検索 - みる会図書館

検索対象: 兎の眼

兎の眼から 102件ヒットしました。

兎の眼


初 出 / 一 九 七 四 年 七 月 理 論 社 一 九 八 四 年 十 二 月 新 潮 文 庫

兎の眼


332 〈 は じ め に 〉 《 「 学 校 の 先 生 を や め ま す 。 き よ う か ら 、 た だ の オ ッ サ ン に な り ま す 。 さ よ う な ら ほ く が そ う い う と 、 み ん な ポ カ ン と し て い ま し た ナ 。 ぼ く は そ の と き 三 十 七 歳 。 十 七 年 間 み ん な の 友 だ ち で い て 、 あ る 日 ふ い と い な く な っ て し ま っ た の で す か ら 、 み ん な は あ っ け に と ら れ た の で し よ う 。 ・ ・ : : 》 一 九 七 四 年 に 刊 行 さ れ た 『 兎 の 眼 』 理 論 社 版 の 「 あ と が き 」 は 、 そ ん な ふ う に 、 か っ て の 教 え 子 た ち に 宛 て た 作 者 自 身 の こ と ば で 書 か れ て お り ま し た 。 そ し て 一 九 八 四 年 に 刊 行 さ れ た 新 潮 文 庫 の 「 解 説 」 は 、 い わ ば 児 童 文 学 者 と し て 先 輩 で あ り 僚 友 で も あ る 今 江 祥 智 さ ん に よ っ て こ ん な ふ う に 書 か れ て い る の で す 。 《 灰 谷 さ ん が 教 師 を 止 め て 、 こ う し た ″ 学 校 も の 〃 を 書 い た こ と に つ い て 、 現 場 か ら 逃 げ 受 難 者 た ち へ の エ ー ル ー ー ー 名 作 『 兎 の 眼 』 の 座 標 小 宮 山 量 平 ( 作 家 )

兎の眼


334 花 し ま し た が 、 と り わ け 文 学 の 世 界 で は 大 正 末 期 か ら 昭 和 初 頭 に か け て 、 い わ ゆ る 新 感 覚 派 的 な 創 作 方 法 上 の 新 風 が 生 ま れ て 、 従 来 の 日 本 文 学 に お け る 自 然 主 義 や 私 小 説 風 の 停 滞 に 刺 激 を 与 え た も の で す 。 中 で も 当 時 の ロ シ ア 革 命 の シ ョ ッ ク を 母 胎 と し て 世 界 的 に 急 速 に 燃 え ひ ろ が っ た プ ロ レ タ リ ア 文 学 と い う 巨 き な う ね り は 、 第 一 次 世 界 大 戦 を 引 き 起 こ し む じ ゅ ん た 社 会 的 な 矛 盾 そ の も の を 、 つ ま り 、 資 本 主 義 社 会 の 発 展 に つ れ て 深 ま る 貧 富 の 差 や 、 階 級 的 対 立 の 激 化 や 、 民 衆 の 心 に 燃 え さ か る 革 命 へ の 目 覚 め な ど 、 そ れ ら す べ て を 文 学 的 創 造 の 活 力 と し て 取 り 入 れ る こ と を 、 現 代 文 学 の 避 け 難 い 課 題 と し て 高 く か か げ た の で し た 。 け れ ど 面 白 い こ と に 、 新 感 覚 派 の 第 一 人 者 と 目 さ れ た 横 光 利 一 も 、 プ ロ レ タ リ ア 文 学 の 申 し 子 の よ う に 出 現 し た 小 林 多 喜 二 も 、 そ の 秀 れ た 作 家 的 資 質 を 現 す に 当 た っ て 、 ス ト レ ー ト に 当 時 の 外 来 的 な 思 想 や 潮 流 に の め り 込 む の で は な く 、 そ の こ ろ 既 に 「 小 説 の 神 様 」 な ど と 仰 が れ て い た 志 賀 直 哉 の 諸 作 品 に こ だ わ り つ づ け る の で し た 。 , 彼 ら は 先 ず 、 受 け 継 ぐ べ き 、 そ し て 克 服 す べ き 第 一 の 目 標 と し て 、 志 賀 直 哉 を 深 く 尊 敬 し つ つ 激 し く 挑 戦 し た の で す 。 そ れ と い う の も 、 当 時 の 欧 米 文 学 か ら の 強 大 な 外 圧 の ま っ た だ 中 で 、 い わ ば 絶 対 的 な 自 我 肯 定 に 徹 し て 、 日 本 文 学 の 内 部 に 独 得 の 硬 質 な 実 を 頑 な に 結 ん で い た 志 賀 文 学 こ そ が 、 彼 ら を 引 き つ け た の で し た 。 本 来 な ら ば 第 一 次 世 界 大 戦 の も た ら し た ト ラ ウ マ の 疼 き を 反 映 し て 、 さ ま ざ ま の イ デ オ ロ ギ ー 的 諸 潮 流 に 捲 き 込 ま れ て 然 る べ き 時 期 に 、 わ が 志 賀 文 学 ほ ど 言 葉 少 な に 、 天 性 の 作 家 的 気 質 そ の ま ま が 刻 み つ け ら れ た 作 品 は 少 な い で し よ う 。 あ え て 一 一 一 一 口 え ば 、 自 分 の 好 み に

兎の眼


た と い う 声 を 聞 い た こ と が あ っ た が 、 そ う で は な い だ ろ う 。 本 と い う 「 証 拠 」 を 残 す か ら 、 か え っ て 自 分 の 生 き つ ぶ り や ら 思 想 と い っ た も の を 人 の 目 に 晒 す こ と に な り 、 か え っ て し ん ど い の で は な い だ ろ う か 。 し か も 、 ど の 作 品 で も 灰 谷 さ ん は ( 。 と う や ら 「 教 育 者 」 の 姿 勢 を 崩 さ な い で い る よ う に 思 え る か ら 、 余 計 そ う 考 え て し ま う の で あ る 。 そ し て 今 度 の 角 川 文 庫 版 に は 、 最 初 の 理 論 社 版 の 編 集 者 を つ と め た 私 が 「 解 説 」 を 書 く と い う め ぐ り あ わ せ と な っ て し ま い ま し た 。 思 え ば あ れ か ら 、 ち ょ う ど 四 半 世 紀 の 年 月 が 流 れ 去 っ て お り ま す 。 そ の 間 変 り も な く 引 き つ づ い て 多 く の 読 者 た ち に よ っ て 愛 読 さ れ て き た こ と を 思 え ば 、 わ が 『 兎 の 眼 』 は 既 に 定 評 を 得 て 、 輝 か し い 「 名 作 ー の 位 置 を 占 め て き た こ と を 物 語 っ て い る の で し よ う 。 で は 、 そ れ が ど ん な 意 味 で の 「 名 作 ー で あ る の か 、 今 や 単 な る 児 童 文 学 の 枠 を 越 え て 、 現 代 日 本 文 学 総 体 の 流 れ の 中 で こ の 作 品 の 占 め る 座 標 を 考 え て み た い と の 思 い が 、 改 め て う ず 「 私 の 心 に 疼 く の で す 。 工 〈 〈 第 一 次 世 界 大 戦 の ト ラ ウ マ か ら 〉 ち 都 お お ざ 0 ば に 現 代 文 学 と 言 え ば 、 何 と し て も 第 一 次 世 界 大 戦 ( 一 九 一 四 5 一 八 ) と い う お お ト ラ ウ マ 受 世 紀 初 頭 の 巨 き な 社 会 的 シ ョ ッ ク を 受 け て 、 そ の 精 神 的 傷 害 の よ う に 発 生 し た さ ま ざ ま の 潮 流 を 思 わ ず に は い ら れ ま せ ん 。 あ の 時 代 の 危 機 感 を 反 映 し て 、 ダ ダ イ ズ ム だ の 未 来 派 だ の 表 現 主 義 だ の と い っ た さ ま ざ ま の モ ダ ニ ズ ム が 、 絵 画 や 演 劇 の 世 界 に は い ち は や く 開 さ ら

兎の眼


「 六 歳 の ( = 博 士 、 お と な 顔 ま け の 業 績 、 保 健 所 も 手 を や く ( = 、 一 目 で 発 生 場 所 を 見 破 新 聞 は 大 き な 活 字 で 、 鉄 三 の 研 究 を 報 道 し た 。 鉄 三 が ( = の ビ ン を の そ き こ ん で 、 記 録 を と っ て い る 写 真 も の せ て あ っ た 。 ( ム エ 場 の ( 退 治 の 話 、 一 年 生 の 鉄 三 が ( = の 生 態 を 系 統 的 に 調 べ て い る こ と 、 い ま 研 究 し て い る の は 、 ( = に 色 の 好 み が あ る か ど う か と い う こ と な ど 、 新 聞 の 記 事 に し て は か な り く わ し く か か れ て あ る の だ っ た 。 同 じ 新 聞 の 社 会 面 に や は り 大 き な 見 出 し で つ ぎ の よ う な 記 事 が 報 道 さ れ た 。 「 ぼ く た ち は ご め ん だ 、 塵 芥 処 理 所 の 移 転 に 反 対 し て 登 校 を 拒 否 , 新 聞 を 読 ん だ 人 た ち は 、 こ の 二 つ の 記 事 に 同 じ 人 間 が 出 て く る こ と な ど 思 0 て も み な か 校 長 先 生 は 新 聞 を 読 む と 頭 を か か え こ ん で し ま 0 た 。 一 つ の 新 聞 に 名 ま え が 二 度 も 出 た の は こ の 校 長 先 生 が は じ め て だ っ た ろ う 。 眼 足 立 先 生 は 、 ぼ ん ぽ ん ひ ざ を た た い て よ ろ こ ん だ 。 鉄 三 の 記 事 は も ち ろ ん う れ し い 、 処 の 理 所 の こ と も こ う な れ ば 、 お お や け に な っ て 黒 白 を つ け て も ら う 方 が す っ き り し て い し 兎 そ ん な 気 持 ら し か っ た 。 小 谷 先 生 は い つ ま で も 鉄 三 の 写 真 を な が め て い た 。 い ろ い ろ な 思 い が い ち ど に お し よ せ て き た の だ ろ う 。 っ こ 0 じ ん か い

兎の眼


応 じ て 気 の 済 む ま で 手 間 ひ ま を か け て 、 硬 質 に 磨 き 上 げ る ー ー そ ん な 「 わ が ま ま な 」 作 風 こ そ が 、 志 賀 文 学 に 結 晶 し た 倫 理 性 で あ り 、 潔 癖 性 で あ っ た と 言 え る の で し よ う 。 だ か ら 横 光 利 一 の よ う に 新 し い 作 風 を 引 っ 提 け て 志 賀 文 学 に 激 突 し た 新 鋭 も 、 け つ き ょ く は 何 か に つ け て た だ 「 は っ き り と 頭 に 思 い 浮 か べ て 書 く 」 と い う だ け の 潔 癖 性 に 頭 を 下 げ ず に は い ら れ な か っ た の で し よ う 。 そ し て 同 じ こ ろ 、 昭 和 三 年 か ら 四 年 に か け て 『 蟹 工 ・ 三 ・ 一 五 』 と い う 二 作 を 発 表 し て 、 。 フ ロ レ タ リ ア 文 学 の 申 し 子 の よ う 船 』 と 『 一 九 二 八 に 注 目 を 浴 び た 小 林 多 喜 二 が 、 忽 ち 特 高 警 察 の 弾 圧 の も と に 地 下 に 潜 入 し 、 そ ん な 社 会 的 自 我 に 激 し く 揺 さ ぶ ら れ な が ら も 、 秘 か に わ が 「 小 説 の 神 様 ー の 絶 対 的 な 自 我 肯 定 ぶ り に 対 し 、 つ つ ま し い 問 い か け を し た も の で す 。 昭 和 六 年 当 時 の 志 賀 直 哉 と 小 林 多 喜 二 の そ の し よ か ん 秘 か な 往 復 書 翰 が 公 開 さ れ た 時 に は 、 つ ま り 昭 和 八 年 二 月 二 十 日 に 東 京 築 地 署 で 既 に 虐 殺 さ れ て 、 若 い 作 家 は 二 十 九 歳 四 カ 月 の 前 途 あ る 生 命 を 断 た れ て お り ま し た 。 そ し て 志 賀 直 哉 の も う 一 つ の 簡 潔 な 倫 理 的 な 言 葉 だ け が 、 私 た ち の 心 に 末 長 く 刻 ま れ て 遺 る こ と と な り の ま し た 。 「 文 学 は 主 人 持 ち で あ っ て は な ら な い と 思 い ま す 。 」 ち 第 一 次 世 界 大 戦 の ト ラ ウ マ が も た ら し た 貧 困 や 弾 圧 に 対 し て 、 プ ロ レ タ リ ア 文 学 と い う さ さ 都 主 人 持 ち の 文 学 に 身 命 を 捧 げ つ く し た 若 い 作 家 小 林 多 喜 二 は 、 尊 敬 す る 「 小 説 の 神 様 」 の 受 そ ん な ア ド バ イ ス を 忠 実 に 心 に 刻 み つ け 、 そ の 証 し の よ う な 作 品 の 幾 つ か を 更 に 残 し な が ら 、 と も す れ ば 忘 れ 去 ら れ よ う と し て い る の で す 。 た ち ま

兎の眼


う さ ぎ め 兎 の 眼 は い た に け ん じ ろ う 灰 谷 健 次 郎 5 平 成 十 年 三 月 一 一 十 五 日 初 版 発 行 平 成 二 十 五 年 五 月 二 十 五 日 二 十 九 版 発 行 発 行 者 ー 井 上 伸 一 郎 発 行 所 ー 株 式 会 社 角 川 圭 店 東 京 都 千 代 田 区 富 士 見 一 一 ー 十 三 ー 三 電 話 ・ 編 集 ( 〇 一 一 l) 三 二 三 / 、 八 五 五 五 併 - 〒 一 〇 二 ー 八 〇 七 八 7 一 8 ) 9 「 ー 。 発 売 元 ー 株 式 会 社 角 川 グ ル ー プ ホ ー ル デ ィ ン グ ス 1 9 、 東 京 都 千 代 田 区 富 士 見 二 ー 十 三 ー 三 電 話 ・ 営 業 ( 〇 三 ) 三 二 三 八 八 五 二 一 文 〒 一 〇 二 ー 八 一 七 七 http://www.kadokawa.co.j て 0 印 刷 所 ー 旭 印 刷 製 本 所 装 幀 者 ー 杉 浦 康 平 本 書 の 無 断 複 製 ( コ ピ ー 、 ス キ ャ ン 、 デ ジ タ ル 化 等 ) 並 び に 無 断 複 製 ◎ 物 の 譲 渡 及 び 配 信 は 、 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 禁 じ ら れ て い ま す 。 ま た 、 本 書 を 代 行 業 者 等 の 第 三 者 に 依 頼 し て 複 製 す る 行 為 は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 で の 利 用 で あ っ て も 一 切 認 め ら れ て お り ま せ ん 。 落 丁 ・ 乱 丁 本 は 角 川 グ ル ー プ 受 注 セ ン タ ー 読 者 係 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 定 価 は カ バ ー に 明 記 し て あ り ま す 。 は 20-1

兎の眼


三 代 に わ た る 真 田 一 族 を 側 面 か ら 描 き 、 戦 国 武 士 井 上 靖 の 心 理 を 活 写 し た 表 題 作 の 他 、 「 篝 火 , 「 高 嶺 の 花 。 真 田 軍 記 「 犬 坊 狂 乱 」 「 森 蘭 丸 ー の 戦 国 に 取 材 し た 4 編 を 収 録 。 戦 国 時 代 、 武 田 と 徳 川 の 攻 防 の 中 で 出 逢 う 三 人 の 靖 男 と 三 人 の 女 。 無 情 な 歴 史 と 人 間 の 姿 を 詩 情 溢 れ 風 と 雲 と 砦 新 装 版 井 上 る 筆 致 で 浮 き 彫 り に す る 、 歴 史 人 間 ド ラ マ の 傑 作 。 娘 の 死 を 受 け 入 れ ら れ な い 父 親 が 、 ヒ マ ラ ヤ で 月 靖 を 観 、 十 一 面 観 音 を 巡 り な が ら 哀 し み を 癒 や し て セ 星 と 祭 国 国 新 装 版 井 上 ゆ く 。 親 子 の 愛 と 死 生 観 を 深 く 観 照 し た 傑 作 長 篇 。 浅 井 家 の 長 女 と し て 生 ま れ 、 一 家 を 滅 し た 仇 敵 ・ ス 靖 秀 吉 の 側 室 と な っ た 淀 ど の 。 悲 運 の 生 涯 を 誇 り 高 淀 ど の 日 記 新 装 版 井 上 べ く 生 き 抜 い た 姿 を 描 い た 、 野 間 文 芸 賞 受 賞 作 。 庫 江 戸 か ら 三 日 を 要 す る 山 間 の 村 で 、 生 ま れ て 間 も ゅ う 宇 江 佐 真 理 な い 庄 屋 の 娘 ・ 遊 が 雷 雨 の 晩 に 掠 わ れ た 。 十 数 年 紋 雷 桜 後 、 狼 少 女 と し て 帰 還 す る が : ・ 。 感 動 の 時 代 長 編 。 角 別 れ た 恋 人 の 新 し い 恋 人 と の 突 然 の 同 居 。 い と お 江 國 香 織 し い 彼 は 、 新 し い 恋 人 に 会 い に う ち に や っ て く る 落 下 す る タ 方 ・ 。 新 世 代 の 空 気 感 溢 れ る 、 リ リ カ ル ・ ス ト ー リ ー 子 供 か ら 少 女 へ 、 少 女 か ら 女 へ : ・ 時 を 飛 び 越 え て 江 國 香 織 浮 か ん で は 留 ま る 遠 近 の 記 憶 : ・ 。 い と お し く 、 か 泣 か な い 子 供 け が え の な い 時 間 を 綴 っ た エ ッ セ イ 集 。

兎の眼


う っ て な 鉄 ち な 子 ち あ 191 な ナ ほ た か 先 ら ナ へ ま っ 引 は 小 。 た ん ま 。 て い 谷 っ た 先 身 っ き わ ま や は 。 を か ら や る い か て だ ん ん 、 ら 、 し で な い と 。 な び じ 。 て つ じ い さ ゃ な い た た ん い に 円 げ み ち し 、 み カ 先 生 生 な た つ ん や げ は 小 が は が 岩 子 ~ 力 、 谷 腰 し っ た わ か さ た 力 、 か の だ 生 て い ふ か た し 咼 い 海 ん を い お わ た 目 艮 - 亠 ・ 、 り し ダ で し 笑 て 生 か ら た て た 、 る つ チ ど だ に て に る を げ 小 る ら / い し 先 ん る 谷 の た る み 手 は の 潮 い ん て だ 生 に キ 子 鉄 は の な は お い か や そ ふ を じ 子 ゾ 谷 で ん い ど へ ま 生 ま 笑 砂 い さ や わ く し な を た か て ま 歩 し っ た や 沖 ま ク ) 、 波 て く つ う た 、 ら 、 ん お し 、 。 い ま ノ メ 、 ん 子 ら ん ち 。 向 な し 、 お じ さ ん お じ さ ん の い た お さ 。 ん し も い く 。 ん か 、 騒 し っ う 、 ひ ど 眼 い る ひ ど み ん つ し を な 、 に や け さ せ て お い て ク じ さ を よ た り の も れ て 、 あ て る ク じ さ ん は し 、 を し と チ ロ ひ て に ち も 海 だ 冫 こ く げ に て 、 ら ん ク い に を ろ ロ 。 ひ も は ク じ し さ に つ ま 尸 し 、 鉄 ク も ん と う 冫 こ い わ が る い 先 お よ ら ど ん た で た を し げ て / 」 、 く だ み か わ 、 な ほ 子 力 笑 か 局 、 い る 先 も か 、 け く る を し て ナ 生 を ら て ん お し や べ り は け が げ せ で く よ も 。 先 う い に わ ん て つ な 笑 つ 浜 ん ち 広 子 を ニ 生 を を か 鉄 、 に 三 子 る 。 な 生 は オ ど で つ を も ほ つ て る そ 力 、 ぇ は た 白 る 手 み 砂 て 。 と 鳥 ら 先 げ る を く に ね け て フ 。 げ と ヤ ア キ ヤ ア て る り と つ 鉄 ま 。 を な て よ う に る ン と う き の ま 。 し を 長 ち 生 し 、 。 を な 。 を せ な お に 走 ま の 。 中 へ い げ て て る 、 先 す は り す い い び 円 あ い げ 小 く 才 つ は か た 小 て 鉄 谷 髪 ん そ カ か に を っ て 谷 先 先 。 そ う と オ こ っ 、 な そ な ず に み い る 子 。 も ん , 生 か あ の カ う ま し ち や メ よ 、 あ ち や

兎の眼


190 「 み な 子 ち ゃ ん 、 ぐ あ い は ど う で す か ー と 小 谷 先 生 が い う と 、 み な 子 は す ぐ 笑 顔 に な っ て 小 谷 先 生 の 手 を さ わ り に き た 。 「 あ ら 、 み な 子 ち ゃ ん 、 あ な た だ い ぶ 熱 が あ る じ ゃ な い の 」 「 え え 、 ど う い う ん で す か ね 。 こ う い う 子 は 熱 な ん か あ ま り 気 に な ら な い ん で し よ う か ね 。 八 度 、 九 度 と あ が っ て も 、 こ ん な ち ょ う し な ん で す よ 」 「 み な こ ち ゃ ん 、 い つ も と お な じ よ 、 せ ん せ い 」 と 道 子 が い っ た 。 「 で も 、 あ ま り 長 く 遊 ん で い る と 、 み な 子 ち ゃ ん の 病 気 に よ く な い か ら 、 も う す こ し い た ら か え り ま し よ う ね 小 谷 先 生 は つ ら い 思 い が し た 。 も う す ぐ 、 こ の 子 た ち に 別 れ の か な し さ を 味 わ わ せ な く て は な ら な い と 思 う と 、 自 分 が た い へ ん に ざ ん こ く な こ と を し て い る よ う に 思 え た 。 そ の 夜 、 小 谷 先 生 は 夢 を 見 た 。 ど こ か 遠 い 海 だ っ た 。 そ れ は サ ン ゴ 礁 の 海 だ っ た ろ う か 。 は る か 沖 合 は 白 く 波 立 っ て 、 か げ ろ う の 羽 音 の よ う な 潮 騒 が 、 か す か に き こ え て き た 。 ま っ 白 な 砂 は い っ か 波 に あ ら わ れ て 、 ゆ ら ゆ ら ゆ ら い で い る 。 コ バ ル ト ブ ル ー の 海 は 少 女 の 眼 の よ う に 、 ふ か く 、 や さ し か っ た 。 み ど り の つ る が 、 砂 浜 に 足 を の ば し て い る 。 淡 紅 色 の 小 さ な ラ ッ パ は 、 ひ る が お の 花 で 、 天 を 向 い て か わ い い 演 奏 を し て い る 。 こ の 海 は ど こ だ ろ う 。 赤 い カ ニ が 二 匹 に げ し お さ い