入 れ る た め に 、 勇 ん で か 気 が 進 ま ぬ ま ま か 、 船 出 す る 彼 等 を 一 様 に 、 ま ず 待 ち 受 け て い た も の は 、 果 て し な い 荒 海 で あ る 。 遣 使 た ち の 胸 中 に 去 来 し た も の は 、 鳴 呼 見 の 浦 か ら 死 の 船 出 を し 海 潮 に 没 し て い っ た 女 た ち の 運 命 で は な か っ た だ ろ う か 。 紙 藤 江 の 浦 の 、 縄 打 た れ 死 出 の 旅 路 を 行 く 人 麻 呂 の 姿 で は な か っ た だ ろ う か 。 閉 じ こ め ら れ た 船 中 で 、 も う 永 遠 に 陸 地 に は 着 け な い の で は な い か と い う 気 持 ち を い だ い た 彼 等 が 、 同 じ 運 命 に さ ら さ れ た 者 ガ と し て の こ れ ら の 歌 を 吟 誦 す る と き 心 慰 め ら れ る も の が あ っ た の だ ろ う 。 人 麻 呂 の 歌 の 真 意 を よ み と っ た も の は 、 確 か に い た の で あ る 。 こ れ ら の 歌 が 、 遣 使 た ち に よ っ て 船 中 で 吟 誦 さ れ た 意 味 は 、 深 い 251

人麻呂の暗号


) 0 「 あ 、 そ れ か ら 漁 師 の お じ さ ん が ね 、 あ っ ち に 見 え る の が 伊 良 虞 の 島 だ っ て 教 え て く れ た 。 あ の 辺 は 湾 か ら は ず れ て い る か ら 、 い い 魚 が 獲 れ る け ど 、 波 が す ご く 荒 い ん だ っ て 」 す で に 暗 い 三 首 目 の 歌 伊 良 虞 の 島 ー ー ー 人 麻 呂 の 伊 勢 の 歌 の 最 後 の 歌 に 出 て く る 島 で あ る 。 こ ぐ ふ ね に い も の る ら む か あ ら き し ま み を ら ご の し ま へ 潮 左 爲 一 一 五 十 等 兒 之 嶋 邊 榜 船 荷 妹 乘 良 六 鹿 荒 嶋 廻 乎 ( 巻 一 ー 四 一 l) こ の 歌 に は 、 前 の 一 一 首 の 歌 に あ っ た よ う な 、 従 来 の 読 み 下 し と 、 原 文 と の ず れ が あ ま り 感 じ ら れ な 、 。 お そ ら く 、 漢 字 が 積 み 上 げ て い る 不 安 な 雰 囲 気 が 、 す で に 読 み が な に も に じ み 出 て い る か ら で あ 、 い か に も 危 な げ で は な い か 。 四 〇 ・ 四 一 番 の 歌 に は 、 表 面 を な ろ う 。 " 荒 き 島 廻 を 〃 と い う あ た り で る 限 り で は の ど か な 浜 遊 び の 情 景 が あ っ た が 、 こ の 四 二 番 に は " 荒 い ~ と し か 読 み よ う が な い こ と ば が あ る た め か 、 楽 し そ う な ふ り も 許 さ れ な い の だ 。 そ れ だ け で は な し 沖 月 、 。 月 、 八 ロ 、 妹 な ど の こ と ば か 、 前 の 歌 で は 悲 劇 と し て の キ ー ワ ー ド と な っ て い た の で 、 私 た ち も 今 度 は は じ め か ら そ の つ も り で 読 ん で し ま う 。 た と え ば 四 宝 が 潮 に 姿 を 変 え て 再 び 現 わ れ て い る 。 乙 女 の 美 し い 裳 の 裾 に 満 ち て い た 死 の 気 配 で あ っ た ″ 四 宝 % 今 、 " 潮 左 為 ″ と い う 時 に は も う そ の う す 潮 の た だ 中 に い る と い う 印 象 す ら 受 け る 。 ま た 、 潮 の 満 干 と 人 の 生 死 と の 不 思 議 な 関 係 は 、 太 古 か ら 知 ら れ る と こ ろ で あ っ た 。 む し ろ 昔 の 人 間 の 方 が そ う い っ た 自 然 界 の 神 秘 に は 敏 感 だ っ た か ら 、 潮 と い え ば 、 そ れ だ け で 死 の 訪 れ を イ メ ー ジ す る の に ふ さ わ し い こ と ば で は な か っ た か 。 船 も 死 を 象 徴 し て い た の だ っ た 。 そ の 悲 劇 の 主 人 公 た ち Ⅱ 被 害 者 の 乙 女 た ち も 、 今 度 は 妹 と い う 表 し ほ さ ゐ に リ 8

人麻呂の暗号


迫 る 意 を 表 わ し て い る 。 潮 満 つ を 人 麻 呂 は 潮 が ひ た ひ た と 迫 っ て く る 状 態 と 解 し て い る が 、 単 に 潮 が 迫 っ て く る こ と で は な く 、 「 衣 十 」 を う け て 死 が ひ た ひ た と 身 に 迫 り く る こ と を 「 七 」 ( Ⅱ 切 ) で 表 わ し て い た の で あ る 。 須 十 に 「 衣 十 」 ( 死 没 ) を 、 四 宝 三 都 に 「 七 」 ( 切 ) を 表 わ し た の が 、 人 麻 呂 の 数 字 の メ ッ セ ー ジ で あ っ た 。 数 字 を 利 用 し て 、 死 の 忌 み こ と ば と し て の 「 衣 十 ー 切 」 を 巧 み に 表 わ し て い っ た の で あ る 。 官 女 達 の の ど か な 浜 遊 び の 風 景 の 中 に 、 か く し 絵 の よ う な 一 一 文 字 が 見 え る の で あ る 。 暗 号 と は ま さ に こ の よ う な も の で あ っ た 。 女 た ち の 胸 中 に 深 く 封 じ ら れ た 恨 み が 、 か す か な 嘆 息 と な っ て も れ で る 嗚 呼 見 の 浦 。 人 麻 呂 の 耳 は 、 そ の 全 主 ( 嗚 呼 ) の 歎 き を き き と り 、 そ の 目 は 海 潮 に 没 し た 女 た ち の 姿 を 見 て い る 。 つ づ く 歌 で は 女 た ち の 死 の 原 因 が 歌 わ れ る こ と に な る 。 守 節 の あ か し 釵 著 手 節 乃 埼 一 一 今 日 毛 可 母 大 宮 人 之 玉 藻 苅 良 武 ( 巻 一 ー 四 一 ) 女 性 を 表 わ す 珠 裳 に つ づ い て 、 こ こ で は 同 じ く 女 性 を 表 わ す 釵 ( か ん ざ し ) が テ 1 マ に 選 ば れ て い る 。 「 裙 釵 」 は 「 も と か ん ざ し 、 転 じ て 婦 人 」 を 意 味 す る も の で あ る 。 釵 は さ す ま た の か ん ざ し の 足 。 手 節 は 、 ふ た ま た に 分 か れ た 手 指 。 同 型 を 表 わ し た 枕 詞 ー 被 枕 詞 の 紙 関 係 で あ る が 、 結 句 の 苅 も 、 交 差 す る ハ サ ミ の 形 で あ る 。 明 ら か に 前 歌 の 「 切 」 を う け た も の で あ る 。 守 節 の 証 し で あ る か ん ざ し を 著 け た 女 た ち を 、 今 日 も ま た 大 宮 人 は 刈 る 。 ま る で 藻 で も 刈 る か の よ ガ う に 。 貞 節 の 証 し の 釵 、 し か し 皮 肉 に も そ れ と 同 型 の 刃 物 ・ 大 宮 人 の 手 に か か っ て い く 女 た ち 。 そ の ア 死 が 守 節 の 証 し で あ っ た だ け に 、 庫 み と 怒 り が 人 麻 呂 の 中 で 交 叉 し 、 釵 の よ う に 胸 を つ き さ す 。 249

人麻呂の暗号


安 胡 乃 宇 良 奈 布 奈 能 里 須 良 牟 乎 等 女 良 我 安 可 毛 能 須 素 奈 之 保 美 都 良 武 賀 を と め 英 虞 の 浦 に 船 乗 り す ら む 少 女 ら が 赤 裳 の 裾 に 潮 満 つ ら む か ( 巻 十 五 ー 一 二 六 一 〇 ) こ の 三 六 一 〇 番 は 、 少 し ち が い が あ る も の の 、 ま ぎ れ も な く 四 〇 番 の 「 あ み の 浦 」 の 歌 で は な い か 。 他 の 四 首 も 既 に 前 の 巻 に 出 て い た 歌 で あ り 、 い わ ば こ れ ら は リ バ イ バ ル な の だ 。 そ れ も そ の は ず 、 巻 十 五 は 後 に 遣 新 羅 使 に よ っ て 口 誦 さ れ た 歌 を 集 め た も の だ っ た と い う の だ 。 問 題 の 「 嗚 呼 」 が 消 え て い る 。 そ し て 所 在 不 明 の あ み の 浦 が 、 れ つ き と し た 実 在 の 地 名 英 虞 の 浦 に す り 変 っ て い る 。 ま た 、 珠 裳 が 赤 裳 に 変 っ て い る の も 、 当 時 の 女 官 た ち が 通 常 赤 い 裳 を 着 て い た か ら で あ ろ う 。 見 事 に 当 り 障 り の な い 美 し 、 し 、 い わ ゆ る " や ま と こ と ば ~ の 歌 に な っ て い る の で あ る 。 そ も そ も そ う い っ た 意 味 の す り 替 え は 、 元 に な っ て い る 白 文 の 表 記 の し か た の 違 い が 引 き 起 こ し た の で あ ろ う 。 三 六 一 〇 番 は 、 万 葉 後 期 特 有 の 一 字 一 音 の 音 借 仮 名 の 表 記 に な っ て い て 、 こ こ で は 漢 字 は 音 を 示 す 道 具 に 過 ぎ な い 。 音 借 仮 名 で は 、 漢 字 の 意 味 の 方 が あ ま り 目 立 た な い よ う に 、 平 均 的 な あ り ふ 巻 十 五 に 同 じ 歌 が 「 ね え 、 ち ょ っ と 、 こ ん な と こ に も 人 麻 呂 の 歌 が あ っ た よ 」 万 葉 集 の 本 に 指 を さ し 挟 ん だ ま ま 仲 間 の ひ と り が や っ て 来 た 。 そ の 子 が 見 つ け た の は 三 六 〇 六 番 か ら 三 六 一 一 番 ま で の 五 首 だ っ た 。 「 へ え ! そ ん な 後 ろ の 方 に ? 人 麻 呂 の 歌 は 、 万 葉 集 の 初 期 、 巻 一 5 巻 四 に 集 中 し て い る の だ が 、 そ れ ら 五 首 は 巻 十 五 の 中 に あ っ

人麻呂の暗号


を と げ た の か 、 と い っ た こ と が 、 に わ か に 気 に か か っ て く る 。 加 え て 、 柿 本 大 明 神 の 効 験 は 、 安 産 の 神 の 他 、 水 難 の 神 、 眼 病 の 神 、 火 難 の 神 と な っ て い る と い う か ら 、 ま す ま す 摩 訶 不 思 議 で あ る 。 そ の す べ て が 、 人 麻 呂 の 死 の 秘 密 に 関 わ っ て い る と は 思 え な い が 、 人 麻 呂 の 怨 念 に 、 法 え た 人 々 の 顔 が 、 い く つ に も 重 な っ て 見 え て く る 。 さ て 、 人 麻 呂 と 安 産 、 そ こ に は ど ん な 因 果 関 係 が あ る と い う の だ ろ う 。 聞 い て み る と な ん の こ と は な い 、 実 は 、 ヒ ト マ ロ 、 ヒ ト マ ル 、 ヒ ト ウ マ ル ( 人 産 ま る ) と い う 連 想 で 、 安 産 の 神 と し て 祀 ら れ て い る と い う の で あ る 。 と 私 は 思 わ ず 叫 ん で し ま っ た 。 ど う い う 訳 だ か わ か ら な い が 、 毎 年 九 月 一 日 に 人 麻 呂 の 生 誕 祭 ま で や っ て い る と い う 。 ま た も や 奇 妙 な 暗 号 が 現 わ れ た 。 人 麻 呂 の 生 没 に つ い て は 何 一 つ わ か っ て い な い と い わ れ て い る 。 ど ん な 意 味 あ い を こ め て 、 彼 の 誕 生 日 を 九 月 一 日 に 設 定 し た と い う の か 。 そ ん な 時 は 、 九 月 一 日 と 決 め た 人 の 気 持 ち に 立 っ て み る 。 自 分 が そ れ を 決 め た 当 人 だ っ た ら 、 ど う し た か と い う ふ う に 考 え て み る の だ 。 九 と い う 漢 字 は 、 一 か ら 九 ま で の 基 数 の う ち 一 番 最 後 の も の で 、 折 り 返 し 地 点 に い る 数 字 で あ る 。 そ し て 一 は む ろ ん の こ と 、 一 番 最 初 で あ る 。 生 命 が 窮 ま っ て 、 ま た 新 た に 生 ま れ て く る と い う 、 " 人 、 産 ま れ る ~ 神 社 の 神 に 何 と も ふ さ わ し い 誕 生 日 で は な い か 。 漢 字 の 知 識 を 多 少 と も 持 っ て い れ ば 、 誰 に で も で き る 、 い と も 容 易 な 連 想 で あ る 。 漢 字 を 巧 み に 操 っ た 人 麻 呂 が 、 こ こ で は こ と ば 遊 び で 安 産 の 神 と な っ て い る 。 当 の 人 麻 呂 が 知 っ た ら 苦 笑 し そ う な 話 で あ る 。 148