検索 - みる会図書館

検索対象: 海猫〈上〉 (新潮文庫)

海猫〈上〉 (新潮文庫)から 131件ヒットしました。

海猫〈上〉 (新潮文庫)


新 海 上 潮 文 庫 巻 谷 村 志 穂 著 新 0 潮 社 乃 巧 版

海猫〈上〉 (新潮文庫)


上 こ 井 田 海 新 潮 文 庫 た - 79 - 1 0 平 成 十 六 年 九 月 一 日 発 行 平 成 十 六 年 十 月 五 日 四 刷 9 む ら ↓ ↑ 著 者 谷 発 行 者 佐 藤 隆 信 藤 皿 本 発 行 所 株 試 新 潮 土 製 社 会 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 株 卩 編 集 部 ( 〇 一 一 l) 三 二 六 六 ー 五 四 四 〇 電 話 晃 読 者 係 ( 〇 一 一 l) 三 二 六 六 ー 五 一 一 一 4 http://www.shinchosha.co.jp 価 格 は カ バ ー に 表 一 小 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 読 者 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 た に し

海猫〈上〉 (新潮文庫)


と 、 広 次 は 言 っ た 。 「 幸 子 、 宿 屋 を や め た い っ て 言 っ て る ん だ 。 俺 の 方 に は 、 そ ん な 気 は ね え っ て 言 っ て あ ん だ け ど よ 」 「 : : : 男 と 女 は 難 し い ん だ な 」 孝 志 は 、 わ か っ た よ う な 口 を 利 い た が 、 そ の と き な ぜ か 鼓 動 が 高 鳴 る の を 覚 え 、 三 日 月 を 見 上 げ た 。 広 次 が そ う 言 い 放 っ た こ と で 、 幸 子 の 悲 し さ が よ け い に く つ き り し て し 愛 ま っ た よ う だ っ た 。 の 雪 白 今 年 も 函 館 港 に 、 色 と り ど り の 紙 テ 1 プ が 、 北 洋 の 大 船 団 と 岸 を つ な い で い た 。 せ き 章 広 次 は 、 総 数 二 十 三 隻 、 一 隻 で 七 百 人 を 乗 せ る 船 団 員 の 一 人 に な り 、 汽 笛 の 音 と と も 第 に 港 を 出 て い っ た 。 潮 焼 け し た い か つ い 男 た ち の 中 で 、 広 次 は や は り 自 分 を 取 り 戻 し た た く ま か の よ 、 つ に 逞 し い 。 孝 志 と 幸 子 が 岸 に 並 び 、 甲 板 に 身 を 乗 り 出 し て 手 を 振 る 広 次 を 見 送 っ た 。 船 乗 り た ち は 、 今 ま さ に 大 洋 で の 新 し い ス タ ー ト を 迎 え た が 、 残 さ れ た 見 送 り の 者 た ち は 、 た だ ゆ っ く り と 体 を 押 し 合 っ て 道 を 作 り 、 港 か ら 混 雑 を 抜 け 出 し 、 散 り 散 り に 帰 宅 し て い く だ け だ 。 足 下 に は 踏 み 付 け ら れ た 無 数 の テ ー プ が 巻 き 付 い て い る 。 人 ご み に か ば 押 し 流 さ れ な い よ う に 、 孝 志 は 痩 せ た 体 だ が 、 腕 を 伸 ば し て 幸 子 を 庇 う よ う に 歩 い た 。

海猫〈上〉 (新潮文庫)


薫 は 、 大 き な 声 を あ げ て 、 邦 一 の 引 き 締 ま っ た 背 に し が み つ き 、 爪 を 立 て た 。 自 分 で も 思 わ ぬ よ う な 声 を あ げ た の か 、 目 が 合 う と か す か に 震 え た 。 「 痛 い の か ? 」 驚 い た の は 邦 一 の 方 で 、 自 分 の 重 み の 下 に あ る 花 嫁 に 声 を か け た が 、 薫 は 透 き 通 る よ う な 肌 を 紅 潮 さ せ て 邦 一 を 見 上 げ 、 長 い 手 足 で さ ら に そ の 汗 の 浮 き 始 め た 体 に し が み つ い て き た 。 淡 い 色 の 目 に 刺 激 さ れ て 邦 一 が 動 く と 、 薫 は ま た 、 遠 く の 海 に 流 さ れ て い く 愛 か の よ う に 長 く 尾 を 引 く 声 を あ げ た 。 の 雪 白 薫 は 、 朝 か ら よ く 食 べ る 嫁 だ と 赤 木 の 家 の 姑 た ち は 面 白 が っ た 。 章 新 年 を 迎 え て 、 穏 や か な 冬 だ っ た 。 第 浜 に 面 し た 古 い 家 の 中 で は 、 だ る ま ス ト 1 プ の 中 で 薪 が く す ぶ る 音 と 、 そ の 上 に の せ た 薬 缶 が ふ く 音 だ け が し て い る 。 た ら さ け と 村 の 漁 師 た ち は 、 夏 に は 昆 布 を 採 り 、 秋 口 に は 烏 賊 や 鱈 や 鮭 を 獲 る 。 冬 の 一 番 厳 し い 時 期 は 、 部 屋 の 中 で す る め を の す く ら い で 、 特 に す る こ と も な い 薫 は ち ょ う ど そ ん な 時 期 に や っ て き た 嫁 だ っ た 。 邦 一 の 母 の み さ 子 は 、 は じ め は 取 り 澄 ま し た 姿 形 の 嫁 さ ん が 来 る も ん だ っ け 、 と 内 心 穏 や か で は な か っ た の だ が 、 何 し ろ 何 で も 美 味 し い 美 味 し い と 言 っ て よ く 食 べ る も の だ つ め

海猫〈上〉 (新潮文庫)


「 よ う く 獲 っ た な 。 え れ え え れ え 。 こ ん な こ ま い う ち か ら 蛸 獲 れ る っ て い う の は 、 大 し た も ん だ よ : ・ ・ : 」 薫 は 聞 こ え て き た そ の 声 に く す っ と 笑 い 、 ふ た た び 浜 で 全 裸 で 泳 ぐ 日 に 焼 け た 子 供 た ち を 見 た 。 男 も 女 も な く 素 っ 裸 で 、 水 面 に 飛 び 上 が っ た り 、 あ つ ぶ あ つ ぶ と 呼 吸 す る 姿 は 、 い か に も 浜 の 子 供 た ち だ っ た 。 邦 一 も 、 き っ と そ う し て 育 っ た の だ ろ う 。 義 母 の み さ 子 も 、 蛸 を 獲 る の は う ま い も の だ っ た 。 昆 布 干 し が 終 わ り 、 ち ょ っ と 時 間 に 空 き が で き る と 、 義 母 は 下 着 姿 で 、 庭 の キ ュ ウ リ で も 摘 み に 行 く か の よ う に 海 へ 入 っ て い っ た 。 蛸 や 雲 丹 や 、 様 々 な も の を 獲 っ て き て 、 夕 食 に 並 べ る の だ 。 薫 は 、 ま だ こ の 海 に 体 を 沈 め て い な い だ が こ う し て 風 を 浴 び 、 潮 を 呼 吸 し て い る こ と で 、 少 し ず つ こ の 海 に 馴 染 ん で い る の 海 を 感 じ る 。 今 年 は 豊 漁 だ っ た と 、 昨 夜 は 、 邦 一 か ら 聞 か さ れ た 。 明 り を 消 し て 、 一 つ 布 団 に 入 ろ う と し て い た と き の こ と だ っ た 。 「 漁 の 間 は 気 が 立 っ て い て 、 驚 い た か も し ら ね 。 ん だ は 、 も し 今 年 、 こ れ で 漁 が 悪 い と 新 し く 入 っ て き た お 前 が 何 言 わ れ る か わ か ら ね 。 そ れ で 今 年 は 俺 、 絶 対 に 負 け ら れ ね え と 思 っ た か ら 」 邦 一 は そ う 言 い 、 薫 の 隣 で 煙 草 に 火 を つ け る と 、 甘 え た よ う な 表 情 を 浮 か べ た 。 そ し 猫 ふ と ん

海猫〈上〉 (新潮文庫)


は 田 5 っ た が 、 ふ と 赤 い 郵 便 ポ ス ト の 横 に 立 つ 人 影 を 見 つ け た 。 豹 柄 の 派 手 な コ 1 ト に 赤 い 傘 と プ ー ツ を は い た 幸 子 だ っ た 。 「 あ れ 、 幸 ち ゃ ん 、 も う 来 て た つ け ? 」 孝 志 は 小 包 を 抱 え て 走 る 。 新 し く 降 り 積 も っ た 雪 に 、 足 跡 が つ い て い く 。 「 な ん だ か 早 く 来 ち ゃ っ た の 。 と く に や る こ と も な か っ た か ら 」 「 顔 色 す っ か り よ く な っ た な 」 猫 手 を 伸 ば し て 頬 に 触 れ た 。 そ し て 言 っ た 。 「 俺 と 結 婚 し て 欲 し い 。 母 さ ん に も 、 連 れ て く っ て い っ と い た 」 「 結 婚 ? 幸 子 は ほ て っ と し た 唇 を 半 開 き に し て 、 驚 く 。 海 「 あ あ 、 そ う だ 」 「 本 当 に ? 「 冗 談 で 、 こ ん な こ と い う か ? 俺 も ま だ 若 い し 、 幸 ち ゃ ん も ま だ 若 い け つ ど 、 俺 決 め た ん だ 。 俺 は 幸 ち ゃ ん が い な い と だ め だ 」 幸 子 は 頬 を 紅 潮 さ せ る と 、 目 を つ ぶ っ て 涙 を こ ば し た 。 「 あ ん た は ど う し て そ ん な に 優 し い の 」 「 幸 ち ゃ ん が 優 し い か ら さ 。 さ 、 行 こ う 。 そ の 前 に 郵 便 局 さ 、 つ き あ っ て 」 ひ ょ う が ら

海猫〈上〉 (新潮文庫)


猫 海 う る ほ っ と し な が ら 、 孝 志 は ど き っ と し て い た 。 姉 の あ の 潤 ん だ よ う な 目 。 姉 さ ん は 、 何 に で も 深 刻 だ か ら 、 人 を 追 い 詰 め る と こ ろ が あ る 。 姉 さ ん は 、 自 分 で そ れ を 知 ら な い ん じ ゃ な い だ ろ う か 。 孝 志 は な か な か 寝 付 け な か っ た 。 宴 会 は 続 い て い た が 、 新 郎 と 新 婦 は 午 前 三 時 の 頃 に は 、 分 家 の 奥 座 敷 に 用 意 さ れ た 婚 礼 用 の 寝 具 の 方 に 案 内 さ れ た 。 分 家 は 二 人 だ け の 部 屋 に な っ た 。 村 の 女 た ち の 手 で 、 薫 の 角 隠 し と 衣 装 が 降 ろ さ れ る と 、 新 郎 と 新 婦 は い よ い よ 二 人 き り に な っ た 。 部 屋 は す で に ス ト ー プ で 暖 め ら れ て お り 、 時 折 薪 の 音 が ぶ す ぶ す っ と 響 く だ け で 、 こ け ん そ う こ に は 本 家 の 喧 騒 も 響 い て は 来 な か っ た 。 す ぐ 背 後 に 控 え た 海 か ら の 荒 い 潮 の 音 が 、 時 折 大 き く 轟 い た 。 邦 一 は 海 の 男 ら し く 照 れ も せ ず に 自 分 の 着 物 を は ぐ と 、 よ く 焼 け た 引 き 締 ま っ た 輝 く よ う な 胸 の 中 に 薫 を 抱 き す く め た 。 薫 は 、 そ れ か ら ど う し た ら い い の か わ か ら な か っ た じ ゅ ば ん が 、 お そ ら く 自 分 も 同 じ よ う に 襦 袢 を 脱 げ ば よ い の だ ろ う と 、 裸 に な っ た 。 邦 一 は 、 そ の あ ま り に 澄 ん だ 色 の 肌 に 魅 せ ら れ て い た 。 痩 せ た 体 は 、 手 を か け る と 冷 た く 、 び く り と 震 え た 。 そ の 震 え が 、 邦 一 を 奮 い 立 た せ た 。 白 い 体 は 、 彼 の 荒 々 し さ の 中 に 戸 惑 い な が ら も 、 少 し ず つ 少 し ず つ 、 大 き く 確 か な 温 も り を 飲 み 込 ん で い く よ う だ っ た 。 と ど ろ ま き

海猫〈上〉 (新潮文庫)


「 や け に 悲 し そ う な の ね 」 あ き 「 別 に 悲 し く な ん て な い さ 。 俺 は た だ 、 呆 れ て ん だ 自 分 自 身 に さ 」 め じ り し わ 女 は 目 尻 に 皺 を 寄 せ て 笑 っ て い る 。 年 の 頃 な ら 、 四 十 く ら い な の だ ろ う か 。 黒 い ワ ニ 革 の 豪 勢 な バ ッ グ を 腕 か ら 下 げ て い た 。 「 あ ん た も 一 人 ? 孝 志 は 訊 く 。 年 上 の 女 の 扱 い な ら 慣 れ て い る 。 母 に し ろ 、 姉 に し ろ し よ せ ん は 女 な の 猫 だ と 、 い つ も 思 わ さ れ て き た か ら だ 。 「 見 て ご ら ん な さ い 、 今 日 は 星 が あ ん な に き れ い よ 」 女 は 夜 の 空 を 指 す 。 船 か ら 見 る 星 空 は 、 海 と つ な が っ て ド ー ム の よ う に 見 え る 。 す べ て が 暗 黒 の な か に あ り 、 星 と 、 進 ん で い く 船 の 明 り だ け が 輝 い て い る の だ 。 海 「 こ れ で こ ん な に 揺 れ な き や 、 こ の 船 も 最 高 な ん だ け ど 、 い や ね 」 「 人 を 乗 せ す ぎ だ よ 。 俺 は 吐 い ち ま い そ う だ っ け 。 も っ と も ろ く な も ん 喰 っ て も ね え ん だ け ど さ 」 「 フ フ つ 。 若 い っ て い い わ ね 」 「 よ く な い よ 、 最 悪 さ 」 「 い い わ よ 、 そ の と き に は 気 が っ か な い だ け 。 ね え 、 こ こ に ず っ と い ち ゃ 潮 水 で び し ょ 濡 れ よ 」

海猫〈上〉 (新潮文庫)


せ 返 る よ う だ っ た 。 孝 志 は 揺 れ る 船 の 手 す り に つ か ま り な が ら 、 デ ッ キ に 出 た 。 潮 風 に 頬 が な で ら れ て い る う ち に 、 そ れ で も 少 し ず つ 気 持 ち が 落 ち 着 い て い っ た 。 大 門 で は 、 は じ め 客 と し て 、 い か に も 朗 ら か に 幸 子 を 指 名 し 入 店 し た が 、 落 ち 着 か な す ぐ に 短 刀 が 追 い か け て く る よ う な 気 が す る 。 気 が つ く と 、 幸 子 の 胸 に し が み つ く よ う に し て 震 え て い た の だ 。 幸 子 と 性 を 交 す こ と も な く 、 こ の 旅 賃 ま で 幸 子 に 出 し て も あ わ ら っ て 、 逃 げ る よ う に 慌 て て こ の 船 に 乗 り 込 ん で し ま っ た の だ っ た 。 愛 船 か ら は 函 館 の 浜 の 明 り が 順 に 見 え た 。 雪 釣 り 船 の 強 烈 な ラ イ ト も 、 海 面 の 各 所 に 輝 い て 見 え た 。 白 明 り の つ い て い る 場 所 で は 、 そ れ ぞ れ に き ち ん と 生 き て い る 人 間 た ち が い る の だ と 孝 章 志 は 思 う 。 烏 賊 釣 り の 船 に は あ の 赤 茶 色 の 烏 賊 が 大 量 に 揚 が り 、 浜 の 家 々 で は 、 漁 師 た 第 ち が も う じ き 眠 り に つ く 。 姉 さ ん も 義 兄 も 、 今 年 は 昆 布 の 漁 を 無 事 に 終 え た ら し い 。 あ の 姉 さ ん が 、 な ん と か と め し を 務 め た の だ 。 俺 だ け が 、 、 、 と ん ど ん 落 ち こ ば れ て い く ん だ と 思 う と 、 涙 が 浮 か ん で 床 を 蹴 っ た 。 広 次 さ ん は 一 体 ど う し た っ て い う ん だ べ 。 な ぜ 、 函 館 に 帰 っ て こ ね え ん だ ? 「 若 い お 兄 さ ん 、 一 体 ど う し た の 」 気 が つ く と 、 首 に 赤 い ス カ ー フ を な び か せ た 、 ジ ョ ー ゼ ッ ト 地 の ワ ン ピ 1 ス を 着 た 女 が 一 人 立 っ て い た 。 ど ち ら か と い う と 背 の 高 い 、 低 い 声 の 女 だ っ た 。

海猫〈上〉 (新潮文庫)


火 の 粉 愛 函 館 市 内 に 、 一 一 年 ぶ り の 大 火 が 発 生 し 、 新 聞 は 号 外 を 出 し た 。 の 原 因 は 、 民 家 の 煙 突 か ら 飛 び 散 っ た 火 の 粉 で 、 こ れ が 浜 風 に 煽 ら れ あ っ と い う 間 に 雪 ま さ め 白 家 々 の 屋 根 に 燃 え 移 っ た 。 函 館 の 家 屋 は 、 た い て い の 屋 根 が 柾 目 張 り で 造 ら れ て い る と ね ら 章 い う こ と も あ り 、 火 が す ぐ に 回 っ て し ま う 。 そ れ に し て も 、 好 景 気 の 港 町 を 狙 っ て 火 も 第 集 ま っ て く る か の よ う に 、 函 館 で は こ こ の と こ ろ 、 数 年 に 一 度 の 割 で 、 大 火 が 起 き て い 孝 志 は 、 丸 め た 新 聞 号 外 を 背 広 の ポ ケ ッ ト か ら 出 し て 広 げ る と 、 声 を 出 し て 読 ん だ 。 〈 大 門 か ら 松 風 町 の 一 帯 が も っ と も 大 き な 被 害 に あ っ た 。 夜 中 に 警 報 が 鳴 る と 、 宿 屋 街 か ら は 一 斉 に 、 女 も 、 立 ち 寄 っ て い た 男 た ち も 、 丹 前 一 枚 羽 織 っ た ま ま の 姿 で 、 夜 の 赤 く 揺 れ る 町 の 中 に 飛 び 出 た の だ 〉 「 そ う や っ て 慌 て た ん だ か ら 、 お か し い よ な あ 。 し た け ど 、 母 さ ん 、 煙 草 の 火 に だ け は 「 お 願 い し ま す ー と 、 ロ に し て い た の だ 。 あ わ あ お